AKIBAオーバークロックCafe イメージ画像

OCMEMORY

DDR4-3200 1.35V新製品OCMEMORYのDDR4-3200 1.35Vオーバークロックメモリ、入荷しました。メジャーブランドSK hynix C Dieと10層PCBを採用した高品質メモリです。OCMEMORY OCM3200CL16D-16GBNC (DDR4-3200 CL16 8GB×2)対応プラットフォームについて「Intel Z390/Z370/Z270
『OCMEMORY DDR4-3200 1.35V、AMD&INTEL対応モデル発売』の画像

DDR4-3200 1.2V製品再入荷DDR4-3200かつ定格電圧1.2Vのオーバークロックメモリ、再入荷しました。こちらはOCM3200CL18D-16GBNHのマイナーチェンジバージョンとなっています。変更点として対応がINTELプラットフォームのみとなりました。OCMEMORY OCM3200CL18D-16GBNHBはDDR4-
『OCMEMORY DDR4-3200 1.2V再入荷、OCM3200CL18D-16GBNHB』の画像

DDR4-3200なのに1.2V!?DDR4-3200はオーバークロックメモリでは定番クロックとなっています。ですが、メモリ電圧はDDR4標準の1.2Vでなく、ほぼ1.35Vの製品となっています。この電圧が気になって導入を躊躇していた方もいらっしゃるのではないかと思います。今回発売となった
『DDR4-3200で1.2V、しかも一発起動のメモリが新発売!』の画像

以前のエントリーで書いたようにRyzen Gen2の標準メモリクロックはDDR4-2933です。現在DDR4-2933のほとんどのメモリの電圧スペックは1.35Vとなっています。DDR4標準の1.2Vで動作させるとなると、DDR4-2666メモリの選択が一般的かと思います。そこでなんとかDDR4-2933 1.2V動
『RyzenをDDR4-2933 1.2Vで動かす』の画像

Z370はメモリクロック耐性が高いマザーボードです。SK hynixチップを搭載したOCMEMORY DDR4-3600で、MSI Z370 Gaming PlusのBIOS設定を紹介します。【テスト環境】マザーボード:MSI Z370 Gaming Plus(BIOS:E7B61IMS.140)CPU:INTEL Core i7-8700Kメモリ:OCMEMORY OCM360
『OCMEMORY DDR4-3600をMSI Z370 Gaming Plusで起動する』の画像

今回はOCMEMORY DDR4-3600に搭載された新DRAM、SK hynix C Dieを中心に、ちょっとメモリのDRAMについて紹介したいと思います。オーバークロックメモリに使用されるDRAMは長くSamsung B Dieの時代が続いています。元々、オーバークロックメモリはDRAMのスペック以上の動作をメ
『SK hynix C Dieとは?』の画像

OCMEMORYよりオリジナルDDR4-3600 8GBx2が発売となりました。OCMEMORY OCM3600CL19D-16GBN (DDR4-3600 CL19 8GB×2)Z370/Z270/Z170対応でXMPにより、容易にDDR4-3600設定が可能です。最新DRAMのSK hynix C dieを搭載、ブラック10層PCBが使用されています。ヒートスプレッダー
『OCMEMORY DDR4-3600 OCM3600CL19D-16GBN新登場!』の画像

OCMEMORYをASUS PRIME Z370-Aで動作テストしてみました。検証機材は以下です。マザーボード:ASUS PRIME Z370-ACPU:Intel Core i7 8700K BOXメモリ:OCMEMORY OCM3200CL16D-16GBN (DDR4-3200 CL16 8GB×2) 2セット今回、2セットで4枚挿し32GBで検証しています。Prime95によ
『OCMEMORY DDR4-3200をASUS PRIME Z370-Aで動作テストしてみた』の画像

↑このページのトップヘ