ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2006年04月

麺屋 青山 成田店@成田

4/29(土)
続いて「麺屋 青山 成田店」へ。「旧麺屋こうじ@柏」が成田に移転してからは、しらすさん洗足池さんは未食との事。臼井店がしっくりこなかっただけに、二人にはぜひ食べてほしかった(^^;

仲間には「つけめん こってり」を薦め、自分は「塩らーめん」を注文。

「塩らーめん」680円 【’06 213杯目】
青山@成田 塩ラーメン







帆立香油魚粉を使用し、丼の真ん中のメンマを介して左半分「帆立味」右半分「鰹味」に分かれています。初めて食べる人はびっくりすんんじゃないかな?(笑)食べ進むうちに帆立と鰹の風味が混ざり合い、1度で3度楽しめます!表面を炙ったバラロールチャーシューも香ばしくて美味い。満足度も高いし、何回食べても面白いなぁ(^^;

「杏仁豆腐青山風」250円
青山@成田 杏仁豆腐青山風







臼井店の「ココナッツプリン」が売り切れていた為、是が非でも食べたかったいつものデザート!この日の杏仁豆腐は冷やしが足りないせいかややゆるかったものの、とろとろの杏仁豆腐とマンゴーソースは絶妙!一口食べればみんな満面の笑みです(^^;いつ食べてもやっぱり美味いなぁ!

青山
住所 :千葉県富里市日吉台2-19-11
TEL:0476-91-0808
営業時間 :11:00〜14:30、17:30〜22:00(スープ切れ終了)
定休日 :無

麺や 福一@成田

4/29(土)
この日はしらすさんまあぼーさん洗足池さんと共に食べ歩き。
前述の通り、GW特別メニューです。GW用メニュー表も載せておきます。
福一 GWメニュー







4人で「塩ラーメン」「濃口醤油チャーシューメン」「鶏塩ラーメン」「白醤油仕立てこってり豚骨魚介ラーメン」を注文。

「白醤油仕立てこってり豚骨魚介ラーメン」650円 【’06 212杯目】
福一 白醤油仕立てこってり豚骨魚介ラーメン







こちらは通常は平日昼のみのメニュー。白醤油を使用したこの豚骨スープは、豚骨の濃度でというよりも背脂でこってり感を出したタイプ。背脂はたっぷりでも意外とくどくなく、一気に食べ進めます。スープもしっかりしているしなかなか美味いですね〜。
背脂日記しらすさんはなかなか気に入った様子でした(笑)

「スペシャル欧風カレー」
福一 欧風カレー







前日に食べられなかった「きまぐれ丼」。この日ぎりぎり残っていました。肉はチャーシュー用のものを使っていますが、クセも無くなかなか美味しかったです(^^;

「ジェラート 3種盛り」480円
福一 3種盛り







前日あったキャラメルのジェラートがなくなり、エキストラバージンオイルのジェラートが追加されていました。5種類の中から「フランス産クーベルチュールのジェラート(左)」「イタリア トスカーナ産 オーガニックエキストラバージンオイルのジェラート(中)」「ミックスベリーのジェラート(右)」を選択。
もちろん3種とも美味しいのですが、エキストラバージンオイルのジェラートはとにかく凄いっ!ねっとりとしていながらも滑らかで口溶け良く、口の中にバージンオイルの風味がふわっと広がります!オイルを使ったジェラートってどうやって作るのでしょう!?

店主の引き出しの多さには驚くばかりです(^^;

福一
住所 :千葉県成田市花崎町846-15
TEL:0476-22-1978
営業時間 :11:30〜14:00、18:30〜23:00
       12:00〜15:00(土曜)
       18:30〜23:00(月曜)
定休日 :日曜、祝日

麺屋 青山 臼井店@臼井

4/28(金)&4/29(土)
昨日の「福一」の後と今日とで立て続けに「麺屋 青山@臼井」へ行ってきました。こちらは「麺屋 青山」の支店として4/27にオープンしたばかりの新店です。
店内には製麺室を設けてあり、2店分の麺をこちらで作っていくそうです。

昨日は「つけめん こってり」を、今日は「らーめん にんにく油」を注文。

「つけ麺 こってり」680円 【’06 210杯目】
青山@臼井 つけめん こってり







つけ麺の麺は成田店のつけ麺とは違い平打ち麺になっています。やや厚みのある平打ち麺は、一見うどんやきしめんの様でもあります。つけダレの持ち上げは良いのですが、麺に思った程の(青山店のそれの様な)コシはない。つけダレにはかなりの魚粉が浮いていてザラつきがあり、ややくどく感じました。もう少しキメの細かい魚粉であれば良いのですが。

「らーめん にんにく油」680円 【’06 211杯目】
青山@臼井 らーめん にんにく油







らーめんは鶏の白濁ベース「醤油」・「魚介」・「にんにく油」と、鶏ガラベース「鶏ガラ醤油」・「鶏ガラ魚介」から選べます。自分は白濁ベースの「にんにく油」を選択。
同行者の注文した「醤油」では鶏の旨味がしっかりと感じられたものの、「にんにく油」では油の量が多すぎてにんにくの風味に支配されていました。豚骨ベースであれば違うと思うのですが、鶏ベースでは油によりバランスを崩してしまってる印象を受けました。

成田店では「生クリーム味玉」でしたが、臼井店では「鰹風味の味玉」になっていたりと、随所に店主である青山さんのこだわりが見られます(^^;

楽しみにしていた臼井店限定の「ココナッツプリン」は昨日の昼は売り切れ、今日は昨夜の営業が忙しかった為間に合わなかった様子・・・。

もう少し時間を置いて、落ち着いた頃に再訪したいと思います。

青山 臼井店
住所 :千葉県佐倉市稲荷台1-10-2 第2倉田ビル102
TEL:043-461-5898
営業時間 :11:00〜14:30、17:30〜22:00
定休日 :無

麺や 福一@成田  GWは特別ミックスメニュー!

4/28(金)
レポが溜まっていますが、先出しで行きます。
本日仕事で成田方面に行ったついでに、「麺や 福一」へ。

もちろん平日の昼の部の限定メニュー、「福一 濃口醤油ラーメン」がお目当て(^^;
福一 昼メニュー







こちらのメニューは以前まあぼーさんからめちゃめちゃ煽られていたので楽しみにしていました。

「福一 濃口醤油ラーメン」500円 【’06 208杯目】
福一 濃口醤油ラーメン







メニューに表記がある通り、「竹岡式ラーメン」「福一版」「竹岡式」というと、通常チャーシューの煮汁をお湯で割っただけなのですが、「福一」のそれは一味も二味も違います。数種類の醤油を使用したカエシのお湯割りですが、まるでスープで割ったんじゃないかと感じるぐらい肉の旨味がしっかり出ています。尚且つカエシに「焦がし」を加えている為、非常に香ばしく美味い!炙られたチャーシューも熱々で香ばしく、そしてジューシーで柔らかい!こんな一口目からインパクトのある「竹岡式ラーメン」が、何と500円で食べられるのがまた凄い!オススメです!

「濃厚豚骨味噌ラーメン」700円 【’06 209杯目】
福一 濃厚豚骨味噌ラーメン







今週から始まった新メニューとの事。当初食べる予定だった「豚骨魚介」にするか新作の「豚骨味噌」にするか悩んだ末、新作の「豚骨味噌」を。背脂が浮く濃厚な豚骨味噌スープは、どろどろまではいかないまでもなかなか濃く美味い。具にアオサが入るのが面白いです。チャーシューは「塩ラーメン」と同じものだと思いますが、豚のチャーシューだけで2種類もあるんですねぇ。店主のこだわりには終始脱帽です。

「ジェラート3種盛り」480円
福一 ジェラート3種盛







本日のジェラートですが「オーガニックシュガーのキャラメルジェラート」、 「ブラッドオレンジのジェラート」「フランス産クーベルチュール(チョコレート)のジェラート」「ミックスベリーのジェラート」「濃厚ミルクジェラート」の5種類。
その中から「フランス産クーベルチュールのジェラート(左)」「ブラッドオレンジのジェラート(中)」「オーガニックシュガーのキャラメルジェラート(左)」を選択。どれも美味しいのですが、特にキャラメルとチョコのジェラートがめちゃうまでした!キャラメルのほろ苦さがたまりません(^^;

「本日のきまぐれ丼(欧風カレー)」も食べたかったのですが、この後もう一軒控えていた為明日に持ち越しとしました(笑)

福一 GWお知らせ







そしてGWですが、4/29、5/3、4、5は昼と夜のメニューをミックスした特別メニューでの営業になるそうです!昼の限定メニューからは「濃口醤油」「白醤油豚骨魚介」が出るとの事。平日昼限定メニューを食べていない方は、ぜひこの機会に行ってみてはいかがでしょうか?(^^;
GWの営業時間は昼の部のみ、11:30〜14:30ですのでご注意を!

5/3からは「つけ麺」も始まるそうです!
また行かねば。

福一
住所 :千葉県成田市花崎町846-15
TEL:0476-22-1978
営業時間 :11:30〜14:00、18:30〜23:00
       12:00〜15:00(土曜)
       18:30〜23:00(月曜)
定休日 :日曜、祝日

拉麺 阿修羅@船橋

4/24(月)
たまには即日アップを(笑)
本日オープンの「拉麺 阿修羅」に行ってきました。
阿修羅







店主である竹内さんは、「麺屋武蔵 青山&新宿」で副店長を任されていました。すぐ近くにも「麺屋あらき 竈の番人」があり、この距離で「武蔵」出身の店が2軒もあるのは凄いですね!

券売機は店の外、入り口横にあります。
麺類は「胡麻らーめん」「らーめん」の2種類のみ。
「胡麻らーめん」がオススメとの事ですが、昔を思い出し、まずは「らーめん」を注文。

「らーめん」650円 【’06 204杯目】
阿修羅 らーめん







スープは当初聞いていたような高濃度タイプではなく、やや濁りがあるぐらいのさっぱりとしたもの。「武蔵」を感じる1杯でもあります。こういったタイプの醤油ラーメンは船橋近辺にはないし、「あらき」「赤坂味一」等が近くにあってもカニバリは少ないのかもしれません。

一つ気になったのは、かなり甘味が立ってしまっている事。スープ自体は動物・魚介共にしっかりとダシが出ていて美味しいとは思うのですが、タレの甘味によりややぼやけてしまっている印象を受けました。竹内さん自身も感じている様で、ここら辺は微調整するとの事でした。

トッピングの「雷神(唐辛子)」100円、「風神(にんにく)」100円も面白そう。

「テリブタ飯」200円
阿修羅 テリブタ飯







淡い醤油味のごはんに刻みチャーシューとマヨネーズ。一見味が濃いようにも見えますが、意外とさっぱりしていてなかなか。

急がしそうであまり長話しはできませんでしたが、元気そうで何よりかなと(^^;
週末にでも「胡麻らーめん」食べに再訪しようと思います。

新店ですが、オペレーションも接客もしっかりしていて素晴らしいと思います!バイトの彼もラーメン経験者なので、ばっちり即戦力になっていますね。

阿修羅
住所 :千葉県船橋市湊町2-7-3
TEL :047-431-1760
営業時間 :11:30〜15:00、17:00〜22:00
定休日 :月曜

らーめん 武蔵@上島

4/1(土)
武蔵







「亮」の後、浜松へ移動し「武蔵」へ。
「鶏パイタン」という響きに惹かれて行ってきました(^^;

店名は「武蔵」と書いて「たけぞう」と読みます。
「武蔵」「たけぞう」って事からすると、「宮本武蔵」「バカボンド」を意識してるのでは!?(笑)

らーめんは醤油味噌の2種類ありますが、ここでは二人とも醤油を注文。

「武蔵らーめん(醤油)」650円 【’06 166杯目】
武蔵 らーめん







麺は中細の縮れ麺。スープ表面には鶏油がたっぷり浮いていて、黒胡椒が味のアクセントになっています。スープは思ったよりもしっかりと鶏の旨味が出ていて、とろみ(高濃度&粘度)があるようなタイプではありませんがなかなか美味いです。

具に「アオサ」が入ったりと、「まる玉」を意識していないはずはありませんね(^^;

次回は「天日地鶏」「とりそば(鶏白湯)」も食べねば!

武蔵
住所 :静岡県浜松市上島5-7-3
TEL :053-472-8772
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜23:00(スープ切れ終了)
定休日 :水曜

麺屋 亮@磐田

4/1(土)
麺屋亮







もちろん「東池袋大勝軒出身」という言葉に惹かれて行ってきました(^^;
店に着くと、偶然オープン一周年記念半額セールを実施中。

作業は遅めですが、おじいちゃんが一生懸命作っています。

「つけそば」700円 【’06 165杯目】
麺屋亮 つけそば







つけダレはかなりあっさり目で、動物系・魚介系共に旨味はそれ程出ていませんが、酸味はばっちり効いてます。細麺ですが、意外と量が多い。麺の保存状態があまり良くないのがちょっと気になりました。

「中華そば」600円
麺屋亮 中華そば







やや濁りを感じるぐらいのスープは、こちらもやはり動物系のダシが今一歩出ておらずちょっと薄め。

他のお客がいなくなったので、食後お店の方と色々とお話ししました。
最近は夜の部しか営業していないとの事でしたが、このサービス期間(3/30〜4/4)だけは昼のみの営業だったそうです。

驚いたのは、「静岡大勝軒」店主と同時期に「東池袋大勝軒」で修行していた「亮」の店主は、お店が「浜松ぐるぐるマップ」に掲載される前に既にお店を辞めていましたのだそうです・・・。

う〜ん、残念。


住所 :静岡県磐田市中泉622-1
TEL :0538-35-7503
営業時間 :12:00〜14:00、19:00〜26:00
定休日 :木曜

八五郎@磐田

4/1(土)
八五郎







「伊駄天」の後しらすさんと別れ、まあぼーさんと共に「八五郎」へ。
「八五郎」は静岡の有名店の一つであり、昔からの宿題店でもありました(^^;
やや強面な店主にちょっと緊張したものの、お店はアットホームな雰囲気でした。

二人で「つけめん」「中華そば」を注文。

「つけめん」550円 【’06 164杯目】
八五郎 つけめん







麺が入っている丼の中には氷水が張ってあり、キンキンに冷やされています。
豚骨醤油のつけダレは油たっぷりで胡椒も効いていて、かなり味が濃くしょっぱいのですが、氷水に浸された麺をつけダレに入れた際、薄まるのを前提とした味付けなのでしょう。でも、最後までしょっぱかった・・・。

つけ麺の麺に氷が入るのは、「ドッポ@浜松」以来かも!?ガキ氷は印象的だったなぁ(笑)

「中華そば」550円
八五郎 ラーメン







表面にはかなり厚めの油の層がありインパクト大。スープはつけ麺同様豚骨醤油味ですが、こちらはそれ程しょっぱくはありません。麺も同様の細めのストレート麺。

取りあえず二種類食べれて良かったです(^^;

八五郎
住所 :静岡県磐田市久保町1294-1
TEL :0538-37-0856
営業時間 :11:30〜13:30、18:00〜22:30
       11:30〜21:00(日曜)
定休日 :月曜

麺行使 伊駄天@藤枝

4/1(土)
この日はしらすさんまあぼーさんと3人で、日帰りで静岡遠征。
まずはしらすさんと二人で「マルナカ@藤枝」に行くも、桜祭りの為お休みでした・・・。地方でふられるのは痛いなぁ・・・。
伊駄天1







気を取り直し、「マルナカ」から徒歩で「伊駄天」へ。店の前でまあぼーさんと合流〜。
こちらは今年の1/19オープンの新店で、なごやんさんのブログで紹介されているのを見て、凄く気になっていました(^^;
前回東海遠征の帰り道によれなかったので、リベンジの意を込め向かいました!
伊駄天 メニュー







メニューが豊富で、しかも麺が細麺平打ち麺から選べます。券売機の前で、何を食べようか暫し相談(笑)2人が「塩ら〜めん」を食べると言うので、自分は「醤油らーめん」を平打ち麺で注文。

「醤油らーめん(平)」680円 【’06 163杯目】
伊駄天 醤油らーめん(平)







スープは鶏ベースに魚介の風味が効いていてなかなか美味いです。やや固めに茹でられた麺は、スープとの相性も良い。

醤油も美味しかったのですが、同行者の注文した「塩ら〜めん」はより好みでした!やや甘みを感じるスープは、醤油に比べより分りやすい味に仕上がっていて、バランスも良く美味い!「塩ら〜めん」、オススメです!

伊駄天 焼きめし伊駄天 炙り焼豚めし







「焼きめし(左)」260円
「塩ら〜めん」に入れて「ぞうすい」感覚で食べても美味しいとの事。その目的の為、やや薄味で仕上げられています。なかなか美味しく、自分は普通に食べてしまいました(笑)

「炙り焼きめし(右)」360円
同行者が注文。炙られるチャーシューは、まるで「AFURI@恵比寿」の様。香ばしい香りが店内に広がります。これもオススメです!

Y氏T氏もいないので、今回は自分が調査を担当(^^;
修行先を聞いた所、独学との事でした。オーナーがイタリアンのお店で15年働いていて、仕事で首都圏に来る度ラーメンも好きで食べ歩いていたそうです。で、好きが高じてラーメン店を始めたのだとか。色々お話した中で、店主が「うちは横浜系の味だから」と言う言葉が特に印象的でした。「中村屋@高座渋谷」等も好きらしく、横浜ではないにしろ神奈川のラーメンに深く影響を受けたのは確か見たいですね。「横浜系」、言わんとする事は良く分るしそういう捕らえ方もあるんだなぁと、妙に納得してしまいました(^^;

今はまだそれ程認知されていないようですが、なかなかレベルの高い新店だと思います。近い内にきっとブレイクするでしょう!

伊駄天
住所 :静岡県藤枝市青木3-7-3 第二松浦ビル102号
TEL :054-644-1088
営業時間 :11:00〜14:30、17:30〜スープ切れ終了
定休日 :月曜

麺の坊 晴レル屋@大府

3/19(日)
晴レル屋







東海ツアーの締めくくりは、最近かなり評判の良い「晴レル屋」へ。

らーめんは「白」「赤」「黒」とありますが、基本の「白の麺」を注文。

「白の麺」650円 【’06 150杯目】
晴レル屋 白の麺







スープは豚骨魚介系。豚骨がしっかりと出ていて濃厚で、尚且つ魚もばっちり効いていてかなり美味いです!

麺は「林製麺」のストレート細麺。好みだとは思いますが、スープに比べ麺が弱い様に感じました。できればもうちょい太いタイプの麺で食べてみたいです。

同行者の注文した「つけめん」も、つけダレが濃厚でかなり美味い!ラーメンの方では麺の弱さを感じましたが、こちらの方はなかなか良いですね。最後は「ぞうすい」にして2度美味しい(^^;

店主はとても研究熱心で、他の名古屋のフリークの方にお聞きしても、どんどん美味しくなっているのだそうです。
ぜひ再訪したい店の一つですね。

この後、k麺さんに大府駅まで送ってもらい一人帰京。一日運転ありがとうございましたm(_ _)m
帰り道静岡で数軒食べて帰るつもりだったのですが、強風の為電車が大幅に遅延・・・。この日は大人しく帰らざるを得ませんでした・・・。

晴レル屋
住所 :愛知県大府市月見町1-297
TEL :0562-47-5432
営業時間 :11:45〜14:00、18:45〜22:30
定休日 :月曜、第2火曜(祝日の場合翌日) 

麺屋 一八@青山

3/19(日)
一八







「轍」(自分はラーメンはパス)の後に「一八」へ。
こちらは「支那そばや」系のお店。

今回も「支那そばや」好きのまあぼーさんがどうしても行きたいと言うので!?(笑)
そのおかげで、全国各地の「支那そばや系」の店をちょこちょこ回れたりもするのですが(^^;

3人いるので3種類注文。自分は「しょうゆ新味」を。

「しょうゆ新味」750円 【’06 149杯目】
一八 しょうゆ新味







「しょうゆ新味」のみ、毎日旭川から空輸する麺を使用との事。使用する醤油も変えているそうでこだわりは見られますが、良い方向に働いているとも言いがたい。
3種類共に入っていた揚げた背脂!?は、スープの風味を邪魔してしまっているように感じました。
一八 しおらーめん一八 しょうゆらーめん







「しょうゆらーめん」「しおらーめん」「支那そばや」テイストは感じられるものの、スープはややぼやけた印象。ちょっと期待しすぎたかな!?
自分の好みとしては、しお>しょうゆ>しょうゆ新味の順。

一八
住所 :愛知県知多郡武豊町鹿ノ子田2-60
TEL :0569-73-2484
営業時間 :11:00〜15:00、17:30〜21:00(売切れ次第終了)
       11:00〜15:00、17:00〜21:00(売切れ次第終了)(日曜、祝日)
定休日 :火曜

恵證庵@榎戸

恵證庵3/19(日)

続いて「恵證庵」へ。
当初予定には入れていなかったのですが、せっかく近くまで来たのだからと急遽行く事にしました(^^;

お店は住宅街の中にあり、ラーメン店というより喫茶店風の店構え。また店内はレトロな雰囲気で味がありますね〜。

壁には「一風堂」河原さんとの写真が飾られてあり、仲間二人は写真を撮っていました(笑)




「ラーメン」600円 【’06 148杯目】
恵證庵 ラーメン







やや緑色を帯びた自家製縮れ麺には、川のり!?が練り込まれています。風味が良く、コシもありなかなか美味い。わかめや胡麻など、練りこむ素材は季節によって変わるそうです。

スープは名古屋コーチンと野菜から取っているとの事で、やや甘めではありますがすっきりとしていてまろやか。表面には厚めの油の層が。

次回いつ知多半島に来るか分らないので、今回食べれて良かったです(^^;

恵證庵
住所 :愛知県常滑市明和町3-107
TEL :0569-35-6708
営業時間 :11:00〜20:00
       11:00〜15:00(月曜)
定休日 :無

茶屋亭@常滑

3/19(日)
茶屋亭







「八百善」の後に「茶屋亭」へ。
こちらは「麺彩房」出身のお店。
この後行った「轍@知多半田」や以前食べた「中村屋@大垣」等、東海エリアにこんなに「麺彩房系」の店があるのは不思議です(^^;

「中華そば 塩風味」にしようか迷ったのですが、トッピングの岩のりとの相性も見てみたかったので「特製名中そば(塩風味)」にしてみました。

「特製名中そば(塩風味)」900円 【’06 147杯目】
茶屋亭 特製名中そば 塩風味







スープ自体はバランスも良く美味しいのですが、とにかく黒胡椒が効き過ぎ!少量であればアクセントになって良いのですが・・・。スープが良いだけにちょっと残念。醤油味の方にはチャーシューを、塩風味にはエビワンタンを入れる等、こだわりは見られます。
トッピングの岩のりも厚みがありしっかりしていて美味しいです。
茶屋亭 中華そば 醤油味茶屋亭 つけめん







意外にも同行者の注文した「つけそば」が一番美味しかったです。

茶屋亭
住所 :愛知県常滑市新開町1-98-4
TEL :0569-35-3184
営業時間 :11:30〜15:30、17:30〜23:00
       11:30〜21:00(日曜、祝日)
定休日 :月曜

中華そば 八百善@多屋

3/19(日)
八百善







東海ツアー二日目の1軒目は、以前からの宿題店である「八百善」へ。
この日は1日、k麺さんに車で案内して頂きましたm(_ _)m
k麺さんとお会いするのは1年ぶりかな!?

10時半に到着するも、既に店は開いていました。

「中華そば」630円 【’06 146杯目】
八百善 中華そば







チャーシューが凄いとは聞いていましたが、まさかここまでデカイのが2個も入ってるとは!自分のは厚さ3cm強でしたがしらすさんまあぼーさんのは端っこの部分だった為か、何と5cmはありました(笑)しかも大きいだけでなく柔らかく美味いっ!チャーシューメンだとどれぐらい凄いのか見てみたい気もします(^^;

持ち帰りようのビニールもありますが、自分は一気に食べきってしまいました。

スープはかなり濃い醤油色をしていますが、とてもまろやか。麺もやや柔目ではありますが、とにかくチャーシューが美味いので気にはなりません(^^;
ごはんと一緒に食べたい1杯ですね〜。

八百善
住所 :愛知県常滑市大和町1-115
TEL :0569-35-4481
営業時間 :11:00〜14:00、16:00〜17:00
定休日 :月曜、火曜

ラーメン専門店 なるとや@栄

3/18(土)

「光泉」の後、3人で「なるとや」へ。
こちらは05年9月にオープンした新店です。
修行先は明かしていませんが、およそ「如水」でしょう(^^;

「しおらーめん」650円 【’06 145杯目】
なるとや 塩ラーメン







麺はザクッとした食感のストレート細麺で、「如水」と同じ「林製麺」なのだそうです。

スープの表面には魚粉と多目の油が。
やや濁りのあるスープは動物系の旨味と魚介の風味が効いていますが、以前食べた「如水」と比べると旨味はおとなしめ。
そういうコンセプトなのかな!?

なるとや
住所 :愛知県名古屋市中区栄4-7-13
TEL :052-241-0511
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜26:00
定休日 :日曜

季節料理と手打ち中華そば 光泉@栄

3/18(土)

「白水」の元大将がオープンさせたお店。
店に着くと、食べ終わって休憩していたしらすさんまあぼーさんに会いました。

二人の感想を聞くと、この日は「塩そば」より「中華そば」の方が良かったみたいなので、「中華そば」を注文。
店内はまるで和食料理屋か寿司屋のような高級感があり、一人だと何となく緊張してしまうような雰囲気(^^;

「中華そば」800円 【’06 144杯目】
光泉 中華そば







もちっとした太麺はボリュームがあり、食べ応えがありますね。
注文が入ると丼に生姜を摩り下ろし、小鍋で温めたスープを注ぎいれます。スープは熱々で、動物系の旨味に魚介の風味が香るじんわりと優しいスープ。

皮付きのチャーシューとメンマは注文毎に切り分けています。チャーシューは大きい割りにかなり薄く、しかも運悪く脂身ばかりでした・・・。メンマは太めに切られ、食感も良く美味いですね〜。

なかなか美味いのですが、1杯800円はやや割高に感じました。

「チャーシューミニ丼」380円
光泉 チャーシューミニ丼







まあぼーさんより「チャーシューミニ丼」は絶対食べた方が良い!と言われたので、満腹感を押して注文。出てきた丼は、煮込んだニンジン、コンニャク、チャーシュー等がたっぷり乗っていてボリューム満天!チャーシューは柔らかく味付けもしっかり目なので、めちゃめちゃご飯に合うしこれは美味い!これで380円はかなりのお値打ち価格です!

次回は「塩そば」を食べてみようと思います。

光泉
住所 :愛知県名古屋市中区錦3-21-18 B1F
TEL :052-951-3966
営業時間 :11:00〜14:00、17:00〜27:00
定休日 :日曜、祝日

拉ノ刻@本陣

拉ノ刻







3/18(土)
しらすさんまあぼーさんと別れ、一人「拉ノ刻」へ。
名古屋に来る度必ず一軒は「好来系」の店を回るようにしています。
純粋に「好来系」の味が好きなんですよね(^^;

こちらは期間限定の「塩らーめん」が評判良いのは知っていましたが、初訪なので普通の「松(しょうゆ)」を注文。

「松(しょうゆ)」700円 【’06 143杯目】
拉ノ刻 松







スープは「好来系」の味わいは出ているものの、何となくぼやけた印象。遅い時間帯に行った事も要因の一つかも。高麗人参酢を入れて味の変化を楽しみました。

翌日久しぶりにお会いしたk麺さんに、「拉ノ刻」では「塩らーめん」がお薦めなのに!と煽られてしまいました(笑)次回行くまで「塩らーめん」やってるかなぁ・・・。まだ食べてない「好来系」の店(新店含む)もたくさんあるので、次回まとめて回ってみようかな!?

拉ノ刻
住所 :愛知県名古屋市中村区上ノ宮町2-30-1
TEL :052-471-7686
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜26:00
定休日 :日曜

麺坊 ひかり@西笠松

3/18(土)
ひかり







オープンは05年10月。
「中村屋@高座渋谷」で店長を務めていた小野木さんが独立して開いたお店。

二人が塩を食べると言うので、自分は醤油を注文。いつも通り協調性を発揮!?(笑)

「らーめん 醤油」650円 【’06 142杯目】
ひかり 醤油らーめん







湯きりはもちろん「天空落とし」(^^;

鶏ベースの動物系+魚の風味が控え目に効いたスープ。土地柄、魚は意図的に抑えているとの事でした。じんわりと口の中に旨味が広がり美味いですね〜。

具の炙焼チャーシューも香ばしくて美味いなぁ。
「醤油」も美味しかったのですが、個人的には同行者の食べた「塩」の方が好み。
ひかり デザート







「球体ジュース」も楽しみにしていたのですが、今はやっていないとの事。その代わりと言うわけではないですが、小野木さん特製のマンゴーを使ったデザートは最高に美味しかったです!ラーメンだけでなくデザートに関しても凄いセンスですね(^^;

またいつか食べに行きたいです!

ひかり
住所 :岐阜県岐阜市柳津町5-8
TEL :058-387-8915
営業時間 :11:00〜14:30、17:30〜21:00
定休日 :水曜

麺処 極み@可児

3/18(土)
極み







最近何かと話題の新店。店主は東京と九州の店で修行との事。
「らーめん」やサイドメニューより、東京の方は「俺の空」である事は間違いないでしょう(^^;

「らーめん」590円+「炭火角煮」300円 【’06 141杯目】
極み ラーメン+炭火角煮







「炭火角煮」は夜の部限定のトッピング。自分の周りでは食べてる人がいなかったんで注文してみました(^^;上から見ると分りにくいのですが「大石家」のチャーシューよりも分厚く、まるでチャーシューステーキ(笑)とても柔らかく、そして香ばしく美味いです。

スープは豚骨魚介系。と言うと極々ありがちな物だと思われてしまうかもしれませんが、動物系・魚介系のバランスがとても良くかなり美味いっ!刻み玉ネギもこのスープにとても合っています。

チャーシューはほぐしチャーシューと普通の物との2種類。ただ2種類入っているのではなく、ほぐしチャーシューには何と香ばしい炭火焼の風味が!こういう驚きは嬉しいですね〜(^^;

卓上にはトッピング用の辛子高菜やネギが置いてありますが、辛子高菜はこのスープに高菜は不必要だし、刻み玉ネギが絶妙に合っているだけに、ネギではなく玉ネギだと嬉しいですね。

新店とは思えないレベルの高さ。またいつか再訪したいなぁ。

この後「ぶっこ麺」を再訪するも、またもや長い行列が・・・。この後の予定もあるので、今回は縁が無かったと諦め多治見を後にしました・・・。年内に必ず食べに戻ってくる!!、そう心に誓いながら(笑)

極み
住所 :岐阜県可児市中恵2138-4
TEL :0574-61-2654
営業時間 :11:00〜14:30、17:30〜20:30
       11:30〜スープ切れ終了(日・祝)
定休日 :火曜

麺屋 あっ晴れ@可児

3/18(土)

「シェ・シバタ」で休憩した後、可児駅でまあぼーさんと合流し「あっ晴れ」へ。
こちらは「二郎インスパイア」との前情報があり、ネタ的にも楽しみにしていました(^^;

麺増量の「ばか盛(200円)」、野菜増量の「でら盛(100円)」等の表記も面白い。

「中華そば」680円 【’06 140杯目】
あっ晴れ 中華そば







脂の量は好みで選べ、今回は普通で注文。
出てきた丼を見ると「二郎」インスパイアと言うよりも、むしろ「ら・けいこ」インスパイア。皮付きチャーシューが特徴ですね。

コシの強い極太麺に、豚骨醤油スープ。可もなく不可もなく。
「金龍」と同じ経営との事。

次回「ら・けいこ」も再訪したいなぁ。

あっ晴れ
住所 :岐阜県可児市川合2620-2
TEL :0574-60-6688
営業時間 :11:00〜24:00
定休日 :無

中華そば 大石家本店@多治見

3/18(土)
大石屋







「ぶっこ麺」にふられ傷心のまま向かった先は、「信濃屋」同様多治見の老舗である「大石家」
予定より1杯減ったのだから・・・と、思い切って中華そばの「チャーシュー入り麺」を注文!(^^;

「チャーシュー入り麺」900円 【’06 139杯目】
大石屋 チャーシュー入り麺







しらすさんの注文した「並盛り」でも、厚さ2cmぐらいのチャーシューが4枚。「チャーシュー入り麺」だと、何と倍の量が投入されます!重量級のチャーシューにより、麺が見えない状態なのには驚きました。チャーシューは柔らかく美味いのですが、量が量だけになかなか減らず・・・(苦笑)

スープ自体はチャーシューの煮汁をお湯で割ったもの。すっきりとした醤油味ですが、チャーシューの肉の旨味が出ていてなかなかいけます。
このチャーシューで一杯やりたいなぁ〜。

「大石家」「栄家@稲毛」の修行先でもあります。今回ようやく食べれたわけですが、面影はあるものの別物ですね。自分は「大石家」の方が断然好きかな。

大石家
住所 :岐阜県多治見市光が丘1-139
TEL :0572-22-5811
営業時間 :11:00〜18:00頃(売切れ次第終了)
定休日 :火曜、第3月曜

信濃屋@多治見

3/18(土)
信濃屋







「慈庵」の後一度まあぼーさんと別れしらすさんと共に行動。
多治見の友人と合流しまずは「ぶっこ麺」へ行くも、行列が出来ていたので先に「信濃屋」へと向かいました。「信濃屋」は以前からの特大宿題店であり、ようやくクリアーする事ができました(^^;

メニューは温かい「うどん」に冷やしの「ころかけ」、そして「支那そば」の3つのみ!3人で「支那そば」「ころかけ」を注文。
信濃屋 支那そば







「支那そば(並)」800円
1日70〜80杯程度の提供。独特なコシの強さでやや透明感のある幅広麺は、きしめんの様でもあります。この麺もうどん同様手打ちとの事。濃い醤油色のスープは、うどんのつゆにラードを加えたものだそうです。薬味はネギだけととてもシンプルで、なかなか美味い。
信濃屋 ころうどん







「ころかけ(並)」600円
もちっとしたコシがあるのに、口の中でとろけるような柔らかさの太麺。この麺は何と1時間もかけて茹で上げているのだとか。こんな食感の麺には初めて出会いました!薬味はネギ、下ろし生姜、胡麻。たまり醤油と鰹の風味の効いた濃い色のつゆとの相性も良くかなり美味いです!

次回再訪時も、この2杯は食べたいなぁ(^^;

この後「ぶっこ麺」に戻ると、麺切れ終了でした・・・。年内にもう一度多治見へ行こう・・・。

信濃屋
住所 :岐阜県多治見市上野町3-46
TEL :0572-22-1984
営業時間 :11:30〜15:00頃(売切れ次第終了)
定休日 :日曜、月曜、火曜(仕込み日) 

中華そば 慈庵@池下

3/18(土)
1泊2日の東海ツアー。
今回はまあぼーさんしらすさんとの3人での遠征です。
慈庵







まずは評判も良く以前から気になっていた「慈庵」へ。早終いや臨休が多く、この日食べられるかドキドキでした。一日に提供されるのは30杯(昼夜15杯ずつ!?)のみなので、敷居も高いですね!

3人いるので「しょうゆ」「塩」「味噌」の3種類を注文。一応自分は「味噌」を担当(^^;

スープは家庭用コンロにて、1杯分ずつ丁寧に湯煎にかけられます。しかも一度に作るのは2杯分のみ!席数もカウンター7席のみなので、決して効率が良いとは言えません。グリルで焼かれるチャーシューも印象的です。
またカウンターにグラスはなく、棚にある様々なデザインのグラスの中からお好みで選べるのも面白い(^^;

「中華そば 味噌」780円 【’06 137杯目】
慈庵 中華そば味噌







味噌を注文したのですが、出てきたラーメンには何とトマトが乗っています!味噌に関しては何の前情報も無しに注文したので、もしや外れを引いてしまったのか!?と一瞬不安が頭を過ぎりました。しかしながら恐る恐るスープを飲んでみると、際物系なのかと思ってしまった自分が恥ずかしくなるぐらいスープが美味い!味噌汁の様にさらっとしながらも、非常にコクがあります。さらにトマトの風味が旨味の相乗効果をもたらしています。連食予定でしかも1軒目なのだから、あまりスープは飲まないようにと頭では分っているものの、もう一口、あともう一口とレンゲが進んでしまいます(笑)黒胡麻の香味油や、繊維にそって垂直に切られたメンマも面白く、非常に完成度の高い一杯ですね〜。
慈庵 中華そば しょうゆ慈庵 中華そば塩







同行者の注文した「しょうゆ」は、一口目から魚介系の旨味がグッと来ます!動物系のだしがしっかり出ていてコクがあり、こちらも凄く美味い。「塩」には海老油が加えられていますが、突出しすぎずバランスも良い。ただ魚の風味は「しょうゆ」の方が強く感じられます。

3種類食べた中で「醤油」も凄く美味しかったのですが、自分は「味噌」が一番好み(ツボ)でした!どこにも無い味噌味スープだと思うし、とにかく美味い(^^;

次回は夜限定の「つけ麺」を食べてみたいし、再訪必至です!

慈庵
住所 :名古屋市千種区高見2-11-2
営業時間 :17:00〜21:00(売切れ次第終了)(月、水、金)
       11:30〜14:00、18:00〜21:00(売切れ次第終了)(火・木・土)
定休日 :日曜

〜東海地区遠征〜

3/18、3/19、4/1に久々に東海地区に遠征〜。
まずは行った店だけをリストアップ。

3/18
慈庵@池下
信濃屋@多治見
大石屋@多治見
あっ晴れ@可児
極み@可児
ひかり@西笠松
光泉@栄
なるとや@栄

3/19
八百善@多屋
茶屋亭@常滑
恵證庵@常滑
一八@青山
晴レル屋@大府

4/1
伊駄天@藤枝
八五郎@磐田
亮@磐田
武蔵@上島
ハングリータイム@天竜川
まるさん@新金谷
静岡大勝軒@新金谷

今回の遠征にて、各県の軒数は通算で以下の通りとなりました。まだまだ行きたい店がたくさんあるのですが、なかなか追いつかないですねぇ。

愛知 43軒
岐阜 12軒
静岡 30軒

哲@目黒

3/18(土)

東海ツアーの前に、深夜の腹ごしらえ。
まあぼーさんと共に、「かづ屋」の深夜営業の別ブランドである「哲」へ。
自分は今回が初の訪問。

店員は1名しかおらずセルフサービスなのですが、空いていたせいか出来上がったラーメンを席まで運んでくれました。食後はもちろん、丼をカウンターまで運びます。
哲 ラーメン







「ラーメン」630円 【’06 136杯目】

かなり変わった味わいの豚骨スープで、しいたけの旨味が効いているのも面白い。「豚骨専門店」と聞いて濃厚なのを想像していたのですが、意外にさっぱりとしています。

数回目だという同行者はにんにく(クラッシュ)をトッピング。
そのままでもなかなかですが、にんにくを入れるとかなり美味い!
50円は高い気もしますが、にんにくは必須です!

また来たいけど、営業時間が難点だなぁ。

この後しらすさんと合流し、「一風堂@五反田」で軽く一杯(笑)


住所 :東京都目黒区下目黒3-6-1
TEL :03-3716-2071
営業時間 :24:00〜28:00
定休日 :日曜

らーめん えにし@戸越銀座

3/15(水)
3/14から始まった、「潮らーめん 06春」を食べに「えにし」へ。
「麺をアグレッシブにチャレンジ」との事。
一日10食程の提供なので、昼の部に行く事をお薦めします!
えにし 潮らーめん 06春







「潮らーめん 06春」850円 【’06 133杯目】


具はエビ、ホタテ、菜の花、玉ネギの微塵切り、アンチョビ。ホタテは肉厚、エビもプリプリで美味い。アンチョビを一気に溶かすと、スープの味がアンチョビに支配されてしまいそうだったので、レンゲの中で少量づつ溶いて楽しみました(^^;玉ネギのシャキシャキとした食感も、アクセントになって良いですね。

ワンタンの皮の様に見えるのが「三角麺」
角田さん曰く、「すすれない麺」を作ってみたかったとの事です。
表面はワンタンの様に滑らかですが、しっかりとした弾力があり、モグモグ噛んで食べるの様はまさに麺(笑)

中細の麺も相変わらず美味いですね〜。
とても完成度の高い一杯!

えにし 肉みそごはん







「肉みそごはん」200円
もう定番のセットメニュー(^^;
ご飯の上に乗るのは、ほぐしチャーシューを味噌と共に煮込んだもの。「えにし」に行く理由の半分近く!?は、肉ごはんを食べたいからかも(笑)美味いので、あっという間に平らげてしまいます。

えにし 醤油らーめん







せっかくなので、さらに「醤油らーめん」を追加。

「醤油らーめん」600円 【’06 134杯目】

和風ダシだけでなく動物系のコクがしっかり出ていてなかなか美味しい。
ただ、自分はやはり塩の方が好みかな。

角田さんは恵比寿時代からちょこちょこ味をいじったりするので、たまに来ると味が変わっていたり驚きがあったり、またそれが楽しかったりもします。

腹だけでなく心も一杯。大満足でした(^^;

次回はまた「つけめん」を食べよう。

えにし
住所 :東京都品川区平塚2-18-8 金泉湯2F
TEL :03-3788-5624
営業時間 :11:30〜15:00、17:00〜22:00
       11:30〜18:00(スープ切れ終了)(土・日・祝)
定休日 :月曜

のスた@大井町

3/13(月)
仲間から「のスた(旧凛本店)」「太麺」が始まったと聞き行って来ました。

「太麺」正油のみ。

「太麺 正油」700円 【’06 132杯目】
のスた 太麺
背脂がたっぷり浮いた寸胴の中にテボが1つ。
その中で野菜を茹でています。
全てがダシになるのですねぇ(笑)

通常の細麺のスープよりはもちろん濃いですが、凛のスープ程はこってりしていません。
食べやすくなかなか美味いのですが、自分は凛の方が好みかな。
凛がこってり過ぎるという方には、こちらがお薦めかと。

バリエーションが増え、今後益々重宝しそうです(^^;
前回食べた「細麺 正油」もかなり美味しかったので、次回は再度そちらを食べてみようかな。

営業時間は11:30からなのでご注意を。

のスた
住所 :東京都品川区大井1-21-6
営業時間 :11:30〜14:30
定休日 :土曜、日曜、祝日

菜@本八幡 3月の限定

菜 06.03限定メニュー3/9(木)
平日夜限定10食の月替りメニューを食べに「菜@本八幡」へ。
あくまで仕事のついでだという事を主張しておきます(笑)

3月は、
つけめん春味 旬の鮮魚と春野菜風味
鶏がらと週替わりの鮮魚、寒しじみの出し汁 三陸産新芽わかめと沖縄粟国島の自然海塩風味 菜の花、春うど、アスパラ、芽キャベツなどの春野菜入り フランス産フレッシュチーズ“フロマージュブラン”とイタリア プーリア州産オーガニックヴァージンオイル、春の香菜(セルフィーユ、タイム、ミント、イタリアンパセリ)添え


相変わらず長いですねぇ(^^;

「つけめん春味 旬の鮮魚と春野菜風味」850円 【’06 129杯目】
菜 06.03限定1菜 06.03限定2







魚は週替りだそうで、この週は「イサキ」との事でした。
前週は「ホウボウ」だったそうです。

具はアスパラ、菜の花、芽キャベツ、菊の花等で、とても彩り鮮やか。
スープは鶏ガラベースに、魚とシジミを効かせているとの事。
つけだれを一口すすると、ビンビンに効いた魚の風味が心地良く美味い!(^^;

別レンゲで出てくる「フロマージュブラン」は、途中でつけだれに溶かし入れます。 味の変化を楽しむ為のものですが、もちろんそのまま食べても美味い。という事で、半分はそのまま食べてしまいました(笑)

そしてこの日のデザートは、「マスカルポーネのブランマンジェ」。シンプルながらもやっぱり美味い☆

週毎に魚の違いを食べ比べてみたかったなぁ・・・。


住所 :千葉県市川市南八幡2-4-17
営業時間 :11:00〜15:00、18:00〜20:00
定休日 :月曜、火曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ