ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2006年12月

つけ麺 目黒屋@馬込沢

12/23(土)
北関東に遠征にでもと思っていたのに、朝起きたら首を寝違えていて断念…。
かなり「ラーメン」食べたい気分だったので、気合を入れ「目黒屋」へ。
連食予定だったので、今回は「温小つけめん」を注文。

「温小つけめん」700円 【’06 603杯目】
目黒屋 温小つけめん







ふわぁ〜っと香る鰹ダシがはられた丼に、もちもちとした弾力のある麺が浸っています。小でも200gあり、食べ応えは十分!つけ汁は底にザラツキのある骨粉を感じるぐらい動物系がしっかり出ていて、魚介や野菜とのバランスも良く美味い!遅い時間の方が煮詰まった感も出て、個人的には好きです(^^ヾ
食後のスープ割りも完食。いつ食べても美味いなぁ☆

開店時間から昼まではかなり混み合いますが、2時以降ならもう行列も落ち着いてるのでゆっくり食べられます(^^ヾ

目黒屋
住所 :千葉県鎌ケ谷市馬込沢3-22
TEL:047-430-5005
営業時間 :11:30〜15:00(麺切れ次第終了)
定休日 :火、水曜

麺屋 向日葵@十条

12/22(金)
06年4月オープンの新店。店主は「ひるがお@新宿御苑」にいた方。
向日葵







以前営業時間内に2度行き2度降られていたので、3度目の正直って事で恐る恐る「向日葵」へと向かいました。

メニューは醤油の方が先に来ていたのですが、修行先が「ひるがお」って事で昼限定の「清涼塩らーめん」を注文。

「清涼塩らーめん」700円 【’06 602杯目】
向日葵 清涼塩ラーメン







魚粉が軽く浮いた澄んだ色あいのスープは、あっさりとしながらもコクがあり物足りなさはない。シソの風味が効いていて面白いのですが、甘味が強いのは気になります。キレの良さではなく、シソの風味が「清涼」感なのか!?麺は「大黒屋製麺」のつるつるとした中細麺で、弾力がありへたれにくい。具のチャーシューは提供直前にバーナーで炙っています。

次回は「濃厚醤油」系も食べてみたいです。

向日葵
住所 :東京都北区上十条3-8-8
TEL:03-3908-7779
営業時間 :11:00〜15:00、18:00〜21:30
       18:00〜24:00(金曜)
定休日 :木曜

麺 高はし@赤羽

12/21(水)
がっつり食べたかったので「半肉入りつけそば(大盛)」と、常連の人達が食べてていつも気になっていたサイドメニュー「ちゃあしゅうモヤシ」を注文。

「半肉入りつけそば 大盛」720円+150円 【’06 601杯目】
高はし 半肉入りつけそば大盛







油分を多く含むつけ汁は動物&魚介の旨味がしっかり出ていて、さらっとしている様でねっとりと舌に絡みつく美味さ。「浅草開化楼」のもちもちとした弾力のある太麺は、つけ汁によく絡み美味い!ほんと絶妙な組み合わせですね〜。またつけ汁には噛み応えのある焼豚がゴロゴロと入っていて、いつも夢中でがっついてしまいます♪
食後スープ割りをし、もちろん完食♪

「ちゃあしゅうモヤシ」250円
高はし ちゃあしゅうモヤシ







茹でたモヤシにゴロッとチャーシューをのせ、上からタレをかけたもの。そのまま食べても美味いし、つけ汁の中に投入すると尚美味い。これから行く際はこりゃ必須ですな。

いつ食べても大満足☆

※写真を撮られる方は、必ず事前に断りをいれましょう(^^ヾ

麺 高はし
住所 :東京都北区赤羽1-38-10
TEL:03-3903-1575
営業時間 :11:00〜13:30頃、17:30〜18:30頃(売切れ次第終了)
       10:45〜12:45頃(土、祝日)(売切れ次第終了)
定休日 :日

博多 三社塾@鶯谷

12/20(水)
こちらもオープン直後以来(約2年ぶり!?)の再訪。
久々なので「雷(豚骨醤油)」を食べようと思って入店したところ、限定の「博多風とんこつ味噌らーめん」を発見。思わず注文してしまいました(笑)

「博多風とんこつ味噌らーめん」700円 【’06 600杯目】
三社熟 博多風とんこつ味噌らーめん







ベースとなる豚骨スープにピリ辛の味噌ダレを加えたスープ。油分も多いが若干とろみを感じるぐらいで、細平麺に良く絡みます。具はチャーシュー、ネギ。

三社塾
住所 :東京都台東区根岸3-3-18
TEL :03-3874-8429
営業時間 :11:00〜14:00、17:00〜21:00(L.O.20:45)
定休日 :日曜、祝日

麺処 遊@鶯谷

12/20(水)
06年9月11日オープンの新店。アップはしてませんが、オープン直後以来の再訪。
久々に行った所細麺も選べるようになっていたので、「肉中華そば」を細麺で注文。連食を考え、今回は「肉飯」はパス。

「肉中華そば(細麺)」750円 【’06 599杯目】
遊 肉中華そば(細麺).







スープ表面に浮かぶ煮干しの粉はほとんど無くなりましたが、前回よりもスープ自体の煮干しの効きが増していて美味い(^^ヾつるつるとしてコシのある細麺は、最後までへたる事は無くなかなか好み。肉厚のチャーシューは相変わらず美味いなぁ!やっぱり「肉飯」食べればよかった…。
「伊藤@王子」も近々再訪したいです。


住所 :東京都台東区根岸1-3-20
TEL :080-6672-7111
営業時間 :11:30〜材料切れ迄
定休日 :不定休

ラーメン ヒマワリ@東十条

12/19(火)
「玄蔵」の後に「燦燦斗」を再訪する予定でしたが、火曜定休だったと言う事に気づいたのは店を出た後、、。気持ちは連食へと向かっていたので、東十条駅前の「ヒマワリ」を再訪。
何気に今年3回目という事もあり、未食の「みそラーメン」を注文。

「みそラーメン」780円 【’06 598杯目】
ヒマワリ みそラーメン







背脂と油が溶け込んだ、見た目にもこってりとした味噌豚骨スープ。背脂の甘味だけでなく、ピリッとした辛味も効いています。麺はちょっと弱いけど、スープがトロンとしているので絡みは良い。
自分はやっぱり「ひまわりラーメン」の方が好み(^^ヾ

ヒマワリ
住所 :東京都北区東十条3-17-4
TEL :03-3911-4252
営業時間 :11:30〜23:30(スープ切れ次第終了)
       11:30〜21:00(日・祝日)(スープ切れ次第終了)
定休日 :月曜

玄蔵@東十条

12/19(火)
06年12月4オープンの新店。「ラーメン創房 玄」が、ここ東十条にて復活。
玄蔵







メニューには「玄流麺」「玄流白湯麺」「玄流つけ麺」「特製玄流白湯つけ麺」等がありましたが、初訪なのでまずは「玄流麺」を注文。「玄流麺」「ラーメン創房 玄」時代の「玄流塩ラーメン」に当たるもの。

「玄流麺」780円 【’06 597杯目】
玄蔵 玄流麺







丼が黒い事もあり、スープは醤油ラーメンの様にも見えます。オープン当初に食べに行った仲間からは結構しょっぱかったと聞いていましたが、自分が食べた時は塩角をそれ程感じずまろやかな味わいでした。麺は「浅草開化楼」のコシのあるストレート細麺で、スープとの相性も良い。揚げネギはアクセントとしては良いのですが、後半スープの味を大きく変えてしまいます。

軽く表面を炙られた具のチャーシューですが、しっかりとした肉感があるものの柔らかくて凄く美味い!このチャーシューで作る「チャーシュー丼」なら美味くないはずがない!店員の方に確認した所、もうじき発売になるとの事でした。これは楽しみだなぁ(^^ヾ

玄蔵
住所 :東京都北区東十条1-22-6
TEL :03-6276-2246
営業時間 :11:00〜15:00、16:00〜22:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :水曜

麺屋武蔵 武骨外伝@渋谷

12/18(月)
遠征翌日なので麺休日にしようと思っていたものの、空いた時間で結局ラーメン屋へ(笑)
試食会時との比較(確認作業)を含め、「武骨外伝」を再訪。
麺は同価格で並200g・中盛300g・大盛500gと選べます。前回同様、「温玉肉餡かけつけそば」を並盛で注文。

「温玉肉餡かけつけそば」1000円 【’06 596杯目】
武骨外伝 温玉肉餡かけつけそば







ぱっと見でも、つけ汁が試食会の時よりも色が濃いのが分ります。まずは甘酢餡のかかっていない部分の麺をつけ汁につけすすってみると、確かに前回よりは若干しょっぱいかな。ただ、麺を中盛や大盛で注文する人にとっては逆にこれぐらいの方が良い(薄まりにくい)だろうし、これは好みの問題でしょうねぇ。
甘酢餡によって徐々につけ汁が変化したり、温玉でまろやかな味わいになったり、味の変化も楽しい。角煮タイプのチャーシューは相変わらず美味いなぁ(^^ヾ
食後のスープ割は、試食会の時と同様に器に入れての提供でした。

武骨外伝
住所 :東京都渋谷区道玄坂2-8-5
TEL :03-3780-8634
営業時間 :11:30〜20:00
定休日 :無

麺や 八雲@平塚

12/17(日)
続いて5軒目は「八雲」を訪問。
評判も良く、以前から気になっていた宿題店。
八雲.







「醤油」にするか「塩」にするかで迷い、今回は「醤油」を注文。

「らーめん(醤油)」500円 【’06 595杯目】
八雲 らーめん醤油







煮干しの風味が強めに効いた、あっさりとしながらもコクのある醤油味スープ。スープ表面は油で覆われていて、最後まで熱々!麺はやや柔目の茹で加減でした。チャーシューの上に振りかけられた胡椒はアクセントとしては良いけど、スープが美味しいだけに邪魔な感じもしました。量的な問題なのかな!?具は柔らかなチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。
これで1杯500円とは、コストパフォーマンス高すぎです!接客も店の雰囲気も良く、次回ぜひ「塩」の方も食べてみたいです!(^^ヾ

八雲@平塚
住所 :神奈川県平塚市桃浜町23-18
TEL :0463-35-0079
営業時間 :11:30〜15:00、17:00〜22:00
定休日 :木曜

そば屋 ひでたん@平塚

12/17(日)
浜松から平塚方面に移動し、4軒目は「ひでたん」を訪問。実はここの前に、楽しみにしていた「麺好@二宮」にふられました…。
ひでたん







基本の「塩そば(細麺)」を注文。セットで食べようと思っていた「七海の塩プリン」は残念ながら売り切れでした…。

「塩そば(細麺)」600円 【’06 594杯目】
ひでたん 塩そば(細麺)







透明感のあるあっさりとしたスープは、動物系のコクよりも食後口の中に余韻が残り続けるぐらい魚介の旨味が効いていました。歯切れの良い細縮れ麺はスープとの相性も良い。具はチャーシュー、なると、メンマ、ねぎ、水菜、海苔。

平打ち麺の「いったんも麺」も一度食べてみたいです(^^ヾ

元旦〜三日は、「塩そば」と限定で「支那そば(醤油)」のみの提供との事。

ひでたん
住所 :神奈川県平塚市平塚4-24-13
TEL :0463-35-4411
営業時間 :11:30頃〜15:00、18:00頃〜22:30(スープ切れ次第終了)
       11:30頃〜15:00、17:00頃〜21:30(日曜)(スープ切れ次第終了)
定休日 :水曜、第3木曜

らあめん 青空きっど@曳馬

12/17(日)
続いて3軒目は「青空きっど」を訪問。
青空きっど







穴開きの丼が特徴的で、関東では「三代目けいすけ@立川」もこれと同型の丼を使用していますが、「青空きっど」の方が先(^^ヾ

メニューが豊富で迷いましたが、基本の「中華そば」とデザートに「青空ぷりん」を注文。

「中華そば」580円 【’06 593杯目】
青空きっど 中華そば







油が多めに浮いた豚骨醤油スープは、濃度はそれ程高くなくさらっとしていて醤油感・旨味が強め。麺はザクザクとした食感の歯切れの良いストレート細麺。具は軽く炙ったチャーシュー、味玉、メンマ、ネギ、海苔。

「青空ぷりん」250円
青空きっど 青空ぷりん







甘さ控えめのなめらかなプリンに、カラメルソ−スのほろ苦さ。バニラアイスとの組み合わせも良く美味しい♪

12/31は「年越し中華そば」をやるそうです。

青空きっど
住所 :静岡県浜松市曳馬町5-24-19
TEL :053-471-3617
営業時間 :11:00〜14:00、17:30〜22:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :月曜(祝日の場合翌日)

らーめん 天日地鶏 浜松店@さぎの宮

12/17(日)
続いて2軒目は「天日地鶏」を訪問。
こちらは茨城県の「地鶏研究会」の関連店です。

今回楽しみにしていた限定の「鶏そば(鶏白湯)」は、残念ながら既に(販売自体が)終了していました…。気を取り直し、「ランチB(塩らーめん+讃岐赤鶏のタタキ丼)840円」を注文。

「ランチB(塩らーめん630円+讃岐赤鶏のタタキ丼)」840円 【’06 592杯目】
天日地鶏 塩らーめん天日地鶏 讃岐赤鶏のタタキ丼







店名の通り、スープには天日干しにした地鶏(讃岐コーチン)を使用しているそうです。地鶏のダシにアゴ等の魚介を合わせた透明感のある塩味スープは、すっきりとしていて塩角が無く非常にまろやかな味わい(^^ヾ
緩いウェーブのかかった自家製中太麺は後半ダレやすい感もありますが、滑らかでモチモチとした食感でなかなか美味しい。この手のスープに細麺ではなく中太麺を合わせているのは面白いですね。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。丼を覆わんばかりの大きな肩ロースチャーシューは、肉質が柔らかく食べ応えがありなかなか好み。大きい反面、スープに影響を与えるのも否めないかな。

鶏のタタキは大好物なので、ランチBの「讃岐赤鶏のタタキ丼」を注文してみました。ランチセットは、11:30〜14:30迄の提供。「地鶏研究会」関連の店には、サイドメニューとして鶏のタタキ(丼も)あるのが嬉しい!身の締まった弾力のあるタタキが5キレ程乗って、この値段(らーめん+210円)はかなりお徳ですね(^^ヾ

天日地鶏
住所 :静岡県浜松市有玉西町1069-2
TEL :053-434-7072
営業時間 :11:30〜14:30、17:30〜22:30
       11:30〜14:30、17:30〜21:00(日曜)
定休日 :月曜(祝日の場合翌日)

麺屋 海老蔵@さぎの宮

12/17(日)
二日目は朝食にスイーツを回った後、宿題店である「海老蔵」へ。仲間内では自分が最後の訪問かな。
海老蔵







オープンは05年3月3日で、店主の松浦さんは「麺屋 武蔵」出身。開店直後からお客が絶えず、あっという間に満席になる人気振りでした。

油が「白(海老油)」「赤(辛味油)」「黒(マー油)」の3種類から選べるとの事で、今回は「海老蔵らーめん」で注文。

「海老蔵らーめん(白)」700円 【’06 591杯目】
海老蔵 海老蔵らーめん







ややとろみを感じる濃厚な豚骨魚介スープに、海老油の香りが食欲をそそります。油は結構大目。油の色が白・赤・黒だったりするのは、「武骨」インスパイアなんでしょうね(^^ヾ麺はカネジンの太麺。もちもちとした食感で、スープの持ち上げも良い。具は長いチャーシュー、メンマ、白髪ネギ、ネギ、海苔。首都圏では珍しくない味わいですが、このエリアでは貴重な系統のラーメンです。次回「つけ麺」も食べてみたいです。
麺を少な目にすると、トッピングが1つサービスになるそうです。

海老蔵
住所 :静岡県浜松市半田町1585
TEL :053-433-9400
営業時間 :11:30〜14:30、17:30〜21:30(スープ切れ次第終了)
定休日 :月曜、第2火曜(祝日の場合翌日)

中華そば こくや 原田屋@栄

12/16(土)
遠征初日4軒目は、「こくや@東別院」の2号店である「こくや 原田屋」へ。
以前食べた「こくや」同様、今回も「中華そば 塩」を注文。

「中華そば 塩」700円 【’06 590杯目】
こくや 中華そば塩







「こくや」で食べたのは、かれこれ約2年半前。あっさりとしながらもコクのあるスープって事に変わりはないのですが、以前よりダシの旨味がアップしてる印象を受けました☆麺は中細の縮れ麺で、スープとの相性も良い。具は柔らかなチャーシュー、コリコリとした食感の細切りメンマ、とろとろの半熟味玉、ネギ、海苔。

メニューが結構豊富だったので、次回他のものも食べてみたいです(^^ヾ
初日の(ラーメン)食べ歩きはここで終了。その後他の店を回った後、夕方から夜遅くまで友人と熱い飲みを繰り広げました(笑)

こくや 原田屋
住所 :愛知県名古屋市中区栄3-2-115
TEL :052-251-5981
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜22:00
定休日 :日曜

こだわり麺工房 たご@中村公園

12/16(土)
遠征初日3軒目は「たご」へ。
たご







いつだか食べ歩きに来てる店主に横浜で会った事はありましたが、お店に食べに行くのは今回が初。家族連れが多くかなり賑わっていました。

メニューが豊富でどれを食べようか迷いましたが、今回は「中華そば」を注文。ランチタイムはご飯が付きます(自分でよそいに行く)。

「中華そば」690円 【’06 589杯目】
たご 中華そば







スープは見た目はあっさりですが、魚介等の風味以上になかなか旨味が強くはっきりとした味わい。自家製の中太縮れ麺は、プリプリとした食感で存在感があります。具はチャーシュー、味玉、メンマ、なると、ワカメ、海苔、ネギ、カイワレ。ワカメは余計だなぁ…。

たご
住所 :愛知県名古屋市中村区本陣通5-88-1
TEL :052-413-0066
営業時間 :11:30〜14:00、18:00〜22:45
定休日 :月曜、第1日曜

麺屋 和(かず)@池下

12/16(土)
遠征初日2軒目は、「慈庵」からすぐ近くにある「麺屋 和」へ。
こちらは06年5月オープンの新店で、場所は旧「ありがた屋」の跡地です。
和@池下







店主は「麺屋横丁@栄」に入っていた「いまむら」にいた人。流れ的に「在籍」と言った方が無難かな。

「しょうゆ麺」700円 【’06 588杯目】
和 しょうゆ







魚介の風味が心地よい、あっさりとした醤油味スープ。スープを一口すすれば、生姜の風味が「いまむら@上大岡」を思い起こさせます(^^ヾ麺は歯切れの良い中細ストレート麺。具はチャーシュー、メンマ、海苔、ネギ、三つ葉。
全体的に上大岡時代の「いまむら」のインスパイアといった感じですが、そこには到底届いてはいない。それを意識しなければ十分美味しいのかも。

和@池下
住所 :愛知県名古屋市千種区池下1-3-11
TEL :052-763-0085
営業時間 :11:30〜14:00、18:00〜23:00
       11:30〜14:00、18:00〜22:00(日曜)
定休日 :月曜

中華そば 慈庵@池下

12/16(土)
今年三回目の名古屋入り。まずはお気に入りの「慈庵」を再訪(^^ヾ
慈庵







今回は残念ながらメニューに「味噌」が無く、「しょうゆ」「塩」のみでした。それではと「しょうゆ」「ごはん」が付く「ランチ」で注文。「ランチ」「中華そば」「ごはん」が付いて、お値段何と700円!かなりお得です!

「中華そば しょうゆ」+「ごはん」・・・700円(ランチ) 【’06 587杯目】
慈庵 中華そば しょうゆ慈庵 ランチごはん







以前は湯煎でスープを温めていましたが、現在は小鍋で1杯分ずつ温めるスタイルに変わっています。もちろん丁寧に作ってる事に変わりはありません(^^ヾ

スープは前回に比べ魚介の効きが若干おとなしかったものの、動物系と魚介系のバランスも良くコクがありまろやかで美味い。油も前回より多目になっていました。中太平打ちのストレート麺は、プリプリとして歯応えがあります。具はとろける柔らかさのチャーシュー、繊維が切り口と垂直なメンマ、味玉、海苔、玉ネギ。注文が入る度にチャーシューを焼いて(温めて)いるのも好印象。

この日の「ごはん」はチャーシューの炊き込みご飯でした。『スープをかけて食べてみて下さい』との事で、スープ茶漬け感覚で頂きました。お腹も心も満たされました☆

次回夜の部の「つけ麺」も食べてみたいです。

慈庵
住所 :愛知県名古屋市千種区高見2-11-2
営業時間 :17:00〜21:00(売切れ次第終了)(月、水、金)
       11:30〜14:00、18:00〜21:00(売切れ次第終了)(火・木・土)
定休日 :日曜

つけめんや 元@新高島平  和風塩系メニュー!

12/15(金)
仲間オススメの限定メニューを食べに、「元@新高島平」を再訪。

店主は「一本気@朝霞台」出身。修行先である「一本気@朝霞台」は、06年1月から「めし家 一本気」として営業していますが、7月より昼の部のみ麺類の提供を再開しています(夜は「めし家」)。
元 限定メニュー







お目当ての限定メニューは、食券機上に張り出されています。限定のボタンは「750円」の為、足りない分は「50円」や「200円」等の食券を買い足しての注文となります。自分が「和風塩つけ麺」を、仲間が「和風塩らーめん」「油ソバ」を注文。

「和風塩つけ麺」800円+おじやセット200円 【’06 586杯目】
元 和風塩つけ麺1元 和風塩つけ麺2







鶏のみの動物系ダシに秋刀魚節の和風ダシを合わせたつけ汁に、鶏油で作ったネギ油を浮かべコクを付加。「三河屋製麺」の太平打ち麺は、瑞々しくもちもちとした食感。つけ汁との絡みも良く美味い!別皿で出てくる生姜と柚子を途中で加えてみると、特に生姜がぐっと味を引き締めまた美味い。つけ汁には鶏団子がゴロゴロ入っていて、麺の上には何と海苔で巻いたほうれん草も!!
元 おじやセット







食後「おじやセット」を。溶き卵が浮かぶスープにつけ汁を流し入れ、そこにご飯を投入〜。新たに出されたスープにも味が付いてるのかと思いきや、こちらは鶏のスープに卵を溶いただけのもの。味の濃いつけ汁を入れるのを計算して、敢えて味は付けなかったとの事。ご飯の上に乗った「秋刀魚節」は、ダシを取った後の物を加工したものだそうです。そのまま食べてもしっかりとした秋刀魚節の味があり、これが味的にも食感的にも良いアクセントになっています!思わず完食しちゃいました(^^ヾ

 
元 和風塩らーめん元 油ソバ







「和風塩らーめん」750円
鶏のダシに秋刀魚節で取った和風ダシを合わせた淡麗系スープ。鶏の旨味に秋刀魚節の風味が強く効いていて、あっさりとした口当たりながらも非常にキレのあるスープに仕上がっています!!「和風塩つけ麺」「和風塩らーめん」も甲乙つけがたいぐらい美味い!また具には鶏団子、海苔で巻いたほうれん草ものっていて、ビジュアル的に「一本気」出身である事を連想させます(^^ヾ

「油ソバ」750円
限定メニュー右端に、ほとんど気づかないぐらいの小さい字で書いてあるのがこの「油ソバ」(笑)
ネギの香りを移した鶏油を使った油ソバで、見た目は普通ながらも、一口食べれば口の中に鶏油の旨味とコクが広がりインパクト大!!これは思わず笑っちゃう美味さですよ(^^ヾ
味には自信があるけど、あまりこれが出過ぎると「和風塩」で使う鶏油が無くなる心配もあり、大々的に載せていないのだとか。

次回再訪時、「極太塩らーめん」も食べてみたいです☆


住所 :東京都板橋区高島平7-14-16
TEL :03-5383-6688
営業時間 :11:00〜14:00、17:00〜23:00
定休日 :無

らーめん 潤@蒲田

12/12(火)
ふと背脂系が食べたくなり、蒲田の「潤」へ。
久々の訪問なので「中華そば」を食べようと思っていたものの、ふと「越後みそ」なるメニューを発見し思わずこちらに変更(笑)

「越後みそ」850円 【’06 585杯目】
潤 越後みそ







魚介が効いた濃い目の味噌味スープに、たっぷりの背脂が浮いています。「越後みそ」って言うだけあって、越後みそを使っているのかな!?弾力のある極太麺はスープとの絡みも良い。具はチャーシュー、鰹節、もやし、白髪ネギ、わかめ、岩のり。

油が小・中・大・鬼・地獄から選べるようになっていました。「地獄油は罰ゲームに最適」みたいな張り紙があり面白かったです。昔新潟の某店にて、罰ゲームで大油を食べさせられたのが懐かしいなぁ(笑)

潤@蒲田
住所 :東京都大田区蒲田5-20-7
TEL :03-5714-7255
営業時間 :11:00〜23:00
定休日 :無

麺屋 武蔵@新宿

12/11(月)
新宿で友人と会ったついでに、夕飯がてら「武蔵」へ。
二日連続の訪問だったのと「つけ麺」もまた変わったと聞いたので、今回は「つけ麺」を注文。 

「つけ麺」730円 【’06 584杯目】
武蔵 つけ麺武蔵 肉味噌飯







10月に食べた時は、(昨年かなり好評だった)味噌が強めに効いたタイプのつけ汁でしたが、今回のものはより節の風味を効かせたタイプに変わっていました。前回のはかなり好きでしたが、こちらもなかなか美味しい(^^ヾパッと見具が無く見た目にはちょっと寂しいのですが、つけ汁の底には刻んだチャーシューが沈んでいます。また細かく砕いた節も沈ませ、さらに魚介の風味を付加しています。

「肉味噌飯」210円
あったかいご飯に味の濃い肉味噌が乗った丼物。肉味噌は美味しいが、冷たいのがかなり残念…。

麺屋 武蔵
住所 :東京都新宿区西新宿7-2-6
TEL :03-3363-4634
営業時間 :11:30〜15:30、16:30〜21:30
定休日 :無

らーめん てつや 高円寺店@東高円寺

12/11(月)
06年11月11日にオープンした、札幌の人気店「らーめん てつや」の東京初進出店。
今回は「みそらーめん」を注文。

「みそらーめん」800円 【’06 583杯目】
てつや みそらーめん







味噌豚骨スープにたっぷりの背脂がふりかけられ、背脂の甘味も相まってマイルドな味わい。麺は札幌の「小林製麺」のもの。固めに茹でられたコシのある太縮れ麺は、スープとの絡みも良い。具はチャーシュー、メンマ、ワカメ、モヤシ、ネギ。
1杯800円はちょっと割高感があるかな。

てつや
住所 :東京都杉並区梅里1-22-23
TEL :03-5929-1388
営業時間 :11:00〜23:00
定休日 :水曜

無骨地味そば 短太固@中野新橋

12/11(月)
06年10月30日オープンの、「ぽっぽっ屋」「山頭火」とのコラボレーション店。場所は「ぽっぽっ屋 中野新橋店」の跡地。
メニュー(食券機)には「短太固そば」「短太固朝そば」があり、今回は「短太固そば」を注文。

「短太固そば」600円+「変玉(北海道麺)」100円 【’06 582杯目】
短太固 短太固そば短太固 変玉(北海道麺)







丼はやや小さめ。熱々の醤油豚骨スープには油が多く浮いていて、魚介の風味もしっかり効いています。寒い地方のラーメンって感じもしますね。麺は「浅草開化楼」の太麺。名前の通り短く太く固めの食感で、存在感があり美味い。また麺の量が少ないのは、替え玉を前提にしたスタイルの為。具は噛み応えのあるチャーシュー、メンマ、2種類の切り方のネギ。

替え玉は「変玉(北海道麺)」「浅草開化楼」「替玉(短太固麺)」との2種類があり、せっかくなので「変玉(北海道麺)」を注文。替え玉で食感の異なる麺を楽しめるのは嬉しいですね〜(^^ヾ次回は「短太固朝そば」を食べてみたいです。

「不思議なゆで卵」100円
短太固 不思議な茹で玉子







こちらは何が不思議なのかが不思議でした(爆)

短太固
住所 :東京都中野区本町5-4-1
TEL :03-3381-5651
営業時間 :11:45〜15:00、17:30〜(スープ切れ次第終了)
定休日 :不定

麺屋 武蔵@新宿

12/10(日)
食べ歩き6軒目は、久々に「武蔵」へ。都内で6軒も食べ歩くのはほんと久しぶり。
入口の上がステンドガラスになっていたり、結構外観が変わったなぁって仲間と眺めてたら、偶然矢都木さんが出てきてびっくり。満腹ながらも流れに身を任せ入店(笑)
「海老油」を変えたと聞いたので、仲間と二人で「こってり」「あっさり」を注文。

「らーめん(あっさり)」730円 【’06 581杯目】
武蔵 ら〜めん(あっさり)







油が少なめの「あっさり」は、すっきりとした醤油の風味と節系のダシがストレートに感じられ素直に美味い。柚子の風味も良いアクセントになっています。満腹で入店を躊躇っていたものの、一気に食べきってしまうぐらいの満足感(^^ヾ
仲間の「こってり」の方は、油のこってり感はあるものの「海老油」の海老の風味はかなり弱い。むしろ、ほとんど海老の風味がしないぐらい…。使う部位や作り方を変えたのでしょうが、以前の海老油の方が好み。今のスープの感じだと、断然あっさりの方が美味いです!

麺屋 武蔵
住所 :東京都新宿区西新宿7-2-6
TEL :03-3363-4634
営業時間 :11:30〜15:30、16:30〜21:30
定休日 :無

古武士@新宿

12/10(日)
食べ歩き5軒目は、06年9月21日に復活した「古武士」へ。
まだ「古武士」が新宿三丁目にしかなかった頃、あの味が好きでよく食べに行ったなぁ。その後店舗が増え味が落ち、いつの間にか閉店となった次第…。

「らーめん」680円 【’06 580杯目】
古武士 ラーメン







節や煮干しがしっかりと効いた、濃い醤油色をしたスープ。もちもちとした中太麺との絡みも良いし、想像していたより良かった。もちろん、あの頃の味とは違いますが、、。

古武士
住所 :東京都新宿区西新宿7-4-6 ストーク新宿井岡1F
TEL :03-3366-8380
営業時間 :11:30〜21:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :水曜

二代目 海老そば けいすけ@高田馬場

12/10(日)
食べ歩き4軒目は、高田馬場の「二代目けいすけ」へ。
秋冬限定メニューの「海老みそそば」と、食券機右下にさりげなくボタンがあった「オレンジプリン」を注文。デザートはいつから始まってたんでしょ!?

「海老みそそば」780円 【’06 579杯目】
二代目けいすけ 海老みそそば1二代目けいすけ 海老みそそば2







スープ表面にたっぷりと浮いた背脂のコク、そして味噌のまろやかな味わいに海老の風味がしっかりと効いていて、くどさや臭みは無く香ばしくて美味しい。海老と味噌はやっぱり相性が良いですね〜。別皿で出てくる煮凝り状の球体には一味や唐辛子が入っていて、スープに溶かし入れれば味の変化を楽しめます。「けいすけ」らしい一品に仕上がっていますね〜。具は鶏チャーシュー、キャベツ、山クラゲ、ごぼう、オレンジピール、糸唐辛子等。美味しいんだけど、大きすぎるレンゲは相変わらず食べにくい(爆)

「オレンジプリン」250円
二代目けいすけ オレンジプリン







ラーメンだけでなくデザートの器も、球体を斜めにカットしたような形状(笑)
ミルク&オレンジ風味の柔らかなプリンで、上にはオレンジの果肉にオレンジピール、ミントの葉がのっています。プリンの中にもオレンジの果肉が隠れていて、これで250円はかなりお値打ち(^^;

二代目 海老そば けいすけ
住所 :東京都新宿区高田馬場2-14-3
TEL :03-3207-9997
営業時間 :11:00〜23:30(L.O.23:00)
定休日 :無

麺屋 とらの子@大泉学園

12/10(日)
遅れてきた仲間と合流し、3軒目は「とらの子」へ。

仲間が「魚だしらーめん」を、自分が「つけめん(かつお醤油汁)」を注文。つけめんは仲間オススメの、うどん粉入りの平打ち麺選択。

「つけめん」650円 【’06 578杯目】
とらの子 つけめん







白濁した動物系ダシに魚介が効いたつけ汁に、さらに魚粉がたっぷり浮いていてインパクト大。適度な酸味、そして甘味が強めでかなり自分のツボです(^^;プリプリもちもちとした平打ち麺は、つけ汁との絡みが良く美味い。満足度高いなぁ☆

逆に仲間の食べた「魚だしらーめん」は、味にキレが無くぼやぁ〜っとした印象でした。

とらの子
住所 :東京都練馬区東大泉3-2-7
TEL :03-3923-8891
営業時間 :11:30〜14:00、18:00〜22:30
       11:30〜14:00、18:00〜22:00(土・日・祝)(スープ切れ次第終了)
定休日 :月曜、第1火曜

らーめん つけめん 十兵衛@大泉学園

12/10(日)
続いて2軒目は、数年ぶりの再訪となる「十兵衛」へ。
あまりにも久しぶりすぎて、何を食べようかあれこれ迷いました…。散々迷った末、「十兵衛つけめん」平打ち麺で注文。麺は細麺・中太麺・平打ち麺・太麺の4種類から選択できます。

平打ち麺なら先日の「うさぎや」との比較を兼ねて「つけめん」にすれば良かったかな!?とか、未食の「とんつけめん」食べれば良かったかな!?とか、注文後も悩みが尽きないぐらい、自分の中の方針が定まっていませんでした…(苦笑)

「十兵衛つけめん(平打ち麺)」740円 【’06 577杯目】
十兵衛 十兵衛つけめん







和風と豚骨のミックスに当たるつけ汁で、甘味・酸味・辛味がはっきりしています。緩いウェーブのかかった滑らかな平打ち麺はスープの持ち上げが良く、ソフトな口当たりともちもちとした食感でなかなか好み。食後のスープ割りも、「和風」「豚骨」かで選択できます。
色々な店で食べ歩き好みも徐々に変化してきているのか、昔の様なインパクト・感動は特にありませんでした。しかしながら、今食べても美味しい事は確かです(^^;

十兵衛
住所 :東京都練馬区石神井台3-24-39
TEL :03-3995-3113
営業時間 :11:00〜15:00
       11:00〜16:00(土・日・祝)
定休日 :月曜

らあめん 一心軒@江古田

12/10(日)
06年7月19日オープンの新店。
しらすさんのブログを見て、「喜楽インスパイア」というフレーズに惹かれ行ってきました(笑)
店舗は細い路地にあり、ちょっと分りづらいかも!?

初訪なので、基本となる醤油味の「らあめん」を注文。

「らあめん」600円 【’06 576杯目】
一心軒 らあめん







スープはあっさりとした醤油味。ただ事前に聞いて物とはちょっと違い、軽く白濁していました。徐々に変化していってるのかな!?揚げネギはそれ程多くは入っていないので、徐々に味は変化していくもののアクセントとしては丁度良い。
自家製中細ストレート麺は滑らかでコシがあり、スープとの相性も良くなかなか美味い。具は軽く表面を炙ったチャーシュー、メンマ、もやし、ネギ、揚げネギ。

一心軒
住所 :東京都練馬区旭丘1-77-15
営業時間 :11:30〜20:30(売切れ次第終了)
定休日 :火曜

麺の坊 砦@神泉

12/9(土)
続いて「砦」へ。「一風堂」出身なのは言うまでもないですね(^^ヾ
9月に食べた際かなり美味しくなっていて驚いたので、現状を再確認する為に向かいました。

「砦ラーメン(太麺)」700円 【’06 575杯目】
砦 らーめん







スープはさらっとしていて高濃度タイプではないのですが、それでいて決して薄いわけではなく、コクがあり豚骨の風味もグッときます!他の豚骨ラーメン店に比べ豚骨臭さは抑えられていて、クセが無く美味しい!

「田中商店」「ぼたん」が男性的な豚骨ラーメン店とするなら、こちらは女性的な豚骨ラーメン店。濃厚豚骨が人気を博する昨今、インパクトを求める人には向かないのでしょうが、安心して美味しく食べられる(万人受けする)この手のスープはなかなか貴重です!(^^;


住所 :東京都渋谷区神泉町20-23
TEL :03-3780-4450
営業時間 :11:00〜27:00
定休日 :無

支那そば 八雲@池尻大橋

12/9(土)
続いて移転後2度目の再訪となる「八雲」へ。
黒だし・白だしがあり、言えばミックスも可能との事。

「支那そば」650円 【’06 574杯目】
八雲 支那そば白







で、出てきたのは白。動物系のコクに魚介の風味がしっかりと効いていて、優しい口当たりながらも奥行きのある味わい。前回よりかなり美味しくなっていて、味的には大満足(^^;オーブンで焼いた歯ごたえのあるチャーシューは、噛めば噛むほど美味い!メンマが穂先メンマに変わっていたのに驚きました。
いつか「ミックス」を食べに再訪しよう…。

八雲@池尻大橋
住所 :東京都目黒区大橋1-7-2 オリエンタル青葉台2F
TEL :03-3476-2708
営業時間 :11:30〜15:30、17:00〜21:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :火曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ