ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

2012年02月

Japanese Soba Noodles 蔦@巣鴨

2012年1月26日オープンの新店で、店主は「めじろ」出身。オープン二週目の週末に訪問。入店すると、パーマンさんが目の前にいてびっくり(^^;
IMG_2972

麺類は「醤油らぁ麺」「煮干らぁ麺」の2種類有り、スープもタレも別というこだわり様。今回は「煮干らぁ麺」を注文。

「煮干らぁ麺」750円
IMG_2971

「醤油らぁ麺」のダシには鶏も使用していますが、「煮干らぁ麺」のダシには煮干し等の魚介系素材のみとの事。エグミは一切なく、煮干しをメインとした魚介の旨味が凝縮されています。麺は全粒粉入りで加水率高めの自家製ストレート細麺。デフォでも低温調理の肩ロースチャーシュー、香ばしいバラ肉のチャーシューの2種類味わえるのが嬉しい!

「醤油らぁ麺」や、新たに始まった限定も食べてみたい!

Japanese Soba Noodles 蔦
住所:豊島区巣鴨1-14-1
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜21:00(スープ切れ次第終了)
       11:30〜15:00(スープ切れ次第終了/祝日)
定休日:日曜

手打ち小麦蕎麦 季織亭@経堂

中野のボスから連絡があり、「季織亭」でチームKの呑み会。〆の一杯に「せりた煮干しらーめん」を注文。

「せりた煮干しらーめん」850円
IMG_2970

なかなか稀に見る手振れ具合(爆)。今の麺は全て川名さんが打っていますが、前回食べた時よりさらに麺が美味かった!

手打ち小麦蕎麦 季織亭
住所:世田谷区経堂2-5-14
営業時間:12:00〜15:00、18:00〜23:00(スープ切れ次第終了)
定休日:水曜、第4火曜

支那そばや 新横浜ラーメン博物館店@新横浜

「支那そばや」開店二十五周年特別企画として、「サンマーメン」を提供中。

「佐野実の横浜サンマーメン」950円
IMG_2969

餡には片栗粉ではなく本葛でとろみを付けているとの事。食べ進むうちに徐々に炒め野菜の香ばしい風味がスープに溶け出していく。麺はしなやかな細ストレート麺。豚肉にはLYB豚(通称ルイビ豚)を、さらに炒める際のラードも同豚のものを使用との事。白きくらげやうずらのピータンが乗るのも珍しい。

支那そばや 新横浜ラーメン博物館店
住所:横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館 B1F
TEL:045-471-0503
営業時間:11:00〜21:45
       10:30〜21:45(土曜、日曜、祝日)
定休日:無

気仙沼 かもめ食堂@新横浜

東京ラーメンショーの「新・かもめ食堂」を経て、2012年2月2日に「新横浜ラーメン博物館」で復活。気仙沼出身である「ちばき屋」店主・千葉さんのプロデュースで、ゆくゆくは気仙沼での営業を目指すとの事。

「気仙沼ラーメン 潮味 半熟煮玉子入り」900円(オープン時の価格)、「肉汁たっぷりメンチカツ」280円(オープン時の価格)
IMG_2968IMG_2967





鶏をベースに鯛干し等の魚介の旨味を利かせた、あっさりとしながらも重層的な塩味スープ。サンマの香味油を使用。麺は中細の縮れ麺で、スープとの絡みも良い。半熟煮玉子は銘菓「かもめの玉子」を意識したもの。試食会とは言え、予想以上に美味しかったです!

「肉汁たっぷりメンチカツ」は、名前の通り肉汁タップリでジューシー!こちらも美味い。

気仙沼 かもめ食堂
住所:横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館 B1F
TEL:045-471-0503
営業時間:11:00〜21:45
       10:30〜21:45(土曜、日曜、祝日)
定休日:無

中華蕎麦 瑞山@朝霞

2度目の訪問。前回は「しおそば」で、そして今回は「特製しおそば」を注文。

「特製しおそば」900円
IMG_2966

生姜の香り漂う、鶏の旨味が凝縮された濃厚清湯スープ。表面には鶏油が浮いていて黄金色。麺は全粒粉入りのしなやかな細ストレート麺。具は豚と鶏の2種類のチャーシュー、味玉、細メンマ、海苔、カイワレ。夏場はそれ程気にはなりませんでしたが、冷たい鶏挽肉がスープの温度をグッと下げてしまうのが残念。

中華蕎麦 瑞山
住所:朝霞市本町2-8-15
TEL:048-466-6225
営業時間:11:30〜22:30
定休日:水曜

麺家うえだ@志木

今年初訪問。「特濃」系を避けるように「焦がし醤油らーめん」を注文。

「焦がし醤油らーめん」750円
IMG_2965

両手に持ったバーナーで“焦がし”を入れるパフォーマンスは圧巻。入念に焦がすため、丼から火柱が立ち上る程。焦がした醤油の香ばしさが、たまらなく食欲を掻き立てます!

麺家うえだ
住所:新座市東北2-12-7
TEL:048-471-8808
営業時間:11:30〜16:00
       11:30〜16:00、18:00〜21:00(土・日・祝)
定休日:月曜(祝日の場合翌日)

らあめんHAJIME@十条

2012年2月20日、埼京線十条駅から徒歩2分程の商店街の中に、「らあめん元@蓮根」の二号店がオープン。オープン日の開店前に到着すると、知り合いが多数並んでいました。
IMG_3037

メニューは「牛塩らあめん」「牛醤油らあめん」「鶏白湯らあめん」の三種類で、今後落ち着いたら「牛脂そば」「鶏白湯つけめん」も加わる予定。さらにサイドメニューも「鶏ごはん」「豚ごはん」「牛ごはん」「ステーキごはん」の充実の4種類!!

今回は同行者と二人で「牛塩らあめん」「牛醤油らあめん」「鶏白湯らあめん」「牛ごはん」を注文。

「牛塩らあめん」700円、「牛醤油らあめん」750円
IMG_3035IMG_3036





「元@蓮根」で出していた限定麺「牛塩らあめん」、らーナビ限定「肉ダシ牛らあめん」をベースにブラッシュアップを図った、牛肉ダシの清湯スープ。プロデュース店の「麺屋じもと」は牛骨ベースとなっているので、両店を食べ比べるのもオススメ。
厚みのある牛肉ダシに加え牛脂を上手く使っていて、香ばしさと旨味で溢れています!麺は三河屋製麺の手揉みを加えた平打ち太縮れ麺。具は豚バラチャーシュー、穂先メンマ、揚げた玉ネギ、ネギ。
「牛醤油らあめん」のスープは実は塩と同じですが、上に乗った牛のしぐれ煮の煮汁が溶け出すことで、醤油味へと変化していくカラクリ。

「鶏白湯らあめん」700円
IMG_3033

牛にばかり気を取られていましたが、何気にこの鶏白湯がまた美味い!キメが細かく滑らかで、濃度はそれ程高くはないものの鶏の旨味が凝縮されています!麺は平打ちの太麺で、こちらはストレート。具には豚ではなく、鶏チャーシューを合わせるこだわりよう。

「牛ごはん」250円
IMG_3032

「牛醤油らあめん」にのる牛のしぐれ煮をのせたもの。これを食べるなら「牛塩らあめん」とのセットがベストか。

どのメニューも完成度が高く、次回何を食べようか迷う。取り敢えずサイドメニューは「ステーキごはん」400円で決まりか(^^;

らあめん HAJIME
住所:東京都北区上十条2-30-9
TEL: 03-6314-3227
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜22:30(スープ切れ次第終了)
       11:30〜15:00、18:00〜20:00(スープ切れ次第終了/土曜、日曜、祝日)
定休日:月曜

麺や木蓮@くぬぎ山

2010年6月14日オープン。店主は鳥居式らーめん塾出身。店舗は何とトレーラーハウスで、電車が通る度に振動で揺れる。未食の「つけ豚(とん)そば」にするか悩みつつも「豚(とん)そば」を注文。

「豚(とん)そば」600円
IMG_2964

豚の旨味がギュッと詰まったドロッとした濃厚豚骨スープですが、臭みが少なく食べやすい。麺は低加水の極細ストレート麺で、スープとの相性も抜群。何度食べても美味い!

麺や木蓮
住所:鎌ヶ谷市初富30-17
TEL:050-3736-6813
営業時間:11:30〜14:30、18:00〜21:00
定休日:水曜(祝日の場合翌日)

手打中華 とら食堂 松戸分店@松飛台

2011年9月22日にオープンした「とら食堂」の直系分店。2回目の訪問。麺の打ち方、スープの取り方等が一緒というだけでなく、材料まで本店と同じ白河から仕入れているとの事。

「とら系」での個人的なデフォは「焼豚麺」ですが、今回は「焼豚ワンタン麺」を注文。

「焼豚ワンタン麺」1000円
IMG_2963

鶏の旨味にキリットした醤油感漂うコク深いスープ。青竹で打たれる多加水の縮れ麺は、プリプリモチモチでコシがありスープの持ち上げも良い。焼豚麺にすると、モモ肉の他にバラ肉も乗り楽しさ倍増。特に中央の細長い焼豚がたまらない!滑らかなワンタンも美味しい。

手打中華 とら食堂 松戸分店
住所:松戸市紙敷1-8-6
TEL:047-311-2355
営業時間:11:00〜14:30、17:00〜21:00
定休日:火曜

自家製麺つけそば 九六(くろ)@和泉多摩川

2011年7月18日オープンの新店で、店主は「俺の空」出身。麺類は「つけそば」「カレーつけそば」「濃厚中華そば」の3種類あり、今回は「つけそば」「チャーシュー丼」を注文。

「つけそば(200g)」750円、「チャーシュー丼」200円
IMG_2961IMG_2962





つけ汁はクリーミーでドロッとした超濃厚な鶏白湯魚介ですが、臭みなどは一切無く、仕事の丁寧さが伝わってきます。よくある味と言えばそれまでですが、結構美味い。麺は自家製のもっちりとしてコシの強い極太麺。つけ汁の濃度・粘度が高いので、麺にしっかりと絡みついてきます。次回は「濃厚中華そば」も食べてみたい。

チャーシュー丼は刻んだチャーシュー、白髪ネギが乗り、上から一味が振りかけられています。タレは甘めですが、一味のピリッとした辛味が味を引き締めています。200円という価格なのも嬉しい!

自家製麺つけそば 九六(くろ)
住所:狛江市東和泉3-7-9
TEL:03-3480-5877
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜21:00
       11:30〜15:00(日曜)
定休日:月曜

きくちひろき@熊谷

今年初となる「きくちひろき」。昼時だと「たまごかけごはん」の注文率も割りと高い。

「青鬼」700円、「たまごかけごはん」150円
IMG_2959IMG_2960





年に何度も食べてるので、取り敢えず画像のみ。

きくちひろき
住所:熊谷市本町2-125
TEL:048-522-9899
営業時間:11:00〜14:00、17:00〜20:00(売切れ次第終了)
定休日:水曜

らーめん天神下 大喜@湯島

関西でしか会わなかった某氏、そして昭和な酔い方が眩しいS氏と「やきとん 元気@秋葉原」へ。この日もホイスをグビグビ。
20120123_200927

さらに湯島へと移動し、「大喜」レモンサワーをグビグビ。〆に「うめしおとりそば」を注文。

「特製うめしおとりそば」980円
IMG_2957

何度も食べているものの、この日の麺類はいつもより美味しく感じた。ちなみに現在の麺は、武川さんが打っているそう。同行者が注文した「醤油とりそば 」もエライ美味かった。

らーめん天神下 大喜
住所:文京区湯島3-47-2
TEL:03-3834-0348
営業時間:11:30〜15:00、17:30〜22:00
       11:30〜15:00、17:30〜21:00(土曜)
       11:30〜15:00(祝日)
定休日:日曜

らーめん房 やぶれかぶれ@前原

練習の後、仲間と一緒に「やぶれかぶれ」へ。チャーシューをつまみながら、ビール〜日本酒とお酒だ進む!〆に「やぶつけ」を注文。

「ちゃーしゅー切り落とし」550円、「やぶつけ」850
DVC00364DVC00363





つけ汁は甘辛く濃いめの味付け。サラッとしているけどコクがあり、もっちりとした太麺も相性抜群!具はチャーシュー、メンマ、焼き葱など。スープ割は徳利に入れられ熱々の状態で提供され、食後ではなく食中に自分の好きな濃さに調整して食べられるのが嬉しい。そして割ると魚介の香りが広がりまた美味しい。

尚、平日限定の「やぶれかぶれ黒」は現在休止中との事。

やぶれかぶれ
住所:船橋市前原西8-3-2
TEL:080-5382-4649
営業時間:18:30〜24:00(スープ切れ次第終了)
       ※昼も期間限定営業中
定休日:日曜

旅館/中華そば処 琴平荘(こんぴらそう)@三瀬

「旅館琴平荘」が期間限定(10/1〜4/30)で「中華そば処 琴平荘」をオープン。前回訪問は06年11月。ホームページにも載っているあの合宿以来の訪問となり、懐かしさも一塩!(^^;

まずはひとっ風呂浴びて、「座頭市 THE LAST」の撮影の際に反町 隆史氏が控え室として使用したという部屋で、美味しい魚を食べながら掛神さんとプチ宴会開始!やっぱり酒量でこの人には勝てない。。
DVC00365DVC00366





そして翌日、遅い朝食に「中華そば」を求め大広間へ。場所は旅館入口からまっすぐ進み、「中華そば処」の看板を目印に右に曲がった突き当り。
IMG_2954IMG_2953






基本の「中華そば」の他に、平日限定「中華そば 塩」「極太麺 中華そば」もあり悩みましたが、今回は「中華そば」「中華そば 塩」の2杯を注文。
IMG_2946IMG_2948





IMG_2947

「中華そば」680円、「中華そば 塩」680円
IMG_2950IMG_2952





「中華そば」のみ、油の量をあっさりorこってりから選べます。自分はお任せ(中間ぐらい)で。スープは丸鶏をメインにチャーシュー用の肉を加えた動物系ダシに、煮干し・鰹・サバ、そして焼きアゴ等で取った魚介系ダシを合わせるWスープ方式で、キリッとした醤油感の中にほのかな甘味が広がります。すっきりとしていてコク深く、魚介が利いているもの突出せず非常にキレのある味わい。毎年少しずつ改良してるとの事ですが、当然ながら過去に食べたものとは別物なぐらい進化してます!麺は自家製の加水率50%の中太縮れ麺で、プリプリとしてコシがあり美味い!麺重量はデフォで200g。具の大ぶりのチャーシューに、歯応えのあるメンマも美味い。
そして「中華そば 塩」はダシ感がハンパなく、特にアゴの甘味をストレートに感じられます!どちらも甲乙つけがたい美味さ。

「温タレつけ麺」
IMG_2955IMG_2956





こちらは予約(※三日前まで)しておいた持ち帰り専用(5人前)のつけ麺を自宅で調理。丼は昔の「たけにぼ」のを使用。つけダレは「中華そば」より醤油ダレが濃い目で、甘味も加わっています。そして麺をすすったときに鼻腔をつき抜ける魚介の香りがたまらない!麺は指定の時間よりも長めに茹でた方が自分好みでした。

東京で待ってますYo!(^0^)/

▼冬の日本海。鶴岡にいた二日間は偶然の晴れ模様。
IMG_2944

旅館/中華そば処 琴平荘(こんぴらそう)
住所:鶴岡市三瀬己381-46
TEL:0235-73-3230
営業時間:11:00〜14:00
定休日:木曜

真砂そば@東別院

「まさごそば@高山」の暖簾分け店。カウンター席のみで、店内には待ち客が多数。また尚且つ引っ切り無しにお客がやってくる人気ぶり。
IMG_2943

「中華そば」650円
IMG_2942

濃い醤油色をした甘くそして酸味も利いたスープは、まさに飛騨高山の中華そば。「まさごそば@高山」よりも醤油感は強いが、しょっぱくはない。またデフォで振られた胡椒が味を引き締めています。麺はやや縮れたしなやかな細平麺で、スープとの相性もいい。漬物が付くのも嬉しいですね。

▼「まさごそば@高山」・・・中華そば(2004年8月)
まさごそば 中華そば(2)

真砂そば
住所:名古屋市中区金山5-8-8
TEL:052-882-2937
営業時間:11:00〜14:00、17:30〜20:00
定休日:日曜、第3月曜(祝日の場合営業)

中華そば 慈庵@吹上

あの名店が2011年10月14日に昭和区で復活!!前日夜に向うも、残念ながら臨休・・・。という事で翌日にリベンジ!こちらは池下時代守山区時代と食べているお気に入りの店。オープン当初から気になっていましたが、ようやく食べに行くことが出来ました。

厨房は奥にあり見えませんが、スープを“湯煎”で温めるスタイルは健在との事。『一人一杯まで』なので、「醤油」にするか「塩」にするかで迷いましたが、今回は「塩」を注文。そしてこの日は残念ながらご飯ものが無かった。

「中華そば しお味」750円
IMG_2941

現在は“かけ”ラーメンに、具は別皿での提供。鶏をベースに魚介の旨味を利かせたスープで、じんわりと旨味が広がります。麺は太陽食品の中細麺で、弾力はあるが固くはない絶妙な茹で加減。チャーシューは鶏から豚へと戻り、メンマが穂先へと変更。さらに日替わりのフルーツ付き。営業スタイルがやや特殊なので色々あるかもしれませんが、自分は美味いものが食べられればそれで良い。今回ももちろん完食!

中華そば 慈庵
住所:名古屋市昭和区広瀬町1-30-1
営業時間:11:30〜14:00、18:00〜20:00(売切れ次第終了)
定休日:日曜

太陽食堂@中村公園

k麺さんと食べ歩き。こちらは2010年10月26日オープンの話題店。
IMG_2940IMG_2938





自分が「中華そば」を、k麺さん「味噌らーめん」を注文。

「中華そば」680円
IMG_2939

鶏ガラ+魚介の懐かしくも新しさを感じる、すっきりとした味わいのスープ。無化調との事ですが、物足りなさは無く美味しい。麺は中細の縮れ麺で、茹で加減も良い。

「味噌らーめん」は豚骨ベースの甘みのあるスープに、中華鍋で炒めた香ばしい豚挽肉や野菜が乗る。麺は中太の縮れ麺と、メニューによってスープも麺も変えるこだわり様。こちらも美味しかったです。

太陽食堂
住所:名古屋市中村区中村町7‐40‐5
TEL:052-413-3700
営業時間:11:30〜14:30、18:00〜24:00
定休日:日曜、祝日

屋台ラーメン いづみ@中村公園

k麺さんと合流し、以前から気になっていたこちらへ。店内には“チャルメラ”が流れていましたが、これは屋台の時の名残で夜だけ流しているそうです(^^;
IMG_2937

基本の「ラーメン」「とんちゃん(写真は二人前)」を注文。

「ラーメン」500円、「とんちゃん」350円
IMG_2934IMG_2936





昔ながらの鶏ガラベースの清湯スープで、魚介系は不使用。表面には鶏油が浮いていて、デフォで胡椒も振られています。麺はストレートの細麺。500円ながらも、チャーシューには“三元豚”を使用するこだわり様!チャーシューを作る際に出来る三元豚の肉ダシも飲ませて頂きましたが、これを使用しない(『うちは鶏一本だから』と)のはもったいないですね。。

そして店内中央の鉄板で焼かれる「とんちゃん」、ごま油やニンニクが香ばしく美味い!

屋台ラーメン いづみ
住所:名古屋市中村区稲葉地本通2-13
TEL:080-6903-5037
営業時間:11:30〜14:00、18:00〜24:00
       12:00〜24:00(日曜)
定休日:月曜昼

麺の坊 五月晴れ@伏見

2010年12月6日にオープンした「晴レル屋」の系列店。

「らーめん」700円
IMG_2933

動物系ダシには牛・豚・鶏を使用との事。魚介の旨味も利いた程よい濃厚感で、濃度よりも粘度が高めなスープ。麺は林製麺のストレート細麺で、とろみのあるスープがよく絡む。場所柄、万人受けしそうなテイストに仕上げたのかな。

麺の坊 五月晴れ
住所:名古屋市中区栄1-4-33
TEL:052-222-1881
営業時間:11:30〜14:30、18:00〜22:00
定休日:日曜

まるぎん商店@大門

「塩セレブ」という響きが気になり再訪。

「塩セレブ」780円
IMG_2932

黄金色をしたすっきりとした味わいのスープで、一口目に広がる魚介の風味を後から甘味が追い抜いて行く。美味しいけど、甘味を抑えればもっとキレのあるスープになりそう。

まるぎん商店
住所:岡崎市寿町13-20
TEL:0564-25-8578
営業時間:11:30〜14:00、18:00〜22:00
定休日:水曜

豚骨 大岩亭@東刈谷

2011年2月3日にオープンした話題店。広い店内に大きなテーブルが三つ、二人かけサイズのテーブルが三つ。
IMG_2931

IMG_2927IMG_2928





ノーマルの「大岩ラーメン」は昆布なども入っているとの事ですが、「大岩ラーメン特豚」は豚骨のみを煮込んでいるとの事。今回は「大岩ラーメン特豚」を注文。麺の茹で上がり!?に発せられる『はいっ!』と言うかけ声にビクッとしながら待機。

「大岩ラーメン特豚」700円
IMG_2929

ソースと言いたくなるぐらい、クリーミーかつどろっとした超濃厚豚骨スープ!ただし、豚骨が好きな自分でもちょっと苦手かなと感じるぐらいの臭みも有してます。豚頭のネガティブな部分と豚足の粘度が入り混じり、さらに明らかに少し当てちゃった香ばしさも混在。ただ今後化ける可能性は非常に高い!

ちなみに濃度は「まるは 健松丸」の方が上ですが、またタイプが異なります。

大岩亭
住所:安城市緑町1-16-9
営業時間:11:00〜14:00、17:00〜21:00
定休日:月曜

中華そば屋 華壱@前後

今はなき「三吉」出身の人気店。昔からの宿題店でしたが、後輩に車を出してもらいようやく行くことができました。
IMG_2926IMG_2924





メニューが豊富で迷いますが、まずは基本の「中華そば 醤油」を注文。

「中華そば 醤油」700円
IMG_2925

濃いめの醤油、そして魚介ダシが強めに利いたまろやかなスープ。無化調との事ですが、旨味はギュッと凝縮されてます。麺はやや固茹での低加水の細縮れ麺。「まぜそば」系のメニューも気になります。

中華そば屋 華壱
住所:豊明市西川町長田1-18
TEL:0562-95-1331
営業時間:11:30〜14:00、18:00〜21:45(L.o)
定休日:火曜、第2・4月曜

麺や福一@成田  インスパイア麺

数年ぶりに、平日昼の部に訪問。限定麺が目当てだったものの、裏メニューもあるとの事で二杯注文!

「鶏塩ラーメン」700円(昼裏メニュー)、「牡蠣とパンチェッタチャーシューのペペロン塩つけ麺 アンチョビ風味(限定)」850円
IMG_2922IMG_2923





平日夜&土曜昼の「鶏塩ラーメン」より、ややライトに仕上げているとの事。ぽってりとしたクリーミーなスープで、鶏の旨味に溢れています!これに合わせる麺は「麺屋棣鄂(テイガク)」“リングイネ”形状のストレート麺で、スープ乗りもよく相性抜群!

そして今回も名前の長い限定麺は、牡蠣の旨味が凝縮されたペペロンチーノ風のピリッと辛いつけ汁に、特注の“菱形”形状の“MEN”な店インスパイア麺!具には刻みチャーシューにプリップリの牡蠣もたっぷり入っていて、食べ応えも十分。この麺、また別の限定でも食べたいですね〜!!(^^;

麺や 福一
住所:成田市花崎町846-15
TEL:0476-22-1978
営業時間:11:30〜14:00、18:30〜21:00(スープ切れ次第終了)
       12:00〜14:30(土曜/スープ切れ次第終了)
       ※土曜夜は「鶏の骨」として営業
定休日:日曜、月曜(祝日の場合も休み)

ラーメン 杉田家 千葉店@東千葉

2011年1月27日にオープンした、「吉村家」直系・「杉田家」の支店。茹で加減・味付け・油の量は全て普通で注文。

「ラーメン並」650円
IMG_2921

醤油が強めに利いた、濃厚とまではいかないが豚・鶏の旨味がギュッと詰まったスープ。「酒井製麺」の短めの中太ストレート麺は、茹で加減もバッチリ。燻製のチャーシューも美味い!

ラーメン 杉田家 千葉店
住所:千葉市中央区祐光4-17-7
TEL:043-441-8008
営業時間:5:00〜翌2:00
定休日:月曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ