2月の分。
at_you_seeさんmenkataさんと食べ歩き。

続いて3年2ヶ月ぶりの再訪となる「しゃかりき」へ。前回は04年の冬の関西望麺会時にめぐぞうさんから『激しく』煽られ、急遽翌日の予定を変更しパーマンさんたけひこさんと3人で食べに行きました。煽り煽られ、それも食べ歩きの楽しみの一つかと(^^ヾ

この日は偶然ながらも、フリーク・他店の店主達などラーメン関係の方々でカウンターが埋まってしまいました(笑)

「濃厚魚介つけそば」750円
しゃかりき 濃厚魚介つけそばしゃかりき 濃厚魚介つけそば2







小鍋で動物系ダシと魚介系ダシを合わせて熱するので、つけ汁はかなり熱々。表面に浮いた細かな気泡が、濃厚さを物語っています。粘度・濃度ともに申し分ない高濃度の豚骨魚介系スープってだけでも魅力的な訳ですが、それだけではなく丼の底にはたっぷりの髄が溜まっていて、ザラツキがありワイルド!!病み付きになる美味さです!

麺は「麺屋棣鄂」の特注麺で、もちっとして力強い弾力の極太麺。麺重量は並で225g。非常に存在感があり、濃厚な豚骨魚介系スープを持て余す事は無い。関東では「浅草開化楼」に代表されるコシの強いタイプの麺は珍しくなくなりましたが、この様なタイプの麺を『京都』という土地で出している所が凄い!

京都のラーメンのレベルはどんどん上がっていますが、それを支える製麺屋の躍進をマジマジと感じました!(^^ヾ

しゃかりき
住所 :京都府京都市中京区聚楽廻東町3-9
TEL:075-813-5198
営業時間 :11:00〜14:30、18:00〜24:30
定休日 :第1・3火曜