ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

ラーメン(広島県)

中華そば 千番@胡町

夜のみ営業の老舗店。
20141210_232315





「らーめん」630円
20141210_231649





飲んだ後にも嬉しい、あっさりとした味わいの豚骨醤油スープ。デフォで胡椒がたっぷりと振りかけられています。麺はしなやかな中細ストレート麺。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、もやし。

千番
TEL:082-241-1033
住所:広島市中区流川町7-8
営業時間 :20:00〜翌4:00
     18:00〜翌4:00(日曜)
定休日 :月曜

永斗麺(えいとめん)@立町

12月の分。
2013年2月6日にオープンした、「ふじ☆もと」の暖簾分け店。既訪の暖簾分け店は、「味喜」「もりかわ」「まつうら」
20141210_223236





訪問時の麺類メニューは、「サンマらーめん 醤油・塩」「あぶら麺」の二本立て。

「サンマらーめん塩」780円
20141210_222654





豚骨をベースに秋刀魚の旨味を利かせた、この系列ならではの味わい。魚粉はやや多め。麺は中細のストレート麺。具は豚バラ肉、うずらの玉子、もやし、ネギ。

永斗麺
TEL:082-205-6227
住所:広島市中区紙屋町1-5-22 MKビル1F
営業時間 :11:30〜15:30、18:00〜23:00
     11:30〜23:00(土曜)
     11:30〜20:00(日曜)
定休日 :不定

第3ラーメン@福山

6月の分。
「しじ海@福山」「ちぃちぃいか(備後産)」等を堪能した後、〆のラーメンを求めこちらへ。
20130601_020726





「とんこつ」590円
20130601_015916





呑んだ後にも優しい、まろやかなライト豚骨。

第3ラーメン
住所:福山市船町4-10
TEL:084-923-5209
営業時間:11:30〜翌2:00
定休日:日曜

十八番 三吉店(本店)@福山

5月の分。
「自由軒」で盛り上がりすぎて、慌ててタクシーで移動。閉店間際に滑り込み。こちらは福山の老舗人気店。
20130531_230015





「中華そば」550円
20130531_224822





鶏をベースにほんのり魚介を利かせた、あっさり醤油味スープ。グルグル回っている「自動麺茹で機」を見て不安にもなりましたが、想像以上に美味さでした。いつか他の支店も食べてみたい!

十八番 三吉店
住所:福山市三吉町4-1-6
TEL:084-923-5209
営業時間:11:00〜23:00
定休日:月曜

自由軒@福山

5月の分。
広島から移動し福山へ。福山に泊まるのは8〜9年ぶり。まずは昭和の雰囲気漂う老舗大衆居酒屋、「自由軒」へ!
20130531_222639





20130531_21471020130531_215220




田楽の様な甘い味噌ダレがかけられるおでん、クセになる美味さでした!その他色々なつまみを堪能しつつ、〆に「中華そば」を注文。

「中華そば」480円
20130531_220814





スープは鶏ガラベースで、やや甘みのあるあっさりとした味わい。麺は中細ストレート麺で、茹で加減は絶妙。

福山に行く際はぜひまた立ち寄りたい、味のある店です!

自由軒
住所:福山市元町6-3
TEL:084-925-0749
営業時間:11:00〜22:00
定休日:火曜

つるや@広島

昭和27年創業の老舗店ですが、入り口や店内にはマッチョなボディービルダーの写真が張られています。当然、店主はかなりのマッチョ!
IMG_2842

「プロテインドリンク150円」の張り紙に惹かれつつも、“広島屋台の味”と書かれた「ラーメン」を注文。

「ラーメン」550円
IMG_2841

透明感のある清湯スープで、獣臭はするもののあっさりとした味わい。広島の老舗でこの手のスープは珍しいのでは!?

つるや
住所:広島市南区猿猴橋町1-4 ヴィラ水内1F
TEL:082-264-0553
営業時間:11:30〜15:00、18:00〜21:00
       11:30〜15:00(水曜・祝日)
定休日:日曜

らーめん もりかわ@天神川

2008年6月にオープンした、「ふじ☆もと」の暖簾分け店。卓上には背脂もあります。
IMG_2840

メニューは「ふじ☆もと」と同様に、さんま(醤油、塩)・ほたて(醤油、塩)・えび(醤油、塩)・まぐろ(醤油、塩)・あさり(醤油、塩)の構成。その他、限定メニューとして二郎系「インスパイア(1日10食)」や、期間限定(11/1〜12/14)の「かきだし(1日10食)」もありました。

「さんま 塩」750円
IMG_2839

かつて「ふじ☆もと」「味喜」で食べて一番印象に残ったのが、「さんま 醤油、塩」。あのインパクトのある味を求めていましたが、今回の「さんま 塩」はダシ感が弱く何だかぼんやりした印象。。

らーめん もりかわ
住所:広島市南区大州4-11-30
TEL:082-287-6668
営業時間:11:00〜15:00、18:00〜21:00
定休日:木曜

らーめん 一優@五日市

2011年6月オープンの新店で、線路沿いにある「ラーメン横丁」と書かれた居酒屋長屋の一角。店主は女性の方で、らーめんは無化調との事。
IMG_2838

ランチタイムは何と、ご飯無料&おかわり自由。

「しょうゆとんこつラーメン」650円
IMG_2837

良くも悪くも無化調、そんな印象の優しい味わいのスープ。醤油感はやや強め。麺は原田製麺の中細ストレート麺。

らーめん 一優
住所:広島市佐伯区海老山町2-15-3
TEL:082-922-8858
営業時間:11:00〜14:30、17:00〜22:00
定休日:火曜

中華そば きくま@佐伯区役所前

2009年6月5日オープン。店主は「陽気 横川店」の息子さんとの事。閑静な住宅街の一角にありますが、引っ切り無しにお客が訪れる人気ぶり。
IMG_2836

メニューは「中華そば」「おむすび」の2種類のみと、非常にシンプル。

「中華そば」600円
IMG_2835

見た目も味もしっかり「陽気」。スープは白濁具合が弱く醤油感がやや強めで、あっさりしているもののコクがあり物足りなさは無い。過去に食べた横川店も同様に、江波本店大手町店よりもあっさりとした印象でした。麺は中細のストレート麺で、伸びは早いものの他店よりもやや固めの茹で加減。この系統の味、好きですね!!

中華そば きくま
住所:広島市佐伯区海老園3-1-1
TEL:082-222-5022
営業時間:11:30〜14:30、17:00〜21:00
定休日:日曜

中華そば 國松(くにまつ)@立町

店名に「中華そば」と付いていますが、当面の間「汁なし担々麺」のみの提供との張り紙がありました。開店前に到着し外で待っていると、『外は寒いですから中でお待ち下さい』と、丁寧な接客に恐縮。

IMG_2834

辛さ×1〜4迄ありますが、辛いものはそれ程得意ではないので「辛さ×1」を選択。

「汁なし担々麺 辛さ×1」580円
IMG_2833

具は肉味噌とネギのみと非常にシンプル。その分、値段も安い。麺はコシのある中細ストレート麺で、混ぜるとタレがしっかりと絡みつく。ラー油や花椒の辛味と痺れが前面に出ていて、芝麻醤や甜麺醤がコクを後押ししています。名古屋や関東のものともやや異なる味わいですが、クセになる美味しさでした。

「きさく」に影響を受けたらしいですが、相変わらず未食のまま…。

中華そば くにまつ
住所:広島市中区八丁堀8-10 清水ビル1F
TEL:082-222-5022
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜20:00
       11:00〜15:00(土曜)
定休日:日曜

金田屋 和田党 広島新天地@八丁堀

2011年1月15日オープン。こちらは「麺処 金田屋」の暖簾分け店・「金田屋 和田党」の二号店で、店主は元競輪選手。ちなみに本店、和田党 宝町店(暖簾分け一号店)は未食…。

「黒豚ラーメン680円」
IMG_2832

表面の脂泡を見るだけでも、スープの濃厚具合が伺えます。ぽってりとしたスープに臭みは無く、クリーミー且つ濃厚でかなり美味しい!具はチャーシュー、海苔、キクラゲ、ネギ。

スープは小さい寸胴に小分けされ冷蔵庫に保管されています。フタにテープが貼られている所を見ると、別の場所から運んでいるに違いない。と思ったら、宝町店から運んでいるそうです。

金田屋 和田党 広島新天地
住所:広島市中区新天地1-27 ホリカワビル1F
TEL:082-246-7122
営業時間:11:30〜14:00、20:00〜翌4:00
       11:30〜15:00(日曜)
定休日:無

広島つけ麺 流行屋(はやりや)@胡町

辛いものは得意ではなく、今まで食べた「広島つけ麺」「ばくだん屋」「ぶちうま」のみ(爆)。辛さの弱そうな「小辛」を注文。

「つけ麺小辛」850円
IMG_2831

つけ汁は冷たく、ラー油がたっぷりで見た目は真っ赤。見た目ほどの辛さは無く甘味もあり、また胡麻もたっぷり浮いていて旨辛くて香ばしい。麺はコシのある中細ストレート麺。具はチャーシュー、茹で玉子、カイワレ、オニオンスライス、千切りのキュウリとニンジン、茹でキャベツ、そしてオレンジ。

広島つけ麺 流行屋(はやりや)
住所:広島市中区薬研堀8-15 田原ビル1F
TEL:082-246-1802
営業時間:18:00〜翌3:00
定休日:日曜、祝日

一休軒 広島本店@胡町

佐賀の老舗人気店「一休軒 本店」が、2011年8月14日をもって閉店。そして9月15日に広島に移転オープン。しかも、場所は繁華街・薬研堀。
IMG_2830

「ラーメン」700円
IMG_2828

スープは小さな羽釜で炊き、営業用の寸胴に移してました。丼は以前とは変わりましたね。スープは今も昔もサラッとしていてクセが無いものの、しっかりと旨みが詰まっていてぐいぐい飲めます。麺はやや柔らかめのストレート中細麺。具はバラロールチャーシュー、海苔、ネギ。

▼05年6月「一休軒 本店」・・・「ラーメン」
一休軒 本店 ラーメン(2)

一休軒 広島本店
住所:広島市中区薬研掘2-4 つる屋ビル 1F
TEL:082-246-1419
営業時間:19:00〜翌3:00
定休日:日曜

麺の家 こりく@県病院前

約2年ぶりとなる、広島での食べ歩き。こちらは2009年2月23日オープンで、店主は「我馬」「元就」出身との事。
IMG_2827

メニューが豊富で迷いましたが、一番基本っぽい「とりとんこつ」を注文。

「とりとんこつ」650円
IMG_2826

鶏・豚のクリーミーな白湯スープで、濃度はそれ程高くなく飲みやすい。表面にはマー油の様な香ばしい香味油がたっぷり。麺は緩いウェーブのかかった、加水率低めの中太麺。具は香ばしいチャーシュー、メンマ、モヤシ、ネギ、海苔。

その後「ラーメン五楽@南区役所」に行くもやっておらず、電話も現在使われておりませんと…。閉店のままでしょうか!?

麺の家 こりく
住所:広島市南区翠5-7-19
TEL:082-252-4388
営業時間:11:00〜15:00、17:30〜22:30(スープ切れ次第終了)
       11:00〜15:00(スープ切れ次第終了/日曜、祝日)
定休日:第2・第4水曜

らーめん屋 歩いていこう@中電前

2009年1月オープンの新店で、店主は「弥七@中津」出身。

「塩らーめん」730円、「つけめん」830円
IMG_0723IMG_0724





スープはクリーミーな口当たりの鶏白湯で、雰囲気はそっくり。「弥七」程の濃度ではないですが、決して薄い訳ではなく十分美味しかったです。麺は全粒粉練り込みの自家製麺で、風味が良くコシもありなかなか美味い。師匠の味を受け継ぎつつ、個性も出ていて◎。

「チャーシューごはん」290円
IMG_0725

「へためし」ならぬ「チャーシューごはん」は、原価を心配してしまうぐらいのチャーシューの量。こちらも美味い!

その他、「八昌 薬研堀店」「そば肉玉+イカ天」を。

らーめん屋 歩いていこう
住所:広島市中区国泰寺町1-3-3
TEL:082-246-1706
営業時間:11:30〜14:30、17:30〜21:00
       11:30〜15:00(土曜)
定休日:日曜、祝日

珍来軒@呉

「呉冷麺」発祥の店として有名な老舗店。せっかくなので「呉冷麺」「中華そば」の両方を注文。冷麺はお取り寄せもやってます。
IMG_0721

「呉冷麺小」600円、「中華そば小」550円
IMG_0719IMG_0720





鶏ガラベースに甘味・辛味・酸味、ごま油を利かせたスープに、コシのある太平麺。具はチャーシュー、茹で玉子、千切りのキュウリ、小エビ。
「中華そば」は濁りのある鶏ガラスープに、やや柔らかめの茹で加減のストレート細麺。具はチャーシュー、メンマ、もやし、ネギ。

駅までの帰り道、「福住」「フライケーキ」を購入。

珍来軒
住所:呉市本通4-10-1
TEL:0823-22-3947
営業時間:11:30〜18:00(売切れ次第終了)
定休日:火曜

モリス@呉

昭和22年創業の老舗店で、長きにわたる中国エリアの宿題店!『「モリス」が未食なら、広島は未食だ』とか、何度煽られた事か…。
IMG_0718

「中華そば」600円
IMG_0717

いりこの香り漂う、透明感のあるあっさりとした塩ラーメン。麺は白い中太ストレート麺で、芯まで茹できらないやや固めの茹で加減。具はチャーシュー、メンマ、ネギ。

モリス
住所:呉市本通3-3-7
TEL:0823-22-1297
営業時間:10:00〜売切れまで(14:00頃!?)
定休日:火曜

中華そば うぐいす 新天地店@胡町

「独楽」で飲んだくれた後、「小鳥系」のこちらへ。
IMG_0716

「中華そば」680円
IMG_0715

豚骨臭はするけれども、かなりライトな豚骨醤油ラーメン。夜のみの営業だし、飲んだ後の〆には最適か。

中華そば うぐいす 新天地店
住所:広島市中区流川町3-16
TEL:082-244-3378
営業時間:20:00〜翌2:00
定休日:日曜、祝日

中華そば 陽気 大手町店@中電前

約2年半ぶりの広島、旅行のついでに食べ歩き。過去に江波本店横川店には行きましたが、大手町店は初訪。
IMG_0714

「中華そば」600円
IMG_0713

ニンニクが利いた甘くまろやかな豚骨醤油スープ。麺はやや柔目の茹で加減の中細ストレート麺。具はチャーシュー、ネギ、細もやし。江波本店の方が若干濃い気はしますが、味はかなり近いんじゃないかなと思います。

陽気 大手町店
住所:広島市中区大手町3丁目1-6
TEL:082-249-0699
営業時間:11:00〜14:00、17:00〜21:00
定休日:毎月6日・日曜

らーめん 味喜@山陽女子大前

2/11(日)
シャオヘイさんoosakiさんオゴポコさん洗足池さんと食べ歩き。
遠征二日目、まず1軒目は「味喜」へ。こちらは「ふじ☆もと」の暖簾分けで、07年1月2日にオープンした新店。
味喜味喜 メニュー







「ふじ☆もとEssennce」というフレーズからも、「ふじ☆もと」店主がいかに「中村屋」好きかって事が垣間見えます(^^ヾ

メニューに「もりそば」が無い事を除けば、値段等も「ふじ☆もと」と同じ。こちらの卓上にも「赤辛し玉ねぎ」「白玉ねぎ」「YABAI」「背脂(下の画像右)」の薬味がありました。
味喜 薬味味喜 背脂







5人で「さんま塩」「さんま醤油」「えび塩」「ほたて醤油」「あさり塩」の5種類を注文。自分は「えび塩」を担当。

「えび塩」750円
味喜 えび塩







コクのある豚骨ベースの動物系ダシにえびの旨味を加えた、インパクトのあるスープ。海老の風味はしっかり効いていますが、生臭さやしつこさは無く美味い!何となく想像できてしまう味わいですが、なかなかレベルが高い☆

同行者が注文した「さんま醤油」を食べた限りでは、味わいは「ふじ☆もと」とほぼ一緒。

途中隣の同行者から「あさり塩」が回ってきましたが、スープを一口飲んですぐ隣へと回しました。これは自分もかなり苦手…。あさりの旨味ではなく、(貝類独特の)臭みが前面に出てしまっていたので…。同行者が切なそうに食べている姿は、しっかりと横目に焼き付けました(爆)

「ふじ☆もと」同様、会員証の提示により50円引き。会員証は各店で発行されていますが、「ふじ☆もと」「味喜」両店共通で使えます。

二日間を総じての自分の好みは、さんま塩>さんま醤油>えび塩>ほたて塩>(上位4種)でした。

お店のHPはこちら

味喜
住所 :広島県広島市佐伯区隅の浜2-10-5
TEL :082-921-1695
営業時間 :11:00〜14:00(スープ切れ次第終了)
       11:00〜14:00、18:00〜21:00(スープ切れ次第終了)(金・土)
定休日 :月曜

我馬 三篠本店@横川

2/10(土)
oosakiさんオゴポコさん洗足池さんと食べ歩き。
初日ラストとなる9軒目は、「我馬 三篠本店」へ。こちらは「一風堂」プロデュースによってオープンした店ですが、今は「一風堂」との関係は無いとの事。
我馬我馬 メニュー







メニューには「一風堂」「赤丸新味」「白丸元味」にあたる、「赤うま」「白うま」があります。自分は「白うま」「我馬プリン」を注文。

「白うま」570円、「我馬プリン」360円
我馬 白うま我馬 我馬プリン







スープは「一風堂」よりクリーミーな感じで、似ている様で結構違いますね。クセがなく飲み易いのは同じ。麺は普通で頼むと柔いかも。
「我馬プリン」は、これで360円はやや高いかな。

「一風堂」譲りの接客は、今も息づいています。人気店なのも頷けますね(^^ヾ

我馬 三篠本店
住所 :広島県広島市西区三篠町3-22-4
TEL :082-230-8141
営業時間 :11:00〜26:00
定休日 :不定

中華そば 骨々亭@舟入本町

2/10(土)
oosakiさんオゴポコさん洗足池さんと食べ歩き。
続いて8軒目は「骨々亭」へ。
骨々亭骨々亭 メニュー







基本の「特製中華そば」「ふつう」「さっぱり」「濃厚こってり(+50円)」から選べます。自分はもちろん、濃厚こってりで注文(^^ヾ

「特製中華そば(濃厚こってり)」700円、「特製中華そば(ふつう)650円
骨々亭 特製中華そば(濃厚こってり)骨々亭 特製中華そば(ふつう)







画像は左が濃厚こってり、右がふつう。ふつうでも背脂の量は意外と多い。
カウンター越しに作業を眺めていると、「濃厚こってり」用のスープは別工程を経ているのが分りました。寸胴からスープを取り、小鍋で背脂と合わせ煮込んでいます。スープ自体は清湯なのですが、背脂を合わせて煮込むことによって白濁しています。「さっぱり」は生姜が効いた清湯スープで、「ふつう」はそこに軽く背脂を足したもの。麺は平打ちの手もみ麺で、スープとの絡みも良い。広島でこういう麺を使っているのは面白い!
骨々亭 おでん







サイドメニューには豚骨スープで炊いた「おでん」もありました。凄く興味があったのですが、今回はパス。

骨々亭
住所 :広島県広島市中区加古町13-13
TEL :082-542-8216
営業時間 :11:30〜14:00、18:00〜23:00
       11:30〜15:00、17:00〜23:00(土・日・祝)
定休日 :不定

ラーメン道 八丁@八丁堀

2/10(土)
oosakiさんオゴポコさん洗足池さんと食べ歩き。
一端ホテルに戻って休憩を取った後、続いて7軒目となる「八丁」へ。こちらは「支那そばや」佐野実氏プロデュースとの事。
八丁







メニューは「支那そばや」系の塩と醤油以外にも色々ありますが、自分は「塩ネギラーメン」を注文。

「塩ネギラーメン」700円
八丁 塩ネギラーメン







確かに「支那そばや」っぽい雰囲気は感じないでもないが、ネギもスープの味も大きく異なります。スープはしっかりとダシが出ていますが、ややぼやけた印象も。「支那そばや」を意識しなければ、割りと良い方なのかな。

「ベトコンラーメン」850円
八丁 ベトコンラーメン







面白かったのが、愛知のご当地ラーメンを真似た「台湾ラーメン」と「ベトコンラーメン」「ベトコンラーメン」については説明書きもありましたが、同行者曰くネーミングだけでなく味も真似てくれればと…!?

八丁
住所 :広島県広島市中区新天地1-24
TEL :082-247-5599
営業時間 :11:00〜26:45(売り切れ次第終了)
定休日 :不定

中華そば 陽気@江波

2/10(土)
oosakiさんオゴポコさん洗足池さんと食べ歩き。
遠征初日6軒目は、「陽気@江波」へ。こちらは自分一人で入店。
陽気







4年前の広島遠征時は、見事定休日にぶち当たってしまい食べれませんでした(苦笑)ちなみに「陽気@横川」は既食です。

「中華そば」600円
陽気 中華そば







まろやかな味わいの豚骨醤油スープは、胡椒が無い事を除けば「しまい」のそれとほぼ同じ印象!!「陽気」の方が若干白濁具合が強めで甘味も出ていたりと、食べ比べれば確かに差はありますが。優しい味わいでこちらも美味い(^^ヾ

「しまい」「陽気」の連食は、貴重な経験となりました☆

陽気@江波
住所 :広島県広島市中区江波南3-4-1
TEL :082-870-7506
営業時間 :16:30〜24:00
定休日 :毎月1日、12日、13日、26日

しまい@大町

2/10(土)
oosakiさんオゴポコさん洗足池さんと食べ歩き。
「遊山」の後打ち合わせを兼ねて軽く休憩を取り、初日はここでシャオヘイさんとお別れ。
続いて遠征初日5軒目は、「しまい」へ。こちらは広島のラーメンを語る上で絶対に外せない名店の一つ。
しまい







かれこれ4年程前に洗足池さんと共に広島遠征に行った際、立地的に外してしまった宿題店の一つ。オゴポコさん洗足池さんと3人で入店。

「ソボロラーメン」も気になりましたが、デフォの「中華そば」を注文。昔は「ワンタンメン」もあったそうですが、今は残念ながらやっていないそうです。

「中華そば」500円
しまい ラーメン







軽く白濁させたぐらいのすっきりとした豚骨醤油スープですが、ぼやけた印象は無くコクがあり美味い。細ストレート麺は茹で加減も良く、スルスルと食べれます。胡椒はデフォで振られていますが、邪魔をするどころかスパイス感が逆に旨味を引き立てている感じ(^^ヾ
味的な驚きは一切無いオーソドックスなラーメンですが、5杯目にも関わらずあっと言う間に胃の中へと消えていく程、満足度は高かったです☆

しまい
住所 :広島県広島市安佐南区大町西1-1-3
TEL :082-870-7506
営業時間 :11:00〜21:00
定休日 :水曜、毎月14日

中華そば 遊山@狩留家

2/10(土)
シャオヘイさんoosakiさんオゴポコさん洗足池さんと食べ歩き。
遠征初日4軒目は、「遊山」へ。こちらは街中からかなり離れた山間にある人気店。
遊山遊山 メニュー







メニューは結構豊富で、「遊山」「遊山中華そば」「中華そば」「塩ラーメン」の他に、天理スタミナ系インスパイアの「元気ラーメン」等もありました。一人で行ったらどれを食べたら良いのかかなり迷いますね。

テーブル2席に別れ、自分はオゴポコさんと同席。自分が「遊山中華そば」を、オゴポコさん「遊山」を注文。

「遊山中華そば」570円、「遊山」570円
遊山 遊山中華そば遊山 遊山







「遊山中華そば」尾道風の醤油スープで、背脂ミンチも浮いています。麺は山形直送!?の、プリプリとした手もみ縮れ麺。このスープと麺の組み合わせ、そして背脂ミンチにしっかりと醤油の味が染み込んでいるのも面白い(^^ヾ

「遊山」は、広島風の豚骨醤油スープと細ストレート麺の組み合わせ。マイルドな味わいでなかなか良いとは思いますが、ややぼやけた印象も。同行者曰く、前回よりかなりコクが足りないとの事だったので、ブレなのでしょう。

遊山
住所 :広島県広島市安佐北区狩留家町横撫2404-1
TEL :
営業時間 :11:30〜15:00、16:00〜18:30
定休日 :火曜、毎月18日

麺屋元就@舟入本町

2/10(土)
シャオヘイさんoosakiさんオゴポコさん洗足池さんと食べ歩き。
遠征初日3軒目は、「元就」へ。こちらの店主は「麺屋武蔵」出身。1年程前に「武蔵」出身者が広島に店を出すって話しを聞いて、(二度手間にならぬ様)広島(「ふじ☆もと」)に行くのを我慢していた訳ですが、その間宿題店だった「海と大地。」が閉店したりと心中は複雑(苦笑)
元就元就 張り紙







店の外に張ってある営業時間の張り紙は、まさに「武蔵」を感じさせるもの(^^ヾ
そして店内に入ってまず目にしたものは、店主が着ている「麺屋武蔵青山」のTシャツ!それに気づいた洗足池さんと自分のテンションは急上昇〜(笑)
元就 メニュー







ラーメンは「元就ら〜めん」「武蔵ら〜めん」の2種類あり、其々香味油の量を「こってり」「普通」「あっさり」から選べます。自分が「武蔵ら〜めん(普通)」を、洗足池さん「元就ら〜めん(普通)」を注文。

「元就ら〜めん(左)」600円、「武蔵ら〜めん(右)」650円
元就 元就ら〜めん元就 武蔵ら〜めん







「元就ら〜めん」は、地元広島を意識した醤油豚骨スープ。濃度はそれ程高くは無いが、しっかりと豚骨が出ていてマイルドな味わいでなかなか美味い。
これに対し「武蔵ら〜めん」は、豚骨+魚介のダブルスープ。土台となる豚骨スープもしっかりしているし、魚介の風味もしっかりきいていてなかなか美味い。チャーシューは大切りのものが2枚のりますが、どちらも残念ながらパサパサ…。もやしは美味い。現時点で、面白さや個性はほとんど感じないかな。

後で知ったのですが、「元就」の麺も「原田製麺」の麺だったってのには驚きました。

「ココナッツプリン」200円
元就 ココナッツプリン







土日限定5食の提供。良くも悪くも手作り感のあるデザートで、ゼラチンで固めたココナッツ風味の甘いプリンに厚さ1cmはあろうかというココナッツフレークの層…。二度目は無いだろう…。

シャオヘイさん曰く、オープンから何度も味が変化しているとの事。今後どういう方向性に進むのか、遠くから見守りたい。

お店のHPはこちら

元就
住所 :広島県広島市中区舟入本町12-21
TEL :082-239-4880
営業時間 :11:30〜15:00、17:00〜23:00(スープ切れ次第終了)
       11:30〜21:00(日・祝)(スープ切れ次第終了)
定休日 :木曜

あ味@横川

2/10(土)
遠征初日2軒目は「あ味(あみ)」へ。
あ味







シャオヘイさんoosakiさん洗足池さんの4人で入店。
店主は元ホテル(洋食)のシェフとの事。

「ラーメン」580円
あ味 ラーメン







油が多目ながらも、スープはしっかりと乳化していてとろみがあります。無化調との事ですが、結構こってりしていて旨味もしっかりあり、物足りなさは全く無い。他の広島系醤油豚骨とは似て非なる物で、節が効いているのも面白いです。かなり気に入りました☆
麺は『原田製麺』の細ストレート麺で、茹で加減が良くザクットした食感で美味い!

具はトロトロのチャーシュー、もやし、刻みネギ。もやしが入るとスープが薄まってしまう事が多いのですが、このもやし(ブラックマッペ)はそういった水っぽさが全く無くシャキッとしていてとても美味い!広島のもやしの美味さにも驚きました(^^ヾ

あ味
住所 :広島県広島市西区楠木町3-8-4
TEL :082-239-4880
営業時間 :11:30〜14:30、17:00〜21:30
定休日 :火曜

らーめん ふじ☆もと@安芸長束

2/10(土)
2/10〜12の三日間で、中国地方遠征。広島は約3年ぶり。
シャオヘイさんの案内の下、oosakiさんオゴポコさん洗足池さんと食べ歩き。

まずは数年越しの宿題店である「ふじ☆もと」へ。oosakiさん洗足池さん(再訪)と3人で入店。
ふじ☆もと







スープは「さんま」「ほたて」「えび」「まぐろ」「あさり」の5種に、其々「醤油」「塩」が。さらに「もりそば」まであり、種類の多さに驚きです!一人だと何回も食べにこなければならないけど、3人いるので一度に3種類食べられる(^^ヾこれは数名での食べ歩きの醍醐味ですね☆

自分が「ほたて 塩」を、同行者が「さんま 醤油」「まぐろ 醤油」を注文。卓上には「赤辛し玉ねぎ(唐辛子&スパイス)」「白玉ねぎ」「YABAI(赤辛し玉ねぎの素×10倍)」「背脂」の薬味が。卓上に「背脂」が置いてあるのは初めて。

「ほたて 塩」750円
ふじ☆もと ほたて塩







3種の内、何故か一番背脂が多かったのがこの「ほたて 塩」。豚骨ベースの動物系ダシにたっぷりの背脂、そしてホタテの旨味がこれでもかっ!と言わんばかりに効いたコクのあるスープ!思わず笑みがこぼれます♪麺はコシのある中細ストレート麺で、スープとの絡みも良い。具はたっぷりのモヤシとネギに、チャーシューではなく煮込んだ豚バラ肉がたっぷり!ウズラの玉子がのるのも面白い。豚バラ肉はニンニクの風味もしっかり効いていて、ジャンクな感じが良いですね。
ふじ☆もと さんま醤油ふじ☆もと まぐろ醤油







「さんま 醤油(左)750円」は一口目からインパクト大!多少生臭さを感じるくらい、秋刀魚の風味がガツンと来ます!これはかなりのヒット!
「まぐろ 醤油(右)750円」は一番オーソドックスなスープとの事。クセも無くおとなしめの印象ですが、こちらももちろん美味い。
自分の好みは、「さんま醤油」>「ほたて塩」>「まぐろ醤油」の順かな。

広島のラーメンの中で1杯750円はかなり高い方ですが、それでも行列を作るのは流石。

会計後、次回から50円引きになるという『会員証』をもらいました。各テーブルには会員証立てがあり、そこに挟んで会員証の提示をするんだそうです。次回再訪時、忘れずに持って行かなきゃ。

店内を眺めていると、壁に「Dearest-Style」のTシャツが飾ってあるのを発見!お店の方に伺ってみた所、店主が「中村屋」が好きだからと(^^ヾ

ふじ☆もと
住所 :広島県広島市西区新庄町5-7
TEL :082-537-0248
営業時間 :11:00〜15:00
定休日 :月曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ