ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2007年12月

元祖九州ラーメン 天外天@熊本

まあぼーさんたけひこさんと食べ歩き。

「玄啓」の後、「天外天」を訪問。別チームで動いていた洗足池さんオゴポコさん達と、お店の前で合流。
天外天







全員「ラーメン」を注文。

「ラーメン」600円
天外天 ラーメン







豚骨をベースにした濁りの少ないスープは、それ自体は意外とあっさりとした味わい。しかしながら表面に振られた大量のニンニクチップ&パウダーが、強烈なインパクトを与えています!麺はストレート細麺、具はチャーシュー、キクラゲ、刻みネギ。

めちゃめちゃジャンクな味わいで、記憶に残る1杯でした。

天外天
住所 :熊本県熊本市安政町2-15 河野ビル1F
TEL :096-354-8458
営業時間 :19:00〜翌4:00
定休日 :日曜

天和@熊本

まあぼーさんたけひこさんと食べ歩き。

「幸帝」の後、熊本市内へと移動し「天和」を訪問。入店したのは自分とまあぼーさんの二人だけ。こちらは「玄瑛」の入江さんの修行先との事で、以前から気になっていました!
天和







店内入口横には製麺機があります。熊本で自家製麺は珍しく、訪問時には丁度麺打ちをしていました。今回は二人とも「ラーメン」を注文。

「ラーメン」600円
天和 ラーメン







軽く濁りがあるぐらいのすっきりとした味わいの豚骨スープに、薄い黄〜茶色ぐらいのマー油が浮いています。デフォでたっぷりと胡椒が振られてしまうのはちょっと残念。
自家製の中細ストレート麺は、つるっとした食感でしっかりとしたコシもあり面白い。とても個性的な麺で、他の熊本ラーメンの麺とは一線を画します。具はチャーシュー2枚、海苔、キクラゲ、刻みネギ。

天和
住所 :熊本県熊本市新市街11-7
TEL :096-322-6926
営業時間 :12:00〜翌2:00(1日限定200杯)
定休日 :月曜

幸帝ラーメン@菊池市

まあぼーさんたけひこさんと食べ歩き。

「石井商店」の後、熊本の菊池市へ移動し「幸帝ラーメン」を訪問。熊本での食べ歩きは03年以来、実に4年ぶり!過去に食べたのは10軒のみです。
幸帝







こちらはオゴポコさんのレポを見て、凄く気になっていたお店です!
メニューは「ラーメン」「もやしラーメン」「あまから味噌ラーメン」の3種。味噌にはあまり惹かれなかったので、全員「ラーメン」を注文。

「ラーメン(並)」550円
幸帝 ラーメン(並)







茶濁の豚骨スープはとろみを感じる濃厚さで、髄もしっかり出ています。非常に骨太なスープで、文句無しの美味さ!!またこちらはマー油ではなくニンニクチップで香ばしさを付与していますが、コレがまたスープに合います!言うなれば久留米(の濃厚豚骨スープ)と、熊本(ラーメン特有のニンニクチップ)の融合か(^^ヾ
ストレート細麺は茹で加減も良く、またスープとの相性も良い。具はチャーシュー3枚、キクラゲ、海苔、刻みネギ、ニンニクチップ。チャーシューは柔らかで美味しく、こちらは七城産の豚バラを使用との事。

高速からもやや遠いですが、かなりレベルが高く大満足でした!

幸帝
住所 :熊本県菊池市隈府895-6
TEL :0968-23-6005
営業時間 :11:30〜15:00、17:00〜20:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :木曜

石井商店@大川市

「大臣閣」の後、続いて「石井商店」を訪問。同行者は待機、一人で店内へ。
石井商店







「大臣閣」の店主に、『この近くでオススメのラーメン屋と言えばどこですか?』とお聞きしたところ、「石井商店」の名が上がったので行ってみました。

「ラーメン(並)」500円
石井商店 ラーメン(並)







表面にはたっぷりの油が浮いていますが、スープ自体にそれ程濃厚さは感じず軽い口当たりで食べやすい。ストレート細麺は若干柔目の茹で加減。具はチャーシュー、海苔、刻みネギ。チャーシューは柔らかく美味しい。

石井商店
住所 :福岡県大川市大字酒見286−15
TEL :0944-87-6252
営業時間 :11:00〜15:00、18:00〜23:00
定休日 :月曜

大臣閣@佐賀

まあぼーさんたけひこさんと食べ歩き。

「いちげん」の後、続いて「大臣閣」へ。こちらは最近佐賀で話題になっているらしいのですが、(遠征の計画を立てる際)同行者に言われるまで全くのノーチェックでした。
大臣閣







ラーメン屋なのですが、「ラーメン」の他にも「焼肉」「ホルモン」がメニューに加わっていたりと面白い。割と新しいお店なのかと思ったのですが、現店主は2代目なのだそうです。店舗横には今は使われていない建物がありますが、こちらが旧店舗なのでしょうか!?

「ラーメン(並)」450円
大臣閣 ラーメン(並)







スープ表面には細かな気泡が一杯!見た目にも濃厚なスープはクリーミーでまったりとした味わいで、尚且つ髄もたっぷり出ていて美味い!!麺はやや太目のストレート麺で、茹で加減はやや柔目。具はチャーシュー、刻みネギ。

食後店主とお話しした所、スープは前の日のものをベースに三日間炊き込んでいるとの事。『呼び戻し』方式らしく、前日にあまり杯数が出すぎると軽くなってしまう(ブレてしまう)事もあるらしい。

満足度が高く、ぜひまた食べに行ってみたいお店です(^^ヾ

大臣閣
住所 :佐賀県佐賀市諸富町大字諸富津138-9
TEL :0952−47-2121
営業時間 :11:30〜24:00
定休日 :不定

いちげん@佐賀

10/20の分。
まあぼーさんたけひこさんと食べ歩き。

遠征2日目1軒目は、05年6月以来2度目となる「いちげん」を再訪。前回訪問時会計は後払いでしたが、今回は店内入口付近に食券機が置かれていました。
いちげん







前回訪問時はスープが薄く、また店主からもこの日のスープは出来が悪かったと言われていたので、いつか再訪したい!とリベンジを誓っていました(^^ヾ

「ラーメン」500円
いちげん ラーメン







濃度や粘度が高いタイプの豚骨スープではありませんが、サラッとしている様で豚骨の旨味や髄がしっかりと出ていて、前回のイメージを払拭する美味さでした!同行者が『フレッシュ』な感じの豚骨スープと例えていましたが、まさにそんな印象。
ストレート細麺は茹で加減も良く、スープとの相性も良い。具はチャーシュー、海苔、刻みネギ。チャーシューは薄っすらピンク色。九州でこの手のチャーシューに出会うのは珍しく、また柔らかでなかなか美味しい。

ブレが激しい様ですが、また食べに行ってみたいです(^^ヾ

いちげん
住所 :佐賀県佐賀市川副町大字西古賀925-1
TEL :0952−45-7865
営業時間 :11:00〜15:00、17:00〜21:00
定休日 :水曜

麺家 もち月@博多

まあぼーさん洗足池さんと食べ歩き。

「十割亭」の後福岡市内に戻り、洗足池さんと合流し3人で「もち月」へ。こちらは以前南区若久にありましたが、07年8月3日に博多区博多駅南へと移転。前回の訪問はこちら
もち月







店舗は以前より広くなり、居酒屋風の造りになっています。3人で「らーめん」「鶏ガラスープの香味しょうゆらーめん」「焼きらーめん」「チャーハン」を注文。

「らーめん」550円、「鶏ガラスープの香味しょうゆらーめん」600円
もち月 らーめんもち月 鶏ガラスープの香味しょうゆらーめん







とろんとしたスープは粘度・濃度共に高く、髄もたっぷり出ていて文句なしの美味さです!!以前の方がより重くビターな味わいでしたが、濃厚ながらも食べやすさを感じる今の味わいの方が好み(^^ヾ麺は歯切れの良い細目のストレート麺。チャーシューは肩ロースとバラ肉の2種類から選べますが、何も言わない場合は「らーめん」にはバラ肉の、「しょうゆ」には肩ロースのチャーシューが合わせられます。

「香味しょうゆらーめん」は、鶏ガラベースの透明感のあるスープに醤油の香りを立たせたあっさりとした味わい。麺は加水率高めの中太縮れ麺で、具はチャーシュー、水菜、ネギ、糸唐辛子。九州で食べる醤油ラーメンの中では美味しい方だとは思いますが、やや凡庸な印象。

「焼きらーめん」650円、「チャーハン」
もち月 焼きらーめんもち月 チャーハン







「らーめん」も凄いが、この「焼きらーめん」もまた凄い!ソースで味付けされているものの、「もち月」の濃厚豚骨スープはソースに負けておらず、豚骨の風味がしっかりと主張しています!(笑)美味しかったし、これは食べといて正解でした!

「チャーハン」も米粒がパラパラで美味しい。最後にもう一口もらおうと思っていたのに、あっと言う間に同行者が完食していました。。

次回福岡に行く際も、ぜひ再訪したいお店です(^^ヾ

もち月
住所 :福岡県福岡市博多区博多駅南4丁目17-6
TEL :092-477-7310
営業時間 :11:30〜14:30、17:00〜23:00
定休日 :不定

十割亭(旧ぎょらん亭 支店)@安部山公園

「圭順」の後、まあぼーさんと合流し「十割亭」へ。こちらは以前「ぎょらん亭 支店」でしたが、06年4月12日に独立。「十割亭」へと店名を変更。
十割亭







同行者と二人で「豚骨十割ラーメン」「二八ラーメン」を注文。

「豚骨十割ラーメン」500円、「二八ラーメン」500円
十割亭 十割ラーメン十割亭 二八ラーメン







スープは濾しながら丼へと注がれますが、そのザルに溜まった髄の量を見ても濃厚さが窺えます。表面に浮く油は少ないものの、スープはとろんとしていて濃厚且つまろやかで美味い。夜だった為か、スープは以前よりも濃厚に感じました。またタレに由来する甘味が抑え目で、「ぎょらん亭本店」とは離れた味わいに。具はチャーシュー、キクラゲ、刻みネギ。

「二八ラーメン」は、鶏2割:豚8割のブレンドスープ。鶏が加わり飲み口がややすっきりとしていますが、コクがありこちらも美味い。

十割亭
住所 :福岡県北九州市小倉南区湯川1-9-8
TEL :093-941-2218
営業時間 :11:00〜14:30、18:00〜20:30
定休日 :火曜

久留米ラーメン専門店 圭順@門司

「いち龍」の後門司へと戻り、「圭順」へ。こちらは05年1月にオープンした店で、「一竜軒@唐津」インスパイアという情報を聞き気になっていました!
圭順







メニューは「ラーメン」「チャーシューメン」のみで、今は「おにぎり」等はやっていないそうです。

「ラーメン」500円
圭順 ラーメン







濁りの少ない茶濁の豚骨スープは、すっきりとした飲み口ながらもコクがあります。もちろん髄も出ていますが、ザラザラとしたものはあまり感じません。インパクトはありませんが、バランスが良く美味い。

麺は九州にしてはやや太めの、中細のストレート麺。サクッとした歯切れの良い食感の麺が多い中、こちらはもちっとした食感の麺を合わせているのが面白い。麺は羽釜で茹で、平ザルで丁寧に湯切りしています。具はチャーシュー2枚、海苔、刻みネギ。

オゴポコさんが食べた時は、比較的濃度の高い豚骨スープだった様ですが、今はより「一竜軒」に近づいていってると思います。

食後ゆっくりとお話しをしましたが、「一竜軒」での修行は出来なかったものの、何度も足を運び食べ、オープンに当たってはマスターから色々なアドバイスを頂いたのだそうです。
▽以前食べた「一竜軒@唐津」の「ラーメン」
一竜軒 ラーメン







『最近ようやく豚骨の扱い方が分かってきた』と言う、とっても謙虚な店主。いつか『「一竜軒」の背中が見えてきた』、なんて言葉を聞いてみたいです(^^ヾ

そして意外だったのが、店主が北九州のラーメンについて詳しかった事。昔からラーメンが好きで、あちこち食べ歩いていたんだそうです。その為「一竜軒」のみならず話しが盛り上がり、かなり長居してしまいました。。

圭順
住所 :福岡県北九州市門司区黄金町10-25
TEL :093-371-0113
営業時間 :11:30〜15:00、18:00〜スープ切れ次第終了
       11:30〜スープ切れ次第終了(土・日・祝)
定休日 :水曜

ラーメン いち龍@下関

「麺8-34」の後小倉駅で仲間3人と別れ、一人下関の「いち龍」へと向かいました。05年3月の山口遠征にて、下関で食べたのは「楽」のみ。「魁龍(再訪)」とその出身店に心を奪われ、満場一致で急遽予定を変更。勢い余って関門トンネルをくぐったのが懐かしい(^^ヾ
いち龍







麺類だけでなくチャーハン等のセットニューも豊富ですが、今回は基本の「ラーメン」を注文。「野菜ラーメン」もオススメとの事でした。

「ラーメン」500円
いち龍 ラーメン







とろみのある茶濁の豚骨スープは、油分を適度に含み甘味もあります。濃厚感はあるものの臭みは無く、それでいて髄がしっかりと出ていてなかなか美味い。ストレートの細麺は茹で加減も良く、スープとの絡みも良い。具はチャーシュー2枚、メンマ、刻みねぎ。

いち龍
住所 :山口県下関市竹崎町2-11-5
TEL :0832-33-2438
営業時間 :11:00〜22:00
定休日 :月曜

麺8-34@西小倉

まあぼーさんたけひこさん洗足池さんと食べ歩き。

「黒門」の後、続いて「麺8-34」へ。こちらは以前小倉駅近くにあったお店ですが、06年6月に閉店し、07年8月25日に西小倉に移転オープンしました。ちなみに前回(移転前、05年3月)もこの4人での訪問でした(^^ヾ
麺8-34







4人で「しょうゆらーめん」「しおらーめん」「鶏白湯しお」「鶏白湯しょうゆ」の4種を注文。

「しょうゆらーめん」500円、「しおらーめん」500円
麺8-34 しょうゆらーめん麺8-34 しおらーめん







こちらの2種類は、移転前からあった基本メニュー。鶏をベースに魚介を加えた、じんわりと優しい味わいのスープ。緩いウェーブがかかった中細の麺は、食べ始めは良いのですがヘタルのがやや早い。05年3月に食べた時の写真と見比べると、麺も具も変わっていました。麺は今の方が若干細い。自分の好みは「しょうゆ」の方。

「鶏白湯しお」500円、「鶏白湯しょうゆ」500円
麺8-34 鶏白湯しお麺8-34 鶏白湯しょうゆ







こちらの2種類は、移転前には無かったメニュー。鶏白湯スープはしっかりと白濁していてクリーミーですが、甘味が強いのがちょっと気になりました。自分の好みは「鶏白湯しょうゆ」の方。

また移転前にはデザートメニューがありましたが、現在はやっていないそうです。前回何を食べたのか昔の日記を見てみたら、 「しょうゆらーめん」「クリームチーズのタルト」でした(^^ヾ

麺8-34
住所 :福岡県北九州市小倉北区室町2-11-5
TEL :093-571-6634
営業時間 :11:30〜16:00、18:00〜21:00
定休日 :火曜

南京ラーメン 黒門@遠賀川

まあぼーさんたけひこさん洗足池さんと食べ歩き。

「魁龍 八幡西店」の後「龍」(今回、自分はパス)を経由し、さらに途中で洗足池さんを拾い、一同「黒門」へ。まあぼーさん以外は再訪となります。
黒門







遠征時にはまず再訪しない二人も、こちらには迷わず入店。それぐらい美味しいのです!(^^ヾ

「ラーメン」500円、「おにぎり(1個)」50円
黒門 ラーメン黒門 おにぎり







前回は16時過ぎの入店。早い時間がオススメとの話しを聞き出来るだけ早い時間に行きたかったのですが、13時頃の到着でした。

見た目にも綺麗な濁りの少ないスープは、こう見えて豚骨ベースなのです。『豚骨スープ=白濁』ってイメージが強い中、こういったタイプはとっも貴重な存在。優しいけれどダシの旨味はしっかり出ていて、塩加減も絶妙!非常にバランスの良い1杯です(^^ヾ

具はバラとモモの2種類のチャーシュー、もやし、メンマ、ねぎ。

前回同様「おにぎり」を注文しましたが、やっぱりこのスープに「おにぎり」は合う!スープの旨味と塩加減が、「おにぎり」の米の美味さを倍増させます☆

何度でも食べたいお店です!

黒門
住所 :福岡県遠賀郡遠賀町島門2-12
TEL :093-293-1314
営業時間 :11:00〜19:00
定休日 :月曜、第3日曜

麺屋 誠@八田

12月15日の分。
3軒目は「誠」へ。
誠







取り敢えず画像のみ。

「しょうゆそば」680円
誠 しょうゆそば

丸和@春田

12月15日の分。
東海遠征初日、2軒目は「丸和」へ。
丸和







取り敢えず画像のみ。

「丸和つけ麺(太麺)」750円、おにぎり
丸和 丸和つけ麺丸和 丸和つけ麺2






丸和 おにぎり

柳麺 極つ庵@三河安城

12月15日の分。
東海遠征初日。まず1軒目は「極つ庵」へ。
極つ庵







取り敢えず画像のみ。

「つけめん」750円、「蝦辛」100円
極つ庵 つけめん極つ庵 蝦辛

〜東海遠征〜

土日で東海遠征に行ってきました。
回った店は以下の通りです。

○初日
一軒目 極つ庵
二軒目 丸和
三軒目 誠

Labo TETSUYA(スイーツ)

四軒目 好友軒
五軒目 とんぱーれ

○二日目
一軒目 臺大
二軒目 ぎんや
(えいと…持ち帰りお好み焼き屋)
三軒目 松川屋
四軒目 陣屋

次回遠征時は、徒歩困難なスイーツ店を中心に回りたいと思います(^^ゞ

魁龍 八幡西店@折尾

まあぼーさんたけひこさんと食べ歩き。

「ぎょらん亭 八幡店」の後、続いて「魁龍 八幡西店」を訪問。「魁龍」の支店ですが、この店舗だけ作り方も味も大きく異なるとの情報を聞き向かいました。同行者は待機、自分一人のみ入店。
魁龍 八幡西店







メニュー表の脇には、『八幡西店のスープは、他の魁龍と比べ、発酵度をおさえたスープです』と書かれています。メニューにわざわざ書くぐらいだから、他の「魁龍」とは大きく異なる味わいなのが予想できますね。

「ラーメン」590円
魁龍 八幡西店 ラーメン







スープから「魁龍」らしい豚骨臭は漂ってくるのですが、髄はあまり感じられず口当たりもマイルド。「魁龍」を意識してしまうとかなり濃度が低い様に感じてしまいますが、一般的な豚骨ラーメン店よりは濃いと思います。

「魁龍」が好きな人にはまずオススメはしませんが。。

魁龍 八幡西店
住所 :福岡県北九州市八幡西区則松2-11-26
TEL :093-692-0809
営業時間 :11:00〜21:00
定休日 :無

ぎょらん亭 八幡店@陣原

まあぼーさんたけひこさんと食べ歩き。

「力」の後、続いて「ぎょらん亭 八幡店」へ。こちらは07年8月6日オープンの新店で、「ぎょらん亭」の息子さんが営むお店。
ぎょらん亭八幡店







「ぎょらん亭」の支店と言う事もあり、当然ながら『豚骨十割』『二八』といったメニューがあります。3人で「豚骨十割」、「二八」、「地鶏カレーライス」を注文。

「豚骨十割」500円 、「二八」500円
ぎょらん亭八幡店 豚骨十割ぎょらん亭八幡店 二八







まずは「豚骨十割」。出てきた丼を見て、一同目を疑いました。本店と比べるまでもなく、明らかに濃度が低い・・・。それは先日食べた「一撃亭」よりも遥かに・・・。「ぎょらん亭」独特のタレ甘さや雰囲気は感じるものの、あまりのブレの大きさにがっかりしました。本店と比べると、表面に浮く油は少な目。麺は本店と同様に「田中中華麺」のストレート細麺。

「二八」はその名の通り、鶏と豚の比率が2:8。今回の豚骨スープはダシが出きっておらず濃度が低かった為、鶏のスープで割られる事によってより物足りなさを感じました。。

「地鶏カレーライス」500円
ぎょらん亭八幡店 地鶏カレーライス







「地鶏醤油」「二八」に使用している地鶏のスープをベースにしたカレー。スパイスが効いていてなかなか美味い。

もし機会があれば、再チャレンジしてみたいです。

ぎょらん亭 八幡店
住所 :福岡県北九州市八幡西区瀬板1-1-6
営業時間 :11:00〜14:30、17:00〜21:00
       11:00〜17:00(日曜)
定休日 :月曜

ラーメン 力@スペースワールド

まあぼーさん、 たけひこさんと食べ歩き。

「栗ちゃん」の後、続いて2軒目は「力」へ。こちらは「ぎょらん亭」の関連店です。
力







「ぎょらん亭」と言えば『豚骨十割』『二八』と言ったメニューが特徴的ですが、驚く事に「力」にはそれらのメニューがありません!

「ラーメン」500円 、「チャーたれ丼」300円
力 ラーメン力 チャーたれ丼







「ぎょらん亭」に比べると、表面に浮く油は少ない。とろみのあるスープはしっかりと豚骨のダシが出ていて美味い。スープ自体に「ぎょらん亭」の雰囲気は感じますが、タレの甘さが出ていなかったりと味わいは異なります。麺はストレート細麺で、茹で加減も良し。具はチャーシュー、キクラゲ、わけぎ。

「チャーたれ丼」はご飯の上に刻んだチャーシュー、わけぎ、温玉を乗せた丼物。「ラーメン」では「ぎょらん亭」特有の『甘さ』をあまり感じませんでしたが、こちらはタレの甘さが前面に出ています。その為卓上に置かれた辛子高菜がよく合います。不思議だったのは、オープン直後の入店なのに「チャーたれ丼」が1食しかなかった事(笑)


住所 :福岡県北九州市八幡東区春の町5-6
TEL :093-662-1931
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜スープ切れ次第終了
定休日 :不定

栗ちゃん@スペースワールド

10/19〜21の三日間、まあぼーさんたけひこさんと共に九州遠征へ。

遠征初日の1軒目は「栗ちゃん」へ。ちょっと早めに到着し店の前で待っていたのですが、開店時間前にお店を開けてくれましたm(_ _)m
栗ちゃん







1軒目だし全員「ラーメン」のみを注文。と思いきや、まあぼーさん「若鶏のからあげ」が付く「ラーメン定食」800円を注文(笑)ちなみに「若鶏のからあげ」単品は500円。

「ラーメン」500円
栗ちゃん ラーメン







表面には背脂が浮いていて、とろみのある濃厚な豚骨スープにまろやかさをプラスしています。麺は中細のストレート麺で、茹で加減も良い。具はチャーシュー、キクラゲ、わけぎ。チャーシューは比較的厚めに切られているのが嬉しいし、尚且つやわらかくて美味い。

朝一でもこれだけの美味さだったので、次回はもう少し遅い時間に食べてみたいです!(^^ヾ

栗ちゃん
住所 :福岡県北九州市八幡東区山王1-1-11
TEL :093-682-0611
営業時間 :11:00〜スープ切れ次第終了
定休日 :火曜

ajito@大井町  『PiZZA oF ajito』 ピザソバ!!

12/7、8の夜の部、 『PiZZA oF ajito』と称した「ピザソバ」専門店へと変身。
ajito メニュー







有料トッピングの『ジェットストリームアタック』は、機動戦士ガンダムドムに由来するらしい(笑)

「ピザソバ(Sサイズ)」780円、「ジェットストリームアタック」70円、「あとのせボーノ」120円
ajito ピザソバajito ピザソバ2







丼ではなく、ステンレス製のボウルでの提供。軽くでもしっかりでも、混ぜ方は自由との事。

通常の麺よりも太目のストレート麺に、ソース、サラミ、チーズ、マッシュルーム、ピーマン、タマネギ、アンチョビ辛味、ニンニク、煮干し粉、スパイスをトッピング。味はほんと、『ピザ風味』です(笑)チーズがとろ〜っと溶けて麺に絡むのも良く、また「アンチョビ辛味」が凄く良いアクセントになっています!醤油漬け!?の刻みにんにくも凄く合いますね。

途中で『ジェットストリームアタック』『あとのせボーノ』の有料トッピングを追加。

『ジェットストリームアタック』は、鯖・鰹・煮干の魚粉の3連攻撃の意か(笑)ちなみにデフォで乗ってるのは煮干し粉のみ。これを入れるとイタリアンな雰囲気が魚粉に支配され、まるで『富士宮焼そば』の様な雰囲気に(笑)

『あとのせボーノ』は自家製のミートソースで、粉チーズもたっぷり振り掛けられます。これにより『ピザ風』の味わいから『ミートスパゲティ風』へと移行!!ミートソースはかなりたっぷりなので、SサイズではなくLサイズの方がより楽しめるかも。こちらのトッピングはオススメ。

メニューには無いですが、『とろけるチーズ』のトッピングがあったら最高ですね☆

ラーメンではなく創作麺料理。店主ご本人の意向は置いといて、『和え麺』の範疇でくくっても良いじゃないかな!?(笑)

ajito
住所 :東京都品川区大井1-41-1
TEL:
営業時間 :11:00〜35食売切れ次第終了、18:00〜25食売切れ次第終了
営業日 :水、日曜夜

ajito@大井町  「ロッソ」冬バージョン!

11/29より「ロッソ」が冬バージョンになったと聞き行ってきました。

「ロッソ(並)」750円
ajito ロッソ冬バージョン







『バジルソース』『サルサソース』に、『フレッシュトマト』『ホールトマト』に変更になり、『フライドオニオン』が乗るようになりました。

たっぷりの野菜を煮込んだ濃厚な『ソース』にトマトが効いていて、パスタの様なストレート太麺によく絡み美味い。『フライドオニオン』の食感もいいアクセントになっています。『冬バージョン』ももちろん美味いのですが、やはり『バジル』の方が断然好み。食材の問題なので、こればかりは仕方ないですね。

食後はスープ割りをし完食♪

ajito
住所 :東京都品川区大井1-41-1
営業時間 :11:00〜35食売切れ次第終了、18:00〜25食売切れ次第終了
営業日 :水、日曜夜

麺処 夕@鶯谷

飲み会の前に、続いて「夕」へ。こちらは「遊」のセカンドブランドで、水曜〜金曜の夜の部のみ営業。

ちょっと前から、「夕」では「遊」「中華そば」も提供しています。 つまり「夕」「濃つけ」「遊」「中華そば」、これらが同時に頂けるって訳です!(^^ヾ

これとは別に、知らぬ間に「濃つけ温」「カレー飯」も出ていました。

「濃つけ温」750円
夕 濃つけ温







つけ汁は濃厚な鶏白湯に煮干しをガッツリと効かせていて、インパクトもあり美味い。麺の丼にはダシが張られていて香りがいいのですが、そこに泳ぐ中太の平打ち麺がぼそっとした食感だったのが気になりました。茹で加減の問題か??


住所 :東京都台東区根岸1-3-20
TEL:080-6672-7111
営業時間 :18:00〜22:00(スープ切れ次第終了)
営業日 :水・木・金曜

麺処 くるり@市ヶ谷

札幌の某フリークの方と一緒に「くるり」へ。
食べたのは、数名から猛プッシュを受けていた「辛味つけそば」

「辛味つけそば」750円
くるり 辛味つけそば







つけ汁は「くるり」らしいどろっとした濃度の高いもの。ニンニクの風味がガッツリと、また見た目通り辛味が強く効いていてインパクト大!!麺は平打ちのコシの強いタイプで存在感あります。麺をつけ汁につけて食べるって言うよりも、むしろ濃厚すぎて絡めて食べてるって感じ(笑)具はチャーシュー、モヤシ、ニラ、白髪ネギ等。ごろっと大きな塊の様なチャーシューは、炙られていて香ばしく美味い!大満足の美味さでした☆

何故にごはんを注文しなかったのか、悔やまれます。。

くるり
住所 :東京都新宿区市谷田町3-2 トゥービル1F
TEL:03-3269-0801
営業時間 :11:00〜19:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :日曜

のスた@大井町

無性に『カレー』が食べたくなり、「のスた」へと向かいました。細麺が無くなってからは初の訪問。

寒空の下、待つ事15分。ようやく席に座って壁を見ると、『みそ』の文字が目に止まりました。 『注文は?』と聞かれる迄の十数秒の間、『カレー?orみそ?』の自問自答。迷った末、今回は『みそ』を注文(^^ヾ

「太麺 みそ」900円
のスた 太麺みそ







丼に味噌ダレと背脂を入れ、数回に分けて少量のスープを足しながら混ぜています。

スープは味噌ダレと背脂のミックスにより結構ドロッとしていて、麺への絡みはかなり良い。美味いんだけど、味噌ダレが勝ち過ぎていてかなりしょっぱ目。また茹で始めてからも途中で麺を足していく為、先に入れた麺の表面が溶けてしまっているのは残念。それでもコシの強さを失わないのは流石ですが。

次回は「カレー」を食べよう。

のスた
住所 :東京都品川区大井1-21-6
営業時間 :11:00〜14:30(スープ切れ次第終了)
       11:00〜14:30、18:00〜20:00(火、木)
定休日 :土・日・祝

麺屋武蔵 江戸きん@浅草  試食会

先日「麺屋武蔵 江戸きん」で行われた、新型の厨房機器を使った新作メニューの試食会に参加。

新作のラーメンの紹介って言うよりも、厨房機器のお披露目がメイン。この厨房機器、ミキサーと寸胴が一体化された優れもの!武蔵と厨房機器メーカーが独自に開発を進めていたものだそうで、今後ラーメン業界に広がっていくのでしょうか!?来年の産業展に出ていたりして!?(笑)

「ラーメン(名称・発売日未定)」
江戸きん ラーメン1江戸きん 雷玉







『ブリックス35』という驚きの濃度!!豚頭、豚骨、モミジ等を、この厨房機器でたった3時間煮込んだだけだそうです。3時間でこの濃度は反則でしょ!ってぐらい、スープはもうドロッドロ!!麺はスープに沈んでいかないし、スープを飲むというより食べてるに近い感覚です(笑)豚の風味もしっかり出ていて食べ始めはなかなか美味いのですが、重すぎてどうしても途中で飽きがきてしまう・・・。「雷玉」が付きましたが、辛味は良いとして八角が効いているのがちょっと苦手。カレー味等で変化させられたら、また楽しいかな。また麺自体は美味いが、スープに負けてしまっている点も否めない。色々な課題はありますが、凄く面白いものが出来そうですね(^^ヾ

「(仮称)豚菜らー麺」
江戸きん とんさいラーメン







こちらは上記の豚骨に数種類の野菜を加え煮込んだものだそうで、若干ですが濃度が下がり食べやすくはなっています。甘味が強いのが気になったのですが、これは野菜、特にサツマイモのせいだとか。こちらは12/8から、1日約100食限定で提供開始だそうです。

試作のスープは厨房機器の功績であり、この『凄さ』をどのように『美味さ』に持っていけるかは、「武蔵」の腕の見せ所ではないかと。

でも、当初のコンセプトは一体どこへ??

麺屋武蔵 江戸きん
住所 :東京都台東区浅草1-2-3
TEL:03-3843-3634
営業時間 :11:00〜21:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :無

菜@本八幡

オゴポコさんと食べ歩き。

「目黒屋」の後もう一軒ぐらい行こうという事になり、オゴポコさんの未食店の中から「菜」を選択(^^ヾ

「潮菜つけめん」、「チャーシューご飯」
菜 潮菜つけめん菜 チャーシューごはん







「潮菜めん」のつけ麺バージョン。潮菜めんは豚骨スープと鶏ガラスープを丼で合わせるWスープ方式ですが、こちらの「潮菜つけめん」は鶏ガラベースの塩味。すっきりしているけど厚みがあり、最近のお気に入りです☆

「チャーシューご飯」は、ペッパーを挽いて食べると味が引き締まって美味さ倍増〜☆

「洋梨とマスカルポーネのブランマンジェ」
菜 洋梨とマスカルポーネ







本日のデザート(ブランマンジェ)は、「洋梨とマスカルポーネ」でした。洋梨のピュレをマスカルポーネに混ぜ込んだものですが、洋梨の香りも活きていて美味い。


住所 :千葉県市川市南八幡2-4-17
営業時間 :11:00〜15:00、18:00〜20:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :月、火曜

つけ麺 目黒屋@馬込沢

オゴポコさんと食べ歩き。

自分が「小ラーメン」「小ラーメン(濃厚スープ)」を注文。月曜日じゃなくても、1日10食程度は『濃厚スープ』もあります。

「小ラーメン」650円、「小ラーメン(濃厚スープ)」650円
目黒屋 小ラーメン目黒屋 小ラーメン(濃厚スープ)







最近は「ラーメン」ばかり食べてますが、ほんといつ食べてもホッとする美味さです!

とろんとした濃厚感のあるスープは、動物系のまったりとした旨味に負けじと魚介系もしっかりと効いていて美味い。チャーシューもサクッと噛み切れる適度な噛み応えのある柔らかさで美味いですね☆

『濃厚バージョン』を食べるのは5月以来ですが、こう来たか!って感じの嬉しい驚き(^^ヾ以前は家系ちっくな見た目の豚骨強めのラーメンでしたが、今はゼラチン質や脂分をたっぷり含んだトロミを強く押し出したスープへと変化しています。魚介の風味は後に引っ込んでしまっていますが、こちらも美味い!

次回は「塩ラーメン」の変化を楽しみたいです(^^ヾ

目黒屋
住所 :千葉県鎌ケ谷市馬込沢3-22
TEL:047-430-5005
営業時間 :11:30〜15:00(麺切れ次第終了)
定休日 :火、水曜

麺 たいせい@亀有

「つし馬」の後、洗足池さんと共に「たいせい」へ。すると再び、パーマンさんとばったり(笑)

こちらは07年11月9日オープンの新店。仲間からの評判も良く、味以外の面でも気になっていたお店。自分が「塩らー麺」「杏仁豆腐」を、同行者が「醤油らー麺」を注文。

「塩らー麺」700円、「醤油らー麺」700円
たいせい 塩 らー麺たいせい 醤油 らー麺







透明感のあるスープは、鶏をベースに魚介を加えたあっさりとした味わい。それでいてダシの旨味もしっかりと出ていて、塩・醤油共にどちらも美味い。どちらかと言うと、自分の好みは「塩らー麺」の方。塩の方がより魚介を強く感じられ、またキレもあります。醤油の方は、醤油ダレが全体を丸く整えているような印象。

麺は「浅草開化楼」の細麺で、茹で加減も良く美味い。麺はテボで茹でて平ザルに移し換え、丁寧且つしっかりと湯切りしています。具はチャーシュー、メンマ、海苔、万能ネギ、白髪ネギ、揚げネギ、糸唐辛子。

「杏仁豆腐」300円
たいせい 杏仁豆腐たいせい ルイボスティー







提供直前にレモンを軽く絞ってから、シロップと一緒に運ばれてきます。杏仁豆腐は濃厚で口当たりもなめらか。ほのかなレモンの香りが爽やかで美味い。

食後には、嬉しい「ルイボスティー」のサービス有り☆

修行先とは異なる味わいですが、雰囲気は伝わってきますね(^^ヾ

たいせい
住所 :東京都葛飾区亀有5-47-1 菅井ビル1F
TEL :03-5697-7020
営業時間 :17:00〜23:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :月曜

つし馬@浅草  ラーナビ限定「津軽バリ煮干そば」

ラーナビ限定の「津軽バリ煮干そば」を目当てに訪問。「たかはし中華そば@弘前」インスパイアと聞いたら、行かないわけにはいかないですね!!

店の前でパーマンさんとばったり、さらに店内には洗足池さんもいました(笑)

「津軽バリ煮干そば」750円
つし馬 津軽バリ煮干そば







11/16〜12/15迄の期間で、15時以降20食限定での提供となっています。

煮干しの効き具合は「たかはし中華そば」程暴力的ではないですが、それでもかなり強めに効いています。麺は意図的に通常よりも長めに茹でられていて、やや柔めのもちもち感。

美味しかったのですが、「たかはし中華そば」インスパイアって事なので、出来ればも〜っと激しく煮干しを効かせてほしかったです。

つし馬
住所 :東京都台東区浅草1-1-8
TEL :03-5828-3181
営業時間 :11:30〜21:30(スープ切れ次第終了)
定休日 :無
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ