当店のオーバークロックBTOパソコンでは、出荷時にオーバークロック設定の他、定格動作での設定をPCに記録して出荷する「定格設定追加オプション」を提供しています。今回は、このオプションについてご紹介します。


オーバークロック動作は高性能と引き換えに消費電力が増加
当店のオーバークロックBTOパソコンでは、CPUの動作クロックをメーカースペック(定格)よりも高くチューニング(オーバークロック)することで、より高い処理能力を発揮することが可能となっています。

オーバークロック動作はCPUの処理能力を向上させることが可能な一方、CPUの消費電力と発熱が増加するというデメリットがあります。発熱に関しては、十分に安定した動作を保てる温度まで冷却するよう、当店で調整しておりますが、オーバークロック動作中はどうしても消費電力が増加してしまいます。

常に高いCPU性能が必要なご用途では、オーバークロック動作のメリットが大きいのですが、そうでない場合は待機中や軽負荷時の消費電力増加のデメリットの影響が大きくなってしまいます。そこで、ご利用状況に応じて設定を切り替え、消費電力の無駄を省くオプションプランが、「定格設定追加オプション」です。

利用状況に応じて設定を切り替えられる「定格設定追加オプション」
定格設定追加オプションは、オーバークロックBTOパソコンに記録されているオーバークロック設定の他に、CPUをメーカースペック通りに動作させる「定格設定」をPCに記録することで、パソコンの利用状況に合わせて設定を切り替えてご利用いただけるオプションプランです。

定格設定追加オプションをご利用いただいた場合、オーバークロック設定と定格設定はいずれもUEFI(BIOS)上に記録しており、これをBTOパソコンに付属する設定切り替えマニュアルに従って変更していただくことで、BTOパソコンの動作を簡単に切り替えてご利用いただけます。(※)
BTO定格オプション図
これにより、オーバークロックされたCPUの性能を必要な時だけ利用し、高負荷処理を行わないときは定格設定で消費電力を抑えるというご利用方法が可能となります。

※当店のオーバークロックBTOパソコンは、安定動作を保証したオーバークロック設定をUEFI(BIOS)に記録して出荷しており、この設定をお客様がご自身で変更された場合、修理保証サービスの対象外となります。



出荷時の動作設定は2種類から選択可能
定格設定追加オプションは、当店で販売中のオーバークロックBTOパソコン全モデルでご利用が可能です。オプションの利用料金は1,000円です。

当店から出荷する際、オーバークロック設定を適用した状態で出荷する「OC設定で出荷」と、定格設定を適用した状態で出荷する「定格設定で出荷」の2種類からお選びいただけます。



関連リンク
OVERCLOCK WORKS BTOサイト
http://bto.ocworks.com/bto/index.html

オプションサービス - 定格設定追加オプション
http://bto.ocworks.com/bto/option.html#op-01