Prime95は、自作PCユーザーにとってはポピュラーなストレステストのひとつで、CPUとメモリに高負荷を掛けることができます。当店でもPCの動作の安定度をテストするために、Prime95を使うことがあります。
Prime95
 Prime95でストレステストを実行する場合、メニューバーの「Option」から「Torture Test」を選択し、テスト内容を選択してOKを押します。

 標準では全CPUスレッドに対してBlendテストを実行する設定になっており、これを実行することでCPUとメモリの両方に高い負荷を掛け、PCの安定性を確認することが出来ます。1時間程度実行してもエラーが発生しなければ、おおむね安定して動作していると判断してよいでしょう。Prime95はシステムが不安定だと、部分的にコアが動作しなくなります。各動作ウインドウですべてのコアが動作しているか確認すると共に、タスクマネージャーの「パフォーマンス」タブでCPUの各コアの動作もチェックしましょう。
Prime95-2
 なお、Prime95のピークCPU負荷は極めて高いため、CPU付属の純正CPUクーラーでは冷却不足に陥る可能性があります。十分な冷却性能を持ったCPUクーラーの利用と、モニタリングソフトで実行中のCPU温度も併せて確認を行いましょう。

 ちなみに、Prime95本来の用途はメルセンヌ素数の探索であり、Prime95を配布しているGIMPSは分散コンピューティングでメルセンヌ素数を探索するプロジェクトです。もちろん、Prime95を用いてメルセンス素数の探索に参加することも可能です。

 ▼Prime95 (GIMPS)
 https://www.mersenne.org/download/