AKIBAオーバークロックCafe イメージ画像

NVMe

 2017年末現在、新たな通信プロトコルであるNVMeに対応したSSDは自作PC市場に浸透しており、一般ユーザー向けには主にM.2タイプの製品が普及しています。今回はそんなNVMe SSDの長所と短所を改めてチェックしてみましょう。 NVMeに対応するSSDは、PCIe接続による高いシーケ
『NVMe SSDの長所と短所をチェック』の画像

人気のAqua ComputerのM.2 SSD用冷却キットが再入荷しました。NVMe SSDは驚異的な速さのストレージですが、発熱が高いのがネックとなっています。温度が高いまま使用を続けるとサーマルスロットリングが働き、読み書きの速度が低下するため、安定した速度で使い続けるには冷
『Aqua ComputerのM.2 SSD用冷却キット』の画像

Aqua ComputerのM.2 SSD用冷却キットが再入荷しました。NVMe SSDは驚異的な速さのストレージですが、発熱が高いのがネックとなっています。温度が高いまま使用を続けるとサーマルスロットリングが働き、読み書きの速度が低下するため、安定した速度で使い続けるには冷却対策
『Aqua ComputerのM.2 SSD用冷却キットが再入荷!』の画像

 2016年は高性能なNVMe SSDが低価格化により本格的に普及しはじめた年となりました。 今回は、従来のストレージデバイスとは一線を画すパフォーマンスを実現するNVMe SSDについて、その特徴や使いどころを紹介した記事をまとめました。年末にSSDの購入をご検討中の方は、ぜ
『パーツの選び方 〜 NVMe SSDまとめ』の画像

先日発売したApacer Z280 NVMe SSDを、詳しく見ていきましょう。まずSSDといえばコントローラーが気になるところ。PCBのほぼ中央に付いているコントローラーは「PHISON PS5007-11」となっています。NANDフラッシュとしてTOSHIBA製MLC NANDのTH58TFT0DFLBA8H(480GB)TH58TFG9
『異次元の速さ! Apacer Z280 NVMe SSDをじっくりみる』の画像

昨日、販売開始したApacer Z280 NVMe SSD 480GBで取り急ぎCrystalDiskMarkで見てみました。シーケンシャルでリード2,776MB/s、ライト1,545MB/sとメーカースペックよりは上の結果が出ています。【テスト環境】マザーボード:ASUS Z170-DELUXECPU:INTEL Core i7-6700Kメモリ:
『Apacer Z280 NVMe SSDのベンチマーク速報』の画像

NVMe SSDはそのスピードの速さが魅力ですが、価格の高さがネックでした。しかし最近低価格化が起こり、買いやすい価格となったため話題となっています。当店にApacerブランドのNVMe SSDが入荷しましたので紹介します。【スペック】型番:AP240GZ280-1、AP480GZ280-1 容量:240G
『読み込み最大2,500MB/s! Apacer Z280 NVMe SSD、240GB、480GBが発売開始』の画像

 BTOパソコンのシステム用ドライブとして、NVMe対応SSDをお選びいただけるようになりました。 NVMe対応SSDは、コマンド処理を拡張・効率化した通信プロトコルNVMeに対応したSSDです。インターフェースにPCI Express 3.0 バスを採用することで、非常に高いデータ転送速度を
『【BTO】システム用ドライブにNVMe SSDを追加!』の画像

 先日ご紹介した通り、NVMe対応SSDの多くは、従来のSSDよりも高いパフォーマンスを特徴としています。 PC用のストレージデバイスにとって、データ転送速度が高速であるということは間違いなく良いことです。ただ、Plextor M8PeやIntel 600pなどの安価な製品が登場してきた
『NVMe対応SSDについて 〜 NVMe SSDの使いどころ』の画像

↑このページのトップヘ