ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2011年05月

手打中華 たいち@白河(駅から遠い)

チャーシュー気ままに食べ歩き☆
こちらは「とら食堂」出身の人気店で、約4年ぶり二回目の訪問。前回はこちら。さりげなく、暖簾が変わってますね。
IMG_2287IMG_2285





当然、今回も「チャーシューメン」を注文。
「チャーシューメン」830円
IMG_2286

醤油感が強めで、尚且つ鶏の旨味もしっかりと利いたコクのあるスープ。ピロピロの中太平打ち縮れ麺は、スープとの相性抜群。2種類のチャーシューも美味しく大満足!

手打中華 たいち
住所 :白河市表郷金山字越堀101-1
TEL :0248-32-4755
営業時間 :11:00〜16:00(材料切れ次第終了)
定休日 :火曜

月の家@新白河

白河に一泊し、朝食がてら「月の家」へ。こちらは「手打ちラーメン ふくふく」出身との事。引っ切り無しにお客がやってくる人気店で、店内は明るく雰囲気も良い。IMG_2280IMG_2281






「バラチャーシューめん」にしようか悩みましたが、店名を冠した「月の家らーめん」を注文。

「月の家らーめん」800円、「食べるラー油ごはん 小」150円
IMG_2282IMG_2283





白河ラーメンの中では、かなりあっさりとした味わいのスープ。麺はピロピロとした中太の平打ち縮れ麺。炭焼きチャーシュー2種類、ワンタンに味玉、メンマ等も入って具沢山!

「みそらーめん」も人気のようです。

月の家
住所 :白河市北堀切29-1
TEL :0248-23-7773
営業時間 :11:00〜15:00
        11:00〜19:00(土、日、祝)
定休日 :木曜

田蛇(DANGER)@北四番丁

2011年3月10日オープンの新店。偶然店の前を通りかかり、慌てて引き返しました。こちらは「壱萬屋」の二号店ですが、「味一品」にいた方が味作りをしています。
IMG_2279

メニューは豚骨ベースの「最強こってり」、鶏ベースの「あっさり」、そして「芳醇味噌」の3種類。当然ながら「味一品」の味を受け継いでいる「最強こってり」を注文。

「最強こってり」650円
IMG_2278

『仙台No.1最強こってり』を名乗るだけあり、スープはドロっとしていて粘度が高くかなり重い。「味一品」と比べれば、これでもやや軽めの仕上がりなんですよね(苦笑)。またこちらのスープは甘味はあるものの味付けは薄めで、卓上の「醤油ダレ」「ニンニク」「辛味噌」「酢」「一味唐辛子」で各自好みの味に調整するスタイルとなっています。むしろ調整しないと美味しく食べられないかも!? 

田蛇(DANGER)
住所 :仙台市青葉区木町通2-1-55
TEL :022-272-4838
営業時間 :11:30〜14:00、17:00〜21:30(L.O)
定休日 :不定

五福星(ウーフーシン)@泉中央

東松島での炊き出しの帰りに再訪。前回はこちら
IMG_2277IMG_2276





震災後は材料の調達が難しいらしく、訪問時は被災地で炊き出しを行っている「ブタみそら〜めん」のみの営業でした。

「ブタみそら〜めん(おにぎり付)」700円
IMG_2275

大根・玉ネギ・白菜等の野菜や豚バラ肉がたっぷり入った、栄養満点の豚汁風ラーメン。酒粕や生姜も利いていて、体の芯から温まります。麺は自家製の平打ち麺。シンプルな塩おにぎりは食べ放題でした。お釣りは募金箱へ。

五福星
住所 :仙台市泉区野村字馬場屋敷11-2
TEL :022-218-5869
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜22:00
        11:30〜15:00、18:00〜22:00(土・日・祝)
定休日 :火曜

あだたら亭@安達太良高原SA

東北自動車道下り線、「安達太良高原SA」内のフードコートへ。一年ぶりの訪問。

「あだたらラーメン」
IMG_2274

前回食べた時はイマイチでしたが、今回はなかなか美味しかった。あのお店の面影もまだ感じられるし、SAで食べられるラーメンではかなり美味しい方だと思います。

手打ちラーメン いまむら

2011年5月19日に、「百舌鳥企画」「焼とん 臓印」へとリニューアル。そして5月21日より、昼の部(12時半〜13時半)のみ「手打ちラーメン いまむら」として営業中。ラーメンが食べられるのは、基本的に昼のみ。
IMG_2327IMG_2324





昼のメニューは「手打ち拉麺」「焼き豚拉麺」「肉雲呑拉麺」の3種類で、今回は「肉雲呑拉麺」を注文。
IMG_2325

「肉雲呑拉麺」950円
IMG_2326

煮干しがガツンと利いたスープに、極太の手打ち麺。幅1cmはあろうかという太さで(平打ちではない)、弾力が強くインパクト大!肉雲呑も焼豚もジューシーで美味い。

茹でキャベツの上に乗った辛味噌を溶かした後の事を考えてか、スープはやや甘めに仕上げていました。好みの問題ではありますが、甘味を落として醤油感を立たせた方が、より煮干しの風味が前面に出てインパクトが増すのになと。まぁ、次回行く頃にはまたマイナーチェンジしてると思われますが。

◆追記(6.17)
ランチ営業を中止。現在は夜の部の「臓印」にて、“〆のラーメン”として提供中との事です。

手打ちラーメン いまむら
住所 :横浜市保土ヶ谷区上星川1-2-13
営業時間 :12:30〜13:30(夜は「焼とん 臓印」)
定休日 :月、火曜

ポレポレ食堂@南浦和

2009年4月にオープンした、佐野出身の店主が作る佐野ラーメンが味わえる店。ラーメン以外にもカレーやパスタ、カツ丼等、メニューも豊富。この日はご飯が終わってしまったらしく、ご飯物は食べられませんでした・・・。

「純手打ち佐野ラーメン」600円
IMG_2271

じんわりと旨味が広がる、やや甘めのあっさりとしたスープ。麺は不揃いのピロピロとした太平縮れ麺。具は厚みのあるチャーシュー、玉子、メンマ、ネギ、水菜。佐野ラーメンに玉子が入るのが珍しい! 

▼同行者が注文。
「純手打ち塩ラーメン」650円、「カレーラーメン(手打ち麺)」750円
IMG_2272IMG_2273





醤油も塩も美味しかったですが、この「カレーラーメン」がまた美味い。「カツカレー」を食べられなかった事が物凄く残念でした…。

ポレポレ食堂
住所 :さいたま市南区南浦和2-12-19
TEL :048-883-4080
営業時間 :17:30〜25:00
        11:30〜14:30、17:30〜25:00(土・日・祝)
定休日 :月曜(祝日の場合翌日)

天日地鶏 浜松店@さぎの宮

二度目の訪問。こちらは「地鶏ラーメン研究会」“のれん分け”店。前回はこちら天日干しにした地鶏を使用していることが、店名の由来でしょう。
IMG_2255

今回こそは限定の「鶏そば(鶏白湯)」を!と考えていましたが、残念ながら限定はやっておらず…。という事で、今回も「Bランチ」を注文。

「Bランチ(塩+讃岐赤鶏のタタキ丼)」890円
IMG_2257IMG_2256





透明感のあるスープはすっきりとしていて塩角が無く、ほんのり甘くまろやかな味わい。麺は自家製の中太麺で、うどんの様に白く、滑らかでモチモチとした食感。大きな肩ロースチャーシューは柔らかく美味しい。

約4年半ぶりの訪問でしたが、相変わらず美味しかったです!

天日地鶏 浜松店
住所 :静岡県浜松市有玉西町1069-2
TEL :053-434-7072
営業時間 :11:30〜14:30、17:30〜22:30
       11:30〜14:30、17:30〜21:00(日・祝)
定休日 :月曜(祝日の場合翌日)

西安飲茶とこだわりのらーめん 土蔵(どら)@浜松

続いてこちらへ。
IMG_2263

「くせになる!やみつき醤油らーめん」700円
IMG_2262

細かな背脂が浮いた、豚骨ベースの醤油ラーメン。スープは濁りが少なく、背脂の甘味が利いたあっさりとした味わい。麺は柔めのストレートの細麺。海苔の下にはネギやメンマ、チャーシューが隠れています。くせになる様な特徴は無く、万人受けしそうな味わいでした。

土蔵
住所:浜松市大柳町70-3
TEL:053-442-6088
営業時間:11:30〜22:30
       11:00〜22:00(日・祝)
定休日:月曜

一文字 結(ゆい)@天竜川

2009年10月オープンの話題店で、店主は「いこい@磐田」出身との事。昼時はほぼ満席状態と、かなり賑わっていました。
IMG_2261

基本の「中華そば」「しお中華そば」の他に「浜松ブラック」なるメニューもありましたが、悩んだ末に基本の2品を注文。

「しお中華そば」600円、「中華そば」600円
IMG_2259IMG_2258





野菜の甘味が程よく利いた、透明感の強いあっさりとしたスープ。「しお中華そば」のスープは丸く、「中華そば」のスープは醤油が強めに利いていて、どちらも昔ながらの懐かしい味わい。麺は中細の縮れ麺で、スープとよく絡む。

一文字 結
住所:浜松市東区和田町923-3
TEL:053-545-5559
営業時間:11:00〜14:00、17:00〜21:00
定休日:月曜、第3日曜

二代目 げんこつ屋@新横浜

2011年4月20日、あの「げんこつ屋」ラ博内で復活。時間が出来たので、プレオープン昼の部へ。セントラルキッチン時代に最後に食べた「げんこつ屋」品川店でした。

「醤油ら〜めん」800円(プレだったので無料)
IMG_2253

見た目も味も、昔の雰囲気を醸し出してると思います。固ゆでの玉子が時代を感じさせますね。セントラルキッチン時代の味と比べてもしょうがないし、ちゃんと作っていた時代の味の記憶は朧げだったり…。ここは「げんこつ屋」に特に思い入れのあった、渡辺樹庵氏の感想を楽しみに待ちましょう(当分行ってくれそうにないけど)。

二代目 げんこつ屋
住所:横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館 B1F

麺創研 かなで 紅@府中

3回目の訪問。現在「かなで紅」は、休業中の「かなで」にて営業中。また旧「かなで紅」店舗は、「かなで改」として5/12リニューアルオープン予定。

「紅ラーメン」790円
IMG_2252

以前食べた時より若干スープが軽かったものの、たっぷりの野菜とバラ肉、そして7種の太さの乱切り手揉み麺は食べ応えがあって美味い。スープに関しては調整中との事。

「かなで改」煮干し醤油は楽しみですが、「かなで」の味も好きだったんですけどね・・・。

麺創研 かなで 紅
住所:府中市宮町1-12-9
TEL:042-367-0272
営業時間:11:30〜24:00(スープ切れ次第終了)
定休日:無

たけちゃんにぼしらーめん 府中店@府中

2011年4月16日にオープンした、「たけちゃんにぼしらーめん」の府中店。オープン初日の昼に訪問。
IMG_2251

府中店のメインは「鳥パイタン(鶏白湯)」で、「煮干し(醤油)」は限定メニューとなっています。その「煮干し」も、調布本店よりあっさり目に仕上げているとか。

「鳥パイタン」750円、「バター玉子」150円
IMG_2250

鶏の脂分だけでなくほんのりとバターが香る、クリーミーな口当たりの鶏白湯スープ。鶏白湯自体はあちこちで食べられますが、他店との味の差別化もしっかり出来ています。麺は「三河屋製麺」の平打ち太縮れ麺。具には刻んだセロリが乗り爽やかですが、好みが分かれそう。「バター玉子」はバターで炒めて完熟にしているそうです。

たけちゃんにぼしらーめん 府中店
住所:府中市府中町2-6-4 府中セントラルハイツW 1F
TEL:042-306-6644
営業時間:11:30〜15:00、17:00〜21:45(スープ切れ次第終了)
       11:30〜15:00、17:00〜21:00(日曜/スープ切れ次第終了)

定休日:月曜(祝日の場合翌日)

らあめん元@蓮根

4/14の分。
限定を目当てに、夜の部に訪問。

「塩らあめん」750円、「プリン」100円
IMG_2234IMG_2235





芳醇な鶏の旨味が広がる、清湯ながらも厚みのあるスープ。いつ食べても安定した美味さ!

プリンは「板橋のいっぴん」にも選ばれたという、「エファール河村屋」のもの。100円デザートの最高峰でしょう!食後にテイクアウトしてるお客さんも結構いました。

「鶏白湯魚介つけ麺」800円
※4/12〜15迄提供された期間限定メニュー(既に終了)。
IMG_2249

どこにでもありそうな鶏白湯魚介つけ麺ですが、その味わいはやっぱり「元」っぽい。表面に浮いた油が鶏油っぽくなかったので確認したところ、「イベリコ ベジョータ」の脂を細かく刻んで使用していると…。食べ手には嬉しい価値ある一杯でしたが、値段の付け方が下手過ぎでしょ(爆)

らあめん元
住所:板橋区坂下2-16-11
TEL:03-5392-9567
営業時間:11:30〜14:30、18:00〜21:00
       11:30〜15:00頃(土・日・祝)
定休日:月曜

焼麺 剣(つるぎ)@高田馬場

2011年1月21日オープンの新店。こちらの店主の義父は、旭川の「梅光軒」店主との事。

「焼麺」750円
IMG_2246IMG_2247





麺は「カネジン食品」の全粒粉練り込み麺を使用。茹でた麺を鉄板に乗せ、ネギ油をかけて片面のみ焼いています。やや油っぽくはなるものの、パリッとした香ばしさともっちり感のコントラストが楽しい。スープはベジポタ系の濃厚豚骨スープで、麺への絡みも良い。鰹節を擂鉢で摺って加えても劇的な変化はありませんが、夜限定の「にんにく味噌」を加えれば大きく味が変化。むしろ、最初からこれを入れた方が美味い!

「焼チャー丼」300円
IMG_2248

「焼チャー丼」は、チャーマヨ丼でした。。

焼麺 剣
住所:新宿区高田馬場2-6-10 関ビル1F
TEL:03-3200-5911
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜21:30(スープ切れ次第終了)
定休日:日曜

麺屋 翔@新宿

「愛の貧乏脱出大作戦」に出演後、どんな状況なのかを確認しに仲間と向かいました。放送後数日は混んだそうですが、震災後はパタッと動きが止まってしまったそうです・・・。

「塩麺」700円、「つけそば」750円
IMG_2244IMG_2242





「一燈@新小岩」に教わったとの事ですが、作り方が非常に丁寧で、低温調理のチャーシューや香味油、スープの味もしっかりと雰囲気を醸し出してます。この味を保てるなら、「一燈」で長時間並んで食べるより全く並ばずに食べられるこちらでも良いんじゃない!?と思うぐらい。

「カネジン食品」の麺を使用していますが、安めの麺を使用しているせいか、さらに数が出ないから熟成が進んでしまっているのか、特に「つけ麺」の麺が合っていない(「一燈」の麺も安価路線ですが・・・)。麺が変わるだけで飛躍的に美味しくなるのですが。

麺屋 翔
住所:新宿区西新宿7-22-34
TEL:03-3364-5787
営業時間:11:00〜20:30(L.O)
       11:00〜15:30(L.O)/土・祝
定休日:日曜

きくちひろき@熊谷

熊谷にありながらも、何気に年4回は食べてるお気に入り店。ほぼ「青鬼」「しそ風味 塩」ばかり食べてますが。

「青鬼」700円
IMG_2233

海苔やチャーシュー等で鬼の顔を模っている、「きくちひろき」オリジナルの人気メニュー。青唐辛子の爽やかな辛さが堪らないキレのある塩ラーメンで、提供直前にジュッとかけられる、熱々に熱した「ネギ油」がまた香ばしい!

きくちひろき
住所:熊谷市本町2-125
TEL:048-522-9899
営業時間:11:00〜14:00、17:00〜20:00(売切れ次第終了)
定休日:水曜

おにやんま@バスセンター前

「千歳鶴ミュージアムアネックス」内にある、「すみれ」プロデュース店。

「おにやんま」のスープが(RN後)鶏白湯になっているらしい』と同行者がしきりに訴えるので向かうことに。

「味噌ラーメン」800円
IMG_2231

「塩ラーメン」850円、「醤油ラーメン」850円IMG_2230IMG_2229






鍋での煽りがない鶏白湯スープに、ラードを加えるという荒業!3品の中では味噌がオススメ。

おにやんま
住所:札幌市中央区南三条東5-2 ミュージアムアネックス
TEL:011-233-5959
営業時間:11:00〜17:00
定休日:水曜

麺屋 彩未@美園

今年初となる「彩未」へ。自分が「味噌」を、同行者が「醤油」を注文。

「味噌ら〜めん」700円、「醤油ら〜めん」700円
IMG_2225IMG_2224





生姜やニンニク、山椒を利かしながらも、ダシの旨味を活かしたまろやかなスープ。ラードのこってり感、シャキシャキの炒め野菜の香ばしさも相まって、すっきりとしたスープながら厚みがあり美味い。チャーシューの上のおろし生姜を溶かせば、より一層「彩未」色が強まります!
ラードが油膜になっていて、最後まで熱々。早く味わいたいという衝動にかられ、分かっていても毎回火傷をしてしまう(爆)。

何度食べてもまた食べたくなる、最高峰の味噌ラーメンです!

麺屋 彩未
住所:札幌市豊平区美園10条5丁目3-3
TEL:011-820-6511
営業時間:11:00〜15:15、17:00〜19:30
定休日:月曜、その他 月2回 不定

あぶら中華そば 山嵐雷文@すすきの

宴会の後、さらに「ござる」を経由し「山嵐雷文」へ。前回はこちら

塩味はメニューにはありませんが、『塩で』と注文すれば可能との事。
「特上月見のあぶら中華そば 塩」850円
IMG_2223

煮干しダシにたっぷりの背脂を浮かべていて、あっさりなんだけどこってりとした味わい。塩の方が煮干の旨味を強く感じ美味しかったですが、自分はデフォの醤油の方が好み。深夜に背脂は体に悪いと思いながらも、無性に欲してしまう中毒性の高いラーメンです。

一日三「山嵐」完了!

ちなみに「ござる」ですが、「真鶴」1杯800円でした(「ろかせず」も同価格)。お酒の種類がかなり豊富なのは、オーナーさんの趣味らしい。

山嵐雷文
住所:札幌市中央区南三条西1-2-1 千歳ビル1F
TEL:011-272-9898
営業時間:21:30〜25:00
定休日:火曜

麺 eiji@平岸

前回「醤油」を食べたので、今回は「濃厚魚介豚骨醤油」を選択。

「濃厚魚介豚骨醤油」800円
IMG_2219

濃厚魚介豚骨は数あれど、ここは魚粉に頼らず濃厚なダシを取っている超優良店。クリーミーな濃厚豚骨に煮干の旨味が利いていて、さらに節系の旨味を閉じ込めた“ジュレ”まで乗ってくるんだから堪らない!自家製麺に切り替わった後の「濃厚魚介豚骨」は初ですが、角刃で切った太麺は弾力が強く、スープとの相性も良く美味しい。

麺 eiji
住所:札幌市豊平区平岸三条9-9-18
TEL:011-813-7233
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜20:30
定休日:水曜、第3火曜、

らーめん 山嵐@平岸

08年1月以来、二度目の訪問(移転後は初)。
IMG_2218

メニューは背脂豚骨の「白」、魚粉が加わる「海」、まぜそばタイプの「ジャンクヌードル」の3種類。
「白スープ」750円
IMG_2217

大量の背脂が浮かんでいて見た目は超こってりですが、白濁した豚骨スープはクセがなく、脂ギッシュな割りに意外とくどくない。「さがみ屋製麺」のコシの強いストレート太麺は、背脂たっぷりのスープに負けない力強さ。具のキクラゲや茹でキャベツ、刻み玉ネギも良いアクセントになっています。約3年ぶりでしたが、相変わらず美味しかったです。

次回は未食の「ジャンクヌードル」を!
お店のHPはこちら

らーめん 山嵐
住所:札幌市豊平区平岸一条9-6-1
TEL:011-815-3030
営業時間:11:30〜15:00、17:00〜22:00(スープ切れ次第終了)
定休日:月曜

つけ麺 フジヤマロック@真駒内

2011年3月3日にオープンした「山嵐」の新店で、「山嵐黒虎」「山嵐雷文」に次ぐブランド。こちらは味噌つけ麺専門店。
IMG_2216IMG_2213





メニューは「煮干しバターの味噌つけ麺」「煮干しラー油の味噌つけ麺」「黒こしょうマー油の味噌つけ麺」の三種類あり、仲間の意見を参考にしつつ「黒こしょうマー油」を選択。
「黒こしょうマー油の味噌つけ麺(並盛)」750円
IMG_2214IMG_2215





つけ汁はドロドロで濃度・粘度ともに高く、さらに黒胡椒マー油が加わりインパクト抜群!麺は白色のコシの強い太麺で、かんすい不使用との事。濃厚なつけ汁に負けない力強さですが、つけ汁の塩分が高く、また濃度が高いぶん麺に絡んできやすいので、かなりしょっぱく感じました。美味いだけに惜しい。。具はチャーシュー、キクラゲ、ネギ、ナルト、そしてつみれが入っているのが札幌では珍しい。

未食の方は夏までに!

つけ麺 フジヤマロック
住所:札幌市南区真駒内上町3丁目2-14 ポニーショップ 1F
TEL:011-582-6988
営業時間:11:30〜18:00
定休日:月曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ