当店で販売中のBTOパソコンの中でも、CPUを通常よりも高い動作クロックにチューニングしているオーバークロックモデルは、同じ型番の製品であっても、出荷前に個別のに動作のチューニングを行っています。

オーバークロック動作は、CPUメーカーが定めたスペック外の動作となっており、同一型番のCPUであっても、動作可能な最大クロックや、一定のクロックを実現するために必要な電圧については、個体毎に異なっています。

このCPUの個体毎に異なる「オーバークロック耐性の個体差」に応じて、最適なチューニングを行うため、当店でオーバークロックモデルを製作する際は、用意したCPU毎にチューニングを個別に行い、安定動作の確認作業を行います。


上の画像は動作チューニング中にエラーが発生した時のものです。電圧が不足していると、ストレステストでエラーが発生し、一部のコアが停止することもあります。このようなエラーが出なくなるまで、動作設定をチューニングしていきます。

CPU毎に異なるオーバークロック耐性に合わせ、動作設定をチューニングするというのは時間の掛かる作業ですが、その分、CPUに必要以上の電圧を加えずに安定した動作を実現し、消費電力と発熱をより低く抑えることができます。

一台一台、個別のチューニングと、ストレステストによる動作確認を経た当店のオーバークロックBTOパソコンは、より無駄の少ないオーバークロック動作で、高いCPU処理能力を得られる製品となっております。CPUパワーを必要とされるお客様は、ぜひご検討ください。


関連リンク
OVERCLOCK WORKS BTOサイト
http://bto.ocworks.com/bto/index.html

オーバークロックPC 【OCW-EXTREME シリーズ】
http://bto.ocworks.com/bto/extreme/index.html