中の人Mr.Xが、のらりくらりと
できるかぎり簡単にかいつまんで書いていく
2回目でございますー

前回オーバークロックメモリの増設について
おすすめしないと記載をしましたが、増設、交換しようとしたら
認識しなかった例を今回ご紹介いたします。

4GBx2のメモリを買ったけど認識しない!!つД`)

これは古いチップセットのマザーボードで起きることが多い例ですが、、、、
メモリモジュールには基本8〜16個のメモリチップが搭載されています。
8個は片面だけ、16個は両面にチップが搭載されています。


■ちょっと撮りづらいのでボケボケですが、両面・片面実装の写真です。

↑両面実装※両面にメモリチップ

↑片面実装※片面にメモリチップ、もう片方には厚めシート

今の主流は4Gbit(メモリチップ8個で4GB)なのですが、
昔は2Gbit(メモリチップ8個で2GB)のメモリチップを使用した
4GB(メモリチップ16個)両面実装メモリが主流でした。

そのため、その頃に出ていたチップセットの仕様上
4Gbitには対応していないということがあります。
※一部例外がございます。

チップセットの仕様では(最大:16GB)と
書いてあっても、4GB(2Gbit)x4=16GBは対応してるけど、
4GB(4Gbit)x4=16GBは認識しないといった事が起きます。


これは増設にも言えることで、同じメモリを買って増設したら
認識しなかったという時は、元々のメモリは4GB(2Gbit)で、
新たに買ったメモリは4GB(4Gbit)なので、認識しないという
とてもめんどくさいことが発生します。(ヽ´ω`)

特にオーバークロックメモリメーカーなどはヒートスプレッダで
チップを隠してしまっているので、気がつきにくいです(´・ω・`)


じゃぁ2GBx2を買えば2Gbitのチップを使ってるだろうから
それでいいんじゃろ?・・・と思う方もいらっしゃると思いますが、
一つトラップがあります、先ほど「基本8〜16個のメモリチップが搭載されています。
と書いていましたが、4Gbit(メモリチップ4個で2GB)というメモリも存在するので、
注意が必要です。(`・ω・´)


と、、、オーバークロックメモリにかぎらずですが、
増設・交換時にはお気をつけ下さい。( 'ω') 

(´-`).。oOかいつまんでいない気がする

■お客様に最適なメモリをご案内!〜メモリコンシェルジュ〜
http://www.ocworks.com/user_data/memory_concierge.php

■当店で取扱中のメモリモジュール一覧
http://www.ocworks.com/products/list.php?category_id=22