ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2011年07月

ラーメン軍団@一乗寺  J−塩つけ麺

『昼の部がやっていたら食べよう』と提案したところ、運良く営業していた。何事も勢いが肝心!という事で、約1年ぶりの訪問。ちなみに前回食べたのは「J−まぜそば」
IMG_2426

3人で「重厚つけ麺」「こく醤油つけ麺」「J−塩つけ麺(季節限定)」の3種類を注文。

「J−塩つけ麺(ライスボール付)」800円
IMG_2429IMG_2431





「J−塩つけ麺」は、『{重厚つけ麺+J−まぜそば(にんにく)}÷2+塩系』というコンセプト。つけ汁は「重厚つけ麺」ベースの超濃厚タイプ。麺は「日清製粉 荒武者(せたが屋監修)」を使用した切刃6番の極太平打ち麺で、歯応えが強く存在感があります。つけ汁も麺もインパクト抜群!!〆に”おかか”がまぶされたライスボールを投入。予想以上の満腹感!次回は「重厚ラーメン」食べに行きますね。

「こく醤油つけ麺」700円、「重厚つけ麺」800円
IMG_2428IMG_2427





時間もギリギリ、お腹も一杯の為、14時前の新幹線で品川まで戻り、「菜花@新馬場」3周年イベントへ。

ラーメン軍団
住所:京都市左京区高野泉町6-74
TEL:075-712-3134
営業時間:11:30〜13:30、18:00〜23:00
       18:00〜23:00(土・日・祝)
定休日:不定

麺屋 極鶏@一乗寺

at_you_seeさん達と合流し一乗寺へ。
こちらは2011年5月4日オープンの新店で、店主は「タンポポ」先代の一番弟子との事。30分前の到着で一番乗りでしたが、その後続々と列が伸び、開店前には20人程の行列に。
IMG_2419IMG_2420





「鶏だく」がノーマルで、「黒だく」はマー油入り、そして「赤だく」「タンポポ」同様一面に唐辛子を振りかけたもの。3人で3種類注文。

「鶏だく」650円、「黒だく」650円
IMG_2421IMG_2424





「赤だく」650円、「煮玉子」100円、「ちゃー玉」100円
IMG_2423IMG_2425





「超濃厚肉濁鶏白湯」とうたったスープは、「天下一品」を意識させる高濃度・高粘度ぶり。鶏の旨味がぎっしりと詰まっていてドロドロなのに、重すぎないのが意外。そして昆布の使い方が上手い。麺は「麺屋 棣鄂(テイガク)」の中太ストレート麺で、断面が四角。加水率低めでサクっとした歯ざわりですが、テロっとした伸びはなく妙にスープに合っています!

「ちゃー玉」は半熟玉子+甘辛く煮込んだチャーシューのほぐし肉で、ご飯が欲しくなる濃い目の味付け。

どのメニューも美味しいが、鶏の旨味をストレートに感じられる「鶏だく」が一番オススメ!評判通り、今年の新人王はここでしょう!!

麺屋 極鶏
住所:京都市左京区一乗寺西閉川原町29-7
TEL:075-711-3133
営業時間:11:30〜14:30、18:00〜スープ切れ次第終了
定休日:月曜

らぁ麺 Cliff(クリフ)@大阪城北詰

2010年11月7日にオープンした、「鶴麺」の二号店。ようやく食べに行けました。

「醤(ひしお)らぁ麺」750円
IMG_2418

噂通りのロックン寄りのスープ。麺は20番の平打ち麺で、やや固めの茹で加減。既に自家製麺になってるのかは不明ですが、もう少し長めに茹でた方が美味しそう。刻み玉ねぎ&穂先メンマは若干酢を利かせてました(夏だから!?)。

早々とホテルにチェックイン、昼寝を挟み万全の体制で「関西望麺会」へ。二年ぶりの参加でしたが、いつもの仲間と二次会まで参戦し、0時過ぎに解散。

らぁ麺 Cliff
住所:大阪市都島区片町1-9-34
TEL:06-6360-4580
営業時間:11:00〜15:00、17:30〜21:00
定休日:火曜

麺や 拓@西長堀

こちらは「輝」出身のお店で、店内・外に待ちが出来る人気ぶり。「輝」は、実は未食(爆)。
IMG_2417

「麺Life 拓」で『2店の違いを楽しんで下さい!』と言われたので、同じく「Wラーメン」を注文。
「Wラーメン」650円
IMG_2416

豚骨と鶏とで違いますが、先に食べた「麺Life 拓」の方が粘度が高くスープはやや濃厚。麺はこちらの方が加水率が低く、やや固めの茹で加減でサクッとした歯ざわり。食べる順番が逆でしたが、両店の違いが分かり面白かったです。

麺や 拓
住所:大阪市西区北堀江3-5-2
TEL:06-6534-0251
営業時間:11:00〜14:30、18:00〜22:00
定休日:日曜

麺Life 拓@JR難波

前日3時半まで飲んでの関西遠征。
こちらは2011年6月10日オープンの新店で、「麺や 拓」の二号店。駅から少し離れてるせいか、先客0・後客1。暑さのせいか、むしろ周りに人が歩いていなかった。
IMG_2415

「Wラーメン」650円
IMG_2414

ぽってりとした粘度高めの濃厚スープで、「麺や 拓」の豚骨魚介とは異なり、こちらは鶏白湯魚介。麺は中細のストレート麺で、スープとの相性も良い。驚きは無いけど、この値段でこの味、混んでておかしくないレベルなのですが。

麺Life 拓
住所:大阪市浪速区稲荷1-7-30
TEL:06-6568-3868
営業時間:11:00〜14:30、18:00〜22:00
定休日:不定

麺や 福一@成田 夏のD系メニュー!

7/15から始まった、夏季限定『夏のD(ドレッシング)系メニュー』「ajito@大井町」「SUMMER SO肉」を食べて創作意欲を駆り立てられたとか。
IMG_2439

「プロヴァンスの香りをまとった冷やし肉あえそば ペペロンチーノ仕立て」850円
IMG_2440

「福一」らしい、こだわりが伝わってくる長いネーミング(笑)。タップナードソースをベースにした冷やしあえそばで、具は鶏と豚の二種類のチャーシュー、玉ネギのスライス、トマト、ワケギ。途中でレモンを絞れば爽やかな味わいに。ブラックオリーブ、ニンニク、オリーブオイル、トマトなど「SUMMER SO肉」と同じ材料も使われていますが、流石というかその味わいは全く異なります。そしてこれに合わせる麺は、「麺屋棣鄂(テイガク)」の特注麺。やや太目のリングイネの様な形状で、やや硬質なコリっとした歯ざわり。全粒粉も練り込まれていて風味も豊か。この麺を「福一」で、つけ麺でも食べてみたいですね!

「炙り焼きチャーシューご飯」200円
IMG_2441

こちらも美味い。

麺や 福一
住所:成田市花崎町846-15
TEL:0476-22-1978
営業時間:11:30〜14:00、18:30〜21:00(スープ切れ次第終了)
       12:00〜14:30(スープ切れ次第終了)
       ※土曜夜は「鶏の骨」として営業
定休日:日曜、月曜(祝日の場合も休み)

番屋@玉名

魚市場の一角にあるラーメン店。下校途中の小学生が挨拶しに立ち寄るぐらい、接客を含め雰囲気が良い。
IMG_2409

「ラーメン」500円
IMG_2408

玉名というよりも、博多長浜よりな一杯。口当たりはあっさりとしていますが、しっかりとダシが出た骨太なスープ。呼び戻しだそうです。焦がしニンニクは入っておらず、卓上のものをお好みで投入できます。麺は博多製麺のストレート中細麺と、他店との差別化もしっかりできています。

番屋
住所:玉名市築地216
TEL:0968-72-0540
営業時間:11:00〜21:00(売切れ次第終了)
定休日:水曜

中王ラーメン@玉名

どこに行こうか悩んだ末、前回フラレタこちらのお店へ。古い佇まいにも味がありますね。
IMG_2407

メニューはラーメン並・大、めし並・大、おにぎり、ラーメン&ギョーザセットとシンプル。
「ラーメン並」550円
IMG_2406

こちらのお店では、焦がしニンニクは最初から入ってきます。油多めのあっさりとした豚骨スープに、しっかりとした旨味。中太の麺は、やや柔目の茹で加減。

中王ラーメン
住所:玉名市中1936
TEL:0968-72-2780
営業時間:11:00〜22:00
定休日:無

元祖熊本らーめん 松葉軒@藤崎宮前

玉名に出店していた際の「三九(現・佐賀市)」に影響を受けて店を始めたのが、「松葉軒」「こむらさき」「味千」
IMG_2404IMG_2402





メニューが豊富で、定食も充実。中でも単品メニューの「目玉焼き380円」が印象的。そしてここにも「ホルモン煮込み500円」が。
「普通のらーめん」530円
IMG_2403

焦がしニンニクは入っておらず、お好みで投入できます。あっさりとした豚骨スープで、やや塩分が高め。麺は柔目の茹で加減の、中太縮れ麺。柔目だけど、スープに凄く馴染んでいます。熊本で玉子麺が出てきたのには驚きました。

松葉軒
住所:熊本市妙体寺町5-14
TEL:096-343-7767
営業時間:11:00〜23:00
定休日:不定

大黒ラーメン@池田

熊本へと移動し、後輩と合流。未食だったこちらの店へ。
IMG_2401IMG_2399





熊本市内のラーメン店、多くの店でメニューに「ホルモン(味噌煮込み)」がありますね。
「ラーメン」600円
IMG_2400

焦がしニンニクの香ばしさが食欲をそそる、コクのある豚骨スープ。麺は中細のストレート麺で、やや芯を残した歯切れの良い茹で加減。

その他新メニューとして「大黒くろ○ラーメン750円」なるものもあり、マー油&麺増量&もやしが盛られていて、見た目はまるで「好来」の様。

大黒ラーメン
住所:熊本市高平1-1-14
TEL:096-352-7418
営業時間:11:00〜22:00
定休日:木曜日

博多 元桜@祇園

高田さん&じーのさんと「博多 大乗路」で飲んだ後、川端商店街を通り「元桜」へ。

3人で3種類注文。自分は「油そば」を。

「油そば」700円、「塩ラーメン」750円
IMG_2397IMG_2398





つけ麺の平打ち麺とも異なる、コシの強い極太麺。味が濃い目だし、油そばって酒のつまみにもなりますね。

博多 元桜
住所:福岡市博多区上川端11-11 地下1F
TEL:092-262-9377
営業時間:11:00〜22:00
定休日:無

麺屋 光喜(みつき)@赤坂

2011年5月31日にオープンした、元大関・琴光喜プロデュースのつけ麺専門店。濃厚白湯魚介つけ麺がウリとの事。お店は細い路地裏にあります。
IMG_2393IMG_2394





厨房は狭く、コンロの位置が高い。そして大きな寸胴も見当たらない。
「つけ麺(小結200g)」800円+サービス味玉
IMG_2395IMG_2396





つけ汁は「濃厚白湯スープと魚介和風だし」との事ですが、どこかで食べた事のある味。麺にはタピオカ&小麦の外皮も練り込んでいるそうで、グミの様な固い弾力感。全粒粉的雰囲気は、見た目にもほんの僅かしか出ていない。割りスープは軽い動物系で脂分も含んでおり、具のバラ軟骨を煮込んだ際のスープなのか!?

麺屋 光喜
住所:福岡市中央区大名1-4-12
TEL:092-725-0090
営業時間:11:30〜15:00、17:00〜21:00
定休日:火曜

博多 志どう@赤坂

2011年4月2日、熊本・荒尾から博多へ移転オープン。店員一人で回していましたが、食べ終わった食器もカウンターに置かれたままだったり、何より活気が無い。
IMG_2392

「ラーメン」650円
IMG_2391

濃さもそこそこで、博多らしい豚骨ラーメンではあります。

博多 志どう
住所:福岡市中央区警固1-13-1
TEL:092-714-1300
営業時間:11:00〜24:00
定休日:火曜

ラーメン処 西谷家 前原店@波多江

こちらは「西谷家」(魁龍出身)の二号店で、2008年6月オープン。何度も傘が反転する程の暴風雨に見舞われながらの訪問。
IMG_2390

「らーめん黒」600円
IMG_2389

本店ほどの濃度ではないものの、それでも十分濃いし美味い。

西谷家 前原店
住所:前原市波多江駅北4丁目5-11
TEL:092-322-3236
営業時間:11:00〜23:00
       11:00〜21:00(土、日、祝)
定休日:無

唐津らぁ麺 むらまさ 西新店@西新

三ヶ月ぶりの福岡でしたが、博多駅がまた新しくなっていて迷いました…(爆)。

「琉球新麺 通堂@那覇」「八戸麺道 大陸@八戸」に次ぐ、佐野実氏による新ご当地プロデュース店。新横浜ラーメン博物館内にオープンしたのが09年9月17日、唐津に凱旋したのが10年4月22日。そして二号店にあたる西新店が2011年1月24日オープン。
IMG_2388

「玄界灘塩らぁ麺」を注文。メニューには「焦がし香味Gyu塩らぁ麺」もありました。
「玄界灘塩らぁ麺」650円
IMG_2387

ラーメンの前に、まずはお通し(揚げた麺)と緑茶が出されます。スープは豚をメインに鶏を加えた清湯スープで、あっさりだけど厚みがあります。しなやかでコシのある麺は、スープとの相性も良く美味しい。具はチャーシュー、穂先メンマ、ネギ、そしてラ博時代には無かった「わかめ」が。これは西新店だけなのか!?

住所:福岡市早良区西新5-15-30
TEL:092-842-1666
営業時間:11:00〜22:00
定休日:無

戸越 らーめんえにし@戸越銀座

「冷やしらーめん」目当てに、数ヶ月ぶりに訪問。まずはつまみ(300円)を食べながらビールを一杯。二杯目は焼酎を、そして・・・。
IMG_2412

冷やしは醤油味塩味の2種類あり、今回は醤油味を選択。昨年話題を呼んだ!?、二種類同時に楽しめるスペシャルが無かったのが残念。
「えにしの冷やしらーめん’11 醤油味」950円
IMG_2411

具は鶏つくね、ほたての燻製、玉子焼き、仙台麩、ラディッシュの酢漬け、プチトマトのりんご酢氷、メンマ、ネギ等々。昨年までのいいだこ、トマトシャーベットからのマイナーチェンジはありましたが、何が入っているのか?と探す楽しみ・遊び心のある一杯!とろみのあるスープがしなやかな麺によく絡み美味しい。

「311復興支援(第二弾)汁なし(まぜそば)」1000円
IMG_2413

麺は200g、250g、300gから選べますが、二杯目だったので200gを選択。相馬産あおさのりのガーリックバターラード(塊)、福島さんの豚肉を使用した香ばしいチャーシュー、わらび、ニンジン、玉ネギ、ネギ、生姜、じゃこ、あおさのり、トマトのグリル、花かつお等が乗ったかなり具沢山な汁なしまぜそば。麺は外麦を使用した、やや硬質な太麺。「えにし」でこういう麺、そしてこういうジャンクなメニューが出てくるのが面白く、また美味しかった。

今年は長期夏季休業になるそうです。

戸越 らーめんえにし
住所:品川区平塚2-18-8 2F
TEL:03-3788-5624
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜23:00
       11:30〜16:00、18:00〜21:00(土・日・祝日)
定休日:月曜

ajito@大井町

まとめてアップ。
「SUMMER SO肉」850円
IMG_2377

今年も始まった、オリーブオイルベースのドレッシングで食べさせる、夏季限定の冷やしメニュー。これが食べたかった!という人も少なくない様で、開始直後はサマソニばかり出ていたとか。そりゃぁ、代替が利かないからね。レモンを絞ったりスイートチリソースを加えたり、途中で味に変化を付けられるのも嬉しい。昨年同様、リピート必至!

この日は3人でサマソニ、ロッソ、ピザソバを食べましたが、作り手に与える刺激も大きいようで、札幌に新しい風が吹くかも!?

▼6/23限定メニュー(1日だけ)
IMG_2378

「冷やし中華があまり好きじゃない人専用冷やし中華」800円
IMG_2379IMG_2380





冷やし中華的要素をしっかりと主張させつつも、“らしくないんじゃないか!?”というぐらいスマートな仕上がり。大ぶりなチャーシューや、金糸玉子ではなく玉子焼きをのせていたり、ガッツリ感もあり美味しかったです。今回は浅草開化楼の特注平打ち麺を合わせていましたが、この麺は色々なバリエーションが楽しめそうですね!オーション使用の麺を合わせたら麺が勝っちゃうとは思いますが、そういう冷やし中華があっても面白いんじゃないかと思ってみたり。ちなみに、自分は冷やし中華が大好きです!!
「海老辛ベーコン出汁茶漬け」200円
IMG_2381

さっきまで冷やし中華だった丼が、「ajito」らしく激変!今度は海老系のスープで麺を食べてみたくなりますね!

ajito
住所:品川区大井1-41-1
営業時間:11:30〜13:30頃、18:00〜19:30頃(売切れ次第次第終了)
       11:30〜13:30頃(売切れ次第次第終了/土曜、祝日)
定休日:日曜、その他臨休有り

菜@本八幡

今年2回目の訪問。
「濃口にぼしらーめん」750円、「チャーシューごはん」250円
IMG_2374IMG_2375





最近なかなか食べに行けてないですが、無性に食べたくなるのがこの低温調理のチャーシュー。今じゃ首都圏以外でも提供する店が増えていますが、01年の開店当初から出していたんだから凄い!もっちりとした弾力のある自家製太麺も美味い。
「季節のデザート(抹茶とマスカルポーネ)」250円
IMG_2376


住所:市川市南八幡2-4-17
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜20:00
定休日:月、火曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ