マザーボードには「ATX」や「Micro ATX」など複数のフォームファクターが用意されています。対応するケースや拡張性を左右するマザーボードのフォームファクター選びは、自分が理想とするPCを製作するうえで重要な要素となります。

 そこで今回は、各フォームファクターがどのような用途に適しているのかをIntel製チップセット毎にご紹介いたします。

 各フォームファクターごとのPCケースについては以下をご覧ください。
PCケースの選び方 〜PCケースの種類と特徴

●Intel Z370 チップセット
Coffee Lake-S専用のLGA1151対応チップセットで、LGA1151向けIntel 300シリーズチップセットの最上位モデルです。
asus_z370-F_gaming
CPUとメモリのオーバークロックと、CPUのPCIe 3.0レーンを分割できる機能を備えています。オーバークロックを楽しみたい方や、NVIDIA SLIを利用したマルチGPU環境を構築したい方に適しています。

 ▼ATX
 ・ハイクロックなオーバークロックメモリを使いたい
 ・CPUをオーバークロックしたい
 ・2-way GPU(NVIDIA SLI)を使いたい
 ・チップセットのRAID機能を利用したい
 ・タワー型PCケースを使った拡張性の高いPCを作りたい

 ▼Micro ATX
 ・ハイクロックなオーバークロックメモリを使いたい
 ・CPUをオーバークロックしたい
 ・2-way GPU(NVIDIA SLI)を使いたい
 ・チップセットのRAID機能を利用したい

 ▼Mini-ITX
 ・ハイクロックなオーバークロックメモリを使いたい
 ・CPUをオーバークロックしたい
 ・チップセットのRAID機能を利用したい
 ・コンパクトなキューブPCケースを使いたい


●Intel H370 チップセット
Coffee Lake-S専用のLGA1151対応チップセットで、LGA1151向けIntel 300シリーズチップセットの中でZ370の下位モデルです。

CPUやメモリのオーバークロック機能とCPU内蔵PCIeレーンの分割機能が削られているため、オーバークロックやNVIDIA SLIは利用できません。マザーボードのグレード自体は高いものが多いので、ヘビーユーザーにもおすすめです。

 ▼ATX
 ・シングルGPUゲーミングPCを作りたい
 ・チップセットのRAID機能を利用したい
 ・タワー型PCケースを使った拡張性の高いPCを作りたい

 ▼Micro ATX
 ・より低コストでシングルGPUゲーミングPCを作りたい
 ・チップセットのRAID機能を利用したい
 ・スリムデスクトップケースを使いたい

 ▼Mini-ITX
 ・より低コストでシングルGPUゲーミングPCを作りたい
 ・チップセットのRAID機能を利用したい
 ・コンパクトなキューブPCケースを使いたい


●Intel B360 チップセット
Coffee Lake-S専用のLGA1151対応チップセットで、LGA1151向けIntel 300シリーズチップセットのエントリーモデルです。

上位のH370からPCIeレーン数やRAID機能が削減されていますが、その分価格も安くなっているため、よりコストを抑えたい方に適しています。

 ▼ATX
 ・より低コストでシングルGPUゲーミングPCを作りたい
 ・タワー型PCケースを使った拡張性の高いPCを作りたい

 ▼Micro ATX
 ・より低コストでシングルGPUゲーミングPCを作りたい
 ・スリムデスクトップケースを使いたい

 ▼Mini-ITX
 ・より低コストでシングルGPUゲーミングPCを作りたい
 ・コンパクトなキューブPCケースを使いたい


●Intel H310 チップセット
Coffee Lake-S専用のLGA1151対応チップセットで、LGA1151向けIntel 300シリーズチップセットのローエンドモデルです。

フォームファクターを問わずメモリスロットは最大2本までとなっており、PCIeレーン数やUSBポートの数も少ないですが安価であるため、オフィス用途などに限定した低コストPCの製作に適しています。

 ▼ATX
 ・CPU内蔵グラフィックスを使った低コストPCを作りたい
 ・安価でメンテナンス性の高いタワーケースを使いたい

 ▼Micro ATX
 ・ハイクロックなオーバークロックメモリを使いたい
 ・スリムデスクトップケースを使いたい

 ▼Mini-ITX
 ・ハイクロックなオーバークロックメモリを使いたい
 ・コンパクトなキューブPCケースを使いたい


●Intel X299 チップセット
ハイエンドプラットフォームであるLGA2066に対応するチップセットで、Skylake-XやKaby Lake-Xが利用できます。LGA1151には存在しない8コア以上のCPUを利用したい方や、Intel Core i9が備える44レーンのPCIe 3.0 レーンを活用したい方に適しています。

多数の機能を実装するためATX規格以上のマザーボードがほとんどですが、一部のメーカーからMicro ATXやMini-ITX規格のマザーボードが発売されています。ただし、Micro ATX以下ではメモリスロットが少なかったり、電源回路や放熱的にオーバークロックが難しいなどの制約もあります。



 ▼ATX
 ・10コア以上のCPUをオーバークロックしたい
 ・大容量メモリ(最大16GB×8枚)を使いたい
 ・オーバークロックメモリを使いたい
 ・複数のPCI Expressスロット用の拡張カードを使いたい

 ▼Micro ATX
 ・ミニタワーケースで8コア以上のCPUを利用したい
 ・オーバークロックメモリを使いたい
 ・2-way GPU(NVIDIA SLI)を使いたい

 ▼Mini-ITX
 ・できるだけ小型のPCケースで8コア以上のCPUを利用したい
 ・オーバークロックメモリを使いたい