DDR4 Skylakeは高クロックメモリ耐性が高く、DDR4-3200は人気のクロックです。
DDR4_color
当店で扱っているG.Skill製品のSkylake用DDR4-3200は45種類にもなり、どれを選んだらいいのか、ちょっとわかりにくい状態になっています。
そこで今回は選び方を紹介したいと思います。

(1)まず容量を決めてください
2枚組のセットと4枚組のセットがあります。

8GB  = 4GB×2
16GB = 4GB×4
16GB = 8GB×2
32GB = 8GB×4
32GB = 16GB×2
64GB = 16GB×4

16GBと32GBにするには2枚組、4枚組が選べますが、合計16GBの場合は8GB2枚のほうをおすすめします。理由は4枚のほうが初期不良や故障のリスクが高くなるからです。

合計32GBも16GB2枚組をおすすめしたいところですが、16GBモジュールはマザーボードによっては対応できていないこともあるので、注意が必要です。商品詳細ページにメーカー製品ページへのリンクがあるので、そこのQVLで使用予定のマザーボードが掲載されているかを確認してみてください。

当店の3点セットであれば、16GBモジュールも最新BIOSにアップして動作を確認した上で出荷しますので、心配な方はこちらをおすすめします。

OCWORKSおすすめ3点セット

(2)次にタイミングを選びます
メモリタイミングは小さいほど「速い」ことを意味しています。

CL14 > CL15 > CL16
       ←速い

つまりこの順番に性能は高いといえます。
8GB×2ですと以下の順になります。

F4-3200C16D-16GTZB (CL16-18-18-38)
   ↓
F4-3200C16D-16GTZ (CL16-16-16-36)
   ↓
F4-3200C15D-16GTZ (CL15-15-15-35)
   ↓
F4-3200C14D-16GTZ (CL14-14-14-34)

実際、価格はこの順番に高いです。タイミングと価格を考えてみましょう。
RipjawsVシリーズのDDR4-3200で一番安いCL16-18-18-38を基準として価格差を表にしてみました(2016年1月 7日現在。価格は変動します)。

RipjawsV4GB×24GB×48GB×28GB×416GB×216GB×4
CL16-18-18-380
00
0
0
0
CL16-16-16-36+300+800+900+1,800+600x
CL15-15-15-35xx+2,200+4,400+1,300+2,600
CL14-14-14-34xx+5,600+11,300+7,100+14,200

価格的にみると、CL16-18-18-38とCL16-16-16-36がリーズナブルといえます。
CL15とCL14はやはりCL16と比べ価格差がありますが、性能を一番に考える方はご検討ください。CL14はスペック的には魅力ですが、CL15よりもさらに高価です。

(3)ヒートスプレッダーを選びます
型番の末尾の「VR」「VK」「TZ」はヒートスプレッダーを表しています。
VR はRipjawsVのレッド、VKはRipjawsVのブラック、TZはTridentZシリーズのヒートスプレッダーとなります。色は固定されています ので、レッドを選んだ場合、他の色になることはありません。特別なカラーとして「VS」シルバー(写真では白っぽくみえますが、銀色です)、「VGB」グレーも一部スペックのみラインナップがあります。

<ヒートスプレッダーの例>
F4-3200C15D-16GVR RipjawsV レッド
RipjawsV_VR

F4-3200C16D-16GVK RipjawsV ブラック
RipjawsV_VK

F4-3200C16D-16GVS RipjawsV シルバー
RipjawsV_VS
F4-3200C16D-16GVGB RipjawsV グレー
RipjawsV_VG

F4-3200C16D-16GTZ TridentZ
TridentZ_TZ

見ていただいたように、容量、タイミング、ヒートスプレッダーの違いでこれだけラインナップが増えてしまっています。それぞれを選べば、希望の製品にたどりつけます。ぜひ、ベストな製品を選んでください。
もしわからない場合は、当店のメモリコンシェルジュにご相談ください。

OVERCLOCK WORKSのメモリコンシェルジュ

【関連記事】
DDR4-3200の購入、「その後」に確認しておきたいこと
DDR4-3200の購入、「その前」に確認しておきたいこと
G.Skill DDR4ハイクロック&低レイテンシーモデル大量追加!