自作PCを組み立てた後、最初に実行したいテスト。それは組み立てたPCが安定して動作可能な状態にあるのかをチェックする「ストレステスト」です。

 ストレステストは、PCの各パーツに対して高い負荷を掛けることにより、CPUやメモリ、ビデオカードといったパーツに初期不良が無いことや、冷却装置が十分に機能しているのかを確認するのが目的です。

 多くのストレステストは高負荷な処理をループ実行するものとなっており、長時間実行するほどPCの安定性と信頼性の証明となる一方、冷却機構に問題を抱えたままの高負荷運用は故障に直結します。

 長時間のストレステストを実行する場合、テスト開始から数分間程度は、モニタリングソフトを用いてCPUやGPUの温度を監視し、冷却機構が正常に機能していることを確認してください。


●ストレステストとモニタリングソフトをご紹介
Prime01
 よく利用されるストレステストとしては、CPUとメモリに負荷を掛ける用途では「Prime95」や「OCCT」が一般的です。

 OCCTにはGPU向けのストレステストも用意されていますがGPUメーカー非推奨であるため、ビデオカードでは実ゲームをベースにしたベンチマークテストである「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」をループ実行するのがおすすめです。

 メモリのストレステストには著名な「MemTest86」があります。こちらはPrime95やOCCTなどWindows上で実行できるストレステストでエラーが発生した際、問題の切り分け用のとして利用すると良いでしょう。Prime95などでエラーが発生し、Memtest86で問題がない場合は、CPUが高負荷状態になったときの冷却不足などが考えられます。

●自作したPCで最初に実行すべき「ストレステスト」

 定番ストレステスト「Prime95」とは?
 http://blog.livedoor.jp/ocworks/archives/52076153.html

 OCCT
 http://www.ocbase.com/

 「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」のご紹介
 http://blog.livedoor.jp/ocworks/archives/52063189.html

 無料で使えるメモリテスト「MemTest86」の使い方
 http://blog.livedoor.jp/ocworks/archives/52077309.html



 また、CPUやGPUなどの温度を監視できるモニタリングソフトには、複数のパーツを同時に監視できる「HWMonitor」や「HWiNFO」がおすすめです。

 利用の際は、パーツの温度がストレステストの負荷に連動して変化していることと、温度が過剰に上昇していないことを確認しましょう。異常がある場合、前者の場合は正常にモニタリングできていない可能性、後者の場合は冷却装置の不具合や能力不足の可能性があります。

 モニタリングソフト「HWMonitor」をご紹介
 http://blog.livedoor.jp/ocworks/archives/52016710.html

 高機能ハードウェアモニター「HWiNFO」をご紹介
 http://blog.livedoor.jp/ocworks/archives/52056495.html