TridentZ Royalに4枚組の新製品が発売されました。
TridentZ Royal 4sticks_01
TridentZ Royalはメモリが4枚挿さるマザーボードであれば、やはり4枚で使用したくなる製品です。4枚ならライティングの効果がよりアップします。

4枚メモリを運用するのには、4枚組の製品を

「2枚組を2セット」と「4枚組を1セット」は同じではありません。製品は販売している単位でテストをしていますので、2枚組2セットで4枚にした場合は、スペック通りに動作しない場合があります。特にオーバークロックメモリを使用する場合は気を付けてください。
2枚組2セットでは動作しない理由は、メモリ側の問題の場合と、マザー、CPU側の問題の場合があります。

4枚挿しの場合は、2枚より耐性が必要なので、2枚組の組み合わせではメモリ側の耐性不足の可能性が出てきます。また各セットの購入時期が異なる場合、メモリが同型番であっても、DRAMの型番や耐性が異なり動作しないことがあります。

CPU、マザー側でも、2枚での動作限界と、4枚での動作限界が異なります。2枚のほうが動作しやすく、4枚はクロック耐性がシビアになります。4枚揃えても、使用しているCPU、マザーでは動作しないということもあります。G.Skillが2枚組しかリリースしていないクロック(例えばDDR4-4400オーバーの製品など)は4枚では動作しないためという意味もあります。特にAMD環境では4枚組動作が難しいので対応をよく確認してください。

4枚組の製品を選択することで、上記の問題はクリアになります。G.Skillの製品ページでQVLでマザーボードが対応しているかどうかを確認の上、4枚組製品を選ぶことをおすすめします。

TridentZ Royalの新製品はDDR4-3000〜4000までの4枚組がリリースされています。16GB×4の64GBセットもありますが、クロックは8GBx4より低くなっています。

●TridentZ Royal 4枚組新製品









F4-4000C17Q-32GTRS


●TridentZ Royal 2枚組新製品