ブログネタ
日記 に参加中!
以下は,基本的な作法について考えることにする。

しかし,敬意と礼儀があれば,特別に作法にこだわる必要はないとも言われている。

1.山門で合掌一礼してから境内に入る。

2.清め場で,手や口をすすぐ。

□最初に左手,右手,次に左手に水をためて口をゆすぎ,最後にひしゃくの柄を清める。

□鐘を1回撞くが,参拝後には絶対にい撞いてはならない。
※参拝後の鐘は縁起が悪いとされている。また,鐘を鳴らすことを禁止しているところもあるので注意。

3.本堂にて,納め札や写経を納める。

□賽銭の両傍に銀色の箱「納奉」と書かれたものがあるため,そこに納める。

4.ろうそく,お線香をともし,賽銭を供える。

□自分のマッチやライターでろうそくは1本,お線香は3本をたてる。
火は,人の灯火を使ってはならない→人の業を貰ってしまうと言われているから。

5.数珠は右手の中指,左手の人差し指に掛け,3回すり合わせる。

6.数珠を左手に合掌一礼後,読経する。

7.読経後には,合掌し,一礼し,膝を三度軽く曲げて更に一礼する。

8.大師堂でも3~7を本堂と同様に行う。

9.必要な方は,納経所にて納経書や白衣,掛軸に朱印および納経をお願いする。

10.山門を出る際には,本堂を向き,感謝をこめて合掌一礼をする。

―番外編―
□お接待
 四国遍路では,お遍路さんを手厚くもてなす習慣がある。
 尊敬の念をこめたもてなしのため,受けるのが良いとされている。

□帰ってから,もしくは宿坊にて・・・
 杖は,きれいに拭いて,部屋の上座もしくは床の間に据え,合掌し,一日の無事に感謝し,また無事に旅ができることを祈る。