2017年03月22日

新装の商業界

syougyoukai

「商業界」を数か月ぶりに見たら、装丁が変わってた。読みやすいんだけど、ページ数の減少、ネタの重複…やっぱり衰えを感じてしまいます。
さて。今回はかちがわ大学の講師に来ていただいたことのある「モンキーフリップ」の話が載っています。面白おかしく書いていらっしゃいますが、とても真摯に商売に取り組まれている人。
大資本の大企業、ネット販売に対して従来の小売店、商店街や雑誌(商業界)も苦戦の時代です。でも、励みになります。

ocobo at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 個人ねた 

2017年03月18日

イベントにはこんな道具も要ります

hyoushiki
商店街のイベント。通行止めにする関係で道路標識の目隠しをつくった。多少の改善点はあるものの、くりかえし使えるカバーが出来ました。今回はマジックテープやゴムひもを材料にしたけど、違うアイディアで第2・第3弾を作ろうと思う。ネット検索で見つからないと、作る楽しみが出来るね。(注。こうした事を考えるときは、必ず警察署など関係するところに事前に相談や許可申請をお忘れなく。)
どんなイベントもこういうツールは必需品。予告看板、通行止め看板や迂回看板、誘導員は気がつくだろうけど、迂回にともなう一方通行解除で逆走を可能にする場合もあります。「標識目隠し」は細かいことになりますが、細かいクレームがくる時代。ミスはこちら側です。

ocobo at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 勝川商店街 | 個人ねた

2017年03月15日

おすすめの振袖

fr17b

今日はおすすめの振袖をご紹介します。女性の第一礼装である振袖には流行や古典、さまざまなタイプがありますが、近年は色の選びかたに偏りが少なくなりました。もっとも、写真に映えること、自分に似合うことは大事で、試着がキメ手になっています。
< 手描き友禅 クラッシック >
セット物・レンタルには決して無い、上級クラスのふりそで。 手描き友禅はやわらかな色彩で格調が感じられます。地色は珍しい明るいグレー! ありきたりのカラーや流行のデザインに捕らわれない、上質でトラディショナルな作風で、 特別な晴れ着として長くご愛用いただけることでしょう。モチーフは「花筏」。 ふんだんに入れた本格派の加工、前後ろ・左右どこからも素敵に見えて、好感度抜群。当店おすすめの作品です。
糸美屋呉服店 ウエブサイト  http://www.o-cobo.jp/itomiya/hpa/hp36.htm

ocobo at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 糸美屋からのご案内 

2017年03月11日

一期一会の衣服

tyayatuji

春は別れと出会いの季節です。卒業式や入学式、入社や引っ越しもありますね。〜式といえばフォーマルな服装が必需品で、時に、礼をつくした和服は好感度があります。
さて、広い意味で一期一会をとらえたら人生も旅だと象徴することが出来るかも知れません。着物のデザインの一つに「茶屋辻」と呼ばれるものがあります。私は若いころ喫茶店と勘違いした柄ですwが、これこそ味わい深く一期一会を表現していると思います。あえて人物は描かず、道が交わったときに起こる出会いに思いをはせる。つかの間の貴重な時間をすごしてまた別れゆく。渋いですねー。古典文学の方丈記(ゆく河の流れは絶えずして…)や平家物語、奥の細道なんかの無常観につながる気がします。
今の時代、あまりに便利すぎて「そぐわない!」と思いますか?
豊かでモノも情報もヒトもあふれて、希薄してるくらい。
たいせつな原点を忘れてはいけないなーと。思います。

ocobo at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 糸美屋からのご案内 | まにあっく

2017年03月08日

3月18日 弘法市のお知らせ

弘法市全景

春めいてきた今月から弘法市は1時間延長します。午前10時〜午後5時までの開催となります。こだわりのテントブースが約70出店予定…グルメ、クラフト、占いなど…イベント広場では大道芸やカズガイガーがパフォーマンスをします。勝川弘法市は小さなお子様とご祖父母さまもゆっくり見て遊んで楽しめる「アットホーム」なイベントです。商店主さん、出演者さん、スタッフとの距離が近い!お客さまもふくめて皆で参加して育てていきたいと思っています。たとえば、ギターや三味線などの楽器の発表の場としてご利用いただいたり、ダンス…よさこい踊りの「コボ勝川」もメンバー募集中です。本部でも…ボランティアスタッフとして地域で輝いてみませんかwwぜひお気軽にお問い合わせください。
※来月は弘法さまの「春の大祭」です。ご利益ある「お砂ふみ体験」ができます。また、春日井広報大使のみやもっちゃんが企画する「かすがいカエル祭り」もご期待ください。(文責 糸美屋)

ocobo at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 勝川商店街 

2017年03月05日

今週のニュース

yamato

公私ともにネット通販とヤマトにお世話になっていますww今週はヤマト運輸の「サービス見直し」がニュースですね。通販の成長で人手が足りないのが表面の問題ですが、裏で問題にしたいのは「サービスの対価」です。象徴的なのはAmazんの送料無料。便利さを支えるコストなくして、継続的な事業は保障されません。当店においては(わずかな注文数ですが)基本500円きちんと申し受けています。
さて、うちの業界では着付けやヘアメイク、写真などで「無料サービス」が横行しています…どこかで無理があるか、他のどこかにコストが転嫁されているはず。そうでなければ、諸条件つき、実際は違うという「演出広告」でしょう。
過剰なサービス競争ではなく、ひとつひとつのサービスを磨いた結果の価格設定をするべきと思います。
ヤマトの問題にもどると、新聞紙上で何度か意見広告をしていますね。ライバルのゆうぱっく、この価格設定を疑問視しているのではないでしょうか。

ocobo at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 個人ねた 

2017年03月01日

ギリギリの「やっぱり和服」も応援します!

hakamamodel

3月。暖かくなりましたね。卒業式のハカマレンタル、入学式の着付けなど、まだまだご予約承り中。
昨日も「まだ、大丈夫ですか〜?」と電話がありました。
お日にち、お好みのタイプ、サイズなどによりますが、出来るだけ対応しています。
帰り際に「よかったー」と安心していただいて、こちらも嬉しくなりました。

おしらせ。

花見の予定も、そろそろでしょうか?春日井市内だけでなく、名古屋城や鶴舞公園、桜がキレイなところは多いですね。先日のブログ、大垣(きもの園遊会)もよさそうです。着物でお出かけしたいときは、当店にご相談ください。きものデビューから、着付け、レンタルなど応援いたします。なお、4月2日だけは法事のため、休業いたしますのでご了承ください。春日井市きもの専門店 糸美屋0568-31-7666 営業時間 午前9:30〜午後7:00

ocobo at 13:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 糸美屋からのご案内 | 和服レンタル

2017年02月25日

着物の準備。フォローの具体例。

kitukekomono

行事があれば、(着物のレンタル・着付けなど)ご相談をいただくことは多いです!
皆様にとっては慣れない機会ですから、安心して当日を迎えられるようフォローしております。

具体的に、よくあるパターンをご紹介してみましょう。まず、お客さまがタンスにある様々な和装品を当店に持ち込んでくださって、マンツーマンでお話するのが近道になります。お母様から譲り受けた着物、というケースも多いです。風呂敷などにつつんで、ともかく「使えそうな感じのモノ」という基準で持ち込んでいただければと思います。どの着物がベターな選択か、合わせる帯はどれ?長じゅばんのサイズ大丈夫?小物は…と、TPOはもちろん、経年変化や劣化もチェックしながら拝見しております。ちょっとしたお直しや半衿の交換、ときには丸洗いやシミ抜きもあります。ですので、思いついたら少し早めに、ご来店いただければ対処できることが増えます。
また、ご来店のまえにお電話いただけると助かります。(先約さまと重なるのをできるだけ避けられます)

春日井市 勝川駅前商店街 糸美屋 電話0568-31-7666

ocobo at 18:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 糸美屋からのご案内 

2017年02月21日

着物で参加!春のおすすめイベント

2017oogaki

昨年、大垣の着物園遊会に行ったので、今春の案内も郵送されてきました。4月2日。近場で気軽なイベントです。大垣市のまつり行事の一環としておこなわれるので他イベントもいろいろあり、着物を着なくても着物に関心なくても楽しめます。この意味では友人に声をかけやすいかもw
私は法事があって参加できませんが、また出掛けたいと思います。
大垣園遊会のサイト
http://www.ogakikanko.jp/event/kimono/

ocobo at 14:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 糸美屋からのご案内 | 個人ねた

2017年02月17日

新作ゆかたの発表

2017yukata

毎年2月は夏の浴衣が発表されます。当店も実物をチェックに行きまして、店頭にカタログをおいています(写真)。浴衣はファッションなので流行があります。少しカラフルなタイプが増えたように思いますが、違いに気付きにくいでしょう。伝統や日本らしさを大切にするのでどうしても微妙な変化になります。
ですから選ぶときは最新柄というコトバはそれほど重要でないかも知れません。まず、感性や自分らしさを大切にしましょう。そして店員の一言のアドバイスが助けになります。それぞれの品がどんな意図、意味合いで作られているか、分かると楽しくなりますし一つ深い選択が出来ます。例えば「大人かわいい」テイストも20代後半から30代、40代以降まで幅広いラインナップがありますよ。当店のコラムも参考にどうぞ。http://www.o-cobo.jp/itomiya/hpb/hp74.htm



ocobo at 17:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 糸美屋からのご案内