ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2006年02月

ぎょらん亭@安部山公園

ぎょらん亭2/4(土)
この日は自分を含め、関東から3人福岡へ遠征。
福岡に行くのは、山口遠征の際勢いで関門トンネルをくぐって以来約1年ぶり(笑)
今回初日は一人別行動を取り、北九州から福岡市内へ戻るコースでの食べ歩き。

まずは安部山公園駅から徒歩数分の距離にある「ぎょらん亭」の支店へ。

「豚骨十割」か鶏二割:豚八割の「二八」かで迷いつつ、「豚骨十割」を注文。
本当は2杯食べれれば良いんだけど・・・。

「豚骨十割ラーメン」500円 【’06 56杯目】
ぎょらん亭@安部山公園 豚骨十割ラーメン
スープはややとろみを感じる濃さで、しっかりとダシが出ていて美味い!
濃厚なんだけど重くはなく、とてもまろやかで食べやすい。
このラーメンが500円で食べられるんだから、北九州の人達が羨ましいなぁ。

濃い目に味付けされた大き目のチャーシューも柔らかく美味い。

店の雰囲気(接客)も良く、かなり好印象でした!
1杯目から美味いラーメンに出会うと、テンション上がりますね〜(^^;

ぎょらん亭
住所 :福岡県北九州市小倉南区湯川1-9-8
TEL :093-941-2218
営業時間 :11:00〜14:30、18:00〜24:00(スープ切れ終了)
       11:00〜14:30(スープ切れ終了)(日・月)
定休日 :火曜

菜@本八幡

2/1(水)
夕方市川方面で仕事を終え、そのまま「菜」へ直行〜。
お目当ては2月の限定麺(^^;
平日の夜限定10食だけなので、かなりハードル高いですね!

「ふぐつけめん」850円 【’06 53杯目】
菜 0602ふぐつけめん
↓お品書き!?は以下の通り。
「ふぐつけめん 柚子と菜の花風味 
鶏がらとふぐのあっさりつけ汁
レッドオニオンと水菜入り
柚子と菜の花風味の淡麗塩味」

麺は限定用の特注麺で、あっさりとした塩味のつけ汁に合わせた細麺。
つけ汁は淡麗とうたってるだけに、今までの限定の中でも一番あっさりしたものだそうです。
ややしょっぱくも感じましたが、ぐいぐい麺を食べさせてくれます。
具としてふぐが丸ごとはいってるのにはびっくりしました!

「豚骨塩らーめん」 【’06 54杯目】
菜 豚骨塩らーめん06.02.01
豚骨スープも濃く、デフォでも魚粉入り。
麺を太くした昨年末辺りからこのスタイルに変更になったのかな!?

今のも美味しいのですが、個人的には以前の方が好みかな。
次回「豚骨醤油」の方も食べてみたいです。

チャーシューご飯も相変わらず美味い。

菜 メイプルシロップとオレンジ風味のブランマンジェ「デザート」

毎回外せないのが日替わりのデザート。

今回は「メイプルシロップとオレンジ風味のブランマンジェ」でした。
前回はフルーツソース付きのブランマンジェでしたが、今回は通常の容器に戻っていました。
とろける美味さですね☆

来月の限定は食べれるかな!?


住所 :千葉県市川市南八幡2-4-17
営業時間 :11:00〜15:00、18:00〜20:00
定休日 :月曜、火曜

らーめん えにし@戸越銀座

1/31(火)
昨年9月中旬以来の再訪。
前回同様、塩つけめんを注文。

「塩つけめん」750円 【’06 50杯目】
えにし 塩つけ麺
麺はやや茶色っぽくぼそっとした食感ですが、コシが強くそのまま食べても美味い。
カリッとしたあられ(玄米!?)の食感が良いアクセントになってますね〜。

つけだれはやんわりと和風ダシが効いていて、酸味とのバランスも良い。
刻みネギ、メンマ、ほぐしチャーシューもごろっと入ってます。

麺の皿に添えられた、もみじおろし等の薬味類は使用せず。

「味噌らーめん」 【’06 51杯目】
えにし 味噌らーめん
自家製の味噌を使用した、味噌汁風の味噌らーめん。
特別煽る程ではないのですが、白髪ネギとの相性も良くなかなか美味い。

店内の黒板には、自家製味噌を使用した「味噌汁」50円?もありました。

※味噌らーめんは2/19で終了した模様。

えにし 肉味噌ごはん 「肉味噌ごはん」200円

昨年9月に行った時は肉ごはんがなく、「梅干ごはん」だけでした。
以前の肉ごはんがめちゃめちゃ好きだったので、今回この「肉味噌ごはん」を食べるのが一番楽しみでした(^^;
味噌で煮込んだ柔らかいほぐしチャーシューがのっていて美味い!

3/14(火)より「潮らーめん06春」販売予定との事。

恵比寿時代の様に頻繁には食べに行けないけど、やっぱり好きだなぁ(^^;

えにし
住所 :東京都品川区平塚2-18-8 金泉湯2F
TEL :03-3788-5624
営業時間 :11:30〜15:00、17:00〜22:00
       11:30〜18:00(スープ切れ終了)(土・日・祝)
定休日 :月曜

燈の車@狭山市

1/28(土)
「喜奴屋」の後、1年以上ぶりとなる「燈の車」へ。
麺が変わったとの話しを聞いたのと、同行者から「カレーつけめん」を煽られていたので勢いで向かいました(笑)

凄く好きな店なのですが、かなり遠くなかなか通えないんですよねぇ・・・。

「カレーつけめん」800円 【’06 49杯目】
燈の車 カレーつけ麺
麺は「一柳製麺」から「菅野製麺」に変更。
以前の麺はつけめんで食べるには弱かったのですが、今の麺はぷりぷりで弾力もあり、ラーメンにも合っていてつけめんにはさらに合う麺に変わりました。

つけだれはどろどろしたカレータイプではなく、通常のスープにスパイスを足したさらっとしたタイプ。
大きな驚きも無いしお腹も一杯だったはずなのに、見る見るうちに麺が無くなってしまうぐらいの美味さでした。
らーめんを食べれば、いかにスープがしっかりしているのか分かりますね(^^;

燈の車
住所 :埼玉県狭山市中央4-24-8
営業時間 :19:00〜スープ切れ終了
定休日 :水曜、木曜

1/28〜2/12のまとめ

レポが全く追いつかないので、行った店をまずリストアップ。
その中からピックアップしてレポを書いていきます。

まずは1/28〜2/12。

1/28 喜奴屋 塩つけ麺 【’06 48杯目】
    燈の車 カレーつけめん 【’06 49杯目】

1/31 えにし 塩つけ麺 【’06 50杯目】
         味噌らーめん 【’06 51杯目】
    あらき ら〜麺 【’06 52杯目】

2/1 菜 ふぐつけめん 【’06 53杯目】
      豚骨塩らーめん 【’06 54杯目】

2/2 はやし らーめん 【’06 55杯目】

2/4〜5の福岡遠征はこちら

2/6 たけにぼ@代々木 味噌油麺 【’06 75杯目】

2/7 こうかいぼう めんまつけめん+ちゃーしゅーごはん  【’06 76杯目】

2/8 二天 ラーメン+豚天飯 【’06 77杯目】

2/9 たけにぼ@調布 醤油ラーメン+煮干飯 【’06 78杯目】
   陽々 陽々ラーメン 【’06 79杯目】

2/10 あらき カレーら〜麺【’06 80杯目】
    一丁 味噌ラーメン 【’06 81杯目】

2/11 UNDER GROUND RAMEN 【’06 82杯目】
    一張羅 醤油ラーメン 【’06 83杯目】
    大盛軒 醤油ラーメン 【’06 84杯目】
    大家 醤油太麺 【’06 85杯目】
    燈の車 つけめん 【’06 86杯目】
    大学ラーメン ラーメン 【’06 87杯目】

2/12 伍陣 ラーメン 【’06 88杯目】

らーめん陣@東久留米

1/28(土)
東久留米に限定で「二郎風」のラーメンを出している店があるとの情報を耳にし、期待を胸に「陣」へと向かいました。
同行者共々初訪にも関わらず、揃って「こってり醤油太麺(陣郎)」を注文(笑)

「こってり醤油太麺(陣郎)」700円 【’06年 47杯目】
陣 陣郎
出てきたラーメンは、見た目はまさに二郎風(^^;
脂は少なめですが、具の野菜がこんもりと盛られています。
野菜はキャベツ、もやし、タマネギの微塵切り、そしてデフォで刻みニンニクが入ります。
スープ自体は二郎っぽくはないのですが、濃度もありなかなか美味い。同行者は脂増しにしていましたが、増した方が断然好みかな(^^;

角切りチャーシューは凄く柔らかく美味いですね〜。

順番が逆になってしまいましたが、次回は「陣らーめん」を食べてみたいです。


住所 :東京都東久留米市下里2-7-24
TEL:0424-72-2919
営業時間 :11:00〜15:00、17:00〜21:00
定休日 :水曜

つけ麺・らあめん 竹屋@花小金井

1/28(土)
続いて未食だった「竹屋」へ。
この日は遠くてなかなか行けなかった宿題店をまとめて回りました。

つけ麺はデフォで320gもある為、小盛で注文。といってもそこそこの量はありますが。
小盛だと50円引きにしてくれ、とっても良心的です。

「つけ麺(小盛)」630円 【’06年 46杯目】
竹屋 つけ麺
つけ麺には珍しい、かなり細目のタイプの麺。
細いもののしっかりとした弾力もあり、するすると井の中に消えていきました(笑)

つけだれは濃厚というようなタイプではありません。
やや甘めで、辛味・酸味もバランスよく効いていて、魚粉もたっぷりでかなり好み。
麺が進みます。

アットホームでとても雰囲気が良く、近所にあったら良いなぁと思うお店でした(^^;

竹屋
住所 :東京都東久留米市前沢2-11-16
TEL:0424-75-8841
営業時間 :11:30〜14:30、17:30〜21:00頃(スープ切れ終了)
定休日 :水曜

麺処 井の庄@石神井公園

1/28(土)
06年1月20日オープンの新店。
店主は「蒙古タンメン中本(池袋店)」「必勝軒@津田沼」の2店で修行との事。
店は駅から近いのですが、地下一階にあり立地的には厳しそう。
店内はとても広く天井も高くて、ゆったりとしていて居心地が良いです(^^;

メニューは豚骨魚介系の「らーめん」と、これに辛さを加えた「辛辛魚らーめん」があり、それぞれ「つけめん」もあります。

「らーめん」680円 【’06年 45杯目】
井の庄 らーめん 
中央に盛られた魚粉が特徴的。
濃厚な豚骨スープに節や煮干しが効いていてなかなか美味い。
魚粉を溶かすとより魚介の風味が増しガツン度がアップ!
このスープにつるつるの平打ち麺を合わせるのも面白いですね。

このスープなら、つけめんの方もかなり美味しそう!(^^;
次回はぜひつけめんを食べてみたいです。

井の庄 辛辛魚つけめん同行者は「辛辛魚つけめん700円」を注文。
こちらは盛られている魚粉にも唐辛子が混ぜられています。
かなり辛い上に魚介もばっちり効いているものって、今までになかったような気がします。
自分は辛いのが苦手なので案の定むせましたが(笑)、辛いのが好きな人はかなりはまる味だと思います!

井の庄
住所 :東京都練馬区石神井町3-25-21 ライオンズプラザB1F
TEL:03-3997-1631
営業時間 :11:30〜15:00、17:00〜21:00
定休日 :木曜

69‘N’ ROLL ONE(ロックンロールワン)@町田

1/26(木)
05年12月、「キリン食堂@相模原」の嶋崎さんがオープンさせた話題の新店。
メニューは「1号ラーメン」「2号ラーメン」のみと、とてもシンプル。

「1号ラーメン」700円 【’06年 42杯目】ロックンロールワン 1号ラーメン

1号は比内地鶏で取ったというスープに、さらに追い鰹を加えたもの。ふわっと鰹が香り、醤油の風味は強いものの尖った感じは無く美味い。表面には鶏油も浮いています。
麺はとても滑らかなストレート細麺。
「支那そばや」を連想させるようなしなやかさで、こちらもかなり好み。
具の穂先メンマは、丼の中央をまたぐ形で並べられています(^^;

「2号味玉ラーメン」850円 【’06年 43杯目】ロックンロールワン 2号ラーメン

2号は比内地鶏のみを使用したスープとの事。
鶏の旨味がしっかりと出ていて、醤油の風味と相まってこちらもかなり美味い。
鶏のスープが珍しい訳じゃないけど、その中でも群を抜いた美味さです。
味玉も比内地鶏のものを使用との事で、玉子の味が濃く好み。

色んな材料を混ぜ込む「足し算」だけが、美味いものを作る術ではないんだよなぁと、まじまじと思い知らされました。

1号・2号どちらもレベルが高く大満足!
家からはちょっと遠いけど、近い内に再訪したいと思います。

69‘N’ROLL ONE
住所 :神奈川県相模原市上鶴間本町4-34
TEL:042-715-6969
営業時間 :11:00〜18:00(100食売り切れ終い)
定休日 :未定

楓@八王子

1/26(木)
仕事で八王子大和田まで行ったので、1年以上ぶりに「楓」を再訪。
店主は「麺屋 武蔵」出身。

「楓醤油ら〜麺」680円 【’06年 40杯目】楓 醤油ラーメン 

見た目からして、以前と比べかなりライトになっています!
昔のスープを知ってる人ならば、これは驚くのでは!?
今でも「濃厚豚骨魚介」を謳っているのですが、それとは裏腹にとってもライトな仕上がり。
この場所で濃厚なスープがうけなくてマイナーチェンジしたのだろうか!?それともただのブレなのか!?
今のスープも美味しいとは思いますが、昔のが好きだっただけにちょっと残念。

「鶏そぼろとぜんまいの味噌ら〜麺」900円 【’06年 41杯目】楓 鶏そぼろとぜんまいの味噌ら〜麺 

こちらは季節限定のら〜麺。
「大盛無料」との表記はありますが、連食なので普通盛で注文。
スープはかなり甘めの味噌味で、具は鶏そぼろ、ごぼう、ぜんまい、味玉等たっぷり入っています。
美味しいのですが、大盛無料とは言え900円は高いかな。


住所 :八王子市大和田5-10-1
TEL:0426-46-6068
営業時間 :11:00〜23:00
定休日 :日曜

清元@幡ヶ谷

1/25(水)
「不如帰」の後にもう一軒。
1/17にオープンした新店・「清元」へ。
「八蔵」で修行した店主が、元「八蔵」の場所にオープンさせたお店。

つけめんの方が評判が良さそうだったので、つけめんを注文。

清元 つけ麺「つけめん」700円 【’06年 39杯目】

麺は「三河屋製麺」レンコン練り込み麺で、ややグレーっぽい色をしています。平打ちの太麺は弾力が強く、なかなか美味い。
つけ汁は魚介の風味がばっちり効いていて、酸味も強め。

チャーシューは脂身ばかりだし、冷えてるしちょっとイマイチかな・・・。
軽く炙ったり温めてくれたりすればまた違うのだけれども。

お腹が一杯で余裕も無かったので、スープ割りは断念。
器は「地雷源」と同じタイプのサイズ違い。

清元
住所 :東京都渋谷区幡ヶ谷3-11-9
TEL:03-3372-6566
営業時間 :11:30〜14:00、18:00〜21:30
定休日 :月曜

不如帰@幡ヶ谷

1/25(水)
06年1月11日11時11分11秒にオープンした新店。
店主は「永福大勝軒」「中田兄弟」で修行。
店は六号通り商店街の路地裏にあるので、ちょっと分りづらいかもしれません。
不如帰 醤油ラーメン不如帰 塩ラーメン








化学調味料不使用で、豚骨、魚介、はまぐりを合わせたトリプルスープとの事。さらに「三河屋製麺」の麺は、塩・醤油・つけめんで3種類を使い分けるこだわり様。

「塩そば」700円 【’06年 37杯目】
塩は意図的に蛤の風味をそれ程強くしていないそうで、優しい味わいでなかなか美味い。塩のタレには蛤以外にもあさりやホタテ等を使っているそうです。

「そば(醤油)」700円 【’06年 38杯目】
醤油は塩に比べより蛤の風味が強く、自分は断然こちらの方が好み!
塩では具に水菜が入っていましたが、醤油では海苔が入ります。

煮豚も柔らかくて美味いですね〜。
不如帰 はまぐりめし
「はまぐりめし」280円
蛤のダシで炊いたご飯で、身も4つ乗っています。
薄口でさっぱりしていて、塩・醤油どちらのスープにも合うはず。

新店にも関わらず、非常にレベルの高いラーメン(そば)でした!
つけめんを食べに再訪せねば(^^;

不如帰
住所 :東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12
TEL:03-3373-4508
営業時間 :11:30〜15:00、17:30〜21:30
定休日 :金曜

麺屋武蔵 武骨@上野

武骨 裏武骨白1/23(月)
久しく食べていなかった「裏武骨」を食べに「武骨」へ。

「白裏武骨」730円 【’06年 34杯目】

通常のスープに背脂が多めに加えられ、麺は固ゆで、味も濃い目になるのが裏武骨。
注文時に「裏で」と言えば誰でも食べられます(^^;
もちろん、赤・黒・白・ミックスのどの色でも注文可。

よりジャンクな味わいに変化し、美味いですね〜。
背脂はもっと粗い方が好みかな。
武骨 武ッチャー飯大
「武ッチャー飯W」590円
Wにするとラーメン用の丼での提供となります。
武骨らしさが前面に出た、ボリューム満点の一杯!(^^;
Wで590円はかなり安いですね(笑)
がっつり食べたい時にはぜひお薦めですが、通常サイズ380円もあります。

麺屋武蔵 武骨@上野
住所 :東京都台東区上野6-7-3
TEL:03-3834-6528
営業時間 :11:30〜20:00(スープ切れ終了)
定休日 :無

ラーメン虎ノ穴@稲毛

1/22(日)
店主は「武蔵家@中野」出身。
こちらは「家系」のラーメンを独自にアレンジされています。
なので、店名に「家」は付いていません。

「ラーメン」650円 【’06年 33杯目】
虎ノ穴 ラーメン
驚いたのはスープの濃度!
油分もたっぷり含まれていますが、しっかりとダシが取られていて濃厚でインパクトがあります!
カエシがたっていてちょっとしょっぱくも感じましたが、とろんとした高濃度スープにはこれぐらいが良いのかな!?

「酒井製麺」の麺は茹で加減も丁度良く、バラロールチャーシューは柔らかくて美味い。

もやしはデフォでもたっぷり乗っていますが、無料のサービスでさらに増やせます。
ただあまり多すぎると、せっかくの濃厚なスープが薄まっちゃいますね。

店には活気があり雰囲気も良いです。
人気があるのも頷ける、印象に残る一杯でした(^^;

虎ノ穴
住所 :千葉市稲毛区小仲台7-16-6
TEL:043-206-2515
営業時間 :11:00〜16:00、18:00〜24:00
定休日 :火曜

中華そば 栄家@稲毛

1/22(日)
昔の手帳を見てみると、前回食べたのはもう3年も前。
前回も試合の帰りに食べたような記憶が(^^;

こちらの店主は、岐阜の「大石家」出身。
あれから3年も経ったのに、未だに「大石家」は未食のまま・・・。
年に数回中京地区に食べに行ってるものの、ニューウェーブばかり食べてるので・・・(笑)
年内にクリアしなきゃいけない宿題店の一つですね!

「中華そば並盛」650円 【’06年 32杯目】
栄家 中華そば
メンマを丼の淵に縦に並べたり、チャーシューが3枚、赤いラインの模様が珍しいかまぼこが3枚乗るのも以前と同じ。

スープはチャーシューの煮汁をお湯で割るスタイルなので、透明感のある醤油色をしています。
何となく昔食べたときの方がもうちょっと濃かったような気もするけど、3年も前に一回食べたきりなので微妙です・・・。

凄くシンプルでほっとする味わい。
自分は結構好きですね(^^;

メニューには新たに、にんにく風味の「少しこってり味750円」も加わっていました。

栄家
住所 :千葉市稲毛区小仲台7-26-1
TEL:043-254-8005
営業時間 :11:00〜21:30
定休日 :火曜(祝日の場合翌日) 

麺屋 楓林@船掘

楓林 しそ塩ラーメン1/20(金)
新小岩にあった「楓林」が、昨年こちらに移転。
現在は「がんこ」の流れからは外れています。

醤油は「あっさり」「チョイこて」「こってり」と背脂の量が選べ、塩も「しそ塩」「梅しそ塩」があったりと、中身はともかく基本メニューは変わっていません。
新しいのは「味噌つけ麺」ぐらいかな!?

「しそ塩」750円 【’06年 29杯目】

新小岩時代のオープン当初は、「しそ塩」が好きでよく食べてました。
味が変わってからは全く食べに行かなかった為、移転前との比較は出来ませんが、現在は塩分濃度も高くなく食べやすくなっています。
「がんこ」の流れからは外れたものの、最後にネギ油をかけるスタイルは今も同じ。
ネギ油が注がれる事による香ばしさは凄く好きですね。

チャーシューは見事な薄さでした(笑)

楓林
住所 :東京都江戸川区松江3-15-5
TEL:03-3656-5003
営業時間 :12:00〜15:00、17:00〜22:00
       12:00〜20:00(日曜)
定休日 :月曜

季織亭・2@経堂

季織亭2 神那鶏そば1/19(木)
「英@経堂」で軽く一杯食べた後、仲間と合流し「季織亭・2」へ。
前回売り切れの為食べれなかった、「神那鶏そば」が目当て(^^;

前回同様、まずは色々な肴とお酒を注文し、最後に麺類を注文。

「神那鶏そば」800円 【’06年 28杯目】

濁りの少ないスープは、あっさりとしながらも鶏の旨味がしっかりと出ています。
具はネギと鶏団子のみといった、至ってシンプルな構成。

「雉ラーメン」に比べると上品な印象ですが、こちらもなかなか美味しかったです。

季織亭2 親子丼そして神那鶏の「親子丼」ですが、これはかなりヤバイです!
塩焼きでも身が柔らかく美味しかったのですが、親子丼ではややレアな状態で提供される為、身がより柔らかくプリプリとしています!
人にあげるのが嫌になるぐらい美味しいですよ〜(笑)

「ぞうすい」も神那鶏のスープで作られる為、鶏の旨味が濃厚でたまりません!

雉の親子丼もあるような話しを聞いたので、いつか食べてみたいです(^^;

季織亭・2
住所 :東京都世田谷区経堂2-5-14
TEL:03-5477-2029
営業時間 :18:00〜24:00(季織亭とは異なります)
定休日 :不定休

トーフラーメン 幸楊@西浦和

トーフラーメン幸揚 トーフラーメン1/18(水)
「大手門@岩槻」時代に、「トーフラーメン」を考案されたのがここのご主人。

毎月12日「トーフラーメンの日」と題して、100円引きのサービスを行っています。
つけ麺も気になりましたが、まずは看板メニューの「トーフラーメン」を注文。

「トーフラーメン」600円 【’06年 26杯目】

コシのある中細縮れ麺に、鶏ガラベース?のあっさりとした醤油スープ。
ただの麻婆豆腐が乗ったラーメンとも違う、豆腐とたっぷりの挽肉との餡かけスタイルのラーメン。

インパクトのある味ではないが、火の通し方が上手いのか豆腐はプルプルで美味い。
見た目以上に食べ応えもあり、なかなか良かったです(^^;

一度「大手門」「蘭蘭」トーフラーメンとも食べ比べてみたいですね。

「特製ラーメン(以前は特濃)」は2月までとの事。

幸楊
住所 :埼玉県さいたま市桜区田島1-21-18
TEL : 048-839-1559
営業時間 :11:30〜21:30
       11:30〜21:00(日曜・祝日)
定休日 :木曜

手打ちラーメン たかの@浦和

たかの 手打ちラーメンたかの 餃子







1/18(水)
仕事で浦和方面に行ったついでに、未食だった「たかの」へ。

店主は佐野の人気店「おぐら屋」で修行。

手打ちラーメン+餃子+半ライス+漬物の「餃子セット」840円を注文。

「手打ちラーメン」 【’06年 25杯目】


青竹を使った手打ち麺は、日に2回打つのだそうです。
幅広の不揃いの多加水麺は、コシがあり美味い!

スープはかなり透明感のあるあっさりとした味わいで、麺との相性も良いですね。

仲間から薦められた餃子も美味かったです。

佐野に行ったばかりですが、久しぶりに「おぐら屋」に行きたくなりました(^^;

たかの
住所 :埼玉県さいたま市南区太田窪2-6-8
TEL : 048-881-0930
営業時間 :11:30〜15:00、17:30〜21:00
       11:30〜20:00(日曜・祝日)
定休日 :月曜、第3火曜

菜@本八幡

1/12(木)
今年初となる菜へ。
豚骨塩らーめん+チャーシューごはん+デザートを注文。

菜 豚骨塩らーめん「豚骨塩らーめん」 【’06年 19杯目】


今年になり!?、若干の変更があったようです。
以前に比べスープが濃くなり、デフォで魚粉が入るようになりました。

美味しいのですが、個人的にはスープは以前の方が好みかなぁ。
昨年中旬に変更になった太麺は、ばっちりスープに合っていて美味い。

菜 苺のブランマンジェ
「苺のブランマンジェ」

苺を混ぜ込んだタイプのブランマンジェは食べた事がありましたが、今回の様にソースとして用いたものは初。ソースだとより水々しさが出て美味しいですね。

デザートも変更になったのかな?と思ったのですが、その後食べた際はいつものタイプに戻っていました。


住所 :千葉県市川市南八幡2-4-17
営業時間 :11:00〜15:00、18:00〜20:00
定休日 :月曜、火曜

佐野らーめん 利休@佐野〜大喜@湯島出身〜

利休1/7(土)
「大喜@湯島」出身との事で、ある意味今回のメイン(笑)
オープンしてから半年以上経ってるはずですが、意外と話題に出てきませんね。

同行者がノーマルのしおを、自分は梅しおを注文。


「紀州 梅しおらーめん」730円 【’06年 16杯目】
利休 紀州 梅しおらーめん麺は入り口付近の製麺室で作った自家製麺。見た目は佐野っぽい縮れ麺ですが、手打ち麺独特のコシは無くプリプリとした食感。

修行先の「大喜」のうめしおは梅肉をスープに混ぜていますが、こちらは梅干を溶かさずそのまま一個入れています。

スープは無化調をうたったあっさりタイプ。昆布の旨味が強く出ていますが、一杯食べさせるにはちょっと物足りないかな。

「利休飯」250円
利休 利休飯生姜の風味を効かせ、甘辛く煮込んだチャーシューがのったご飯。そこにダシ汁を注いで、ひつまぶし風に食べるスタイル。
アイデアも面白いし美味しかったです。

通し営業なのと佐野のアウトレット近くの大通りに面しているせいか、この日は18時半頃には終了。


「大喜」出身の店としては他に春日部市の「中庸」がありますが、個人的には「中庸」の方が好みかな。

その後「太七」で佐野遠征を〆ました。

利休
住所 :栃木県佐野市越名町951
TEL:0283-27-0708
営業時間 :11:00〜21:00
定休日 :火曜(祝日の場合翌日)

手打中華 森田屋総本店@佐野

森田屋総本店写真に写ってるのがレンタサイクルです(笑)

1/7(土)
入り口付近で先に会計をするのが特徴的。
店内奥は広い座敷になっていて、夕飯時ではないのに地元の人達で賑わっていました。




「中華そば」550円 【’06年 15杯目】
森田屋総本店 中華そば
こちらの手打ち麺は太さにかなりバラつきがあり、手切り感が強く出ています。逆にその不揃いさにより、様々な食感を楽しめて良いですね〜。

スープは旨味が強いものの、動物系のダシがしっかりと出ていて油も多目でかなりジャンクな味わい!佐野ではすっきりとしたスープが多い中、こういうラーメンにも出会えたってのは嬉しいなぁ。

同行者が注文した「チャーシューメン(650円)」は、「中華そば」に入っているチャーシューとは別使用でした。そしてこのチャーシューがめちゃめちゃ美味いっ!なぜチャーシューメンにしなかったのかと後悔する程の美味さですよ・・・。

今回佐野で食べた中では、こちらが一番のお気に入り(^^;
次回は絶対「チャーシューメン」を食べねば!

森田屋総本店
住所 :栃木県佐野市堀米町70
TEL:0283-22-2318
営業時間 :11:00〜14:00、15:00〜19:00
定休日 :日曜

幻のラーメン@佐野

幻ラーメン 幻のラーメン1/7(土)
店内はお世辞にも綺麗とは言えないし、なかなか前の客の丼を片す気配もないし、雰囲気もあまり良いとはいえませんねぇ・・・。薀蓄もそうだけど、「味オンチお断り」と書かれているのがとっても印象的(笑)

「幻のラーメン」600円 【’06年 14杯目】

透明度の高いスープは、佐野には珍しく無化調との事。あっさりとしながらも、佐野の中ではしっかりとダシがとられていて中々美味い。プリっとした青竹手打ち麺も美味いですね〜。

餃子は凄くジューシーで独特なもの。

ラーメンは確かに美味いけど、最後まであまり好印象は持てず。

幻のラーメン
住所 :栃木県佐野市堀米町617
TEL:0283-22-3759
営業時間 :11:00〜15:00、17:00〜19:00
       11:00〜売り切れ終了(土、日、祝)
定休日 :水曜

福岡遠征〜未食店めぐり〜

1泊二日で福岡へ行ってきました。今回は洗足池氏、たけひこ氏と3人で遠征。
初日は一人別行動を取り、北九州から福岡市内へ戻るコースで食べ歩きました。

☆初日
1軒目 ぎょらん亭
2軒目 無法松
3軒目 ぎょらん亭本店
4軒目 龍
5軒目 ちゅるるちゅーら
6軒目 黒門
7軒目 がんこもん
8軒目 ふくちゃん
9軒目 もち月
10軒目 新風
11軒目 屋台 KENZO Cafe

二日目は、福岡のオゴポコさんじーのさんに案内して頂き、5人で行動(途中一人離脱)。
大変ありがとうございましたm(_ _)m

☆二日目
1軒目 ラ賊
2軒目 天天,有
3軒目 一九ラーメン
4軒目 丸八 朝倉店
5軒目 大陽軒
6軒目 岡村屋
7軒目 蘭丸
8軒目 鳳凛

その他スイーツは、二日間で5軒程(^^;
今回で福岡は50軒を越えたし、中々良いネタも得られ、大満足の遠征でした☆
詳細は後日アップします。

口コミラーメンバトル

グルメウォーカーの口コミラーメンバトルに出てます。

好きな店を一軒だけ挙げてと言われ、色々な店が頭に浮かんできて中々決めきれずにいたのですが、せっかくなら若手で頑張ってる店をと思い「麺屋あらき 竈の番人@船橋」を推薦しました☆

あらき ラーメン←「ラーメン」680円
魚介豚骨スープ自体は目新しさもありませんが、濃厚で美味いです。
具の茹でたタマネギは好みが分かれるかもしれませんが、あの濃いスープにはハシ休め的な感じで合ってると思います。穂先メンマも柔らかくて良いですね〜(^^;

ちなみに、勝っても負けても何も出ませんので・・・(笑)

せっかくなので、
未食の方は、この機会に是非一度食べに行ってみて下さい。
既食の方も、ぜひ再訪してみて下さい。

来週あたりに、限定で「カレーラーメン」出ると思いますので(^^;

青竹手打ち佐野ラーメンの店 Ra@佐野

1/7(土)
佐野厄よけ大師のすぐ近くにあるラーメン店。店内のテレビでは、手打ち麺の実演ビデオを流しています(^^;

Ra 手打ちラーメン「手打ちラーメン」600円 【’06年 13杯目】

「Ra」の手打ち麺は加水率が低目で、茹で時間は何と25秒との事。見た目は細いものの、(佐野の)他店と比べかなりのコシの強さを感じます!佐野の青竹手打ち麺でありながら佐野っぽくはないコシの強さで、中々個性的な麺ですね。

スープは鶏ガラ等の動物系に、特に昆布の風味を強く感じました。それもそのはず、スープの中には細かくなった昆布が多数浮いているので(笑)

厚めに切られたチャーシューは、脂身が多いものの柔らかくて美味い。メンマに絡むごま油が食べてる途中にスープに溶け出し、繊細な味わいを邪魔してしまうのがちょっと残念でした。

年明けの忙しい時期のため、残念ながら「餃子」は販売していませんでした。

Ra
住所 :栃木県佐野市天明町2227
TEL:0283-23-3389
営業時間 :12:00〜17:00(売り切れ終了)
定休日 :木曜

とかの@佐野

1/7(土)
遅れて到着した仲間と合流し、「とかの」へ。地方でのチャリを使っての食べ歩きは富山遠征以来です(笑)店に到着すると噂通り長い行列が出来ていて、店内に入るのに1時間はかかりました・・・。一人で待つのはちょっときついですねぇ・・・。

とかの ラーメン「ラーメン 550円」 【’06年 12杯目】
とかのの青竹手打ち麺は、1日80食限定との事。プリプリとしていてコシが強く美味いですね〜。
スープは琥珀色の澄んだ色合いで、とてもシンプルな味わい。醤油の風味は立っておらず、塩味に近いです。手打ち麺を食べさせる為のスープといった印象で、ややしょっぱめではありますがなかなか美味いです。チャーシューも柔らかく良いですね。

とかの 餃子
「餃子 400円」
餃子の皮も、麺同様手打ちの物。カウンター席に座れたので、生地を伸ばして餡を包む様子を目の前で見れました。中身は野菜中心ではありますが、もちもちとした食感の厚めの皮が凄く美味いです!
餃子も必食!


とかの
住所 :栃木県佐野市相生町2831
TEL:0283-24-7038
営業時間 :11:30〜麺切れまで
定休日 :月曜、木曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ