ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2006年10月

五福星(うーふーしん)@泉中央

9/10(日)
ジョーさんと食べ歩き。
遠征最後は、昔からの宿題店であった「五福星」へ。こちらは06年3月23日に現店舗へ移転しました。14時過ぎに到着するも大行列!店を出るまでに1時間はかかりました。

「肉そば」を注文。「五福星」に行ったら「肉そば」を食べるぞ!と、昔から決めていたので(笑)
※画像は載せないとの約束で撮らせてもらいました。

「肉そば」899円 【’06 442杯目】
煮干しがガッツリ効いた、コクのあるあっさりとしたスープ。表面には油と背脂が浮き、こってり感が付加されています。ちょっと甘味が気になりましたが、なかなか美味い(^^;太目の縮れ麺はスープの持ち上げも良く、すすると煮干しがふわっと香ります!バラ肉のチャーシューは、スープに浸ってトロトロの柔らかさで美味い。

移転前の方が美味しかったという声も耳にしますが、どうなのかな!?
店内には奥さんの気配りが行き届いていていたし、接客も良く味的にも満足でした(^^;

当初もう一軒予定してましたが、時間の都合で断念…。でも2日で12軒回る事が出来たし、今回も楽しい食べ歩きでした♪

五福星
住所 :宮城県仙台市泉区野村字馬場屋敷11-2
TEL :022-218-5869
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜23:00(麺切れ次第終了)
       11:30〜15:00、18:00〜23:00(麺切れ次第終了)(土・日・祝)
定休日 :火曜

ラーメンの店 みよし@栗原市築館薬師

9/10(日)
ジョーさんと食べ歩き。続いて「みよし」へ。
みよし







こちらもこのエリアではと、sumireさんにお薦めされたお店。
「中華そば」を注文。

「中華そば」550円 【’06 441杯目】
みよし 中華そば







スープ自体は比較的透明感もありあっさりしているのですが、表面にはしっかり油が浮いていて、かなり濃い目に醤油が効いています。「西屋ラーメン」同様、冬の寒い時期があってこそのラーメンかなと。冬に食べたらまた違う印象を抱くんだろうなぁと思います。麺は中細の縮れのある麺。具は厚みのあるバラ肉チャーシュー、茹で玉子、メンマ、カマボコ、海苔。チャーシューは噛み応えがあるというか、冷えててちょっと固いかな。

みよし
住所 :宮城県栗原市築館薬師4-12-13
TEL :0228-22-3202
営業時間 :10:30〜16:00
       10:30〜15:00(日曜)
定休日 :第1・2・3火曜

西屋ラーメン@栗原市築館伊豆

9/10(日)
ジョーさんと食べ歩き。
続いてsumireさんにお薦めされた「西屋ラーメン」へ。
西屋ラーメン







こちらには「中華そば」「ラーメン」があり、その違いを見るべく自分が「中華そば」を、ジョーさん「しょうゆラーメン」を注文。

「中華そば」500円 【’06 440杯目】
西屋ラーメン 中華そば







鶏をベースに生姜の風味が効いた、濃い目の醤油味スープ。表面には厚さ5mm以上!?の油が浮いています。麺は中細のストレート麺。「いろは食堂」に続き、こちらのチャーシューも鶏チャーシューでした。

「しょうゆラーメン」650円
西屋ラーメン しょうゆラーメン







「中華そば」以上の厚い油の層、こんもり盛られた炒め野菜はインパクト大!(笑)スープ自体は一緒だと思うのですが、こちらの方が甘味を感じます。麺は中華そばの細麺に対し、こちらは太麺を合わせています。結構ジャンクな感じで、食べ応えもある。

自分は「中華そば」の方が好みでした(^^;

西屋ラーメン
住所 :宮城県栗原市築館伊豆1-1-8
TEL :0228-25-3357
営業時間 :11:00〜14:30、18:00〜23:00
       11:00〜20:00(日曜)
定休日 :不定

香味麺房 木村屋@古川

9/10(日)
ジョーさんと食べ歩き。
続いて「木村屋」へ。こちらの店は、1日100食限定との事です。
木村屋







自分が「ワンタンめん(醤油)」を、ジョーさんが「塩らーめん」を注文。

「ワンタンめん 醤油」680円 【’06 439杯目】
木村屋 ワンタンめん 醤油1







緩いウェーブのかかった中細麺は、食べ始めはつるみとコシがあって美味いが、後半ダレるのが若干早い印象を受けました。スープは動物+魚介のすっきりとした醤油味。ちゅるちゅるとした皮のワンタンは、ミンチ肉の中にエビのプリっとした食感がアクセントになっていて美味い。基本の具は肩ロースチャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、ネギ。

「塩らーめん」530円
木村屋 塩らーめん







塩のスープには揚げネギが少々浮いてます。スープはすっきりとしていますが、醤油に比べどこかぼやけた感じでした。

木村屋
住所 :宮城県大崎市古川稲葉2-5-8
TEL :080-3140-1323
営業時間 :11:00〜14:30、17:00〜20:00
       11:00〜14:30(日曜)
定休日 :火曜

いろは食堂 本店@岩出山

9/10(日)
ジョーさんと食べ歩き。
この日の1軒目は、今回の遠征で一番行きたかった「いろは食堂」へ!
いろは食堂いろは食堂 入口







店には看板も暖簾も無く、外観からはラーメン屋だなんて分りません(笑)開店前から広い駐車場に続々と車が集まってくる人気ぶりで、開店後あっという間に行列ができていました。
お通し感覚で出される漬物を頂きながら、「らあめん」を待ちます♪

「らあめん」600円 【’06 438杯目】
いろは食堂 らあめん







スープは鶏ガラベースのシンプルなあっさり醤油味。平打ちのストレート中細麺はかなりの長さがあります。茹で加減も良くザクっとした食感で好きだなぁ(^^;具は鶏チャーシュー、メンマ、ネギ。鶏のスープに鶏チャーシューってのも良いですね。

「特製いろはらあめん」900円
いろは食堂 特製らあめん







特製にするとパーコーが乗ります。熱々で香ばしく美味い。パーコーから豚の風味と油が出てくるので鶏の風味は隠れてしまいますが、これはこれで美味いです。ごはんも注文してがっつり食べたい時はこっちかな(^^;

限定5食「かつ丼」900円も注文しようか迷いましたが、結構な量らしいので断念…。

いろは食堂 本店
住所 :宮城県大崎市岩出山字二ノ構30-1
TEL :0229-72-1131
営業時間 :11:00〜14:00
定休日 :不定休

麺匠 むさし坊@広瀬通

9/9(土)
くろくに戻り、軽く!?飲みながら玄君とゆっくりトーク(^^;その後〆に「むさし坊」へ。
こちらは埼玉で3店舗(武蔵浦和東川口)展開している、「麺匠 むさし坊」仙台店

店に入ってすぐに目に入ったのがこれ。東北じゃらんとタイアップした、8/1〜10/31迄の期間限定メニュー「白湯味噌つけ麺」。普通の「つけ麺」を食べるつもりでいたけど、限定に惹かれこちらを注文(笑)

「白湯味噌つけ麺」700円 【’06 437杯目】
むさし坊@仙台 白湯味噌つけ麺むさし坊@仙台 白湯味噌つけ麺 薬味







鶏白湯スープがはられた丼に、麺と鶏肉とネギが入っています。麺はもちもちとした太麺で、味噌ダレによく絡み美味い。薬味を加えると、味が変化しまた楽しい。
この鶏白湯スープには臭みが無く、クリーミーでコクがあり塩を足すだけで十分美味い!むしろ塩だけで良いぐらい(^^;

仲間からは「つけ麺(醤油ダレ)」の方がお薦めって言われたので、次回はそちらを食べよう!

むさし坊
住所 :宮城県仙台市青葉区国分町1-6-1
TEL :022-212-1625
営業時間 :11:30〜24:00
定休日 :第3火曜

米沢ラーメン 北○@勾当台

9/9(土)
一端ホテルで仮眠を取った後、「北○」にリベンジ!一年前にあとちょっとのとこで、麺切れ早終いでふられたので(苦笑)
北○







店主は「桂町さっぽろ@米沢」出身との事。修行先は未食です。米沢では「やまとや」しか食べてないや(^^;

「中華そば」600円 【’06 436杯目】
北○ 中華そば







比較的濁りの少ないあっさりとしたスープは、煮干しがしっかり効いていて美味い。麺は矢来製麺の、ピロピロとした弾力のある細縮れ麺。しっかりとスープを持ち上げるし、麺をすすると煮干しの風味がふわっと香り良いですね〜。具は柔らかなチャーシュー、メンマ、茹で玉子、海苔、ネギ。
シンプルだけど飽きの来ない、毎日でも食べられそうな味わいです(^^;

北○
住所 :宮城県仙台市青葉区一番町4-4-23
TEL :022-711-5644
営業時間 :11:30〜15:00、17:00〜22:30
       11:30〜19:00(日曜)
定休日 :月曜

志のぶ本店@仙台

9/9(土)
たけひこさんラーメンマンさんジョーさんと別れ、sumireさん浮舟さんと一緒に「志のぶ本店」へ。
志のぶ本店







こちらは創業1923年の老舗ラーメン店ですが、05年11月に店舗をリニューアルしたそうです。もっと早くに行くべきでした(苦笑)

「中華そば」500円 【’06 435杯目】
志のぶ本店 中華そば







生姜が優しく香る、やや甘味のあるあっさりとした醤油味スープ。平打ちの中細麺は、やや柔目の茹で加減。具はチャーシュー、メンマ、ネギ。チャーシューはもっさりとしたモモ肉で、メンマは繊維質を強く感じるタイプ。どこか昔懐かしい味わいでなかなか好み(^^;

「冷やし中華そば」500円
志のぶ本店 冷し中華そば







こちらの冷やしは、夏季限定ではなく一年中食べれるそうです。
「中華そば」では弱いなぁと感じた麺が、冷やしだと冷水で〆られしっかりとしたコシのある麺に大変身。スープも「中華そば」とは違い、濁りの無いクリアなものになっています。冷たいスープにはややとろみがあり、酸味はありません。自分は冷しの方が好きですね〜。

「中華そば」と「冷し中華そば」がある事。冷やしにとろみがあり、酸味が無いあたりにもマルナカ系の雰囲気を感じました。でも関係は無いとの事です。

実はマルナカ系の店は食べてても「マルナカ@藤枝」は未食(爆)一緒に行って振られたしらすさんを誘って、ぜひともリベンジせねば!(笑)

志のぶ本店
住所 :宮城県仙台市若林区連坊小路128
TEL :022-222-3438
営業時間 :11:00〜19:00
定休日 :日曜、祝日

らーめん くろく@仙台

9/9(土)
たけひこさんラーメンマンさんsumireさん浮舟さんジョーさんと食べ歩き。

こちらは06年3月3日にオープンした、「渡なべ」出身の青田玄君のお店。店内は薄暗く、まるでBARの様な雰囲気です。
くろく







黒は醤油味、白は塩味との事。黒がお薦めとの事だったので、自分は黒を注文。

「らーめん黒」680円 【’06 434杯目】
くろく らーめん黒







濁りの少ないあっさりとしたスープは、鶏をベースに魚介を効かせたもの。醤油の風味が強く香味油もたっぷりで、かなり個性の強い味わいになっています。やや平打ちの中太麺は、しっかりとしたコシがありスープに負けてません。バラ肉のチャーシューと短く切られた極太メンマは、「渡なべスタイル」を感じさせます(^^;

くろく らーめん白くろく くろく油そば(気まぐれ限定)







「らーめん白(左)」680円
とは全く対照的な、おとなしめの印象。首都圏では食べ慣れた味わいだけどなかなか美味い。具は一緒で、麺は黒とは違う細麺を合わせています。どちらかと言うと、黒の方が面白みがあっていいかな。
「くろく油そば(右)」780円
「気まぐれ限定」と題した週末(週替わり)の限定メニュー。「渡なべ」で言うところの「お遊び」であり、ここらへんにも渡なべイズムを強く感じます!
でも少し食べるなら美味いが、1杯まるごとだと飽きが来るかなぁ。生玉子を入れるとマイルドになり過ぎて味がぼやけてしまいます。仙台で油そばは珍しいし、もっと改良すればかなり良い物が出来るのではないかと(^^;

仙台でこういうらーめんを出すのって、かなり勇気がいるよなぁ。渡なべスタイルの一員だった玄君が店を構えるまで成長したのには、なかなか感慨深いものがあります。リピート客も増えてきてるようだし、これからも頑張ってね!

くろく
住所 :宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-12 アーバンライフ橋本1F
TEL :022-298-7969
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜23:00
       11:30〜21:00(土・日・祝)
定休日 :無

松月@南仙台

9/9(土)
たけひこさんラーメンマンさんsumireさん浮舟さんジョーさんと食べ歩き。

続いては住宅街という立地でありながら、待ちができる程の人気店「松月」へ。
松月







ラーメンマンさんジョーさんと共に入店。「みそラーメン」が人気との事で、みそを注文。

「みそラーメン」650円 【’06 433杯目】
松月 みそラーメン







スープは意外とさらっとしていますが、コクがありニンニクの風味が効いています。レンゲに乗った辛味噌を溶かす事によって辛くなるのかと思いきや、そのままでも辛味はあります。途中でこの味噌を少しずつ溶かすと、濃厚感がアップ。

またこちらの店は、自家製の氷点麺がうりらしい。氷点麺とは3種類の小麦粉とかんすい、モンゴル産自然塩を使って打った麺を、氷点(0℃)で熟成させたものとの事。つるみのあるやや平打ちのモチモチとした中太麺で、スープの持ち上げも良くなかなか美味い。具には挽肉、キクラゲ、そしてキャベツ、ニンジン、もやし等の野菜がたっぷりで、食べ応えがあります。

お店のHPはこちら

松月
住所 :宮城県仙台市太白区柳生5-13-7
TEL :022-242-6282
営業時間 :11:30〜20:00
定休日 :無

麺組@岩沼

9/9(土)
たけひこさんラーメンマンさんsumireさん浮舟さんジョーさんと食べ歩き。
麺組







続いて「麺組」へ。こちらは以前から凄く気になっていた人気店。大人数だったので、みんなで色んな種類を注文。特に地方に行った時は、人数が多いと数種類食べれて幸せです♪

「こってり醤油ら〜めん」600円 【’06 432杯目】
麺組 こってり醤油ら〜めん







「醤油ら〜めん」をベースに、ニンニク等の香味油と背脂を加えて味にインパクトを出しています。ベースが同じでも全く表情が異なり面白い(^^;具はチャーシュー、メンマ、ナルト、水菜、ネギ。チャーシューはバラロールとモモの2種類入ってます。

麺組 醤油ら〜めん麺組 塩ら〜めん







「醤油ら〜めん(左)」580円
動物系と魚介系のバランスが良い、あっさりとしながらもコクのあるスープ。「こってり醤油ら〜めん」よりも「醤油ら〜めん」の方が断然好み。
「塩ら〜めん(右)」650円
スープ自体は醤油と同じで、タレと香味油で味を変えてるのかな!?塩には海老の風味も感じられ、また冷めてくるとより煮干しの風味が強く感じられました。

麺組 冷たいラーメン麺組 味噌ら〜めん







「冷たいラーメン(左)」750円
期間限定・数量限定との事。冷たいスープに、プルーカフェの様に凍らせたダシが入っています。ただ、こちらの方がでかいかな(笑)煮干しの風味もしっかり効いてます。
「味噌ら〜めん(右)」700円
こちらはすみれインスパイア系。甘味のあるこってり味噌スープに、炒めた野菜が香ばしい。さらにニンニクが効いていてインパクトもあり美味い。別皿で出てくる辛味噌は、辛いだけでなく旨味を引き立たせます。

どれもレベルが高く美味しかったのですが、中でも味噌が一番好みでした(^^;

「和(なごみ)レア」230円
麺組 和レア







こちらは金・土・日曜限定のデザート。柚子の風味が効いた濃厚なレアチーズケーキで、かなりレベルが高く美味い!

メニューが豊富なのにどれを食べても美味しいし、デザートまで出すってのは凄い!以前食べた「本竈」もそうですが、駅から遠い立地ながらも行列を作る実力に納得。

麺組
住所 :宮城県岩沼市中央4-12-15
TEL :0223-23-6268
営業時間 :11:30〜19:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :火曜、第1月曜

ときわや食堂@亘理

9/9(土)
たけひこさんラーメンマンさんと一緒に宮城遠征〜。亘理駅にてジョーさん、そしてお会いするのは3年ぶりとなる仙台ラーメン事情sumireさん浮舟さんと合流し、車で案内して頂きましたm(_ _)mまず向かったのは「ときわや食堂」
ときわや食堂







到着すると、古い民家に既に数名の行列が。ただし店名が入った看板等は一切無く、あるのは営業中の小さい札と行列のみ。しかもメニュー表も無い。聞いてはいましたが驚きです!

「ラーメン」500円 【’06 431杯目】
ときわや食堂 ラーメン







透明感のあるスープは生姜の香りがふわっと広がり、あっさりとしていてどこか懐かしい味わい。思ったよりも魚介の風味は弱めでした。プリプリとした中細縮れ麺は、茹で加減も丁度良い。チャーシューは柔らかいが、パサつきのあるタイプ。こういうシンプルなラーメンも好きだなぁ(^^;

「半カレー」200円
ときわや食堂 半カレー







仲間が誰も注文しないので自分が注文(笑)地方に行って食べ残しはしたくないので(^^;具はジャガイモと肉のみの、シンプルなカレー。食べ初めはそれ程辛さを感じませんが、食べ進むにつれ段々スパイシーな辛味を感じるようになります。

老舗の奥深さをまじまじと感じ、味もそうだけどそれ以上の満足感がありました♪

ときわや食堂
住所 :宮城県亘理郡亘理町上町38
TEL :0223-34-2024
営業時間 :12:00〜14:00頃!?(スープ切れ次第終了)
定休日 :日曜、祝日

麺屋 ごとう@池袋

9/8(金)
「夏や」の後に続けて「ごとう」へ。ここ数年は8月(大学生の夏休みの時期)に行って、並ばずに食べるってのが恒例でした(^^;今年は今回が初。14時前に着きましたが、待ちも無く意外とすんなり入れました。

「もりそば」600円 【’06 430杯目】
ごとう もりそば







近年濃厚なつけ汁のつけ麺を出す店が増えているので、こういったあっさりとしたつけ汁だと物足りなく感じる人も少なからずいるのかな!?同行した先輩と話してて、そう感じました。
優しい味わいではあるけど、ダシはしっかり効いてます。他の大勝軒系の店に比べて麺は細いが、しっかり締まってて美味しい。今でも好きなお店です(^^;

ごとう
住所 :東京都豊島区西池袋3-33-17
TEL :03-3986-9115
営業時間 :10:45〜16:30(スープ切れ次第終了)
定休日 :日曜、第2月曜

冷え麺処 夏や@池袋

9/8(金)
「生粋@池袋」が、夏季限定で冷やし専門の「夏や」に(「夏や」としての営業は9/10で終了しました)。昨年は「鶏ピューレ」って名前でしたが、今年は「美肌白湯」に変更。

「美肌白湯」900円 【’06 429杯目】
夏や 美肌白湯







クリーミーで冷たい鶏白湯スープの中にはトマトが。平打ちの中細麺はあさりのダシに浸っていて、また具としてあさりも乗っています。麺と一緒にあさりダシも持ち上がってくるし、食べ進む内にトマトが混ざり味わいが変化するし、900円とは言え色々楽しめ満足でした。

和風らぁめん 葉月@雪谷大塚

9/7(木)
せっかく雪谷大塚まで来たので、「こじろう」の後に久々に「葉月」へ。今回は「味玉らぁめん」を注文。

「味玉らぁめん」800円 【’06 428杯目】
葉月 味玉らぁめん







出てきた丼を見て、ヴィジュアルの変化に驚きました。スープ表面には何やら黒い香味油が浮いています。この油の正体は「かつおオイル」との事。いつから変わったのだろう?と思っていたら、今年の4月からだったんですね。知りませんでした(笑)味の変化を楽しめるよう、端に浮かべてあるのが嬉しい。
蕎麦粉を練り込んだ自家製麺は見た目ほど蕎麦の風味は感じませんが、しっかりとしたコシもありなかなか好み。やや透明感のあるスープは、甘味があり魚介の効いた優しい味わい。途中で魚粉たっぷりでザラツキのある香味油を混ぜれば、インパクトのある魚介風味に変化!少しずつレンゲで混ぜて変化を楽しみ、最後は一気に混ぜました。
チャーシューは煮豚ではなく焼豚。しかも提供直前に軽く炙っています。柔らかく、そして噛む程に肉の旨味が出てきて美味い!極太メンマも、半熟の味玉も好み。

葉月
住所 :東京都大田区雪谷大塚町11-8
営業時間 :11:30〜14:00、18:00〜23:00
       11:30〜14:00、18:00〜21:00(日曜)
定休日 :月曜(祝日の場合翌日)

らーめん 526(こじろう)@雪谷大塚

9/7(木)
06年6月2日オープンの新店で、こちらは「二郎@武蔵小杉」の店主が手がける二号店。メニューには二郎系正油とオリジナルのがあり、このの評判が良さそうだったので、興味深々で向かいました(笑)

もちろん「塩らーめん」を注文。店内に「鮎並」と書かれた張り紙があったので、本日の食材は「鮎」って事ですね。塩にはニンニクの代わりに柚子が入ります。二郎でのニンニクコールと同様に、提供直前に「柚子入れますか?」と聞かれるので、好みで選択できます。

「塩らーめん」700円 【’06 427杯目】
こじろう 塩(鮎並)







比較的透明感の高いスープは、魚の生臭さを感じさせない上品な味わい。スープは2種類の寸胴から取って丼で合わせていたし、クリアというより若干濁りのあるものだったので、片方が魚(鮎)で片方が動物系なのかな!?スープを飲んでも鮎を使ってる事は分りませんでした(笑)麺は二郎に比べればかなり細い、やや平打ちのストレート麺。

具はチャーシュー、竹の子、鮎の身、白髪ねぎ、蛤等。チャーシューは柔らかくなかなか好み。が、この蛤はちょっとひどいっ!貝の大きさは普通ですが、貝ひもはあっても身の部分は1cmもあらず…。たまたま身の痩せた物だったかもしれないけど、具として成立してないですよ、これ…。

正直な所、「二郎系の店が出す塩らーめん」、「日替わりの食材」というネタ以上のものは感じず。味は日によって食材が変わればまた違うのだろうから、またいつか食べに行ってみよう。

「鮎めし」350円
こじろう 鮎めし







食券機は「鯛めし」のままですが、その日の食材(魚)を使ったご飯物との事で、この日は「鮎めし」。あっさりとした味わいで、身もそこそこ入っていて美味しい。塩らーめんのスープに合います(^^;

魚を使ったラーメン、大阪にあったあの店が懐かしいなぁ(T0T)

こじろう
住所 :東京都大田区雪谷大塚町7-11
営業時間 :11:30〜14:00(麺切れ次第終了)、17:30〜22:00(麺切れ次第終了)
定休日 :火曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ