ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2007年01月

麺や Bar 渦@本鵠沼

1/20(土)
まあぼーさんと共に、神奈川西部で食べ歩き。
6軒目は「渦」を訪問。前回はオープン三日目に訪問した事もあり、正直微妙でした(爆)その頃とはもう味もメニューも全然違うとの事だったし、評判もかなり良かったので楽しみにしていました(^^ヾ
渦 メニュー1渦 メニュー2







「塩つけ麺」を食べたかったのですが、タレがまだ出来ていないとの事で断念。二人で「醤油つけ麺」「醤油煮干らぁめん」を注文。まずは「ダレヤメセット」で1日の疲れを癒します(笑)

「ダレヤメセット」500円
渦 ダレヤメセット







グラスビールに、焦がしチャーシュー&メンマのおつまみが付くセット。単品での注文は出来ず、各種麺類とのセットとなっています。この焦がしチャーシュー、たまらなく美味いんですよね〜☆

「醤油つけ麺」900円
渦 醤油つけ麺







つけ汁の表面にはたっぷりの揚げネギが浮かび、底には大量煮干し片が沈んでいる。もちもちとした平打ちの太麺は、つけ汁の持ち上げも良くまた甘い揚げネギも同時に運んでくれます。一口目からダシと煮干しの風味、そして揚げネギの甘味が口の中に広がり美味い!!チャーシューは柔らかく美味い上、厚切りなのが嬉しい!あまりにも美味し過ぎて、最初に出てきた言葉が「何だこれ?」でした(笑)

「醤油煮干らぁめん」800円
渦 醤油煮干しらぁめん







丼の底に大量の煮干しが沈んでいて、食べ初めと後半ではスープの表情ががらっと変わります!食べ初めの頃は「醤油つけ麺」の方がインパクトがありますが、後半はこちらの方が煮干しのガッツリ度は高い。こちらもたまらなく美味い!!

本当はもう一軒行く予定でしたが、あまりにも美味しくて満足しきっちゃったので、余韻に浸りながら帰宅。同行者とは、次回2杯ずつ注文して一度に数種類食べよう!って事で合意(笑)同行者が食べていたが一口ももらえなかった「焦がしちゃあしゅうご飯」も、次回食べたい(笑)


住所 :神奈川県藤沢市鵠沼桜が岡3-5-7
TEL:0466-28-8443
営業時間 :11:45〜14:00、19:00〜24:00(L.O23:30)
定休日 :月曜、火曜

湘南麺屋 海鳴@鎌倉  『正油』が大きく変わった!

1/20(土)
まあぼーさんと共に、神奈川西部で食べ歩き。
5軒目は「海鳴」を訪問。前回「和風温麺 塩」を食べたので、今回は自分が正油を、同行者がを注文。

「和風温麺 正油」700円
海鳴 和風温麺 正油







オープン直後は、正油よりも塩の方が断然評判が良かったはず。でも、この日は断然正油の方が好み!この味のどこがダメだったんだろう!?と思い店主に伺ってみると、『tomi-booさんからアドバイスを頂き、味を大きく変えました!もう別物です!』との事でした。コクのある動物系ダシに魚介の風味ががふわっと香り、醤油がビシッと効いている。一言で言うと、昔の『カミカゼ』の様なキレのあるスープ。ちょっとマニアックな方向ですが、これはかなり美味い!もちろんまだその領域までは達していませんが、再訪の価値が大いにある一杯だと思います(^^ヾは相変わらず美味いですね〜☆

海鳴
住所 :神奈川県鎌倉市小町1-4-24 起業プラザビル1F
TEL :0467-25-5082
営業時間 :11:00〜15:00、17:00〜スープ切れ次第終了
       11:00〜15:00(月曜)(祝日の場合翌日)
定休日 :火曜(祝日の場合翌日)

味の大西@湯河原

1/20(土)
まあぼーさんと共に、神奈川西部で食べ歩き。
4軒目は、長年の宿題だった「味の大西@湯河原」を訪問。「味の大西」伊東店のみ既食でした。
味の大西1味の大西2







味の大西 メニュー







店内はかなり広く、席数もかなり多い。メニューは主に麺類とカツ丼です。自分は「ワンタンメン」を注文。

「ワンタンメン」850円
味の大西 ワンタンメン







濃い醤油色をしたスープは、やや豚骨臭!?がするもののあっさりとした味わい。そして独特の香ばしさもあります。モチモチとした食感の平打ち縮れ麺は、スープの持ち上げは良い。ワンタンは大きく餡もたっぷりで食べ応えがありますが、やや生煮えだったのが気になりました、、。チャーシューはやや固め。

「カツ丼」900円
味の大西 カツ丼







以前同行者が、tomi-booさんから『「味の大西」に行ったらカツ丼も食べなきゃ!』って言われてたらしく注文。出てきたものは、見た目も味も普通のカツ丼(笑)味付けはやや濃い目ですが、肉が厚めでなかなか美味しい。

いずれは他の「味の大西」も食べ歩いてみたいです。

味の大西
住所 :神奈川県足柄下郡湯河原町土肥1-9-14
TEL :0465-62-3266
営業時間 :11:00〜19:30
定休日 :月曜

くまもとらーめん ブッダガヤ@小田原

1/20(土)
まあぼーさんと共に、神奈川西部で食べ歩き。
3軒目は「味壺」から程近い場所にある「ブッダガヤ」を、数年ぶりに再訪。こちらの店主が「桂花」出身なのは、もう有名な話しですね。
ブッダガヤ







店内に漂う豚骨臭も実に懐かしい(笑)後でボディーブローの様に効いてくるのは分かっていても、「ブッダガヤ」に来たからにはやっぱり角煮入りの「ブッダガヤらーめん」を食べないと!(^^ヾ

「ブッダガヤらーめん」950円
ブッダガヤ ブッダガヤ







角煮、味玉、生キャベツ等が乗る、「ブッダガヤ」の店名を冠したメニュー!とろんとした粘度のある濃厚な豚骨スープに、香ばしいマー油がインパクト大!麺は太目のストレート麺。具の生キャベツは、甘味があり箸休めとしても丁度良いですね。角煮はトロトロの柔らかさで、相変わらず美味い!
これ1杯で十分ガッツリ食べた!って気にさせてくれます☆

「ブッダガヤ」「桂花」からはやや離れた味の構成になっていますが、同じく「桂花」出身で濃厚なスープの「桃太郎@青木村」は、より「桂花」に近い味わい(昔の「桂花」の味と言う人もいる)。どちらが良いという事ではなく、どちらもお薦めです!

ブッダガヤ
住所 :神奈川県小田原市栄町3-14-14
TEL :0465-23-4003
営業時間 :11:30〜14:00、17:00〜22:00
       11:30〜21:00(土・日・祝)
定休日 :月曜

中華麺 味壺@小田原

1/20(土)
まあぼーさんと共に、神奈川西部で食べ歩き。
2軒目はしらすさんのレポを見て気になっていた「味壺」へ。13時頃に入店するも満席で、常にお客は絶えない人気ぶりでした(^^ヾ
味壺







麺は太麺細麺から選択可。自分が「中華麺 醤油味」太麺で、同行者が「排骨麺」塩味細麺で注文。また他の客が食べてた「揚げ海老ワンタン」が妙に美味しそうだったので、それも合わせて注文(笑)

「中華麺 醤油味(太麺)」650円
味壺 中華麺 醤油(太麺)







やや濁りのあるスープは、やんわりと魚介の効いたすっきりとした醤油味。また独特な香ばしさもあります。麺はぴろぴろとした中太の平打ち麺。昔のラーメン本の写真を見ると、以前は具に麩、茎ワカメ、揚げ牛蒡がのっていたはずですが、今は白髪ネギ&柚子、水菜、キクラゲに変わっています。このスープにキクラゲは合わないかな、、。厚みのあるチャーシューは柔らかく美味しい。

「排骨麺 塩味(細麺)」850円
味壺 排骨麺 塩(細麺)







「塩+排骨」で思い出すのは、「ミンミン@白髭橋」塩パーコー(平日昼のみ)でしょうか!?(笑)もちろん「ミンミン」はかなりジャンクな味わいですが、こちらはすっきりとした優しい味わい。使っているスープは醤油と一緒ですが、驚くほど表情は全く異なる。タレが違うだけでこうも違うとは。「排骨」にはカレーの風味が付けられていて、肉厚でそして柔らかく食べ応えがあり美味い!デフォの「中華麺」から200円増えただけでこんなに排骨が乗るとは、コストパフォーマンス高すぎです!スープに徐々にカレーの味が染み出てきちゃうので、別皿で食べれたら一番良いですね(^^ヾ

「揚げ海老ワンタン(六ヶ盛り)」400円
味壺 揚げ海老ワンタン(六ヶ盛り)







6個で400円とお手頃価格ながらも、(小麦粉の様に)キメの細かい塩とスイートチリソースの2種が小皿に乗って出てきます。パリパリのワンタンの中には、海老やタケノコが入った餡がたっぷり。そのまま食べても美味いが、塩やスイートチリソースを付けると尚美味い!この「揚げ海老ワンタン」とビールの組み合わせは最高だろうなぁ(笑)

アットホームな雰囲気もありつつも、接客は非常に良い!近くにあれば通いたい店だし、開店直後のスープ(特に塩)はさらに良いらしいので、ぜひ再訪してみたいと思います☆

味壺
住所 :神奈川県小田原市栄町2-15-27
TEL :0465-23-7003
営業時間 :11:30〜スープ切れ次第終了(15時頃!?)
定休日 :水曜(祝日の場合翌日)

麺好@二宮

1/20(土)
まあぼーさんと共に、神奈川西部で食べ歩き。
まず1軒目は(前回自分がふられた)「麺好」をシャッター。こちらは豆腐店の三代目が開いたラーメン店。お店は駅から近いものの、路地裏にありちょっと分りづらいです。
麺好麺好 メニュー







自分が「塩ワンタンメン ほたて風味」を、同行者が醤油味の「ラーメン」を注文。

「塩ワンタンメン ほたて風味」750円
麺好 塩ワンタンメン ほたて風味麺好 ラーメン







「ほたて風味」というのは、塩ダレにほたてを使用しているから。動物系と魚介系を合わせた透明感のあるスープは、すっきりしていてかなりおとなしめの印象。香味油に海老油を使っているのですが、スープがおとなしい分海老が勝ちすぎかな。主張の強い三つ葉も同じく。自家製の中細縮れ麺は、太さが不揃いの平打ちタイプ。口当たりはプリプリ、それでいてふわっとした食感が楽しく、スープの持ち上げも良い。ワンタンは餡が小さいのですが、ピロピロとした食感も良く美味しい。

「ラーメン 600円」の方はかなり醤油がたっていて、独特の香ばしさもあります。「味の大西」の影響を色濃く受けているんですねぇ(^^ヾ

麺好
住所 :神奈川県中郡二宮町二宮127
営業時間 :11:30〜14:00、18:00〜21:00頃
定休日 :水曜

麺屋武蔵 二天@池袋

1/19(金)
池袋に行ったついでに、夜に「二天」へ。
未食だった「豚天飯(塩ダレ)」が目当てだったのですが、残念ながら売り切れ…。どうしても「豚天」が食べたい気分だったので、普段は食べる事の無い「豚天ら〜麺」を注文。

「豚天ら〜麺」780円
二天 豚天ら〜麺







白濁した動物系ダシに魚介の風味が効いたコクのあるスープ。青海苔がまぶされた風味の良い衣に、サクッと柔らかな豚肉は相変わらず美味い!ただ衣の油がスープに溶け出し味がぼやけてくるので、やっぱり「豚天」はご飯と一緒に(「豚天飯」を)食べるのが一番かな。

「ら〜麺」のある部分が以前と変わったのですが、一目でそれと分った人は「武蔵」通です(^^ヾ

まぁ、ネギな訳ですが(笑)

中華 二三太楼@湯島

1/19(金)
「ぽっぽっ屋@湯島」の後、アムロさんに案内してもらい老舗の「二三太楼」へ。未食だったのはもちろんの事、実は店名さえ頭にありませんでした(苦笑)店は路地裏にあり、よく行く「リヨン」の近くでもありました(^^ヾ

初訪なので、今回は「ラーメン」を注文。

「ラーメン」600円
二三太楼 ラーメン







スープは透明感があり、シンプルで生姜が効いた醤油味。お店の雰囲気的に(と言ったら失礼ですが)柔い麺なのかと思いきや、細縮れ麺は茹で加減も良く、意外にもシャッキリとしていて美味しい。具もシンプルにチャーシュー、メンマ、刻みネギのみ。濃い醤油色の柔らかなメンマは、甘めの味付けが特徴的。

色々な趣向を凝らしたラーメンが流行っている昨今、こういうオールドスタイルの醤油ラーメンって意外と新鮮に感じるかもしれません(^^ヾ

二三太楼
住所 :東京都台東区上野2-3-7
TEL :03-3831-2715
営業時間 :11:30〜14:00、17:30〜21:00
       12:00〜14:00、17:30〜20:00(土曜)
定休日 :日曜

ぽっぽっ屋 湯島店@湯島

1/19(金)
「ぽっぽっ屋@小伝馬町」の新店が、07年1月18日に湯島にオープン。オープン記念として、1/18〜20の三日間は「らーめん」が半額の340円で提供されていました。

店頭でばったりアムロ・レイさんと遭遇し、ご一緒しました(^^ヾ
店内はカウンター4席に、4人がけのテーブル席が一つとかなり狭い…。

「らーめん」オープン記念340円(通常は680円)
ぽっぽっ屋@湯島 らーめん







パツンとした弾力の強い太縮れ麺は、やっぱり美味いですね〜!スープは本店に比べやや軽い様にも感じましたが、オープン直後って事を考えれば十分かな。

一つ気になったのは味ではない部分。お好みは?と聞かれ、自分は野菜増しで、同行者は油増しで注文。しかしながら、出てきた二つは何ら変わりがない。何の為に聞いたのか疑問に感じもしましたが、オープン直後なんで色々とありますね。味の方はもちろん美味しかったんで、もうちょっと落ち着いた頃に再訪してみたいと思います。上野界隈も激戦ですね〜。

「ぽっぽっ屋」自体はそれ程量は多くないので、この後もう一軒はしご(^^ヾ

ぽっぽっ屋 湯島店
住所 :東京都文京区湯島3-34-8 綿引ビル1F
TEL :03-3835-4271
営業時間 :11:00〜14:30、17:30〜21:30
定休日 :未定

九段 斑鳩@九段下  限定「海老の味噌そば 四川風味」

1/18(木)
「斑鳩」で限定の味噌をやっているのを思い出し、夜の部に訪問。せっかくなので2杯!といきたかったのですが、今回は「海老の味噌そば 四川風味」のみ注文。
※「海老の味噌そば 四川風味」は、昼夜各15食限定。

「海老の味噌そば 四川風味」770円
斑鳩 海老の味噌そば 四川風味







豚骨をベースに海老を強目に効かせたスープは、とろみを感じるぐらい濃厚で美味しい!「四川風」というフレーズからかなり辛いのものをイメージしていましたが、辛味はそれ程強くは効いておらず、後からじわじわ体の芯から熱くなってくる感じ。また細かくミルした山椒&花椒が時折顔を出し、舌が痺れる様な刺激を感じます(^^ヾ麺は平打ちの中太麺で、コシがありスープの持ち上げの良い。ガーリックチップは香ばしくて好きですが、もっと少なくても良いかな。

インパクトもあるけど、海老も味噌も辛味も突出していない点ではバランスが良い(^^ヾあっという間に完食でした☆

久しぶりに坂井さんにお会いしましたが、カウンター左端の席で(本人を目の前にして)妙に緊張して食べてるのって、自分だけでしょうか!?(苦笑)

斑鳩
住所 :東京都千代田区九段北1-9-12 明星63ビル1F
TEL :03-3239-2622
営業時間 :11:00〜15:00、17:00〜23:00(スープ切れ次第終了)
       11:00〜16:30、18:00〜22:00(スープ切れ次第終了)(土曜、祝日)
定休日 :日曜

麺処 栄家@蓮根  メニューの変更

1/18(木)
「元」の後、続いて未食だった「栄家@蓮根」へ。こちらは06年7月にオープンした、「栄家@学習院下」の息子さんの店。初訪なのでまずは「醤油らーめん」をと思うも、何故かメニューには「塩らーめん」しかない。迷った末「中華もり」を注文。

「中華もり」550円
栄家 中華もり







平打ち麺を蕎麦つゆにつけて食べるスタイル。「栄家@学習院下」と変わらないので、コレを食べてもあまり意味は無かったのですが(苦笑)

07年1月5日から、ラーメンは「塩らーめん」のみになっています。次回訪問時、「塩らーめん」を食べてみたい。

栄家@蓮根
住所 :東京都板橋区蓮根3-21-2
TEL :03-6786-4649
営業時間 :11:00〜21:00
定休日 :火曜

つけめんや 元@新高島平  「和風塩らーめん」

1/18(木)
一ヶ月ぶりに「元」を再訪。「極太塩らーめん」も気になりましたが、前回同様「和風塩系」を。今回は「和風塩らーめん」を注文。

「和風塩らーめん」750円
元 和風塩らーめん







透明感のあるすっきりとしたスープは、鶏オンリーの動物系ダシ(通常のスープとは別取り)に秋刀魚節を合わせたもの。前回よりも秋刀魚節の効きが柔らかだった分、鶏の旨味がしっかり感じられバランスも良い。あっさりとしながらもキレがあり美味いです!別皿で出てくる柚子を後半加えると、爽やかな風味が広がりまた美味い☆具は鶏団子、海苔で巻いたほうれんそう、水菜、揚げネギ。

このエリアで高レベルな淡麗系塩ラーメンを食べれるのは嬉しい(^^ヾ


住所 :東京都板橋区高島平7-14-16
TEL :03-5383-6688
営業時間 :11:00〜14:00、17:00〜23:00
定休日 :無

ラーメン天神下 大喜@湯島

1/17(水)
年明けに出していた「とりわんたんめん」が復活との事で「大喜」訪問。前回の物とは麺が変わったのだそうです。
※「とりわんたんめん」は昼夜各10食ずつ。 

「とりわんたんめん(醤油味)」900円
大喜 とりわんたんめん







「新とりそば」をベースにした醤油味のラーメン。透明感のある醤油味スープは、すっきりとしながらも鶏の旨味がしっかり出ていて美味い!一口目から思わず口元が緩みますが、食べ進むにつれより鶏の旨味を感じます(^^ヾ麺はピロピロとした平打ち麺で、滑らかでコシがありスープの持ち上げも良い。具のワンタンは鶏肉使用の餡に柚子の風味が効いていて爽やか。鶏チャーシューも「新とりそば」とは異なり、表面を焼いたもの。

非常に完成度が高く、一気に完食!食後も鶏の余韻が広がり、お腹も心も満足☆
次回は「新とりそば」「とりわんたんめん」を2杯セットで食べたい!(^^ヾ

大喜
住所 :東京都文京区湯島3-47-2
TEL :03-3834-0348
営業時間 :11:30〜15:00、17:30〜22:00(スープ切れ次第終了)
       11:30〜15:00(祝日)(スープ切れ次第終了)
定休日 :日曜

麺処 遊@鶯谷

1/17(水)
夕方小腹が空いたので、通し営業が嬉しい「遊」へ。今回は「中華そば」を通常の麺で注文(細麺の選択可)。 

「中華そば」600円+煮玉子100円
遊 中華そば+煮玉子







ネギには軽く魚粉が振られていたり、スープ表面に浮かぶ煮干し片が増えていたり、若干ビジュアルが変わっていました。煮干しがガッツリ効いたコクのあるスープはやっぱり美味い!もちろんデフォの中細麺も美味しいけど、細麺の方がより好み。

この系統の味は、たまに無性に食べたくなりますね!(^^ヾ


住所 :東京都台東区根岸1-3-20
TEL :080-6672-7111
営業時間 :11:30〜18:00
       11:30〜17:30(土日)
定休日 :無

波(シー)@北綾瀬

1/15(月)
続いて未食だった「波」へ。こちらの店主は「山頭火」での修行経験もあり、また「葫@行徳」店主とは友人との事。「葫」のらーめんに似てるって聞いていたので、比較の為に(葫で)食べなれた「塩らーめん」を注文。

「塩らーめん」750円
波 塩らーめん







ややザラツキを感じるまろやかな白濁スープは、動物系のコクに野菜の甘さが溶け込んだ独特の味わい。見た目は「葫」に似ていますが、そこまでの濃度は無いかな。どうしても「葫」と比べてしまいますが、十分濃いしもちろん美味い(^^ヾまた香味油が海老風味だったりするのが面白い。麺は浅草開化楼の中太縮れ麺で、このスープとの相性はかなり良い。具は厚切りのバラ肉チャーシュー、もやし、キクラゲ、青ネギ、揚げネギ。

「ちゃーしゅうごはん」230円
波 ちゃーしゅーごはん







「葫」好きとしては、やはりこちらも食べ比べておかないと(^^ヾ
スタイルは「葫」のそれとほぼ同じ。刻んだチャーシューに白髪ネギ、そして上からタレをかけます。チャーシューは美味いが、冷たいのが残念…。スープに浸して温め、再度ご飯の上に乗せていただきました。

次回は「みそらーめん」や限定の「波物語」を食べてみたいです(^^ヾ


住所 :東京都足立区谷中4-13-1
TEL :090-8588-7581
営業時間 :11:30〜14:00、18:00〜25:00
定休日 :水曜

中華蕎麦 とみ田@松戸

1/15(月)
昼過ぎに到着すると、案の定長蛇の列。前回「つけそば」を食べたので、今回は「中華そば」を注文。

「中華そば」650円
とみ田 中華そば







とろんとした粘度を感じる濃厚なスープに魚粉も加わり、インパクトがあり美味い!!「つけそば」の麺では芯のコシの強さを感じましたが、「中華そば」の方はよりもちもち感を活かした茹で加減になっています。好みの問題なので、ガシッと食べたい人は麺固めで注文しているみたい。この中太麺、スープの持ち上げも良く美味いですね〜。「中華そば」「つけそば」もどちらもレベルが高い!

もちろんお客の声に耳を傾ける事は重要な事だけど、富田さん自身の目指す麺を追求してほしいですね(^^ヾ

とみ田
住所 :千葉県松戸市松戸1339
TEL:047-368-8860
営業時間 :11:00〜19:00(材料終了次第閉店)
定休日 :水曜

三都屋@小岩

1/14(日)
他にも行きたいお店はあったものの、駐車場が見つからず断念…。最終的に「三都屋」に辿り着きました。毎回決まって「つけ麺」を食べてしまうので、今回は「らあめん」を注文。「らあめん」は今回が初です(笑)

「らあめん」550円
三都屋 らーめん







見た目にも魚粉ガッツリでインパクト大。「つけ麺」に比べると、それでも魚粉の効きは若干弱いかな。その分野菜の甘味を感じました。弾力の強い中太麺はスープとの相性も良い。「らあめん」もなかなか美味いけど、やっぱり「つけ麺」の方が断然好み(^^ヾ

いつ行っても店内は混んでますが、比較的すぐに食べられるのでこのエリアでは重宝してます(^^ヾ

三都屋
住所 :東京都江戸川区北小岩3-1-15
TEL :03-3671-2545
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜24:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :月曜

竃 新宿西口店@新宿

1/13(土)
まあぼーさん洗足池さんと食べ歩き。
こちらは06年11月20日にオープン。西口店限定「焼きらーめん」を目当てに訪問。久しぶりの「竃」だったので、昔を懐かしみつつ燻製風味の味玉も付けてみました(笑)
※「焼きらーめん」は昼夜各20食ずつ

「くんたま焼きらーめん」800円
竈@新宿西口店 くんたま焼きらーめん







「焼きらーめん」ってあまり食べたことは無いのですが、味の方は今まで食べた物・そして自分がイメージしていた物とはちょっと異なりました。まずはそのまま麺を食べ、途中でスープや胡麻味噌&辛味噌を加え味の変化を楽しめる設定なのですが、麺には殆ど汁気が無い。徐々に麺が乾燥してくるので途中で豚骨スープを加えていくと、どこか(アジア系料理の)汁ソバみたいな雰囲気も!?何だか独特で不思議な味わい。 面白さはあると思います。


住所 :東京都新宿区西新宿7-10-6
TEL :03-3366-1047
営業時間 :11:30〜22:30(LO)
       11:30〜16:00(LO)
定休日 :無

麺香房 天照@堀切菖蒲園

1/13(土)
まあぼーさん洗足池さんと合流し、「天照」へ。自分は約1年半ぶりの再訪。
今回は三人で三種、「醤玉そば」「天照コク味噌らー麺」「牛すじ塩らー麺」を注文。

「醤玉そば」650円
天照 醤玉そば







見た目は「油そば」ですが、汁気が多く若干和え麺的な感じもあります。まずは卵黄を崩さず一口、そしてしっかり混ぜてから頂きました。スープを煮詰めて作ったかの様な独特の風味の濃厚な醤油ダレが麺に良く絡み、卵黄のマイルドさ、そして玉ネギのシャキシャキ感が良いアクセントになっていて美味い!麺の量は結構あるものの、あっという間に胃の中に消えていきました♪ 味噌の次にコレが好み(^^ヾ

「天照コク味噌らー麺(左)」680円「牛すじ塩らー麺(右)」670円
天照 天照コク味噌らー麺天照 牛すじ塩らー麺







こちら二品は同行者の分。
「天照コク味噌らー麺」
表面にたっぷりの油の膜があり、スパイスが効いていて尚且つとろみのある濃厚な味噌スープ。麺は西山製麺の中太麺で、スープとの絡みも良い。具にはキャベツともやしがたっぷり乗っていて、食べ応えもあります。
「すみれ」風との前情報でしたが、確かに「すみれ風」でありそれでいて独自性も感じられかなり美味いです!!コレが今回の一番のオススメ!

「牛すじ塩らー麺」
テールスープの様な雰囲気もある、香味野菜が効いたスープ。具にはプルンとした柔らかな牛筋が入っています。スープ茶漬け用のミニライスが付いてこの値段はかなりお徳!

「とろとろクリーミーな杏仁豆腐」
天照 杏仁豆腐







滑らかと言うにはややザラツキがあるものの、濃厚且つ柔らかで美味しい。

今回食べた麺類3品はどれも美味しく、長い間訪問しなかった事が悔まれます!次回レギュラーメニューを食べに再訪せねば(^^ヾ

天照
住所 :東京都葛飾区堀切5−3−1
TEL :03-5680-3328
営業時間 :11:45〜27:30(LO)
定休日 :無

拉麺 阿修羅@船橋  「ら〜めん」も進化していた

1/12(金)
千葉WCの企画で味噌をやっているとの話しを聞き、「阿修羅」を訪問。遅い時間に行った事もあり、残念ながら売り切れでした…。最近夜でも店内に待ちが出来るぐらい(入口付近のテーブル席を取っ払い、今は座って待てるようになっています)賑わっています。今回は久しぶりに「ら〜めん」を注文。

「ら〜めん」680円
阿修羅 ら〜めん







出てきた「ら〜めん」を見ると、まず以前と表情が変わった事に気づきます。スープに浮く節の量が明らかに増えました。以前のスープは良くも悪くもクリアなイメージでしたが、今のスープは動物系のコクもさる事ながら、魚介の風味が強まりより厚みが増しました!竹内さんに確認した所、試行錯誤の結果魚介についてはスープにではなくタレに加える量を増やしたのだそうです。今のスープの方が断然美味しいと思うし、もちろん完食。食べる度に美味くなってます(^^ヾ

阿修羅
住所 :千葉県船橋市湊町2-7-3
TEL :047-431-1760
営業時間 :11:30〜15:00、18:00〜22:00(材料切れ次第終了)
定休日 :月曜

くにがみ屋 船橋店@船橋

1/12(金)
船橋シャポー内にある、「ラーメン横丁」「くにがみ屋」へ。
食券機に「つけめん」「超オススメ」との張り紙があったので、「つけめん」を注文。

「つけめん」750円
くにがみ屋@船橋 つけめん







こちらの謳い文句は、「本鮪の他に豚・鶏・鯛など4つのスープをブレンドした「クワトロスープ」」。とろんとしたゼラチン質豊富なつけ汁は、魚粉もたっぷりでインパクトがありますが、鮪の風味は感じない(笑)弾力のある中太麺は、安定した濃厚なスープとの絡みも良い。

くにがみ屋 船橋店
住所 :千葉県船橋市本町7-1-1 シャポー船橋1F ラーメン横丁
TEL : 047-421-5558
営業時間 :11:00〜23:00
定休日 :無

菜@本八幡  1月限定「真鯛の淡麗塩つけめん 三種の冬の香り添え」

1/11(木)
平日夜の限定麺を目当てに「菜」へ。振り返ってみると、限定は9月以来。
今月は「真鯛の淡麗塩つけめん 三種の冬の香り添え(以下省略)」です。
※平日夜10食限定

「真鯛の淡麗塩つけめん 三種の冬の香り添え」850円
菜 真鯛の淡麗塩つけめん 三種の冬の香り添え菜 07年1月限定







今回の限定は見た目が凄くシンプル!鯛と鶏ガラで取った透明感の高いスープ(つけ汁)は、ふわ〜っと鯛の香りが広がるものの生臭さは全くありません。塩ダレにはローストした鯛の中骨を加えているとの事で、これが鯛ダシのスープにより厚みを与えているんですね。優しくもキレのあるつけ汁は、まさに淡麗系(^^ヾ平打ちタイプの弾力の強い中太麺は、つけ汁の持ち上げも良く美味い。柚子やセリの爽やかな香りも良く合います。菜のチャーシューはそのままでも美味しいけど、炙ったものもたまらなく美味しいですね☆食後スープ割りをしてもらい、完食(^^ヾ

「チャーシューごはん」250円
菜 チャーシューごはん







もう1杯食べるか「チャーシューごはん」にするかで迷い、今回はこちらを選択。たっぷり乗った刻みチャーシューは、しっかりとした肉感がありつつ柔らかく美味い!軽く胡椒を挽くと、さらに美味さが引き立ちます。

「デザート」250円
菜 オレンジとチーズのブランマンジェ・マンゴーソース







この日のは、「オレンジとチーズのブランマンジェ・マンゴーソース入り」でした。フルーツソース入りは、昨年の年明け以来かな!?もちろん通常のブランマンジェも美味しいですが、ソースが加わるとさらに美味しい☆


住所 :千葉県市川市南八幡2-4-17
営業時間 :11:00〜15:00、18:00〜20:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :月、火曜

博多長浜ラーメン 福福@松戸

1/10(水)
松戸方面に行ったついでに、久しぶりに「福福」を訪問。
いつの間にか大塚の方から離れていたんですね。

「ラーメン」600円+「ばくだん」200円
福福 ラーメン福福 ばくだん







比較的濃い事に変わりはありませんが、骨髄たっぷりの濃厚さではなく、ゼラチン質を多く含んだとろみのあるマイルドな豚骨スープ。以前より色身が白っぽくなったのが、一番変わった点か。まずはそのまま食べ終え、さらに替え玉を注文し、そぼろ肉・ネギ・もやし・えびをミックスした「ばくだん」を(混ぜて)投入。味の変化も楽しめるし、具材的にもこの豚骨スープに良く合います(^^ヾ

「ネギ肉ごはん」350円
福福 ネギ肉ごはん







『「ネギ肉ごはん」が新しくなりました』という張り紙を見て注文。青ネギと白ネギの二種、そしてそぼろ肉と海苔が乗った丼物。「ばくだん」でも使用しているそぼろ肉も乗り食べ応えがあります。

福福@松戸
住所 :千葉県松戸市本町16-5
TEL :047-331-0114
営業時間 :11:30-14:30、18:00〜26:00
       11:30-14:30、18:00〜24:00(日)
定休日 :無

つけ麺や 辰盛@高島平

1/9(火)
「元」に行こうとするも営業時間に間に合わず、替わりに未食だった「辰盛」へ。こちらは06年8月28日オープンの新店で、「テン・フードシステム」が母体。
「つけ麺」と噂の「ツープラトン攻撃」を注文。

「つけ麺」680円+「ツープラトン攻撃」200円
辰盛 つけ麺辰盛 ツープラトン攻撃







麺はつるつるとしたコシの強い中太の平打ち麺。麺重量は普通盛で240gあります。つけ汁は軽い動物系+魚介系で、ややピリ辛に仕上げたもの。「ツープラトン攻撃」は、石焼鍋に八角が効いた激辛肉味噌が入ったもの。湯気と共にジューっと焼ける音が響きます。ここにつけ汁を5杯入れて混ぜ、つけダレとして麺に絡めて頂きます。とろみがあり麺との絡みは凄く良いのですが、味もかなり濃い目。麺に全部絡めるとちょっとしょっぱい。水分がすぐ蒸発してしまうので、つけ汁を何回か追加しました。そして辛いのが苦手な自分は、むせながら食べました(笑)

味は普通ですが、接客だけはちょっと改善してほしい…。

辰盛
住所 :東京都板橋区高島平8-15-8
TEL :03-3935-2465
営業時間 :11:00〜15:00、17:30〜24:00
定休日 :無

らあめん厨房 どる屋@宇都

1/8(月)
続いて6軒目は「どる屋」へ。こちらは約3年半ぶりの再訪。お店は路地裏にあり、ちょっと分りずらいかも。
どる屋







以前「鮎だし新麺(醤油&塩)」は食べていましたが、実はノーマルのメニューは今回が初(笑)という事で、今回は「鯛七味香りねぎらーめん(焼豚1枚入り)」を注文。

「鯛七味香りねぎらーめん(焼豚1枚入り)」700円
どる屋 鯛七味香りねぎらーめん(焼豚1枚入り)







出てきた丼には、さらに上からネギ油がかけられます。シャッキリとした「那須の白美人」ネギに、香ばしいネギ油の香りがたまりませんね(^^ヾ鯛の香りがふわ〜っと広がる透明感のある優しいスープは、臭みは全く無く美味しい!麺は細縮れ麺で、ヘタレルのがやや早目。次回は固めで注文しよう。途中で特製七味を加えると、品のある辛味が味を引き締めます。具のチャーシューは、オーブンで焼き上げた焼豚で、注文が入ってから切り分けています。厚みがあり、噛めば噛むほどに美味い!!美味いの分ってるんだから、枚数増やせばよかったな(苦笑)

次回はまた「鮎だし新麺」を食べに再訪したいです(^^ヾ

どる屋
住所 :栃木県宇都宮市中央2-8-6
TEL:028-649-5917
営業時間 :12:00〜14:00、18:00〜20:00
定休日 :金曜の夜

Hananoki@Plus@宇都宮

1/8(月)
続いて5軒目は「Hananoki@Plus」へ。こちらは「花の季」2号店で、お洒落なカフェ風の造りになっています。
Hananoki@Plus







メニューは「花の季」同様の「バカうまラーメン」の他に、「Hananoki@Plus」限定の「アットプラスラーメン」があります。「バカうまラーメン」に関しては基本的にレシピは同じみたいなので、今回は「アットプラスラーメン」を注文。

「アットプラスラーメン」600円
Hananoki@Plus アットプラスラーメン







軽く濁りのあるスープは何かが突出するわけではなく、コクのある動物系ダシと煮干しの風味がバランス良く効いています。柚子の香りも良いアクセントになっていてなかなか美味しい(^^ヾ麺は中細の縮れ麺。チャーシューも柔らかく美味しい。

Hananoki@Plus
住所 :栃木県宇都宮市駅前通り1-5-9
TEL:028-643-8749
営業時間 :11:00〜23:00
       11:00〜22:00(日曜)
定休日 :月曜

もちもちの木 宇都宮@宇都宮

1/8(月)
続いて4軒目は、「もちもちの木」宇都宮店へ。「もちもちの木」は埼玉の白岡本店を構え、他に野田店新宿店福島店、そして味噌専門蓮田店があります。
もちもちの木@宇都宮







他店との比較の為に(福島店は未食)、一番食べ慣れた「中華そば」を注文。

「中華そば(小)」630円
もちもちの木@宇都宮 中華そば







もともとスープが濃厚という訳ではありませんが、他店(白岡、野田、新宿)に比べると明らかにスープが軽い。さらにそれでいて香味油と魚粉は多目。決して美味しくないという訳ではないですが、白岡、野田、新宿に比べると劣るのは確か。

もちもちの木 宇都宮
住所 :栃木県宇都宮市峰1-24-6
TEL:028-639-5511
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜22:20
       11:30〜16:00、18:00〜22:20(日曜、祝日)
定休日 :無

中華そば 櫓屋@宇都宮

1/8(月)
続いて3軒目は「櫓屋」へ。こちらはパシオ系のお店。
櫓屋







注文しなくても、魚粉がかかった一口サイズのミニライスが無料で付きます。スープを掛けて召し上がって下さいとの事でした。

「櫓そば」680円
櫓屋 櫓そば







背脂が軽く浮いた魚介豚骨スープ。動物系はしっかり出ているけど、魚介の風味は流行の魚介豚骨系に比べると強くはない。やけに安定してる(スープ)と感じるのはタレのせいか!?麺は中細の縮れ麺。具の豚バラチャーシューは、提供直前に炭火で炙られ香ばしい。メンマも軽い焼きが入っていて面白い。

「伯方の塩アイス」も気になりましたが、そこまで辿り着かず、、。

櫓屋
住所 :栃木県宇都宮市東宿郷6-1-21
TEL:028-636-8908
営業時間 :11:00〜15:00、17:30〜22:30(L.O.22:00)
定休日 :月曜(祝日の場合翌日)

支那そば 竹風(ちくふう)@岡本

1/8(月)
続いて2軒目は「竹風」へ。評判が良さそうだったのと、尚且つ「鶏白湯」というキーワードに惹かれ行ってみました(^^ヾこのエリアで「鶏白湯」って珍しいですね〜。
竹風







岡本駅から歩く事35分・・・。店に到着するも、チェーン店の様な外観には一瞬たじろぎました(笑)初訪なので、スープを直に味わえる「塩 竹風麺」を注文。

「塩 竹風麺」630円
竹風 塩 竹風麺







鶏メインに豚を加え、じっくりと炊き出したと言う鶏白湯スープ。鶏が色濃く出た黄色かかったスープではなく、さらっとしていてかなりライトな白っぽいスープ。程良い動物系のコクの後に、遅れて塩っ気がやってきます。麺はサクサクとした食感の中細縮れ麺。チャーシューはとろとろの柔らかさで美味しい。

竹風
住所 :栃木県宇都宮市平出町3738-2
TEL:028-662-7920
営業時間 :11:30〜15:00、17:30〜20:30
定休日 :火曜

中華そば 阿波家@野木

1/8(月)
年明け初の遠征は、昨年同様栃木へ。
1軒目は以前からの宿題でもあった、「阿波家」へ。こちらは「地鶏ラーメン研究会」の本店に当たる店。
阿波家







醤油にするか塩にするかで迷いましたが、地鶏ラーメン系ではいつも塩を食べているので、「塩ラーメン」+「煮玉子」を注文。空腹の為、ついでに「阿波赤鶏のタタキ丼」が付くBセットも(笑)

「塩ラーメン」600円+煮玉子100円+Bセット(阿波赤鶏のタタキ丼)250円
阿波家 塩ラーメン+煮玉子阿波家 阿波赤鶏のタタキ丼







表面には油が多く、スープにはブレなのであろう濁りが。鶏の旨味がしっかりと出ていますが、それ以上に魚介の風味を強く感じました。食後も魚介の余韻が続き、なかなか美味しい。甘味が抑えられればもっとキレが増すとは思いますが、甘味が強いのが地鶏系の特徴でもありますね(^^ヾ麺はもちもちとした喉越しの良い中細ストレート麺。チャーシューは大きく食べ応えがあり、しかも柔らかく美味い!

タタキ丼は上にかかるタレはあまり好みではないが、なかなか美味しい♪

阿波家
住所 :栃木県下都賀郡野木町友沼5905-16
TEL:0280-57-9318
営業時間 :11:00〜14:00
定休日 :水曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ