2011年8月8日オープンの新店で、フレンチの「ガスパール ド ラ ニュイ」がラーメン屋へと業態変更。既にしらすさんや関東の某店主も食べている、「極鶏」に次ぐ超話題店!
IMG_2577

巷でよく見かけるパスタ風のラーメンとは異なる、フレンチの中にラーメンを取り入れたスタイル。
IMG_2563IMG_2564





4人で4種類注文。まずは付き出しとして、「ハムのムース&パン」が登場。

「オニオンスープ らあめん(ハーフサイズ)」550円
IMG_2565IMG_2571





オーブンで皮ごとローストした玉ネギとフォン・ド・ヴォライユ(鶏ガラスープ)をベースにした、濃厚でとろみのあるオニオンポタージュスープ。たっぷりのパルメザンチーズと、黒胡椒を利かせています。スープには豚肉のコンフィ、カリカリのベーコン、温玉が入っていて、“仕上げ”として目の前でシェリービネガーソースがかけられます。麺は「麺屋棣鄂(テイガク)」の中太の平打ち麺で、「(旧)こぶ志」の限定麺(ピザソバ)に使われた事もあるとか。〆のごはん(全てセット)は、赤ワインの酸味が心地よい「牛ホホ肉のハヤシライス」。まずはそのまま、途中でスープをかければ二度美味しい。

「ミネストローネ らあめん(ハーフサイズ)」550円
IMG_2568IMG_2572





フォン・ド・ヴォライユ(鶏ガラスープ)に野菜を加えて煮込んだミネストローネに、麺は「オニオンスープ」と同じ、中太の平打ち麺。具にはもっちりとした皮の水餃子が。仕上げはトマトとバルサミコ入り!?の焦がしバターソース。〆のごはんは、「ライスコロッケ」

「スープ ド ポワソン らあめん(ハーフサイズ)」550円
IMG_2569IMG_2574





4人の中では、こちらが一番人気!フュメ・ド・ポワソン(魚だし)にジュ・ド・オマール(オマールエビのだし)、そしてトマトソース等を加えた、濃厚な味わいのスープ。仕上げは、麺の上に冷凍レモンを削ります。麺は全粒粉入りの細麺。〆のごはんは、「エビのクリームコロッケのせごはん」

「あさりの白ワイン蒸し らあめん(ハーフサイズ)」550円
IMG_2570IMG_2573





じっくりとソテーした野菜の甘味が利いた、フォン・ド・ヴォライユ(鶏ガラスープ)ベースのスープに、仕上げはニンニクを利かせたアサリの白ワイン蒸しソース。麺は「スープ ド ポワソン」と同じ、全粒粉入りの細麺。これ一杯だけだと十分満足できますが、他のメニューと比べてしまうとやや普通に感じてしまう。〆のごはんは、「メンチカツのっけごはん」

「グレープフルーツプリン」350円、「マスカルポーネチーズのアイスクリーム エスプレッソコーヒーかけ」350円
IMG_2575IMG_2576





催事に呼ばれるぐらい人気なのが、この「グレープフルーツプリン」。キャラメルの苦味の代わりに、グレープフルーツのほろ苦さを利かせた、滑らかで濃厚なプリン。これを食べなきゃ、未食も同然でしょう!(笑)。

「ラーメン(つけ麺)」の枠として捕らえると、圧倒的に油感が足りないですが、ここはコンセプトが別。さらに“仕上げ”のパフォーマンスのワクワク感もあり、物足りなさは皆無。どの“麺料理”もめちゃくちゃ美味しく、尚且つお手頃価格なのが素晴らしい!これはフレンチを数店舗経営しているからこそ出来るコストパフォーマンスだと思いますが、食べ手にとってこれ程嬉しいものは無いですね!!ぜひ再訪したいお店です☆

ふれんちラぁ麺GASPARD(ガスパール)
住所:京都市中京区烏丸蛸薬師下る東側 四条烏丸スタービルB1F
TEL:075-212-1382
営業時間:11:30〜25:00
定休日:木曜