OCMEMORYのDDR4-2933をテストしてみました。

このメモリの特徴は設定なしでDDR4-2933起動の1.2Vメモリということです。
マザーボードにメモリを挿し、BIOSでは特に何も設定せず起動してみました。
以下がテスト環境です。

【検証機種】
マザーボード:MSI X470 Gaming Plus(BIOS:7B79vA3)
CPU:AMD Ryzen5 2600X
メモリ:OCMEMORY OCM2933CL16D-16GBNH (DDR4-2933 CL16 8GB×2)

CPU-Zで動作を確認します。
2933_16g_vcolor
特に問題なくDDR4-2933で起動しています。
タイミングもCL16-18-18-36とスペック通りです。電圧に関してはCPU-Zでは確認できないので、MSIのツール「Command Center」をインストールしてみました。
2933_12V_comm_vcolor
起動して「DRAM」タブで「DRAM電圧」を見ると1.2Vで動作していることが確認できます。
各電圧はマザーボードが提供しているツールを使うと確認できることが多いので、試してみてください。

オーバークロックメモリの場合通常はXMPでスペック設定を行いますが、このメモリはSPDにDDR4-2933が入っていますので、対応機種であればなにもせずにスペック起動します。

AMD 第2世代Ryzen環境にはベストマッチなメモリといえます。Intelでのテストはまた別の機会にやってみたいと思います。

なおX470 Gaming Plusは最新のBIOS:7B79vA4より、一つ前の7B79vA3のほうがメモリ耐性がいいようです。最新だと高クロックが安定しないので注意してください。(2018.10.27現在)