ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2007年08月

プルーカフェ@銀座一丁目

8/3の分。
前回日替わりメニューを食べてしまったので、今回が今年初の「山形水ラーメン」(^^ヾ

「山形水ラーメン」790円
プルーカフェ 山形水ラーメン







キンキンに冷やされたスープに、ダシで作った氷が浮く冷やしラーメン。煮干し等の魚介がガッツリ効いていて、味もかなり濃い目。でも美味しい(^^ヾ冷水で〆られた中細平打ち麺は、ぐっと押し返す歯応えの強さ。トータル的に満足の1杯ですが、冷たいスープにこのチャーシューだと、どうしても臭みを感じてしまう。

プルーカフェ
住所 :東京都中央区銀座1-14-9
TEL : 03-3535-0516
営業時間 :11:00〜23:00(麺類提供時間)
       11:00〜20:00(麺類提供時間)(日・祝日)
定休日 :無

てんtoてん@那覇市

7/31の分。
「玉家」の後、「てんtoてん」を訪問。店は住宅街にあって見つけにくく、ツタで覆われているのが目印(^^ヾ店主は「ぶくぶくー茶会」の副会長だそうです。
てんtoてんてんtoてん メニュー







そばは「木灰そば」1品のみですが、「チーズケーキ」「ぶくぶくー茶」もあり、カフェの様な落ち着いた雰囲気の中、ゆったりくつろげます(^^ヾ

「木灰そば」630円
てんtoてん 木灰すば







麺は木灰を練り込んだ自家製の太縮れ麺で、こちらは生麺との事。弾力が強くプリプリとした食感で、うどんの様でもあります。今まで食べた沖縄そばのイメージとも異なりますが、この麺はとても美味しい!スープはあっさりとしていて鰹の風味が心地良い。大きな肉は、まるでチャーシューの様(^^ヾ
てんtoてん チーズケーキてんtoてん ぶくぶくー茶







「チーズケーキ」は濃厚な味わいで美味いし、「ぶくぶくー茶」も飲めて大満足☆

てんtoてん
住所 :沖縄県那覇市識名4-5-2
TEL :098-853-1060
営業時間 :11:30〜15:00
定休日 :月曜

そば処 玉家@南城市

7/31の分。
「山の茶屋 楽水」の帰り道、「玉家」を訪問。こちらのご主人は脱サラで沖縄そば店を開業されたそうです。ひっきりなしにお客がやってくる人気ぶり。
玉家







二人で「ソーキそば(小)」「てびちそば(小)」を注文。卓上にはフーチバ−が置かれていて、自由に入れられます。

「ソーキそば(小)」550円、「てびちそば(小)」650円
玉家 ソーキそば玉家 てびちそば







亀濱製麺のやや細めの麺は、コシがあり茹で加減も良い。透明感のあるスープは、あっさりとした味わいで甘味も効いています。具はソーキ、かまぼこ、刻みネギ。

「てびちそば」はてびちが別皿で提供されますが、これはスープの味を邪魔しないようにとの店側の配慮(^^ヾ柔らかく煮込まれたてびち、ゼラチン質たっぷりでぷるんぷるん。美味いですね〜。

現在3号店まであるそうです。
お店のHPはこちら

玉家
住所 :沖縄県南城市大里稲嶺57
TEL :098-946-8885
営業時間 :11:30〜17:00(売切れ次第終了)
定休日 :月曜

栄町ボトルネック@那覇市(安里)

7/30の分。
栄町市場内にある居酒屋ですが、沖縄そばの評判もすこぶる良い。迷路の様な小道を進んだ先にあり、初めてだと店を探すのにも一苦労!?前日の夜に行ったものの満席の為断念、この日再チャレンジとなりました(^^ヾ
栄町ボトルネック







「沖縄そば」の他に具無しの「かけそば」があるのは、ダシに自信のある証拠でしょうか(^^ヾもちろん具も食べたいので、今回は「沖縄そば」を注文。

「沖縄そば」500円
栄町ボトルネック ソーキそば栄町ボトルネック ヤカン







「八重そば」同様、こちらもダシはヤカンの中。自分で自由にダシを注ぐスタイルです(^^ヾ
栄町ボトルネック ソーキそば2







麺は亀濱製麺所のもので、沖縄そばではやや細めに当たる平打ち麺。あっさりとした透明感の高いスープには、鰹だけでなく飛魚も使用しているとの事。そして何と無化調なんだそうです!湯気と共にふわ〜っと立ちこめる鰹の香りも良く、何よりダシの風味が濃くとても美味しい!思わず一気に飲み干してしまいました!具はロール状の三枚肉、かまぼこ、刻みネギ。沖縄そばでロール状の肉が出てくるのは珍しい!

飲みとセットでぜひ再訪したいお店です(^^ヾ

お店のHPはこちら

栄町ボトルネック
住所 :沖縄県那覇市安里385 栄町市場内
TEL :098-884-6640
営業時間 :17:00〜24:00
定休日 :日曜、祝日

きしもと食堂@本部町

7/30の分。
「八重そば」の後、続いて「きしもと食堂」を訪問。こちらは1905年(明治38年)創業と、100年以上続く老舗沖縄そば店!お客が常に絶えない人気店でもあります。
きしもと食堂







メニューは「そば(小・大)」「じゅーしー」のみとシンプル。今回は「そば(小)」を注文。小だと丼は大き目のお茶碗ぐらい。

「そば(小)」450円
きしもと食堂 そば







麺はイジュ等の木灰を練り込んだ、自家製手打ち麺との事。もちっとしていてコシもあり、ややうどんっぽさも感じる不揃いな麺。あっさりとしたスープは、鰹の風味だけでなく豚の旨味もバランス良く効いていて美味い。醤油色なのもあってか、うどんつゆっぽい印象を受けました。具は三枚肉、かまぼこ、刻みネギ。三枚肉はあまじょっぱく味濃い目で美味い(^^ヾ

04年に八重岳のふもとに支店が出来たそうです。今回定休日の為食べれなかった「山原そば」とセットで、次回行ってみたい(^^ヾ

きしもと食堂
住所 :沖縄県本部町渡久地5
TEL :0980-47-2887
営業時間 :11:30〜17:00(売切れ次第終了)
定休日 :水曜

八重そば@名護市

7/30の分。
朝一で「八重そば」を訪問。お店は飲み屋が点在する路地裏にあります。11時前に到着するも、既に開店していました(^^ヾ
八重そば







メニューは「三枚肉そば」「ソーキそば」(其々小・大)のみとなっていて、今回は「ソーキそば(小)」を注文。

「ソーキそば(小)」450円
八重そば ソーキそば八重そば やかん







注文後しばらくして、丼とヤカンが登場。丼の中は麺と具のみで、スープはヤカンの中に入っています。熱々のスープを自由にかけて食べる(飲める)スタイル、これは嬉しいですね(^^ヾ
八重そば ソーキそば2







麺はきしめんの様な幅広平打ちタイプで、他店に比べるとややソフトな食感。スープは透明感のあるあっさりとした味わいですが、鰹の風味よりも豚骨の旨味がしっかりと出たもの。ソーキも柔らかく煮込まれていて美味い。味だけでなく、アットホームな店の雰囲気にも惚れ惚れ☆

八重そば
住所 :沖縄県名護市城1-9-3
TEL :0980-52-3286
営業時間 :11:00〜19:00(売切れ次第終了)
定休日 :火曜

琉球新麺 通堂 小禄本店@那覇市(小禄)

7/29の分。
新横浜ラーメン博物館に(期間限定で)出店していた時は未食ですが、こちら金城のお店を訪れるのは2回目。
通堂







店内はほぼ満席状態と、相変わらずの人気ぶり(^^ヾ前回訪問時よりメニューも色々増えていましたが、やっぱり基本の「おんな味らーめん」「おとこ味らーめん」を注文。2種とも以前と丼が変わっていたのは驚きです。

「おんな味らーめん」570円、「明太子ごはん」310円
通堂 おんな味らーめん通堂 明太子ごはん







おんな味は豚骨・鶏ガラをベースに鰹の旨味を効かせた、透明感のあるあっさり塩味スープ。スープ表面にはキラキラと油が浮いていますが、これは鶏油&カツオ油との事。
麺はつるみのある平打ちのストレート細麺。具はチャーシュー、刻み昆布、ネギ、冬瓜。

「おとこ味らーめん」630円
通堂 おとこ味らーめん







おとこ味は見た目も白く、クリーミーでマイルドな豚骨スープ。一風堂の白丸をイメージさせますが、おんな味のスープもブレンドしているそうで、さらっとしていて味わいも柔らか。麺はサクッと歯切れの良いストレート細麺。具はチャーシュー、キクラゲ、ネギ。

前回同様、やはりおんな味の方が好み(^^ヾ

通堂
住所 :沖縄県那覇市金城5-4-6
TEL :098-857-5577
営業時間 :11:00〜25:00
定休日 :無

大東そば 花笠店@那覇市(美栄橋)

7/28の分。
夕飯迄の空き時間を利用し、「大東そば」を訪問。こちらは南大東島にある「大東そば」の支店です。
大東そば







定食的なメニューも豊富で、夜は居酒屋的な雰囲気。今回は基本となる「大東そば」を注文。

「大東そば(中)」500円
大東そば 大東そば中







麺には亜熱帯植物の灰汁と海洋水を練り込んでいるそうで、南大東島の本店で作ったものを空輸しているとの事。ごつごつとした極太縮れ麺で、コシが強くワシワシとした食感。沖縄そばでこんな太い麺を食べるのは初めて!でもこれが意外と、いやかなり美味い(^^ヾスープは鰹の風味が強く効いたあっさりタイプ。比較的透明感もありますが、この日はやや酸化気味でした。具は三枚肉、かまぼこ、刻みネギ。麺も三枚肉も美味く、トータル的に満足度高し☆

次回は「大東すし」も食べてみたいです。

大東そば
住所 :沖縄県那覇市牧市1-4-59
TEL :098-867-3889
営業時間 :11:00〜21:00
       11:00〜19:00(日曜)
定休日 :無

沖縄そば 一方通行@浦添市

7/28の分。
7/28〜7/31の4日間、旅行で沖縄へ。
沖縄到着後、まずは「一方通行」を訪問。3年程前のオフ会でお会いした方の実家がこちらのお店という事で、店名は強く印象に残っていました(^^ヾ
一方通行







「ざる沖縄そば」「冷やしゆず手打ち麺」「冷や汁風そば」等の冷やしメニューがあったり、ニューウェーブ系の沖縄そば店といった感じ。店内には、県内のアーティストの作品が多数展示されています。
一方通行 食券機一方通行 食券機2







また沖縄そばでは珍しく、こちらは無化調との事。

「一通そば」630円「てびちそば」680円+「白い手打ち麺」50円
一方通行 一通そば一方通行 てびちそば







濁りの少ないじんわりとした味わいのスープは、豚と鶏の動物系+鰹の魚介系ダシのダブルスープとの事。麺は木灰を練り込んだ、自家製の平打ち縮れ麺。つるみがありコシもなかなか強い。具はチャーシュー、刻みネギ、針生姜、しいたけ。通常はからし菜が乗るみたいですが、この日は代わりにしいたけが。他店とは異なり、沖縄そばにチャーシューが乗るのが面白い!

「てびちそば」は柔らかく煮込まれたてびち(豚足)がのったそばで、こちらはプラス50円の「白い手打ち麺」にしてみました。この麺、ぷりぷりとした食感でかなり美味い!(^^ヾ

「じゅうしい」180円
一方通行 じゅうしい







ひじきが入った沖縄風の炊き込みご飯で、こちらも美味い(^^ヾ

夕方から提供される「一通らー麺」、スープと麺がどう変わるのか気になります。

お店のHPはこちら

一方通行
住所 :沖縄県浦添市内間4-22-30
TEL :098-877-8655
営業時間 :11:00〜15:00、17:00〜20:00
       11:00〜20:00(土・日・祝)
定休日 :月曜

麺屋 嘉助@越谷

7/27の分。
「こしがや」「塩ネギラーメン」を食べた後、続いて「嘉助」を訪問。
嘉助







店は路地裏にあり、やや見つけにくい。何度も通りを行ったり来たり、諦めかけた時にかろうじて発見(笑)

「中華そば」650円
嘉助 中華そば







粘度を感じるしっかりとした濃度の動物系ダシに、魚介を加えたやや甘味のあるスープ。柚子も入っていますが、味を大きく変える程ではないかな。麺は自家製のもちもちとした中太ストレート麺ですが、茹で加減の問題かややコシは弱い。スープがなかなか良かったので、麺が変われば大きく化けるかも(^^ヾ

嘉助
住所 :埼玉県越谷市越ヶ谷1-10-25
TEL :048-960-6283
営業時間 :11:00〜14:30、17:00〜21:00
       11:00〜21:00(土・日・祝)
定休日 :水曜

麺恋処 いそじ@代々木

7/26の分。
仲間と共に「いそじ」を訪問。

自分が「つけめん」を、同行者が「中華そば」を注文。

「つけめん」680円、「中華そば」650円
いそじ つけめんいそじ 中華そば







つけ汁は動物+魚介の軽く白濁したタイプで、濃度はそれ程高くなく甘味も効いています。自家製の麺はやや芯がある様な茹で上がりで、例えるならば昔の「とみ田」っぽい。麺自体はなかなか美味しいのですが、スープの濃度が高くないせいかつけ汁の乗りはあまり良くない。

「中華そば」も同様にスープも麺も個々は良いのですが、組み合わさった時の相性が良いとは思えず。

一番の驚きは、麺の茹で湯でした。麺の茹で湯が茶濁しているのが気になって眺めていたら、何と湯の中には昆布が泳いでいました!昆布ダシで茹でているのは非常に興味深い。茹で湯に素材を加えてる店、他に思いつくのは「ましこ亭」か(こちらは魚介ダシ)。

いそじ
住所 :東京都渋谷区代々木1-14-5
TEL :03-3378-6555
営業時間 :11:30〜19:00
定休日 :日曜、祝日、第2・4月曜(第4日曜は営業)

ラーメン寺子屋派 麺座 でん@南越谷

7/24の分。
仕事で越谷方面に行った帰りに「でん」を訪問。こちらの店主は「らーめん寺子屋」出身。

「つけめん」700円
でん つけめん







つけ汁はしっかりとした濃度の動物系ダシに魚介の旨味を加えた、甘味が強くインパクトのある味わい。柚子を入れるお店が増えていますが、レモンが一欠けら入れるのは珍しい。麺は自家製の中太のストレート麺で、もちもちとした食感でそのまま食べても美味い。人気があるのも頷けます(^^ヾ

でん
住所 :埼玉県越谷市南越谷1-1-52
TEL :048-989-2022
営業時間 :11:00〜15:00、18:00〜22:00
       11:00〜22:00(土・日・祝)
定休日 :水曜

博多 新風@伊勢丹新宿店(催事)

伊勢丹新宿店6Fの、『夏の大九州展』に出店中の「博多 新風」を訪問。出店期間は8/15(水)〜8/20(月)となっています。

博多の店舗で食べたときのレポはこちら

店主の高田さんは、フジTV系『美味しんぼ塾ラーメン道』準優勝を収めた方。でも、自分は見てない(爆)

「新風麺」788円(787円)
新風 新風麺







マイルドな豚骨スープに香ばしいマー油、麺はザクザクとした食感の細麺。マー油が少なかったり、スープの質や麺に関しても差異はありますが、催事でしかも1日数百杯の提供数を考えれば、かなり頑張ってますね!

高田さんとお会いするのは約1年半ぶり。閉店後、凪の西尾さん、バンタムさん達としばし談笑(^^ヾ

麺や 優@立川

7/22の分。
まあぼーさん洗足池さんと食べ歩き。
「美豚」の後、「立川ラーメンスクエア」「優」を訪問。こちらは立川ラーメンスクエアの「第二回ラーメントライアウト」優勝者である、磯部さんのお店。磯部さんとお会いするのは、恵比寿でピッツァを食べて以来(笑)

自分が「濃厚塩らーめん」を仲間が「プラステイスト塩らーめん」「レッドカレーつけめん」を注文。

「濃厚塩らーめん」750円
優 濃厚塩らーめん







鶏白湯スープに魚介の旨味を効かせた、しっかりとした濃度の塩味スープ。同行者曰く前回よりも濃かったらしいし、これは美味い。麺は三河屋製麺の中太平打ち麺。自分は「濃厚塩らーめん」の方がより好みでした(^^ヾ

「プラステイスト塩らーめん」850円
優 プラステイスト塩らーめん







鶏ベースのスープに魚介を合わせた淡麗系スープ。ここに鯛と鰹の2種類のジュレを加えるアイデア、面白いですね!ただ、味が大きく変わるわけではないのと、ジュレを入れる事でスープの温度が下がってしまうのが難点か。昼に食べるのと夜に食べるのとではスープの状態は異なりますが、集合施設でしかもこの淡麗系スープを高いレベルで安定させているのは流石です(^^ヾ

次回は昼の部のスープを試してみたいです!


住所 :東京都立川市柴崎町3-6-2
TEL :042-523-7266
営業時間 :11:00〜23:30
定休日 :無

つけめん 美豚@熊川

7/22の分。
まあぼーさん洗足池さんたけひこさんと食べ歩き。
「杉山」の後、1年ぶりに「美豚」を再訪。
美豚







自分が夕方5時から限定の「鶏塩らーめん」を仲間が「つけめん」「煮魚つけめん」を注文。

「鶏塩らーめん」650円
美豚 鶏塩らーめん







夕方5時から限定50食の提供。とろみもありしっかりとした濃度の鶏白湯スープですが、旨味過多なのは否めない。たまたまかもしれませんが、麺はやや生茹での様な食感でイマイチ…。

「煮魚つけめん」は相変わらず美味しかったです。

「チャーシューめし」300円
美豚 チャーシューめし







美豚
住所 :東京都福生市熊川689-40-2
TEL :042-530-2225
営業時間 :11:30〜翌4:00
       11:30〜23:00(日・祝)
定休日 :火曜

担々麺 杉山@河辺

7/22の分。
まあぼーさん洗足池さんたけひこさんと食べ歩き。
「おかめ」の後、山梨県内で数軒にふられ、失意のまま都内へと移動。全員が未食だった「杉山」を訪問。こちらは担々麺専門店。で、店内は海老の良い香りが漂っています。
杉山 メニュー







自分が「冷し担々麺」を仲間が「担々麺」を注文。

「冷し担々麺(小ライス付き)」980円、「担々麺(小ライス付き)」850円
杉山 冷し担々麺杉山 担々麺







見た目にも綺麗な赤色は、辛い物が苦手な自分を冷静にさせます(笑)恐る恐る麺をつけて食べてみると、色の割りに辛味は強くなく、胡麻の風味だけでなく海老の香ばしさや甘味が効いていて美味い!麺は極細ですが、つけ汁との絡みは抜群!食後小ライスを投入し、一気に完食。「担々麺」よりもこちらの方が好みでした(^^ヾ

「担々麺」にはカリっとした焼いた海老が乗り、海老の香ばしさがより楽しめます。
杉山 デザート







食後にジャスミン茶とデザートが付くのも嬉しい。ぜひ再訪したいお店です!

杉山
住所 :東京都青梅市今寺4-5-24
TEL :0428-31-9633
営業時間 :11:30〜14:00、17:30〜21:00
       11:30〜15:30、17:30〜21:00(土・日・祝)
定休日 :火曜、第2・4水曜

伊食らぁ麺 CUCINA(クチーナ)@下高井戸

7/21の分。
「弥彦」の後、未食だった「クチーナ」を訪問。こちらは07年3月1日オープンの新店で、イタリア料理店からラーメン店に転身。
クチーナ







メニューには「塩らぁ麺」「ジェノヴァらぁ麺」とがありますが、今回は「ジェノヴァらぁ麺」を注文。

「ジェノヴァらぁ麺」800円
クチーナ ジェノヴァらぁ麺







鶏ベースのすっきりとした清湯スープに、ジェノバ風ソースを加えた塩ラーメン。スープ自体がじんわりと優しい味であり、かといってバジルの風味もそれ程強くない。麺は透明感のあるプリプリとした食感の中細麺。具はチャーシュー、メンマ、味玉、刻みネギ、ルッコラ、そしてスライストマトの上には、角切りモッツァレラチーズ。

この後「甲斐」へ。

クチーナ
住所 :東京都杉並区下高井戸1-1-4
TEL :03-3323-3547
営業時間 :11:30〜14:30、17:00〜20:45
定休日 :水曜

つけめんや 元@新高島平  タッグマッチ!

8/12の分。
朝一で「一本気」を回ってきたオゴポコさんと合流し、番→椿→もりや→元→下頭橋の順で食べ歩き。

オゴポコさん「一本気」との師弟セットで、自分はこの日の夕方5時から提供の新しい限定麺が目当て。

店に向かって初めて知ったのですが、今回の限定は雑誌「LADY’S リング」の企画による、「タニー・マウス」選手他(NEO)とのコラボメニューとの事。当日は「タニー・マウス」選手だけでなく、試合を終えた他の女子プロレスラーの方々も駆けつけていました!
元 告知







詳細は上の画像をクリック、もしくは「LADY’S リング9月号増刊」にてご確認下さい(^^ヾ

「友情パワー麺」750円
元 友情パワー麺







「友情パワー麺」というインパクトのある名前を聞いても、味までは連想できませんよね(笑)

こちらは梅風味の「油そば」で、「元」「油ソバ」をベースに、具に水菜、レンコン、ガーリックチップ、そして梅鰹を添えたもの。レンコンとガーリックチップは鶏油で揚げていて、香ばしさだけでなく鶏油自体のコクも加わっていて凄く良い。意外だったのはこのレンコンで、シャキシャキとした食感も良いし、甘味さえ感じられます!

「油そば」として使用する油は、ネギの香りを移した『鶏油』。これは通常の「油ソバ」も一緒。三河屋製麺の平打ち太縮れ麺は、鶏油とよく絡み美味い。

重たくなりがちな「油そば」を、梅の風味でさっぱり軽く仕上げています。梅鰹は存在感が強いので、少しずつ好みで混ぜていくのがオススメです(^^ヾ

提供期間は、8/12より2週間!


住所 :東京都板橋区高島平7-14-16
TEL :03-5383-6688
営業時間 :11:00〜14:00、17:00〜23:00(8月より営業時間改定)
定休日 :無

新潟濃厚味噌 弥彦@幡ヶ谷

7/21の分。
「我武者羅」のセカンドブランドである、「弥彦」を訪問。営業日は土日のみと、ハードルはかなり高め。

こちらは新潟の4大系統の一つである、『割りスープ付き濃厚味噌ラーメン』インスパイアとの事。この系統(濃厚味噌)は、「こまどり」「東横」のみ既食。

「越後味噌 剛麺」780円
弥彦 越後味噌剛麺弥彦 越後味噌剛麺2







油分たっぷりな濃厚味噌スープには、魚介の風味も効いています。中央に鎮座した背脂を混ぜれば、背脂の甘味が加わりマイルドな味わいに。麺は三河屋製麺の極太縮れ麺で、スープとの相性も良い!具は角煮、メンマ、白菜、ニンニクの芽、糸唐辛子等で、白菜の食感は良いアクセントになっています。割りスープは、軽く白濁した豚骨ダシ。

『新潟濃厚味噌ラーメン』インスパイアと言っても、「こまどり」「東横」程スープが(塩分濃度が)濃い訳ではありません。なので、割りスープが無くても十分食べられる(笑)。あくまで『割りスープ付き』ってアイデアを、独自に昇華させたといった印象でした。インスパイア云々は抜きにして、かなり完成度が高い一杯だと思います!(^^ヾ

次回カレー味の「激麺」も食べてみたいです。

弥彦
住所 :東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5
TEL :03-6772-7200
営業時間 :11:00〜15:00、18:00〜23:00(土曜)
       11:00〜16:00(日曜)(スープ切れ次第終了)
営業日 :土、日曜(月〜金は「我武者羅」)

ラーメン 虎ノ穴@稲毛   魚+虎=『鯱』

7/20の分。
新たに始まったという「つけ麺」「鯱」を目当てに「虎ノ穴」を訪問。

「鯱」と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、これは『虎』ノ穴のスープに『魚』粉が加わったつけ麺、つまり『魚+虎=鯱』って事なんだそうです(^^ヾこのネーミングのつけ方、かなり気に入りました☆

麺は温・冷から、つけ汁は普通・激辛から選べます。冷の普通で注文。

「鯱(中盛)」800円
虎ノ穴 鯱







つけ汁がこげ茶色になるぐらいたっぷりと魚粉が投入されていますが、元のスープがかなり濃厚なので、ぽってりとした口当たりや豚臭さは健在(^^ヾ油分もたっぷりで、食後は唇がぺた〜っとくっつきます(笑)麺は酒井製麺の中太麺。麺重量に関しては、中盛でも他店の普通盛より少なく感じるかもしれません。量的な物足りなさは否めませんが、なかなか美味いです。スープの濃厚さを味わうなら、ラーメンの方がオススメではありますが。

「肉丼」250円
ご飯の上にチャーシューを乗せ、タレをかけただけのシンプルなタイプ。250円という値段は嬉しい。

過去にアップしたレポ(ラーメン)はこちら

虎ノ穴
住所 :千葉県千葉市稲毛区小仲台7-16-6
TEL :043-206-2515
営業時間 :11:00〜16:00、18:00〜24:00
定休日 :火、木曜

葫@行徳

7/19の分。
「タンク」の後、続いて「葫」を訪問。食べに行くのはいつも夜で、昼の部は今回が初。

比較の為、食べ慣れた「らぁめん 塩」を注文。

「らぁめん 塩」735円
葫 らぁめん塩







しっかりと白濁した動物系ダシに、野菜の甘味・葫の風味が効いたコクのあるスープ。夜は濃厚でポタージュの様なスープですが、昼のスープはさらっと軽く飲みやすい。昼と夜とではスープの表情が異なると聞いてましたが、ここまで異なるとは驚きでした。あくまで夜のスープとの比較であって、比べなければ昼のスープも十分濃いのかもしれませんが。ただ、自分はやはり夜の方が断然好み!!


住所 :千葉県市川市新浜1-3-1
TEL :090-7207-5493
営業時間 :11:30〜14:00、18:00〜22:30(スープ切れ次第終了)
       11:30〜15:00、18:00〜22:30(スープ切れ次第終了)(土・日・祝)
定休日 :月、第1・3火曜

和歌山風ら〜めん タンク@行徳

7/19の分。
昼に未食だった「タンク」を訪問。定休日が不定だからか運が悪いのか、2度振られた経験あり。
タンク







初訪なので、基本の「らーめん」を注文。ランチは半ライス無料。

「らーめん」650円
タンク 中華そば







スープ表面は細かな気泡で覆われていて、見た目にも濃厚感が漂っています。やや油分が多いものの、動物系の濃度もしっかりでていてなかなか美味い。また独特な醤油の風味も効いています。麺は中太の縮れ麺で、ややボソッとした食感。具はチャーシュー、刻みネギ、かまぼこ。昼前でもなかなかの濃度だったので、自然と夜の部を期待してしまいます!和歌山で食べるラーメンともちょっと異なりますが、なかなかの満足度(^^ヾ

お釣りの受け渡しを含め、接客が非常に良く驚きました。

タンク
住所 :千葉県市川市新浜1-10-5
TEL :047-359-2878
営業時間 :11:00〜15:00、18:00〜23:00
       11:00〜16:00、18:00〜23:00(土・日・祝)
定休日 :不定

のスた@大井町

7/18の分。
久々に「のスた」を訪問(^^ヾ

今日は細麺の「正油ラーメン」を!、と決めていたのに、新たに加わった「太 揚げネギ」の文字を見て思わず注文(^^ヾただし、こちらはニンニク不可となっています。

「太麺 揚げネギ」800円
のスた 太揚げネギ







「太麺 正油」のスープは、細麺の「塩ラーメン」「正油ラーメン」とは別の寸胴から、つまり背脂が浮いてる方のスープを使用。しかしながら「太麺 揚げネギ」には、「塩ラーメン」「正油ラーメン」の方のスープを使用しています!野菜は「太麺 正油」と同じく、背脂が浮く寸胴で茹でられます。

見た目は二郎風なのですが、揚げネギの香ばしさに、鶏ベースに生姜の風味がビンビンに効いたスープは一味違った美味さです! !

大崎の方にも「あげネギ正油ライト(油少なめ・ニンニク不可)」がありますが(ぽんずも)、こちらは未食。

のスた
住所 :東京都品川区大井1-21-6
営業時間 :11:00〜14:30
定休日 :土・日・祝

博多長浜らーめん 田中商店@六町

7/15の分。
「もりや」の後、移転後初となる「田中商店」へ。もちろん、「もりや」との比較の為(^^ヾ
田中商店







「らーめん」「赤オニ」を注文。
店内が広くなったこともあり、仕込んでる寸胴の数も増えている様子。若いスープを骨が入った別の寸胴に注ぎ足し、さらに煮込み続けていました。提供されるスープは、さらにその先にある寸胴から。

「らーめん」600円、「赤オニ」100円
田中商店 ラーメン田中商店 赤オニ







「もりや」と比べるとスープはやや白っぽいものの、濃度も高くこちらも髄がたっぷり!ややザラツキを感じる様な印象さえ受けました。油分は「もりや」より少なめ。もちろん、定番である「赤オニ」も注文。空の器に「赤オニ(辛肉そぼろ)」とスープを入れ、ピリ辛豚骨のつけダレで頂きます。赤オニをまねた物、地方でも見かけるようになりましたね。

この日のチャーシューは脂身だらけでしたが、非常に満足度の高い一杯でした!以前よりも格段美味くなってます!!

インパクトは「もりや」の方が上ですが、「田中商店」は濃厚且つバランスが良い。改めて「田中商店」の凄さを再認識しました(^^ヾ

田中商店
住所 :東京都足立区一ツ家2-14-6
TEL :03-3860-3232
営業時間 :18:00〜翌4:00
定休日 :無

博多長浜らーめん もりや@大師前  ヘビーな博多風豚骨へ

7/15の分。
続いて「もりや」を訪問。入店時間は17時半頃。

以前のレポはこちら

「らーめん」600円
もりや ラーメン







もちろん、以前のスープも首都圏トップクラスと言っても過言ではないぐらい十分濃いものでした。しかしながら今のスープは、前回以上のヘビーな博多豚骨へと変化していました!見た目では普通に濃い豚骨スープにしか見えませんが、髄の出方もハンパじゃない!

そして何より驚いたのは、レンゲが沈まない事!!レンゲがスープの上を滑っていき、何度やっても沈まないんです!(笑)脂が乳化しきっていてとろみも強く、尚且つ髄もしっかり出ています。

連食の際に豚骨ラーメンを挟むと、量が少ない分楽だったりしますよね? でもここのラーメンは逆に、連食には重い1杯なのです(笑)

新店にも関わらず(守谷さんは大ベテランですが)、ここまで高レベルな豚骨ラーメンを提供しているのは流石です!!

もりや
住所 :東京都足立区鹿浜5-29-15
TEL :03-3898-2123
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜25:00
       11:30〜22:00(日・祝)
定休日 :無

麺匠 むさし坊 東川口店@東川口

7/15の分。
続いて「でん@南越谷」を経由(同行者のみ入店)し、「むさし坊 東川口店」へと向かいました。阪田さんが独立(「七彩」)してからは初の訪問。

夏季限定の「冷し塩らー麺」「カキ氷」「宇治金時」目当てに向かいました!が、今年は「宇治金時」はやらないとの事…。今回は自分が夏季限定の「冷し塩らー麺」「卵かけご飯」を、同行者が「濃厚担担麺」を注文。

「冷し塩らー麺」730円
むさし坊@東川口 冷し塩らー麺むさし坊@東川口冷し塩らー麺 胡麻







煮干しや鰹がこれでもか!、ってなぐらいに効いた冷たいスープ。非動物系との事ですが、物足りなさは全くない。具はカレー風味のテリーヌと大葉を鶏肉で巻いたもの、キュウリ、白髪ネギ、そしてカボチャをサラダ用に改良した「コリンキー」が印象的。氷に閉じ込められた食用の花びらは綺麗ですね。擂った胡麻を加えると、香ばしい胡麻の香りが広がりまた美味い。

冷やしに関しては昨年までの凝ったものではなく、今年は一般受けのするオーソドックスな方向にふっているそうです。まさにコンセプト通りのものに仕上げっていると思いますが、「むさし坊」らしい面白さも期待してしまいます。

「卵かけご飯」250円
むさし坊@東川口 卵かけご飯







2軒連続でサイドメニューは辛いですが、お腹はふくれてもこの「卵かけご飯」だけは食べられます!(笑)醤油は数種類の中から選べますが、(自分の)定番の「吟醸純生しょうゆ」を選択。弓削多のこの生醤油は凄く風味が良く、卵かけご飯が1品料理に変身(^^ヾ

「濃厚担担麺」900円
むさし坊@東川口 濃厚担々麺







昼夜各5食限定メニュー。この担々麺、名前から想像する以上に濃厚です!胡麻を通常の2倍使用しているそうで、風味も濃度も高く美味しい!ほんのりと酸味も効いています。「冷しらー麺」同様、擂り胡麻付き。

〆に心待ちにしていた「カキ氷」を注文(^^ヾ
むさし坊@東川口 カキ氷メニュー







自分が「氷いちご+ミルク」を、同行者が「氷黒ゴマ+ミルク」を選択。

「カキ氷 氷いちご+ミルク」300円+100円、「カキ氷 氷黒ゴマ+ミルク」300円+100円
むさし坊@東川口 カキ氷(いちごミルク)むさし坊@東川口 カキ氷(黒ゴマミルク)







いちごシロップには、着色料等を使用しないナチュラルフレーバーシロップを使用。ふんわり柔らかな氷も凄いし、このシロップは何杯でもいけそうなぐらい美味い!ゆるいカスタードとの相性も抜群です!

いちごミルクに満足しきっていたのですが、さらに凄いと感じたのが黒ゴマ。ザラツキのあるどろっとした黒胡麻のシロップは、他ではまず味わえないでしょう!

そして今月あたりに、カキ氷にさらに新フレーバーが出るとの事でした。

むさし坊 東川口店
住所 :埼玉県川口市戸塚
TEL :0489-44-7365
営業時間 :11:30〜14:30、17:30〜22:00
       11:30〜15:00、17:00〜21:00(日・祝)
定休日 :金、第3木曜

荻窪らーめん 栄龍軒@松原団地

7/15の分。
まあぼーさんと食べ歩き。まずは「栄龍軒」へ。
栄龍軒







こちらは丸長グループの流れを汲む、「栄龍軒(閉店)」の系列店。同行者共々、昔訪れた事はあるものの臨休でふられた経験有り。その為食べるのは今回が初。店内は学生で賑わっていて、活気があります。
栄龍軒 メニュー1栄龍軒 メニュー2







1軒目だというのに、二人で「つけ麺」「らーめん」「チャーシュー丼(小)」「ビビンバ丼(小)」を注文(笑)

「つけ麺」650円
栄龍軒 つけ麺







魚介の旨味が効いたあっさりとしたつけ汁で、甘・辛・酸味の効き方は甘>辛>酸味の順かな。麺は黄色みのかかった中細ストレート麺で、ツルみがありプリプリとした食感。コシも強い。スルスルとあっと言う間に胃の中に消えていきました。美味いの一言(^^ヾ食後のスープ割りをすると、甘・辛・酸味で抑えられていたダシの旨味が前に出てくるのでまた楽しい。

「らーめん」580円
栄龍軒 らーめん







すっきりとした動物系ダシに魚介の風味が効いた、じんわりと旨味が広がるスープ。麺はつけと同じ中細ストレート麺ですが、つけに比べると印象はかなり弱い。チャーシューは大きく、そして柔らか!1杯580円という値段は学生にも嬉しいですね!

「チャーシュー丼(小)」300円、「ビビンバ丼(小)」350円
栄龍軒 チャーシュー丼小栄龍軒 ビビンバ丼小







2品共値段はお手頃で、しかもなかなかボリュームがあります。チャーシュー丼のチャーシューは、とても柔らかく美味い。ビビンバ丼にもチャーシューが入っており、添えられた辛味噌を付けて食べると尚美味い!これは食べといて良かったです。

夏季限定の「冷やしつけ麺」や、夜限定の「東京ちゃんぽん」も気になりました!ぜひ再訪したいお店です☆

栄龍軒
住所 :埼玉県草加市松原4-1-9
TEL :0489-44-7365
営業時間 :11:30〜14:30、17:30〜22:00
       11:30〜15:00、17:00〜21:00(日・祝)
定休日 :金、第3木曜

つけめんや 元@新高島平

7/13の分。
冷やしが始まったと効き、「元」を訪問。

まずは「梅冷やしつけ麺」を食べ、続いて「極SIOラーメン」を注文。

「梅冷やしつけ麺」800円
元 梅冷やしつけ麺







魚介の風味が強く効いたやや甘味のある冷たいつけ汁に、平打ちタイプの太麺。具は鶏チャーシュー、鶏団子、そして刻んだ大葉の上には紀州南香梅が1つ。最後の三分の一ぐらいで梅をつけ汁に投入し、麺に絡ませながら食しました。このままでも十分美味しいが、甘味を抑えた「冷やしラーメン」や「ぶっかけ」タイプで食べてみたいです(^^ヾ

「極SIOラーメン」750円
元 極SIOラーメン







二郎風の塩ラーメン。スープは通常のものと一緒ですが、ニンニクの風味を効かせたり旨味をガッツリ効かせたりで、二郎風の味わいに仕上げたもの。麺は「井の庄」の新麺と同じ太麺で、弾力が強く食べ応えがあります!野菜(キャベツ・モヤシ)の上には背脂も。角切りチャーシューもたっぷり乗っているし、これで750円はお値打ち価格!

定期的に食べてますが、やはり自分は「和風塩ラーメン/つけめん」が一番好み!(^^ヾ


住所 :東京都板橋区高島平7-14-16
TEL :03-5383-6688
営業時間 :11:00〜14:00、17:00〜23:00(8月より営業時間改定)
定休日 :無

麺家 茅根@戸田公園

7/11の分。
約1年半ぶりに「茅根」を再訪。
今回は「つけめん(並)」を注文。「つけめん」は同額で中盛大盛まで選べます。

「つけめん(並)」700円
茅根 つけめん







以前アップした(最初に食べた時の)レポはこちら
大きく変わったのは麺と具。以前は白っぽくてつるみとコシの強さを兼ね備えた麺でしたが、今は芯がある様なコシで(以前より)やや黄色身も帯びていて表面にざらつきもあります。その分スープの乗りは良くなりましたが、自分は以前の麺の方が好み。。

以前の(つるみのある)麺はそれ自体は美味いものの、スープののりは悪かった。スープが軽い動物+魚介系って事もあげられますが、麺を活かすべくスープを改良したのではなく、スープを活かすべく麺を改良したんだなぁという印象。でも、スープの方も以前より鰹の効きは強くなっています。

また以前のチャーシューは麺の方の皿に乗っていましたが、角切りになり他の具材と共につけ汁の中に入る様になりました。これはプラスですね。

茅根
住所 :埼玉県戸田市本町5-12-26
TEL :048-432-8233
営業時間 :11:30〜14:00、17:00〜22:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :日、月曜

麺や 双六@戸田公園

7/11の分。
志木にあった「隠れ麺や 双六」が、07年6月6日に移転オープン。
今回は「鶏塩らーめん」「焼餃子(3個)」を注文。

「鶏塩らーめん(620円)」+「焼餃子(3個)」800円
双六 鶏塩らーめん双六 焼餃子







中華をイメージさせる様な鶏ベースのあっさりとした塩味スープで、鶏油もたっぷり浮いています。麺は三河屋製麺の中太縮れ麺ですが、相性はあまり良くない。

「焼餃子」の皮はもっちり、そして肉汁たっぷりジューシーで美味い(^^ヾ

双六
住所 :埼玉県戸田市下前2-1-19
TEL :048-445-7318
営業時間 :11:30〜14:30、17:30〜21:30
定休日 :日、月曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ