ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

ラーメン(福岡県)

つけめん 咲きまさ@渡辺通

12月の分。
約二年ぶり、二度目の訪問。博多で“豚骨魚介”で勝負している、気合いの入った店。前回はコチラ

「つけ麺小」700円
20131215_133814





トマトを隠し味に使っていたり、濃度が飛躍的に上がっていたり、前回とは見た目から味わいまで大きく変化し、独自色が強まりました。麺も村上朝日製麺所から、松本製麺所へと変更。

咲きまさ
住所:福岡市中央区春吉1-7-18 瓜生ビル1F
TEL:092-725-6070
営業時間:11:30〜14:30、19:00〜22:00(売切れ次第終了)
定休日:水曜

八ちゃんラーメン 大宰府店@都府楼前

12月の分。
長年の宿題店(ラスト「八ちゃん」)!昔は夜しかやっておらず、ハードルも高かったんですよね。「焼めし」も気になりましたが、「ラーメン」のみ注文。
20131215_123845





「ラーメン」600円
20131215_123311





脂たっぷりのワイルドな濃厚豚骨スープに、低加水のストレート細平麺。ファンが多いのも頷けます。

八ちゃんラーメン 大宰府店
住所:太宰府市国分1-1-38
TEL:092-925-9449
営業時間:11:00〜14:30、18:30〜24:00
定休日:日曜、火曜

麺屋 我ガ(GAGA)@三沢

12月の分。
たろのぶさんにお願いし、車で宿題店巡り。
こちらは2013年7月26日オープンの新店で、店主は「一蘭」→「鳳凛」の立ち上げに携わった方。暖簾は「一蘭」創業者の名前入り。外観も内装もお洒落で、既に行列店となっています。
20131215_120417





「らーめん」580円
20131215_115736





「一蘭」テイストの、まろやかで甘みのある豚骨スープ。刻みニンニクも利いていて、中央には辛味ダレも。麺は低加水の極細ストレート麺。レンゲの裏にも、店のロゴがさりげなく入ってます。

我ガ
住所:小郡市横隈1586-6
TEL:0942-75-1103
営業時間:11:30〜翌1:00
     11:30〜翌2:00(金、土、祝前日)
定休日:不定

本田商店×清陽軒@福岡ラーメンショー

12月の分。
福岡二日目の朝食。
20131215_103112





東京ラーメンショーでは濃厚な豚骨スープでしたが、福岡では「清陽軒」よりのあっさり豚骨でした。

一風堂×名島亭コラボ@福岡ラーメンショー

12月の分。
福岡ラーメンショーにて、続いて「一風堂」×「名島亭」のコラボ・「博多チャンポン」を。
20131214_161502





豚骨ベースのコクのあるチャンポンで、炒めた野菜の香ばしさが食欲をそそります!

夜は0次会〜一次会〜二次会〜三次会へ。何よりも、二次会で行った「一番星」にはまりました!写真は「俺のうまい棒」
20131215_010917

一幸舎×博多新風コラボ@福岡ラーメンショー

12月の分。
「福岡ラーメンショー」にて、博多の人気店「一幸舎」「博多新風」のコラボラーメンを。
20131214_145033





しっかりと炊きあげた濃厚スープは、イベントながらもこの日一番の美味さでした!

伊都商店@赤坂

2012年9月18日にオープンした、「西谷家」の姉妹店。
20131214_132012





「糸島豚とんこつラーメン」600円
20131214_130953





スープは「西谷家」程の濃度はないものの、十分濃い。麺は低加水のストレート細麺。

伊都商店
住所:福岡市中央区警固1-13-1 ARK警固1F
TEL:092-714-1433
営業時間:11:30〜16:00、18:00〜翌2:00
     11:30〜16:00、18:00〜翌3:00(金、土、日)
定休日:日曜

麺や 兼虎@赤坂

12月1日オープンの新店で、店主は「井の庄」出身。「辛辛つけ麺」もメニューにはありますが、辛い物が得意ではないので今回はパス。
20131214_130250





「濃厚中華そば」700円
20131214_125350





濃厚魚介豚骨スープに、「三河屋製麺」の(博多では)加水率高めの中細ストレート麺。

▼「濃厚つけ麺」750円(同行者の分)
20131214_125527





こちらのスープは「濃厚中華そば」よりさらに濃度・粘度が高く、極太麺にもよく絡みます。

兼虎
住所:福岡市中央区赤坂1-1-18 リバティ赤坂1F
TEL:092-726-6700
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜23:30
     11:30〜21:30(土、日、祝)
定休日:火曜

麺歩 バガボンド 福岡店@祇園

2013年6月17日オープンの新店。「麺屋武蔵 武骨外伝」出身の「バガボンド」が、鹿児島から福岡へと進出。
20131214_122025





「つけ麺・太麺」700円
20131214_12120320131214_121209





甘味の強い濃厚魚介豚骨のつけ汁に、かんすい臭を感じないうどんの様な自家製極太麺。

▼「ら〜麺」(同行者が注文)
20131214_121431





鹿児島で食べた時と比べると、スープはかなり軽め。

バガボンド 福岡店
住所:福岡市博多区博多駅前2-10-12 ハイラーク博多1F
TEL:092-233-1192
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜22:00
定休日:日曜

博多一双@博多

12月の分。
約1年半ぶりとなる福岡へ。こちらは2012年11月27日オープン、店主は「一幸舎」出身。店外まで漂う豚骨臭に胸が高まります。
20131214_111305





「らーめん」600円
20131214_110709





麺固めで注文。「一幸舎」譲りの濃厚豚骨スープに、加水率高めの中細平縮れ麺。麺の合わせ方が、博多では珍しい。

博多一双
住所:福岡市博多区博多駅東3-1-6
TEL:092-472-7739
営業時間:11:00〜24:00
定休日:不定

らぁめん シフク@東比恵

2012年7月11日にオープンした、「博多新風」出身の新店。駅から離れた立地で、しかも“鶏清湯”“鶏白湯”の二本立て。

「塩らぁめん」550円、鶏白湯らぁめん」600円
20120730_1738061343637475712




シフク
住所:福岡市博多区榎田2-3-1
TEL:092-474-0090
営業時間:11:00〜21:30
定休日:日曜

博多新風 高宮本店@西鉄平尾

7月の分。
本店復活後は初訪問、コウタロウに会うのは一年半ぶり。

「マー油入り豚骨ラーメン」600円
1343622909065




スープの調子が良いからと、まずはマー油無しを勧められ、途中で足してもらう事に。麺もよりのびにくくなる等、進化してます!美味い!

博多新風 本店
住所:福岡市南区高宮1-4-13
TEL:092-524-2426
営業時間:11:30〜15:00、18:30〜23:00
定休日:火曜(祝日の場合翌日)

中華蕎麦 翠蓮@福大前

7月の分。
2012年6月1日オープンの新店。こちらは「志どう」が店名と味を変え移転。
20120730_120014




「こってり豚骨らーめん」680円
1343616903292




半濁ぐらいのかなりあっさりとした豚骨魚介スープに、もっちりとした太麺の組み合わせ。飲み口も軽く食べやすい一杯。

翠蓮
住所:福岡市城南区堤1-10-25

ブラボーラーメン@渡辺通

7月の分。
たろのぶさんと合流し、「磯ぎよし」→「大名ちんちん 平尾店」→「ドイスラゴス」→「好房」を回ってからの〆のラーメン。
20120730_024547




「とんこつラーメン」550円
1343583206407




その他「ブラボーラーメン」650円、チャーハン600円も注文。

ブラボーラーメン
住所:福岡市博多区住吉5丁目18-10
TEL:092-431-2616
営業時間:18:00〜翌3:00
     18:00〜翌6:00(金、土)
定休日:火曜

一蘭 天神西通り店@天神

2010年4月15日オープンの「一蘭」の支店。天神西通り店限定の、「釜だれとんこつラーメン」を目当てに訪問。

「釜だれとんこつラーメン」790円
IMG_3010

「釜煮込み焼豚」を作る際にできる煮汁を使用したというラーメン。スープの色味的にも、他の店舗より醤油ダレが濃いめ。そして器が重箱なのも特徴。

一蘭 天神西通り店
住所:福岡市中央区大名2-1-57
TEL:092-713-6631
営業時間:10:00〜翌7:00
定休日:無

つけめん 咲きまさ@渡辺通

激しい二日酔いの中、まずは2011年10月1日オープンの新店へ。店舗は「島系 春吉店」があった場所。丼やそのヴィジュアルを見れば、六厘舎インスパイアなのが分かります。
IMG_3009

「つけ麺 並」750円
IMG_3007IMG_3008





ぽってりとした濃厚豚骨魚介系のつけ汁には魚粉や柚子が浮き、厚切りのチャーシューが沈んでいます。麺は村上朝日製麺所のガッシリとして弾力のある太麺。

福岡ではまだまだ豚骨魚介系は厳しそうですが、他のエリアならもっと人気が出てもおかしくないレベル(^^;

つけめん 咲きまさ
住所:福岡市中央区春吉1-7-18 瓜生ビル1F
TEL:092-725-6070
営業時間:11:30〜14:30、18:00〜22:00
        18:00〜22:00(金曜)
定休日:月曜

ホウテン食堂 奉天本家@中洲川端

ディープな和風店で呑んで盛り上がった後、深夜2時過ぎに「ホウテン食堂」へ。こちらは昭和29年創業の老舗で、2011年11月3日に「力の源カンパニー」によりリニューアル。
IMG_3006

「元祖中洲ブラック(奉天 中華ソバ)」680円
IMG_3005

真っ黒な醤油色をした、豚骨ベースの清湯スープ。「富山ブラック」をイメージしてましたが、表面には背脂が浮いていて見た目ほどのしょっぱさはなく、むしろやや甘め。「新福菜館」に九州の醤油の甘さを足し、背脂を浮かべたような印象。麺は中細のストレート麺で、加水率が低いのでスープを吸い黒く染まっていく。別皿で提供される生姜もよく合います。

「ちゃんぽん」780円
IMG_3003

仲間が注文したちゃんぽんも美味しかった。

そして2時半頃に解散。

ホウテン食堂 奉天本家
住所:福岡市博多区中洲2-6-12 第5ラインビル1F
TEL:092-263-8863
営業時間:17:30〜翌3:00頃
定休日:年末年始

麺場 元次@薬院大通

2010年12月24日オープンで、店主は「麺や おの」出身との事。「おの」とは真逆のラーメンを提供しているのが驚き。二夜連続(のメンバーを含む)、福岡、京都のラーメン中間との熱い飲み会を経て、タクシーでこちらに移動。テーブル二席に分かれ軽く呑みながらの、“中〆”的な一杯(^^;
IMG_3002

自分が「若醤とんこつ」を、同席の仲間が「大醤とんこつ」を注文。

「若醤とんこつ」550円、「大醤とんこつ」650円
IMG_2999IMG_3000





一見豚骨っぽいですが、豚骨だけでなく鶏ガラも使用していて、濃厚だけど飲み口がまろやかで美味い。麺はストレート細麺と平打ち麺から選択でき、細麺を選択。

「大醤とんこつ」「若醤とんこつ」をベースにさらに骨を足し、魚介ダシを加えているとの事。「若醤とんこつ」も美味いが、コチラも甲乙つけがたい美味さ。

麺場 元次
住所:福岡市中央区薬院4-2-12
TEL:092-521-7771
営業時間:17:30〜23:00
定休日:水曜

龍の道@筑豊中間

2011年12月19日オープンの新店で、こちらは「ラーメン力」の系列店。
IMG_2998

「ラーメン」500円
IMG_2997

脂分はたっぷりなものの、今まで食べたこの系統の中で一番ライトな豚骨スープでした。

この後「拉麺エルボー@本城」に向かうも、営業時間に間に合わず・・・。

龍の道
住所:中間市中間4-2-5
TEL:093-246-2898
営業時間:11:00〜21:00(スープ切れ次第終了)
定休日:不定

ちゅるるちゅーら ラーメン研究所@東中間

「ちゅるるちゅーら@三ヶ森」の支店。ノーマルの「濃厚豚骨 男味」も気になりましたが、“濃厚こってり”に惹かれ「超濃厚豚骨ラーメン」を注文。チャーシューはももバラから選べるとの事で、ももを選択。
IMG_2996IMG_2994





「超濃厚豚骨ラーメン」660円
IMG_2995

ゼラチン質がたっぷり溶け込んだ、粘度の高い濃厚豚骨スープ。デフォで振りかけられた胡椒が合うし、変化を楽しめるよう“ニンニク辛タレ”が付いてくるのが嬉しい。麺はやや固ゆでのストレート細麺。スープがぽってりと重いので、チャーシューはもも肉で正解だったかも。

メニューの『「濃厚玉」60円×1超超濃厚に、「濃厚玉」60円×2超超超濃厚に変化』という記述を見ると、コラーゲンでの調整なのでしょうね。

ちゅるるちゅーららーめん研究所
住所:中間市東中間2-3-5
TEL:093-243-6636
営業時間:11:30〜15:00、17:00〜21:00
定休日:水曜

メガトンラーメン@三ヶ森

続いて「ぎょらん亭」の系列店である「メガトンラーメン」へ。基本のラーメンが「十割」「二八(鶏が二割)」から選べるのも、この系統の特徴。
IMG_2993

「豚骨十割ラーメン」520円
IMG_2992

表面の脂分はやや少なめながらも、とろみのある重厚な豚骨スープはまさに「ぎょらん亭」系の味わい!麺は中細のストレート麺で、濃厚なスープがよく絡む。肉厚なチャーシューも嬉しい。

数年前なら後先考えずにこちらを再訪したと思いますが、夜は長いし、悩んだ末に断念。少し大人になった。。

メガトンラーメン
住所:北九州市八幡西区三ケ森2-1-5
TEL:093-614-1770
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜22:30
定休日:不定

ラーメン真@穴生(あのお)

続いて「ラーメン 力」の系列店であるこちらへ。2009年6月17日オープンで、店主は女性の方。以前は「ラーメン力 穴生店」だったとの事で、「営業中」の看板は「ラーメン力」のまま。
IMG_2991

「ラーメン」500円
IMG_2990

表面には細かな脂とゴマが浮いていて、脂分たっぷりでややトロミのある豚骨スープ。「力」より粘度が高く濃度は低い印象。麺はストレートの細麺。なかなか美味しかったです。

ラーメン真
住所:北九州市八幡西区穴生1-10-7
TEL:093-230-2931
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜スープ切れ次第終了
定休日:月曜

貴龍@八幡

前日の激しい飲み会のダメージを引きずりつつ、一人電車に揺られ北九州へ。福岡市内には年数回行ってますが、北九州は数年ぶり。そしてこの数年の間に、「ぎょらん亭」「ラーメン 力」の系列店がどんどん増えています!
IMG_2989

まずは「ぎょらん亭」のルーツと言われるこちらへ。

「ラーメン」500円
IMG_2988

表面に細かな脂が浮いた甘味のある豚骨スープで、口当たりはマイルド。「ぎょらん亭」と比べると濃度・粘度が控えめであっさりとした印象。麺は歯切れのいい中細のストレート麺。違いはあれど、ルーツとしてその雰囲気はしっかりと感じられました(^^;

貴龍
住所:北九州市八幡東区西本町4-10-15
営業時間:11:00〜15:00、16:00〜20:00
定休日:無

博多新風 豚骨ラーメン 絆@中洲川端

実家である「一龍」とコラボした、「博多新風」のネクストブランド店。前回訪問はこちら

「肉だくからか麺」780円
IMG_2987

ベースのスープがしっかり濃いので、辛味に負けておらず美味い。ほぐしチャーシューがこんもりと盛られ、意外と食べ応えもありました(^^;

夜は福岡、東京、千葉、そして京都からメンバーが集まり、18時からスタートした呑み会は、深夜2時過ぎまで続いた・・・。

今月3/3には、約一年間休業していた「博多新風 本店」も復活!

博多新風 豚骨ラーメン 絆
住所:福岡市博多区住吉1丁目2 
    キャナルシティ博多5F ラーメンスタジアム
TEL:092-271-5166
営業時間:11:00〜23:00
定休日:無

名島亭@貝塚

初めて「名島亭」に行ったのは、確か2004年の秋だった気がします。かれこれ7年半ぶり、二度目の訪問。
IMG_2985

「ラーメン」480円
IMG_2986

あっさりとした長浜ラーメンでありながら、久留米ラーメン“呼び戻し”を用いた奥深いスープ。濃厚豚骨も好きですが、こういうあっさりながらもコクのある豚骨も好きですね〜。程よいニンニクの風味が利いていて、シンプルでしみじみ美味い!

名島亭
住所:福岡市東区名島2-41-7
TEL:092-662-3566
営業時間:11:00〜20:00(売切れ次第終了)
定休日:水曜

博多 元桜@祇園

高田さん&じーのさんと「博多 大乗路」で飲んだ後、川端商店街を通り「元桜」へ。

3人で3種類注文。自分は「油そば」を。

「油そば」700円、「塩ラーメン」750円
IMG_2397IMG_2398





つけ麺の平打ち麺とも異なる、コシの強い極太麺。味が濃い目だし、油そばって酒のつまみにもなりますね。

博多 元桜
住所:福岡市博多区上川端11-11 地下1F
TEL:092-262-9377
営業時間:11:00〜22:00
定休日:無

麺屋 光喜(みつき)@赤坂

2011年5月31日にオープンした、元大関・琴光喜プロデュースのつけ麺専門店。濃厚白湯魚介つけ麺がウリとの事。お店は細い路地裏にあります。
IMG_2393IMG_2394





厨房は狭く、コンロの位置が高い。そして大きな寸胴も見当たらない。
「つけ麺(小結200g)」800円+サービス味玉
IMG_2395IMG_2396





つけ汁は「濃厚白湯スープと魚介和風だし」との事ですが、どこかで食べた事のある味。麺にはタピオカ&小麦の外皮も練り込んでいるそうで、グミの様な固い弾力感。全粒粉的雰囲気は、見た目にもほんの僅かしか出ていない。割りスープは軽い動物系で脂分も含んでおり、具のバラ軟骨を煮込んだ際のスープなのか!?

麺屋 光喜
住所:福岡市中央区大名1-4-12
TEL:092-725-0090
営業時間:11:30〜15:00、17:00〜21:00
定休日:火曜

博多 志どう@赤坂

2011年4月2日、熊本・荒尾から博多へ移転オープン。店員一人で回していましたが、食べ終わった食器もカウンターに置かれたままだったり、何より活気が無い。
IMG_2392

「ラーメン」650円
IMG_2391

濃さもそこそこで、博多らしい豚骨ラーメンではあります。

博多 志どう
住所:福岡市中央区警固1-13-1
TEL:092-714-1300
営業時間:11:00〜24:00
定休日:火曜

ラーメン処 西谷家 前原店@波多江

こちらは「西谷家」(魁龍出身)の二号店で、2008年6月オープン。何度も傘が反転する程の暴風雨に見舞われながらの訪問。
IMG_2390

「らーめん黒」600円
IMG_2389

本店ほどの濃度ではないものの、それでも十分濃いし美味い。

西谷家 前原店
住所:前原市波多江駅北4丁目5-11
TEL:092-322-3236
営業時間:11:00〜23:00
       11:00〜21:00(土、日、祝)
定休日:無

唐津らぁ麺 むらまさ 西新店@西新

三ヶ月ぶりの福岡でしたが、博多駅がまた新しくなっていて迷いました…(爆)。

「琉球新麺 通堂@那覇」「八戸麺道 大陸@八戸」に次ぐ、佐野実氏による新ご当地プロデュース店。新横浜ラーメン博物館内にオープンしたのが09年9月17日、唐津に凱旋したのが10年4月22日。そして二号店にあたる西新店が2011年1月24日オープン。
IMG_2388

「玄界灘塩らぁ麺」を注文。メニューには「焦がし香味Gyu塩らぁ麺」もありました。
「玄界灘塩らぁ麺」650円
IMG_2387

ラーメンの前に、まずはお通し(揚げた麺)と緑茶が出されます。スープは豚をメインに鶏を加えた清湯スープで、あっさりだけど厚みがあります。しなやかでコシのある麺は、スープとの相性も良く美味しい。具はチャーシュー、穂先メンマ、ネギ、そしてラ博時代には無かった「わかめ」が。これは西新店だけなのか!?

住所:福岡市早良区西新5-15-30
TEL:092-842-1666
営業時間:11:00〜22:00
定休日:無
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ