ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2007年05月

菜かむら@橋本

4/21(土)
洗足池さんと食べ歩き。続いて5軒目は「菜かむら」へ。冬季限定の「味噌ラーメン」がこの日で終了との事で、思わず衝動食い(^^ヾ

「味噌ラーメン」700円
菜かむら 味噌ラーメン







「菜かむら」らしいという表現が適切であろう、ダシの風味が効いたあっさりとした味噌味スープ。生姜の風味もあり、ベースは昔味のスープかな!?麺は中細の縮れ麺で、スープとの相性も良い。具は挽肉やキクラゲに、白菜、ニンジン、ネギ、玉ねぎ、水菜等の野菜がたっぷり入りとてもヘルシー。

菜かむら
住所 :神奈川県相模原市橋本2-8-12
TEL:042-773-8855
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜22:00
       11:30〜15:00、18:00〜20:00(土・日・祝)
定休日 :月、第3日曜

昔食堂 なおじ 橋本店@橋本

4/21(土)
洗足池さんと食べ歩き。続いて4軒目は「なおじ 橋本店」へ。
なおじ







こちらは07年4月6日にオープンした、「昔食堂なおじ」の橋本店。

二人で「なおじの塩V3」「1号の塩」を注文。

「なおじの塩V3」700円、「1号の塩」650円
なおじ なおじの塩V3なおじ 1号の塩







「なおじの塩V3」は、牛白湯スープ。牛の独特な風味が効いたまろやかな味わいで、「1号の塩」に比べると柚子の効き具合も丁度良い。丼の縁には魚粉が添えられていますが、味を大きく変化させるほどの量ではない。麺はストレート細麺で、茹で加減も良くサクっとした食感。竹の子は水煮の物にさらに味付けしているそうですが、酸味がありちょっと苦手。エリンギのソテーや、こんがりと炙られたチャーシューはとても美味い!

「1号の塩」は、透明感のある鶏+牛白湯スープ。ダシ自体はしっかりとられているものの、柚子の風味が全体を強く支配しています・・・。細縮れ麺はスープの吸いが早く、後半かなりダレてしまいました。

とても興味深かったのは、店長の経歴。いわゆる新潟4大系統の某店での修行経験があるそうです。5年前に訪問した際、もしかしたらいたのかも!?(笑)

なおじ
住所 :神奈川県相模原市橋本3−28−1 ミウィ橋本1F
TEL:042-700-7619
営業時間 :11:00〜23:00
定休日 :無

鈴木ラーメン店@相模原

4/21(土)
洗足池さんと食べ歩き。続いて3軒目は「鈴木ラーメン店」へ。場所は相模原拉麺横丁内。

「博多中洲屋台ラーメン」550円
鈴木ラーメン店 ラーメン







表面にはたっぷりの油が覆っているものの、比較的しっかりと髄が出た豚骨スープ。麺は茹で加減を選べるので、バリカタで注文。が、バリカタというよりはハリガネ、ハリガネというよりも粉落としに近い様な生茹で感のある食感・・・。固めに茹で上げているらしく、デフォでも十分バリカタなみ。注文の仕方を誤りました・・・。母体は一緒なので、横の店舗にある製麺機で麺を作っています。

「鈴木ラーメン店を応援する会」なるのぼりを立てている某氏が、「魁龍」を引き合いに出した発言をしてましたが、その意味合いは全く理解できず(爆)550円でこのレベルの豚骨ラーメンが食べられるのは嬉しい事なのですが。

鈴木ラーメン店
住所 :神奈川県相模原市中央4-1-1 相模原拉麺横丁内
TEL:042-756-7377
営業時間 :11:00〜24:00
定休日 :無

らあめん 虎心房だいにんぐ@淵野辺

4/21(土)
洗足池さんと食べ歩き。続いて「虎心房だいにんぐ」へ。店主は「虎心房@町田」のお母さん。
虎心房だいにんぐ







移転後初の訪問だったので、基本の「虎心麺」を注文(^^ヾ同行者は「カレー」も食べてました。

「虎心麺」600円
虎心房だいにんぐ 虎心麺虎心房だいにんぐ カレー







スープは「虎心房@矢野口」時代と同様の、牛・豚・鶏を使用した白湯三骨スープが特徴。臭みが無くクリーミーな味わい。背脂ミンチの食感も良いですね。麺には豆乳を練り込んだ、豆乳麺を使用。もちもちとした食感の太平麺で、スープとの相性も良い。

「虎心房@町田」もそろそろ再訪したいところ(^^ヾ

虎心房だいにんぐ
住所 :神奈川県相模原市相模原1-2-7
TEL:042-758-0839
営業時間 :11:30〜14:30、17:30〜スープ切れ次第終了
定休日 :火、水曜

博多長浜ラーメン 六角堂@淵野辺

4/21(土)
洗足池さんと一緒に相模原地区で食べ歩き。まずは「六角堂」をシャッター。
六角堂@淵野辺







こちらの店主は八王子の「八角堂」出身。店舗は他にも八王子・橋本・清新店があります。水は逆浸透膜の浄水器を使用。

「長浜ラーメン」600円
六角堂 長浜ラーメン







濃厚感はあるものの、スープの濃度はそれ程高くはなくクリーミーで食べやすい。麺は極細のストレート麺で、茹で加減も良くサクッとした歯切れの良さ。

朝一だからこの濃度なのかと思い、『夜の方が煮詰まってもっと濃くなるんですか?』とお店の方に聞いたら、『そんなこと無いですよ』との返答でした。常にこの濃度??どう受け止めたら良いのか。。

六角堂
住所 :神奈川県相模原市共和4-22-6
TEL:042-750-6789
営業時間 :11:00〜翌4:00
       11:00〜翌2:00(日・祝)
定休日 :無

千葉拉麺倶楽部 拉通 ra2@小室  5月限定「義経」

5月の限定「義経」を求めて「ra2」を訪問(^^ヾ

『史上最強のこってり背脂チャッチャラーメン』と聞いたからには、背脂好きは行かずにはいられない!(笑)初訪ですが、「義経」のみ注文。

「義経」850円
ra2 義経







ライトなスープにたっぷりの背脂が浮いた、背脂チャッチャ系のこってりスープ。背脂ミンチに背脂のソテー、さらには炙り背脂というアイデアが素晴らしい!特に背脂のソテーが良い味出してます!麺は浅草開化楼の太平麺で、背脂の持ち上げも良い。力強い食感で、背脂に負けておらず美味い。ラム肉チャーシューは凄いミスマッチ・・・。ラムの臭みが・・・。

背脂とスープの相性は「下頭橋ラーメン」の方が良いですが、このアイデアは凄く良かったです!進化した「弁慶」か!?(^^ヾ

気になったのは、丼をシンクに置いて作っていた事。味には関係ないけど、厨房が丸見えなのでちょっとがっかり…。

ra2
住所 :千葉県八千代市神久保75-14
営業時間 :11:00〜22:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :火曜

いまむら@関内  5/26の限定

5/26の限定麺、「マグロとアンキモのスープ」を求めて「いまむら@関内」へ(^^ヾ

「マグロとアンキモのスープ」1200円
いまむら マグロとアンキモのスープ







一見ラー油入りかと見紛う様な、赤というかオレンジというか不思議な色のスープ(笑)アン肝はペースト状にしたりそのまま固形だったり、タレにもスープにも使用しているそうです。マグロの風味は完全に後に引っ込んでしまっていて、スープ全体をアン肝が支配しています。色々と凝るのは良いけど、正月に出した限定「マグロ旨味そば」の改良版だったら嬉しかったのになぁ。メンマはカレー風味とややミスマッチ。チャーシューは相変わらず美味い!

毎週土曜は限定30食で、週代わりのメニューを提供しているそうです。
いまむら 限定お知らせ







その他にも「鶏白湯」や「冷やし」等、いつの間にかメニューが増えてました。
いまむら 鶏そば告知いまむら 冷やし告知







↓夜の限定麺もある様です。
いまむら 夜限定告知







いまむら@関内
住所 :神奈川県横浜市中区相生町2-33
TEL:045-663-5399
営業時間 :11:00〜14:30、18:00〜22:30
       11:30〜20:00(土曜)
定休日 :日曜、祝日

ら〜麺 もぐや@亀有

5/1オープンの新店。駅から近いものの、路地裏にあるのでやや見つけにくいかも。店主は元プロボクサーだったり、修行先も多岐に亘り興味深い。
修行先については、しらすさん「もぐや」のレポを見れば、食べ歩いてる人ならどこか分かりますね(^^ヾ
もぐやもぐや メニュー







店名を冠した「もぐめん 赤・白」も気になりましたが、今回は「醤油ら〜めん」を注文。

「醤油ら〜めん」670円
もぐや 醤油ら〜めん







煮干しではなく節がガッツリと効いた、あっさりとした醤油味スープ。魚粉も投入されていて魚介の風味はかなり強く出ていますが、動物系のコクがやや弱い印象。決して薄い訳ではないので、バランスの問題かな!?麺は中細の縮れ麺で、茹で加減も良くザクットした食感。チャーシューは柔らかく美味しいですね〜。

夜は一部居酒屋状態になってる可能性もあるので、昼に行く方が無難かもしれません。

この後別軒で確認した所、メンマとチャーシューは東葛地区の某店と同じ(店主公認)なんだとか。この店主がまた良い人で、「もぐや」の事を凄く気にかけていたのが印象的でした。

もぐや
住所 :東京都葛飾区亀有5-15-14
TEL:03-5682-0886
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜22:30
定休日 :月曜

いまむら@関内  明日は限定

「いまむら@関内」にて、明日は限定30食で『マグロとアンキモのスープ』をやるそうです!1杯1200円との事。

聞いただけなので、実際にどういうラーメンが出てくるかは分かりませんが、興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか(^^ゞ

麺屋武蔵 二天@池袋  「鯣(するめ)そば」

5/22の分。

5/21から始まった限定麺、「鯣(するめ)そば」を目当てに「二天」へ。12時過ぎに入店するも、運良く残っていました。

「鯣そば」850円
二天 スルメそば







スープも香味油も、噂通りスルメイカの風味がかなり強く出ています!食べる前まで、イカ臭いのってどうなの?って思ってましたが、これが意外と美味い!(^^ヾ具のさつま揚げは、イカのすり身にゲソと柚子の皮を練りこんだもの。香ばしくふわっとしたさつま揚げに、ゲソのコリッとした食感が良い。米が食べたくなりますよ〜。お好みでと添えられる柚子酢を加えても、スルメイカの風味が全く負けないのが面白い(笑)

※期間は6月下旬まで。昼10食・夜(17時〜)10食での提供。

麺屋武蔵 二天
住所 :東京都豊島区南池袋3-14-12
TEL:03-5950-9210
営業時間 :11:00〜21:30
       11:00〜16:00(日曜)
定休日 :無

つけ麺 目黒屋@馬込沢  月曜以外でも濃厚スープが。

5/21の分。

船橋方面に行ったついでに「目黒屋」へ。今年3回目となる、月曜日の濃厚デー。今回も「ラーメン」を注文。

「ラーメン」650円  【’07 250杯目】
目黒屋 ラーメン







1回目は、鶏も強く出ていてまったりとした濃厚感でした。前回と今回は豚骨がかなり強く出ていて、レンゲや丼の底にたまる髄の量は、有名豚骨ラーメン店のそれと同じぐらいかも!?もう少し鶏が強い方が尚好みですが、十分美味しかったです(^^ヾ

※お知らせ
目黒屋 お知らせ







月曜日以外でも、濃厚スープを10杯程用意しているとの事。大体12時ぐらいまでは残っているそうです(^^ヾ

目黒屋
住所 :千葉県鎌ケ谷市馬込沢3-22
TEL:047-430-5005
営業時間 :11:30〜15:00(麺切れ次第終了)
定休日 :火、水曜

夕@鶯谷

5/18の分。

夜に「夕@鶯谷」を訪問。こちらは07年5月9日より始まった「遊@鶯谷」のセカンドブランドで、営業は水〜金の夜になります。メニューは不定期に変わるらしく、この週は鶏を強めた「濃そば」でした。

20時半頃に入店。その直後、偶然こばさんが到着しましたが、残念ながら丁度スープ切れ。昼の「中華そば」なら出せるとの事で、二人で「濃そば」「中華そば」を食べました(^^ヾ昼と夜のメニューを同時に食べれるなんて、かなり貴重な体験でした☆

「濃そば」700円
夕 濃そば







煮干しをガッツリ効かせた鶏白湯スープ。クリーミー且つ濃厚な味わいで、なかなか美味い。さらに魚粉でインパクトを付加。麺はコシの強い、中太の平打ちストレート麺。チャーシューも相変わらず美味いですね☆

「中華そば」は、煮干はしっかり効いているもののあっさりとした味わい。軽い苦味も旨味の一つ(^^ヾ久々に食べましたが、こちらも美味い。

昼と夜の2品は、麺も具も一緒。スープ以外にも変化があれば尚嬉しいですね。今後の展開にも注目です!


住所 :東京都台東区根岸1-3-20
TEL:080-6672-7111
営業時間 :18:00〜23:00(スープ切れ次第終了)
営業日 :水・木・金曜

麺屋 騎士(ないと)@ときわ台

5/10の分。

「下頭橋ラーメン」で背脂を大量に摂取した後、まあぼーさんと合流しへ「騎士」へ。こちらは07年5月7日オープンの新店で、店主は「道頓堀@成増」で1年程修行されたそうです(^^ヾ
騎士騎士 メニュー







既に「ラーメン」「つけ麺」も食べていた仲間によると、「ラーメン」の方がお薦めとの事。自分は「醤油ラーメン」「炊き込みご飯」を、仲間は「塩ラーメン」「餃子」を注文。

「醤油ラーメン(左)」650円
騎士 醤油ラーメン騎士 塩ラーメン







魚介の風味が強く効いた、あっさりとした味わいの醤油味スープ。なかなか美味しいのですが、動物系の厚みが増せばもっと美味しくなりそうな感じ。麺は「大栄食品」のやや太目のストレート麺で、茹で加減も良くサクッとした食感。麺に関しては知り合い二人の感想との食い違いが合ったので、混雑時はブレがあるのかもしれません。
チャーシューはデフォで2枚入りますが、コレはかなり美味い!なので、味玉・メンマ・海苔(大)・わかめ・チャーシューが増える「特上」にすれば良かったと、ちょっと後悔。

「塩ラーメン(右)」は醤油よりも節の風味がダイレクトに感じられます。魚介の風味は強く出ていますが、こちらも動物系のコクがやや弱いかな。

「炊き込みご飯」100円
騎士 炊き込みご飯







味濃い目の、チャーシューの炊き込みご飯。100円という価格は嬉しいですね!器は斜めカットの底が深いタイプ。仲間の注文した「餃子」は、肉汁たっぷりで美味しかったです。

「道頓堀出身」という響きにより、思わず期待し過ぎてしまう感は否めない。でも、『新店』として見ればなかなか美味しいです(^^ヾこれからもっともっと伸びるでしょうし、時間を置いて再訪したいと思います!

騎士
住所 :東京都板橋区常盤台1-46-4
TEL:03-5970-7109
営業時間 :11:00〜14:00、17:00〜23:00
定休日 :水曜

麺や 福一@成田  5月の限定麺

5/3の分。レポが追いつく気配が無いので、いつくか先にアップしていきます。

食べ歩き2軒目に「福一」へ。5/1から始まった限定麺が目当て(^^ヾ

「旬野菜を使った鶏白湯焼き煮干しそば(左)」850円
福一 旬野菜を使った鶏白湯焼き煮干しそば福一 塩ラーメン







一言で言えば、超濃厚鶏白湯魚介スープ。ここまで濃厚で煮干しガッツリなのは、なかなか他には無いですね☆「鶏塩ラーメン」等に使用する濃厚な鶏白湯スープと魚介ダシを合わせ、さらにそこに煮干しをガッツリ効かせたんだそうです。煮干し好きなら、スープを一口飲めば思わずほほが緩みますよ〜(^^ヾ麺は国産小麦2種を合わせたという平打ち縮れ麺。もちもちとした食感も良いし、スープとのからみもとても良い。具材はチャーシュー、海苔、グリーンアスパラ、ホワイトアスパラ、ネギ、水菜。5月一杯の提供だそうです。

仲間が食べた「塩ラーメン(右)」は、まろやかであっさりという点は変わっていない。でもその表情はかなり異なります。以前は一口目から塩ダレの旨味広がる(尖りは無い)タイプでしたが、魚介の広がりが増すとともにより柔らかく美味しくなりました。自分は今の方が好み!

「鶏塩ラーメン」は以前よりも、濃厚感というか鶏の旨味がアップ!「中華そば醤油」はこってりで。「中華そば」は初めて食べたのですが、魚介が効いたスープに背脂の甘味が活きていて実に美味い。背脂派にはお薦めです!(笑)次回自分はコレかな(^^ヾ

「本日の気まぐれ丼」
福一 気まぐれ丼 超こだわり卵かけごはん







「本日の気まぐれ丼」は、「超こだわり卵かけごはん イタメシ風カルボナーラ仕立て」でした。「むさし坊」「七彩」と同じスタイルで、醤油は「下総醤油」「再仕込み醤油 千波」の二つから選択。「むさし坊&七彩」「弓削多 吟醸純生醤油」の方が断然好みですが、「再仕込み醤油 千波」もなかなか。先の店と違うのは、薬味以外に炙り焼きチャーシューとチーズが添えられる点。温かい内に溶き卵とチーズをごはんに混ぜるとカルボナーラ風に。チャーシューが付くのは嬉しいし、満足度も高い!お店側が商品名に『こだわり』と謳うのは好きではありませんが、かなり美味いですよコレ(笑)

食後は決まってジェラートを☆
「本日のジェラート 3種盛り」480円
福一 ジェラート3種盛り







この日は「オーガニックシュガーのキャラメルのジェラート」「イチゴのジェラート」「ゴールデンキウイのジェラート」でした。キャラメルのジェラートが断トツで美味しく、次にイチゴ、キウイの順でした。

麺類からご飯もの、そして最後はデザートで〆る。ちょっとしたコースですね(笑)

福一
住所 :千葉県成田市花崎町846-15
TEL:0476-22-1978
営業時間 :11:30〜14:00、18:30〜23:00
       12:00〜14:30(土曜、祝日)
       18:30〜23:00(月曜)
定休日 :日曜

ぶらり@日暮里

07年4月16日オープンの新店。こちらは「きび」の姉妹店に当るお店で、関連店の「らん亭」同様1軒家を改築した造りになっています。麺類は1階のみでの提供となり、2Fは居酒屋となっています。
ぶらり







店の横に飾られた大きな木の看板、「ぶらり」と書かれた文字は渡邉さん自身が彫ったものなんだそうです。彫刻刀で(笑)

オープン以降、試作や居酒屋を含め数回食べに行ってますが、まとめてのアップとします。

麺類のメニューは「鶏そば」「鶏白湯ら〜めん」「鶏白湯つけめん」があり、5月の限定として「鴨つけめん」が5/14から始まっています。

「鶏そば」650円、「鶏白湯ら〜めん」750円+玉子100円
ぶらり 鶏そばぶらり 鶏白湯ら〜めん







「鶏そば」は透明感のあるスープで、あっさりとしながらも鶏の旨味がしっかりと出ています。少量入った柚子の風味も爽やかで良いですね。麺は三河屋製麺の中太の縮れ麺で、プリプリとした食感。具は鶏チャーシュー、山くらげ、白髪ネギ、糸唐辛子。鶏チャーシューはニンニク醤油ダレで味付けし、調理しています。

「鶏白湯ら〜めん」「鶏そば」とは対極にある、鶏の旨味が濃縮された鶏白湯スープ。まだ日によってブレもあるようですが、とろみを感じるぐらいクリーミーでコクがあり美味い!こちらに合わせる麺は、中太の平打ち縮れ麺。やや固茹でなのが気になりますが、今後微調整があるかもしれません。

「鶏そば」「きび」「らん亭」の延長線上にある(味わいは異なりますが)ので、1杯しか食べないのであれば「鶏白湯ら〜めん」の方が断然オススメです☆

「鶏めし」300円
ぶらり 鶏めし







「鶏そば」のスープで炊いた「ごはん」が100円で提供されていますが、そこに鶏そぼろ肉と炒り玉子をのせた2色丼。そぼろ肉は生姜を効かせて醤油を加えた、甘じょっぱい味わい。懐かしくもあり、こちらも美味い!夜には売り切れてる可能性が高いです。

「鴨つけめん」800
ぶらり 鴨つけめん







つけ汁は『鴨南蛮そば』っぽい仕上がりで、滑らかでうどんの様なもちっとした食感の中太ストレート麺との相性も良く美味い(^^ヾ麺重量はデフォで300gあり、食べ応えもあります。具の鴨肉は噛み締める程に美味く、肉から出た脂はつけ汁に旨味を付加。

この「鴨つけめん」はグループ全店で提供されていますが、「らん亭」のみ別使用なのだそうです。と言うのも、使用する鴨肉が他店より高いから。値段もやや高めだそうですが、間違いなく美味いんだろうなぁ。飲み会ついでに行ってみたいです(^^ヾ

つけ麺 目黒屋@馬込沢  「豚飯」始まりました!

4/20(金)
昼に、今年7回目となる「目黒屋」を訪問。
三週間ぶりの訪問でしたが、知らぬ間に「豚飯」がメニューに加わっていました!今回は「ラーメン」「豚飯」をチョイス。

「ラーメン」650円、「豚飯」250円
目黒屋 ラーメン目黒屋 豚飯







最近はもっぱら「ラーメン」派です(^^ヾコクのある動物系ダシに、魚介の旨味がビシッと効いたスープ。より美味しくなってますね☆

「豚飯」は角切りのチャーシュー、ネギ、胡麻を乗せてタレをかけたもの。食べずして想像がつくだろうし、値段と量のバランスは、決して良いとは言えない。。サイドメニューが増えたのは嬉しいですが。

目黒屋
住所 :千葉県鎌ケ谷市馬込沢3-22
TEL:047-430-5005
営業時間 :11:30〜15:00(麺切れ次第終了)
定休日 :火、水曜

らーめん えにし@戸越銀座

4/17(火)
昼に「えにし」を訪問。前回とは逆のパターンで、「塩らーめん」「つけめん」を注文しました。

「塩らーめん」650円、「つけめん」750円
えにし 塩らーめんえにし つけめん







軽く白濁したスープは、あっさりとしつつも動物系のコクや魚介の旨味がしっかり出ていて美味い。前回とは味わいが若干異なるのは、角田さんがまた少し味をいじったからか!?(笑)「塩らーめん」に合わせられるのは、自家製の細縮れ麺。細麺ながらも弾力・コシがあり、とても美味しい。

「つけめん」のつけ汁は醤油感が強く、魚粉も多めに浮いていて香ばしい。こちらには中細の平打ち麺が合わせられます。薬味の刻んだ三つ葉が爽やかです。「(醤油)つけめん」も美味いけど、やはり「塩つけめん」の方がより好み(^^ヾ

「肉ごはん」200円
えにし 肉ごはん







「えにし」に来たからには食べずにいられないサイドメニュー!煮込んだ肉がたっぷり乗っていて、これで200円はかなりお得です!いつたべても美味いです(^^ヾ

えにし
住所 :東京都品川区平塚2-18-8 金泉湯2F
TEL :03-3788-5624
営業時間 :11:30〜15:00、17:00〜22:00
       11:30〜18:00(スープ切れ終了)(土・日・祝)
定休日 :月曜

ラーメン専門店 獅子吼(ししく)@大曽根

4/8(日)
続いて『好来系』「陣屋」に行くも、残念ながら臨休・・・。気を取り直し「獅子吼」へ(^^ヾ

メニューは豊富で、醤油・塩・味噌から限定まであります。どれを食べるか迷いましたが、店内の張り紙に「塩らーめん」がお薦めと書かれていたので、塩にしてみました。

「塩らーめん」750円
獅子吼 塩らーめん







出てきた丼は、3本の足が付いたいびつな形で、これは面白い(^^ヾ穴空きのトレーもお洒落ですが、丼の足が格子状の穴にはまりやや不安定でした。

軽く白濁したスープは、塩カドは無くあっさりとした味わい。表面には胡麻と背脂が浮いています。細めの縮れ麺は茹で加減も良くコシがあり、スープとの相性も良い。短冊切りのチャーシューは、軽く炙られていて香ばしく美味い。全体的にうまくまとまっているなぁとは思うものの、750円という価格には正直かなり割高感を感じました。

獅子吼
住所 :愛知県名古屋市北区平安1-10-26 シエラ大曽根1F
TEL:052-991-1113
営業時間 :11:30〜14:00、18:45〜24:00(スープ切れ次第終了)
       18:45〜24:00(火、木曜)(スープ切れ次第終了)
定休日 :月曜、火・木曜の昼

富良野らーめん@千種

4/8(日)
遠征二日目の朝食は、「富良野らーめん」へ。こちらは07年2月24日オープンの新店。「富良野らーめん@伏見(閉店)」「白水」「ら・けいこ」等を手がけてきたヒゲの大将のお店なので、やはり気になりますね(^^ヾ
富良野らーめん







注文してしばらくすると大将が味のチェックにやってきて、店員に色々指導していました。『撮影禁止』と書かれていますが、大将に聞いて許可をもらいました。『もっと早く言ってくれれば、きれいに盛ったのに』と言われたのは面白かったです(笑)

「名代みそラーメン」700円
富良野らーめん 名代みそラーメン







名古屋でこういう盛り方を見て思い浮かべるのは、やっぱり「ら・けいこ」ですよね。味はらけとは全く違いますが、麺重量がデフォで300gだったり野菜もたっぷり盛られていたり、連食にはちょっと堪えるガッツリとしたボリューム。

一味のピリッとした辛味が効いた、やや濃い目の味付けの味噌スープ。麺は弾力が強く、存在感のある太縮れ麺。ボリュームが多いですが、麺が美味いのでスルスルと食べれちゃいます(^^ヾ野菜はもやしを中心にキャベツも入り、山盛りのボリューム。らけのようなインパクトはありませんが、やはり美味いですね〜。そしてチャーシューも凄く美味い!煮豚ではなく焼豚なんですね〜!次回は「焼きK麺(ブタ)」350円をトッピングしたいです。ネーミングの由来に関しては、大将に聞く勇気は出ず(苦笑)

富良野らーめん
住所 :愛知県名古屋市千種区今池1-1-4
営業時間 :11:00〜仕込み〜21:00頃
       9:00〜14:00(日曜)
定休日 :未定

萬珍軒@中村区役所

4/7(土)
飲んだ後の〆に、「玉子とじラーメン」で有名な「萬珍軒」へ。終電ギリギリでの到着。 

夜営業なのと、いつもついついニューウェーブ系ばかりを食べてしまうので、訪問するのは今回が初。昔発売した寿がきやのカップ麺(萬珍軒)なら食べた事はあるのですが(笑)

「玉子とじラーメン」630円
萬珍軒 玉子とじラーメン







「玉子とじラーメン」を注文したものの、店員の手違いで「焼豚入りラーメン」に。もちろんお代はそのまま(^^ヾ

熱々のスープ表面には、麺が見えない程のたっぷりの玉子とじ。スープの味は濃い目ですが、玉子が加わりマイルドに。麺は極細の縮れ麺で、この玉子がよく絡みます!ただ、やや柔目の茹で加減だったのが気になりました。チャーシューの味付けは濃い目。

萬珍軒
住所 :愛知県名古屋市中村区太閤通4-38
TEL:052-481-8824
営業時間 :18:00〜26:30
定休日 :日曜、第3月曜

CHINA5°@栄

4/7(土)
岐阜の友人と待ち合わせ、二人で飲みへと繰出しました(^^ヾ友人が連れて行ってくれたのは、中華ダイニング的な「CHINA5°」。飲んで食べて、〆にラーメンも食べれる様にって考えてくれたみたいです(笑)
CHINA5







たっぷり語って散々飲んだ後、〆に「黄金塩ラーメン」「黄金醤油ラーメン(ハーフ)」を注文(^^ヾ

「黄金塩ラーメン」650円
CHINA5 黄金塩ラーメン







中華っぽい雰囲気を感じる、さっぱりとして旨味が効いた塩味スープ。麺は細めの縮れ麺。飲んだ後には良いのかな!?

同じ「かぶらやグループ」「HAMASAKU」は未食なので、次回食べ比べてみたいです。

CHINA5°
住所 :愛知県名古屋市中村区名駅5丁目24-3 納屋橋CUBES2番館
TEL:052-569-9088
営業時間 :17:00〜翌4:00
       17:00〜24:00(日曜・祝日)
定休日 :不定

らーめん専科 蔘好来(しんこうらい)@久屋大通

4/7(土)
名古屋へと移動し、一端ホテルで仮眠。その後夕方に、『好来系』の未食店「蔘好来」へ。
蔘好来







『好来系』の味って愛知に行かないと食べれないし、結構好きなんですよね!(^^ヾ基本の「松」を注文。

「松」800円
蔘好来 松







スープはしっかり白濁していますが、味わいは『好来系』の中でもあっさり目な方かな。麺はやや短めの、もちっとした食感の太ストレート麺。麺はあの特殊な4分割のザルではなく、テボで茹でています。後半はもちろん、人参酢を投入〜。高麗人参酢を入れると美味さが倍増します!この独特な風味はたまりませんね(^^ヾ

蔘好来
住所 :愛知県名古屋市中区丸の内3-21-2
TEL:052-959-3773
営業時間 :11:00〜15:00、17:00〜21:00
定休日 :日曜、祝日

麺屋 柔@焼津

4/7(土)
「クロシェット」で休憩(イートイン3個)した後、焼津に移動し「柔」へ。
柔







以前から気になっていたお店ですが、営業時間が変わり中々足を運ぶ事が出来ずにいました。

「醤油」「塩」「味噌」の3種類を基本とし、スープは其々別取りなんだそうです。さらに「醤油」「塩」のスープをミックスさせたのが「支那そば」との事。迷った末、二人で「支那そば」「塩そば」を注文(^^ヾ

「支那そば」600円、「塩そば」600円
柔 支那そば柔 塩そば







「支那そば」は、葫風味の香味油がかなり余計・・・。スープはしっかりとしたコクがあり美味しいのに、この香味油の使い方には疑問を感じます。麺は自家製の細ストレート麺で、しゃっきりとした茹で加減で美味い。具はバラロールチャーシュー、メンマ、海苔、刻みネギ。

「塩そば」のスープには生姜の風味が効いていて、なかなか美味しい。自分は「塩そば」の方が好み(^^ヾ

「たきこみ御飯 帆立の貝柱」150円
柔 たきこみ御飯 帆立の貝柱







サイドメニューの「たきこみ御飯」には、「帆立の貝柱」「チャーシュー飯」の2種類があります。おそらく「塩そば」のタレに使用した干し貝柱の戻しを再利用したものだと思いますが、味付けはあっさりとしていて(特に「塩そば」の)スープとの相性が抜群に良い!150円という値段も魅力的ですね。

朝から食べ始めた事もあり、11時半過ぎには予定の5軒他を全て回りきりました(^^ヾこの後は名古屋へ移動〜。


住所 :静岡県焼津市大村新田248-2
TEL:054-626-4582
営業時間 :11:00〜14:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :火曜、第2・4水曜

池田屋@藤枝

4/7(土)
続いて『志太系』連食の最後となる「池田屋」へ。こちらは06年12月?オープン。
池田屋







二人で「中華そば並」「冷やし並」を注文(^^ヾ

「中華そば並」450円、「冷し並」550円
池田屋 並池田屋 冷し並







鰹ダシが効いた濃い目の醤油味スープは、先の2店よりは「マルナカ」に近い気もしますが、やはり「マルナカ」とも異なる味わい。

「冷やし」にとろみと甘味があるのも、他の『志太系』と共通。麺は自家製麺らしく、水で〆られた中細平打ち麺はコシがあり美味い。

店の並びには「伊駄天」もあります。

池田屋
住所 :静岡県藤枝市青木3-7-3 松浦ビル
営業時間 :7:00〜13:30(スープ切れ次第終了)
定休日 :日曜

マルナカそば店@藤枝

4/7(土)
続いては、以前『桜まつり』の為にふられた苦い経験のある「マルナカそば店」へ。
マルナカ







昨年とほぼ同時期での訪問の為、やってるかどうかドキドキでした。
二人で「中華そば並」「冷やし並」を注文(^^ヾ

「中華そば並」450円、「冷やし並」550円
マルナカ 中華そば並マルナカ 冷やし







他の『志太系』に比べると動物系ダシがやや強めで、スープにやや厚みがある気がします。もちろん鰹の風味もしっかり効いています。麺は他店に比べるとかなり太い。丼一杯に麺が詰っているし、スープもなみなみと注がれているし、丼は小さ目ながらも中々食べ応えがあります。

「冷やし」にはとろみと甘味があり、麺も水で〆られコシがあります。他の『志太系』においても、自分は「中華そば」よりも「冷やし」の方が好みかな。連食にも関わらず、するすると食べれます(^^ヾ

「中華そば」「冷やし」をセットで食べてる人が多かったのですが、それも納得。元祖としての風格というか、他の『志太系』に比べて非常に存在感のある1杯でした。

待っている間に色々と話しかけてくれた地元のおじさん曰く、開店直後に並んだ人達が食べ終わる10時過ぎが、穴場の時間帯なんだそうです。でも11時頃になると、昼飯がてら食べに来る客が増えてまた混みだすとの事。

「マルナカ」とは全く関係ありませんが、「中華そば」「冷やし中華そば」の2種類が1年中あり、尚且つ冷やしには酸味が無くてとろみがあるというお店が仙台にもありますね(^^ヾ

マルナカそば店
住所 :静岡県藤枝市志太3-1-24
TEL:054-646-1516
営業時間 :8:30〜13:30
定休日 :日曜・祝日、第2・4土曜

居酒屋 まごころ@藤枝

4/7(土)
続いて「森下そば店」のすぐ横に位置する「まごころ」へ。
まごころ







こちらは居酒屋ですが、土・日と木・金の夜??(店内に張り紙有り)だけ麺類を提供しています。

二人で「中華そば」「中華冷し」を注文(^^ヾ

「中華そば」500円、「中華冷し」600円
まごころ 中華そばまごころ 中華冷し







こちらのスープは、「森下そば店」に比べ鰹の効きが強くかなりそばつゆっぽいのが印象的。

「中華冷し」はとろみや甘味があるのは他の『志太系』とも同じですが、水で〆た麺のコシの強さはここが一番でした!この麺の食感はかなり好み(^^ヾ

「マルナカ」の味からはちょっと離れてますが、この系統の味が根付いているのは興味深いです。

まごころ
住所 :静岡県藤枝市茶町4-19-1
TEL:054-646-5803
営業時間 :8:00〜売切れ次第終了(土・日)(13時頃!?)
営業日 :土日(木・金の夜!?)

森下そば店@藤枝

4/7(土)
18切符の残りを利用し、土日で東海遠征へ。
焼津の友人と朝8時半に藤枝駅で待ち合わせ、『志太系(マルナカ系)』の食べ歩き。まずは「マルナカ」に行くも駐車場がいっぱいだった為、先に「森下そば店」へ。こちらは06年10月頃のオープン。
森下そば店







今まで食べた『志太系』のラーメンと言えば、「竹乃や@焼津」やその出身の「いなせや@三河島(閉店)」ぐらいです。

二人で「ラーメン」「冷やしラーメン」を注文。チャーシューは100円増しでした。この後は二人で温と冷を交互に注文(^^ヾ

「ラーメン」500円、「冷やしラーメン」500円
森下そば店 ラーメン森下そば店 冷やしラーメン







透明感のあるスープは、鰹ダシが効いた濃い目の醤油味スープ。そばつゆを動物系ダシで割った様な印象か(^^ヾ麺は中細の平打ち麺で、「マルナカ」より細め。胃に優しくするする食べれちゃいます。

「冷やしラーメン」のスープにはとろみと甘味があり、添えられた山葵を溶かすと味が変化しまた美味しい。「つけ麺」に入る様な酸味はありません。水で〆られた麺はコシがあり、スープとの相性も良い。

2杯とも、後から食べた「マルナカ」とも若干異なる味わいでした。
店主は「マルナカ」よりも「瀧下」に強い思い入れがあるそうです。さらに「池田屋」の店主は、同じ中学校の先輩なんだとか。

土日のみの営業で尚且つ不定休(土曜に休む事が多いとか)と、かなりハードルが高いですね!この日は店先に張り出された『今月の営業日』には含まれておらず、運良く食べれたといった感じです(^^ヾ

森下そば店
住所 :静岡県藤枝市茶町4-19-1
TEL:090-3258-2498
営業時間 :8:00〜売切れ次第終了(12〜13時頃)
営業日 :土日(不定)

麺酒処 らん亭@曳舟

4/4(水)
夜に「らん亭」で飲み会。レギュラーメニューは食べ尽くしたので、裏メニューを(^^ヾ

「塩太麺(二郎風)」、「油そば」
らん亭 太麺塩らん亭 油そば







「塩太麺」は、「塩ラーメン」のスープに化調をたっぷり加え、極太麺と茹で野菜、そしてチャーシューの脂身を合わせたもの。するとあら不思議、ちょっぴりだけ二郎風に!?ほんのちょっぴりだけね(笑)

そして意外にも!?一番美味しかったのが、この「油そば」!そのまま食べても美味いが、黄身を潰して混ぜるとよりマイルドになります。揚げたワンタンの皮!?がサクサクで良いアクセントになっているし、卵の白身も炒られて無駄なく具材として使用されていて良いですね。もっと改良して、定番メニューにしちゃえば良いのにと思いました(^^ヾ

「おでん」も相変わらず美味しかったです☆

らん亭
住所 :東京都墨田区向島5-20-4
TEL:03-3624-3988
営業時間 :18:00〜25:30
定休日 :日曜・祝日、土曜不定

麺屋武蔵 二天@池袋

4/5(木)
限定麺(4月末までの提供)を目当てに、「二天」へ。
大好物の「豚天飯」は、タレの2種類から選択可能になっていました。

「鶏玉(おやこ)揚げそば」850円、「豚天飯(塩)」300円
二天 鶏玉揚げそば二天 豚天飯塩







茶濁のスープは、濃厚な鶏白湯スープにオイスターソースを加えたもの。麺は玉子を絡めてから揚げています。パリパリで香ばしく、スープに浸して食べると美味しいのですが、繋ぎが入ってる分麺が解れ難くちょっと食べずらい。食べるのに時間がかかる事もあってか、後半ちょっと飽きが来ました。。具はシソを巻いた鶏チャーシューに、温玉と千切りの野菜、刻みネギ。最後にスープ割りできるのは嬉しい。

「豚天飯(塩)」は、程好い酸味が効いていて意外とさっぱり食べられます。でも個人的にはタレの方が断然好みかな(^^ヾ

麺屋武蔵 二天
住所 :東京都豊島区南池袋3-14-12
TEL:03-5950-9210
営業時間 :11:00〜21:30
       11:00〜16:00(日曜)
定休日 :無

中華そば とみ田@松戸

4/3(火)
続いて「とみ田」へ。
連食するにはちょっと重い1杯ですが、松戸に来たからには食べずには帰れない!

今回は「つけそば」を注文。「つけそば」を食べるのはこの日以来です。

「つけそば」700円
とみ田 つけそば







とろんとした濃厚で粘度の高いつけ汁は、魚介もガッツリ効いていてインパクト大!柚子の香りも良いアクセントになっています。しなやかで弾力の強い麺は、前回気になった点(ポキポキ感)が解消され、より美味しくなっていました!食後のスープ割りにはさらに短冊切りのチャーシューがプラスされる等、非常にコストパフォーマンスの高い1杯です!!

食べる度に美味くなってくなぁ(^^ヾ

とみ田
住所 :千葉県松戸市松戸1339
TEL:047-368-8860
営業時間 :11:00〜19:00(材料終了次第閉店)
定休日 :水曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ