ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2012年01月

横浜とんこつラーメン、支那そば 梨の花@東千葉

八街にあった「梨の花」が、2011年1月に千葉市に移転。飲み会ではよくお会いしますが、何気に移転後は初訪。現在は日曜限定で「名古屋コーチンの塩ラーメン」、「名古屋コーチンの中華そば」を提供。

「名古屋コーチンの塩ラーメン」780円、「横浜豚骨醤油ラーメン」650円
IMG_2918IMG_2919





鶏の旨味が溢れ出た味わい深い清湯スープ。鶏油もたっぷり浮いていて黄金色。麺は「麺屋棣鄂(テイガク)」黄色身を帯びた中細ストレート麺。トロトロの半熟味玉入り。スープは凄く美味しいけど、これに合わせて具が変わらないのがもったいない(^^;

「横浜豚骨醤油ラーメン」は呼び戻しを用いた濃厚豚骨スープで、移転前より若干濃度は下がったものの粘度がしっかりあり、口の回りがペタッとするほどの濃厚さ。麺はやや固めの茹で加減の中太縮れ麺。次回はもう少し長めに茹でた麺でも食べてみたい。

「ロイヤルミルクティーのプリン 杏とレモンの香り」200円
IMG_2920

濃厚なミルクティーのプリンに、杏とレモンの爽やかなソースの組み合わせが絶妙!おかわりしたいぐらい美味しい!

横浜とんこつラーメン、支那そば 梨の花
住所:千葉市若葉区高品町1586-5
営業時間:11:30〜14:30、18:00〜21:00
定休日:不定

麺やBar 渦@本鵠沼

家から遠くなかなか食べに行けていませんが、何を食べても美味しいお気に入りの店。前回はこちら。限定メニューだった「麒麟」は、今年からレギュラーメニューに昇格した模様。

自分が「塩煮干しラーメン」「麒麟」を、同行者が「醤油煮干しラーメン」を注文。

「塩煮干しラーメン」850円、「醤油煮干しラーメン」850円
IMG_2915IMG_2916





鶏を土台に煮干しの旨味を利かせた清湯スープ。エグミは無いものの、優しくも力強い。ネギ油と焦がしネギの香ばしさが一層美味さを引き立てています。何度食べても感動の美味さ!

「麒麟」900円
IMG_2917

「ひなどり」時代からの裏メニューですが、食べるのは初。メニューと言うより「作品」と呼びたくなる、オリジナリティの高い逸品。まずはそのまま食べ、セットで付いてくる酢を途中で入れながら頂きます。
中央には青梗菜が鎮座し、挽肉や溶き玉子、タケノコ、ネギなど具沢山。スープはサラッとした担々麺風ですが、ニンニクや辛味が利いていてインパクト抜群!酢を入れてもあまり酸っぱくならず、辛味が引っ込み旨味が立つという斬新なアイデア。

麺やBar 渦
住所:藤沢市鵠沼桜が岡3-5-7
TEL:0466-28-8443
営業時間:11:45〜14:00、19:00〜23:00(L.o)
       11:45〜14:00(日曜)
定休日:月曜

西尾中華そば@駒込

今年は1/4に麺初め。西尾さん曰く、1/2は店主やらラーメン王やらにカウンターを埋め尽くされ緊張したとか。年始の限定は前日で終わっていましたが、鴨ダシがまだ少しあるというのでそれで作ってもらいました。

「鴨ダシ中華そば」850円
IMG_2914

鴨の旨味・甘味を感じる、清湯ながらも骨太なスープ。麺は低加水の細ストレート麺。豚と鶏の二種類のチャーシューも美味い!

西尾中華そば
住所:北区西ヶ原1-54-1
TEL:03-5980-9242
営業時間:11:30〜15:30、17:30〜22:00(スープ切れ次第終了)
       11:30〜15:30、17:30〜20:00(日曜/スープ切れ次第終了)
定休日:月曜、第3日曜夜

中華そば てんくう@田原町

関西でしか会わなかった某氏と会合。おつまみ数品をつまみつつ、生ビールとレモンサワーをグビグビ。〆に夜限定の「鶏こくつけ麺(醤油)」を注文。
IMG_2909IMG_2910





IMG_2911

「鶏こくつけ麺(醤油)」780円
IMG_2912

鶏白湯をベースに魚介ダシを加えたまろやかでコクのあるつけ汁に、滑らかでもっちりとした自家製の幅広太麺。つけ汁にはチャーシューもたっぷり入っていて、見た目以上に具沢山!「大喜」同様に仕事も丁寧、そして美味い!

中華そば てんくう
住所:台東区松が谷1-3-15
TEL:03-3841-5962
営業時間:11:30〜15:00、17:30〜21:00(スープ切れ次第終了)
       11:30〜15:30(祝日/スープ切れ次第終了)
定休日:日曜

麺心 國もと@京成高砂

2011年10月16日オープンの新店で、店主は「麺屋武蔵」出身。長い店内はカウンター席のみで、食券購入後に一度店を出てから店内へ。

気になっていたドロドロ系の「つけ麺」が売り切れだった為、「らーめん」を注文。

「らーめん」680円
IMG_2908

やや濁りのあるあっさりとしたスープで、タレの甘味をしっかりと感じる点が「武蔵」出身らしい。麺はカネジン食品のやや縮れた中太麺。

麺心 國もと
住所:葛飾区高砂5-36-10
TEL:03-3607-8924
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜22:00
定休日:未定

麺屋 清水@小岩

二年ほど住んでいた懐かしい町・小岩。こちらは2011年6月19日オープンの新店で、店主は「必勝軒」出身。

「つけめん」750円
IMG_2904IMG_2905





つけ汁は動物系の濃度はそれ程高くなくサラッとしていて、魚介の旨味が利いている。自家製の麺はしっかりと茹でられていて、もっちりとした食感。次回は「らーめん」を食べてみたい。

麺屋 清水
住所:江戸川区西小岩4-1-5
TEL:03-5694-4328
営業時間:11:00〜14:00、18:30〜22:00
       11:00〜15:00(日・祝)
定休日:月曜(祝日の場合翌日)

clover@京成成田

「福一」を後にし、未食だった「塩つけ麺」を求め「clover」へ。途中、ばったりパーマンさんに遭遇(^^;

「塩つけ麺」800円
IMG_2903

つけ汁は鶏ベースの濃厚清湯で、短冊切りのチャーシュー入り。塩角は立ってはいないが、塩分はやや高め。麺は全粒粉が微量入った、もっちりとした中太麺。低温調理の鶏の胸肉チャーシューも、しっとりとしていて美味しい。

clover
住所:千葉県成田市花崎町766-2
TEL:0476-22-9683
営業時間:11:30〜14:00、18:00〜22:30(スープ切れ次第終了)
       11:30〜15:00(日曜/スープ切れ次第終了)
定休日:水曜

麺や 福一@成田  クリスマススペシャルコラボ

2011年12月24日のクリスマススペシャルコラボメニュー(一日限定)を求めて「福一」へ。今回は京都の「拳ラーメン」で使っている鮮魚等を使用し、「拳ラーメン」の味(塩ラーメン)を「福一」流にアレンジ。

「双頭鯛+真鯛の塩ラーメン 地鶏と甘海老の香り」900円、「イクラを添えた特製鯛めし」350円
IMG_2901IMG_2902





スープは鶏をベースに、「拳ラーメン」の限定で登場する双頭鯛(甘鯛・金目鯛)+真鯛の鮮魚を使用。鮮魚特有の臭みは皆無で、あっさりとしながらも食べ進むに連れ鯛の風味がしっかりと顔を出し、食後には口の中から香りが溢れ出てるぐらい。そして香味油には、甘海老で作る海老油を使用。「拳ラーメン」直送の塩釜チャーシューも絶品!

スープやタレ等を持ち寄り合わせるだけのコラボではなく、他店の材料を使用しその味をリスペクトとして仕上げる姿は他ではあまり見られない!!二人の信頼関係があってこそですね。次は京都で開催でしょうか!?(^^;

麺や 福一
住所:成田市花崎町846-15
TEL:0476-22-1978
営業時間:11:30〜14:00、18:30〜21:00(スープ切れ次第終了)
       12:00〜14:30(土曜/スープ切れ次第終了)
       ※土曜夜は「鶏の骨」として営業
定休日:日曜、月曜(祝日の場合も休み)

麺 高はし@赤羽

平日夜に久々の訪問。
※写真を撮る際は事前に断りを入れましょう!

「半肉入りつけそば」720円
IMG_2900

サラッとしているようで粘度のあるつけ汁は、動物系そして魚介系の旨味たっぷり。麺は浅草開化楼の弾力の強い太縮れ麺で、ここのつけ汁との相性は抜群!ゴロゴロと入った噛み応えのある焼豚も絶品!食べ終わる直前に、タイミング良くスープ割り用のスープを出してくれるのがまた嬉しい。もちろん完食♪

麺 高はし
住所 :北区赤羽1-38-10
TEL :03-3903-1575
営業時間 :11:00〜13:30頃、17:30〜18:30頃(売切れ次第終了)
        10:45〜12:45頃(土・祝/売切れ次第終了)
定休日 :日曜

特級中華そば 凪 西新宿@新宿

12/13〜12/27あたりまで提供されていた、Yahoo!らーめん特集「極嬢メン総選挙!!」のエントリー商品。

「極嬢華麗(カレー)なるラーメン」850円
IMG_2899

インドのダールを意識したとの事で、ひよこ豆入り。スープは凪の煮干しをベースに青森味噌カレー牛乳をアレンジ。カレースープに多加水の極太縮れ麺がよく合い、また溶けたチーズが麺に絡みつく。後半にレモンを絞ればさっぱりとした味わいに変化。ご飯が欲しくなるピリ辛な味わいも良かったです。

特級中華そば 凪 西新宿
住所 :新宿区西新宿7-13-7
TEL :03-3365-0296
営業時間 :11:00〜23:00
       11:00〜22:00(日・祝)
定休日 :第3日曜夜

小判屋@日本橋

続いて、うまい・やすい・はやいが目印の「小判屋」へ。

「だし中華」450円
IMG_2898

和風ダシに柔目の茹で加減の中華麺。具はハム、もやし、メンマ、ワカメ、ネギ、海苔と種類が多い。

15時前に食べ歩きを終了し、新大阪で一杯やってから帰宅。

小判屋
住所 :大阪市中央区日本橋2-8-22
TEL :06-6647-2345
営業時間 :7:00〜15:30、16:00〜19:00
定休日 :日、祝

高津屋食堂@谷町九丁目

関西でしか会わなかった某氏から煽られていた「黄そば」を食べるのが、今回の遠征のサブテーマ。戸棚に惣菜が並べられていたり、店の雰囲気や建物自体が物凄くディープ!歴史を感じます。
IMG_2897

「黄そば」には中華風和風があり、今回は和風を注文。

「和風かけ黄そば」300円
IMG_2896

優しい味わいのうどんだしに、何とも言えない柔めの茹で加減の中華麺という組み合わせ。300円という値段も物凄く庶民的!!某氏曰く、「スタミナスープ」も必食らしい。

高津屋食堂
住所 :大阪市中央区高津1-8-16
TEL :06-6762-9040
営業時間 :8:00〜23:00頃
定休日 :日曜

中華そば ついてる中山@滝井

2010年10月5日オープン。店主は「カドヤ食堂」出身。
IMG_2895

「中華そば」650円
IMG_2894

鶏をベースに煮干しを利かせた、ほんのり甘い清湯スープ。麺はカネジン食品の中細縮れ麺で、昔の「カドヤ食堂」同様にスープとの相性は良い。
「カドヤ食堂」の麺を使用する「つけそば」や、昼・夜数量限定の「煮干しそば」800円も気になりました。

中華そば ついてる中山
住所 :大阪市旭区今市2-8-34
TEL :06-6956-5397
営業時間 :11:00〜14:30、18:00〜21:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :火曜夜

博多とんこつ 門真 天神旗@古川橋

2011年8月28日にオープンした「天神旗」の支店。
IMG_2893

「老塩とんこつ」650円
IMG_2892

鼻にツンと来る豚骨臭も心地よいと思える、髄もタップリでとろんとした濃厚豚骨スープ。期待通りの美味さ!2011年から始まったという「老スープ」「若スープ」のブレンド・「W豚骨」も気になります!

博多とんこつ 門真 天神旗
住所 :門真市一番町10-2
TEL :06-6907-3350
営業時間 :11:00〜14:30、18:00〜22:00
定休日 :火曜

大鶴製麺処 謹製 親富孝@上新庄

2010年10月20日にオープンした「天神旗」の系列店。R60というコンセプトが凄く面白い。
IMG_2891

「R60手打ち麺塩」750円
IMG_2890

無かん水という極太縮れ麺は、もっちりとしているが伸びが少なくすぐに切れる独特の食感。スープは鶏をベースに魚介の旨味を利かせ、具の白菜の甘味も溶け出した塩角の無い優しい味わい。白菜のシャキシャキとした食感が良く、また柚子の利いたスープは前日の「やす田」を思い出す。

大鶴製麺処 謹製 親富孝
住所 :大阪市東淀川区小松1-4-27
TEL :06-6324-0102
営業時間 :11:00〜14:30、18:00〜22:00(売切れ次第終了)
定休日 :火曜

拳ラーメン@丹波口

「汁なし坦々麺」が美味い!と煽られていたので「拳ラーメン」を再訪。すると何と、「拳流坦々麺(汁有り)」も出ていた!さらに12月限定「カレー煮込み鍋」も美味いというので、欲張って二人で三杯注文(同行者はほぼ箸を置いていた)。

「汁なし坦々麺」850円、「拳流坦々麺」800円(30食限定)
IMG_2888IMG_2887





ラー油の辛味や花椒の痺れ、胡桃やカシューナッツ等の香ばしさが、濃厚なタレと絡み合う。紫玉ネギが入るなど、彩りも鮮やか。麺は「麺屋棣鄂(テイガク)」の中太縮れ麺。この麺は「レノン」でも食べましたが、汁なし系に物凄く合う!二品ともかなり美味しかったですが、自分の好みは「汁なし坦々麺」>>「拳流坦々麺」

「なごみ家特製カレー煮込み鍋」1000円(12月限定)
IMG_2889

カレー煮込み鍋にはトマトやココナッツミルクも入っていて、ほんのり甘味も利いていて美味い!さらに具もたっぷり入っていて食べ応えも満点!

「極鶏」×「拳ラーメン」のコラボイベント・「麺屋 極拳」も気になるところですが、関東からはなかなか行けない・・・。

その後「麦潤」でクラフトビールを飲み、さらに居酒屋で2時半まで熱く飲み語ってました(^^;

拳ラーメン
住所 :京都市下京区朱雀正会町1-16
TEL :075-351-3608
営業時間 :11:30〜14:30、18:00〜22:00(スープ切れ次第終了)
定休日 :水曜

FACTORY KAFE 工船@出町柳

月さんに教えて頂いた、ディープな珈琲店。場所は旧進駐軍の病院だったという独特の雰囲気漂う雑居ビルの二階。看板も何も無いので探すのに一苦労。怪しいビルの階段を上り、きしむ床を歩いた先にカフェが。
IMG_2885IMG_2884





メニューは世界地図に珈琲の産地と煎り方だけが書かれていて、初めてだと困惑します。さらにあっさり・こってりから選択可能。

「ブラジル(深入り)・こってり」500円
IMG_2883

ガラスのグラスで飲むネルドリップ、一口目から目が覚めるような深いコクと苦味が広がります!ここは一人でまた来たいですね〜!

FACTORY KAFE 工船
住所:京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448 清和テナントハウス2F G号室
TEL:075-211-5398
営業時間:12:00〜20:00
定休日:火曜(祝日の場合営業)

山元麺蔵(やまもとめんぞう)@東山

武蔵境の某店主から煽られていた宿題店。行列覚悟で訪問するも、16時過ぎだとスムーズに入れました。

厨房内に活気があり、接客もきめ細かで雰囲気がとても良い。二人で「鶏ササミ天ざる」「牛と牛蒡のつけめん 」を注文。

「鶏ササミ天ざる」945円
IMG_2881IMG_2882





麺はかなり弾力が強く、そして異様に長い!麺を切る道具も付いてきますが、切ると言うより潰して千切る感じ。どこかで切らないと飲み込めないので、最初からもう少し短くしてもらった方が啜る楽しみも味わえるのになと。ササミの天ぷらはとってもジューシー!何はともあれ、大満足の美味さ!

山元麺蔵(やまもとめんぞう)
住所:京都市左京区岡崎南御所町34
TEL:075-751-0677
営業時間:11:00〜19:45
       11:00〜14:30(水曜)
定休日:木曜、第4水曜(祭日の場合は翌日)

らーめん与七@堅田

2011年12月13日にオープンした滋賀エリア注目の新店で、オープン6日目の訪問。つけ麺は限定20食で、訪問時は売り切れ。何より、券売機の上に置かれた赤迫さんからの花が目立っていた(^^;
IMG_2880

自分が「あっさりとんこつらーめん」を、同行者が「とんこつらーめん」を注文。

「あっさりとんこつらーめん」700円、「とんこつらーめん」700円
IMG_2878IMG_2879





見た目は二種類ともほぼ同じ。「とんこつらーめん」のスープは肉片も浮いてしっかりとした濃度ではあるけど、何か物足りないしタレも弱くぼんやりとした味わい。麺は中太のストレート麺で、スープとの絡みも良い。「あっさりとんこつらーめん」は魚介ダシで割っているとの事でしたが、魚介は全く感じられずただの薄い豚骨スープでした…。これからに期待!!

「つけ麺」の麺もかなり良いらしいので、次回は「つけ麺」を食べたい。

らーめん与七
住所:大津市今堅田2丁目40-25
TEL:077-574-4747
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜22:00
定休日:火曜

麺屋 八海山@高槻

2011年10月28日オープンの新店で、関西ではあまり見かけない「燕三条インスパイア」として話題に。関西では「久保田」(吟醸のフレーズ)から始まり「而今」そしてこちらと、日本酒を連想させる店名が増えましたね。
IMG_2877

「煮干そば」700円
IMG_2876

小鍋でスープを温める際に、煮干しを二〜三個ほど投入する追い煮干しスタイル。粗引きの黒胡椒が一番に香って来るのもあるのか、思ったほど煮干しは強くない。麺は全粒粉入りの自家製極太麺で、芯をしっかり残した味噌煮込み的な固茹で加減。これはこれで美味しかったし比べるのもなんですが、「丸め」の方がより燕三条系をリスペクトした出来栄えかなと。

麺屋 八海山
住所:高槻市芥川町1-14-9
TEL:072-684-1778
営業時間:11:30〜15:00
       11:30〜15:00、18:00〜21:00(土、日、祝)
定休日:火曜

松阪牛麺 大龍軒@山田

2009年7月20日オープン。仲間数名から煽られていた宿題店。
IMG_2875

松阪牛のあぶらかすのみが入る「松阪牛かす麺」800円もありますが、ここでは松阪牛が入る「松阪牛麺」を注文しないと!

「松阪牛麺」1000円
IMG_2874

麺の上には水菜や薄切りの松阪牛(生肉)が乗っていて、あぶらかす入りの熱々の和風ダシを肉の上から注ぎ、混ぜて食べるスタイル。うどんダシっぽいけど、ダシ感はハンパない。麺は「麺屋 棣鄂(テイガク)」の、全粒粉練り込みの中細ストレート麺。添えられたレモンを後半突けば、サッパリとした味わいに。麺料理としては、かなり美味しかったです!

味的にはもっと混んでもおかしくないはずですが、近くに駐車場が無いのが原因か。。

松阪牛麺 大龍軒
住所:吹田市津雲台7-5-1
TEL:050-1306-2875
営業時間:11:30〜14:30、18:30〜21:30
     11:30〜14:30、18:30〜21:00(日曜)
定休日:月曜

手打ち麺 やす田@新大阪

2011年9月13日オープンの新店で、店主は「天神旗」出身。
IMG_2873

IMG_2869IMG_2870





自分が「醤油」を、同行者が「塩」を注文。

「手打ちらぁめん醤油」700円、「手打ちらぁめん塩」700円
IMG_2871IMG_2872





鶏をベースに醤油は鰹、塩はイリコを利かせたすっきりとした清湯スープ。醤油の方は醤油由来か!?、やや酸味を感じました。また両方とも柚子が入っていますが、塩の方がより強く感じます。どちらかと言うと、好みは塩。麺は自家製手打ち麺で、手切りのランダムさも良い。弾力はあるものの、引っ張るとすぐにちぎれるのも特徴か。まだ「つけ麺」は販売していませんでしたが、この麺はつけ麺で本領発揮しそう。

手打ち麺 やす田
住所:大阪府東淀川区東中島1-21-2
TEL:06-6323-6628
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜22:00
定休日:月曜

舎鈴@赤羽

2011年9月23日にオープンした、「六厘舎」の系列店。場所は赤羽駅のエキュート内(駅中)。

つけ麺」650円
IMG_2867IMG_2868





つけ汁は比較的サラッとしていますが、茹で上がりの早い中太ストレート麺との食べ合わせや、一杯650円というコストパフォーマンスはなかなか。もっちりとした弾力ではなくエッジの立った短めの麺は、浅草開化楼ではなくニッセーデリカとの事。

舎鈴
住所:東京都北区赤羽1-1-1 JR赤羽駅 エキュート赤羽内
TEL:03-3901-3568
営業時間:6:30〜22:00
       6:30〜20:00(日・祝)
定休日:無

魚骨ラーメン 鈴木さん@津田沼

2010年5月15日オープン、店主は「漁だし亭@船橋」の元店長との事。「やぶれかぶれ」忘年会で昼から夜まで飲みまくった後、二度目の訪問。

「秋刀魚まぜそば」750円
IMG_2864

塩焼きした秋刀魚の身と肝を使った秋刀魚醤、醤油ダレ、浅草開化楼の太縮れ麺をよく混ぜて頂きます。こちらは麺の茹で加減も良い。魚独特の臭みはなく、それでいてジャンクさもありかなり美味い!

同行者の注文した「鯛骨塩らーめん」750円は、鯛の風味がかなり弱かった。

魚骨ラーメン 鈴木さん
住所:船橋市前原西2-32-10
TEL:047-478-1175
営業時間:18:00〜翌2:00
定休日:火曜

拉麺ダイニング ほんまれ@志津

12月の分。前月は飲んだ後に限定をと思っていたら売切れたので、今回は最初に注文し取り置きしてもらう事に。
IMG_2862

「鶏とたっぷり旬野菜の味噌煮込みらーめん」830円
IMG_2863

鶏白湯ベースのクリーミーでピリ辛な味噌煮込みラーメン。ニンニクもガッツリ利いていてインパクト大。具には白菜、ごぼう、ニラ、人参、小松菜と野菜もたっぷり入っていて食べ応えも十分。

拉麺ダイニング ほんまれ
住所 :佐倉市上志津1669-12 バンデール志津103
TEL:043-309-7755
営業時間 :18:00〜翌4:00
        12:00〜15:00、18:00〜翌4:00(土・日・祝)
定休日 :月曜(祝日の場合翌日)

必勝軒@津田沼

千葉拉麺通信の忘年会二次会に初参加。その前にしらすさんと二人で「必勝軒」へ。
IMG_2857

この日は月曜だったので「バランス」スープ。自分が「もりそば」を、同行者が「小ラーメン」を注文。

「もりそば」800円
IMG_2859IMG_2858





取り敢えず、画像のみ。

必勝軒
住所:習志野市津田沼2-5-9
TEL:047-474-8283
営業時間:11:00〜15:00、18:30〜21:30(スープ切れ次第終了)
定休日:日曜、月曜昼

名代ねぎそば 月梅(ゆーめい)@本八幡

遅く起きたゆる〜い週末、久しぶりに「月梅」へ。

「塩ねぎそば」650円、「揚げ餃子」550円
IMG_2856IMG_2855





あっさりとした味わいのスープに中太ストレート麺、具はネギのみとシンプルな構成。卓上のネギとモヤシは入れ放題なので、ネギを山盛りで投入。飲んだ後にピッタリですが、いつ食べてもほっとする味わい。

揚げ餃子は卓上のネギを乗せ、ラー油と酢醤油で。何度食べても不思議な餃子ですが、何となくいつも食べてしまう(笑)

名代ねぎそば 月梅(ゆーめい)
住所:市川市八幡2-15-18
TEL:047-334-3404
営業時間:9:00〜14:00、16:00〜21:00
定休日:月、火曜

まるぎん二号@西岡崎

続いて、09年11月にオープンした「まるぎん商店」の二号店・「まるぎん二号」へ。こちらは二郎インスパイア系
IMG_2854

麺は小盛でも240gとの事なので、今回は小盛をニンニク抜きで注文。

「ラーメン小盛」690円
IMG_2853

スープは乳化が弱めで、具は山盛りの野菜(もやし&キャベツ)に分厚い肉が二枚、そしてほぐし肉まで乗る。麺はダイイチ食品の極太麺で表面はツルツル、芯をしっかり残した茹で加減。

コストパフォーマンスは良いものの、スープも肉も二郎系にしてはかなり優しすぎる味わい。二郎っぽさを求めるなら「カラメ」が必須か。

まるぎん二号
住所:岡崎市昭和町字下川田10-2
TEL:052-722-0569
営業時間:11:00〜14:00、17:30〜22:00(スープ切れ次第終了)
定休日:水曜

まるぎん商店@大門

以前から気になっていた三河エリアの人気店。残念ながら「まる銀ラーメン」時代は未食。
IMG_2852

「塩セレブ」なるメニューも気になりましたが、まずは基本の「豚骨醤油ラーメン」を注文。

「豚骨醤油ラーメン」680円
IMG_2851

細かな骨粉を感じる豚骨スープで、濃度はそれ程高くなく臭みも無く飲みやすい。背脂の甘みや豚頭のクリーミーさも相乗効果に。また醤油感が強めで魚介の旨味もしっかり利いていますが、これはタレ由来。麺はダイイチ食品の低加水極細ストレート麺で、敢えてスープを吸わせている点が面白い。具はチャーシュー、メンマ、味玉、ネギ、タマネギ。コストパフォーマンスや店の雰囲気も良く、人気があるのも納得。

まるぎん商店
住所:岡崎市寿町13-20
TEL:0564-25-8578
営業時間:11:30〜14:00、18:00〜22:00
定休日:水曜

らーめん 空王士(くうし)@今池

2011年1月12日オープンの新店。

「無化調塩らーめん」680円
IMG_2850

鶏をベースに魚介の旨味を利かせた、やや濁りはあるもののすっきりとした味わいのスープ。「如水」「なるとや」の様なキレは無いものの、今後もっと美味しくなりそう。麺は太陽食品の低加水極細ストレート麺。やや固めの茹で加減で、麺の主張が強い。

らーめん 空王士(くうし)
住所:名古屋市千種区今池5-12-13
TEL:052-735-3355
営業時間:11:30〜14:30、18:30〜22:30
定休日:火曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ