ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2011年04月

渡なべ@高田馬場 9周年限定

4/24(日)に提供された、『9周年記念』の限定ラーメン。今年は遅れる事なく開始できたとか(爆)。厨房では玄君が腕をふるっていました。

「限定ラーメン」800円
IMG_2267

飲み比べ用にと、通常のスープもセットで付きました。通常は寸胴一本仕込みですが、今回は3本で別取りして合わせたそうです。食べはじめこそ通常スープの方が濃く感じましたが、今回の限定では丸鶏を使っているからか、またいつもより材料を増やしているからか、温度が少しずつ下がってくるに連れて限定スープの方がポッテリと重く感じてきます。「濃縮」を意識したというコンセプト通りの(マニアックな)仕上がりで、美味しかったです!

地震の影響でダクトがずれて店を閉めていた「くろく@仙台」も、ようやく営業再開との事。

そしてこのHP、いつになったら完成するのか!?

渡なべ
住所:新宿区高田馬場2-1-4
TEL:03-3209-5615
営業時間:11:00〜20:00
定休日:無し

無鉄砲 中野店@沼袋

この日は赤迫さんはおらず。そして厨房の緊張感が客席にも伝わってくるぐらい、食券を受け取る係、厨房の手伝い係、色んな場面で乱れが生じていた。

「とんこつラーメン」750円
IMG_2210

そんな状況の為か!?いつもより煮詰まってる感もあり、限界ギリギリのビターな味わい。今まで食べた「無鉄砲」の中でもかなりの濃度だったし十分美味しかったですが、こういう日もあるんだなと。

無鉄砲 中野店
住所:中野区江古田4-5-1
TEL:03-5380-6886
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜23:00
定休日:月曜

つけめん うさぎちゃん@新井薬師前

こちらは2011年1月10日オープンした、「せたが屋」の前島氏プロデュースの新店。女性店主ってのも話題の要因の一つ。
IMG_2209IMG_2205





食前に野菜の「フレッシュジュース」が提供されますが、忘れられていたのか手一杯なのか、麺類の提供直前まで出て来ない…。店長だけが声を出して頑張っていても、やる気の感じられない店員(男)のせいで雰囲気も良くない…。

「つけめん」750円、「らーめん」700円
IMG_2206IMG_2208





パスタマシーンを使用した自家製麺は、表面は滑らかだけど硬質な食感。つけ汁は鶏(肉)と煮干しベースの軽く白濁したタイプですが、濃度は高くなくさらっとしています。穂先メンマは柔らかく美味しい。

同行者が注文した「らーめん」は、「つけめん」では感じなかった部分が顔を出し、スープが極めて苦手な味わいでした…。またこちらの方が麺のもちもち感が出ていたので、「つけめん」の麺ももう少し長く茹でた方が良いんじゃないのかなと。

つけめん うさぎちゃん
住所:中野区新井2-10-9
TEL:03-6454-0109
営業時間:11:30〜15:00、17:30〜21:30
定休日:無し

つけめん 最大元@下井草

2011年2月7日オープンの新店。こちらは「虎@経堂」の元店主が、長崎の「らーめん家 政」「つけ麺家 あらかぶ」を経て、再び東京に戻り開いたお店。長崎の両店を食べてる友人と一緒に訪問。
IMG_2204

自分が「和らうめん」を、同行者が「あらかぶつけめん」を注文。
「和らうめん」600円、「あらかぶつけめん」700円
IMG_2203IMG_2201





「あらかぶ(カサゴ)」を使用したスープは、クセはないものの独特の旨味があります。また背脂が浮いているものの、すりおろした生姜が爽やかで意外とさっぱり。片栗粉のとろみがやや不自然にも感じますが、スープが中細の縮れ麺にたっぷりと絡むのは嬉しい。具はチャーシューの他に、長崎特産の「式見かまぼこ」が乗るのが特徴的。

「あらかぶつけめん」には、もちもちとした食感の中太ストレート麺。とろみの強いつけ汁がよく絡み、クセになる味わい。食後のサービス、無料の「ご飯割」が嬉しい。

つけめん 最大元
住所:杉並区下井草4-32-18
TEL:03-6795-5515
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜23:00/11:30〜18:00(日・祝)
定休日:水曜

中華蕎麦 りんすず食堂@大島

2010年10月29日オープンの話題店で、店主は元グラフィックデザイナーとの事。2度訪問してますが、写真を撮ったのは一回だけ。
IMG_2212

メニューには鶏の唐揚が乗る(今は別皿で付く)「りん蕎麦」と、チャーシューと肉団子(チーズ入り)が乗る「すず蕎麦」、つけ麺にあたる「もり蕎麦」があり、サイドメニューや丼物とのセットメニューも魅力的。

「りん蕎麦」690円
IMG_2211

かけ蕎麦に使う汁を活かしたという、濃い醤油色をした甘めのスープ。魚介ダシだけでなく鶏の旨味も利かせているので、あっさりだけどさっぱりし過ぎてはいない。麺はやや固めの食感の中細ストレート麺。スープの油分はそれ程多くないので、具の唐揚げをスープに浸し油が溶け出しても、あまりくどくならず変化も楽しい。美味い上にボリューム満点で、お腹も心も大満足!

中華蕎麦 りんすず食堂
住所:江東区大島5-7-3 成毛ビル1F
TEL:090-8845-2248
営業時間:11:30〜14:30、18:00〜22:00/11:00〜16:00(日曜)
定休日:火曜、祝日

つけ麺 五ノ神製作所@新宿

2010年12月24日にオープンした、「いつ樹」の二号店。オープン当初以来、二回目の訪問。前回「海老味噌つけ麺」を食べたので、今回は未食だった「海老トマトつけ麺」を選択。

「海老トマトつけ麺」850円
IMG_2232

濃厚な豚骨スープに、海老とトマトの旨味をプラス。麺は全粒粉を練り込んだ、茶色みを帯びた自家製麺。ややザラつきがありますが、風味・コシが強く濃厚なつけ汁に負けない美味さ。地震の影響で「バジル」が入荷できなかったそうで、残念ながら「バジルペースト」は無し。

また同行者が注文した「海老つけ麺」、オープン時は食べ終わる頃にはつけ汁がほとんど残っていないぐらいドロドロでしたが、既にマイナーチェンジをしていて、トロトロぐらいの濃度になってます。これぐらいの濃度の方が一般受けするでしょうね。ただし、食後のスープ割りを「濃厚スープ」でお願いすれば、オープン当初と同じ高濃度なスープが堪能できます。

それにしても、路地裏でこの集客力は凄い!

五ノ神製作所
住所:渋谷区千駄ヶ谷5-33-16 シャトレー新宿御苑第一 102号室
TEL:03-5379-0203
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜21:00/11:00〜21:00(土曜)
定休日:日曜

支那そば 月や@東比恵

たろのぶさんと食べ歩き。
2010年10月17日オープン。「大砲」出身のど豚骨・「もち月」が、「醤油ラーメン」店へと転身。お店はカフェさながらの雰囲気で、爽やかなユニフォーム姿にも違和感を感じます(爆)
IMG_2198

メインの「支那そば」と同じぐらい人気を博しているのが、サイドメニューの「カツ丼」。両方食べないと来た意味もないので、セットの「月や御膳」を注文。「カツ丼」ソースorしょうゆの2種類から選べ、今回はたろのぶさんからオススメを頂いた「しょうゆ」を選択。
IMG_2193IMG_2194





「月や御膳(支那そば+ミニカツ丼)」790円
IMG_2196

「支那そば」単品は490円と破格の安さ!ワンコイン以上は取りたくないとの事ですが、これだけ大きなチャーシューがのってこの値段とは…。スープは鶏をベースに野菜を加えたあっさりとした味わいで、醤油の香り・甘味が広がります。濃厚豚骨だけでなく鶏の清湯も上手くまとめるセンスの良さに、ちょっとびっくり。麺はカネジン食品の太縮れ麺で、スープとの絡みも良く美味しい。「薬味星」を注文し忘れたことが悔やまれます…。

「カツ丼」は細かい衣をまとった薄めのカツで、衣がはがれにくくサクッとした歯ざわり。ジューシーで、噂通りの美味さでした!

「支那そば」「カツ丼」も美味しかったけれども、やっぱり“豚骨魂”全開な男臭いラーメンが食べたい!

支那そば 月や
住所:福岡市博多区博多駅南4-17-6
TEL:092-481-1633
営業時間:11:00〜21:00(売り切れ次第終了)
定休日:無

博多 元桜(げんおう)@中洲川端

2010年12月20日にオープンした、「博多一幸舎」グループの第4ブランド。こちらは「塩魚貝」専門店。場所は川端商店街の地下にあり、ちょっと分かりにくい。
IMG_2192

こちらも全席「IHヒーター」を内蔵。
「塩つけ麺」850円
IMG_2190IMG_2191





つけ汁は軽く白濁している程度で、濃度は高くなくサラッとしています。麺は全粒粉練り込みの平打ち縮れ麺で、固すぎずもちもちとした食感。塩分がやや高めですが、なかなか美味しいです。地下じゃなければ流行るはずなのに。

博多 元桜
住所:福岡市博多区上川端11-11 地下1F
TEL:092-262-9377
営業時間:11:00〜22:00(スープ切れ次第終了)
定休日:不定

麺研究所 麺屋 慶史@大濠公園

たろのぶさんにお付き合い頂き、2011年2月26日オープンの新店・「慶史」へ。昨年も何度も同行して頂きましたが、一度もレポを上げれずすいません・・・。やる気はあったのですが・・・(爆)。
IMG_2187

「元助@薬院」「元勲@平尾」「元蔵@大濠公園(未食)」「元桜@中洲川端」に次ぐ、「博多一幸舎」グループ第五のブランド店。追うのも切りが無いぐらいですが(特にファンではないですが)、今後も出店ラッシュは続くらしい。

こちらは「つけ麺」「油そば」「ラーメン」の三枚看板となっており、今回は二人で「つけ麺」「ラーメン」を注文。「つけ麺」の麺は「ライ麦麺」「じょうもんさん」「贅沢卵麺」の3種から選べ、今回は「じょうもんさん」を選択。

「つけ麺」750円、「ラーメン」750円
IMG_2189IMG_2188





全席「IHヒーター」を内蔵してあり、最後まで熱々。ただし、保温でもかなり熱くなるので、消したり付けたり自分で調整が必要。スープ割り用のスープも最初から添えられます。

つけ汁は醤油を強めに利かせていて、魚介の風味は控えめ。濃度はそれ程高くなくさらっとしていますが、味が濃いので麺にしっかりのってきます。麺は艶やかな太平麺で、滑らかでコシがある。

「ラーメン」の麺は“伸び”のある食感で、福岡でこういう麺を合わせているのが面白い!

麺研究所 麺屋 慶史
住所:福岡市中央区大手門3-7-6 生田ビル1F
TEL:092-761-7664
営業時間:11:00〜23:00(スープ切れ次第終了)
定休日:年末年始

博多新風 豚骨ラーメン 絆@中洲川端

2011年3月4日にオープンした「博多新風」のネクストブランドで、実家である「一龍」とのコラボ店。場所は「キャナルシティ博多 ラーメンスタジアム」。ちなみにこちらの店長は、元プロのバンドマン!
IMG_2186

「ラーメン」650円
IMG_2185

「好来」から受け継いだ伝家の宝刀「黒マー油」を封印し、オーソドックスな味わいの博多豚骨で勝負。「デイトス店」程の濃度はないが(そもそもスープが違いますが)、オーソドックスというには十分すぎる濃さ。麺はパツンとした自家製極細麺で、スープとの相性も抜群。集合施設でこのレベルのラーメンが食べられるのが凄い!

博多新風 豚骨ラーメン 絆
住所:福岡市博多区住吉1丁目2 
   キャナルシティ博多5F ラーメンスタジアム
TEL:092-271-5166
営業時間:11:00〜23:00
定休日:無

中華そば 高松食堂@熊本城前

締りが悪かったので、もう一軒。
DVC00344

「醤油こってり」600円
DVC00350

同行者のスープと飲み比べましたが、こちらは「醤油あっさり」に背油を足したもの。背油が加わる分コクと甘味が増し、圧倒的にこちらの方が好み。どこか懐かしさを感じる、東京ライクな中華そばでした。

高松食堂
住所:熊本市新市街2-5 フロンティアビル1F
TEL:096-355-5228
営業時間:11:00〜14:30、18:00〜28:00
定休日:日曜

旨し一滴にぼしラーメン にぼらや 西銀座通り店@熊本城前

こちらを含む飲み屋を二軒ほど経由し、〆に「にぼらや」へ。
DVC00351

「煮干しラーメン」750円
DVC00353

「煮干しラーメン」でありながら、削り(花カツオ)が乗るのがポイントの様。中途半端なのと割高感は否めませんが、明方までやっているのは嬉しい。

旨し一滴 にぼしラーメン にぼらや 西銀座通り店
住所:熊本市新市街2-2
TEL:096-354-8897
営業時間:11:00〜28:00
定休日:不定

味千ラーメン 本店@商業高校前

海外に583店舗、国内に100店舗を構えるチェーン店、「味千ラーメン」の本店へ。
IMG_2184

「味千ラーメン」550円
IMG_2182

麺もスープも直営の工場で作られており、スープは素材感こそないがクリーミーでクセがなく万人受けしそうな味。

味千ラーメン 本店
住所:熊本市水前寺6-20-24
TEL:096-384-4433
営業時間:11:00〜23:30(L.O)
定休日:元日のみ

極らーめん宙(きわめらーめんそら)@玉名

玉名では比較的新しい店で、メニューは「とんこつラーメン」「しょうゆラーメン」の二本立て。
IMG_2181IMG_2179





「とんこつラーメン(並)」550円
IMG_2180

甘味が強い点は玉名らしいですが、こちらは豚骨ベースに魚介の旨味を加えたあっさりとしたスープ。玉名では珍しいタイプで、『化学調味料不使用』との事。

極らーめん宙
住所:玉名市立願時314-1
TEL:0968-72-2218
営業時間:11:00〜23:00
定休日:火曜

大輪@玉名

「天琴」系の人気店。
IMG_2178

当然「ニンニク入れますか?」と聞かれますが、せっかくなので入れる前に写真を撮らせて頂きました。
「ラーメン」600円
IMG_2177

表面に浮く油は「天琴」より少なく意外とあっさりしていますが、甘味はかなり強い。麺はシャッキリとした茹で加減で好み。

「天琴」は昨年12月にリニューアルし、店舗が綺麗になってました。
DVC00357

大輪
住所:玉名市中1177-4
TEL:0968-73-3548
営業時間:11:00〜15:30、17:00〜23:00
定休日:木曜

火の国 文龍 総本店@武蔵塚

07年の訪問時は「ポロロッカ店」でしたが、現在は総本店となってます。
IMG_2174

「とんこつ黒」を、もちろん「こってり」で注文。
「とんこつ黒(こってり)」590円
IMG_2172

インパクト抜群の、茶濁の高濃度スープ。食べたのが朝一だったせいか、濃度は「菊陽バイパス店」の方が高かった。それでも十二分に美味い!

火の国 文龍 総本店
住所:熊本市戸島4丁目2-47
TEL:096-388-7055
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜22:00(L.O)
定休日:火曜(祝日の場合翌日)

博多麺屋 一連@九品寺交差点

2010年7月29日にオープンした、熊本で本格的な博多ラーメンが味わえる店。女性店主は、フリークから作り手側に転身したんだそうです。
IMG_2107IMG_2104





「ラーメン」550円、「からあげ(3個)」250円
IMG_2105IMG_2106





脂分が少なく、臭みのないあっさりとした豚骨スープ。麺は「慶史」のパツンとした細ストレート麺を使用。強い引きはないけど、丁寧に作っているのが伝わってくる一杯。

「からあげ」の鶏肉がハーブ鶏になっていましたが、ジューシーで美味しかったです!豚骨スープで炊き上げたという「豚骨めし」も気になりました。

博多麺屋 一連
住所:熊本市大江4-10-4
TEL:096-233-1608
営業時間:11:30〜14:30、17:30〜22:00(スープ切れ次第終了)
定休日:月曜(祝日の場合翌日)

火の国 文龍 菊陽バイパス店@原水

08年9月に「健軍店」がこちらへ移転。「風来軒」出身なのは周知ですね。
IMG_2102

「とんこつ黒」を、背脂たっぷりの「こってり」で注文。
「とんこつ黒(こってり)」590円
IMG_2101

インパクト抜群の茶濁の高濃度スープは、過去(07年)に食べた際の「健軍店」より濃度は低かったものの、熊本最強豚骨なのは確か!麺は自家製麺に切り替わっていて、普通でもやや固めの茹で加減。この手の豚骨ラーメン、たまらなく大好きです☆

火の国 文龍 菊陽バイパス店
住所:菊池郡菊陽町津久礼164-8
TEL:096-233-1608
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜22:00(L.O)
定休日:火曜(祝日の場合翌日)

玉名拉麺 千龍@玉名

こちらは「桃苑」の親戚筋の店で、待ち客ができるぐらいの人気ぶり。そしてメニューがかなり豊富。
IMG_2097IMG_2092





店オリジナルの「食べるラー油」がごはんに合うよ!とオススメを受けたので、ごはんが付くランチセットを注文。
「ラーメン+ごはん(ランチセット)」550円
IMG_2093IMG_2094





スープは「桃苑」よりも白くやや濁りも少ないですが、あっさりしているもののコクがあり美味しい。食べるラー油は見た目より辛くなく、ごはんが進みます。

「ラーメンまんじゅう」250円も気になりました。

玉名拉麺 千龍
住所:玉名市高瀬下町468
TEL:0968-74-2988
営業時間:11:30〜14:30、17:00〜24:30
定休日:火曜

桃苑@玉名

2月、熊本遠征へ。
こちらは玉名では「天琴」に次ぐ老舗店。03年6月以来、約7年半ぶりの再訪となりました。前回訪問時、仲間が仲良く鯉に餌をあげていた店舗横の川も、今は綺麗に整備されてました。
IMG_2099

今回もデフォの「並ラーメン」を注文。ラーメンが出てくると、『ニンニク入れますか?』と聞かれるのが玉名流。当然「はい!」と答えましょう。
「並ラーメン」580円
IMG_2098

やや茶濁の甘味のある豚骨スープで、豚骨臭はしっかり感じるものの濃度はそれ程高くなく食べやすい。麺は中太のストレート麺で、表面はもっちりしていてコシがあります。焦がしニンニクが香ばしく、最後まで引きがあります。

ご主人と川の話で盛り上がり色々お伺いしたところ、昨年12月あたりから自家製麺に切り替えたんだそうです!

桃苑
住所:玉名市繁根木官有無番地
TEL:0968-72-2575
営業時間:11:00〜25:00
定休日:火曜

東京つけめんTETSU×札幌さいみ コラボ店@中島公園

開店初日の昼に訪問。
休業中の「狼スープ」店舗にて、「彩未」が有名ラーメン店と夢のコラボ企画を実施中。第一弾は「けいすけ×さいみ」、第二弾は「きび×さいみ」、そして第三弾は「TETSU×さいみ」のコラボ(4/2〜6/末まで)。
IMG_2226

メニューは「トロリみそらーめん」「辛ねぎみそらーめん」の2種類。
「トロリみそらーめん」800円、「辛ねぎみそらーめん」900円
IMG_2227IMG_2228





「TETSU」のスープをベースに作ってると聞いていたので、超濃厚豚骨魚介×味噌をイメージしていましたが、「TETSU」の夜(鶏白湯魚介)のスープを使用したクリーミーでトロミのある鶏魚介×味噌でした。煽った香ばしさ、生姜の風味など「彩未」の存在もしっかりと感じられて美味い。ただ、おろしニンニクが利きすぎていたのがちょっと余計でした。

麺は「森住製麺」ですが、「TETSU」の麺をイメージしてか、エッジの立った極太麺だったのが新鮮。固めに茹で上げられていてゴリゴリとした食感。並盛で180gと、結構なボリューム。

「辛ねぎみそらーめん」は「トロリみそ」に辛ネギがたっぷり乗っていて、こちらも美味い。

第二弾の「きび」同様、「醤油」バージョンの提供も予定してるとか。

東京つけめん TETSU×札幌さいみ
住所:札幌市中央区南十一条西1-5-1
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜20:00
定休日:火曜

東京支那そば きび×札幌さいみ コラボ店@中島公園

2月の分。
休業中の「狼スープ」店舗にて,「彩未」が有名ラーメン店と夢のコラボ企画を実施中。第一弾は「けいすけ×さいみ」、そして第二弾は「きび×さいみ」のコラボ(1/6〜3/31まで)。
IMG_2117

オープン当初は味噌のみでしたが、訪問時は醤油のみに切り替わっていました。
「しょうゆら〜めん」750円
IMG_2116

ほとんど「きび」といった印象でしたが、「きび」より甘めの味付けにしたり変化をつけていたそうです。麺は「三河屋製麺」の縮れ麺で、札幌向けのゴワゴワとした固めの茹で加減。それ用の麺ではないので、ちょっと違和感を感じました。

東京きび×札幌さいみ
住所:札幌市中央区南十一条西1-5-1

らーめん 向日葵@西線9条旭山公園通

2月の分。
知人よりオススメを受けた、地元で長く愛されている人気店(平成8年オープン)。
IMG_2114

「しょうゆ」650円
IMG_2113

これぞ『王道の味』といった印象の醤油ラーメンで、たっぷりのラードがスープ表面を覆っていて熱々。濃い色の割りにそれ程しょっぱくなく、また甘味や香ばしさ、そしてニンニクが利いていて食欲をそそる美味さ。麺は森住製麺の中太縮れ麺で、札幌らしいプリプリとした食感。油とスープを吸った麩がまた美味い。

2号店の「寅乃虎(とらのこ)」もいつか行ってみたいです。

らーめん向日葵
住所:札幌市中央区南九条西16-2-21
TEL:011-552-9887
営業時間:11:00〜21:00
定休日:水曜

麺や 亀陣@太平

2月の分。
こちらは2010年11月17日オープンの新店。メニューは鶏の「清湯」「白湯」の二本立てで、その他限定メニューもあります。
IMG_2112IMG_2110





同行者と「鶏白湯 しお」「鶏そば しお」「鶏そば しょうゆ」の3品を注文。
「鶏白湯 しお」700円
IMG_2111

さらっとしていて濃度もあまり高くない、あっさりとした味わいの鶏白湯スープ。コンセプト通りなのだと思いますが、ちょっと物足りなさも感じます。麺は自家製のストレート細麺。

「白湯」と同様に「清湯」系もかなりあっさりでしたが、今回食べた3品の中では「鶏そば しょうゆ」がずば抜けて好みでした。

聞いて驚きましたが、ご主人は「昭和歌謡ショー@庚申塚」店主とも親交があるとか。

麺や 亀陣
住所:札幌市東区北47条東8丁目1-1
TEL:011-753-1305
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜20:00
定休日:水曜

麺 eiji@平岸

2月の分。
前回は「塩」を食べたので、今回は「醤油」を注文。

「醤油」700円
IMG_2109

前回の「塩」も美味しかったけど、麺とスープの相性的にはこちらの方が断然好み!どのメニューもレベルが高く、訪問の度に何を食べようか迷いますね。

麺 eiji
住所:札幌市豊平区平岸三条9-9-18
TEL:011-813-7233
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜20:30
定休日:第3火曜、水曜

アリランラーメン八平

房総に行ったついでに、車がないと辿り着けない秘境の地・「アリラン」を再訪。平日だったためか、11時半前の訪問でもスムーズに注文できました。
IMG_2157

自分は「アリランチャーシュー」を注文。
「アリランチャーシュー」950円、「アリランらぁめん中」700円
IMG_2155IMG_2156





何度も食べてますが、この日の「アリラン」の出来は完璧!同日で2回食べた事もありますが(昼がイマイチだったので夕方訪問)、やっぱり空いてる時間帯がベストです。

アリランラーメン八平
住所:長生郡長南町山内813-2
TEL:0475-46-1167
営業時間:11:00〜18:00
定休日:水曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ