先週入荷したGALAXのメモリをテストしてみました。
package01
まずはパッケージはホワイトで、センターにHall of Fameのロゴマークが入っています。高級感あるパッケージです。
package02
三つ折りのパッケージを開けるとこんな感じ。デザインコンセプトなどが書かれています。
ヒートスプレッダーはしっかりとしていて厚みもあり、安っぽい感じはしません。
module01
当店の標準的なテスト機としているASUS Z170-DELUXEで動作するか試してみました。

【テスト環境】
マザーボード:ASUS Z170-DELUXE
CPU:INTEL Core i7-6700K
メモリ:GALAX HOF4CXLBS4000M19SF162C (DDR4-4000 CL19 8GB×2)
asus_mother
ASUS Z170-DELUXEのチップセットヒートシンクの白とGALAXメモリの白がいい感じでマッチしています。

XMP設定で起動したところのスクリーンショットです。
DDR4-4000、CL19-25-25-45で動作しています。
galax_4000_04合成
軽めのベンチとしてCPU-ZのBench CPUあたりはクリアするものの、Prime95など高負荷のテストはとおりませんでした。またBIOS起動がすんなりいかないときがあり、一度クロックを低くしてBIOS起動させたのち、DDR4-4000設定に戻すと起動してくれました。DDR4-4000はこのマザーボードのメモリクロック限界に近いようです。安定動作させるにはクロックを調整する必要がありそうです。

しかしながらMemoryタブでDRAM Frequencyが2000MHz(DDR4-4000)となっているのを拝むことができました。いろいろといじってみたい方、ぜひお試しください。

●GALAXメモリのラインナップ
GALAX HOF4CXLBS3200H14HD162C (DDR4-3200 CL14 8GB×2)

GALAX HOF4CXLBS3600K17LD162C (DDR4-3600 CL17 8GB×2)


GALAX HOF4CXLBS4000M19SF162C (DDR4-4000 CL19 8GB×2)


※Facebookページに「いいね!」お願いします。