G.SKILLから発売されているIntel X79チップセット向けDDR3メモリと、ASRock製のIntel X79 Expressチップセット搭載マザーボードの組み合わせにおいて、一部の組み合わせで動作しないことが確認されております。

 なお、以下の情報については、2013年10月1日現在のものとなります。今後、マザーボード側のBIOSアップデート等で動作状況が改善される可能性もございます。最新情報につきましては、各メモリ製品のメーカー製品情報ページにてご確認ください。


●Ivy Bridge-E世代のCPUをお使いの場合
 今年9月に発売されたIvy Bridge-E世代のCPUと、ASRock製Intel X79マザーボードを組み合わせた場合、メモリの動作状況は下記の通りとなっております。





































メモリクロック 4GB×4 4GB×8 8GB×4 8GB×8
DDR3-1600
DDR3-1866
DDR3-2133 × ×
DDR3-2400 × × × ×

【対象CPU】
・Intel Core i7-4960X Extreme Edition
・Intel Core i7-4930K
・Intel Core i7-4820K



●Sandy Bridge-E世代のCPUをお使いの場合
 2011年11月に発売されたSandy Bridge-EベースのCPUと、ASRock製Intel X79マザーボードを組み合わせた場合、メモリの動作状況は下記の通りとなっております。





































メモリクロック 4GB×4 4GB×8 8GB×4 8GB×8
DDR3-1600
DDR3-1866
DDR3-2133 × × ×
DDR3-2400 × × × ×

【対象CPU】
・Intel Core i7-3970X Extreme Edition
・Intel Core i7-3960X Extreme Edition
・Intel Core i7-3930K
・Intel Core i7-3820


●ご注意
 動作しない組み合わせについては、CPU内蔵メモリコントローラやマザーボードの個体差(ハイクロック耐性)とは別の要因で動作確認が取れないというものです。CPUがサポートするメモリクロックを超える場合、動作するとされているメモリの組み合わせについても、CPU側やマザーボード側の個体差により、安定動作が得られない場合があります。あらかじめご注意ください。