今回はIntelの新しいチップセット「Intel Z390 チップセット」についてご紹介いたします。

●LGA1151向けIntel 300 シリーズ・チップセットの最上位チップセット
 Intel Z390 チップセットは、第9世代Coreプロセッサに合わせて投入された「LGA1151」向けのチップセットです。

 Coffee Lakeアーキテクチャを採用したCPUとの組み合わせに対応しており、第9世代Coreプロセッサはもちろん、Core i7-8700Kなどの第8世代Coreプロセッサとの組み合わせにも対応しています。

 CPUとメモリのオーバークロックをサポートや、CPU内蔵PCIeレーンの分割に対応と言ったIntel Z370 チップセットと同等の機能を備えつつ、新たに10Gbpsの帯域幅を持つUSB 3.1 Gen 2をチップセットに統合。最大で6ポートのUSB 3.1 Gen 2ポートが利用可能となっています。
Intel 300 Chipset
 USB 3.1 Gen 2が追加されたことを除けば、既存のIntel Z370 チップセットと同等の機能しか備えていないIntel Z390 チップセットですが、同チップセットを搭載するマザーボードは、既存のIntel 300 シリーズ・チップセット搭載製品で得られたノウハウを取り入れた新設計の製品となっており、マザーボード自体の機能や性能はより洗練されたものとなっています。

 第9世代Coreプロセッサでの自作をお考えの方には、より新しい設計を採用したIntel Z390 チップセット搭載マザーボードがおすすめです。