ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

ラーメン(三重県)

Menkouともや@鼓ヶ浦

アップし忘れてた10月の分。。
10/1からメニュー改定との事で再訪。前回はこちら
IMG_2735

「Yahoo!ラーメン特集」「最強の次世代決定戦!」審査員特別賞に輝いた「鶏コクブラックラーメン」は、レギュラーメニューに昇格。メニューも以前より分かりやすくなりました。

「濃厚魚介つけ麺」がお気に入りですが、今回は新たにメニューに加わった「熟炊き鶏コク塩つけ麺」を麺少なめで注文。

「熟炊き鶏コク塩つけ麺」800円
IMG_2736

つけ汁は鶏白湯と魚介のWスープで、酸味や一味唐辛子のピリッとした辛さも利いています。麺は「麺屋 棣鄂(テイガク)」のもっちりとした弾力のある麺で、すすり心地も良い。スープ割りは生姜湯的な物なので、あまり好みではない。

ネーミングの付け方が非常に安易で安っぽくも聞こえますが、リピートしやすい安心感のある味に仕上がっています。

Menkouともや
住所:鈴鹿市寺家町1536-1
TEL:059-388-6036
営業時間:11:00〜23:00(スープ切れ次第終了)
定休日:無

Menkouともや@鼓ヶ浦

9月の分。
2011年4月1日にオープンした新店で、店主の宮下氏は「しゃかりき@二条」出身。「しゃかりき」二号店である「壱馬力」を任されていました。
IMG_2685

そう簡単に来れる場所でもないので、気になるメニューを3人で片っ端から注文!(笑)
IMG_2680IMG_2681





「鶏コクブラックラーメン」750円、「煮干しそば」650円
IMG_2682IMG_2683





「鶏コクブラックラーメン」は胡椒等のスパイスの風味を利かせた、とろみのある濃厚な鶏白湯が特徴的。小鍋でスープとスパイスを炊いた後に濾しているため、スパイスの風味は利いているものの、直接的な刺激はない。良く考えられているし、美味しい。麺は「麺屋 棣鄂(テイガク)」のストレート中太麺で、スープとの絡みも良い。
「煮干しそば」は煮干をガツンと利かせたタイプではなく、じんわりと優しくやや甘めの味わい。麺は黄色い中太縮れ麺で、この組み合わせだけは好みでなし。

「濃厚魚介つけそば」850円、「限定麺(日替わり)」
IMG_2686IMG_2684





「しゃかりき」「濃厚魚介つけそば」豚骨魚介なのに対し、こちらは鶏白湯魚介。もっちりと弾力のある麺との絡みも良く美味い!一番のオススメはこれ!
この日の「限定麺」は、トマト系のつけ麺。三重では珍しいタイプだし、手間がかかっていて美味しい。ただ一回で終わらせるのではなく、やり続けないとね。

「鶏そば」650円
IMG_2688

濃厚でとろみのある鶏白湯醤油。「濃厚魚介つけそば」が美味いのだから、こちらも美味くないはずがない!

どのメニューも美味しいが、まだまだ店自体が認知されていない様子。焦らずじっくりやっていこう!

※10/1にメニュー改定がありました。

Menkouともや
住所:鈴鹿市寺家町1536-1
TEL:059-388-6036
営業時間:11:00〜23:00(スープ切れ次第終了)
定休日:無

らーめん ぐんじ 野町店@玉垣

2011年7月20日にオープンした「ぐんじ」の二号店。外に待ちが出来るぐらいの人気ぶり。
IMG_2675

「塩ラーメン」700円
IMG_2677

スープは魚介はしっかりと利いているものの、動物系が弱くかなりあっさりとした味わい。ダシが弱いからなのか、以前はプラスに感じた炭火で炙ったチャーシューが妙に支配的で、良い印象は無くなった。途中で味に変化を与えられる、ネギ油のサービスは嬉しい。

「特製濃厚つけ麺」750円、「醤油ラーメン」650円
IMG_2676IMG_2678





「特製濃厚つけ麺」は辛みの利いたつけ汁で、レギュラーの塩・醤油に比べれば軽く白濁していて濃いのかもしれないけど、濃厚と謳うには濃度が低くサラッとしています。麺には全粒粉の細麺を合わせていますが、風味は弱め。

らーめん ぐんじ 野町店
住所:鈴鹿市野町西1-5-2
TEL:059-388-5677
営業時間:11:30〜14:30、18:00〜22:00(スープ切れ次第終了)
       11:30〜14:30、18:00〜21:00(日曜/スープ切れ次第終了)
定休日:水曜

中華そば 春吉@川原町

3月・東海遠征編。
「鉢ノ葦葉」の後、続いて3軒目は「春吉」へ。
春吉







駅からはやや離れていますが、お客がひっきりなしにやってくる地元の人気店です!

「中華そば」650円
春吉 中華そば







動物系や魚介系、さらに香味野菜の独特の旨味が効いた、何とも不思議で奥深い味わいのスープ。大葉の香りも爽やか。表面には背脂ミンチも浮かんでいます。麺はプリプリとした中細の縮れ麺で、茹で加減も良い。そして何より、『背脂』を中心に巻かれたチャーシューが面白い!

セットメニューにもなっている、「からあげ」も気になりました。

帰り道、さらに長後の「吾空」「能登山」によってから帰宅。

春吉
住所 :三重県四日市市野田1-2-38
TEL :059-331-4714
営業時間 :11:00〜15:00、18:00〜23:00
定休日 :月曜(祝日の場合翌日)

らーめん 鉢ノ葦葉@四日市

3月・東海遠征編。
続いて2軒目は「鉢ノ葦葉」へ。「なみへい」を早目に食べられたので、こちらはシャッターできました。かなり人気があるようで、開店直後に満席。さらに外に待ちが出来ていました。
鉢ノ葦葉鉢ノ葦葉 メニュー







基本の「らーめん」塩味で、醤油「淡味(あわあじ)中華そば」となっています。今回は「らーめん」のみ注文。

「らーめん」650円
鉢ノ葦葉 らーめん







濁りの少ないすっきりとした口当たりのスープですが、動物系のコクもしっかり、また節の風味がビンビンに効いていて美味い!麺は自家製のもっちりとした中細ストレート麺。具はチャーシュー、メンマ、海苔、白ネギ、焦がしネギ。

先の「なみへい」同様、こちらも三重の必須店の一つです!!(^^ヾ

鉢ノ葦葉
住所 :三重県四日市市城北町1-12
TEL :059-351-5227
営業時間 :11:30〜14:00、18:00〜22:30(1日100食限定)
定休日 :月曜(祝日の場合翌日)

博多ラーメン なみへい@伊勢松本

3月・東海遠征編。
二日目は三重へと移動し、まずは「なみへい」へ。3年程前にフラれた経験があり、今回はリベンジとなりました!
なみへい







開店時間は11時ですが、なごやんさんの情報によると10時過ぎには開いてるらしいと。(軽く寝坊した為)10時半頃に到着すると、既に満席&数名の待ちが出来ていました。

「博多らーめん」600円
なみへい 博多ラーメン







スープには豚頭のみを使用との事。さらっとしているようで、舌にはしっかりとした濃厚感が伝わって来ます。豚頭ならではのマイルドな豚骨スープで、髄も適度に感じられコクがあり美味しい! かなりレベルが高いです。麺は福岡から空輸との事。

なみへい
住所 :三重県四日市市青葉町800-56
TEL :0593-55-2202
営業時間 :11:00〜14:30、18:00〜23:00(スープ切れ次第終了)
       11:00〜23:00(スープ切れ次第終了)(土・日・祝)
定休日 :不定

ラーメン処 鶴三@四日市

ec6c5c79.jpg







7/23(土) 6軒目

店主はがんこ系の「楓林@新小岩」出身。

がんこ系なので、醤油はあっさり・中間・こってりを選べます。
今回は「しそ塩」を注文。

黄金色のスープは、今東京で食べるがんこよりもむしろしょっぱいですね(^^;

好みに合わせて調整(薄めて)してくれるのですが、
その場にいた他のお客は全て途中で薄めてもらっていました。

元々がんことは無縁の地で始めたのだから、もう少し地元のニーズに
合わせて作っても良いのではないかと。

「十一代目@行徳」の様に多少塩分を下げ、逆にしょっぱくしたい人は
言って下さいというスタイルの方がここでは合っている様に感じました。

とはいえ、お店の雰囲気も良く美味しかったです(^^;


鶴三
住所 :三重県四日市市生桑町163-1
TEL :0593-32-0400
営業時間 :11:30〜14:00、17:00〜22:00
       11:30〜15:00、17:00〜22:00(土日)
定休日 :火曜(祝日の場合営業)

らーめん ぐんじ@鈴鹿

6440ac62.jpg







7/23(土) 5軒目

大通りから一本裏に入った小道にあります。

評判の良い「塩ラーメン」は友人に譲り、「醤油ラーメン」を注文。

動物系と魚介系のダブルスープで、優しい味わいですが中々美味い。
もう少し旨味が強い方がより良いと思います。
バラロールチャーシューは注文毎に炭火で炙っていて、香ばしくて良いですね。

塩ラーメンには粟国の塩、モンゴルの塩を使用との事。
別皿でネギ油が出てくるので、途中で味を変えられ2度美味しい。

醤油も美味しかったですが、やはり好みは断然塩ラーメン!


ぐんじ
住所 :三重県鈴鹿市西条6-40
TEL :0593-84-8068
営業時間 :11:00〜14:00、18:00〜22:00
        1日100杯 売切れ次第終了
定休日 :水曜

ラーメン こつこつ@津

94240291.jpg







7/23(土) 4軒目

午後の部開店してすぐ、ほぼ満席状態になりました。
中々の人気ぶり。

「こつこつラーメン(中)」を注文。

スープはにんにくの風味が効いていて、タレの醤油感が強く出ています。
背脂を足してるので一見濃い様には見えるのですが、
スープ自体の濃度は高くなく、逆にタレでごまかしてる印象さえ受けました。

さらに麺の状態が悪く、あまり良い印象は無いです。


こつこつ
住所 :三重県津市一身田上津部田3046
TEL :0598-51-8113
営業時間 :11:00〜14:00、17:00〜23:00
       11:30〜14:00、17:00〜21:00(土日祝)
定休日 :月曜

開花屋 楽麺荘@松阪

990ab928.jpg







7/23(土) 3軒目

三重の人気のラーメン店の一つ。
店主は和食出身との事。

「らぁめん(塩味)」を注文。

和風ダシが効いた、やや白濁したスープ。
あっさりしていますが、中々美味しかったです(^^;

もうちょい旨味が強い方がより好みかな。


開花屋 楽麺荘
住所 :三重県松阪市宮町68-3
TEL :0598-51-8113
営業時間 :11:30〜14:00、18:00〜1:00
       11:30〜1:00(土日祝)
定休日 :火曜(祝日の場合翌日)

中華ばの 不二屋@松阪

2468443e.jpg不二屋 やきそば







7/23(土) 2軒目

松阪の人気店であり、先ほどの「一冨士@大台町」の修行先。

「中華そば」を注文。

こちらも煮干し、鰹節等でとった魚介だしを小鍋に移し、
そこに豚肉、タマネギ、たけのこ、もやし等を入れ煮込みます。

ただし麺は細めの縮れ麺と、「一冨士@大台町」のとは大きく違いました。


ここは「やきそば」も有名との事で、友人とシェア(^^;
揚げ麺に、和風ダシを使用した具沢山のアンがのります。

この日はやきそばを注文してる人が多かったです。


不二屋
住所 :三重県松阪市中町1900
TEL :0598-23-9605
営業時間 :11:00〜14:30、16:00〜19:00
       11:00〜14:30、16:00〜18:00(土日祝)
定休日 :木曜

中華そば 一冨士@大台町

cf1f9b51.jpg







7/23(土)

友人と名古屋で待ち合わせ、車で三重へ向う。
三重は初訪☆

1軒目 「中華そば 一冨士@大台町」

松阪市の人気店、「不二屋」出身の店。

麺は意外にも、ちゃんぽん風!?の太目の麺。

ダシは鰹節、煮干し等の魚介のみで、動物系は一切使っていないそうです。
このダシを小鍋に入れ、豚肉、タマネギ、ニンジン等と煮込み、丼へと移します。

スープは熱々で野菜もたっぷり。
一杯として中々のボリュームです!

お店の雰囲気も良く、人気が出るのも納得(^^;


一冨士
住所 :三重県多気郡大台町佐原456-2
TEL :0598-82-2072 
営業時間 :11:00〜20:00
定休日 :水曜

Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ