OCWORKS TIPSでは、当店の検証やBTOパソコン製作で得られた事例から、各種パーツの傾向や注意点などを紹介して参ります。


●新旧Intel X79マザーで異なるハイクロックメモリ耐性
 InteのLGA2011プラットフォームは、Sandy Bridge-E世代のCPUと、その後継であるIvy Bridge-E世代のCPUの両方をサポートしているため、LGA2011プラットフォーム向けのIntel X79チップセット搭載マザーボードは、Sandy Bridge-E登場と同時に発売された製品と、Ivy Bridge-E登場前後に発売された製品が併売されています。

 定格で動作させる分には、それほど大きな違いの無い新旧Intel X79マザーボードですが、ハイクロックメモリを満載するような場合、Ivy Bridge-Eと共に登場した新製品の方が優位な傾向にあります。


 当店での事例としては、Intel Core i7-4930KとDDR3-2133動作対応の8GBメモリ×8枚(64GB)キットの組み合わせを、Intel X79最初期に発売されたマザーボードのASUS SABERTOOTH X79と、Ivy Bridge-E登場後に発売されたASUS X79-DELUXEで動作させたところ、X79-DELUXEが全てのマザーボードでテストをパスしたのに対し、SABERTOOTH X79には、DDR3-2133設定では起動しない個体や、安定動作が得られない個体が存在していました。

 DDR3-2133での安定動作が不可能だったSABERTOOTH X79は、X79-DELUXEで安定して動作していたCPUとメモリを載せても安定しなかったため、マザーボードのメモリクロック耐性不足であると判断できます。ちなみに、同じようにDDR3-2400動作での8GB×8枚挿しをテストした場合、X79-DELUXEは、ROGブランドのRAMPAGE IV EXTREMEよりも、安定して動作する個体が多い傾向にありました。


 Sandy Bridge-Eでの経験を踏まえた上で、Ivy Bridge-Eでの動作を想定して設計されたことで、同じIntel X79チップセット搭載マザーボードであっても、X79-DELUXEの方がメモリ周りの完成度が高いようです。

 CPU(メモリコントローラ)の耐性、メモリモジュールの耐性、マザーボードの耐性。そのいずれが欠けても、ハイクロック動作は実現できませんが、より大容量かつ高速なメモリの搭載を希望されるのであれば、新しい世代のIntel X79 チップセット搭載マザーボードを選ばれることをおすすめいたします。


ハイクロック&大容量メモリの運用にオススメ
ASUS X79-DELUXE  販売価格(税込):42,980円

http://www.ocworks.com/products/detail/11456

Intel X79チップセット搭載の最新鋭R.O.G.!
ASUS RAMPAGE IV BLACK EDITION  販売価格(税込):56,360円

http://www.ocworks.com/products/detail/11423



Intel LGA2011対応マザーボードのご購入はこちらから
http://www.ocworks.com/products/list.php?category_id=142

出荷前動作チェックに対応!セット商品間の相性保証付きの当店おすすめセットはこちら
http://www.ocworks.com/products/list.php?category_id=300