ちょっと前のことですが、年末12/31に箱根町強羅猫レスキューのお手伝いをしてまいりました。

箱根町強羅猫レスキュー

強羅の旅館が廃業し、そこで飼われていたり餌をもらっていた猫が置き去りにされました。
当初50匹近くがいたとのことでした、寒い中死んでいく猫も出始め、
小田原の有志が猫のレスキューを決意。
管理人も捕獲の手伝いにいきました。

2948

旅館の裏の従業員用のアパート。こちらでもたくさん飼われていたらしいです。
旅館の廃業で、猫を連れて行った人は極わずか。ほとんどが取り残されました。
とてもなついていて、捕獲器を用意している最中擦り寄ってきます。

5001


中には抱っこされてそのまま捕獲器に入れられる子も。

5002


そんな中、旅館の建物の中から猫の叫び声が。
中に閉じ込められている子がいるようです。
奇跡的に鍵がかかっていない窓があり、そこから飛び出してきてくれました。

5003


我が家にも病気猫や保護犬がいるので、保護の手伝いを迷っていたのですが、
神様がこの子を連れて帰れと言っている様な気がして、
うちで保護猫として迎え、新しいおうちを探すことにしました。

5004


首輪もついていて、あとから聞いたところ「まいちゃん」という名で飼われていたということ。
不妊手術も済んでいました。

とっても優しくおとなしいいい子です…
置き去りにされるまでは可愛がられていたのでしょう。

5005


5006


5007


まいちゃん。女の子。

推定3歳。病気なし。不妊手術済み。

ちょっとおでぶ。

新しいおうちを募集中です!!