AKIBAオーバークロックCafe イメージ画像

OVERCLOCK WORKS 〜新着情報〜

今回は、PCのディスプレイ接続に用いられている代表的なインターフェイスについてご紹介いたします。●HDMI 現在もっとも広く活用されているディスプレイ接続用インターフェイスと言えるのがHDMIです。 物理的なコネクタ形状を維持したまま高速化が重ねられており、現行の
『ディスプレイ接続用インターフェイスのご紹介』の画像

9月22日〜24日、数量限定で3連休セールを開催します! 通常より大幅割引の製品もあります。アイテムはメモリを中心に、マザーボード、SSD、アクセサリーなどがあります。→数量限定3連休セールはこちらメモリはIntel用をはじめ、AMD Ryzen用まらRyzen Threadripper用まで用
『最大1万円割引! 3連休セール開催(9/22〜24)』の画像

以前のエントリーで書いたようにRyzen Gen2の標準メモリクロックはDDR4-2933です。現在DDR4-2933のほとんどのメモリの電圧スペックは1.35Vとなっています。DDR4標準の1.2Vで動作させるとなると、DDR4-2666メモリの選択が一般的かと思います。そこでなんとかDDR4-2933 1.2V動
『RyzenをDDR4-2933 1.2Vで動かす』の画像

Z370はメモリクロック耐性が高いマザーボードです。SK hynixチップを搭載タイOCMEMORY DDR4-3600で、MSI Z370 Gaming PlusのBIOS設定を紹介します。【テスト環境】マザーボード:MSI Z370 Gaming Plus(BIOS:E7B61IMS.140)CPU:INTEL Core i7-8700Kメモリ:OCMEMORY OCM360
『OCMEMORY DDR4-3600をMSI Z370 Gaming Plusで起動する』の画像

 PCゲーミングにおける最重要パーツであるグラフィックカード。その性能を決定づけるのがGPUです。今回はこのGPUの選び方についてご紹介します。 2018年9月時点で、NVIDIAはGeForce GTX 10シリーズ、AMDはRadeon RXシリーズを市場に投入しています。主なラインナップは以下
『GPUの選び方 〜 2018年9月版』の画像

 Prime95は、自作PCユーザーにとってはポピュラーなストレステストのひとつで、CPUとメモリに高負荷を掛けることができます。当店でもPCの動作の安定度をテストするために、Prime95を使うことがあります。 Prime95でストレステストを実行する場合、メニューバーの「Option
『定番ストレステスト「Prime95」とは?』の画像

 9月4日から9月30日までの期間、商品総額1万円以上お買い上げのお客様を対象に、代金引換手数料が無料になる「代金引換手数料無料キャンペーン」を実施いたします。   代金引換でのご購入をご希望のお客様は、ぜひこのキャンペーンをご活用ください。 ■ご利用方法代金引
『代金引換手数料無料キャンペーンのお知らせ』の画像

 現代のPC用ディスプレイで最も広く普及している表示装置が「液晶パネル」です。今回はこの液晶パネルの駆動方式であるIPSやTNといった種類についてご紹介します。 PCディスプレイ向けの液晶パネルは、光源であるバックライトが発した光を、偏光フィルタと液晶によって調光
『液晶ディスプレイの駆動方式についてご紹介』の画像

 昨年、AMDのRyzenが登場して以来、2大CPUメーカーであるIntelとAMDの競争が激化しており、メインストリーム向けのデスクトップCPUでも両社のCPUが競合しています。 Intelのメインストリーム向けCPUは、ソケットにLGA1151を採用する第8世代Intel Coreプロセッサ(Coffee La
『IntelとAMDのメインストリーム向けCPUを比較』の画像

AMD Ryzen Treadripper Gen2で一番DIY的に目玉と言える2950Xが発売になりました。対応メモリが順次入荷しています。第2世代TreadrepperはDDR4-2933が標準スペックとなっています。この標準クロックでG.SkillのQVLにすでにX399マザーが掲載されているメモリを中心に32GB、64GB
『AMD Ryzen Threadripper Gen2用メモリ入荷!』の画像

 8月22日、NVIDIAから次世代GPUのGeForce RTX 20 シリーズが発表されました。9月以降の発売が予定されている新GPUについて、現時点で明らかにされているスペックを確認してみましょう。 現在明らかになっているGeForce RTX 20 シリーズのGPUは、RTX 2080 Ti、RTX 2080、RTX
『NVIDIAの新GPU「GeForce RTX 20 シリーズ」をご紹介』の画像

 PCI Express(PCIe)は汎用性の高い高速な通信バスとして、グラフィックカードやSSDの接続などにも利用されるなど、現代の自作PCにおいて非常に重要度の高いインターフェイスの一つです。 今回は、Intelの各プラットフォームにおいて、PCIeがどのように提供されているのか
『各プラットフォームのPCI Expressについてご紹介(Intel編)』の画像

 第2世代Ryzen Threadripperで注目を集めるSocket TR4プラットフォームは、高いTDPと巨大なCPUパッケージに対応しなければならないため、Socket TR4対応CPUクーラーは他のプラットフォームより少ないのが現状です。 現在、Ryzen Threadripperの冷却に使用できるCPUクーラー
『Socket TR4向けCPUクーラーについて』の画像

 8月13日に最上位モデルが発売された第2世代Ryzen Threadripperは、第1世代と同じくCPUソケットにSocket TR4を採用しています。 これにより、Socket TR4に対応するAMD X399チップセットを搭載したマザーボードであれば、BIOSのアップデートを行うことで第2世代Ryzen Thread
『第2世代Ryzen Threadripperで使えるマザーボードについて』の画像

↑このページのトップヘ