ボヘミアンがらがらおやじ

 人と接するのが苦手な余剰社長の生態をご紹介。  週末辺りの生態なぞ残していっています。  一応ノンふぇ〜くしょん!多少美化されている部分はあり?

 時にまぐれで素晴らしい写真や文章が掲載されるかもしれません。それらの著作及び付随する権利一切を放棄致しません。ご了承の上ご覧下さい。

春はいずこへ?

 な〜んかここ数年は「あぁ春やな〜。」とのんびり感じることなく、いきなり25度を超えた『夏日』ですやんね。どないなってますの?

 因みに、

 25度を超えたら夏日。

 30度を超えたら真夏日。

 35度超えたらクーラーをギンギンに効かせた部屋から出たない日。

 と言うのは真情で、酷暑日。

 先日、長期予報が出てましたね。

 8月は殺人的暑さやとか?

 長期予報の反対を考えていたら大体ソレが合ってたりするから、おみくじか血液型占いと同等な域なんかな?

 夏にいつも思う。
「はよ、冬がけ〜へんかな〜。」

 その冬に思う。
「はよ、夏がけ〜へんかな〜。」

 未来志向でええのんか?悪いのんか?

 どれ。週末ですな。明日は姪っ子の結婚式ですわ〜。この時期に礼服とな!萎えますわ〜。

 披露宴なんかは呼ばれている娘さんらはカクテルドレス等々ですやん。肩なんか出しまくりのスケスケ生地の服ですやん。コッチは夏用の礼服なんざ持ってねー!アイモンですねん。その下にはカッターも着てるし。なんちゅ〜ても暑がりの厚着って見てる方も嫌になりますやんね?
「きゃ〜!この人、溶けてはるー!」言われそ。

 そんなトンコツオヤジに空調を合わせてくれるのか?ピチピチギャルに空調を合わせるのか?行ってみないとわからない。

 ついでに装備だけはイッチョ前を持っているので撮影隊ですわ。しっかり撮ってきます。

 月曜に写真が上がるかな?微妙ですけど努力します。

 ほな、みなさんもええ週末をお過ごしください。

ぼちぼち帰るよ〜。

 そんな昼食も与太話をしながらダラダラと食べていたら主宰が、
「あと5分後に開始します!」と言われて
「ちょ〜〜っと待って〜。」と冷たくなった缶メシを口に流し込んで段取りを始めた。
DSCF0007

 それから数ゲームかこなして気づくと体が言うことをきかなくなっていた。気温は高いといえば高いが熱中症の様な症状じゃない。妙に眠いので
「次のゲームお休みしますわ〜。」と言って車のカーゴスペースに座って目をつぶっていた。

 なんか現世に居たような?居てないような?夢でも見てるでもない、ふわ〜っとした感じで気づけば2ゲーム休んでいた。チームの人に聞くと、
「よ〜寝とったから起こさんかったよ。」とのこと。最近、脊椎の痛みで眠りが浅い雰囲気があったからそのアオリかな?と次のゲームから再び参加した。

 この頃になると草むらもけもの道が付いて大分楽に移動ができるようになっていて、それなりに動いていた。
DSCF0011

 気づけば16時過ぎ。
「ラストゲームです!」でちょっと気合を入れて「もうワンキル取ってやる!」と活き込んで前進していったら、
「あら。そんなところに居てはったんですな。」な敵に敢無く狩られてこの日のゲームが終わった。

 終礼をして、そっから小一時間与太話に華を咲かせて、
「ほな、また次に〜。」で各々お家へ帰っていった。

 帰って荷物を下したときにふと気づいた。
「仕舞うもん、洗うもん、持って入るもんをその場で分けて片付ければ風呂から出てダルダルで片付けんでええんやん。」と早速実践。

 そのあとがすごく楽になった。

 今更ながらそんな勉強をした有意義な一日でした。



 

すすめ〜!

 総勢20と余名が揃った。

 難しく言わず、順番に番号を言って行って奇数チーム、偶数チームと分かれる。

 うっとこのゲームではチームごとに識別するマーカーをつけない。そやからチーム毎に別れたところで味方の顔を覚えなければならない。もし、間違えて味方を撃っても撃たれた人は「アウト!」退場である。
BlogPaint

 撃った奴はあとで非難轟々の刑に処される。

 先ずは、無線の開通確認。
「あ〜あ〜あ〜。聞こえてますか〜。返事ください。」
「聞こえてないよ〜。」と帰って来るのはいつもの話。

 この時期になると葉っぱが生い茂って無線が届く距離もグッと狭まる。しかし、無いよりはまし。

 で、初戦は奥の陣地のディフェンス側から。その拠点に行くまでに背の丈ほど伸びた草をラッセルしながら進まなければならない。拠点に着くころには「はー!はー!」肩で息をしなければならないほど息が切れた。
DSCF0006

 ゲームが始まる前から、
「「ヒットー!」と叫んでセーフティーまで戻ってええ?」とチームメイトに言うてみる。
「ええけど戻るのもしんどいで〜。」とありがたいお言葉。そのあと
「ゆっくりセーフティーに向かって行ったら誰かが撃ってくれるわ。」
「そらそうだ。」

 そんな最初のゲームに2キルを取るという快挙をやってのけて、終了間際まで生き残っていた。
「いや〜。珍しいこともあるもんや。」

 そんなゲームを攻守交代を2セットやったところで昼飯!

 この日の昼飯は選べるギフトで貰った缶メシ!湯煎で20分漬けておくだけで美味しいご飯が食べられるという優れもの。自衛隊の携帯食(糧食儀拭砲量雲姑任婆もメーカーも一緒。ただ缶の印刷が緑かほかの色か?だけが違う。たしか5年ぐらい保存ができるはず。

 そんな湯煎をしたお湯を捨てるのも勿体ない。で、焼きそばUFO!に注ぐ。

 炭水化物のご飯に炭水化物のおかず。お好み定食と同等品やな。と思い喰った。

 

いけ〜!

 これは先々週のお話です。

 日曜なのにいつもの通り起きて、

 同じように朝飯喰って、

 同じように家を出た。

 ただ、持っていくものが数倍多くて、重くて。

 どこに行きますの?と聞かれれば、フィールドと答えるところですわ。

 オモチャのテッポ持って撃ちやっこですねん。

 子供の遠足のノリで現場に到着したのは集合時間の1時間半前。

 既に2人の方が来られていて草刈り機で駐車場の草を刈っていた。
「ほな、あても。」と言えない。草刈り機自体持ってないし。

 そんな話で刈った草を刈ってない境のあたりに纏めて置いておく。すると際の草も抑えられて伸びない!と言う草のクセを利用したええ際の付け方。
「ぼちぼち来る台数停めれるんとチャウ?」半分飽きてきたのでそんな泣き言を言いながらでも最後まで手伝った。

 それからソルヂャ!に変身!
20170515205205a13 - コピー

 この日の出で立ちはU.S Marenesの特殊部隊Marsocの劣化コピーで御座います。
あての持っているアイテムで変身できるのはこの部隊の格好を基準にしていまして、ここの部隊の持ち物を買い増しています。

 そんな身支度をしていると同時に段々人が集まってき始めた。

 暫くして弾速チェックが始まった。

 最初のうちはゴッタかえすけど、ひと通り済んだ頃を見計らってあてもチェックしに行く。

 お上の上限より若干キツメの数値をうっとこチームでは設定している。そんな数値もクリア。もう何度もチェックしているし、安定している。

 あとは皆の足取りが揃うのを待つだけとなった。ただ、その間、与太話に大輪の華を咲かせていた。



 

関所

 それから来た道を戻る格好で関所に向かう。
DSC02639

 もう一度大國さんの前を通過しようとしたらウジャウジャの人が。
「景気ええねんな〜。」

 大変遷からコッチ参拝客が増えたように思う。大きな産業が無いここらにはええ景気浮揚の起爆剤ですわ。
DSC02663

 正面信号を過ぎたらあとはのんびり走れるぐらいに静かになる。そこから10分も走らない?ぐらいで出雲平野の関所、島根ワイナリーに到着した。

 今は何ケ所有るのかな?の道の駅の手本になった場所でもある。

 できた当初は毎日スーツ姿のどこぞの役人が視察と言う名の観光に来ていた。中には試飲で顔を真っ赤にしながら観光バスに乗っていく姿が散見できた。(そのあとは松江温泉か?温泉津か?玉造か?でド宴会!)

 そんな試飲も未だにし放題。小さいカップで好きなワインやジュース飲み放題。ただ、年代モンなんかは有料ですけど。

 あてはジュースを飲んで、会社に持っていく土産を買って車に戻った。
「どっか行きたいところあるか〜?」
「えい〜!」
「いえ〜い!やのうて家かいな。」
DSC02664

 で、タカは「昔通った道から帰りたい!」と言うので「勝手にし。」と道は任せた。
DSC02666

 やっぱり通いなれた道はええですわ〜。懐かしい。ほぼ沿道もそのまんまやし。
DSC02672
DSC02683
DSC02689

 広島県と岡山県の境ぐらいのところに差し掛かった時に何気に
「新緑がきれいやな〜。」と撮った写真に飛行機から出したスモークが写っていた。この前日に岩国でアクロバット飛行していたブルーインパルスが翌週にある美穂基地(鳥取県)で演習をしていたみたい。方角的にもそのまんまやし。なんか岩国でそれを見る前に帰ったので得した気分になれて寝落ちた。
DSC02680

 気づけば家の近く。

 約束通り、晩飯は焼き鳥屋でウチなりのド宴会をして連休終えた。


崖っぷち。

 助手席に乗って海を眺めながら懐かしの釣り宿の前を通過。
DSC02632
(神話に出てくる岩です)
 釣り宿の若だんさんがちょうど外に出ていたが行ったら沖に出たくなるから通過。それからグネグネ道で10分ほど走ったら駐車場に到着。
DSC02635

 駐車場に着いた時点で何気にイカ焼きのかほりが〜。

 さっき蕎麦をたらふく喰ったのにここらは別腹?と気持ちは「いっとこけ?」思うが胃が「やめて〜。」と言うてます。ボチボチ胃の声を尊重しないとアカンお歳になってきています。

 そんな売店の数々を潜り抜け、(大袈裟な〜。4店舗だけやん。)灯台へ近づいていく。行く前に岬の際へ行く。

 ここも結構な名所らしいです。釣りで沖によく出ていた頃、そんな話を聞いていました。
「まだボディーが出てこんのよ。見つけたら今日の船代出るよ。」と船頭に言われたり。

 そんな際でちょっとおふざけ。あんまし調子に乗ると連れていかれると思い本題の灯台の方に廻った。
BlogPaint

 「上まで上がる人〜!」とタカが言い出した。
「ずぇったいパ〜っス!」と言ったのはあてだけだった。
BlogPaint

 上がり賃200円。

 あては下をウロウロしていた。すると、ちょっと愁いを含んだ青年が独りで・・・。何気に近くに行って何となく様子を伺っていたが、「なんやこのおっさん。」な雰囲気でにらまれてどっかへいった。ちょっと考えすぎやった様で。
DSC02657

 しているうちに上から
「おと〜さ〜ん!」と声が聞こえた。
「上がった証拠写真撮って〜!」と言われたのでパチリ!
DSC02656

 降りてきて、来た道を帰る。今度は引っかかてしまった!
「イカ焼き2本!」と注文している横から
「サザエひとつ!」とタカがサザエを注文した。

 イカをやっつけるのは苦でもなんでもない。気づけばイカが刺さっていた串だけが手に残っていた。

 車に乗って、
「もう、帰るだけか?と訊いたら、あっこへ寄らな。」
DSC02634

 ここらエリアに来た人はここを通過しないと島根半島の付け根から脱出不可能なところへ行くことになった。
DSC02633

喰う!

 チカどんが出てきたら雰囲気的に飯でも喰おか?な雰囲気になった。
DSC02618

 この日はオカンはガラケー忘れて、タカのスマホは故障中。時計があるのは車とあてとチカのスマホだけ。
DSC02624

 そんな話で時間は判らないが蕎麦屋が開いていたので食べに行った。
DSC02625

 注文して水なんざごちそうになりながらスマホ見たらまだ10時半ぐらい。
「え?まだそんなもんか。」と思うが、朝が早かったから今の昼飯もアナガチ間違いやないわな〜。と来た蕎麦を食べ始めた。
DSC02627

 ここの店は大きな声では言えませんが、皇室の方もお出でになるとか?ならんとか?
DSC02628

 ここで食べるのはあては毎度のパターンで、にしんそばと割りごそば。食べる順番も先ににしんそば、そのあと割りごそば。この逆に食べるとにしんそばの味が薄く感じるから。

 そんなはやい昼食を済ませたあとで、タカが、
「日御碕灯台に行きたい!」と言い出した。

 オカンが意外に「ええよ。」と言うた。なんにしても押しどころやな。これをあてが言うたらかなりゴネていたと思う。

 ここからは運転手交代。タカに鍵を渡した。



 与太話ですが・・・。
DSC02617

 この国旗は見覚えありませんか?

 実は某国民放送が深夜0時に放送が終了していた頃に君が代が流れている時にでていたのがここの国旗なんですよ。(世代はかなり代わっているんでしょうけど。)ここ大國さんの神楽殿前の国旗やったんです。いつまでかは定かではないんですが、日本一大きな日の丸やったとか。今もかも?






 

大國さま。

 チカどんが神楽殿の中に入ったので出てくるまであてらはその辺を散策。
BlogPaint

 朝のうちに2組の結婚式が行われていて、祝詞を上げたその足で表で親族の記念写真を撮る。
BlogPaint

 まだ9時過ぎぐらいで団体さんが居ないのでゆったりと撮影をしていた。見ているギャラリーから、
「おめでと〜。」と声を掛けられる。最初のうちは
「有難う。」と応答していたが段々めんどうになったのかその応答も聞こえなくなった。
DSC02601

 そんな幸せ絶頂な2組を見ながら本殿の方に行った。

 平成大変遷(修繕工事)関係のお祝いをやっている。なにせ、祝賀行事が5年も続くらしい。
DSC02610

 お伊勢さんの大変遷は20年毎。大國さんの次の変遷は遥か50年後なんで。

 そんな変遷が終わった本堂の周りをぐるり。

 最近は一頃よりデボチンをご神木にこすりつけて『気』を貰うっていう他力本願な奴が少なくなったのかな?この日は一人しか見かけなかった。これやっている奴の大半が関東圏の奴らが多いように感じるのは偏見だろうか?
DSC02614

 そんな事を考えながらちょうど真裏に回った時に蛙の鳴き声が聞こえてきた。ジブリのもののけ姫の一節に出てきたなにかの鳴き声に似ていた。「宮崎さんもここに来たんやろうな〜。ついでにこの蛙の鳴き声も聴いたんやろうな〜。」
DSC02615

 グルッと本殿周りを一周して表に戻ってお賽銭を投げ入れ、

 二礼四拍一礼。

 お参りも済んで神楽殿の方に戻った。

 

厄落とし。

 翌日の5月6日はチカどんの厄落としにちょっと遠出の出雲大社さんにお参りしてきたお話で御座います。
DSC02593

 あての釣りの元ホームグランドがそこらエリアなんですけど、かれこれ5年ほどここら海域に出没してませんわ。過去のお話になってしまいつつあります。

 なぜ出雲さん(大國さん)なのかと申しますと、以前あての厄落としの時に家からちょっと離れた有名な神社でやってもらったんですが、どーも落ちきれてない感が満載なんで仕切り直しで大國さん(出雲さんを地元ではこう呼んでいます。)それから調子よくなった気になれて無事厄年を超えれた。

 それと、平成の大変遷の式典に御呼ばれたりしたのも過去有ったりで。

 そんな話で前日の岩国から帰るときに新幹線で帰ったのも疲れを出さないようにへの配慮。翌6時過ぎに起床。家族を率いて出発した。
DSC02596

 大國さんのおひざ元に頻繁にお邪魔しなくなった切欠はまずジさまが要介護になったから。
「容態が急変したら帰られへん。」でした。そんなジさまも今では「あてより長生きするんとチャウか?」ぐらいのバイタルで御座いまして、元気にひっくり返って満5年で御座います。しかし半身不随はそのまんまです。

 そんな5年の空白は道さえも変わってしまった。

 と、言うのは、それまで長い間工事していた尾道道と松江道の開通があったから。地道を頑張って走っても4時間半はかかっていた時間がこの度初めてその新しい道を通ると2時間半ほどで大國さんのおひざ元まで行けた。
BlogPaint

 先ずは一番メインのお題、お祓いの予約を神楽殿のほうでお願いした。

 大國さんは本殿と神楽殿と2か所でお祓い、ご祈祷を受け付けている。詳しくいえばどっちかがナニ向きなんかがあると思うが、大しめ縄で有名な神楽殿のほうがあては馴染みが深いのでそちらにお願いした次第です。

 そうえいば、オカンのもあてのも皆、神楽殿でお祓いを受けている。

 時間まで間があるので付近をウロウロした。



 

てった〜い!

 朝、新幹線を降りてこっちロクに座っていない。

 ぼちぼち足先に中性脂肪一杯の血液が溜まってきているのを感覚的に感じる。

 そやけどとりあえず売店まで歩いた。
DSC02502

 中をグネグネ歩いているのでここで10kmは歩いているはず。
「あ〜。しんど。帰りはバスに乗るか〜?」
「どこが乗り口かわからん。」
「そら、そや。」
DSC02520

 そんなことを言いながらどっちが言う訳じゃないけど出口に向かっていた。後ろではF−16戦闘機が模擬空爆のデモフライトをやっていた。
「あんなんに狙われたら逃げようが無いわな。」
「ゲリラなんかようこんなんに喧嘩売るんや。無理。」そんな与太話をしながら途中売店でダメ押しの水分、イエローとグリーンのゲタレードを買った。日本国内にも売っているはずやけどなんか基地内で見ると凄くアメリカンな雰囲気に思える。それにしても飲み物の色がパステルカラーってどやねん?

 途中、警務隊の人が、
「南岩国駅の方が近くて乗車がスムーズです。」と言うのでそっちへ向いた。
(最後に撮ったハンビー。防弾仕様です。ガラスの厚さが7cmちょっと!)
DSC02540
DSC02539
DSC02581

 基地のゲートを出て暫く。
「ぜ〜〜〜ったいウソやろ!こっちの方が遠いやん!」気分的に萎えたら余計に足取りが重くなる。(あとでグーグルで調べたら出た距離は一緒やった。)
 で、やっと南岩国駅に到着した。でも、その甲斐あって、席は選び放題で座れた。荷物を網棚に乗せて、ブーニーハットを顔にかけて居眠りをした。

 岩国駅に到着したのも気づかなかった。それからしばらくして目が覚めた。グルグルっと立ち客の年齢層を見てもう一度寝た。
DSC02589


 広島駅に到着してタカに相談。
「在来線で帰れば家につくのは20時ぐらいかな?夕飯家で食うか?」
「家で食いたい。」
「ほ〜ん。ほんなら新幹線で帰るか。」

 新幹線で帰る事にした。その前に広島駅名物、驛そばをすする。

 目的駅が新倉敷。この駅はこだま号しか停車しないのでそれを待って、ゆったりシートに座って無事、新倉敷駅に到着した。

 結局のところ、ピザ買って、飛んでいる飛行機はソコソコしか見ずに行って帰っただけやったような感じであての中の29年岩国フレンドリーシップが終わった。

ずずいと。

 そんなオスプレイちゃんを舐めるようにみたあとは、
「本日のめい〜んエベント!」
_BAA0066

 F−35B ライトニング供
DSC02552

 以前ご案内済みやと思いますが、おしりの『B』はオマケについた訳やなくて、このB型は海兵隊仕様の垂直離発着ができるタイプなんですわ。
DSC02560

 因みに『A』型は空軍仕様で滑走路がないとアカン奴で我が自衛隊もこのタイプを買っています。ただ今4機が日本に納入済み。アメリカ本土で自衛隊員が日々飛行訓練中です。ついでにC型も海軍仕様で作っていましたがとん挫したとか?デカくて厚い壁にぶち当たってるようです。
_BAA0043

 ボデー表面が今までのジュラルミンじゃなくカーボンなんでデコデコしてなくて綺麗。武器類は全部胴体中に仕舞ってしまってしまう奴なので見てる分には
「ハリボテちゃうかな?」という疑念も。10機配備されています。海外基地への配備はここ岩国が世界初なんです。

 そんなライトニングちゃんだけに張り付いてもナニやし、自国の自衛隊の飛行機も見てやらないと。

 その隣にいたF−15戦闘機。今の日本の空を最前線で守ってくれてはる頼もしい奴なんですけど、並びが悪る過ぎますわ〜。地味に感じます。
DSC02561
_BAA0057

 さっき、ラストフライトを終えたUS−1海難救助艇。このデモフライトで退役らしいです。あとは神戸港まで飛んで行って解体かな?「お疲れさまでした。」(ピザ列に並んでいて飛んでいる姿は撮れなかった。)
_BAA0061

 それからEP−3かな?ラクダのコブみたいなんがデコデコと背中についている。敵のレーダーなんかのかく乱をする飛行機です。
_BAA0064

 そこまでで一応一通り見たかな?

 このあとどうするか?と思っていたら、タカが
「帰るほうに向いて歩こうか?ついでに水買わな無くなったし。」と近くの売店を見たらさっきピザを買った時より列の長さが半端なく長かった。
「ほな、入り口に近いほうの売店まで戻ろうや。」と戻りかけたら、F−16のデモフライトが始まった。

 滑走路から離れ始めて爆音だけは聞こえてくるけど飛行機は建物の陰で見えたり見えなかったり。

 カメラで追っかけても写りは小さいのでCCDに焼き付けるより瞼に焼き付けることにしながら売店の穴場、海上自衛隊のPX(構内売店)へ向かった。

 続きは週明けに。

 ほな、ええ週末を。





 
 

 

ささ。奥の方へ。

 手前の展示エリアには思っていた機体が展示してなかったけど、ピザを売るブースが有って、既に長蛇の列となっていた。その最後尾に並んだ。
_BAA0009

 メニューが見えるところまで来て値段を見て、
「うっそー!一昨年より500円も値上げしてるやん!足元みてるわな〜。」と吠えても需要と供給のお話ですわな〜。イヤなら買うな。ここらは流石欧米流ですわ。
_BAA0019

 とぉ〜い昔、ニューヨークでミュージカルを鑑賞した時も、名の売れたお題はプレミアムが付いてチケットがバカ高くてほかのマイナーなミュージカルを見たのを思い出した。あれと同じやな。
DSC02545

 値段表示は円とドル両方あった。円なら1500円。ドルなら15ドル。

 今のレートで計算すると、1ドルが112円ぐらいやから、円の方が少し安く買える。そう思うとちょっとお得感があるかな?で、小一時間並んでやっと番が来た。毎度の話で4枚買って一枚はその場でやっつける!で、3枚はお持ち帰り。
DSC02543

 買ってすぐに一枚はその場で半分こしてタカとやっつけた。

 それからちょっとした小技。皆さんピザを持って帰るには、諦めて箱を縦にして偏るのを「おなかの中に入れば一緒!」で持つか、ず〜っと両手で抱えていくか?しかないが、3mのヒモ一本あればたすき掛けして真ん中で結べば「はい。出来上がり!」そのヒモの持つところをタオルで巻いたら手にも食い込まなし。偏らないしええ事だらけ。

 で、段取りが済んだら滑走路近くの展示場まで歩いた。

 飛行場って、広すぎて歩くのが大変。日々歩かない奴が歩くから足の裏に違和感を覚え始めた。
「ん〜マメができたな〜。」

 これは来る前から織り込み済みだが、できたところが宜しくない。親指の付け根。

 原因は判っている。靴が足になじんでいない。先日?昨日下したばっかりの靴で来たから。履きなれたブーツだったら快足やったのに。これはタカにクギを刺されていた。
「上から下までミリ風味やったら付いていかんよ。」と。なんで大人しめの靴で来た。

 そんな違和感を抱えながら滑走路脇の展示場に到着した。

 お!

 おお!

 おるやん!

 何がって、先ずは手前のオスちゃん。さっきデモフライトもしていた。
DSC02550

 同じくらいの大きさの双発のヘリコプター(CH−64チヌーク)より聞こえてくる音がマイルド。パタパタ感が柔らかい。
BlogPaint

 これで沖縄の基地外が連日「やかましいオスプレイは・・・。」というプラカードを持って座り込んでいる人らは何やろね?ひょっとして非日本人?と強く思う。(ここらを書き始めると長くなるのでやめときます。)

 そんな最新の輸送機なんかな?飛行機なんかな?の中を見学させている。アメリカ軍ってふとっぱら!
「げ!見たい!」と思うが御多分に漏れず長蛇の列。さっきピザで並んだので今回は見送った。



 

とうちゃ〜っく。

 それから門をくぐったところで白い制服を着た海上自衛隊の方が、
基地そとで配っているビラを持っての入場は出来ません。こちらへ捨ててご入場ください。」とゴミ箱へ誘導していた。そらそうだ。反対してんのにその人らのパフォーマンス見るって矛盾してるわな〜。

 で、この隊員の『基地そとで。』を読み間違えたら『キチガイ』やな〜。そう言えない公務員の辛さかな?と独りニヤケていた。

 それから毎年ならここで長蛇の列になっているが今年は例年いなくスムーズ。
「お。今年は持ち物検査なしかな?」と思いながら進むとテントの手前で白い制服の海上自衛隊の隊員がIDチェックをしていた。免許証を見せたところで
「はい。OKです。」と通してくれた。

 そこからテント内はマーパッド迷彩を着た米海兵隊の隊員が持ち物チェック。そこで
「人の好さそうな隊員はどこや?」と探して、キツそうな隊員を素通りしてアジア系の隊員のところでバックパックを下した。

 中を見るのも大雑把。しかし、広域受信機がお気に召さなかったようで何か英語とその隊員の母国語交じりで何か言うてはる。一生懸命品番を確認していたが最後は「あ〜面倒くさい。」で通してくれた。

 これで、ま、ま。無事通過。

 しかし、ここで到着じゃない。さっき駅からここまで歩いた距離とそう変わらない距離を歩かなければならない。帰ってグーグルの距離を測ってみたら駅から入り口で2.4kmそっから会場まで入り口からほぼ同じ。(基地内は距離測定できない。)
DSC02490

 歩きながらタカと「ピザどこや〜。」を連呼していた。

 何故ピザかというと、何しに行ったって、5割はこのピザを喰いに来たぐらいに重きを置いた重要物資なんですわ。

 入り口から1kmぐらい歩いたところで手前の展示場になっていて、ここには、空軍系とNAVY系それと航空自衛隊の飛行機を展示してあった。
 
 最初に視界に入ってきたのは、
 Eー2 ホークアイ 哨戒機です。 出力一杯にしたら正面に立っている人間が炭になるとか?大型レンジですかね。日本も持ってます。去年暮れごろから沖縄に配備中です。
DSC02491

 C−130ハーキュリーズちゃん。西側各国のベストセラー機でたくさんの国が持ってます。この機体は空中給油仕様です。
DSC02494

 A−10サンダーボルト こいつは敵に回したら面倒な対地攻撃に特化した攻撃機。韓国の基地から来てました。
DSC02501

 F/Aー18スーパーホーネット こいつのエンジン音はやかましいです。
DSC02531
DSC02533
DSC02534

 これは自衛隊が最近買った空中給油機です。旅客機のボーイング767を改造してます。
DSC02515
DSC02516

 F−16 ファイティングファルコン 青森県は三沢基地からやってきた奴です。
DSC02508

 DC−3! 第二次世界大戦中に米軍が使っていたベストセラー機で、今年で77歳とか。朝鮮戦争時も現役やった気がします。ブラトニングが宣伝用に飛ばしています。
DSC02528


 あと色々展示がありましたがピザが気になって・・・。時刻も10時になってへんから昼飯には早いし。浮足立ってます。


 

いってきま。

 5:15に目覚ましが鳴って、そのまま5分ほど寝床でゴロゴロしていたら寝ていたハズのオカンに
「遅れるで。」と言うひとことを貰って下に降りた。

 段取りも何もバックパックに望遠レンズ装着済み奴は入っているし、あとはそれを背負って、カバンを持てばOK!状態。

 そこへタカが来て、
「遅かったな。もう行かんのかと思うた。」と嫌味を言われた。
「自分は何時に起きてん?」
「寝てね〜。」
「体持つんか?」
「いつものことやし。」

 そんな話をしながら家を出た。

 それからコンビニに寄って朝飯買って、新倉敷駅に到着した。

 さすが連休。始発にもかかわらず結構な人数がホームに居た。

 暫くして入線してきたのはレールスター号!
「あっかんやん!こいつ喫煙ルーム付いてないやつやん!」と吠えたらタカが、
「次の便も一緒やから喫煙ルーム無いで。」と冷たくあしらわれ乍ら乗った。

 乗車したのは3号車。
DSC02479

 何故かというと、この車両は元グリーン席やったんでシートが両端2席づつなゴージャスな奴やから。自由席の切符で座れるお得感が味わえるしお得なんですわ。

 それから各駅停車で、福山、新尾道、三原、東広島、終点の広島駅に到着する。

 広島駅から在来線に乗り換え。ここからが都会の通勤ラッシュ並みの混んだ電車旅になる。

 この岩国フレンドシップデーは国内の在日米軍最大級の集客をするイベントで、晴れていれば毎年20万人超が訪れる大イベント。岩国市の人口が16万人やから市民より多い、飛んでも8分、歩いて10分なイベントなんですわ〜。

 そんな満員電車に揺られること小一時間。岩国駅に到着した。

 例年なら駅からシャトルバスに乗るためになが〜〜〜〜〜い列に2時間ほど並んでやっと乗車していたが、待つ時間が勿体ない。歩けば基地の入り口に40分もあれば到着するのを前回来た時に歩いて実感しているのでそのまんま歩いた。

 基地横を流れるンたら川の上から撮影。
DSC02480

 さて。今年はどんな雰囲気なのか?毎年、兵隊さんの緊張度が違う。今年は半島の情勢が不安定なんでどないなりますやら。
DSC02481

 正面入り口に差し掛かった辺りでビラ配りしている奴が。
「在日米軍撤退させよう!」が居って、
DSC02482

 全部貰って川に捨てたろか?と思うが一枚もくれなかった。
DSC02483

 この場で、このタイミングでやる事かな?それを見にワザワザ来ている人間にこんなん神経の逆撫で以外何物でもないやん。後ろからこん棒で殴られても文句言われへんで〜。中々根性があるのか?空気を読む神経が無いのか?法治国家日本やからできる話よな〜。
DSC02484

 隣国で『少女像撤去しよう!』なビラ配っていたら1時間経たん間に血まみれやろうな〜。

 そんなことを考えながら毎度の鬼門、持ち物検査へ。



 

 

連休明け。

 始まる前は
「これと言って用事もないし、どない腐ったろ?」と思っていましたが、過ぎてみればそれなりに充実した連休になりました。

 そんな4日からの軌跡をネバっこくご紹介しておこうかと思っています。

 どぞ、最後までお付き合いください。

 3日の夕方、タカから、
「4日に帰ります。」とラインが流れてきた。

 「用事らしい用事がないからどないしよ?」ぐらいに思っていたんですが、帰ってくるとなるとそれなりに行動が変わって来る。ここにきて連休の算段の練り直しをしなければ。

 4日はどのみちジさま、バさまと昼食に行くのは予定済み。

 5日はどないしたもんか?タカの顔を見て相談やな。

 6日はチカどんもお年頃になって、厄年の厄落としに行く予定。

 7日はマッタリ。

 キーは5日の予定。ここでこの連休の良し悪しが決まる!と言っても過言ではない。

 そんなことを考えながら厳密にいうと4日の午前3時ごろ寝床に就いた。

 7時過ぎに起きて、惰性で「ぼけ〜」っとしながら昼前にジさま、バさまを連れて昼飯に出た。

 この日はリハビリも風呂も無い日なんで、「どこいこけ?」やったんですけど、流石に80歳過ぎている2人にはこの温度変化について行けず早めの帰宅となった。

 それから、あても5日に向けて散髪に行って、伸びていた髪の毛をサッパリさせて、ちょっと間が開いたガラガラ屋さんにお邪魔することにした。

 手ぶらで行くのもナニなんで、目についた和菓子屋さんに寄って、お菓子を買ってお邪魔した。

 買い物はオマケみたいなもんで、色々世の中で起こっている事象に対して「あーでもない。」「こうちゃうか?」とグダグダ言うて20時過ぎに店を出た。

 それから家に戻って風呂に入ってマッタリする時間だが、タカが帰ってきていない。ラインでも既読が付かない。そんな時オカンのガラ携に公衆電話から電話がかかってきた。タカからだった。
「スマホ壊れた〜。終電で帰る。」これで切れたようだ。

 迎えに行ってやるかの〜。と連絡が取れない状態で終電の3本前から駅前で待っていたがタカらしき人間が出てこない。

 終電も終わって20分ほどして家に向いた。

 家に到着寸前にそれらしき人物が歩いていた。
「迎えに行ったったのに!」
「来んと思って歩いて帰ってきた。」

 そんなやりとりをしながら、
「明日は行く気ある?」ときたら、
「それで戻ってきたようなモンよ。」と来たので、
「ほな、明日始発で行くで。」
「了解。」で寝床に就いた。


 

さて。

 さて。世間は発動してますな。連休。
DSC02398

 うっとこは今日まで仕事ですねん。

 そんな話の中で更新です。

 書くこと。

 あんまし政治色の強い話をするのは面白うないですよね。折角の連休なんですから。(何のつながり?)

 さて。今日の午後前には気持ちは既にどっかへ「パピューン!」って飛んでいるのは間違いのない事実かな?

 そんな気持ちも締まらない一日お仕事。お仕事。

 そうそう。明日から週明け7日までお休みをもらいます。

 8日にはネタもそれなりにあるやろうからここも少しはマトモになるかな?です。

 皆さんもはぶあぐっとりぞーとでございます。

 安全第一ではっちゃけまひょ!


連休が〜。

 うっとこの連休が始まるのは4日から。すでにご案内済みですね。
DSC02425

 そんな話の中で、「あんまし期待感が無い。」と書きましたが、やっぱりそれなりに気持ちは既にあさってへぶっ飛んでいます。

 先の土日の行動はジさまの介護と運転手とで綺麗さっぱり潰れましてん。そないな話でネタらしきもんが無かったんですわ。

 それでは余りに退屈なんでちょっと世間話なんぞ。

 日曜の朝に日頃は見ないんですが、『あっぱれ』という言葉を連呼する番組見たんですわ。その中で、
「韓国はミサイル発射されても平常にしているのに日本は地下鉄の運転を見合わせたり大袈裟!」といかに日本が空騒ぎしているかの如く言うてましたが、あてなりに考えると、

 「そぉか〜。あれはあれで適切やったんちゃう?」と思いますわ。

 なぜかというと、北朝鮮が韓国を攻撃するならミサイルなんかは必要ないんですわ。もっと単価が安くて信頼もある大砲撃てばソウル市内どこでも命中すんですわ。それぐらい国境に近いところに首都があるんです。

 そんな話で韓国を攻撃するなら大砲。ミサイルは必要ない。そやからミサイルが飛んでも韓国は
「あ〜。うち関係ないわ。」の体制でもええんです。(ホンマは休戦中なだけで戦争中は変わりないから多少は体制とれよ。と思いますが。)

 で、日本は?と言いますと、今更ですが、この極東アジア周辺の地図を頭の中に浮かべて頂ければ分かりやすいんですが、「ミサイル撃った!」このミサイルが隣国のチャイナにロシアとコリアそれとニッポンどれでも他国に落ちた!各国の反応は、

 国連の常任理事国の中で唯一の味方、中国に落ちたら、流石に温厚な習キンぺーちゃんも
「何さらすんぢゃボケ!国連決議に賛成してやる!」やろし、

 その北隣のロシアに落ちたら、キレもんプーチンはんが、
言葉より先に爆撃機と潜水艦からミサイルがピョンヤンに雨あられの如く降り注いだ後、
「ピョンヤンを更地にしたろけアホォ!」

 これが日本やと、菅ちゃんが、
「遺憾の意」砲がさく裂するだけ。アメさんが「日本に落としたらシバくど。」言うてはるけど、ホンマにシバくか微妙ではあるし。(ここでシバかんかったら日米同盟は吹っ飛びますが。)領海ぐらいに落ちても遺憾の意砲どまりやろ。という甘えもある。

 韓国に関しては前述の話もあるし、何より同胞という縛りもあってやりにくい。
 
 結局、舐められまくりの日本が確率的にいっちゃん高いわけですわ。そやから東急かメトロか忘れましたが、の対応は、

 「ええ判断やったよ。」と拍手を贈りたい。

 あの『あっぱれ』を連呼する番組はどこの国の番組なのか?大陸の3国がスポンサーなんやろね。と再確認させていただいた日曜の朝であった。

 さて。今日も定時まで仕事しよ。

大型連休!

 後半はうっとこも4れんきゅー!なんですが、1、2、3日は頑張ってのお仕事ですねん。

 そんなお仕事もそら、身が入りまへんわな〜。

 でも、後半の4連休も「もういくつ寝ると。」言うほど期待しているイベントが無いんですわ〜。

 5日に岩国に行くつもりにしていたんですけど、用事的な理由で行けそうにないし。

 そんなこんなな週明けです。

 さて。お仕事。お仕事。

今様に言いますと。

 聖地巡り。とでもいいましょうか?ロケ地???巡りを。
DSC02451

 ラーメン喰って、ちょっと道を外れて下津井方面に。

 もうほとんどロードショーはおわったかな?の映画『ひるね姫』の舞台が倉敷市にあります下津井エリアなんですわ。

 ガルパン(ガールズパンツァー)で地元が賑わったのでそれの2匹目のドジョウ狙ったのか?監督がこの地を好きやったのかは定かでないが、身近にそんな場所が出来たので見に行こう!という話です。

 ただ、その映画自体見ていないし、細かいところまでは判らないので、予告編で瀬戸大橋をバックにバスが右折して来るシーンがあって、これは直ぐに「ここや!」と判ったのでそこに行った。

 向かっている途中、鷲羽山に上がりかけたところで山頂の遊園地でバンジージャンプのアトラクションの先っぽに人がいるので
「お!もうちょいで飛び降りるど!」と見ていたが中々飛び降りない。丁度、児島インターのところで信号にかかった。

 「ほれ!今のうちに落ちんかい!」と思っていたら飛び降りた。バヨンバヨンしているけど本人は逝っちゃっている様子。
DSC02452

 信号が青になって進んでトンネルを抜けると3又路に突き当たる。これを右に曲がるとさっきバンジーしていた遊園地(鷲羽山ハイランド)2chで場末の遊園地としてちょっと有名?
DSC02455

 その反対左に曲がって道なりに走って暫く、瀬戸大橋の下をくぐってすぐにその場所についた。

 で、そのまんま切り取ろうと撮ってみた。
BlogPaint

 ま、ま。こんな感じかな?その足元に湧水が出ていた。これは知らなかった。そんな小さな発見をして、ゆっくり家に向かって帰って、あとは家でまったり。

 そんなこんなで先の週末が終わった。


 

せとないか〜い?

 海辺にきて海もロクに見ず帰るのはしつれいですやんね〜。

 そんな話で海に向かって歩き始めた。
DSC02428

 この時期の海は太陽の加減でブルーになり始める季節。(太陽の傾き具合)やっぱりお日様が北半球をよく照らしている方が青い。
DSC02420

 目の前が渋川海水浴場で、流石に今泳いでいる奴は居ないけど、ビーチバレーの大会かな?やっていたり、それなりに賑やかな雰囲気。
DSC02424

 にしても瀬戸大橋がよくみえる。こんなタイミングでカメラを持っているのは珍しい。
DSC02426

 陽炎が出るかな?の気温やけど出ていない。
DSC02427

 ここで
「あ〜。レフ持ってくれば良かった。」と思うが後の祭り。コンデジでも持っているだけマシかな?

 海を写すのもしっかり写して
「こんなもんで緩めたろ。」とオカンらがいる遊具の方に行くとツカサがジャングルジムに上がったはええが「降りれない!」と吠えているのでそれを見ながら大笑いして、
「ほな、メシいこけ。」と車に戻った。ツカサもエサに釣られて降りてきた。
DSC02444

 昼飯は行く前からラーメンと決まっていた。そない珍しいラーメン屋でもない。京都に本部がある天下一品やし。

 ず〜っと以前に海水浴に行った帰り冷え切った体をラーメンに温めてもらってそれ以来ここに来た帰りはラーメンとなっている。

 ラーメン屋に行く道中、来るときはオカンの顔が邪魔で撮れなかった海の風景が撮れる。窓を開けて撮れた。
DSC02446

 海沿いから内陸の方に入って暫く、ラーメン屋に到着した。



 

道中。

 ゆっくり目に起きて朝飯を食ってジさまに挨拶だけ行って、皆起きたところで出発進行。

 どっちの車を出すか揉めるかな?と思ったけどすんなりオカンが車のエンジンを掛けた。
DSC02394

 この日はこの時期としたら珍しく視程が取れている。
「例年なら遠くが薄黄色く見えているけどな〜。大陸で変な上昇気流を起こすから天候が不順やねん!」と思いながら助手席でやることもなく進行方向を見ていた。
BlogPaint

 しばらく走ったら、海岸線を走る道に出る。海側の景色を撮りたいがオカンの顔が邪魔。
「ちょっと顔どけて。」
「できるわけ無いやろ!」と言われた。(そらそーだ。)

 帰りは逆になるから撮り放題やからここは我慢の子。

 そんな会話をして10分ぐらいかな?目的地に到着した。

 ぱ!と見、「まだ早いな〜。」が感想。しかし、よく見ると、去年まで伸び放題だった藤がきれいに剪定されていた。(サッパリさせすぎている気が・・・。)
DSC02399

 日のよく当たるエリアはソコソコ咲いていて、写真を撮っていった。
DSC02403

 花が咲くと蜂もやって来るのは当たり前。クマン蜂がチョロチョロ飛んでいるがちょっかいを出さない限り攻撃もしてこない奴ではあるので蜜集めの姿を撮ろうと頑張ってみたが中々すばしこくて撮れなかった。
DSC02405

 与太話をしながら4人で人がまばらな藤棚の下を歩いた。
DSC02407

 駐車場の外周にグルっと藤棚がある。大体1000mまでは無いかな?をゆっくり歩いた。

 数年前、骨髄がひん曲がって歩くのが苦痛やった時から言うと数倍快適な散歩を楽しんだ。

 そんな途中で藤まつりポスターを見かけた。来週は屋台が出てにぎやかになるはず。
DSC02415

 一周して遊具のあるところまで戻った。チカとツカサはブランコに乗って遊んでいたのであては折角海辺に来たんやから海も見な。

 ということで独り外れて海岸線の方に向いて歩き始めた。

日曜は。

 そんな土曜の夕方。

 チカに手伝って貰って2年ほど前に買ってそのまんまやったテントを袋から出してみた。

 USMC(米海兵隊)の奴で何度か使った形跡があった。(そら、中古で買ってあるし。)

 袋から出した瞬間

 「くさ!」

 大抵買った直後に広げていたらこんなまでの『かほり』はしなかっただろう。2年の月日は完全防水の生地には長すぎた保存期間やったのだろう。
DSC_0194

 スプレー式の消臭剤を
「おりゃ〜!」とそこかしこに振りまいて、扇風機を引っ張り出してきて中を強制換気!乾いたころテントに入るが、

 「くっさ〜!」

 再びスプレーで応戦!

 今度は辛うじてかな?ぐらいまでは悪臭を制圧できた。

 あわよくばマットと寝袋を車から持ってきて寝ようかな?と思っていたが、ちょっとその気にはなれなかった。チカも同じくで。

 そんな格闘をした後、風呂から出てマッタリしているとオカンが、
「藤の花が見たい。」
「あれって連休中に祭りするよな。そん時に行く?」
「いんや。静かに見たいから明日行こうや。」
「別にええで。ブログネタに飢えてるし。」

 ということで、日曜の用事が出来た。

 もしこれが無ければ、間違いなく午前中家でゴロゴロして、UFOキャッチャーで取ったお菓子を食い散らかして昼飯に出て、本屋に寄り道して再び家に戻ってお菓子を食い散らかして、「胸わる!」言うているのが関の山やったから良かった。そんな話が済んだらオカンは2階に上へ消えた。

 あてはガラガラ全国大会に向けてのフィッティング(かっちょえ〜!)の続きをやっていたが、流石に眠気が来て日付が変わるころ布団にもぐりこんだ。

 テントはそのまま干すの兼ねて放置しておいた。

あけまして。

 金曜の夕方、
「さて。どれ見る?」とオカンとチカ・ツカにお伺い。

 オカンとチカは
「美女と野獣」でええんとちゃう?

 ツカサだけは、
「夜は短し恋せよ乙女」が見たいとか。

 上映時間を見たら、『恋せよ』のほうが8:20で10:00終了。

 『美女』のほうは10:50があった。

 ここで「お!両方見れる時間やん。」と気付いた。そんな話で
「よっしゃ。ツカサよ。自分、2本連ちゃんで見れるか?」
「別に見れんことないけど。」
「ほな、見るか!」
「え〜よ。」

 と、いう話で土曜日の予定はできた。

 ただ、この金曜のこれからが・・・。ラジオで夜に「天体ショーが。」と言っていた。しかし、運転しながら惰性で聞いていたのでどんな天体ショーともわからず、飛び出しても天体系はサッパリピーマンすぎて・・・。夜のお外遊びは無しに。その代り、5月連休明けの土日にソルヂャーモドキの全国大会の段取りもボチボチ始めな。とDVDを掛けて片目に見ながら細々としたところから始めた。

 で、午前2時過ぎに寝床にもぐった。

 あけて土曜。

 いつも出勤する時間と変わらない時間で起きて、ツカサを連れて2人だけで先発した。

 イオンに到着した。屋内の駐車場に入ったが、「いっちば〜ん!」いつもワサワサしている駐車場に一台も車がいない風景を初めて見た。
「なんかバイオハザートの世界みたいやな。」とツカサと言いながら。

 それからチケットを取って、ツカサは朝飯がまだだったのでホットドックを買って、ポップコーンと飲み物を買って指定席に座った。

 テンポよく進む内容に「始まる前に寝るかな?」と思ったが寝ることなく最後まで見れた。

 一旦映画館を出て、オカンらと合流。本日2本目の『美女と野獣』を見るため再び映画館に入った。

 結果は判っている安心?アニメもミュージカルも見ているので、要はそこらとの違い探し的な見方で見ていた。

 実写もアニメも演劇もそれぞれ違う特色があるな〜。と思いながら外に出て、うどんを喰って、ゲーセンに寄って、両替して(と言いながら結構UFOキャッチャーをやりました。)自宅に戻って、全国大会の段取りを進めた。

金曜び〜。

 さて。

 どこいきましょか?
メガマック

 なんかここに書くような用事がしたいな〜。

 と、思いつつ。

 フラットでごじゃ〜ます。

 ここで小遣いを使いすぎると連休の寺銭が少なくなるし。

 天気はどうにかよさそう。

 桜は散って葉桜になる過度期なんでビタイチ生えそろってないから撮影してもな〜。

 泣き言だらけですが皆さんはええ週末をおくってくださいね〜。

法要。

 にっちよ〜。
DSC02370

 この日はオカンのおかーさんの3回忌。早いもんですわ〜。

 ガンを患っていましたが、最後までそない痛がらないうえに、夕食後に「ぼた餅食べたいわ〜。」言いながら眠ってそのまま永眠してしまいました。

 そんな3回忌にタカも土曜の遅くに帰ってきて家族5人で参列してきました。

 なにせ、タカが居ると自分で運転しなくていい!完全に運転手要員。タカの運転で出発したのが7時。

 お寺は家から100kmぐらい離れているお寺なんでタカにとってはロングドライブかな?乗って最初の15分は起きて話し相手になっていたかな?皆さんオネムで、お寺が近くなったところで何気に皆起きた。

 集合時間までまだ早いので、コメダこ〜し〜で時間つぶし。
DSC02369

 頃合いになったのでお寺に行ったら「いっちば〜ん!」僅差でほかの親戚らも到着した。
DSC02373

 それから住職がお経を読み上げて、お墓に行って塔婆を立てて終了。
DSC02388
DSC02386

 会食は地元で。ということで、そっから寄り道もせずUターン。

 食事も済んで解散となった。

 ちょっと以前は自分が飲まなくても飲んでいる人らに付き合えたが久しぶりにそんな席に出たら結構なストレスになった。

 ただ今、それのリハビリ中で御座います。

 こんな週末が終わって、週明け。気分はすでに黄金週間へ。

なんか変。

 うららかな春日和。時間系列がごっちゃごちゃになっていますので少々時間を戻しましてのお話になります。


 大筋の流れはこうです。

 名探偵コナンがあったのは金曜日の夜。

 土曜日の日中にジさまの話し相手をしに病院へ。

 どこがおかしいかと申しますと、金曜の夜と、土曜の夜が入れ替わっています。ぼちぼちあてもアカン様になってきたな〜。

 そこらを修正しながら話を進めていきたいと思います。

 先ずは金曜の夜から。




 

 オカンが風呂から上がってきて、
「なんじゃ。コナンでもコナン違いやん。2階でコナン見るわ。」と早々に居なくなった。

 毎度の話でガラガラおもちゃに手垢をつけながら独り 猝ね莨年コナン” のDVDを見て気づけば日付をまたいでいた。翌日はジさまの話し相手にならないといけないので3巻までみたところで寝て、昨日のお話へ。



 ここからが土曜日の夜のお話。

 



 土曜日の夜はオカンは決まって「嵐にしやがれ」を見はるし、この日は3時間スペシャルやったようで、早々と2階に上がった。

 で、その代わり?チカとツカサがやってきて『未来少年コナン』のDVDを一緒に見始めた。

 つかさに裏紙をやったら見ながら落書きを始めた。

 何気に面白いので写真に撮ってみた。下が白やとピントが中々合いにくいが根気よくやっていくとどうにかとれた。
DSC02361

DSC02363

 やっと、ハイハーバーから残され島へ行ったところまでを見て土曜日は終わった。

 明日は日曜のお話を。








だせ〜な土曜日。

 土曜日は前日に脱水症状と発熱で入院したジさまの話し相手に昼前から病院に行っておりました。

 先週、火曜日ぐらいやったかな?気温が25度を急に超えて夕方は15度を切るぐらいの温度変化があった。

 そんな温度変化について行けず、晩御飯が終わったころ発熱。病院に連れて行ったら先のお話で緊急入院となりました。

 で、日中はあての当番ということでしたが、大して話す事もないし・・・。

 会社の近況と親族の話をしたらお互い話す事に事欠く。

 今を遡ることほぼ5年。脳こうそくで右半身が不随になった。

 要介護5のジさま。言葉も7割持っていかれた。

 元気なころは、「ばか!」で話に入って、要件最後に「ばか!」もう枕詞だった人が今は、
「ジさま、今日の大相撲は誰それが勝ったな。」
「おぉ。勝った。」ここまでが背一杯。

 そのあと、言いたい言葉があるんやけど言葉にできない。なんか魔女のばーさんに魔法で封印されたが如くですわ。

 最初の数年はそんな出ない言葉にイライラしていたが、ここ一年ほどは諦めがついたのか?「どうせ言われへんし。」な感じで落ち着いてきた。

 で、昼飯時、介護の人がジさまに飯を食わせてくれるのでその間にあてとオカンは院内の食堂に行った。

 ほぼほぼ一年ぶりの食堂。ここのスパゲッチーがあてはドはまりしているんですわ〜。濃厚なトマトソースが大好きで。

 それを食って、戻ったら、
「いつまで居るんな?」と聞いてきたので、
「別に時間は決めてないで〜。夕方ぐらいまでは居るつもりやけど。」
「もう帰ってええど。」

 そんな話で2時前に解放された。

 このあと夕方まで用事らしいものは無いのでゲーセンに行って、UFOキャッチャーでお菓子を取って、家に戻ってガラガラおもちゃを引っ張り出して手垢をつけていた。そこで何気に、
「今日のロードショーってなんなん?」とオカンに訊いたら、
「コナン。」
「ふ〜ん。」そこで連想ゲームが始まった。
DSC02338

 若いもんにとって『コナン』は名探偵やろうけど、あての頭の中では未来少年の方なんですわ〜。

 なんか久しぶりに見たくなって2階の箱に仕舞ってあるDVDを発掘してきて見始めた。

 全7巻。1話からスタート!




 

げっつよ。

 今週もはじまりました。
DSC02359

 うっとこらは桜がほぼ散ってしまいました。

 替わって新葉が芽を吹き始めました。今年の夏はどんな夏なんやろ?と思いつつ、色々思いを巡らせています。

 さて、それはさておき今週は何書こうかな?と思案中。

 ぼちぼち連休の段取りも始めないと・・・。そんな週明けです。

 皆さんもええ週末を迎えるために頑張りましょ。

 挿絵はツカサの落書きです。

帰って。

 それから米子道に乗ったまでは覚えている。

 気づけば大分南下して山陽道に合流するところだった。程なくフィクサー宅に到着。順位を決めるために各々魚を出すがあてには出せる魚がいない。サメちゃんは大きいけど軽いし。

 で、やっぱりフィクサーが一位。あとはドングリの背比べ。それが決まって解散。各々帰宅した。

 自宅に戻って荷物を下す。

 竿とリールは自宅に持ち込んだ。飯を食ってそのあと一緒にお風呂に入るため。お湯で塩を落としておけばなが〜く愛用できる。そんな話で使用頻度が少ないのも相まって、竿はかれこれ10数年のお付き合いになっている。

 お風呂から出たら自分が使ったバスタオルで一緒に拭き拭きして、外に干してこの日は終了。

 翌朝、近所の神社の大祭があるので早めに起きて魚を捌く。

 チカは「あ〜やりたかった〜!」と言いながら友達と約束している映画を見に行った。

 ツカサは用事がない?というか、ほんまに外に出ないやつなんで。しかし、あんましこういう系には手足を出さない奴やったので、やらない前提で
「やってみる?」と訊いたら、
「やるー!」とテンション高めで言うてきたのは意外だった。
DSC02339
DSC02340

 それからまな板出して、洗って魚をクーラーから出した。

 釣れたのはこんなもん。

 ハゲも一匹はフィクサーがクーラーに放り込んでくれた奴やし。
DSC02342

 ハゲは口先をスコ〜ン!と飛ばしてそこから文字通り皮を剥がしていく。
DSC02341

 鯛はうろこが固い、背びれのトゲには微量の毒があるしついでに骨も堅い。

 サメちゃんはほんまにサメ肌。包丁にやさしくない皮。

 これらをやってしまうのに30分もいらない。

 ツカサは「カワハギの皮を取っとく。」と言いながら物干しに干していた。あのザラザラ感が気に入ったらしい。

 そんな捌きも済んで、神社に行って、ご祈祷を終えて片づけをして午前中が終わった。
DSC02352

 午後からはガラガラの集まりに顔だけ出しに行って先の週末が終わった。
DSC02354
DSC02357


 どれどれ。週末ですな。うっとこらの桜は辛うじて残っているけど散り始めているから写真としては面白くないかな〜?と思いつつ、色々計画中です。

 ほな、週明けに。


 

言い訳を考えた。

 で、始まったハゲ(カワハギ)釣り。
DSC_0186

 皆さんは底から10mぐらい上の層を狙って、あてはドン底を狙います。

 針が小さいと言うても、それ用の仕掛けではない。ただ、道具箱の底に紛れていたアジ用のデットストックな仕掛けで釣っている。

 フカセ仕掛け(おもりから数メートル針を延長させている仕掛け)よりあては胴突き仕掛け(一番下におもりがあってその上に枝針を数本出す)の方が性分には合っている。

 そんな話だが、先日にご案内の通り、コマセカゴ(撒餌を入れるカゴ)が小さいので後ろや横で大きいカゴでガッサガッサ撒餌を撒いている人らの方に魚は寄っていく。と言う言い訳を思いつく。

 それでも時々当たりはあるがなかなか合わせのタイミングが掴めず、ぼちぼち納竿かな?のところでやっと一匹掛かった。それからぽん、ぽん。と釣れ始めたが、そこで
「お疲れさまでした。揚がりましょう。」と船頭のアナウンス。

 どのみち負け戦は負け戦。おとなしく竿をしまってこの日の釣行は終わった。

 港に帰る道中、イルカが船の速度に合わせて付いてきた

 普通に眺めていた。確定は出来ないが6頭ぐらいは居たように思う。

 で、最後の最後で
「お!写真!」と思ったがそんなイルカも湾の入り口でさいならしていたので撮ることもならず。こんな日はこんなんが続きます。
DSC_0189

 帰港後、帰りはフィクサーの運転で帰った。元気ですわ〜。フィクサーは。



苦行。

 移動後、ぽつぽつながら皆さんの竿に魚信があって何よりやったのが・・・。
DSC_0187

 船から30mほど離れた所で水面に小さな変化が。

 何かが水面付近を泳いでいる。「なんや?」と思っていたら、
「ブシャー!」と潮を吹く背中、サメのような背びれ。
「イルカやー!」

 「本日の釣りは終了で御座います!」時刻はまだ9時を過ぎた辺り。

 イルカが視界に入るとほかの魚は綺麗に居なくなる。特に回遊性の魚、ハマチちゃんや、アジちゃん・いわしちゃんはホンマにその海域から見なくなる。

 しかし、あてらが狙っている魚は鯛やし、イルカも獲物を追っている雰囲気は無いので底のほうを探る釣りにはあんまし影響が無いかも?(んな訳あらへん。)船頭はそれに反応しないし。(釣れても釣れなくても料金は一緒やからな〜。)

 数分船の周りでウロウロしていたがいつのまにか居なくなった。

 それからしばらく。

 あてが仕掛けを下して着底したタイミングで
「ポイントを変えます!」というてアンカーを上げ始める。(なんかこのタイミングを狙ってないか?)という疑念が湧いてきた。

 そのあともあてが仕掛けを放り込んだら、
「アンカーを打ち直します!」とやってみたり、(ここらで疑念が確信に変わりつつある。)

 で、そこそこほかの人は釣れているのに根拠ないポイント移動が。

 この時もあてが仕掛けを下して着底した直後に。
「こぉーら!ニーちゃん!わざとか!」と船頭にとうとう吠えた。すると「げ。怒った。」な顔つきで前言を撤回した。主語がないのにそれに気づくということはわかってやっている根性悪ですわ〜。

 初対面で言葉使いも気を遣ってしゃべっていたのに何でこないな事するかね〜。

 それからは嫌がらせをしなくなった。

 で、あてのクーラーの中に入っている魚は塩焼きにはちょっと大きいかな?の鯛が一匹と、サメちゃん一匹だけ。90リットルのクーラーがさみしい。 因みにほかの人のクーラーには鯛が4、5匹入っている。

 ぼちぼち昼かな?と腹時計は言うているけど、まだ11時になったばかり。

 そこからもうちょっと我慢の子で11時半ごろ昼飯を食うことに。

 270円のコンビニ弁当がおいしい。

 で、釣り再開。

 しかしながら、フカセ仕掛けではなんか釣れる雰囲気が無いので思い切って鯛もイサキもあきらめて、外道と言われた嫌われモノのカワハギを釣ってやろう!と小さな針の胴突き仕掛けに変えて「ファイ!」




あてのもっと〜
  感銘を受けた一言
 
男前と別嬪だけの世の中ちゃうで。

ブッサイクやったら他の話で勝負せい!
あての歴史
楽天市場
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ