ボヘミアンがらがらおやじ

 人と接するのが苦手な余剰社長の生態をご紹介。  週末辺りの生態なぞ残していっています。  一応ノンふぇ〜くしょん!多少美化されている部分はあり?

 時にまぐれで素晴らしい写真や文章が掲載されるかもしれません。それらの著作及び付随する権利一切を放棄致しません。ご了承の上ご覧下さい。

白黒更新。

 最近写真が無いですわ〜。

 メインにしているカメラなんざ夏の出張からコッチ出番なしですわ〜。

 もうちょっと撮影に出なあきませんね。

 そんなこんなな世間では3連休のお休みはなんか穏やかに終わった感があります。

 土曜日日中は台風襲来という事で、会社の倉庫のシャッターを補強したり、溝掃除したり。ゴソゴソしながら日中が過ぎた。

 その夜に久しぶりにガラガラ屋さんに行ってきました。

 夏の出張旅費等々の清算でこの時期はお小遣いに余裕があるのでここでお買い物。

 予約していた品を受け取って、帰りにマクドに寄って晩飯を喰らって、家に戻って手垢を付け始めた。

 すると、やっぱり海外製の品はちょっとアランスが大きい。そんな話で格好がつくまでイヂリ倒して、ネジ目を潰してそっから先に進めなくなって諦めて寝た。

 起きたらあさから『台風』の話で大騒ぎ。

 それのお陰で近隣のイベントが中止になって、「倉敷市に他の娯楽は無いのか!」と言われてもしょうがない。のイオンに人が殺到!

 これを予測して三井アウトレットの方に行ってみた。予想に反せずイオン方面はババ混みの雰囲気。

 いざ!台風がうっとこらエリアを通過したのは日曜の夜半。

 思ったより南側を通過して風はソコソコ吹いたように思う。

 しかし、風が強かったのはほんの数時間。

 大きく壊れるところも無く、(雨トイの管が外れた程度。)で通過してくれました。

 そんで月曜日は敬老の日という事で、ジさま、バさまに花を買って子供から贈呈させた。そうせな敬老の意味が寂れるから。

 そんなこんなな週末でした。

 月曜が休みやと次の週末が近く感じますね。しかし、この週末は天気が悪そう。どないしたもんか?思案中で御座います。



先の日曜日の生態。

 卵は近所のスーパーで買った在庫があるのでここでは買わずに出た。

 それから車を走らせること10数分。お菓子工場のアウトレット店に行った。

 ここも結構変態価格で販売している。

 カステラの切り落としが50円とか60円で販売されている。

 タイミングが良ければもっとスゲ〜目玉商品が出て来る事もしばしば。

 行ったタイミングがちょうど良かったのか?案外お客が少ない。

 籠を抱えて物色を始めた。

 オカンの機嫌を見ながら籠の重量を増やしていく。

 段々オカンの眉にシワが寄り始めたので
「この辺で緩めたろか。」とレジに並んだ。

 並んでいる最中、オカンがよそ見しているすきにもう一品こっそり放り込んだのは気づかなかった様で「セーフ。」

 そんな買い物も済ませて帰りには眠気が来て気づけば家の近くまで戻っていた。

 で、家に入ってひと眠りしたらジさまの車でも動かすかな?と思っていたが、目が覚めたのが既にお天道様が大きく西に傾いた頃だったのでそのまんま笑点を見て日曜が終わった。



 さて。さて。そんなご案内を済ませたところでまた週末がやってきました。

 なんか台風が来てますね。折角の3連休が台無しになりそうな雰囲気ですね。

 皆さんのところに大きな被害が出ないことを祈念しながら、また来週です。

 来週も飛び飛びな更新になるかと思います。それでもメゲずのご来場を心よりお待ち申しております。

 ほな、ええ週末を。

先の日曜の生態。

 週一の休みやと何にもできまへんな。

 そんなことを実感した日曜日で御座いました。

 土曜日の夜も疲れで夜更かしすることなく寝床に入って、いつもより30分ほど朝寝して起きて2時間ほど
「ぼけ〜。」として、ジさまが起きた辺りに顔を見に行って、昼飯を喰いに出ました。

 この日向かったのは、この前チカどんとドライブに出かけた時に「この道を通るんは何十年ぶりかな?」な峠道を通っておりますと、いきなり拓けたところが出てきまして、雑木林ににつかわないアルミとボードで出来たお洒落なお店が出来ていた。
「お!なんじゃここは!今度来てみようや。」とこの日は通過したんですが、踏ん切りをつけて一度行っておかないといつまでも『今度』が来ないし、ちょうど中途半端に時間が有ったので行ってみました。

 うっとこの家から40分ほどで到着したのが11時数分ごろ。

 既に人の列ができていて・・・。

 田舎も田舎!周りに民家らしきもんも無い雑木林の一軒家やからノンビリ構えていたら結構な人の列にびっくりしました。

 で中に入ったらお店の正体が判った。

 養鶏場が経営する卵屋さん。

 卵をメインにケーキやら地元産の乾麺なんかを売っているお店のついでに食堂もやろけ?な雰囲気。

 メニューは卵がけご飯のみ!

 漬物とみそ汁が付いて300マン円!

 これを安いとするか?高いとするか?ご飯と卵はお代わりし放題。

 店のレジで食券を買うのだが、この食券がこれがまたかわいい鶏の木彫りが食券になっている。

 待つこと30分ほど。

 やっとうっとこの番になった。

 ご飯と卵、漬物とみそ汁が乗ったお盆を渡されて席に着く。

 あとは食べるだけ。テーブルに卵かけご飯用の醤油と七味が置いてある。

 味が単調になるので途中に七味をパラパラ掛けて味にアクセントをつけて無事1杯目をやっつけてカウンターにカラのどんぶりを持って行ってお替りを貰うシステム。

 スタッフ「ご飯の量はどれくらいにしましょ?」と聞いてくるので
 あて  「普通よりちょっと多めに。」

 と、言うたのにその前のおにーさんに注いだ大盛よりあての『普通よりちょっと多め。』の方がご飯の量が多かったのは何故だろう???

 と、言いながら、完食して店を出た。


 明日は更新できるかな?


 

書くものが無いから。

 どないしたもんか?

 半島の刈り上げデブちゃんやりますな〜。

 TVで日本上空をミサイルが通過。えっらい言うてますが。

 厳密にいうと日本の上空の上空を通過した。が正しいのかな?と思ったり。

 何故かともうしますと、国際法での定義では大気圏までが領空と言われているエリアなんですよね。丁度日本領空に差し掛かるころには問題のミサイルは大気圏の外に出ているから「セーフ」と言えばせーふなんかな?

 仮に領空の上空でミサイルが四散しても陸地に落ちるまでに大半が焼け落ちているからな〜。

 でも、気分のええ訳はない訳でして、「こら!デブなにさらすんぢゃボケ!」は言いたいですわな〜。

 そう言うわけで菅ちゃんが「遺憾の意砲発射!」するわけですな。

 で、刈り上げデブちゃんの高価なオモチャがあとどんだけ残っているのかな?大半の部品はウクライナ製という
「どこが国産やねん!」という突っ込みどころ満載な国産ロケットやし。ウクライナもアメさんにえっらい怒られたからもう部品は手に入らへん。

 先日、「発射の兆候が。」という報道が流れましたが、あれは
「こらデブ!バレてない思うてるんか?知ってんで!」という警告ですよね。

 その前のンも知ってたけど黙ってた。ほな、ホンマに撃ってまうから。

 そやからあの報道はアメさんとニッポンの愛ですわ。はっはっは。そこにはよ気づけよ。

 アメさんとこの偵察衛星何機あるか知ってんか?ついでに日本も数機持ってるし〜。あない特殊な形のトレーラーが走っていたらバレるやろ。

 そんな与太話で御座いました。

 どれ。週末ですな。

 まだ夏の残り香残る雰囲気を楽しんで来る秋に期待しまひょ。

 ほな、週明けに。と、言いながら月曜は更新できないと思います。引き続きスンマセンと言うときます。


 追記

 もうちょい待っておくんなマシ〜。



帰っちゃった。

 うっとこのタカが先月初めから夏休みで強制帰郷の強制労働に従事しておりましたが、ハイシーズンも天骨を過ぎたのでリリースしてやりました。

 それまで出勤も退社もあてのハイエースでしていましたので久しぶりに親子の会話が出来て嬉しい限りやったんです。

 そんなタカも日曜の昼飯をくったところで大阪へ帰っていきました。

 んで、昨日の朝の出勤が元通り独りになってしまって。

 寂しい限りで、それまで落ち武者達郎(山下達郎)のBGMが掛かっていましたが、AMラジオに変えました。

 音楽より人の声の方がなんぼか気持ちが紛れるから。

 こうやってみるとあても歳をとりましたわ〜。

 そんなこんななご報告でした。

 
 それでもまだバタバタしておりまして更新の頻度が落ちます。せっかく来ていただいても毎日更新は出来ないと思いますがなるべく早めに更新いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。

え!もう?

 例年ならボチボチやんわりな忙しさになって来るんですが、今年はどうしたことか?雑用が増えましてなんか落ち着かない雰囲気なんですわ。

 で、それで売り上げがギューンと上がる訳でなく雑用での煩雑さになっておりまして・・・。

 そんなバタバタな中でも日曜はお休みできまして、先の日曜は映画鑑賞してきました。

 花火を上から見るか?横から見るか?そんなタイトルやったと思います。

 感想としては
「おっさんが見てもな〜。」が感想でした。

 保護者として行ったような感じでした。

 でも、スクリーンを見ながら食べるポップコーンはええですな〜。コッチがメインのお題やった気もします。

 そんな週末を過ごして気が付けばもう金曜日。

 やっとこちらも朝夕は過ごしやすくなってきました。最低気温も20度を割ってみたり。(しかし、最高気温は30度ソコソコですが。)

 草むらから聞こえてくるコオロギと鈴虫のボリュームも段々上がってきております。

 往く夏を思いながら秋への準備もボチボチはじめまひょか。

 そんなこんなな週末を迎えました。

 皆さんもええ週末をお迎えください。

お陰様で。

 商売繁盛!

 ちょっと忙しいので手が空いたら更新いたします。

 主敬白

お盆休み。畳み

 4日目の休みは、映画鑑賞。

 メヤリと魔女の花

 期待してなかった分結構見応えがあった。

 映画は全く期待せず見て「良かったわ〜。」と、ある程度前もって勉強してないと「さっぱり何のこっちゃ?」に分かれるが、この映画は前述のタイプやった。

 見た後は軽くうどんをすすって、いえでゆっくりした。

 お犬様の容態も日に日によくなってきてなんとなくよくなっている雰囲気やし。

 で、最終日。

 この日は三井アウトレット倉敷に行った。

 やっとここにもあての用事がある出店が有ったのでそこに突撃。

 目新しい品は無いが行くたびに「シェルツええな〜。」と思いながら眺めて買おうか?買うまいか?悩んだ末に今回も後者の方を選んで店を出た。

 あとはオカンらが「こんくらいで許したろ。」言うまで時間つぶしして、昼飯を食って家でくつろいでこのお盆休みが終わった。

 

 どれ。週末ですな。

 まだまだ残暑厳しいです。適度な水分補給をしてひっくり返らんようにご注意を。

 ほな、週明けに。

お盆休み。4

 正味お墓に参っている時間は15分ほど。
DSC02961

 線香が終わるぐらいまでお墓の前でウダウダ言うて、
「次は年末に来ます。」と挨拶をしてこっからは日本海に向けて走り出す。
DSC02968

 どこに行くかと申しますと、去年も行った、鳥取県が生んだ名店、



 すなば珈琲!



 スタバがない都道府県が2県。「ほな、作ろうか。」という事で出来た欧米スタイル???の珈琲店。(そのあとスタバも出店してきましたが。)
DSC02970

 ま〜。そないに「おっされ〜。」と言う訳でもないが鳥取県が発生源という珍しさに釣られての行動。

 行ったら去年ほどではないけど待ちがあった。

 並んでいる最後尾について待つこと30分ほど。

 呼ばれて入った。
DSC02971

 メニューは去年と大きなリニューアルをしているわけではない。各々注文して来たのがこんな感じ。
DSC02974

 座っていたのは30分ほどかな?それから併設されている海鮮類を売っているところを散策して、あおさと乾燥ワカメを買って帰路に就いた。
DSC02979

 道中は行きと変わらない上映会。

 夕方には家の近所まで戻って、焼き鳥屋で晩御飯を食って家に戻った。
DSC02982

 ここで盆休み中日が終わった。


 

お盆休み。3

 いつもとほぼ変わらない時間に起こされて朝飯喰って、お墓詣りツアーの始まり。
DSC02935

 先ずは自分が後々入るであろうお墓参りから。

 山の斜面に切り込みを入れたような感じて、各家系のお墓が集まっているような雑木林の中にある墓地。

 最近はそんな墓地も荒れているお墓もチラホラ。墓守をちゃんと決めてないとこうなるのかな?転勤で遠くに行ったかな?そんな思慮を巡らせながら線香を焚いて
「家が永く繁栄しますように。」とお願いをして次。

 オカン実家のお墓はうっとこから約100km離れている。片道3時間ちょっとの長旅。
DSC02936

 つい数年前までオカンと、
「あんた運転し〜な〜。」
「何言うてんねん。自分がし〜な〜。」の応酬が常やったのにタカが免許を取ってオカンとの掛け合いがひとつ減った。

 そんなドライブにはつきもの。後ろの席でDVD鑑賞会がはじまる。

 オカンの車で見る場合、前席は「音声だけお楽しみください。」の世界。

 ポータブルプレーヤーを持ち込んでの上映会やから。

 家を出て一時間も経たない間に岡山空港付近に差し掛かる。

 ここで運転手交代も含めて一旦停まる。

DSC02946
 で、飛行機が一機飛ぶか、着陸するまで見て先に進む。

 丁度、羽田行きのJALがプッシュバックオーダーを出したので飛ぶまで見て離陸したところで車を先に進めた。
DSC02947

 それから2時間ほど走ってやっとお墓の近くの町に着く。
DSC02953

 お参り前に先ずはメシ!

 ここらはB級グルメのチャンピオンになったことのあるホルモンうどんの発祥地で、それを喰いにいつもの店に行ったら行列ができているので他の店に行った。

 そこはそこで微妙に味付けが違って「ほほぉ。その手で来たか。」という感想を持ってお墓へ向かった。



 

お盆休み。2

 そんなお犬様に振り回された連休初日の夜。

 これから当面夜は何でも有りやから夜更かしも過ぎると昼間の行動に支障が出るので1時過ぎには寝るように心掛けた。

 で、二日目の12日。

 この日はお犬様もどうにか調子を戻し始めた感じで昨日よりはマシな雰囲気。

 で、昼前に今度こそジさまとメシに出た。

 あてと行くのは大概お好み屋。姉なんかと行くことはほぼ無い。あても嫌いやないし、久しぶりに行くし。

 ここで頼むのはジさまはホルモンうどんを択一。あても面倒やから同じのやつを頼んだ。思ったより美味しかった。でも、お好み屋に来たらお好み焼きが喰いたいわな〜。という事で、次回は豚玉モダンのスジコン煮を追加で入れてもらうパターンに戻そかな?と考えながら店を出た。

 それから散髪に行って男前にしてもらって、家に戻って、気が付けば夕方。明日の段取りでもしよかな?と思っているとオカンが、
「シングのDVDと前々前世界の奴のDVDも出とるで。買わんの?」
「ん〜。シングは欲しいけど980円になるまで放置かな〜?」
「ほんなら私が前々前のやつ買うからおと〜さんはシング買い。」
「なんでそうなるねん。」と言いながらお店に連行されて新作の奴を買わされた。

 それから晩飯を食って、
「明日は早いで〜。」と言いながらオカンは寝床に潜った。

 あてはやっぱり翌日が休みやと平日と同じ時間に寝るのは勿体ない。と、いう事で、先ずは予習。シングのパッケージのセロファンを剥いだ。

 これはロードショーでポップコーンを喰いながら見たが、面白かったのでいつかはDVD買おうとは思っていたけどこない早よから買うとは。と考えながら最後まで見た。

 翌日にひょっと運転があるかもしれないからこの日は早めに寝床に就いた。




 

ひゃっはっは!

 忙しいぞ〜!
DSC02934

 週明け火曜日ぐらいまでブログはお休みですわ。

 スンマセン。

お盆やすみ。

 うっとこは先週の金曜日から火曜日までの5日間もお休みを頂戴いたしまして、お墓参りを軸とした生活をおくってまいりました。

 それの顛末なぞご案内していこうかと思います。

 ただ、やっぱりジさまの介護のお話もあってそんなにはっちゃけた事が出来ていませんのでジミ〜なお話になってしまいますがお付き合いのほどを。

 10日の最終日のちょっと手前。思いもよらないところへ行く用事が出来た。(と、言っても近所なんですが。)に配達がてら寄って
「ありゃ。珍しい人が配達に来たな〜。」と天然記念物扱いなもの言いで迎えられて用事を済ませてここから5日間のお休みがスタートした。

 翌日の11日はジさまの昼食に付き合うのが予定といえば予定。でも、昼前から昼下がりまで時間を取られるからあと何をするにも
「ちゅ〜と半端なや〜!」になる。

 それも判っているから何にも予定を入れてない。

 そんな話やから夜はフリーだが、この湿度でお外に出て何かするのはおデブなあてにはふか〜いお堀の向こうのお話になるから、エアコンの効いた部屋でのお遊びを考える。

 春先から出していないオモチャのテッポを引っ張り出して虫干しを兼ねて手垢を付け始めた。

 その傍らDVDを見て。気が付けば3時前になっていたので寝床に潜った。

 夜でも25度を切らない熱帯夜。高温多湿を嫌うあては勿論だが、冷え症オカンも流石にセンプー機だけで寝るのは無理やった様で緩いながら空調が効いた部屋に仕上げていた中で快適な中眠りに落ちた。

 起きて?起こされた。という方が適切かな?朝一にお住つぁんが(住職)有難いお経をあげにお出でになるらしい。時間もJRの様に分単位で来ると言う訳で無いので待機が長かった。

 で、1時間までは待ってないけどそこらにやって来た。

 お線香のかほりを嗅ぎながらおよそ30分。有難いお経を頂戴していったん解散。

 それから昼前に「どれ。」メシに行く段取りでもするかな?と思ったところでオカンが、
「血尿が出た!」と騒ぎ始めた。誰が?と思ったらお犬様やった。

 そこからは大騒ぎ。いつも行っている犬猫病院は休みなんで休日応需を見つけて早速連れて行った。

 病院に着いてセンセがパッと診て、
「あぁ。結石が出たな〜。」

 「要はええもん喰わせすぎ。それとこのお腹見てみ。量も多すぎ。」

 と、言うことで
「喰わすな。」の厳命を貰って帰った。

 そんなバタバタがあってこの日は終わった感が満載で事実そこからは出る気も起きず一日が終わった。

終わった休み。

 さぁ!今日からお仕事です。

 盆中に有った出来事はそない大した話は無いんですけど、明日からぼつぼつご案内していこうかともいます。

 そんな話で週の真ん中からですが今週も宜しくお願い致します。

それから。

 そんな日曜日。

 行くところが無いので惰性で福島県と宮城県の境らへんの貝田駅に行った。
_BAA0196

 カメラを用意して駅の構内に入る前の待合にツバメが巣を作っていた。
_BAA0192

 かわいいヒナが4羽巣からはみ出そうな雰囲気で親鳥がエサを運んでくるのを待っている。そんな巣を頭上に見ながらホームに立った。
_BAA0191

 天気も小康状態でコンクリートも乾き始めていた。

 で、電車が来ない。

 30分も間隔があくのはおかしい。なんかあったかな?と思っているところへやっと下り電車がやってきた。
_BAA0195

 それを撮影したが雰囲気が違う。そこで駅前の掲示板を見たら、
「運休?」山形からアッチはかなりの雨量みたい。(みゆきんさんが遭遇したあの大雨ですわ。)
_BAA0193

 そこでここを早々に引き上げて「次」と思うが・・・。

 そや。明日の土産を買いにサービスエリアに行こう!となって高速に乗って最初のSAで物色。

 何故か?山梨銘菓が置いてあった!それを買って一件落着。

 それから流浪の旅をして夕方宿に入って充電祭りをやらかして、翌日。朝から元気に仕事を頑張って、3時ごろフリーになった。そこで、今回は福島の有名どころ温泉、飯坂温泉の外湯に行ってみた。
DSC02924

 外湯は9件あるそうで、どこも200円から300円という有難い値段設定。

 で、駐車場が近いところへ行った。
DSC02927

 ここは前日入った微温温泉とは逆に「あちー!」45度の湯船に浸かって出たら待合はジメジメの天気にもかかわらず超弱冷房で窓は締め切り。折角旅の垢を落としたのに汗まみれ。
DSC02928

 たったと自分の車に戻って涼んだ。

 それから晩飯を食って、いざ!900kmの帰路へ就いた。

 雨が降ったり止んだりのなか、順調に進んで気が付けば福井県。給油をして途中、タカのところへ寄ろうと思ったが、そのまんま自宅へ一直線。

 無事自宅に戻れて今年の遠征出張が終わった。
DSC02933

 今年は3000kmも走ってない。小回りな走行距離でした。




 実は。



 明日から15までお休みをもらいます。また、休み明けにお会いしまひょ。

 はぶあぐっとりぞ〜と!



やっぱり雨やん。

 そんな移動を始めたらフロントガラスに水滴が付き始めて、だ〜らだら走っていたらいつのまにやら郡山まで走っていた。
DSC02915

 土曜の時点で福島市まで入ってしまうとあとやる事に事欠く。

 と、言うのも頭の回路が今シーズンは全く「どこへ行こう?」という問いに答えない。目先に出て来る案だけしか無いので選択肢がものすごく限られる。

 そんな話で山間部に退避!

 と山へ向けて走り始めた。

 で、気が付けば「ここって下ったら土湯温泉ちゃったっけ?」新潟方面に走ったつもりが気が付けば福島市方面に走っていた。

 道の駅が見えたのでそこに入ってトイレと物色をしてみた。

 標高は1000mまで無いけどソコソコありそうやから市街地で寝るよりマシかな?昼飯を食う前に既に寝床確保!

 でも、目覚めて数百km走っただけで「今日は店じまい。」も面白くない。いったん福島市街地まで下りて昼飯喰って、時間つぶしに釣具屋さんに入ったりして夕刻。

 「どれ。風呂入ってまた山の上の道の駅まで戻るか!」と土湯温泉に行ったら!
「外湯が廃業してる〜!」結構気に入っていた外湯の入り口に『売物件』の看板が。

 それからどうせならほかの温泉に行ってやる!と思った。高湯温泉は何度も入っているし、ほな、微温温泉にいったろ。

 と走り始めたはええが対向車が来たらすれ違えないせっまいみち。
「こないな先に人里有るん?」
     ・
     ・
     ・
「大丈夫か〜?」と思いながらここまでくれば行くしかない。

     ・
     ・
「もう、道が無くなっても怒らんよ〜。」と思い始めたところでやっと到着した。

 もう、既に薄暗くなっていた。

 入浴道具一式を持って入り口に行く途中、黒猫がお出迎えしてくれた。頭を撫でて入り口に入ったら、
「入浴だけは4時までなんですけど、せっかく来てくれたからどうぞ。」と入れてくれた。

 さっそく『スポーン!』と脱いで入った。

 先ずは体を洗って、湯船に浸かった。

 温度は名前に負けずほんまに微温。36度ぐらいやと思う。
「おぉ。これなら一時間でも浸かっていれそう。」と思ったし、このまま車中泊よりここの宿に素泊まりもええかな?と思ったが、満室との事で残念。

 で、暗くなった道を戻って昼前に行った道の駅に到着して早速寝床準備。

 昨晩大体の段取りが済んでいるのでそう時間はかからない。

 小雨が降ったり止んだりしているので窓は開けられないが寝れる気温なんで寝るにはちょっと早いのでDVDを掛けて車中泊の時間を楽しんでいたが眠気が来たのでそのまま寝た。
DSC02916

 気が付けば周りが明るくなっていた。しかし!ジャジャ降りの雨。
「さて。今日は何しよう?」が頭をもたげた。

結局雨か?

 それから変に移動したい気持ちになってきて、線路の反対側に移ることにした。
_BAA0171

 カメラをバックシートに放り込んで一つ信号を超えて高架下をくぐってすぐに車を停めた。

 そこから歩いて並行に掛かっている橋の真ん中へ向かっている途中にカモレちゃんが轟音とともに通過。
「ん〜。いつものパターン。」と思いながら目している場所に到着。
_BAA0174

 橋の下は当然のことながら川!水面まで20数メートルぐらいはあるかな?高所恐怖症のあてには精神衛生上宜しくない場所でもあるけど他にいくところも中々見つからない。

 そんなお立ち台でふと思う。
「流し撮りを広角であんましやらんよなな〜。」便利なズームレンズなんでいっぺんカモレちゃんの顔ばっかり流さず釜ちゃんの全体図で流してみたろ。と思っているところにカモレちゃんがやってきた。
_BAA0179

 数カット撮ってみたが・・・。
「あんまし面白うないわ。」と思ったところでなんか気が抜けて福島へ向けて走ろうか。と思いながら橋から戻っていると、「おや。かわいい花が。」
_BAA0185

 数カット撮ってみる。
_BAA0188

 接写のあたりは得意でないです。ピントの持って行きようがどうもつかめず撮ったけど、
「だめだコリャ。」と長介さん風に独り言を言うて移動を開始した。

番組の途中ですが。

 今日は「ニッチもサッチも。」なんで明日以降にこの話を膨らませたいと思います。

 スンマセン。

結局雨かい。

 そんなバスケが有名?なエリアを抜けて郊外に出たかな?の辺りにそのお立ち台はある。
_BAA0163

 素晴らしく手入れの行き届いた河川公園みたいなもんかな?芝がゴルフ場よりちょっと足は長いかな?でも綺麗。そんな場所。

 ここを何故見つけたかというとグーグルなんですわ。

 去年の出張に出る前、那須野方面で面白いところ無いかな?と地図を見ていたら、
「おや。道路と線路が結構な距離並走しているやん。」で見つけた。

 その去年はトイレもあるし、ここで一夜を過ごそうかな?と思ったが『夜にはゲートを閉めます。』と看板が有ったのでもうちょい走って?福島市内に入って一夜を過ごした。
_BAA0146

 そんな素晴らしい公園に入ってエンジンを切ったらトランペットを練習している音が聞こえて川のせせらぎの音と。
「時間の流れがゆっくりや〜。」と思える。

 そんな芝生を見ながらモニュメントが立っている下まで行ったら『タイムカプセル』が埋まっているようだ。開梱まで生きてるかな?「びみょ〜。」
_BAA0147

 と思っているところへ接近アラートが鳴り始めた。機械的なアナウンスで
「上り接近。」
「来たで〜。流してやる!」
_BAA0148

 アラートをワッチして数分。やっと電車がやってきた。
_BAA0166

 おりゃ〜。と数カット。

 続いて下りも来た。
_BAA0159

 そのうちカモレちゃんも数本。
_BAA0155

 カモレちゃんは何故か?下りばっかり。上り線の方に立っているのに。
「でも、ここで線路の反対側に立ったら今度は下りラッシュやろうな〜。」と踏みとどまった。

 

目的が無ければ。

 それから下道で那須高原を目指すが、ちょっと時間がかかりそうなので東北道に再び乗った。

 1時間ほどで那須インターで降りて直ぐに寝床探しという名の道の駅探し。

 カーナビで『道の駅』を検索して距離順で出して最寄りのところを指定して走り始めたが・・・。

 え〜っと今のハイエースちゃんを買って6年経つのかな?ナビの地図が古い!走っている途中に他の道の駅の前を通過していった。

 それから走る事15分ほど。目的の道の駅に到着した。

 5,6台の同類が寝ているようだ。気温は20度そこそこ位。さっと駐車レーンに車を入れてエンジンを切った。時刻は午前1時前。

 寝床をを設える。と言ってもバックシートを倒して荷物を寄せて寝るスペースを確保するだけ。

 あとはバックシート横の窓を開けて防虫ネットをはめて『涙のトンコツ娘』ちゃんが持っている扇風機と全く同じやつを起動させれば準備OK!

 「ちょっと湿度があるな〜。」と考えていたらいつのまにやら眠りに落ちた。

 起きたのが5時半ぐらい。夜明け頃に冷えるかな?と思ったが案外そのまんまの気温だった。
DSC02912

 トイレに行って、駐車場を散歩して、
「ん〜。高原っぽいな〜。」と感心して車に戻って出立準備。

 シートを戻して、用心に出したフリースをしまって準備完了。

 次の目標は!

 次の目標は?

 どこやろ???

 とりあえず、去年やったかな?じゃじゃ降りの雨で撮影できなかったところへでも行ってみるか。と走り始めた。

 走り始めたら『黒磯んたら』とかやたらと「黒磯」という名前が出て来る。
「ひょっと黒子のバスケとかいう漫画のモデル地区かな?」
DSC02913

 そんな話で看板を撮ってみたけどどぉなん?

 そこまで走ったところで、やっぱし去年か?ジャジャ降りの雨に降られてまともに撮影できなかったところへ寄り道気分で寄ってみることにした。




 

 

とりあえずふり〜ダム。

 朝飯は宿のバイキング方式で好きなモンを皿に盛っていくスタイル。
DSC02892

 以前は野菜も色々出ていたけど前回の出張からキャベツの千切りとワカメしかなくなっていた。

 皿にてんこ盛りに盛ってドレッシングを掛けて、ウインナーにべったりケチャップを掛けてを4本、小さいパンを4個に牛乳がコップ一杯。

 これが朝食。

 喰った後5日間お世話になった宿をチェックアウトして最終仕上げの仕事に臨んだ。
DSC02897

 で、今回の出張は綺麗に終われたつもり。時に最後の最後で一日で対処できない故障があって後ろ髪をひかれながら次へ行った事もあった。

 夕方、お得意さんに挨拶を済ませて、月曜の朝まで
「あいあむフリ〜だむ!」と吠えたのは毎年のお話。

 それから近くの温泉に行って汗を流して、時間も時間やったんで晩飯を甲府盆地で食って。と思うが、思いつくところが「ちょっとそこまで喰うと後々大変そう。」と思い、結局、マクドでロコモコバーガーをかじって、燃料がすっからかんやったのでスタンドで満チンにして、最終目的地は福島県の福島市。

 去年かな?圏央道が中央道と東北道でつながって便利な事この上ない!状態になった。

 しかしながらそれで首都高をマイカーで行くことが無くなったということでもある。どっちがプラスなんやろ?

 そんなことを思いながら先ず目指すは東北道。中央道の八王子から圏央道に入るが、この圏央道が防音壁が多くて景色も色気もサッパリな道。「とっとと抜けな。」と走って、東北道に乗った。

 それから前もってナビにセットした道順の案内を起動させた。

 ちょこっと走ったら東北道を出るアナウンス。それに従って下道をグネグネ走って難なく目的地に到着した。

 その目的地はJR両毛線岩船駅。
DSC02904

 今回の出張はどこにも触手が伸びなかった。

 例年なら「日本海側に廻って!」とか、ここ数年は無いが「竜飛岬から北海道を見てやる!」とそれなりに目標を置いて突っ走っていたが今年は『何処』が出てこないので、先日DVDで見た『秒速5センチメートル』の中で出てきた駅に行ってみよう!となった。
DSC02905

 これと言って特徴が無いけど、それなりに撮影して、作中に出てきた場所をしっかり撮影したかったが終電後工事が入るのか?工事関係者が集まりだしたので早めにその場を離れた。

 そこで今回のお題をクリアしてしまった。
「このあと土日ど〜しょ?」と思いながらとりあえず寝床に目している那須高原を目指した。

空気はええ感じに乾いている。

 もくよ〜び〜。
_BAA0113

 この日はここらで最大級によ〜さん機械を買ってくれているところへ一日缶詰だった。

 使用中に来るとやっぱり色々見えない部分が見えてきてそれの修正をしていると「あ〜仕事してるな〜。」の気持ちになれて仕事が終わった。

 で、地元スタッフと「メシでも。」というお話になったので石和温泉駅近くの踏切で時間つぶしを兼ねて撮影を始めた。

 過去にも何度か同じようなシュチュエーションでここに立ったがここは西日はモロやし、順光方角に立ったら視界が無いし。

 ついでに夕立があって黒い雲がモクモクやし。

 でも、何もせず「じ〜。」としているよりはナンボかマシなんで線路際に立った。

 雲が黒いのでシャッタースピードが稼げない、その割に雲の割れ目からキッツイ西日も時折差してくる。
「どないしたらええねん。」

 と、ボヤきながら撮影をしていった。

 ここでいつも景色を流して電車を撮っていたのを「反対にしてみたろ。」と思い付いた。
_BAA0111

 来る電車、

 行く電車。

 やってみたら「ふ〜ん。これも全くダメという雰囲気でもないか。」と思えてそんなカットを量産してみた。
_BAA0119

 で、カモレちゃんが来る時間になった。

 色々悩んだが結局同じ手法で撮ってみた。
_BAA0123

 世間の判断はどやろ?

 あては嫌いやない。

 カモレちゃんが通過後、連絡してみたら
「ごっめ〜ん!20時過ぎならいけそう。」との返事に
「ほな、昼飯でも喰いましょや。このあと用事もあるし。」
でいきなりフリーになった。

 そんな話でお気軽にカレーを食って宿に戻って、宿泊最終日なんで

 ザ!充電祭り!持ってきたカメラを筆頭に色んなモンの充電をやって荷物の片づけをして寝た。

湿度と。

 火曜日。この日はたんじょうび〜。

 朝からうだるような気温。それより何より、この湿度!「どないかなりませんの?」と聞きたくなるような腕を振ったら空気中の水分が腕に付いて滴り落ちそうな湿度。
_BAA0036

 でも、気温は控えめに35度ぐらいやったかな?日曜と月曜は36度を軽く超えていた甲府盆地。

 そんな中、空調も何も。

 でも、慣れてしまえばそれはそれで過ごせない程ではない。

 移動中も朝から仕事が終わるまではエアコンを入れない。何故ならその温度差で体力の大半を持っていかれるから。走行中、右腕を窓枠に掛けて運転していると対向して来る窓を閉め切った車から珍しいスポーツカーでも見るような視線で見られながら過ぎる。

 服装もTシャツのみで汗をかいても平気な格好やから気にならない。

 で、西にお日様も傾いて、
「どれ。今日はコレで勘弁したろ。」というところまで仕事して、日没前にちょっと自由時間。

 流石に平日になるとお立ち台に人影はない。

 しかし!この日は新しく開通した道を通っていると、
「お!ここのアングルはええんとちゃう?」な場所を見つけた。

 早速、今回やっと出番が回ってきたD800をカメラバックから取り出して、最近はめっきり使わなくなった50−500mmのズームレンズを装着した。
_BAA0042

 カメラテストを兼ねて通過する普通電車や特急電車を撮っていっていると電話が鳴った。
「ん〜。取るべきか?取らざるべきか?」と悩んで取ってしまった。
_BAA0049

 案の定、お仕事の延長でした。
「あー!もう10分も待てばカモレちゃんが来たのにー!」
_BAA0053

 そんな話でテスト撮影しかできなかったけど、中々有望なお立ち台を新しく見つけた。

 しかし、線路からは結構な距離で周りの目が奇異なものを見る目で見てくれるのに耐えれるかがここの難点。

 結局、仕事が終わったころは西日の残光が辛うじて。の時間になっていたので晩飯に天下一品のラーメンを食って、宿に戻ったらフロントで
「お届け物が届いています。」と鍵と一緒に渡してくれた。

 優秀過ぎるやん黒い猫ちゃん。

 早速、プレーヤーに接続して充電を開始した。



 

気温と。

 月曜日〜。

 朝からお得意さんに行って先ずはご挨拶と状況を聞いて、第2波の場合はほぼほぼソロで最終ユーザー周りになる。

 そやから、サボる気が有ればどうでもサボれるが、そこはちゃんと区別して仕事モードに入った。
DSC02887

 昨シーズンに機械を買ってくれたところから廻り始める。新しいうちはそないイヂるところがないと言うそんな定番がこの機械にはない。摩擦部分が馴染むまで結構暴れる機械でして。(製造元ながらお恥ずかしい。)

 しかしながら当たりが馴染めば少しはマシになって、30年近く使ってくれているところも有る。
DSC02888

 そんな機械のご機嫌伺いと別にもう一つの仕事もある。
「いや〜。久しぶりですやん!ちょっと肥えはりました〜?」

 一年に一度会うか会わないか?のオペレーターをしてくれてはるオバちゃんらとのバカ話も仕事のうち。これはこれで楽しみの一つでもある。

 場所によってはわざわざ場内アナウンスで
「機械屋さんが来たよ〜。」と訪問を歓迎してくれるところもあったりで結構正義の味方!な扱いをしてくれるのも嬉しい。しかしながら、
「ありゃ。あのオバちゃんは?」
「あぁ。あの人は春先に転んでまだ入院してるわ。」と寂しい一面もあったり。
DSC02889

 そんな仕事も終えて、夕方。中央線のカモレちゃん事情は先月来て大雑把には把握できているから時間に間に合うお立ち台に行ったが先客が。
DSC02890

 次の場所にもこれまた先客が。
DSC02891

 それ又次にも。

 流石にこの日は海の日。3連休の最終日やけど、東京から近い田舎だけのことはある。結構同業の方がいらした。

 その横に入って写すのもどやろ?大体ここのカモレちゃんは日祝はウヤ(運転取りやめ)が圧倒的やし。

 で、飯を食いに走って、この日は甲府蕎麦をたらふく喰ってホテルへ戻ってバッテリーでDVDを見た。

 この日見たのは『秒速5センチメートル』新海監督の作品。ちょっと寂しい気持ちになりながらこの日が終わった。




 
 

ほんわか。3

 それから探せばソレ系のお店も出てきたんだろうけど、その前に2時間を待ったストレスで、
「どうでも宜しわ。」な雰囲気になって、JR秋葉原駅に戻って再び山手線の外回りに乗った。

 JR線最高地点東京駅に電車が止まった。
「降りてみようかな〜?」とも思ったが、ここで降りてやることが思いつかなかった。

 というか、唯一思いついたのはデパ地下物色しかイメージが湧かなかった。(やったらアカンやろ。)
DSC02882

 それからドンブラコで朝に到着した新宿駅まで戻った。

 祝!人生初の山手線一周旅行達成!
DSC02883

 それから一旦、改札を出てみるかな?とも思ったが、慣れない土地に居るのは必要以上にメンタルが元気やないとできない。行程600km超をノンストップで運転して睡眠時間が一時間ほど。ちょっとヨレていたのでそのまま中央線のホームへ降りて行った。
「来年来たときは降りてみよう。」と思いながら。
DSC02884

 タイミングが良かったのか?調子よく快速の乗り継ぎが出来て、高尾駅まで難なく帰れた。

 ここからは田舎の電車になる。
DSC02885

 今まで心地いいインバーターの出力上昇音がちょっと濁声になる。横揺れが大きくなる。

 しかし、それに慣れているのか?もう目的地まで乗り換えが無いのが良かったのか?ここで初めて居眠りがつき始めた。

 気付けば甲府盆地まで戻っていた。

 朝出発した塩山駅に15時過ぎに無事戻れた。
DSC02886

 車のハンドルが西日に炙られ過ぎて30秒以上触れないほどホットな車になっていた。ハンドルをタオルで包んで運転しながら、今週必要であろう、水とちょこっとお菓子を買ってこの日の用事が済んだので直ぐに宿にチェックインしたかったが、いったん入って晩飯を食いに出るのも面倒くさい。そんな話で昼間喰いそびれたスパゲッチーを食って、17時前には宿に入った。

 五日分の着替えに色々オモチャ類。一度に持って入れないので先ずは軽めの荷物を持ってチェックイン。

 直ぐに車に戻って残りの荷物を取りに行って、
「もう、部屋から出ることはない!」と思っていたが、タバコを車に忘れているのに気づいて結局部屋と車を3往復してしまった。

 流石に3連休の中日。この時点で駐車場は満杯だった。

 そんな駐車場を横目に部屋に戻って部屋のレイアウトを自分の使い勝手に沿って変えていく。

 ホテルのパンフレットや案内の冊子をTVの裏側によけて、各種充電器、その他諸々の配線群を・・・!
「あちゃ。やってもうてるやん。」

 ブルーレイレコーダーのコードを忘れている。最後に「入れな。」と思っておいたところまで覚えている。それをバックに入れた行為をしていないのまでしっかり覚えている。

 しかしながら、バッテリーで5時間再生可能!と書かれているので「ま〜。DVD2本までは余裕で見れるな。」と思う反面、買って5年経つバッテリーがどこまで持つかは未知の世界。オカンに電話して、
「気付でホテルに送って〜。」とお願いしたが、
「発送は明日になるよ〜。」
「それやったらはよ来て木曜やん〜。」
「忘れる方が悪い!」で話が終わった。

 とりあえず使えるだけ使おう。と半分諦めはじめたが、妙案が・・・。
「そや!ハードオフがあるやん。」ただ、そんな特殊なアダプターあるかな?14.3ボルトって・・・。

 そんな一日を過ごして翌日の仕事に向けて早めに就寝した。

ほんわか。2

 緑色の帯に塗られている電車に飛び乗った。
「ど〜せ山手線の円の対角線やし内でも外でもい〜しょ!」来た電車は外回りだった。

 途中、池袋や巣鴨ってよくTVで聞く駅名をききながら動画でその様子を撮りたかったが、ほかの乗客の目が!

 オカンに「都会の雰囲気を動画で見たい。」と言われていたので色々考えたがさすが世界一の大都会!どこに向けても人が写る。そこで妙案?苦肉の策?自分の足元を写した。

 音声と発車のジングルだけでも残せるし。

 数年前、カメラのスイッチ入れっぱなしで乗って居たら眼光が鋭い人4人に囲まれた経験もあってちょっと消極的になっているのもある。(間違いなく、鉄道警察隊の方々でしょう。TVの警察24時に出ていた警官もいたし。)

 今回はそんなことも無く、目的の駅、秋葉原駅に到着した。
DSC02869

 オタクの聖地!と言われているけど、広すぎてそないに凝固している雰囲気は無い。

 ただ、メイドの服着たかわいいおねーさんがビラを配っているがあてにはくれなかった。

 到着が10時ちょうど位。やっと店が開き始めている感じで、外は暑いからどこか空調の効いている店に飛び込みたい衝動に駆られるがとりあえず目的の店を探す。

 グーグルで予習していたので迷うことなく到着したが目的の店が開くのは正午。まだ2時間以上ある。
DSC02874

 そんな話で近くをウロウロ。ドンキに入って涼もうとしたが、涼しいのは入り口のエアーシャッターの部分だけ。中は結構外と違わない温度なんで出た。
DSC02875

 彷徨って、11時も廻ったからちょっと早いけど昼飯でも喰おか?と思ったが「お!」と思っていたスパゲティー屋は遠いし。なんか敷居が高そうなお店しか目に入ってこないので、安心!安全?のマクドに突入!

 ロコモコチーズセットを喰った。

 ベースはそのまんまの品やからソースで3倍美味しくなる!は無かったかな?でも嫌いやないです。
DSC02880

 で、正午を過ぎたので目的の店に行ったら開店していた。

 しかし!どうもあてのイメージから逆方向な店だった。

 店内にある品は、フェルトでできたかわいい小物入れにどうつながるのか?ロザリオにイエスさんの陶器に70年代であろう。アメリカ人のヌードポスター。元来はガラガラ模様のお店やったはず。店の屋号も間違いない。「店主がラリったか?」元々無国籍な根っこの浅い人と思っていたがここまで暴走するとは。

 一応店内に入ってモノを見たが、ガラガラ系は売れ残りが散見できる位でもう『THE宗教首ったけ』感は半端ない。ついでにあとから来たお客さんはフィリピーナのおねーさんが5人ほど。カトリック系の多い国の人が買いモノに来る位やから相当堂に入ってしまっていた。

 「こら、あかん。」

 とそんな店を出たはええが、他の候補を考えていなかったのでどこへ行ってええか?わからず秋葉原を撤退した。


 

 

 

 

ほんわか。

 土曜日の昼過ぎに会社を出て一路お家へ。

 とりあえず着替えて寝る体制になって身体をクールダウンさせて寝床に入った。

 で、寝たような?寝てないようなで夕方。晩飯喰って、風呂にも入って、荷物の最終確認をして、
「お〜い。行くど〜。」と家中にアナウンスを入れてオカンとチカに見送られて出発したのが20時ちょっと廻った辺り。

 最寄りの山陽道、玉島インターから高速に乗って一路、5000円札の樋口一葉さんのお膝元、甲府へ向けて走り始めた。

 道中、流石3連休の初日だけあって車の量が多い。それも大型トラックでなく圧倒的に乗用車が。

 いつもより勝手が違う高速道路も日付を跨ぐ頃にはいつもとそう変わらない様相になった。

 午前3時前。毎度の昭和・甲府インターで中央道から降りて、とりあえず石和温泉駅にトイレを借りに行って、家を出て初めて地面に足をつけた。

 それからすっからかんの燃料タンクにナミナミに軽油を補給して、いつも寝床にしている場所に向かった。

 前回は(先月)ちょうどいいぐらいの気温だったが、流石に熱帯夜プラスエンジンが放出する熱で寝付けず一時間ほどは記憶が飛んだがあとはしっかり起きていた。

 日の出とともに動き始めたが、この日は「湿度がー!」気温は少々高くても湿度が低ければ嫌いやないけど、気温もそこそこ湿度はタップリっておデブにとってはキツい拷問に近いものがある。
DSC02828

 車も基本的にエアコンを使うのは好きでない。「走れば風が来るやないですか〜。」が持論なんで。

 と、言うことで、もう、勝手知ったる我が近所。のノリでそこらを流しながら時間を調整して、コンビニでパンと牛のお乳を買って朝飯として、ちょっと早いが車をコインパーキングに入れて塩山駅に行った。

 最近は前日の夜に走って夜中に着いて、2,3時間寝て仕事!が体力的にしんどいので去年くらいからこのパターンで出張することにしている。

 で、塩山駅で切符を買うのに往復切符を買うことをしなかった。(前回はこれで途中下車が出来なかった。)

 そんな二の轍を踏まないように特急券と乗車券だけを買って一路新宿駅へと向かった。
DSC02832

 特急で一時間半位かな?
DSC02835

 のどかな田園風景から段々民家が増えてきて、そのうちビル群が見えて来る。そんな様子をスナップしながら新宿に到着した。
DSC02848

 次に目指すは東京駅方面だが・・・。
「確か、黄色い帯の電車に乗ったらええねんな。」とまでは判っているけど行き先表示がその先しか書かれていないので乗るのをためらった。ここで確実かつ、やったことないことを実行に移した。
DSC02850
DSC02856

 

毎年ながら。

 みなさま10日間ほどぶりの更新で御座います。

 お陰様を持ちまして無事帰ってこられました。感謝で御座います。

 その間、色々ありまして其れの顛末なぞご案内していこうかと思います。

 先ずはご挨拶まで。

どとーーる?

 こ〜し〜屋さんのお話やないです。

 なんかせわしないと申しましょうか?ブログに向かう時間が取りにくいんですわ〜。

 ついでに来週からまた甲州ー東北ツアーに行ってきますので10日間ほどここをお休みせなアカンのに。

 今年の果樹系は宜しくないみたいな風が吹いていますけど、「ホンマか〜?」と首を傾げてええのんか?悪いのんか?現地に行ってみて肌でかんじてきたいと思うてます。

 これもエリアに拠って誤差があるから何とも。来週はそれを見に行くんですわ。

 そんな話で面白味があるお話は(今まで有ったか?)ツアー後に。

 そんな話で10日間ほど「いってきま〜っす!」

おみや。

 昨日、もう長いお付き合いになってますブロ友の゛みつお“さんからこの前行った北海道のお土産を頂戴いたしました。
DSC_0219

 気が付けばうっとこのブログも10年を超えておりまして結構長い事やっているな〜。と思います。

 そんな始めて間なしからのお付き合いです。

 ご馳走になります。


セミ。

 セミダブル!独りで寝る分には広いですけど2人で寝るとちと狭い。

 そのセミでなく、喧しい方のセミの方のお話で御座います。

 例年なら7月も後半に出てくるはずのクマゼミが既に出てきて
「シャン!シャン!シャン!」と泣きながら求愛しております。

 「どぉ〜なん?」
と、思いながら勝手口の方に歩いていると何やら白いブットイ!(わがの腹?)でなくて、物体が視界に引っ掛かりまして
「なんじゃらほい?」と見ましたところ、

 セミが脱皮しているところに遭遇!

 急いでカメラを引っ張り出してきて撮影開始。

 できればフラッシュは焚きたくない。で撮り始めたんですが、ISOをオートにしていたのでザラザラな写りしか撮れてない。それもそれに気付いたのは翌日のあさにPCに取り込んでから。

 そんな話でZARAざらなうつりですけど見ておくんなまし。
DSC02812

 羽の格好からアブラゼミかな?
DSC02814

 ここらでも中々見れなくなってしまった奴です。(最後はフラッシュを焚きました。)
DSC02821

 これと別に兄弟かな?がもう一匹ちょっと下で同じく脱皮していました。

 朝には既に抜け殻だけになっていました。

 ここで思ったのは、


 今年の夏は殺人的な暑さやで〜。


 そんな事を思った昨今です。


あてのもっと〜
  感銘を受けた一言
 
男前と別嬪だけの世の中ちゃうで。

ブッサイクやったら他の話で勝負せい!
あての歴史
楽天市場
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ