動画編集向けに特化したパーツ構成のオーバークロックBTOパソコン「OCW-EXTREME for 2011v3 XA VE」シリーズを発売しました。本格的に動画の制作を行われる個人のお客様向けの高性能パソコンです。
動画編集特化モデル
今回発売したOCW-EXTREME for 2011v3 XA VEシリーズは、CPUコア数の多いHaswell-EベースのCPUをオーバークロックして搭載したBTOパソコンです。搭載するCPUの違いにより、2モデルをご用意しました。

いずれもCPUは4.0GHzまでオーバークロックしていますが、上位のCore i7-5960Xは8コア16スレッドCPU、下位のi7-5930Kは6コア12スレッドCPUとなっております。動作クロックとCPUの設計が同じですので、この場合はコア数とスレッド数の多いほうがより高性能です。

Intel Core i7-5960X Extreme Edition(4.0GHz OC/8コア16スレッド)搭載モデル
OCW-EXTREME for 2011v3 XA5960-S VE
http://bto.ocworks.com/bto/extreme/2011v3xa5960s-ve.html

Intel Core i7-5930K(4.0GHz OC/6コア12スレッド)搭載モデル
OCW-EXTREME for 2011v3 XA5930-S VE
http://bto.ocworks.com/bto/extreme/2011v3xa5930s-ve.html


4.0GHzにオーバークロックしたマルチコアCPUの高いCPUパワーに加え、64GBの大容量メモリを標準搭載。大容量データの展開や複数アプリケーションの同時立ち上げに対応できるパフォーマンスを実現しています。

また、OCW-EXTREME for 2011v3 XA VEシリーズでは、シーケンシャルアクセスで読み出し2.2〜2.4GB/sec、書き込み900MB/sec〜1.2GB/secという性能を誇るIntel SSD 750シリーズを作業用ドライブとして搭載。SSDの高速な読み出し性能は、動画編集素材を置くソースフッテージとしてご利用いただくことで、より快適な作業を可能とします。

さらに、ストレージに関しては、AfterEffectsなどで利用するキャッシュ用ストレージとして、高速なSSDを追加搭載できるほか、データ保存用ドライブとして、信頼性の高いエンタープライズ用HDDがお選びいただけます。


オーバークロックされたCPUと大容量メモリによる高いパフォーマンスに加え、動画編集に特化したストレージ構成を可能にしたOCW-EXTREME for 2011v3 XA VEシリーズは、非常にパワフルな動画編集マシンとなっております。本格的に動画制作に取り組まれるお客様は、ぜひ本モデルをご検討ください。

 関連リンク
OVERCLOCK WORKS BTOサイト
http://bto.ocworks.com/bto/index.html

オーバークロックBTOパソコン製品一覧
http://bto.ocworks.com/bto/extreme/index.html