ブログネタ
日記 に参加中!
■なぜ必要なのか?

納め札は,お遍路さんの名刺代わりとなるもの。

つまり,巡礼中などに使われるものである。

■必要枚数

購入時には1冊が100枚つづりになっている。

つまり,88ヶ所参るわけだから,88×本堂と大師堂の2ヶ所=176枚になるので,1冊では足りない。

■記入

その場で書くのは大変なので,事前に書いて行くことが多いが,そうしている人も大半だと思う。

表面には中央に色々書かれてあり,右側に日付,左側に住所と名前を記入する。

最初はきちんと日付を入れていたが,ひづけは「吉日」としておき,同じ月の間は使えるようにしておくこともあるとか。

更には,住所は番地まで詳細を記入しなくても良い。

市名であったり町名であっても構わない。

知らなかったのだが,裏には祈願を書き入れるらしい。

ここには,巡拝している本人だけではなく,来られない人のことを書いても構わない。

■カラー

□白:1~4回

□みどり:5~7回

□赤:8~24回

□銀:25~49回

□金:50~99回

□錦:100回以上

つまり,巡拝回数によって,お札のカラーが異なることになっている。

納め札を特別覗いたわけではないが,それでも大半は白かな。

たまーに緑や赤を見かけることはあるが,それ以上は見たことがない。

金と錦は市販されていないので,巡拝した回数の分かる納経帳を提示し,本部から許可を得ての購入となる。

因みに,紙で作られているが,錦は織物らしく,自分で作るみたいで,模様や色も1種類ではない。

■納め札のいろいろ

参拝した際に,本堂と大師堂の2ヶ所に1枚ずつ納めるものである。
お賽銭箱の横あたりに,銀色の箱らしきものが置いてある。

「納奉 納札入」と書いてあるので,すぐに分かると思う。

反省しなければならないが,私はうっかり写経に入れてしまったこともある。