更新履歴

・2016/12/28 22:00 初回
・2016/12/29   8:30



はじめに

 2016/12/28  21時38分 に茨城県北部でM6.3(震度6弱)の地震が発生しました。
 なんだかもう、震度6までは全国どこでも起きるし、テレビでも臨時ニュースなしに字幕ニュースだけになってしまった。こんな時は、すぐに臨時ニュースに切替わるNHKが頼りです(私、ちゃんと受信料を払ってます)

 最近、福島県で震度5弱、茨木県で震度6弱と、大きな地震が続きます。
 2016/12/28の茨城県震度6地震を、気象庁は東日本大震災(311)の余震であると明言しました。同程度の余震は可能性アリとも明言しています。

 東京だけでなく首都圏(神奈川、他)での関東大震災クラスの首都直下型地震も、いつ起きてもおかしくない。首都圏での大地震は必ず来ると、政府も明言しています。

 大地震への備えが出来ているか、家の備品をチェックしておきましょう



茨城県の地震推移(回数・強度)
調査方法

 1次データとして、「地震情報 - Yahoo!天気・災害」の地震データを利用し、震源地/マグニチュード別に地震推移をグラフ化しました。


 ただし、H28//14以降、気象庁から公表される地震データは制限されおり、本サイトの地震グラフでも震度2以下の微弱地震は多数漏れています気象庁の震度データベースでも、4/14以降の微弱地震の多数が公開漏れしています。気象庁報告の詳細資料では何故か、余震推移や地震時空間MAPもグラフ化して日々公開されていますが。

<引用元>
気象庁
http://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/index.php

平成28年4月14日以降、熊本県および大分県で発生した地震のうち、最大震度2以下の地震については、データベースに反映していない地震が多数あります。 



結果/まとめ
 気象庁は、東日本大震災(311)の余震であると明言しました。先日、福島でも震度5弱の地震が発生しました。東日本大震災(311)の余震として、日本全土での地震が再び活発化し始めたんでしょうね。
 H28/4月からの地震発生推移(茨城震源地)を見ると、途中で何度も地震発生率が変動している為、2016.12.29 AM8時現在では、ギリギリ従来実績範囲に見えます。単発で終わりますように。。。 



茨城震源地の地震推移(回数|累積推移)
■最近の、茨木県震源地の地震推移をグラフ表示(M1以上)
161229_茨城_short
 うーん。
 H28/4月以降、地震発生率はチョコチョコ変動している。
 12/28に震度6弱の地震発生したが、12/28の震度6地震以降、地震の増え方はギリギリ従来実績範囲のMAXレベルです。



311(東日本大震災)以後|茨城震源地の地震推移(2011年~)
■311からの、震源地が茨城県の地震推移です。
161229_茨城_ALL
 311以降、地震発生率は明確に増加して、ゆっくりと地震が減ってきた所でした。
 というか311以降、地殻構造が変化してしまった為、地震がゼロになることは無く、発生し続けてます。


 
<参考>地震関連の電子書籍(無料)

電子書籍|東京防災> 
 
 災害への事前準備や、災害時の対応を記載したガイドブック的な電子本です。東京を銘打っていますが、東京に関係なく全国の地震で使えます。ただ今、amazonが無料配布しています 。無料のKindleアプリをインストールすれば、スマホ等でも無料で読めます。

 今後、震源地が広がっていく可能性もあります。いざという時用に、手元へダウンロードしてみて下さい。 



関連記事

北海道/青森で震度5の地震発生。地震発生頻度を調べた。
<地震|防災セット|非常持ち出し>殆どは100円ショップで十分!

<大震災>首都圏直下型の大地震は必ず来る!
<大地震|熊本|大分>これは余震なのか? 熊本地震は観測史上例がないのか? 311と比較する!
<大地震|熊本|大分>信頼できる募金先・支援物資送付・ボランティア。善意を最大限被災地に届ける!
<大地震|熊本|大分>地震推移(随時更新)
<地震|北海道|函館>地震推移(随時更新)
<地震|福島|H28/11/22~>地震推移(随時更新)
<地震|茨城|H28/12/28~>地震推移(随時更新)

<windows|バックアップ>天災に強いクラウドバックUP
<暗号化|クラウド対応>暗号化ソフト10選の比較レビュー
<写真プリント|断捨離|スキャン>写真プリントをスキャナー取り込みして捨てたい!
<写真フィルム|断捨離|スキャン>写真フィルムをデジタル断捨離する!

<断捨離|写真プリント>高品質&低価格な写真デジタル化サービス比較(スマイル・シェアリング)

 ※上記は本記事の前後を含めた、当ブログの関連記事です




スポンサーリンク