ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2006年03月

実之和食堂@小見川

実之和食堂3/4(土)
続いて未食だった「実之和食堂@小見川」へ。
こちらは「かれー麺 実之和」店主の実家に当る店。

遠くてなかなか足を運べずにいたのですが、今回やっと行く事が出来ました。
店内はL字型のカウンターのみで、席数は6席。
おじいちゃんが出前に行った為、おばあちゃんはほとんど厨房にこもった状態でした。

メニューは色々とありますが、もちろん「カレーラーメン」を注文。

「カレーラーメン」530円 【’06 125杯目】
実之和食堂 カレーラーメン
やや小ぶりの丼に、なみなみと注がれたカレースープ。
とろみがあり、見た目にもカレーうどんのつゆのよう。
具は豚肉とネギの非常にシンプルな構成。

麺は自家製麺との事。
かなり柔目で、意外にボリュームもあります。

「かれー麺 実之和」「かれー麺」のプロトタイプといった印象で、なかなか面白かったです。

実之和食堂 チャーハン「チャーハン」630円
どこか懐かしい味わいのチャーハンで、油分は多め。
しいたけがたっぷり入ってるのは珍しいかな!?

セットで付いてくるスープは、あっさりとした醤油味のスープ。
何となく「ラーメン」のイメージも湧きますね(^^;

最後まで皿に書いてある「ウッディ」の意味は分らず(笑)

久しぶりに「かれー麺 実之和」にも行ってみたくなりました。

実之和食堂
住所 :千葉県香取郡小見川町小見川857
TEL:0478-82-2945
営業時間 :11:00〜23:30
定休日 :不定休

麺や 福一@成田  塩ラーメン

3/4(土)
続いて二日連続となる「福一」へ。
福一 昼メニュー
前日は夜メニューを。
この日は昼メニューをと思っていたのですが、土曜日は何と夜メニューでの提供なのだそうです・・・。

せっかっくなので、昼メニューを見せてもらいました。
写真は昼メニューです。


同行者「超濃厚鶏だし塩ラーメン(塩)」を、自分は「塩ラーメン」を注文。

「麺や福一 塩ラーメン」 【’06 124杯目】
福一 塩ラーメン
この「塩ラーメン」は以前から「麺屋 青山」の青山さんから強くお勧めを受けていたので、凄く楽しみにしていました。

見た目の第一印象として滋味深い味わいなのかなぁと思ったのですが、スープを飲んでみてびっくり。
一口目から口の中に旨味が広がります!
メニュー表の「幾重にも旨味が折り重なる味わい」との表記に激しく同意。
麺の茹で加減も良く、かなり美味いです(^^;

前日を含め3種類食べましたが、この「塩ラーメン」が一番好みでした。
次回残りのメニューにも挑戦してみたいです!

福一 本日のきまぐれ丼 テリヤキ丼「本日のきまぐれ丼」300円

この日は「テリヤキ丼」
平皿に盛られたご飯の上に、照り焼きチキンとネギがのっています。
一口食べると、同行者共々笑みがこぼれました(^^;
この美味さで300円はかなりお徳です!
ぜひ違う丼も食べてみたいですね。

未食の昼メニューも食べれるよう、チャンスを窺いたいと思います(笑)

福一
住所 :千葉県成田市花崎町846-15
TEL:0476-22-1978
営業時間 :11:30〜14:00、18:30〜23:00
       12:00〜15:00(土曜)
       18:30〜23:00(月曜)
定休日 :日曜、祝日

麺屋 青山@成田 3月の限定

3/4(土)
ブログを中々更新しない仲間と共に、3月の限定メニューを目当てに「青山」へ。
昼夜10食づつの為、なかなかハードルが高いですねぇ。
しかも開店直後に20人並ぶなど、最近の人気ぶりが伺えます。

この日は久々に青山さんともお話できました。

「3月の限定 中華そば」680円 【’06 123杯目】
青山 3月の限定 中華そば
「叉焼麺」だと980円となっていました。

すっきりとした動物系スープに煮干しをガツンと効かせたタイプ。
一口目から煮干しのインパクトもあり、コクがあり美味いですね。
個人的にはもっと煮干しを効かせたタイプも食べてみたいです(^^;


青山 ちゃーしゅー飯「ちゃーしゅー飯」250円
ちゃーしゅー飯は食券を渡す際に、「あんかけタイプ」「焼豚タイプ」のどちらにするか聞かれます。

どちらも美味しいのですが、自分は断然「焼豚タイプ」が好みです!
通常のチャーシュー丼と違い、具やご飯だけでなく丼全体が熱々!
猫舌には食べづらいかもしれませんが美味いです(笑)


青山 杏仁豆腐青山風06.03.04「杏仁豆腐青山風」250円

青山に来たら絶対に外せないのがこの杏仁豆腐!
これが食べたいが為に来るお客さんもきっといるでしょう。
とろける美味さです☆



また来月あたり食べに行かねば(^^;

青山
住所 :千葉県富里市日吉台2-19-11
TEL:0476-91-0808
営業時間 :11:00〜14:30、17:30〜22:00(スープ切れ終了)
定休日 :無

麺や 福一@成田

福一 メニュー3/3(金)

2/28に復活した「麺や 福一」へ。
昼と夜とではメニューが異なるとの事だったので、翌日行く予定だったにも関わらず夜に向かいました。
(※翌日知ったのですが、土曜の昼は平日夜と同じメニューです)

メニューが豊富なのでどれを食べようかかなり迷いましたが、今回は2品だけ注文(^^;

「超濃厚鶏だしラーメン(塩)」680円 【’06 121杯目】
福一 超濃厚鶏だしラーメン(塩)
塩と醤油から選択でき、今回は塩を注文。
名前の通り、ポタージュの様な濃厚でとろみのある鶏白湯スープ。
茹でたキャベツや、玉ネギの食感も良く、一気に完食!

具の鶏チャーシューも柔らかくて美味いですね!
メニューを見ると、フレンチの手法を用いて調理しているとの説明書きがあります。

「鶏魚介醤油ラーメン」680円  【’06 122杯目】
福一 鶏魚介醤油ラーメン
こちらも塩と醤油から選択できます。
「超濃厚鶏だしラーメン」は塩にしたので、鶏魚介の方は醤油で注文。

前者よりもやや濃度は落ちますが、鶏白湯と魚介を合わせた濃厚なスープ。
魚粉も入り魚介の風味もばっちり効いています。
尚且つベースの鶏白湯スープがしっかりしているので、魚介とのバランスも良くこちらも美味い!

こちらも具に鶏チャーシューとキャベツが入っています。
この鶏チャーシュー、ごはんとセットで食べたいぐらい美味いです(^^;


福一 串焼き各種串焼き各種
「イベリコ豚 カルビネギ焼き」280円
「イベリコ豚 ホホ肉ネギマ焼き」300円
「イベリコ豚 特上カルビネギ焼き」350円
「ほろほろ鳥のネギマ」220円
「ローズポークのネギマ」180円



福一 デザート「本日のデザート 2種」200円

この日は「ミルクジェラート」「木イチゴのジェラート」「ニンジンのジェラート」の3種類があり、ミルクと木イチゴを注文。
もちろん其々単品でも注文できます。




ラーメンからサイドメニュー、そしてデザートまで充実していて、非常に満足度の高いお店です!
平日の昼の部には「豚骨魚介醤油ラーメン」や、仲間から凄く煽られている「濃口醤油ラーメン(竹岡式のアレンジ)」等もあるみたいなので、ぜひいつか食べてみたいです!

福一
住所 :千葉県成田市花崎町846-15
TEL:0476-22-1978
営業時間 :11:30〜14:00、18:30〜23:00
       12:00〜15:00(土曜)
       18:30〜23:00(月曜)
定休日 :日曜、祝日

麺屋青山@成田

2/26(日)
自家製麺になってからは初の訪問。
限定とセットで食べに行ってきました。

「2月の梅(鶏塩そば)特濃」780円 【’06 111杯目】
青山 2月の梅(鶏塩そば)特濃
月替わりの限定で、毎日昼と夜で10食ずつの提供。

やや粘度のある濃厚な鶏白湯スープに、ホホ肉のチャーシュー。
添えられた梅肉を溶かすと味が変化するわけですが、あまり必要性は感じず。
スープが美味しいのでほぼそのままで食べました。


「つけめん(こってり)」680円 【’06 112杯目】
青山 つけめん(こってり)1青山 つけめん(こってり)2







極太麺の「こってり」、細麺の「あっさり」から選択。
評判の極太麺が目当てだったので、こってりを注文。

麺はうどんのような太さで、コシが強く食べ応えがあります。
もちもちというよりもっと弾力が強い印象で、濃厚なつけダレとの絡みも良くめちゃめちゃ美味いです!
つけダレがもうちょい甘さ控えめだったらより好み。

自家製麺を始めるに当って、「むさし坊」坂田さんからもアドバイスを受けたのだとか(^^;

青山 杏仁豆腐青山風「杏仁豆腐青山風」250円

とろとろの杏仁豆腐にマンゴーソースの組み合わせ。
菜のブランマンジェも美味いですが、こちらも最高に美味い♪
早い時には昼には売り切れるのでお早めに〜。



青山
住所 :千葉県富里市日吉台2-19-11
TEL:0476-91-0808
営業時間 :11:00〜14:30、17:30〜22:00(スープ切れ終了)
定休日 :無

2/13〜2/28のまとめ

2月の残りの店をリストアップ。
群馬遠征ぐらいはアップしたかったのですが諦めました・・・。
首都圏数軒アップしたら、3月の東海遠征書き始めます。


2/13 大黒屋本舗@松戸 大黒醤麺 【’06 89杯目】

2/14 あらき@船橋 ??ラーメン 【’06 90杯目】

2/15 天空@三田 塩ラーメン 【’06 91杯目】
    武骨@上野  麺羊+武ッチャー飯(鰹マヨバージョン) 【’06 92杯目】

2/16 ぼたん@大塚 ラーメン 【’06 93杯目】

2/17 山嵐@六本木一丁目 らぁめん+山嵐どん+カスピ海ヨーグルト 【’06 94杯目】

2/18 ☆群馬遠征
    みやご食堂@群馬藤岡 中華そば 【’06 95杯目】
    新亀@群馬藤岡 ラーメン 【’06 96杯目】
    宮口軒@群馬藤岡 ラーメン 【’06 97杯目】
    陽気軒@吉井 味噌チャーシューメン 【’06 98杯目】
    (栄寿亭@高崎 カツ丼A(玉子なし))
    だるま大使2号店@高崎問屋町 だるまラーメン 【’06 99杯目】
    伍楼@高崎問屋町 しょうゆらぁ麺+鰹増し 【’06 100杯目】
    きくちひろき@熊谷 特製醤油羅阿麺 【’06 101杯目】 

    「だるま大使2号店」(再訪)は、以前より濃度が上がっていてかなり驚きました!

2/20 幸貴@浅草橋 ワンタンメン 【’06 102杯目】
    あらき@船橋 ら〜麺 【’06 103杯目】

2/21 魁龍@船橋東武 催事 昆布だし半熟煮たまご入ラーメン 【’06 104杯目】

2/22 満月@赤羽 ざるらーめん+キムチチャーハン(定食) 【’06 105杯目】
    一番@十条 ラーメン 【’06 106杯目】

2/23 まるしゅう@武蔵小金井 みそらあめん 【’06 107杯目】

2/24 いまむら@シンフォニー 特製薫煙エンマクサカナらーめん 【’06 108杯目】

2/25 とら食堂@渋谷東急 催事 焼豚麺 【’06 109杯目】
    轍@神泉 つけめん 【’06 110杯目】

2/26 青山@成田 2月の塩(鶏塩そば)特濃 【’06 111杯目】
            つけめん(こってり) 【’06 112杯目】
            +杏仁豆腐青山風
    潮屋@成田 潮らーめん 【’06 113杯目】

    青山のつけめん(自家製極太麺)は必食です!

2/27 吉左右@木場 味玉らーめん 【’06 114杯目】
    ○超 2月の塩らうめん 【’06 115杯目】

2/28 黒兵衛@六本木 黒兵衛らーめん 【’06 116杯目】
    駄菓子屋@六本木 穴子拉麺ランチセット 【’06 117杯目】  


久留米ラーメン 丸八 朝倉店@太刀洗

丸八 朝倉店2/5(日)
洗足池氏まあぼー氏と共に「丸八 皿山本店」を訪れたのは、かれこれ約1年半も前。
連食予定にも関わらず、「おでん定食(ごはん付)」を食べたのが懐かしい(笑)

その時本店で働いていた方が暖簾分けされ開いた店がここ朝倉店。
オープンは05年7月との事。

本店同様キムチ&辛子高菜は取り放題で、今回は食べませんでしたが「おでん」もありました(^^;

「ラーメン」500円 【’06 70杯目】
丸八 朝倉店 ラーメン
麺は真鍋製麺のストレート細麺。
厨房の大釜で炊かれるスープはなかなか濃厚で、髄もしっかり出ていて美味いですね。

本店は濃度もあるがマイルドな印象でしたが、朝倉店の方はより久留米っぽさが出ているように感じました。

まだそれ程認知度が高くないのか意外に空いていましたが、この美味さならすぐにでも行列店になるでしょう!

同じ出身店でも、「丸優@大分」はまた独自の方向性なのが面白いです。
(丸優は昼で売切れてしまうぐらいの人気店。)

丸八 朝倉店
住所 :福岡県朝倉郡筑前町高田2555-1
TEL:0946-21-1508
営業時間 :11:00〜20:30
       11:00〜14:00(水曜)
定休日 :火曜

一九ラーメン 粕屋店@粕屋

一九ラーメン2/5(日)
続いて「天天,有」の目と鼻の先にある「一九ラーメン 粕屋店」へ。
取材拒否店と聞いていた事もあり、やや緊張しながら「ラーメン」を注文。
店主はちょっと強面だったのですが、駄目元で「写真撮っても良いですか?」と確認した所、笑顔で即答OKでした(^^;
安全を確認するやいなや、横にいた仲間たちが一斉にシャッターを切ったのが面白かったです(笑)

「ラーメン」450円  【’06 69杯目】
一九ラーメン ラーメン
麺はやや固めに茹でられていて好印象。
スープは軽めの白濁具合ですが物足りなさは無く、なかなか美味いですね〜。
やや多目に浮いた油がこってり感を補っています。

450円という価格も素晴らしいですね。

いつか老司本店も食べてみたいです!

一九ラーメン 粕屋店
住所 :福岡県糟屋郡粕屋町大隈387
営業時間 :11:30〜22:00
定休日 :月曜

天天,有@粕屋

天天,有2/5(日)
続いて「天天,有@粕屋」へ。
「天天有@一乗寺」と関係があるという噂はあり、真相を知るべく向かいました。




「ラーメン」450円  【’06 68杯目】
天天,有 ラーメン
スープは豚骨ではなく鶏ガラを使用しているとの事。
「天天有@一乗寺」は濃厚な鶏スープですが、こちらのスープはかなりライトで、見た目も味も全く違います。
正直なところ、鶏だと言われなければ分らなかったかも・・・。



そして一番気になっていた「天天有@一乗寺」との関係ですが、伺った所面白い事実が判明しました。
店の奥さんのお父さんが、「天天,有@住之江公園」の店主。
奥さんのお父さんのお兄さんが、「天天有@一乗寺」の先代との事でした。
また、外に置いてある看板は「天天ノ有」となっていますが、正式には「天天,有」で、「,」はカンマとの事でした。

味は一乗寺の方とは全くの別物ですが、奥さんとの会話からすると、どうやら大阪の方とは味が似ている様子。
大阪の方は未食なので、次回関西に行く時食べに行きたいと思います!

天天,有
住所 :福岡県糟屋郡粕屋町大隈409
TEL :092-938-8699
営業時間 :11:00〜23:00
定休日 :木曜

麺屋 ラ賊@粕屋

ラ賊2/5(日)
この日は仲間3人共々、福岡のオゴポコさんじーのさんに案内して頂きましたm(_ _)m
しかも車じゃないと行きづらい店中心のコースで・・・。

まずは「ラ賊」へ。



「ラーメン」500円  【’06 67杯目】
ラ賊 ラーメン
スープは見た目程濃くは無いのですが、髄はしっかり出ています。
ただタレの甘みが強い分、豚骨のコクが引っ込んでしまっている感じ。

麺は深ザルで茹でた後平ザルに移し、しっかりと湯きりを行っています。これはなかなか好印象ですね〜。

食後店主の方に伺った所、全く予想していなかった事実が分りました。
店主は2店で修行経験があるそうで、その内1店はあの「魁龍」との事でした!
もう1店は秘密との事。味的にどこの店だかは想像はつくのですが、真相は不明。
「魁龍」出身って事が分っただけで大きな収穫(^^;

昨年の山口県遠征時、北九州に「魁龍」出身の店(一徹@小倉)があると分った時のメンバーのはしゃぎ様と言ったら・・・(^^;
下関で1軒食べた後、当然勢いで関門トンネルをくぐり「一徹@小倉」へ向かいました(笑)
それぐらいみんな、「どこどこ出身」ってのが大好きなのです。

後日催事にて「魁龍」森山さんとお話しする機会があり、色々と確認した所、確かに「ラ賊」店主は「魁龍 博多店」にいたとの事でした。

ラ賊
住所 :福岡県粕屋町上大隈147
TEL :092-939-6261
営業時間 :11:00〜15:00、17:00〜22:00
       11:00〜20:00(日・祝)
定休日 :月曜

博多 新風@高宮

新風2/4(土)
こちらは05年3月オープン。
店主の高田さんは「好来@人吉」で修行との事。

22時半過ぎに入店するも満席と、かなり賑わっていました。
接客も良く、店は凄くアットホームな雰囲気です。


「新風麺」600円  【’06 65杯目】
新風 新風らあめん
赤い丼に黒いマー油は見た目にもインパクト大。

福岡で1杯600円はやや高いかなと思いつつ、デフォで味玉が入っているので納得。
しかも味玉は半熟とろとろです(^^;

自家製ストレート細麺はザックリ歯ごたえも良く、厚切りのチャーシューも柔らかく美味い。

スープ表面のマー油はとても香ばしく、スープ自体も濃厚とまでは言わないまでも、しっかりとダシが出ています。
土台となるスープがマー油に負けないぐらい骨太なので、とてもバランスが良く美味いですね。

修行先である「好来@人吉」はびっくりするぐらいライトなスープでしたが、出身である「新風」「なんつッ亭」はしっかりとした濃度なのが面白い。

お腹にもうちょい余裕があれば「肉味噌丼 300円」も食べてみたかったです。

この後この日ラストとなる「屋台KENZO CAFE」へ。

新風
住所 :福岡市南区高宮1-4-13パルム高宮
TEL:092-524-2426
営業時間 :12:00〜14:00、18:30〜23:00
定休日 :火曜(祝日の場合翌日)

麺家 もち月@高宮

2/4(土)
こちらは05年5月オープンで、店主は「大砲ラーメン」で修行との事。

駅からは遠く今回コースから外そうか迷いましたが、同日昼に食べた仲間からかなり煽られたので行ってみました。

丼は保温性の高い磁器を使用しているそうです。

「らーめん(白)」550円  【’06 64杯目】
もち月 ラーメン
チャーシューは肩ロースの「赤」と、豚バラ肉の「白」の2種類から選択できます。
今回は白を注文。

麺は細目のストレート麺。
長時間煮込まれた豚骨スープは、髄がしっかりと出ていてザラつきがあります。
さらにとろんとした粘度があり、濃厚で美味い!
イメージとしては、「大砲ラーメン」をさらに濃厚にした感じ(^^;

もし今回食べていなかったら、かなり後悔していたに違いない。
それぐらい満足度が高かったです!

駅までの帰り道、近くにある「八ッちゃん@野間」(薬院店は既食)に行こうか迷ったのですが、今回は断念。
次回行ってみたいです。

もち月
住所 :福岡県福岡市南区若久3-1-18
TEL:092-542-2532
営業時間 :12:00〜14:30、17:00〜23:30
       12:00〜21:30(日曜)
定休日 :不定休

ふくちゃんラーメン@賀茂

2/4(土)
一昨年の遠征時「ふくちゃん」出身の「冨ちゃん」は食べたのですが、肝心の「ふくちゃん」はコースの関係上断念・・・。
仲間からの煽りも厳しいので、今回意地で食べてきました(笑)

前回行ったときには無かった地下鉄七隈線が開通し、グンと近くなりましたね〜!
地下鉄1日乗車券も使えてとても便利です。

20時30分過ぎに店に到着するも、店内は満席で若干待ちが出来ていました。
ふくちゃん ラーメン







「ラーメン」500円  【’06 63杯目】

骨は豚頭のみを使用し、新しいスープ熟したスープを合わせているとの事。
濃度は高くなくさっぱりとしていますが、コクがあり美味いですね。
ややしょっぱくも感じましたが、ごはんとセットで食べるとまた印象も違うはず。
金属音を奏でる独特の湯きりも面白い。

近々ラ博の方も再訪してみたいです。

ふくちゃん
住所 :福岡県福岡市早良区田隈2-24-2
TEL:092-863-5355
営業時間 :11:00〜21:00
定休日 :火曜

がんこもん@遠賀川

がんこもん2/4(土)
「黒門」の後、遠賀川駅すぐ側の「がんこもん」へ。

ラーメンは中細麺の「がんこもんラーメン」と、極細麺の「長浜ラーメン」の2種類。

もちろん、店名を冠した「がんこもんラーメン」を注文。

「がんこもんラーメン」480円  【’06 62杯目】
がんこもん ラーメン
出てきたラーメンは見た目からして超濃厚!
髄もたっぷり出ていて、とろみというよりもドロッとした印象です。
濃いとは聞いていましたが、ここまでとは予想外(^^;

ややしょっぱくも感じましたが、かなりインパクトのある豚骨(醤油)スープに大満足。

食後店主の方とお話しするまでは、店名からしてかなり気難しい人なのかなと思ってました(笑)
実際はかなり気さくな方で接客も丁寧と、これも予想外(^^;

がんこもん
住所 :福岡県遠賀郡遠賀町広渡1546-6
TEL:093-293-0469
営業時間 :11:00〜23:30
       11:00〜15:00(月・水)      
定休日 :無

南京ラーメン 黒門@遠賀川

黒門2/4(土)
遠賀川駅から3km以内の距離だった為、
徒歩で移動し「黒門」へ。

メニューは「ラーメン」「おにぎり」のみ。
仲間から「ラーメン」と「おにぎり」を必ずセットで食べる様に!と薦められていたので、指示に従い注文。


「ラーメン」500円   【’06 61杯目】
黒門 ラーメン
スープは半濁というか、やや透き通った感のあるすっきりとしたもの。
かと言って決して薄いわけではなく、優しいながらもしっかりとした旨味があります。
これにはちょっとびっくり。
濃いものだけが美味い豚骨ラーメンじゃない!という事を再認識させてくれました(^^;

チャーシューはバラとモモの2種類を使用。この値段で2種類入るのは嬉しいですね。

ネギも特徴的で、このスープに普通のネギが入っていたら邪魔に感じたはずが、この細かいネギ(福岡だし「コウトウネギ」?)はスープとの相性が抜群!


「おにぎり」50円
黒門 おにぎり
ラーメン屋でおにぎりを注文したのは、「一竜軒@唐津」以来かも。
(「一竜軒」は、かしわ飯のおにぎりですが)
なぜ仲間がそこまでおにぎりを薦めるのか分らなかったのですが、食べてみて納得。
おにぎりは冷めているものの米自体美味しく、さらにスープと一緒に食べると美味さ倍増。
こりゃ確かに食べといて良かったです。

そして気になったのは、トッピングの「いちげん謹製 有明産 海苔」と書かれた張り紙。
「いちげん@佐賀」店主とは仲が良いんですか?と、思わず質問しちゃいました(笑)
店主はとても気さくな方で、九州のラーメンについて(どこが好きだとか)の話題で盛り上がり、ちょっと長居してしまいました・・・。

最後にもっと良い状態の時に食べて欲しかったなぁと言われましたが、十二分に美味かったんですけどねぇ(^^;
このスープの感じからすると、もしかしたらもっと早い時間の方が良いのかな!?

ちょっと遠かったけど大満足!

黒門
住所 :福岡県遠賀郡遠賀町別府4451-3
TEL:093-293-1314
営業時間 :11:00〜19:00
定休日 :木曜

ラーメンカフェ ちゅるるちゅーら@三ヶ森

ちゅるるちゅーら2/4(土)
「なんつッ亭 弐@品達」に短期間いた方が、05年7月1日に開いた店。
交差点の角に位置し、とても目立つ立地です。
ラーメンカフェとうたっている通り店内はカフェ風の造りになっていて、若者でかなり賑わっていました。
接客も雰囲気もとても良いです。

さてメニューですが、理解するまで少し時間がかかるかもしれません(笑)

基本となるラーメンは「ちゅるチュラ」
ねぎラーメンは「白ヒゲじいさん」
チャーシュー麺は「チャ〜ちゅる」
ねぎチャーシュー麺は「チャ〜ちゅるヒゲじい」

う〜ん、ちょっと寒い・・・(爆)

さらにスープは大きく分けて「豚骨」「魚介豚骨」の2種類あり、豚骨はさらに「男味(にんにく付)」「醤油」とに分かれます。

もう商品名を呼ぶのも嫌だったので、これで・・・と指を指して注文(苦笑)

「ちゅるチュラ 男味」600円 【’06 60杯目】
ちゅるるちゅーら ちゅるチュラ 男味
スープ自体はしっかりしてるしなかなか濃厚だとは思うのですが、ちょっとしょっぱいし何かバランスが悪い。
何かが変わればかなり美味しくなると思うのですが、現状あまり好みではありませんでした。

混んでるし人気があるのだろうから、あくまで好みの問題で。

別皿で出てきたにんにくは殆ど使用せず。

ちゅるるちゅーら 寒天ミルク「寒天ミルク」180円

手作り寒天に黒蜜ミルクをかけたものだそうです。
濃厚スープの後には最適なデザート。

寒天自体は当然淡白ですが、食感も良く黒蜜ミルクとアイスとの相性も良い。
なかなか美味いです(^^;

「なんつッ亭」とは全く別物ですが、店内アンケートにもあるヨン様風の店員も確認できたし、ネタ的には大変面白い店でした。

ちゅるるちゅーら
住所 :福岡県北九州市八幡西区里中1-6-10
TEL :093-611-2666
営業時間 :11:30〜22:00(スープ切れ終了)
定休日 :?

らーめん工房 龍@三ヶ森

らーめん工房 龍2/4(土)
こちらで一息ついた後、三ヶ森に移動しまずは「龍」へ。

ここはたけひこ氏から情報をもらったのですが、かなり評判が良いと聞いていたので楽しみにしていました。

店に到着したのが14時15分頃。
この時間にも関わらず、外に数名待ちが出来るほどの人気ぶり。

「ラーメン」460円 【’06 59杯目】
らーめん工房 龍 ラーメン
スープは豚頭をメインに豚骨と背脂を煮込んでいるらしく、乳化具合もばっちりでとろんとしていて、尚且つ髄もしっかり出ていて濃厚で美味い!

この値段でチャーシューがたっぷり入っているのも凄いなぁ。

事前情報でこってり久留米系豚骨だと分っていましたが、ここまで満足度が高いものだったとは嬉しい誤算(^^;

一つ気になったのはサイドメニューの「焼飯」430円
これはきっと某M氏がいつか食べてくれるでしょう!(笑)

食べ終わって店を出ると、既に本日終了の張り紙が。
店内のバイト募集の張り紙の勤務時間も確か14:30までだったし、閉店の目安は14:30なのかな!?
ぎりぎり食べれて一安心。
(店の写真は食後に撮ったので、閉店後の物)


住所 :福岡県北九州市八幡西区三ヶ森2-3-28
TEL :093-612-8868
営業時間 :11:30〜スープ切れ終了(14:30頃?)
定休日 :水曜、第2木曜

ぎょらん亭 本店@香春口三萩野

ぎょらん亭 本店2/4(土)
続いて「ぎょらん亭 本店」を訪問。
暖簾には「魚籃亭 本店」とかかれていますが、どっちが正しいのかは不明。

ラーメンは「豚骨十割」「二八」そして鶏十割の「地鶏醤油ラーメン」の3種類がありますが、支店同様「豚骨十割」を注文。


「豚骨十割ラーメン」500円 【’06 58杯目】
ぎょらん亭 本店 ラーメン
スープはやや茶濁しており、支店に比べるとかなり濃く油も多目で、にんにくの風味も強い。
支店はバランスの良いマイルドな濃さのスープでしたが、本店はなかなかインパクトがあり支店に比べより骨太なスープになっています。
九州において「魁龍」がマイベストではありますが、こちらもトップレベルの豚骨で美味いですね〜!

チャーシューは厚みがありコストパフォーマンス大!
ただ個人的には、支店のチャーシューの方が好みでした。

スープの濃度の関係もあるので、連食する際は支店からスタートする事をお勧めします。

次回は「おにぎり+ぬったくれ味噌」「カレーライス」も食べてみたいです。

すぐ近くに「小倉珍竜軒 本店」もあったのですが、こちらも今回はスルー。

ぎょらん亭 本店
住所 :福岡県北九州市小倉北区三郎丸3-6-29
TEL :093-922-4778
営業時間 :11:30〜スープ切れ終了
定休日 :月曜、第3日曜

ラーメン 無法松@香春口三萩野

無法松2/4(土)
連食予定の為時間が惜しかったので、城野駅からタクシーを使い「無法松」へ。
こちらは福岡の豚骨ラーメン店では珍しく、無化調無添加をうたっています。

店名を冠した「無法松ラーメン」を注文しようか迷ったものの、具が増えるだけかなと思い、ノーマルの「ラーメン」を注文。

「ラーメン」550円 【’06 57杯目】
無法松 ラーメン
スープは鹿児島産の豚骨をアルカリイオン水で煮込んでいるとの事。しっかりとダシが出ていて、後味もすっきりしていてとてもマイルド。
物足りなさも全く感じないしなかなか美味い。

デフォですり胡麻がかかっているのですが、これは無くても良いかな。
スープ自体がしっかりしているので胡麻はやや邪魔に感じました。
好みで入れる事が出来ればベストですね。

この値段でチャーシューがたっぷり入っているのも嬉しい。

接客がとても良く、雰囲気も明るく好印象でした(^^;

近くに老舗の「来々軒」もありましたが、今回はスルー。
次回小倉に行った際には食べに行こうと思います。

無法松
住所 :福岡県北九州市小倉北区神岳2-10-24 三共ビル1F
TEL :093-533-6331
営業時間 :11:00〜22:00
定休日 :水曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ