AKIBAオーバークロックCafe イメージ画像

X470

DDR4-3200 1.35V新製品OCMEMORYのDDR4-3200 1.35Vオーバークロックメモリ、入荷しました。メジャーブランドSK hynix C Dieと10層PCBを採用した高品質メモリです。OCMEMORY OCM3200CL16D-16GBNC (DDR4-3200 CL16 8GB×2)対応プラットフォームについて「Intel Z390/Z370/Z270
『OCMEMORY DDR4-3200 1.35V、AMD&INTEL対応モデル発売』の画像

DDR4-3200 1.2V製品再入荷DDR4-3200かつ定格電圧1.2Vのオーバークロックメモリ、再入荷しました。こちらはOCM3200CL18D-16GBNHのマイナーチェンジバージョンとなっています。変更点として対応がINTELプラットフォームのみとなりました。OCMEMORY OCM3200CL18D-16GBNHBはDDR4-
『OCMEMORY DDR4-3200 1.2V再入荷、OCM3200CL18D-16GBNHB』の画像

DDR4-3200なのに1.2V!?DDR4-3200はオーバークロックメモリでは定番クロックとなっています。ですが、メモリ電圧はDDR4標準の1.2Vでなく、ほぼ1.35Vの製品となっています。この電圧が気になって導入を躊躇していた方もいらっしゃるのではないかと思います。今回発売となった
『DDR4-3200で1.2V、しかも一発起動のメモリが新発売!』の画像

大容量64GB、DDR4-2933 1.2V標準メモリ大容量メモリを積みたい方のためのOCMEMORY DDR4-2933 64GBキットです。DDR4-2933 64GBキットで1.2Vスペックはほぼ市場にはない珍しい製品です。DDR4メモリの標準電圧は1.2Vです。オーバークロックメモリはほとんどが1.35V以上のスペッ
『DDR4-2933 1.2Vに64GBセット登場!  Threadripperにも対応』の画像

DDR4-2933 1.2V標準メモリに32GBDDR4メモリの標準電圧は1.2Vです。DDR4-2933以上のオーバークロックメモリはほとんどが1.35V以上のスペックとなっていますが、発熱、消費電力の面で1.2V仕様はより安心して使うことができます。DDR4-2933が標準クロックとなっているRyzen第2世
『OCMEMORY DDR4-2933 1.2Vに32GBセットが登場!』の画像

意識せずDDR4-2933が使える画期的メモリ以前にAMD Ryzen第2世代のメモリについての記事をアップしました。第2世代Ryzenの標準メモリクロックDDR4-2933の選び方この時は、Ryzen第2世代の標準メモリクロックであるDDR4-2933メモリは、ほとんどが1.35V仕様のものであるという説
『ついに発売、DDR4-2933 1.2Vメモリ! AMDも設定なしで一発起動』の画像

 AMD StoreMIは、AMD 400 シリーズ・チップセット向けに無料で提供されているストレージ高速化ツールです。今のところ、利用できるのはSocket AM4向けチップセットである「AMD X470」を搭載したPCのみとなっています。 AMD StoreMIでは、高速で低容量のストレージ(Fast Ti
『AMDのストレージ高速化ツール「AMD StoreMI」』の画像

G.SkillよりDDR4-3200/DDR4-3466/DDR4-3600のAMD Ryzen用メモリの新製品が発売になります。それぞれの特徴を紹介します。来週入荷予定ですので、最短での納期をご希望の方は、今ご注文いただければ入荷次第発送が可能です。第2世代Ryzenはハイクロックメモリに強くなっていま
『AMD Ryzen向けDDR4-3200/DDR4-3466/DDR4-3600のメモリが登場!』の画像

AMD Ryzen 3点セット (2700X・CROSSHAIR VII HERO・DDR4-3400 8GBx2)の紹介をいたします。Ryzenでハイクロックメモリを導入したい方におすすめのセットです。AMDプラットフォームではまだハイクロックメモリの動作が不安定な組み合わせもあります。当店の3点セットは、ご希望
『RyzenでDDR4-3400動作可能! 出荷前検証付き3点セット』の画像

 今回は、マザーボードが採用するフォームファクターがどのような用途に適しているのか、AMD製チップセット毎にチェックします。 各フォームファクターごとのPCケースについては以下をご覧ください。→PCケースの選び方 〜PCケースの種類と特徴●AMD X470 チップセットSock
『 マザーボードのフォームファクター選びのポイント (AMD編)』の画像

↑このページのトップヘ