はじめに(+目次)

本記事では、4KサイズのVR180動画に対して、初心者でも簡単に編集作業ができて、汎用PCで軽快に動作するフリーソフト「Icecream Video Editor」を紹介します。


Icecream Video Editorは、VR180動画や4KのMP4動画を、宣伝ロゴ表示もなく、自由に編集できます。
Youtubeなどで公開する前の簡単な編集や、ファイル容量の削減などで、非常に使い勝手の良いソフトです。
VR180動画に対して、例えば以下のような編集が出来ます。
  • 動画のカット(トリミング)・連結
  • 録音部(オーディオトラック)を無音にする
  • 録音部を他オーディオfileに入れ換える
  • 明るさ、コントラスト、再生スピードの調整をする


なお、2020年7月時点で、Icecream Video Editorは最大4K30Pの解像度まで、MP4動画を出力可能なようです。
筆者PC環境(win10 64bit、メモリ8GB、ビデオカード 1GB)で、4K30P動画が軽快に編集・出力できることを確認済です。


以降で、作業方法を簡単に説明します。

目次

はじめに(+目次)
トリミング操作(動画カット)
複数の動画ファイルを連結
撮影時の録音を削除
音声トラックを他fileに変更
明るさ、コントラスト、再生スピードの調整





トリミング操作(動画カット)

Icecream Video Editorを起動します
 01


編集したいファイルをwindowにドラッグして読みこむ。
02


Library → Drag & drop here に、編集したいファイルをドラッグする
03


Trimボタン を押して、残したい範囲を黄色フラグで指定し、Doneを押す。
04

 
Export videoを押す
05


出力先を入力して、Exportを押す
必要により、他項目も適当に設定して下さい
06


ステータス表示windowが出て来るので、完了を待つ。
完了するとコメントが出て来るが、余計な事はしないで、そのコメントwindowを閉じて下さい
ファイルが、指定箇所に出力されています。

以上です





複数の動画ファイルを連結

ソフトを立ち上げて、連結したいファイルをMedia Libraryにドラッグする。
07


連結したい順番に、Libraryの動画ファイルを「Drag & drop here」 にドラッグする
08


このままファイル出力したい場合、Export videoを押す。
以降は、最初の「トリミング」時と同じなので、必要あればそちらを見て下さい。





撮影時の録音を削除

ソフトを立ち上げて、処理対象ファイルをMedia Libraryにドラッグする。
Media Library→「Drag & drop here」 にドラッグする


Audio ボタンを押して、keep original audio をチェックOFFして、Doneを押す
09


このままファイル出力したい場合、Export videoを押す。
以降は、最初の「トリミング」時と同じなので、必要あればそちらを見て下さい。

 



音声トラックを他fileに変更

ソフトを立ち上げて、処理対象ファイルをMedia Libraryにドラッグする。
Media Library→「Drag & drop here」 にドラッグする


動画ファイル内のオリジナル音声を消したい場合は、Audio ボタンを押して、keep original audio をチェックOFFして、Doneを押す
(消したくない場合、この作業は不要)
10


オーディオfileを、media Libraryにドラッグする
11


オーディオfileをDrag & drop her にドラッグする
 12


オーディオの再生開始位置を変更したい場合は、オーディオを選択→trimを押す→開始位置(黄色フラグ)を変更する→Doneを押す
(デフォルトのままで良いなら、本作業は不要)
21


このままファイル出力したい場合、Export videoを押す。
以降は、最初の「トリミング」時と同じなので、必要あればそちらを見て下さい。





明るさ、コントラスト、再生スピードの調整

ソフトを立ち上げて、処理対象ファイルをMedia Libraryにドラッグする。
Media Library→「Drag & drop here」 にドラッグする


Generalボタンを押して、明るさ・コントラスト・再生スピードなどを、必要により変更する。作業終了後、Doneを押す。
14


このままファイル出力したい場合、Export videoを押す。
以降は、最初の「トリミング」時と同じなので、必要あればそちらを見て下さい。






スポンサーリンク