ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2011年09月

新旬屋 麺 仙台本店@長町

2011年7月15日にオープンした、「新旬屋 麺」の仙台店(FC)。

「絆・今昔鶏中華そば」500円
IMG_2655

山形のご当地ラーメンの一つ、「鳥中華」をモデルにした限定メニュー。蕎麦のかえしとラーメン用の醤油ダレをWで使用した、鶏と魚介が利いたやや甘めのあっさりとしたスープ。麺はストレートの中細麺で、見た目以上のボリューム感。具は親鳥のスライス肉の煮込み、味玉、細切りメンマ、ナルト、海苔、ネギ。この内容で500円とは、かなりCP高いです!

新旬屋麺 仙台本店
住所:仙台市太白区あすと長町1-4-30 S203
TEL:022-308-0355
営業時間:11:30〜14:30、17:30〜21:30
定休日:火曜

自家製麺 えなみ@泉

2009年9月オープン。行列の出来る人気店で、店主は「大勝軒(千葉)」出身との事。
IMG_2653

メニューも多く、今回は3人で3種類注文。
「手もみ中華そば」630円
IMG_2652

「中華そば」とは見た目も異なり、スープ表面をタップリの背脂が覆い、ザク切りの刻み玉ネギ(生)も浮いています。スープはやや甘めで、魚粉も使用。麺は口の中で暴れる、もちもちとした極太の手もみ縮れ麺。

「黄金の塩らぁめん」650円、「中華そば」650円
IMG_2651IMG_2650





川俣シャモや会津地鶏等の鶏をベースに、煮干しや鰹などの魚介を利かせたコクのある清湯スープ。コシのある細ストレート麺も美味い。「中華そば」はこの醤油バージョンか。一番のオススメは「黄金の塩らぁめん」でしょう!

店内を飛び交う虫達がいなければ、もう少し清潔感があれば、凄く良い店だと思います。

自家製麺 えなみ
住所:福島市南矢野目字中江12-1
TEL:024-557-3479
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜21:00(スープ切れ次第終了)
定休日:水曜

ラーメン げんきだま@福島

2009年5月オープン。女性店主は明るく元気で、店の雰囲気は良い。が、店内はお世辞にも綺麗とはいえない。またメニューを見る限り、首都圏のラーメン店にかなり影響を受けていそう。
IMG_2647

「鶏仙人ゴールド」700円
IMG_2649

稀に見る、鶏の獣臭全開なスープ。地鶏や銘柄鶏等のクセのない鶏油ならまだしも、臭み全開な鶏油がたっぷり入っているので、ある意味インパクトが大きかった…。麺もチープな印象。

「醤油ラーメン一号」650円
IMG_2648

玉鈴醤油を使用。スープが軽いので、醤油がキリッと利いたという印象以外残らない。

ラーメン げんきだま
住所:福島市大町1-20
TEL:024-522-0699
営業時間:11:00〜14:00頃、19:00〜21:00頃
定休日:木曜、日曜夜の部

正月屋分店 支那そば 石川屋@福島

2009年2月にオープンした「正月屋」の分店。駅からちょっと離れているものの、お客がひっきりなしにやってくる人気ぶり。「正月屋分店 やまき」店主と共に修行していたのが懐かしく、また元気そうで何よりです!
IMG_2646IMG_2643





「支那そば」「冷やし支那そば」を注文しましたが、見た目はほぼ一緒ですね。

「支那そば」650円、「冷やし支那そば」780円
IMG_2644IMG_2645





味の方は、八巻さん・石川さんがいたあの頃の「正月屋」を髣髴とさせる美味さ!そしてオープンから二年半経った今でも、厨房内は掃除が行き届いていてピカピカ。これを見るだけでも、教えを忠実に守っているのが分かります☆

正月屋分店 支那そば 石川屋
住所:福島市南町449
TEL:024-539-7794
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜20:30
定休日:火曜

麺や うから家から@金谷川

sumireさん、グッチンさんと福島遠征。

まずは2009年9月に現店舗へと移転した、「うから家から」へ(移転後初訪問)。移転前はコチラ
IMG_2638IMG_2639





「らーめん」700円
IMG_2640

移転前とは異なり、見た目も味わいも「七彩」を髣髴させるもの。スープは鶏をメインに煮干や鰹節等を利かせていて、すっきりしながらも味わい深い。また醤油を強めに利かせているものの、スープに厚みがあるので物足りなさは無い。醤油には玉鈴醤油の特注の生揚げ醤油を使用。麺はユキチカラや全粒粉入りの自家製の太麺。手もみで縮れをいれていて、口の中で暴れる感じも楽しく美味しい。しっとりとしたチャーシューは、モモとバラの二種類。

「塩らーめん」700円、「冷やし味噌らーめん」900円
IMG_2641IMG_2642





「塩らーめん」は「らーめん」のキリッとした醤油の利きに対し、じんわり優しく旨味が広がります。「冷やし味噌らーめん」は、田舎味噌や15年熟成味噌等をブレンドして使用。胡麻の風味や、すり潰した納豆が隠し味になっていて美味い。

元々は「七彩」プロデュースとしてオープンしましたが、今の「七彩」よりコチラの方が遥かに美味しい!!

麺や うから家から
住所:福島市松川町関谷字坂下71
TEL:024-529-6768
営業時間:11:00〜15:00、17:30〜20:00頃(売切れ次第終了)
       11:00〜20:00頃(売切れ次第終了/土、日、祝)
       ※「100食/日」限定
定休日:火曜

天神下大喜 高円寺分店@高円寺

「あかこっこ@高円寺」にフラれ(厨房機器トラブル)、飲み会の前にこちらへ。

「上とりそば」780円
IMG_2637

濃厚な鶏清湯スープに、パツンとした細ストレート麺。客層に合わせてか、麺はやや固茹で。素人っぽいネギの切り方に不満を感じたぐらいで、集合施設でこの味なら十分満足できるでしょう!

そして中野での熱い飲み会は、深夜2時前まで続いた…。

天神下大喜 高円寺分店
住所:東京都杉並区高円寺南3-70-1 高円寺ストリート2番街B1F
TEL:03-3336-2388
営業時間:11:00〜23:00
定休日:無

東京荻窪中華そば 春木屋 めんめん@中目黒

半年振りの訪問。ここに来る度に、かつて目黒川沿いにあった「オーガニック カフェ」を思い出す。「オーガニックボーイ」も良い味出してたなぁ…。

二人で「中華そば」「昔中華そば」を注文。

「昔中華そば」750円
IMG_2628

煮干しが利いた「中華そば」とは異なり、「昔中華そば」のスープは鶏ガラメイン。麺は「中華そば」よりやや細い、中太の縮れ麺。具も小ぶりなチャーシュー3枚、飴色の細切りメンマ、ナルト、もやしと、「中華そば」とは異なります。どちらもシンプルで美味しいが、「中華そば」の麺で「昔中華そば」を食べてみたい。

その後「CAFE FACON(カフェ・ファソン)@中目黒」にて、「ファソンブレンド」ネルドリップで。
IMG_2629

さらに「中目黒タップルーム」を経由し、「クラフトヘッズ@渋谷」で〆。

東京荻窪中華そば 春木屋 めんめん
住所:目黒区上目黒1-26-1 中目黒アトラスタワーアネックス1F
TEL:03-6452-4668
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜21:30(売切れ次第終了)
定休日:不定

そばはうす 不如帰@幡ヶ谷

月さんと食べ歩き。

「そば(醤油)」750円
IMG_2627

久々に食べましたが、進化というか凄みさえ感じる一杯。先は長いというのに、思わず完食。

そばはうす 不如帰
住所:渋谷区幡ケ谷2-47-12
TEL:03-3373-4508
営業時間:11:45〜15:00、18:00〜21:30
       11:30〜15:00、18:00〜21:30(土)
       11:30〜15:00(日)
       ※木曜は、「裏不如帰」として11:30〜15:00で営業。
定休日:金曜

手打ち小麦蕎麦 季織亭@経堂

某狸さん、月さんとプチ宴会。

「冷たい小麦そばつけ(塩)」850円
IMG_2626

ビールで始まり、日本酒をぐいぐい。小麦の風味たっぷりでコシの強い麺は、相変わらず美味い!

その後「うしとら@下北沢」に移動し、ひたすら地ビール。

手打ち小麦蕎麦 季織亭
住所:世田谷区経堂2-5-14
営業時間:12:00〜15:00、18:00〜23:00(スープ切れ次第終了)
定休日:水曜、第4火曜

肉煮干し中華そば さいころ@中野

「我流旨味ソバ 地雷源 中野本店」が自家製麺スタートを機に屋号と味を変え、9/7にリニューアルオープン。店舗2階を製麺工場「JIRAIGEN SYNDICATE−ジライゲン シンジケート−」として稼動。また、稲毛のワンズモール・「ラーメン劇場」にも同時出店を果たしました。

「肉煮干し中華そば」730円、「背脂煮干しラーメン」680円
IMG_2625IMG_2635





肉だけでなく豚骨も使用した厚みのある動物系ダシをベースに、3種類の煮干しを使用。煮干しはかなり強めに利いているものの、エグミ等は一切ない。麺はうどん的なモチモチ感を有した中太のストレート麺で、自家製麺を始めて間もないのに予想以上に美味しかった。個人的には、もう少し長めに茹でたものも食べてみたい。そして背脂煮干し、改めて背脂の甘味と煮干しが合う事を思い知らされました(笑)。女性に人気というのは意外でしたが。

「つけめん小」700円
IMG_2631

酸味や辛味、胡椒等が加わる分、スープは同じでも「中華そば」等に比べて煮干しの利き具合は弱め。水で〆られた麺は、もっちりとしていてグミの様な弾力感でまた美味い。この「つけめん」を食べて連想したのは、「丸長」の味。ぜひ「野菜つけめん」もやってほしい。

肉煮干し中華そば さいころ
住所:中野区中野2-28-8
TEL:03-6304-8902
営業時間:11:30〜23:00(売切れ次第終了)
定休日:月曜(祝日の場合翌日)

麺家うえだ@志木  焦がし特濃ラーメン

「うえだ」の人気看板メニューである、「特濃魚介豚骨」の焦がしバージョンがついに登場!

「次世代 焦がし特濃ラーメン」800円
IMG_2630
 
醤油ダレと味付け牛脂を丼に入れバーナーで焦がし、さらにスープを注いだ後にもう一度焦がしを入れるこだわりぶり。立ち上る炎の演出も楽しい。粘度の高いどろっとした豚骨魚介スープで、“焦がし”やニンニクチップの香ばしさが味のアクセントになっていて美味い!また隠し味にバターを使用していているとか。濃度的には、「特濃魚介豚骨」のライトぐらいに仕上げています。麺はしなやかな中太の平打ち麺で、スープとの絡みも良い。具材は炙りベーコン、メンマ、キャベツ、タマネギ、ネギ、海苔、ニンニクチップ。

麺家うえだ
住所:新座市東北2-12-7
TEL:048-471-8808
営業時間:11:30〜16:00
       11:30〜16:00、18:00〜21:00(土・日・祝)
定休日:月曜(祝日の場合翌日)

仙台 中華そば すずき@仙台

2011年4月23日にオープンした、「みずさわ屋」の暖簾分け店。春に訪問した際は行列が出来ていたため断念…、今回リベンジとなりました。
IMG_2621

「煮卵入り中華そば」620円
IMG_2620

たっぷり入ったやや甘めの優しい味わいのスープに、しなやかで白い中細麺。見た目も味も、「みずさわ屋」と大きな差は無く美味しい。甘い煮卵も健在。

仙台 中華そば すずき
住所:仙台市若林区連坊1-10-23
TEL:022-291-1230
営業時間:11:00〜15:00、20:00(スープ切れ次第終了)
定休日:月曜

めん家 竹治郎@仙台

2010年8月6日にオープンした、「山頭火」のネクストブランド。店内には製麺室があり、麺はこちらで作られています。

「醤油つけ麺」780円+「エコ盛り-50円」=767円(税込)
IMG_2619

つけ汁は濁ってはいるものの、さらっとした豚骨魚介系。麺はもちもちとした食感の中太麺で、フチがやや透けて見えるアルデンテ具合。ゴロっと入ったチャーシューが好印象。

めん家 竹治郎
住所:仙台市宮城野区榴岡2-1-25 Bivi 1F
TEL:0267-46-6226
営業時間:11:00〜21:00(スープ切れ次第終了)
定休日:無

麺屋 ○房’s(まるぼうず)@中軽井沢

IMG_2597

「豚濃らー麺」700円、「和風濁らー麺」700円
IMG_2595IMG_2596





「豚濃らー麺」はとろみのある豚骨スープで、臭みが無く食べやすい。麺は黄色い中細麺で、物凄く凡庸。「和風濁らー麺」は魚介の利き具合といい、ぼんやりとした印象。

○房’s(まるぼうず)
住所:北佐久郡軽井沢町長倉3036-1
TEL:0267-46-6226
営業時間:11:30〜14:30、17:30〜23:00
定休日:木曜

蒼天 中軽井沢店@中軽井沢

2011年4月29日にオープンした、「蒼天@佐久」の二号店。本店とは異なり、こちらは「豚骨醤油」専門。ホワイトボード(限定)を見ると、「支那そば」「まぜそば」もありました。
IMG_2594

「豚骨醤油 背脂」700円、「豚骨醤油 マー油」700円
IMG_2592IMG_2593





ベースのスープは一緒で、「背脂」「チー油」「マー油」と油でバリエーションを持たせています。それ程濃くはないが、背脂がたっぷり入っていてこってり。甘味や旨味も強め。

「野菜」は二郎系の一杯。

▼「蒼天@佐久」・・・らーめん(05年)
蒼天 らーめん(1)

蒼天 中軽井沢店
住所:北佐久郡軽井沢町長倉3479-1
TEL:0267-46-5050
営業時間:11:30〜14:30、18:00〜23:00
定休日:木曜

quroku plus(クロクプラス)@仙台

2011年9月3日に「morisoba nicro」跡地にオープンした、「Ra-men quroku(クロク)」のネクストブランド。
IMG_2624

「quroku (クロク)」は換気扇工事等の為、9月末まで休業中。

「濃厚魚介ダシラーメン」700円
IMG_2622

濃厚な煮干しダシに「quroku(クロク)」お馴染みの玄米、そして燻香の強い鰹節等を使用した、ドロドロでインパクト抜群のスープ!「渡なべ@高田馬場」とは素材も作り方も全く異なるけど、魚介の利き具合について、どこか似た雰囲気を感じさせられるのがまた面白い。超微粉の鰹節はやや気になったものの、魚介の旨みが半端なく、美味い。コンセプト通り、確かに分かりやすい味に仕上がってます!好みは分かれそうだけど、唯一無二の一杯ですね。

お店のブログはこちら

quroku plus(クロクプラス)
住所:仙台市宮城野区榴岡2丁目4-1
TEL:080-4072-7218
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜22:00(麺切れ次第終了)
       ※「quroku」再開後は、昼のみ営業予定。
定休日:日曜

鶏そば 一瑳@浦和

2011年2月7日オープンの新店で、「ブラウン@春日部」の系列店。友人宅に向う途中、14時過ぎに訪問。前回は「あっさり鶏そば」を食べたので、今回は「濃厚鶏そば」を。

「濃厚鶏そば」750円
IMG_2589

鶏と野菜を煮込んだ、トロミのある鶏白湯スープ。麺は中細のストレート麺で、固めの茹で加減。もう少し長めに茹でた方が、スープとの相性は良さそう。鶏チャーシューは、酒のつまみとして食べたいぐらい美味しかった。

鶏そば 一瑳
住所:さいたま市浦和区高砂1-8-11
TEL:048-822-6611
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜25:00(スープ切れ次第終了)
定休日:無

麺や 福一@成田

8/27(土)、会社を昼で抜け出し成田へ。もちろん、10周年記念限定(1日限り)メニューが目当て。
IMG_2586

せっかくなので、「スペシャルトッピング」も追加。
「鶏塩プレミアム」1000円+「スペシャルトッピング」280円、「鶏トマトチーズごはん」280円
IMG_2587IMG_2588





淡海地鶏、烏骨鶏、名古屋コーチン、近江黒鶏の4種類の地鶏を使用した、クリーミーで濃厚な鶏白湯スープ。さらに、チャーシューには近江黒鶏と淡海地鶏の肉を使用と、まさにプレミアムな一杯!「スペシャルトッピング」は、肉増し&味玉&近江黒鶏の手羽元のコンフィ付きと、コストパフォーマンスが凄い。麺は「麺屋棣鄂(テイガク)」の、キメが細かく滑らかな平打ち麺。麺の合わせ方も上手いですね〜。

「鶏トマトチーズごはん」は、鶏肉入りのトマトソースにチーズを乗せ、バーナーで炙ってあります。そのまま食べても美味しいが、スープをかけてリゾット風にしてもまた美味い!

10周年、おめでとうございます!☆

麺や 福一
住所:成田市花崎町846-15
TEL:0476-22-1978
営業時間:11:30〜14:00、18:30〜21:00(スープ切れ次第終了)
       12:00〜14:30(スープ切れ次第終了/土曜)
       ※土曜夜は「鶏の骨」として営業。
定休日:日曜、月曜(祝日の場合も休み)

らーめん天神下 大喜@湯島

群馬からの帰り、ふと思い立ち湯島へ。一人だと、レモンサワーも一杯だけ。そろそろですかね!?>某氏
IMG_2584

「特製うめしおとりそば」980円
IMG_2585

梅風味のとりそばですが、梅の利き方が爽やかで何度食べても美味い!「うめしおもりそば」も久しぶりに食べたい。

『これから「元気」?』と聞かれましたが、順番がありますからね!?>某氏

らーめん天神下 大喜
住所 :東京都文京区湯島3-47-2
TEL :03-3834-0348
営業時間 :11:30〜15:00、17:30〜22:00(土曜は21:00迄)
        11:30〜15:00頃(祝日/材料切れ次第終了)
定休日 :日曜

手延ラーメン 飛竜 大泉店@西小泉

得意先からチャリンコを借り、昼に「飛竜」へ。年数回食べてますが、「冷やしラーメン」(夏季限定)を食べるのは初。

「冷やしラーメン」840円、「餃子」420円
IMG_2583IMG_2582





メロンやチェリー達と、まさかこういう形で出会うとは!(笑)。この夏、初メロンだったのが何とも切ない。冷やし中華風の甘酸っぱい胡麻&味噌風味のスープで、麺は水で〆られているのでコシが強い。この手延べ麺、「ラーメン」で食べても美味いが、冷やしで食べてもまた美味い!餃子は定番ですね!

手延ラーメン 飛竜 大泉店
住所:邑楽郡大泉町大字吉田2696-2
TEL:0276-63-1630
営業時間:11:30〜19:30
定休日:月曜

ラーメンJACKSON’S(ジャクソンズ)@福島

2011年オープンの新店で、店主は「卓朗商店」出身との事。店名やメニューから推測するに、「Jack」にいたのでしょうね。開店間もないですが、夜は「伏見商店」に名前を変え、二毛作営業をしています。
IMG_2581

「濃厚本節豚骨ラーメン」700円
IMG_2580

平鍋でスープを温める際や、丼に注いだ後も、ハンドミキサーでスープを撹拌。粘度の高いトロトロのスープですが、比較的口当たりは軽め。麺は全粒粉使用の、もちもちちとした太平麺。

ラーメンJACKSON'S(ジャクソンズ)
住所:大阪市福島区福島5-16-20
TEL:06-6345-3545
営業時間:11:30〜15:00
      ※18:00〜23:00は「伏見商店」として営業
定休日:日曜

烈志笑魚油 麺香房 三く(さんく)@新福島

2011年7月15日オープンの新店で、店主は「麺屋武蔵」出身との事。
IMG_2579

「かけ(並)」780円
IMG_2578

「かけ」と書かれてますが、ちゃんと具も入ってます。注文が入ると、小鍋にスープ、タレ、油、煮干し、ネギを入れて温める。煮干しが丼の真ん中に鎮座し、見た目のインパクトは大!ただ、土台となる動物系ダシだけでなく魚介ダシもそれほど強くない。魚粉のザラつきもやや気になるところ。この手のスープに、西山製麺の縮れ麺を合わせているのが珍しい。

烈志笑魚油 麺香房 三く
住所:福島区福島2-6-5
TEL:06-6451-4115
営業時間:11:30〜14:45、18:00〜21:30(L.O)
       11:30〜14:45(L.O/日曜)
定休日:第4日曜

ふれんちラぁ麺GASPARD(ガスパール)@烏丸

2011年8月8日オープンの新店で、フレンチの「ガスパール ド ラ ニュイ」がラーメン屋へと業態変更。既にしらすさんや関東の某店主も食べている、「極鶏」に次ぐ超話題店!
IMG_2577

巷でよく見かけるパスタ風のラーメンとは異なる、フレンチの中にラーメンを取り入れたスタイル。
IMG_2563IMG_2564





4人で4種類注文。まずは付き出しとして、「ハムのムース&パン」が登場。

「オニオンスープ らあめん(ハーフサイズ)」550円
IMG_2565IMG_2571





オーブンで皮ごとローストした玉ネギとフォン・ド・ヴォライユ(鶏ガラスープ)をベースにした、濃厚でとろみのあるオニオンポタージュスープ。たっぷりのパルメザンチーズと、黒胡椒を利かせています。スープには豚肉のコンフィ、カリカリのベーコン、温玉が入っていて、“仕上げ”として目の前でシェリービネガーソースがかけられます。麺は「麺屋棣鄂(テイガク)」の中太の平打ち麺で、「(旧)こぶ志」の限定麺(ピザソバ)に使われた事もあるとか。〆のごはん(全てセット)は、赤ワインの酸味が心地よい「牛ホホ肉のハヤシライス」。まずはそのまま、途中でスープをかければ二度美味しい。

「ミネストローネ らあめん(ハーフサイズ)」550円
IMG_2568IMG_2572





フォン・ド・ヴォライユ(鶏ガラスープ)に野菜を加えて煮込んだミネストローネに、麺は「オニオンスープ」と同じ、中太の平打ち麺。具にはもっちりとした皮の水餃子が。仕上げはトマトとバルサミコ入り!?の焦がしバターソース。〆のごはんは、「ライスコロッケ」

「スープ ド ポワソン らあめん(ハーフサイズ)」550円
IMG_2569IMG_2574





4人の中では、こちらが一番人気!フュメ・ド・ポワソン(魚だし)にジュ・ド・オマール(オマールエビのだし)、そしてトマトソース等を加えた、濃厚な味わいのスープ。仕上げは、麺の上に冷凍レモンを削ります。麺は全粒粉入りの細麺。〆のごはんは、「エビのクリームコロッケのせごはん」

「あさりの白ワイン蒸し らあめん(ハーフサイズ)」550円
IMG_2570IMG_2573





じっくりとソテーした野菜の甘味が利いた、フォン・ド・ヴォライユ(鶏ガラスープ)ベースのスープに、仕上げはニンニクを利かせたアサリの白ワイン蒸しソース。麺は「スープ ド ポワソン」と同じ、全粒粉入りの細麺。これ一杯だけだと十分満足できますが、他のメニューと比べてしまうとやや普通に感じてしまう。〆のごはんは、「メンチカツのっけごはん」

「グレープフルーツプリン」350円、「マスカルポーネチーズのアイスクリーム エスプレッソコーヒーかけ」350円
IMG_2575IMG_2576





催事に呼ばれるぐらい人気なのが、この「グレープフルーツプリン」。キャラメルの苦味の代わりに、グレープフルーツのほろ苦さを利かせた、滑らかで濃厚なプリン。これを食べなきゃ、未食も同然でしょう!(笑)。

「ラーメン(つけ麺)」の枠として捕らえると、圧倒的に油感が足りないですが、ここはコンセプトが別。さらに“仕上げ”のパフォーマンスのワクワク感もあり、物足りなさは皆無。どの“麺料理”もめちゃくちゃ美味しく、尚且つお手頃価格なのが素晴らしい!これはフレンチを数店舗経営しているからこそ出来るコストパフォーマンスだと思いますが、食べ手にとってこれ程嬉しいものは無いですね!!ぜひ再訪したいお店です☆

ふれんちラぁ麺GASPARD(ガスパール)
住所:京都市中京区烏丸蛸薬師下る東側 四条烏丸スタービルB1F
TEL:075-212-1382
営業時間:11:30〜25:00
定休日:木曜

京都 龍旗信@河原町

2011年4月26日にオープンした、「龍旗信」6店舗の新店。松原さん&大喜の大木さんと店前で合流〜。
IMG_2556

熱く語り合う二人をよそ目に(笑)、仲間四人で「龍旗信ラーメン」「鶏塩ラーメン」「塩冷麺」「ハモの冷やかけ」を注文。

「鶏塩ラーメン」950円、「龍旗信ラーメン」750円
IMG_2562IMG_2561





他の店舗とは異なり、京都店のスープは河内鴨のガラをメインに使用。その為、また一味違った味わいを醸し出しています。「龍旗信ラーメン」も美味しいが、「鶏塩」の方が鴨の甘味が感じられより好み。「龍旗信ラーメン」とのスープの違いは、ネギ油と鶏(鴨)油の違いらしいですが、それ以上の差を感じるから食べていて楽しい!

「塩冷麺」1250円、「ハモの冷やかけ」1200円
IMG_2559IMG_2557





「塩冷麺」は昨年総本店で食べましたが、甘味と酸味がクセになる美味さ。
「ハモの冷やかけ」は、1日20食の限定メニュー。松原さん渾身の一杯らしく、説明も熱かった!(笑)。龍旗信のスープに、鱧の骨や玉ねぎ、ジャガイモを加え、さらに最後に追い鰹をしているとの事。冷たくややとろみのある塩味スープは、鰹が利いていてほんのり甘い。麺はタピオカ入りの細ストレート麺で、氷水で冷やされ弾力・コシがある。具には揚げたての泉州産の鱧と水茄子の天ぷらがドンと乗り、インパクト大!また天ぷらには岩塩を振りかける等、作業も細やか。

同じ並びにある「オーレリー」で、大好物の「エクレール・オ・キャラメル」を購入。後日知りましたが、どうやら「オーレリー」は8月末までとか!?

京都 龍旗信
住所:京都市中京区蛸薬師通麩屋町東入蛸屋町157-11
TEL:075-256-2279
営業時間:11:30〜24:00
定休日:無
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ