ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2007年11月

目黒屋@馬込沢  「塩ラーメン」開始!!

11/5の分
11月より新たに「塩ラーメン」が始まったと聞き、行ってきました。
目黒屋 塩告知







試作中ですが、食券機にもボタンが有ります。提供は月曜(濃厚デー)以外。まだ完成には至っていない為、「普通盛500円」「小450円」となっています。

「小塩ラーメン」450円、「小温つけめん」700円
目黒屋 塩ラーメン目黒屋 小温つけめん







「塩ラーメン」は、見ての通り通常のスープとは別使用。ピリッと胡椒が効いた、あっさりとした塩ラーメン。まだこれを目当てに、っていうレベルではないのですが、今後日々変わっていく事間違いなし。

目黒さん曰く、あっさりとした中に胡椒が効いているのは、タンメンっぽさ!?を出したかったからだとか。若い人達だけでなく、もう少し上の年齢層の方々にも気軽によってもらえる様な、そんなお店を目指したいとの事。この「塩ラーメン」はその布石!?(^^ヾ

またこれとは別に「小温つけめん」も注文。こちらは相変わらず美味い!!久々に「温つけめん」を食べましたが、自分の好みはやっぱり「ラーメン」の方かな。

目黒屋
住所 :千葉県鎌ケ谷市馬込沢3-22
TEL:047-430-5005
営業時間 :11:30〜15:00(麺切れ次第終了)
定休日 :火、水曜

Parade(パレード)@蹴上

10/7の分。
「あかつき」から真っ直ぐに白川通りを下り、続いて5軒目は「Parade」へ。こちらは06年5月15日にオープンした、若手店主のお店。昨年8月に訪れるも臨休でふられ、宿題店となっていました。
Parade







以前出していた「黒」は中々の評判でしたが、残念ながら07年9月10日より味を一新したそうです。今回は新たなレギュラーメニュー「塩のキラメキ」と、「魚来トッピング」を注文。

「塩のキラメキ」750円+「魚来トッピング(別皿)」50円
Parade 塩のキラメキParade 魚来トッピング







スープは鶏をベースに魚介を効かせたもので、あっさりとしながらもダシの旨味がしっかりと出ています。ほのかな甘味も感じますが、塩ダレがやや強めに効いていて輪郭もはっきり。揚げネギの風味は、スープに奥行きを与えています。

麺は歯切れの良い中細の平打ち麺で、スープとの相性も良い。具は鶏チャーシュー、味玉、白髪ネギ、レンコン、パプリカ、ゴボウ。鶏チャーシューは肉厚で柔らかく美味い!ともすれば邪魔に感じてしまいそうな『パプリカ』が、スープに合ってるなあって思えるのも、ここ「Parade」ならではだと思います☆(^^ヾ

「魚来」は濃厚な魚介だしの餡との事ですが、「きら星」の様な魚介の旨味が濃縮された物ともちょっと異なる味わい。スープが良かったので、「魚来」を入れる必要は無かったです。。

今でも十分美味いが、まだまだ進化しそうな予感!
今後が楽しみなお店です!(^^ヾ

お店のHPはこちら
店主のブログはこちら

Parade(パレード)
住所 :京都市左京区浄土寺下南田町31
TEL : 075-751-5711
営業時間 :11:30〜13:30、18:00〜23:30(スープ切れ次第終了)(要ブログ参照)
定休日 :金曜

ラーメン あかつき@出町柳

10/7の分。
「吉田屋」の後、続いて4軒目は「あかつき」へ。こちらは大学時代からの宿題店!!
あかつき







昔は夜営業のみだったのですが、現在は昼も営業しています。「東龍」に行く度に気になっていた店でもあり、ようやく食べる事が出来て実に感慨深いです。

「ラーメン並」550円
あかつき ラーメン並







豚骨・鶏ガラをベースとしたやや甘味のある白濁スープで、軽く背脂も浮いています。思ったほどの濃度はなく意外とサラっとしていますが、まろやかでコクがあります。麺は中細のストレート麺。具はチャーシュー、メンマ、刻みネギ。京都らしいラーメンですね〜(^^ヾ

「あかつき」「いいちょ」「高安」の3軒からなる、「京都ラーメン革命」というHPもあります。

あかつき
住所 :京都市左京区北白川別当町13
TEL : 075-702-8070
営業時間 :11:30〜15:00、18:00〜翌3:00
定休日 :不定

志七そば 吉田屋@出町柳

10/7の分。
「ろぉじ」の後、続いて3軒目は「吉田屋」へ。
吉田屋







限定20食「濃口」も気になりましたが、初訪なので「志七そば」を注文。

「志七そば」600円
吉田屋 志七そば







スープは動物系+魚介系の上品であっさりとした味わい。無化調との事。麺はストレート極細麺で、若干伸びが早め。具はチャーシュー、メンマ、モヤシ、水菜、糸唐辛子。看板に『癒しの和風らぁ麺』と書かれていますが、まさにそんな印象(^^ヾ

店を出て暫くすると、仲間から『何故「チャーハン」を食べなかったのか?』とのメールが…。次回は修行先とセットで「チャーハン」を食べねば!!

吉田屋
住所 :京都市左京区北白川追分町2-7
TEL : 075-201-9657
営業時間 :11:00〜14:30、17:30〜翌1:00
       11:00〜23:00(日曜)
定休日 :第2・4木曜

つけ麺や ろぉじ@出町柳

10/7の分。
奈良駅でかざぐるまさんと別れ、京都に移動。続いて2軒目は「ろぉじ」へ。こちらは07年7月にオープンした、「高倉二条」の2号店。
ろぉじ







「つけ麺」の麺は200g〜400gまで同料金ですが、連食の為200gを選択。お茶漬け感覚で食べる「ぶぶ」には「鯛」「鰯」の2種類があり、今回は「鰯ぶぶ」を注文。

「つけ麺」680円+「鰯ぶぶ」150円
ろぉじ つけ麺ろぉじ 鰯ぶぶ







器は麺・つけ汁ともにステンレス製。麺の方は内側がザルになっていて、水切りもばっちり。

豚骨魚介系のつけ汁は、以前「高倉二条」で食べた時のスープより動物系・魚介系ともに強め。濃厚という感じではないですが、若干とろみもあり麺との絡みも良い。麺は蕎麦を連想させるような全粒粉練り込みの自家製麺(現在は本店も自家製麺)で、コシも強く以前の麺よりも美味い。具は柔らかな角切りチャーシュー、メンマ。

「鰯ぶぶ」は、食べ終わった後のつけ汁にご飯を入れ、鰯ダシを注いでいただくセットメニュー。鰯ダシは濃い目に取られていてそのまま飲んでも美味く、思わず完食(^^ヾ

カウンターには電磁調理器が置いてあり、冷めたつけ汁を器ごと乗せて温められるようになっています。このアイデアは画期的です!!ただし最初からつけ汁が少なく冷め易い(熱々ではない)ので、温め直す事が前提にあるのか!?と思えてしまう点も否めない。。

ろぉじ
住所 :京都市左京区田中大堰町168-1
TEL : 075-724-3233
営業時間 :11:00〜15:00、18:00〜22:00
定休日 :無

ラーメン 豚の骨@帯解

10/7の分。
大阪のかざぐるまさんと合流し、「豚の骨」へ。こちらは07年9月24日にオープンした、「無鉄砲」の別ブランド。05年に閉店してしまった、「奈良店」にあたる位置づけだそうです。

ちなみに今までの「無鉄砲」経験値は、京都本店2回、奈良店1回(閉店)、大阪本店1回となっています(^^ヾ
豚の骨







オープン当日の大行列の話しを聞いていたので、恐る恐る開店40分程前に到着。すると、誰もいない(驚)運が良かったのか、結局この日は開店直後に席が埋まる位の客の入りでした。

二人とも「とんこつらーめん」を、さらに自分は時間差で「にぼしらーめん」も注文しました。

「とんこつらーめん」650円
豚の骨 とんこつらーめん







大きな羽釜で炊かれた、どろどろの超濃厚豚骨スープ!!ザラザラとした骨の髄もたっぷりで、麺への絡みも尋常じゃない!麺はもちもちとした中太の縮れ麺。麺自体はあまり好みじゃないけど、それを補っても余りある程の骨太スープ!全国屈指の豚骨ラーメンです!

「にぼしらーめん」650円
豚の骨 にぼしらーめん







濁りのあるスープは、煮干しの風味がガッツリ効いていてインパクトがあります。麺は「とんこつらーめん」と同様の中太縮れ麺。豚骨ラーメン店で、こんなに美味い煮干ダシのラーメンを出す店が他にあるだろうか!?バリエーションとしてメニューに増やしたって類ではなく、これ1品だとしても成立するぐらい非常に満足度の高い1杯です!

そして最後はお決まりの、レンゲの中でのダブルスープ!(笑)色々な比率の『とんこつ』『にぼし』ダブルスープを堪能しました(^^ヾ

食後赤迫さんとお話ししたところ、「豚の骨」は昔の「奈良店」の味を再現しているとの事でした。自分が「奈良店」で食べたのは04年。ここで言う昔の味とは、いつの時代を指すのでしょう!?また現3店舗の中で一番濃いのは、赤迫さんがいるここ「豚の骨」だそうです。再訪必至!!

豚の骨
住所 :奈良県大和郡山市上三橋町152-1
TEL : 0743-52-6440
営業時間 :11:00〜14:00頃、18:00〜(スープ切れ次第終了)
定休日 :月曜

堺ラーメン 塩専門 龍旗信@なんば

10/6の分。
初日ラスト(7軒目)は、「龍旗信@なんば」へ。22時頃の入店。こちらは07年6月27日に『なんばこめじるし』にオープンした、「龍旗信@石津川」の2号店。

本店では過去2回食べており、今回は基本の「龍旗信ラーメン」を注文。集合施設ですが、価格は本店と同じ。

「龍旗信ラーメン」700円
龍旗信@なんば 龍旗信ラーメン







「龍旗信」と言えば、『ムール貝』を塩ダレに使用しているのが特徴ですね(^^ヾ比較的透明感のあるスープは、あっさりとしながらもダシの旨味はしっかり出ています。ただ夜の為か、若干ぼやけている印象。

麺はやや固めに茹でられた、コシのあるストレート細麺。具も本店と同様に、チャーシュー、海苔、豆苗、白髪ネギ、刻みネギ、焦がしネギ。

本店に比べれば見劣りするのは致し方ないですが、この営業形態でこの味を提供しているのは凄い。

一昨年食べた時の本店の画像はこちら↓
龍旗信 龍旗信ラーメン







龍旗信@なんば
住所 :大阪市浪速区難波中2-10-25 なんばCITY なんばこめじるし
TEL : 06-6644-2523
営業時間 :11:00〜15:00、17:00〜翌2:00(L.O.翌1:30)(スープ切れ次第終了)
       11:00〜翌2:00(L.O.翌1:30)(スープ切れ次第終了)(土・日・祝)
定休日 :月曜(祝日、祝前日の場合営業)

九州最強努豚骨 一撃亭@針中野

10/6の分。
続いて6軒目は「一撃亭」へ。21時頃の入店。こちらは06年7月3日にオープンした、「ぎょらん亭」の関連店。関連店ではあるものの、修行というよりも味を教わったとの事。ちなみに味の担当は「ぎょらん亭」大将の息子さん。
一撃亭







店内入口には食券機が置いてあり、その上には『只今の時間の濃度』と記されたボードがあります。メニューは色々ありますが、核となるのは豚骨十割の「一撃らーめん」と、鶏ガラと豚骨を2:8で合わせた「二八らーめん」の2種。

さて気になる濃度はというと、何と『5』…。数字は1〜10まであり、もちろん数字が高い方が濃い訳なのですが…。

「一撃らーめん」580円
一撃亭 一撃らーめん







見た目の雰囲気には「ぎょらん亭」をイメージさせるものがありますが、肝心のダシの出方はあまり良くはない…。油の量は比較的多いものの豚骨の濃度は低く、軽くて食べやすい「ぎょらん亭」と言った感じ…。「ぎょらん亭」譲りのタレの甘味、大きなバラ肉チャーシューは健在。

何故この時間で薄いのか?その謎を解く元気も無く、店を後にしました…。

一撃亭
住所 :大阪市東住吉区駒川5-16-8
TEL : 06-4700-1114
営業時間 :11:30〜15:00、17:30〜24:00
       11:30〜24:00(スープ切れ次第終了)(土・日・祝)
定休日 :無

中華そば 源さん@玉造

10/6の分。
続いて5軒目は、「東成きんせい」から程近い「源さん」へ。こちらは『高井田系』のお店。
源さん







注文は「並中華そば」。麺は太麺細麺から選べるとの事ですが、細麺だと『高井田系』を食べに来た意味が無くなるので、もちろん太麺で注文(^^ヾ

「並中華そば」500円
源さん 中華そば







鶏をメインとした透明感のある濃口醤油スープは、あっさりとした昔懐かしい味わい。こちらは『高井田系』では珍しく、『無化調』との事。麺はうどんの様な極太麺で、コシが強く食べ応えがあります。具はチャーシュー、メンマ、刻みネギ。

今まで食べた『高井田系』は、「光洋軒」、「住吉」、「麺屋(現「麺屋7.5hz」)」、「住吉 宗右衛門町店」

源さん
住所 :大阪府大阪市東成区玉津1-1-36
TEL : 06-6981-1778
営業時間 :11:00〜15:00、18:30〜翌2:00
定休日 :日曜

東成 きんせい@玉造

10/6の分。
続いて4軒目は「東成きんせい」へ。こちらは07年6月4日にオープンした新店で、店主は「きんせい@高槻」出身。場所は「一等星」の跡地。「きんせい@高槻」は、過去に2回訪問。
東成きんせい東成きんせい メニュー







メニューは「鶏白湯」「和風醤油」の二本立てで、それぞれに「らーめん」「つけ麺」があります。基本の「鶏白湯らーめん」にするか評判の良い「鶏白湯つけ麺」にするかで迷いましたが、今回は「鶏白湯らーめん」を注文。

「鶏白湯らーめん」650円
東成きんせい 鶏白湯らーめん







スープ表面には気泡が見られ、見た目にも濃厚感が漂ってきます。こちらは鶏白湯スープに魚介ダシをブレンドしたものですが、まったりと舌に絡み付いてくるような粘度がありなかなか美味い。気になったのは、黒く小さなゼラチン質の浮遊物が多数あった事。たまたまかもしれませんが、一瞬目を疑いました。。

麺は自家製のストレート細麺。滑らかでコシが強く、濃厚なスープに負けない存在感があります。具はチャーシュー、メンマ、うずらの卵、ナルト、白髪ネギ、かいわれ。チャーシューは柔らかく、甘めの味付け。

東成きんせい
住所 :大阪府大阪市東成区東小橋1-1-6
TEL : 06-6981-1778
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜23:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :水曜

つけめん専門 大鶴製麺処@上新庄

10/6の分。
続いて3軒目は「大鶴製麺処」へ。こちらは「天神旗」の別ブランドで、07年10月3日オープンの新店。今回の関西遠征の目玉の一つ(^^ヾ
大鶴製麺処







面白いのは店の造り。建物には二つの入口があり、厨房を挟んだ両側に「天神旗(左)」「大鶴製麺処(右)」の客席があります。もちろん、「天神旗」を出てすぐ「大鶴製麺処」へ(笑)
大鶴製麺処 メニュー







メニューは大きく分けて「旨味麺」「風味麺」の2種。さらに「旨味麺」には、豚骨ベースの「こいつけ」と和だしベースの「うすつけ」があります。今回は「旨味麺 こいつけ」を注文。

「旨味めん こいつけ」750円
大鶴製麺処 旨味めん こいつけ







つけ汁は「天神旗」の濃厚豚骨スープに魚粉を投入し、甘味や酸味等を加えたもの。具は短冊切りのチャーシューに、刻んだタマネギとネギ。タマネギの食感は良いアクセントになるし、麺・スープとも相性良し。

自家製の太縮れ麺は、滑らかでもちもちとしていて弾力が強く美味い。うどんの様に足踏みと熟成を繰り返しているそうです。添えられたレモンを途中で絞ればさっぱり。使う機会はあまりないか。。

『豚骨ラーメン店』が放つ『豚骨魚介系つけ麺』だと、東京では「もりや」の「つけ麺」が上げられますね(^^ヾただし「大鶴製麺処」の方がスープの濃度が高く麺も美味い。

大鶴製麺処
住所 :大阪府大阪市東淀川区上新庄3-19-87
TEL : 06-6324-0104
営業時間 :11:00〜14:00、18:00〜21:00
定休日 :火曜

博多とんこつ 天神旗@上新庄

10/6の分。
「野望天」の後、続いて2軒目は「天神旗」へ。前回はこちら
天神旗







「老塩とんこつ」が食べたかったものの、「野望天」との比較も含めて今回は「老醤油とんこつ」を注文。

「老醤油とんこつ」600円
天神旗 老醤油とんこつ







どっしりとした重厚感、そして粘度のある高濃度豚骨スープ!どろっとしているので、細麺にスープがよく絡む。何度食べても美味いなぁ☆前回よりもさらに濃厚だし、やっぱり夜の方が濃いのかも。羽釜で炊かれた濃厚豚骨スープは、関西屈指のレベル。いや、全国屈指か(^^ヾ

天神旗
住所 :大阪府大阪市東淀川区上新庄3-19-87
TEL : 06-6324-0104
営業時間 :11:00〜14:30、18:00〜23:00(ス−プ切れ次第終了)
定休日 :火曜

釜練りとんこつ 野望天@上新庄

10/6の分。
夕方に大阪に到着し、怒涛の7連食!まずは2度振られた苦い思い出のある「野望天」へ。
野望天







こちらは「天神旗@上新庄」の2号店。「醤油とんこつ」はややこってり、「塩とんこつ」はややあっさりとの表記があり、今回は「醤油とんこつ」を注文。

「醤油とんこつ」600円
野望天 醤油とんこつ







大きな羽釜で炊かれた豚骨スープは、クリーミーでなかなかの濃厚さ。表面に軽く浮いた背脂の甘味がまた良い。「天神旗」程の濃さではないけど、味の系統は別だし、比べなければ十分美味い(^^ヾ麺はザクッとした歯切れの良いストレート中細麺。濃い目に味付けされたチャーシューも好み。

野望天
住所 :大阪府大阪市東淀川区瑞光2-10-24
TEL :06-6320-5232
営業時間 :11:00〜23:00(Lo.22:30)(中休みがある場合有り)
定休日 :日曜

季織亭@経堂  新作『ベジョータつけ麺』

経堂に行きたかったもう一つの理由は、「季織亭」の新作が食べたかったから(^^ヾ先日某所にて川名さんから新作のつけ麺の話しを聞き、物凄〜く気になっていました!

今回の新作は「ベジョータつけ麺」!具には何と『イベリコ・ベジョータ』を使用。『イベリコ豚』の中でも、どんぐりのみを食べて育ったものを『ベジョータ・イベリコ』と言うんだそうです。そういえば昨年、イベリコの話しをしてたなぁ。

「ベジョータつけ麺」1200円
季織亭 ベジョータつけ麺季織亭 ベジョータつけ麺2







数量制限は無く、温かいのは1300円との事。こちらはらーめんか??

つけ汁は動物系・魚介系ともにどちらか一方が強く主張するのではなく、バランスの取れたあっさりとした味わい。おとなし目ではありますが、ダシの旨味は十分出ています。

自家製の平打ち麺はもちもちとしていてコシが強く、そのまま食べても美味しい!

具はベジョータの網焼き、ベジョータのチャーシュー、チンゲン菜、糸唐辛子、つけ汁の方には九条ネギと刻みタマネギ。ベジョータの脂の甘味がたまりません。ベジョータのチャーシューはここだけか(^^ヾ

スープ割りを頼むと、タンブラーに入ったスープが提供されます。まずはスープをそのまま飲むと、何とも言えぬ滋味深い味わい。独特の風味は月桂樹やセロリ等によるものか!?スープ割り後、もちろん完食!

昨年同様、もうすぐ『雉白湯』もやるそうです。開始されたらまた行かねば!!

季織ブログはこちら

※07年8月11日より昼営業を開始。

季織亭
住所 :東京都世田谷区経堂2-5-14 
TEL :03-5477-2029
営業時間 :12:00〜15:00、17:30〜23:00(材料切れ次第終了)
定休日 :火曜

稲荷@経堂  イナリと稲荷 その2

先日「イナリ食堂」で衝撃の事実を知り、写真の確認を含め久々に「稲荷」を訪問。

今回は「つけめんしょうゆ味」を注文。夏頃から値上げしたそうです。

「つけめんしょうゆ味」900円
稲荷 つけめん







つけ汁は動物+魚介の、濁りの少ないバランス重視型。開店当初の様なエビの強さは感じませんが、温度が下がってくると徐々に顔を出してきます。甘味が強く油も多めで、酸味も程好く効いています。酸味には枯木実生ゆずポン酢を使用との事。枯木ゆずとは、樹齢100年以上の柚子を指すんだそうです。

自家製の極太麺は、噛もうとする歯を押し返す様なコシの強さ。デフォで300gとボリューム満点で、相変わらず美味い(^^ヾ軽く炙られた角切りのチャーシューは、とろける柔らかさで美味い!八角の風味が強く、後半つけ汁に風味が移っていく。

食後「イナリ食堂」について少しお話しをし、店内入口付近にある写真を撮らせてもらいました(^^ヾ
稲荷 写真







稲荷
住所 :東京都世田谷区経堂3-38-7 
TEL :03-3425-9061
営業時間 :11:30〜20:30(スープ切れ次第終了、およそ15時頃)
定休日 :月、火曜

中華そば 豊龍@長野

11/11の分。
洗足池さん、オゴポコさんと日帰りで長野遠征へ。
6軒目は「豊龍」へ。
豊龍豊龍 メニュー







取り敢えず画像のみ。

「中華そば小」500円、「豊龍そば小」600円
豊龍 中華そば小豊龍 豊龍そば小







「焼き飯」500円
豊龍 焼き飯

New old style ゆいが@権堂

11/11の分。
洗足池さん、オゴポコさんと日帰りで長野遠征へ。
4軒目は「New old style ゆいが」へ。
New old style ゆいが






3人で「中華そば」、「特濃つけめん」、「とろ豚ほぐしつけめん」を注文。

取り敢えず画像のみ。

「中華そば」650円
New old style ゆいが 中華そば1New old style ゆいが 中華そば2







「とろ豚ほぐしつけめん(小)」900円(小は、-100円) 
New old style ゆいが とろ豚ほぐしつけめんNew old style ゆいが つけめん2

らぅめん 助屋@長野

11/11の分。
一人別行動で、5軒目は「助屋」へ。
取り敢えず画像のみ。

「白らぅめん」650円
助屋 白らぅめん

イナリ食堂@飯山  イナリと稲荷 その1

11/11の分。
洗足池さんオゴポコさんと日帰りで長野遠征へ。この日の3軒目に「イナリ食堂」を訪問。到着は14時頃。当日回った店はこちら
イナリ食堂イナリ食堂 メニュー







こちらは創業100余年の老舗食堂で、現在は4代目のご主人が腕を振るっています。食堂というだけあって、麺類のメニュー以外にも丼物や中華のメニューが多数あります。現店主になってから味が変わりさらに美味しくなったとの噂も。

「夜鳴きラーメン」も気になったのですが、こちらは鶏ガラ中心のスープで煮干しが苦手な人向けとの事だったので、今回は3人とも「中華そば」を注文。また原材料の高騰により、最近値上げしたそうです。

「中華そば」700円
イナリ食堂 中華そばイナリ食堂 漬物







まずは「大根の漬物」を食べながら、「中華そば」の到着を待ちます。こういうサービスは嬉しいですね〜(^^ヾ

運ばれてきた丼からは、煮干しの良い香りがふわ〜っと漂ってきます。スープは動物系のコクに、節や煮干しの風味がガッツリと効いていてインパクトがあります!表面には油も結構浮いていて、こってり感を演出。旨味はやや強め。自家製のストレート中太麺はやや長めに茹でられていますが、つるつるもちもちとした食感で意外とコシもあります。具はチャーシュー2枚、メンマ、海苔、刻みネギ。老舗系の懐かしい味わいをイメージしていたのですが、味わいは意外と新しく驚きました。


他のお客さんが帰ってしまい店内はうちら3人だけに。なので会計時にゆっくりお店の方とお話しができました(^^ヾ

創業100余年ですが、ラーメンの提供は3代目のご主人が新潟で修行してから始めたんだそうです。その修行先は、中国人の方が営む手打ち麺のお店だったそうな。『新潟』『中国人』『手打ち麺』、さらにがっつり効いた『煮干し』の3点のキーワードから想像するお店は、燕市の「○○飯店」「イナリ食堂」のスープに背脂は浮いていませんし、あくまで想像の話しです。それ以上詳細は確認できませんでした。

さらに驚いたのは、現4代目店主の弟さんが東京でラーメン店をやっているという事!場所をお聞きすると、「世田谷の方です」と。色々な店名を思い浮かべ、ふと頭を過ぎったのは経堂の「稲荷」。まさに正解でした!「イナリ食堂」「稲荷」が繋がっていたとは驚きです!また「イナリ食堂」の店内に飾ってある白黒の昔のお店の『写真』、このコピーは「稲荷」にも飾ってあるとの事。そういえば入口付近に額があったなぁとの事で、後日「稲荷」へ(^^ヾ

イナリ食堂
住所 :長野県飯山市飯山新町205-2 
TEL :0269-62-2372
営業時間 :11:30〜20:00
定休日 :木曜(祝日の場合営業)

桃太郎 上田店@大学前

11/11の分。
洗足池さん、オゴポコさんと日帰りで長野遠征へ。
2軒目は「桃太郎 上田店」へ。
桃太郎@上田店桃太郎@上田店 メニュー







取り敢えず画像のみ。

「角煮ラーメン」800円、「焦がしラーメン」700円
桃太郎@上田店 角煮ラーメン桃太郎@上田店 焦がしラーメン






拉麺酒房 熊人@赤坂上

11/11の分。
洗足池さん、オゴポコさんと日帰りで長野遠征へ。
まず1軒目は「熊人」へ。
熊人






熊人 メニュー1熊人 メニュー2







取り敢えず画像のみ。

「醤油拉麺」680円
熊人 醤油拉麺







「味噌拉麺」780円、「洋風味噌拉麺」850円
熊人 味噌拉麺熊人 洋風味噌拉麺

支那そば 正月屋@郡山

9/22の分。
「きむらや」の後、1日の〆に(8軒目に)「正月屋」へ。会津から下道で移動し、20時過ぎの入店。この日は佐藤さんには会えず。

前回はこちら。今回も「支那そば」を、細麺・肩ロースチャーシューで注文。

「支那そば」650円
正月屋 支那そば







動物系と魚介系どちらか一方が強く主張しているのではなく、すっきりとしながらもコクのあるバランス型スープ。ふわっと広がる醤油の香りも良く美味い!(^^ヾ麺はプリプリとしたコシのある自家製細縮れ麺。

今年2回目の訪問でしたが、何度でも食べたいお気に入りのお店です(^^ヾ

正月屋
住所 :福島県郡山市桑野3-14-27 
TEL :024-935-6363
営業時間 :11:00〜15:30、17:00〜20:45
       11:00〜20:45(土・日・祝)
定休日 :水曜

きむらや@会津若松

9/22の分。
「いさみ」の後、続いて7軒目は「きむらや」へ。17時半頃の入店。
きむらや







こちらの店主は元寿司職人で、喜多方の「さゆり食堂」でも修行経験有りとの事。

「ラーメン」500円
きむらや ラーメン







やや濁りのある醤油味スープは、煮干しが強めに効いていてなかなか美味い。若干ぼやけてしまっているのは、夜の為煮詰まってしまったからか。麺は曽我製麺のもちもちとした中細縮れ麺。具は「さゆり食堂」と同様に、チャーシュー、メンマ、ナルト、ねぎ。

次回はもっと早い時間に再訪したいです(^^ヾ

きむらや
住所 :福島県会津若松市湯川町1-45
TEL:0242-26-8245
営業時間 :11:00〜15:00、17:00〜20:30
定休日 :日曜

手打ラーメン いさみ@会津若松

9/22の分。
「めでたいや」の後、続いて6軒目は「いさみ」へ。17時頃の入店。お店は路地裏にあり、探すのに一苦労しました。有名な老舗店ですが、改装後の為店舗は新しい。店先では、ガラス越しに製麺室が見える様になっています。
いさみ







店内は広々としていて、食堂という様な雰囲気。テーブル席が多数あり、ファミリーでも楽しめる雰囲気。看板商品の「手打ラーメン」550円を注文。

「手打ラーメン」550円
いさみ 手打ラーメン







醤油が強めにたったあっさりとしたスープ。手打ちの平打ち麺は太さが不揃いで、太くコシが強い麺や細くもちもちとした麺があったり、食感が面白い。シンプルなラーメンだけど、こういうのも好きだなぁ(^^ヾ

そして後日、仲間から『ここはカツ丼も食べなきゃ駄目じゃん!』との煽りを受けました…。「カツ丼」、次回はきっと食べよう。。

いさみ
住所 :福島県会津若松市馬場町1-13
TEL:0242-22-0064
営業時間 :11:00〜14:30、16:00〜20:30
定休日 :7・17・27日

日帰り長野遠征

洗足池さんオゴポコさんと、日帰りで長野遠征へ。

回った店は下記の通りです。

◎ラーメン
1軒目 熊人
2軒目 桃太郎 上田店(本店は既食)
3軒目 イナリ食堂
4軒目 New Old Style ゆいが
5軒目 助屋 駅前店
6軒目 豊龍

(ミソラ野…臨休!?)

◎スイーツ
ヴァールマタン(3個、他焼菓子)
お菓子工房(2個、他焼菓子)


今日は驚きのネタが二つありました!

まず1つはスイーツネタ。
朝食がてら行った「フジウ@高幡不動」出身の「ヴァールマタン」にて、店員さんに長野県内のオススメを伺った所、小布施の「パティスリー ロント」という店名が上がりました。オープンは06年4月。ここは何と、「オーボンヴュータン」出身なんだそうです!今度行かねば(^^ヾ
詳細はこちら をご覧下さい。

そして2つ目はラーメンネタ。
またもや洗足池さんにより、点と点が驚きの線となりました!!大発見なのですが、洗足池さんがレポを上げるまでは取り敢えず保留にしときます(爆)自分も週末に、絵(写真?)のコピーを確認しに行かねば!(^^ヾ

会津中華そば めでたいや@会津若松

9/22の分。
「あべ食堂」の後、会津へと移動。続いて5軒目は「めでたいや」へ。休憩を挟み、16時頃の入店。
めでたいや







店内は広く座敷席も多数あり、ファミリーでも楽しめる雰囲気。入口右側にはテーブル席もあります。しょうゆ・しお・味噌等メニューは豊富ですが、今回はしょうゆを注文。

「中華そば(しょうゆ)」525円
めでたいや 中華そば







大目の油が浮いた、煮干し風味強めの醤油味スープ。夕方のせいかスープにはやや濁りがあり、ぼんやりとした印象も。もっと早い時間に来るべきだったか!?麺は平打ちの中太縮れ麺。具はチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ。ナルトにはめでたい『寿』の文字が(^^ヾ

めでたいや
住所 :福島県会津若松市千石町3-1
TEL:0242-28-9133
営業時間 :11:00〜21:00
       11:00〜20:00(日、祝)
定休日 :月曜(祝日の場合翌日)

あべ食堂@喜多方

9/22の分。
「はせ川」の後1時間程休憩を挟み、続いて4軒目は「あべ食堂」へ。店に到着すると長蛇の列が!!並んでから食べ終わるまでに、40分程かかりました。
あべ食堂







店員はマイペースなおばちゃんのみ。基本レンゲは付かないので、御用の方は店員まで。

「中華そば」550円
あべ食堂 中華そば







「はせ川」「さゆり食堂」同様、こちらも煮干し系。ただし先の2軒ほどは煮干しは効いておらず、醤油がたった優しい味わい。麺はやや柔らかめのもちもちとした中太縮れ麺。具はチャーシュー、メンマ、ネギ。

たくあんのサービスが嬉しい。

あべ食堂
住所 :福島県喜多方市緑町4506
TEL:0241-22-2004
営業時間 :7:30〜18:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :水曜

食堂 はせ川@喜多方

9/22の分。
「さゆり食堂」の後、続いて3軒目は「はせ川」へ。11時20分頃の到着。店内は満席状態でしたが、待ちも無くすぐにテーブル席(相席)に座れました。ただし、店を出る頃には20人近くの行列が出来ていました!(驚)運が良かった(^^ヾ

9月から夜営業を開始したらしく、昼限定「焦がしねぎ塩」700円夜限定「らーめんちゃんぷる〜(焼きラーメン)」600円等のメニューもありました。初訪なので今回は「ラーメン」を注文。

「ラーメン」500円
はせ川 ラーメン







「さゆり食堂」同様、煮干しがビンビンに効いた醤油味スープ。食べ比べてみると、先に食べた「さゆり」は煮干しが強いながらも柔らかなイメージ。そして「はせ川」は(若干ですが)煮干しのエグミを感じるぐらい煮干しが効いていて驚きました!食後も延々と煮干しの余韻が残る程。美味いですね〜!(^^ヾ具は同様にチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ。

こちらも再訪したいお店です!

はせ川
住所 :福島県喜多方市字大荒井6
TEL:0241-24-5180
営業時間 :11:00〜15:00、17:30〜20:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :日曜

さゆり食堂@喜多方

9/22の分。
「坂内食堂」の後、続いて2軒目は「さゆり食堂」へ。11時の開店前に到着すると、既に10人程の待ちが。ここ「さゆり食堂」に来るのは実は2度目なのですが、食べるのは今回が初。「まこと食堂」「上海」「源来軒」「大安食堂」の4連食で満腹になり、泣く泣く車の中で待機していた(その後「なまえ」等へ)のも、今となっては良い思い出です(笑)
さゆり食堂







こちらは「はせ川」インスパイアと言われている人気店であり、2軒食べ比べの為、基本の「ラーメン」を注文。

「ラーメン」500円
さゆり食堂 ラーメン







運ばれてきた丼からは、何とも言えぬ煮干しの良い香りが漂ってきます!動物系ダシを土台に煮干しを効かせているのですが、煮干しの風味が前面に出ていて美味い!麺はもちもちとした中太縮れ麺で、スープとの相性も良い。具はチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ。

『めちゃめちゃ美味かった!』と仲間に伝えた所、『まさか「カレー」を食べてないの?』の一言…。次回は必ず「カレー」をセットで食べよう!(苦笑)

さゆり食堂
住所 :福島県喜多方市清水が丘1-11
TEL:0241-23-1317
営業時間 :11:00〜14:00、17:00〜19:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :火曜

支那そば 坂内食堂@喜多方

例の如く、首都圏は省いて地方遠征分へ(爆)

9/22の分。
一人日帰りで、喜多方&会津ツアーへと繰り出しました。喜多方は2回目、会津は3回目の訪問。
坂内食堂







まず1軒目は、前回(4年前)振替休日!?で振られた「坂内食堂」へ!10時半に店に到着。すんなりカウンター席に座れました。朝一ですが、当然ながら「肉そば」を注文!(^^ヾ

「肉そば」850円
坂内食堂 肉そば







丼一杯に盛られた厚みのあるチャーシューが、何とも食欲をそそります!とろけるとまではいきませんが、柔らかくジューシーで美味い。透明感の強い塩味スープは、見た目はあっさり目ながらも旨味はたっぷり。塩加減はやや強め。多加水の平打ち中太縮れ麺は、もちもちとした食感でスープとの相性も良い。

長年の宿題をようやく一つクリアできました(^^ヾ

坂内食堂
住所 :福島県喜多方市字細田7230
TEL:0241-22-0351
営業時間 :7:00〜19:00
定休日 :木曜(祝の場合営業、前々日休)
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ