ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

ラーメン(山口県)

ラーメン いち龍@下関

「麺8-34」の後小倉駅で仲間3人と別れ、一人下関の「いち龍」へと向かいました。05年3月の山口遠征にて、下関で食べたのは「楽」のみ。「魁龍(再訪)」とその出身店に心を奪われ、満場一致で急遽予定を変更。勢い余って関門トンネルをくぐったのが懐かしい(^^ヾ
いち龍







麺類だけでなくチャーハン等のセットニューも豊富ですが、今回は基本の「ラーメン」を注文。「野菜ラーメン」もオススメとの事でした。

「ラーメン」500円
いち龍 ラーメン







とろみのある茶濁の豚骨スープは、油分を適度に含み甘味もあります。濃厚感はあるものの臭みは無く、それでいて髄がしっかりと出ていてなかなか美味い。ストレートの細麺は茹で加減も良く、スープとの絡みも良い。具はチャーシュー2枚、メンマ、刻みねぎ。

いち龍
住所 :山口県下関市竹崎町2-11-5
TEL :0832-33-2438
営業時間 :11:00〜22:00
定休日 :月曜

中華そば めんいち@光

2/11(日)
シャオヘイさん洗足池さんと食べ歩き。
「大島」の後に「くら屋」に行くも、何と店が開いていない!日曜は昼のみの営業みたいです…。
気を取り直し5軒目は「めんいち」へ。
めんいち







こちらは下松牛骨ラーメンの元祖である「紅蘭」出身の店。下松の牛骨系だと、「紅蘭」「北斗亭」「味ごころ」「めんくい」が既食。

「中華そば小」を注文。ちなみに『小』が普通サイズです(^^ヾ

「中華そば小」500円
めんいち 中華そば







表面には厚めの油の層とアクの様なものが浮かんでいます。スープはあっさりしているものの甘味が強く、牛骨独特の風味が強く出ていてとてもワイルド!(^^ヾ「紅蘭」と通じる部分はありますが、味わいはちょっと異なるかな。麺は中細ストレート麺で、面白かったのが麺を茹でてから丼に盛るまでの工程。「そば釜」で麺を茹でて平ザルですくい、さらにザルにあけてから丼に入れています。この1クッションで、さらに湯切りが万全になるのか??

下松の牛骨系の店には、必ずと言って良いほど「いなり」がありますね。こちらは2個150円。

めんいち
住所 :山口県光市島田2丁目10-5
TEL :0833-71-3529
営業時間 :10:30〜21:00
定休日 :火曜

瀬戸内ラーメン 大島@光  「たちばなや」インスパイア系!

2/11(日)
シャオヘイさんoosakiさんオゴポコさん洗足池さんと食べ歩き。
遠征二日目の4軒目は、こちらも最近話題となっている「大島」へ。店主は女性の方。
大島大島 メニュー







麺類のメニューは「らーめん」「チャーシュウ麺」のみで、麺はストレート麺とちぢれ麺から選べます。

「らーめん(ストレート麺)」530円
大島 らーめん







透明感の強いスープは、動物系素材を使わずにいりこと昆布のみで取った無化調スープとの事。スープは魚介の風味がかなり強く出ていますが、生臭さはなく一口目から旨味と甘味が押し寄せてきます。醤油は下松のものを使用との事なので、甘いのは甘露醤油のせいなのかも。

食後色々とお話しを聞いた所、店主はやはり「たちばなや」が好きで影響を受けたのだそうです(^^ヾまた「彩龍」の店主とも仲が良いらしく、「焼飯」が700円もするのは、「彩龍」と同じかそれ以上量があるかららしい(笑)他店の店主も含め、意外に横の繋がりがあるんですね。

大島
住所 :山口県光市浅江3-23-29
営業時間 :11:00〜14:00、17:00〜21:00
       11:00〜21:00(土・日・祝)
定休日 :火曜

麺屋 アジト@田布施

2/11(日)
シャオヘイさん洗足池さんと食べ歩き。
遠征二日目の3軒目は、話題の「アジト」へ。店主が「でび」「ちばき屋」の出身というのは周知の事ですが、もっと掘り下げると色んな繋がりが見えてきて面白い(^^ヾもちろんその引き出し役は、洗足池さん(笑)
アジト







店主は「でび@渋谷」立ち上げ時にスタッフとして入り、その後店長も勤めた人物。「小樽運河食堂」の立ち上げに入る前までの数ヶ月間は、現「くろく@仙台」の店主である青田玄君と一緒に仕事をしていたそうです。その後「伍十」等数店の立ち上げにも関わり、縁あって「ちばき屋@キャナルシティ」の立ち上げにも参加。そして時を経て独立ってのが、大まかな流れでしょうか。

自分は「塩そば」を、同行者が「支那そば」を注文。

「塩そば(左)」600円、「支那そば(右)」600円
アジト 塩そばアジト 支那そば







透明感のあるスープは、動物系+魚介系のダブルスープとの事。一口目から程好い塩気がパーンと走り、後から旨味が追いかけてくる。すっきりしているけど味わい深く、なかなかレベル高いですね〜。また香味油には海老も使用していますが、海老の風味を前面に出すのではなくあくまで引き立て役に回しています。何かが突出するのではなく、とってもバランスが良く美味しかったです。
細縮れ麺はスープの持ち上げ・相性も良い。ちょっと驚いたのはこの麺。何と、カネジンのものでした!山口でまさかカネジンの麺に出会うとは思いも寄りませんでした。これも「でび」からの流れですね(^^ヾ具に豆苗がのるのも珍しく、他に使っている店ですぐに思い浮かぶのは「龍旗信」ぐらいか。

サイドメニューに「パーコー飯」があるのが気になっていたのですが、「小樽運河食堂」時代の話しから発展し思わぬ事実が発覚!何とこの「パーコー飯」は、『「くじら軒」の息子(現品達)に教わった』との事でした!「くじら軒」直伝の「パーコー飯」が山口で食べられるのは大発見ですよっ!!
という事で、必食メニューだと判断し追加注文(笑)

「パーコー飯」480円
アジト パーコー飯1アジト パーコー飯







パーコー、メンマ、白髪ネギがのった、なかなかボリュームのある丼物。パーコーそのものは使用している肉質も衣も違いますが、味付けは結構近いかな。熱々でサクサクのパーコーはとても美味しく、ご飯が進みます!また地元で取れるヤーコンという野菜の漬物が付いて来るのが嬉しい。ヤーコンを食べるのは初めてですが、シャキシャキとした食感で生姜の様な味わい。

最後に、遠征翌日に再度比較の為に食べに行った「くじら軒@品達」「くじら飯」を載せておきます。
くじら軒@品達 くじら飯







アジト
住所 :山口県熊毛郡田布施町下田布施710-3 ピクロス駐車場内
TEL :0820-52-1071
営業時間 :11:00〜15:00、17:00〜21:00
定休日 :不定

らあめん 彩龍@玖珂

2/11(日)
「味喜」の後、周防大島に向かうoosakiさんオゴポコさんと一度別れ(自分と洗足池さんは「たちばなや」「みかちゃん」は既食の為)、シャオヘイさん洗足池さんと食べ歩き。
遠征二日目の2軒目は「彩龍」へ。こちらは街中からはかなり離れた山間にある、地元の人気店!
彩龍2彩龍 張り紙







お店は国道沿いにあるものの、店名は見えにくいしお世辞にも綺麗とは言えない外観のバラックだし、その上緩いカーブのくぼ地にありよっぽど注意していないと(注意してても)見逃してしまいそう。目印は『ラーメン』の『のぼり』と、たくさん止まった車でしょうか。

そして店内入口左横には、その日のスープの出来への店主のコメントが書かれているのが面白い!この日の出来は「まあまあ」との事(笑)

自分は「ラーメン」を麺固めで注文。

「ラーメン」480円
彩龍 ラーメン彩龍 唐辛子







骨髄のザラザラ感や豚骨臭はあまりありませんが、しっかりと豚骨のダシは出ていてマイルドな味わいで美味い。麺は中細ストレート麺で、『久留米』をうたうにはやや細めかな。

お好みでどうぞと、韓国産唐辛子が置いてあるので試してみると、辛味は少ないが香りが良くなかなか合います。

この立地でこのバラックで、こんなラーメンに出会えるとは驚きでした!

彩龍
住所 :山口県岩国市周東町祖生800
TEL :0827-85-0771
営業時間 :11:00〜14:00(スープ切れ次第終了)
       11:00〜14:00、17:30〜21:00(スープ切れ次第終了)(土・日・祝)
定休日 :月、火曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ