titan_03 店頭に展示しているGeForce GTX TITAN & 4.8GHz CPUモデル『OCW-PREMIUM for 1155 Limited iX』で、いくつかベンチマークを実行してみました。なお、同じ機材でCPUを定格動作させた際のスコアも取得してみましたので合わせてご紹介します。



●ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク ワールド編
≪4.8GHz動作時≫
FF14-OC

≪定格動作時≫
FF14-Normal



●3DMark - Fire Strike
≪4.8GHz動作時≫
3dm-OC

≪定格動作時≫
3dm-normal



●3DMark - Cloud Gate
≪4.8GHz動作時≫
3dm-cg-OC

≪定格動作時≫
3dm-cg-normal



●CINEBENCH R11.5
≪4.8GHz動作時≫ CPUスコア: 9.76 pts、 CPU(シングル):2.03 pts
cine-OC

≪定格動作時≫ CPUスコア: 7.56 pts、 CPU(シングル):1.66 pts
cine-normal


 ベンチマークテストによって、CPUクロックの差が効き具合に差はありますが、どのテストでも4.8GHzオーバークロック動作時の方が高いスコアを記録しております。

 3D系ベンチマークテストの結果からは、4.8GHzでの動作を実現したIntel Core i7-3770Kが、GeForce GTX TITANのパフォーマンスをより引き出せていることがお分かりいただけるのではないでしょうか。


 今回ベンチマークを実行した『OCW-PREMIUM for 1155 Limited iX』は、実際にベンチマークをお試しいただける状態で店頭に展示しております。お近くにいらっしゃった際は、是非『OCW-PREMIUM for 1155 Limited iX』のパフォーマンスをご確認ください。




●OCW-PREMIUM for 1155 Limited iX
製品情報ページ: http://bto.ocworks.com/bto/1155pr-ix_ltd.html
ご注文ページ: http://bto.ocworks.com/products/detail/10995