AKIBAオーバークロックCafe イメージ画像

OVERCLOCK WORKS 〜新着情報〜

CPU、メモリ、マザーボードを同時にご購入いただいた場合、当店の「出荷前動作チェック」オプションをご利用いただけます。このオプションはお客様がパーツを自由に組み合わせた製品で、事前の動作チェックを行います。http://www.ocworks.com/products/detail/10094マザーボ
『BIOSアップデートに便利な「出荷前動作チェック」オプション』の画像

 自作PCが搭載するCPUやビデオカードを適切に冷却するには、PCケース内の換気を行って、ケース内温度を低く保つことがたいへん重要です。今回は、PCケースを効率的に換気するケースファンの使い方を紹介します。●ケースファンの基本は排気?吸気? ある程度大き目のPCケー
『PCケースを効果的に換気するケースファンの使い方』の画像

Broadwell-E用のTridentZシリーズが発売になりましたが、現在DDR4-3200のCL14、およびDDDR-3200のCL16の16GBモジュールがICチップ不足のため品切れ状態となっております。少量入荷することもありますので、Webページのほうをご確認ください。→Broadwell-E用のTridentZシリー
『Broadwell-E用のTridentZシリーズの納期について』の画像

空冷CPUクーラーは、3,000円前後の製品から10,000円を超える製品まで、 幅広い価格帯で製品が展開されています。冷却性能や特色は各製品ごとに異なりますが、今回は販売価格6,000円以下のミドルレンジ製品と、10,000円前後のハイエンド製品にざっくり分類して、その違いを紹
『CPUクーラーの選び方 〜 ミドルレンジ空冷とハイエンド空冷』の画像

G.Skillよりインテルの新しいCPU、Broadwell-E対応のメモリが登場しました。DDR4-3200で8GB、16GBのそれぞれ4枚セット、8枚セット、およびDDR4-3300で8GBの4枚セット、8枚セットになります。容量は32GB、64GB、128GBというバリエーションがあります。今回の新製品の特徴とし
『Broadwell-E対応、X99用ハイクロックメモリが新カラーで登場!』の画像

 今回は、空冷CPUクーラーの「トップフロー」と「サイドフロー」の違いについて紹介します。 CPUを冷却するCPUクーラーで、もっともオーソドックスなのが金属製のヒートシンクに冷却用のファンを搭載した空冷CPUクーラーです。現在販売されている空冷CPUクーラーは、その形
『CPUクーラーの選び方〜 トップフローとサイドフローの違い』の画像

G.SkillのSkylake用メモリでDDR4-4133の8GB×2が発売になりました。最高クロックの8GBモジュールです。G.Skill F4-4133C19D-16GTZAhttp://www.ocworks.com/products/detail/12411このスペックになると、実用というより実験的な使用になるかと思います。現在G.SkillのQVLに掲
『DDR4-4133の8GB×2、 G.Skill F4-4133C19D-16GTZAが発売』の画像

 今回はIntel謹製のユーティリティツール「Intel Extreme Tuning Utility」のベンチマーク機能をご紹介します。 Intel Extreme Tuning Utility(Intel XTU)は、オーバークロック設定機能を備えたIntel製のアプリケーションで、安定性確認のためのストレステストやベンチマ
『ベンチマークソフト紹介 〜 Intel Extreme Tuning Utility (XTU)』の画像

G.SkillのSkylake用メモリでDDR4-3600クロックのものが人気が出始めていますが、低レイテンシーのCL15の8GBモジュールが発売となりました。G.Skill F4-3600C15D-16GTZDDR4-3200の一歩上をいくスペックを実現したい方におすすめです。使えるマザーが限られてますので、G.Skill
『F4-3600C15D-16GTZ、DDR4-3600 CL15の8GB×2が発売!』の画像

 先日発売されたBroadwell-Eの製品ラインナップについてご紹介します。 LGA2011-v3プラットフォーム向けの新CPUとして登場したBroadwell-Eは、ハイエンド向け第5世代Intel Coreプロセッサーの開発コードネームで、Intel Core i7-6900/6800番台の型番が与えられています。 
『Broadwell-Eの製品ラインナップと選び方』の画像

Broadwell-Eが登場したことで、再び以下の記事が読まれています。CPUの選び方 〜 LGA1151とLGA2011-v3LGA1151との比較には参考になると思います。この記事はHaswell-E世代のことを書いていますが、Broadwell-Eでも基本的に選び方は変わりません。最上位のCPU、6950Xが10コア2
『LGA1151とLGA2011-v3(Broadwell-E)』の画像

インテルの新しいCPU、Broadwell-Eは発売以来、一部の製品で入荷状況が悪くなっています。順次入荷しておりますので、たまにページをチェックいただければと思います。→CPUカテゴリーまた好評いただいております3点セット(CPU、マザーボード、メモリ)ですが、Broadwell-E
『Broadwell-E関連製品を紹介します』の画像

3月〜5月でDDR4の売れ筋ベスト3を紹介します。当店ではやはり高クロックメモリが売れています。特にDDR4-3000以上のものです。DDR4-2133よりも高クロック製品が売れているのは当店独自の傾向かと思います。DDR4売り上げナンバー1はG.Skill F4-3200C16D-16GVKB (DDR4-3200 CL1
『DDR4売れ筋ランキングベスト3(2016年3月〜5月集計)』の画像

↑このページのトップヘ