ラーメン気ままに食べ歩き

各地のラーメン食べ歩きbyおだ @oda_kimamani

ラーメン(和歌山県)

丸平 中華そば専門店@八幡前

8月2日の分。〜和歌山遠征〜
「井出商店」の後、続いて6軒目は「丸平」へ。こちらのお女将さんは、『車庫前系』の老舗人気店「○木」の、初代店主の長女なんだそうです。
丸平







開店前に到着するも店内に人がいる気配がなく、さらに開店時間を過ぎても一向に開く様子もない…。ここまで来て振られたか…と諦めかけたその時、『おー、待たせちゃってごめんなぁ』と、店主が颯爽と現れました(笑)

「中華そば」600円
丸平 中華そば







透明感のある濃い醤油色をしたスープは、一見しょっぱそうにも見えますが、適度な甘味があり、まろやかでコクがあり美味しい。麺もシャッキリとした茹で加減なのが良い。胡椒は最初からかかっているので、気になる人は抜いた方が良いかも。

食べてる途中ふと横から声をかけられ、『待たしちゃって悪かったねぇ』と、「ゆで卵」が丼に投入されました(驚)。しっかり固茹でタイプでしたが、何より気持ちが嬉しかったです!

味わい的に、「○木」が好きな人ならきっとこちらも気に入るはず!自分はかなり好きですね(^^ヾ

丸平
住所 :和歌山県和歌山市古屋153-31
TEL :0734-53-3004
営業時間 :17:30〜翌1:30
定休日 :月曜

中華そば 井出商店@田中口

8月2日の分。〜和歌山遠征〜
「かわせ 田尻店」の後、続いて5軒目は「井出商店」へ。こちらは4年ぶり二度目の訪問。再訪したのは特にここが好きだからという訳ではなく、『井出系』を食べ歩く指標として、また前回の印象と違うかどうか確認したかったから。
井出商店







ちなみに前回食べた時(昼)の感想は、美味しいけど・・・といった感じ。同系統だとむしろ、「正善」の方が断然印象が良かったぐらいでした。

「中華そば」600円、「早寿司」150円
井出商店 中華そば井出商店 早寿司







今回は昼を避け夕方を選んだものの(夜の方が濃いという意見が多かったので)、豚骨臭はしっかり感じるものの、前回の印象を払拭するどころかよりサラっと食べやすくなってる様に感じました。もちろん悪くはないし、十分美味しいとは思います。

井出商店
住所 :和歌山県和歌山市田中町4-84
TEL :0734-36-2941
営業時間 :11:30〜23:30
定休日 :木曜

かわせ 田尻店@神前

8月2日の分。〜和歌山遠征〜
「○宮」の後、続いて4軒目は「かわせ 田尻店」へ。大通り沿いではなく住宅地の中にあるので、やや分かりずらいかも。「中之島店」は前回遠征時に店の前は通ったものの、未食のまま。
かわせ







こちらの「中華そば」「普通」「ダブル」「特製」と言った具合で、サイズが分けられています。基本となる「普通」を注文。

「中華そば(普通)」650円
かわせ 中華そば







チャーシューの代わりに豚バラ肉が乗るのも面白いですが、何より驚いたのはボキボキの極太麺!アルデンテなんてもんじゃなく、むしろ『芯』が大部分を占めてると言っても過言ではないぐらい個性的。麺は自分の意思を曲げることなく、ピンとしてます(笑)個性が強く、かなり『クセ』になる味わい。自分はかなり好きです(^^ヾ

かわせ 田尻店
住所 :和歌山県和歌山市田尻129-1
TEL :073-472-9620
営業時間 :11:00〜21:00
定休日 :不定

元車庫前 ○宮中華そば店@紀三井寺

8月2日の分。〜和歌山遠征〜
「うらしま」のあと再び和歌山市内へと戻り、続いて3軒目は「○宮」へ。15:30頃の到着。
○宮







こちらのお店は『井出系』ではなく『車庫前系』の老舗人気店で、創業は1948年(昭和23年)。ちなみに同『車庫前系』の元祖とも言われる人気店「丸高」は、昭和15年創業とのこと。

「中華そば」以外にも中華系の一品メニューが多数ありましたが、今回は「中華そば」のみ注文。

「中華そば」600円
○宮 中華そば







濃い醤油色をした濁りの少ないスープは、豚骨はしっかりと感じるもののくどさは全くなく食べやすい。醤油の香りが広がる、すっきりとした飲み口もいいですね。麺はストレート中細麺で、やや柔目の茹で加減。食べ手を選ばない、どこか懐かしささえ感じる味わいです(^^ゞ

○宮
住所 :和歌山県和歌山市毛見1130-3
TEL :0734-45-4881
営業時間 :11:00〜15:00、17:00〜翌1:00
       11:00〜翌1:00(日、祝日)
定休日 :月曜(祝日の場合翌日)

うらしま@打田

8月2日の分。〜和歌山遠征〜
「丸太屋 岩出店」から、さらに西へ走ること25分。続いて2軒目は「うらしま」へ。こちらは以前、大阪のメッチャさんから激しく煽られ、ず〜っと気になっていた宿題店!
うらしま







知らなければまず素通りしてしまいそうな、プレハブ小屋の様な味のある古びた外観。

メニューもシンプルに、「中華そば」500円、「中華そばダブル」650円、「めし」のみ。「めし」は、訪問時には既に売切れていました。

「中華そば」500円
うらしま 中華そば







その外観からは想像できないぐらい、この「中華そば」は凄かった!

スープはほんのりと生姜が香る、野菜の旨味が溶け込んだ濃厚感のある豚骨醤油味。スープを一口飲むと、細かな粒子さえ感じます。麺はやや固めの茹で加減と、これも好印象。

そして食後、箸を揃え何気なく丼の底をなぞったら、髄がどっさり取れました!店の雰囲気からして、まさかこんなに濃厚なスープが出てくるとは…想像してませんでした。ここが断トツで、この日のマイベスト!!

うらしま
住所 :和歌山県紀の川市花野20-7
TEL :0736-77-5473
営業時間 :11:00〜14:00(売切れ次第終了)
定休日 :日曜、祝日

中華そば 丸太屋 岩出店@紀伊小倉

8月2日の分。4年ぶりの和歌山遠征!
JR和歌山駅前の『駅リンくん』(1回500円)を利用し、レンタサイクルでひたすら駆け抜けました!前回遠征時は勢いに身を任せ、市内にて(1日で)11軒(&串揚げ屋で一杯)。あの頃は若かった…(笑)。と言う事で、今回は軒数を絞り遠めの店のみを選択。
丸太屋







まず1軒目は「丸太屋 岩出店」へ。12時30分頃に到着すると、店外に待ちが出来るほど賑わっていました(写真は行列がなくなった隙を見て撮影)。こちらの店主は「井出商店」出身で、3年ほど修行したんだそうです。

「中華そば」が出てくるまで、まずはお決まりの「早寿司」を(^^ヾ

「中華そば」600円、「早寿司」150円
丸太屋 中華そば丸太屋 早寿司







スープはしっかりと白濁しているものの見た目ほどの濃厚感はなく、臭みがあまりなくマイルドで食べやすい。麺はややしなやか過ぎるぐらいの茹で加減で、ダレるのも早い。具もしっかり乗っているし、なかなか美味しかったです(^^ヾ

丸太屋
住所 :和歌山県岩出市中黒630-1 グリーンプラザA号室
TEL :0736-63-1245
営業時間 :11:30〜14:30(LO.14:15)、17:00〜23:00(売切れ次第終了)
定休日 :月曜
Profile
おだ
性別:男
年齢:30代
趣味:テニス

ただのラーメン&スイーツ好き。

07年度 合計655杯
06年度 合計616杯
05年度 合計731杯
05年12月、47都道府県巡り完了♪

↓スイーツは今後こちらで紹介していきます
記事検索
Categories
Recent Comments
カウンター
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ