2019年09月10日

公共交通機関の混乱が収まりそうもないと判断して
久々に自転車で。案の定体力的にキツかったですね。

まあ、でも、好きなように動き回れるのって
相当良い気分です。暑いのはわりと平気だし。

往路はいつも通りのコースですが
途中倒木8箇所に巨大水たまりや謎の飛来物が行く手を阻み、
品川界隈でルートを誤れば道路冠水や駅からあふれた通勤客の
大行列に出くわす可能性もあったようです。
比較的無難な道を走れたのはラッキーでした。

次はいつ乗るかなぁ。


● 走行記録(9/9)47.39km
往路:1h45
復路:1h51

【往路詳細】自宅→会社
時間帯 :10〜12時台
走行時間:記録忘れ
走行距離:21.39km
平均速度:15.1km/h
最高速度:33.3km/h
積算距離:10855.1km

【復路詳細】会社→自宅
時間帯 :20〜24時台
走行時間:2h18(参考記録)
走行距離:26.00km
平均速度:11.2km/h(参考記録)
最高速度:34.9km/h(参考記録)
積算距離:10881.1km

復路の値はサイコンを一晩他の荷物と一緒にしていたせいか
誤作動した模様。電池のそばに置くと勝手に動いたりするので。


od156 at 18:24コメント(0)自転車 

2017年06月22日

1年ぶりぐらいですかね自転車通勤。
仕事の予定、季節、疲労、持病(花粉アレルギー)とか
色々あって機会もなく。

ブレーキが壊れ気味なので終始ゆっくり走行。
復路は上体の前傾を支える腕の力も背筋を伸ばす気力もなく
グダグダで帰ってきました。


● 走行記録(6/16)47.43km
往路:1h27
復路:1h27(八丁堀→自宅)

【往路詳細】自宅→会社
時間帯 :9〜11時台
走行時間:1h12
走行距離:21.17km
平均速度:17.4km/h
最高速度:33.3km/h
積算距離:10764.3km

【復路詳細】会社→八丁堀→自宅
時間帯 :19時台、24〜26時台
走行時間:1h36
走行距離:26.26km
平均速度:16.3km/h
最高速度:31.3km/h
積算距離:10791.5km

IMG_5117▲ 朝の多摩川(遅めの出発)

IMG_5120▲ 深夜の平和島ジャンクション。久しぶりの訪問でしたが工事終わってたんすねー

IMG_5122▲ トンネル内

IMG_5125▲ そういえば100円ショップで買ったライトがめちゃくちゃ明るくて便利!

IMG_5127▲ 上から(なぜかこれ撮った記憶がないんだけど)



od156 at 16:41コメント(0)トラックバック(0)自転車 

2016年05月31日

2年ぶりに復活して
今月は自転車通勤2日。

平日はあまり気楽ではないので
両日とも休日出勤時だけど、
過度の運動不足解消を目的に
重い腰を上げた次第。

体力的な不安もさることながら
自転車のメンテも不完全なので
ゆっくりと。(言い訳)

サイコンの電池交換は行きしなに済ませたものの、
ブレーキまわりの消耗品交換は先送り。
当分の間、ゆっくり走ろう。(言い訳)


● 走行記録(5/14)42.43km
往路:1h35
復路:1h34

【往路詳細】自宅→会社
時間帯 :13〜14時台
走行時間:1h20
走行距離:20.73km
平均速度:15.4km/h
最高速度:33.0km/h
積算距離:10640.8km

【復路詳細】会社→自宅
時間帯 :21〜22時台
走行時間:1h15
走行距離:21.75km
平均速度:17.2km/h
最高速度:33.9km/h
積算距離:10662.5km

IMG_2195
▲ 電池交換してサイコンも復活

IMG_2197
▲ 例の「トンネル」(泉岳寺:高輪橋架道橋)


● 走行記録(5/29)43.51km
往路:1h26
復路:1h26

【往路詳細】自宅→会社
時間帯 :12〜13時台
走行時間:1h15
走行距離:21.81km
平均速度:17.2km/h
最高速度:34.1km/h
積算距離:10684.4km

【復路詳細】会社→自宅
時間帯 :20〜21時台
走行時間:1h14
走行距離:21.70km
平均速度:17.4km/h
最高速度:33.5km/h
積算距離:10706.1km

IMG_2523
▲ 夏日でちょっと走ると汗をかく。

IMG_2524
▲ 札の辻交差点(港区・芝)通るのも久々。路面のペイントも僕には目新しい。



od156 at 16:59コメント(0)トラックバック(0)自転車 
GWの最終日に「近所の羽田空港」まで行ってきました(自転車で)。


IMG_2103
▲ 東京モノレール整備場駅付近で見つけたいい感じの交差点。


IMG_2104
▲ リムジンバスがいっぱい。


IMG_2108
▲ 整備場駅。駅舎の古さがたまらないですねえ。


IMG_2114
▲ 空港の外れ。フェンスの向こうの荒野を関係車両が走っていました。


IMG_2116
▲ 目指すは国際線ターミナルビル。


IMG_2120
▲ 駐輪場はないけど自転車を停めて徒歩でターミナルビルへ。


IMG_2127
▲ 展望デッキ!


IMG_2131
▲ こういうところで一日じゅう本でも読んで過ごしたいですね。


IMG_2134
▲ 駅直結のビルだからモノレールの絶景ポイントがあります。


IMG_2135
▲ 近い!


● 走行記録
時間帯 :
走行時間:
走行距離:
平均速度:
最高速度:
積算距離:
※サイコン電池切れのため記録なし。

od156 at 14:00コメント(0)トラックバック(0)自転車 

2016年01月19日

超お久しぶりです。
もう2016年ですね。
相変わらず自転車操業の日々を送りながら
昨年は一度も自転車に乗らずじまい。
今年こそは…
という台詞も毎年言ってるような気もします。

2015年、そもそも不運な年でした。
詳しくは書けないけど業務上のトラブルがいくつか続いて、
当事者としてまたは仲介役として数ヶ月間それらの対応に追われるという
酷な状況がありまして…。ただ、未だ僅かに尾を引いてはいるものの、
12月で区切りはついた形。ほっと胸を撫で下ろして迎えた新年でした。
まあ、結果論だけど、トラブルを通じて善人にも悪人にも出会って、
良い経験になりました。

現在の仕事状況は…というと
立場的にディレクションと新規開拓と社内の統括をしてるので
以前だと自チームで無理して受けたような案件は
もう社内の別チームに流して(売上均衡のために圧力もとい協力を…)
自分自身が作業であまり拘束されないようにしています。
外部の協力プロダクションとの連携機会も増やしたし。
ただ重要な案件のデザイン(特に初手の段階)は
自ら手を動かすことも多いですね。

さて、まだ19日だというのに元旦がずいぶん遠くに感じられますが
今年の抱負:

もっと仕事をする。安定は何よりも仕事あってのことだから
 お仕事ください。一緒に仕事しましょう。
もっと人と会う。内向きになると段々「リズム」がなくなってくる。
 ご飯食べにいきましょう、飲みにいきましょう。
整理整頓。散らかってるのは百害あって一利なし。
 過去に財布をなくしたり大事な手続きを忘れたりしたのは全部これのせい。
 きちんとしよう。

そして、自転車にも乗ろう。


od156 at 18:36コメント(0)トラックバック(0)日記・雑談 

2015年01月02日

新しい年を迎え、一日が経った。
年末は冬休みに入った途端に軽く風邪をひき
実際一昨日まで熱があったけれど、そこそこ大掃除もしつつ
なんとか乗り切り、わりと元気に年を越せた。

今日は車を借りて実家へ。
恐らくは局所的に、道中の国道1号から環七にかけて
吹雪…という表現が適切なのかわからないが
強い風に白い雪がリアルに舞い、視界が悪かった。

しかし、雪が積もるようなことも路面が濡れるような
こともなく、それはただの通りすがりの出来事だった。

この地域では確かに珍しかったのだけれど、
それは1ミリの疑念を差し挟む余地もない
完全な、ただの通りすがりの吹雪で、
何日か経てば雪が舞った白い景色のことなど、
それこそ十人中十人に
すっかり忘れられてしまうようなタイプの吹雪だった。

だから今日ここに書き留めておく、
その、ただの通りすがりの吹雪のことを。


od156 at 00:48コメント(0)トラックバック(0)日記・雑談 

2014年10月23日


以前から特に隠すこともなく、事務所が四ツ谷にあることは公言していた。四ツ谷といってもかなり広範囲だが、学生時代から数えると僕の四ツ谷歴は実質21年ほどになる。

今日は約10年通っているレストランへ昼食に行った。そこは元々テレビ局関係者が多く訪れていた店だったが、移転などあって近年はそんなに業界っぽい客層ではなくなったけれど、店の方向性もメニューも内装も主要スタッフの顔ぶれも変わることなく繁盛を続けている良店である。実はここ最近打ち合わせの外出を除いて昼に外食することは稀で、ほぼ家から持ってきたものやコンビニで済ませてしまうので、かなり久々の訪問となった。

店に入ると女店主の「おっ!お久しぶり!」という元気な一声が迎えてくれた。帰りしなには買い出しから戻った店員のおじさんに「元気だった?また来てくださいね」と温かい言葉をもらったりした。

長年同じ場所に通勤しローカルのお店に通っていると、こういう場面が年々増えてありがたみを感じる。僕などあまり外へ出ないほうだしそんなに積極的にコミュニケーションするタイプではないけれど、さすがに10年もいると街の人と顔馴染みになってしまう。

今でも月に8日以上は深夜まで仕事をしている。初代社長の時代からお世話になっている人が事務所の近所に住んでいるのだが、よく「夜中の散歩」で弊社の明かりがついているのを都度確認しているらしい。先日小さなお子さんを連れて来社された折には「夜中電気が消えてると安心しますよ」などと冗談を言われた。

滞在時間の長さで言えばほとんど四ツ谷に暮らしているようなもので、街にも愛着がある。つい先日には、10年程前にそんな「同志」で集まって四ツ谷で飲む活動をしていた仲間たちと四ツ谷しんみちで飲む機会があった。趣味つながりだと一時的に盛り上がるものの移ろいやすく再会の機会もなかなか難しかったりするが、土地つながりにはもう少しパーマネントな連帯があることに気づかされた。互いに歳の離れているメンバーではあるが、以前と同じように懐かしく居心地の良い時間を過ごすことができた。

余談だが、10年前に我々が作成した「四ツ谷おすすめの店100」のリストをSNSで発掘しプリント・アウトして持って行ったのだが、閉店した店が結構あった。過去ログではいきいきとした文面で書き込みをする過去の自分とも再会したが、それは今となっては別人のようであった。10年という歳月が流れたのだから、街も人も表情が変わったとしても何の不思議もない。




od156 at 17:29コメント(0)トラックバック(0)日記・雑談 

2014年05月29日

というわけで先週の土曜日、
友人のコピーライター氏(7つ上の先輩である)をお誘いし、海まで走りにいった。
海といいつつも東京湾内だが、僕としては三度目の訪問となる。

久々に長めの距離。
実際どれだけ久々かというと、60km以上の走行履歴としては
2009年1月12日、世田谷に蕎麦食いにいったとき61.96km、
2008年9月27日、三浦半島城ヶ島往復162.29km
直近でもこれぐらいなので、かなりのブランクだった。
ちなみに普段の通勤は42〜44kmである。


IMG_2277

朝10時前に出撃。待ち合わせは11時に日比谷公園。
気持ち良い風に吹かれてのんびりと1時間ちょっと走行し、
11時ぴったりに待ち合わせ場所に到着。距離もぴったり20km。
ビアンキを所有するコピーライター氏と落ち合った。

道中は僕が先頭で走った。
まずは晴海通りを直進、
左折レーンや駐車車両の多い銀座界隈を抜けて東京湾方面へ。
途中のバイシクルセオ晴海店に立ち寄った。
パーツやらアクセサリーを物色したが、結局何も買わず。
サドルは新しいものがほしいと思った。

走行再開。
巨大な晴海大橋を渡り、もうひとつ運河を越えて湾岸道路(R357)に出る。
そこから東へ東雲、辰巳を経て新木場へ。のんびりと歩道を走った。
新木場駅の交差点「夢の島」に差しかかったところで右折、駅前を通り
東京メトロの新木場車両基地や東京へリポートを横手に南下すると
左前方に若洲ゴルフリンクスが見えてくる。

若洲海浜公園はゴルフ場をぐるりと囲んでいるような印象である。
周回のサイクリングコースが整備され、この日もロード乗りを多く見かけた。
コースから外れ芝生の斜面を下りていくと、波打ち際まで近づくことができる。


IMG_2278
▲この波打ち際の直線は2000mほどある。路面は粗い。

眺望がよく、対岸に葛西臨海公園の観覧車や舞浜の東京ディズニーリゾートを
ありありと見ることができる。
この日はかろうじて館山あたりまでのシルエットを確認することができた。

IMG_2281
▲テトラポッドと飛行機。

着陸する機体が次々とやってくる。目視では機影はもう少し大きいが、
普段もっと近く(多摩川河口など)で見ているせいか、迫力には欠ける。

IMG_2282
▲突き当たりまで走ると巨大な岩。

以前ここへ来たときには、この岩場に多くの野良猫を見たがこの日は一匹もいなかった。

IMG_2283
▲東京ゲートブリッジ。

実は若洲海浜公園の南端は東京ゲートブリッジと重なっている。
そのため、橋を真下から望むことも可能である。

IMG_2284
▲サイクリングロード。

サイクリングロードは対面通行となっている(写真は左回り)。
ゴルフ場のタマ除けフェンスが茶色というのは良い色選択。

IMG_2285
▲休憩時のひとコマ。

とにかく風が強かった。体感で風速9m/sの南風が休まることなく吹き続けていた。
向かい風でペダリングすると、小径車の非力さが如実となる。
強風に抗してすいすいと進むコピーライター氏との差は歴然だった。

海辺では日差しは暖かかったものの、風のおかげで肌寒さを感じていた。
まさか着ることになるとは思わなかったが、僕は長袖のヒートテックを中に着込んだ。
我々は途中のコンビニで調達した食料を昼飯として食べ、海を見てたそがれた。

帰りはコピーライター氏を荒サイの入り口まで案内しつつお見送り。
実は荒サイ右岸のコースは河口まで貫通していない。
そのため、葛西橋通りの一本南の通りにある「清砂大橋」まで
北上する必要があるのだった。

IMG_2287
▲清砂大橋にてビアンキと記念撮影。

IMG_2286
▲僕のルイガノJEDI2005年モデル(もう9年かあ)。

久々の長距離走行で復路は疲労困憊だった。
向かい風もきつかったが、そんなこんなで12〜14km/hほどで走った(笑)
清砂大橋から2時間かけて夕方5時に帰着。
帰宅後のシャワーとビールは多幸感に満ち溢れていた。

おかげでその晩はぐっすりと眠ることができた。
…いや、ぐったりと眠ったと言った方が正確かもしれない。

良い一日だった。


● 走行記録
時間帯 :9〜17時台
走行時間:4h49
走行距離:78.49km
平均速度:16.2km/h
最高速度:39.4km/h
積算距離:10590.7km



od156 at 09:13コメント(0)トラックバック(0)自転車 

2014年05月14日

自転車通勤としては昨年の6/3以来となる。
慣れたコースを久々に通ってみると
路面の粗かった区間が舗装されて走りやすくなっていたり
道路標示がきれいに塗り替えられていたり
駐車場だったところに家が建っていたり(すっかり生活感出ていた)
新しいコンビニやスーパーがいくつかできていたり
この空白の1年とはそのぐらいの時間経過なんだなあと思った。
もちろん相変わらず道路工事し続けている場所(避ける際に
並走車両、後続車両に神経を使う)もあるし
僕がいつも信号待ちで寄りかかる電柱も健在で、
おおよそ以前と変わりない走法でいつもの道を走って来たのだった。


● 本日のタイム
往路:1h24
復路:1h21

【往路詳細】自宅→会社
時間帯 :9〜10時台
走行時間:1h12
走行距離:21.21km
平均速度:17.6km/h
最高速度:32.1km/h
積算距離:10490.6km

【復路詳細】会社→自宅
時間帯 :23〜25時台
走行時間:1h11
走行距離:21.56km
平均速度:18.0km/h
最高速度:32.2km/h
積算距離:10512.2km

追記(5/15 16:20):
やっぱり帰りはへとへとだった。
筋トレなんて何ヶ月もしてないから
腹筋も背筋も弱っていて姿勢を保てないんだよな。
前傾する乗車ポジションだから手と肩の負荷も大きくて…。
まあ徐々に乗って筋力と体力を少しずつ取り戻していこう。

ちなみに帰宅直前の3分間ほど
予想よりだいぶ早く降り始めた雨に捕まった。
持ってないというか、ある意味持ってるというべきか、
実にお約束の雨だった。


od156 at 14:45コメント(0)トラックバック(0)自転車 

2013年06月03日

毎週月曜日は朝の会議があり、慌ただしく走ったりすると危ないので
自転車通勤を控えることが多いのだが、今朝は出かける直前の
8時半ぐらいまで迷っていた(にしても既に自転車用の格好に着替えていた)。
「疲労/睡眠不足/時間厳守のプレッシャー」と「梅雨の晴れ間/
憂鬱な月曜日だからこそ/電車乗らずに済むよ?」を天秤にかけて、
僕は賢明にも自転車を選択したのだった。

朝っぱらからタイムアタックモードで走るのは厭だったが
8時半を回っていたので、のんびり走るわけにはいかなかった。
自分なりには結構飛ばしたつもりだったが、計測タイムを見ると
平均速度だけはのんびり走った前回をそれなりに上回ったが、
トータルでは(グロスでもネットでも)大して早くなかった。
おそらく加速だけの頑張りで、巡航速度は全く伸びていなかった
ということだろう。そういえば、僕の万年運動不足という病は
この2〜3年で悪化したままである。

しかし、帰路にはある種の楽しみが控えている。
事務所を出てサドルに跨がった瞬間、僕は野戦病院のような持ち場を離れ、
通勤電車という魔界をすっ飛ばし、虹色の輝きとともに心が解放される。

そんな心境で、今、終業のベルを待っているのである。

※注:弊社に終業のベルなどない。


● 本日のタイム
往路:1h14
復路:1h19

【往路詳細】自宅→会社
時間帯 :8〜9時台
走行時間:1h05
走行距離:20.88km
平均速度:19.2km/h
最高速度:35.8km/h
積算距離:10423.0km

【復路詳細】会社→自宅
時間帯 :22〜23時台
走行時間:1h12
走行距離:21.93km
平均速度:18.1km/h
最高速度:31.3km/h
積算距離:10445.0km


od156 at 17:58コメント(2)トラックバック(0)自転車 
Comments
J-LEAGUE
Booklog
プロフィール

BQ-designer

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ