ボヘミアンがらがらおやじ

 人と接するのが苦手な余剰社長の生態をご紹介。  週末辺りの生態なぞ残していっています。  一応ノンふぇ〜くしょん!多少美化されている部分はあり?

 時にまぐれで素晴らしい写真や文章が掲載されるかもしれません。それらの著作及び付随する権利一切を放棄致しません。ご了承の上ご覧下さい。

夏のクラクション。

 なんとなく何書こう?と思っていたらこんなタイトルが頭の中に浮かんできました。

 海沿いのカーブを君の白いクーペが曲がったら夏が終わってしまうんですわ〜。(通勤の往復にその道を毎日通ってたら毎日終わるやん!それも朝夕一日2回!と、ガキの頃は突っ込みを入れてました。)

 ハイテンションな曲が主流の夏をテーマにした曲の中で夏の終わりごろの話をテーマにしてスローな感じの数が少ない曲ですな。

 ひと夏の恋の終焉。

 それからもう一曲あった!たっちゃんのさよなら夏の日。

 これも別れの歌でんな。

 人生においてひと夏の恋!というブルジョワかパリピぐらいしか経験しない話とは縁遠い暮らしをしてたな〜。

 そんなモノクロームな青春を思い出した朝の一コマでした。

 それも人生。

 社会人になって夏の季節商品の扱いのが生業になって余計に『夏=忙しい!』はよ終わってくれ!が染み付いてしまって蝉の声を楽しむ余裕もなくなって久しいですわ。

 んでもって秋になったらナニがええ?ってオモチャのテッポ担いで遊ぶにはええ季節になりましたわ〜。何せ、重いの着てウロウロするのに楽になるのと、これから魚が美味しい季節になります。ジさまが逝って心配案件が減ったのも有って今シーズンから釣行回数は増えると予想してます。

 新しくクーラーも買ったし。長靴もピカピカやし。

 ボチボチ遊びの段取りを始めました。というお話でした。




 どれ。週末ですな。

 明日は久しぶりに土曜日休みですわ〜。そんな土曜休み一発目に「ファイザー!ブチュ!」してきます。

 ほな、皆さんもええ週末を。



ヘ〜ッドラァ〜いと。

 最近は日の出が大分ゆっくりになって参りました。

 と、言うても朝の5時半ぐらいかな?

 出勤時には既に明るいんですけど、帰りの夕方6時ごろは既にお天道様はかなり西に傾いて薄暗くなってきます。

 丁度その頃に家に向かって帰るんですが、前照灯を灯すタイミングが人マチマチですな。

 あては、ちょっと暗いかな?と思ったらスモールランプだけ灯して走ります。はよからヘッドライト点けると眩しくて対向車線から見たら前の車の存在を光の中に隠してしまうから先ずは
「あてが居るで〜。」位の存在アピールをします。

 んで、もうちょい周りが暗くなったらヘッドライトを灯して走るんですが、フォグランプは点けません。名前の通り霧が出た時に点ける灯火ですんで。

 んで、以前から感じていたんですが、全員がそうでは無いんですが、ダーク色な車に乗っている人は基本的に夜目が効くのか?色が濃いから周りが明るく見えるからなのか?点けるタイミングが遅い人が多いですよね?

 不思議な法則になるんかな?

 厳密にカウントしたわけじゃないけどこっちはヘッドライトを灯しているのにスモールランプすら灯してない。辛うじてグリルのクロームメッキにコッチのヘッドライトが反射したから存在が分かるぐらいでも点けない人も。

 あれなんでですかね?

 夜目が効くから?点けたら電気代が勿体ないんかな?電球の寿命が縮むからかな?

 これからどんどん日没時間が早くなるからそんな事を考える事が増えてくる季節ですわ。

 それから信号で止まった時に道の起伏で車の頭が持ち上がるように止まった時に対抗の車に気を遣ってヘッドライトを消すという行為をしてくれる人が圧倒的に減りましたね。これも時代の流れですかね?

 そんな事を考えながら日々安全運転を心がけて走っています。



 

暑い。

 お盆休みも済んで次の目標は土曜日休み。

 季節商品を扱っているから夏場は土曜も仕事なんですわ。
「売れる時期に売らんでどないすんねん!」

 なんですが、いっちゃん過酷な時期に週一しか休みが無いと結構疲れがクレジットされるんですわ〜。ついでにこれがリボ返済では貯まる一方なんですわ〜。

 で、子供らが大きくなって就寝時間が遅くなったんで余計に疲れが取れない。

 そんな話で先の日曜は暑くも有るし、一日家で怠惰な時間を過ごしたんですが、却って隠れていた疲れがドバ!っと出てきた感じでそれが処理できなくて月曜日の朝は最悪の目覚めでした。

 今週後半からゆっくり秋に向かって涼しくなるとの予報ですが、
「今すぐ涼しくしてー!」

 若かれし頃は夏がいっちゃん好きでしたけど、今は夏がいっちゃん嫌いな季節になってしまっていることに気づいた昨今で御座います。

 と、いうても草むらでは既にコオロギが「ヒョロヒョロヒョロ〜。」と鳴き始めています。

 秋はもうすぐ。

 今年もサンマが超絶に不漁らしいですね。今年は喰えるかな?

怒涛の終わり。

 そんな自然の猛威の片鱗を見て帰りは安全な2桁国道を南下して、岡山市内に入っていつもの分岐を曲がらずにまっすぐ南進。
「ありゃ?そこ曲がらんの?」
「は?自分、寄ってもええ言うたやん。」

 オカンが会話に中でつい言ってしまった「帰りに寄りゃ〜ええがな。」を流して聞くほどあての耳はボケてない。

 直進したのは何の為?

 それは好物に出会う為。

 思うように進まない道を選んでまで出会いに行く好物はなんですの?

 それはケーキです!

 岡山市の南寄りの街外れに製菓工場がありまして、その工場に直営店が併設されてまして、正規品も売っているんですがお目当ては正規品や無いんです。

 製品にする段階で出る端切れなんかを破格値で売っているんですわ。

 正規のロールケーキやチーズケーキを買えば一個1000円ぐらいするやつの端切れが50円から250円ぐらいなんです。

 どうせお腹に入ったら形や見た目は関係ないですやん。

 ツカサとチカはここに来るのは初めて。あて以上に興奮して、
「きゃ〜〜これも!あれも!」と籠に入れていく。支払いは自分や無いから余計かも?あてが反対にブレーキをかけないと。な勢いで。

 家への道中、戦利品のうんちくを
「あーだ!」
「こーだ!」
言いながら一日中座って居たのと雨で気分が落ち込み気味だったのを吹き飛ばすには強いぐらいのインパクトだった様だ。

 帰宅して晩御飯よりも食後の方が楽しみで
「どれから食べる?」と久しぶりに賑やかな食卓になった。

 起きて最終日。この日は差して用事が無いので何をするか悩んだが、午前中、ジさまの仏壇にお参りに来る人が居たりで家を出れたのが昼前。

 昼前に倉敷市民の娯楽の殿堂イオン倉敷ショッピングセンターに行くには遅すぎる。駐車場難民になる事は確定やから。

 と、なると三井アウトレットやな。

 あては行ってもモンベルとコールマン以外用事が無い。と、言ってもこの時期目新しいものが入荷している訳でも無いし。最近はチョコッとフランフランに行くかな?と言うたらチカに
「フランフランいくん?意外やわ〜。」言われた。
「ふらん、ふらんと入ってしまう事があるやわ〜。」
「おもんな。」

 到着後、
「一時間後にゴディバの所集合!」で解散。

 あては一通り撫でる程度に店を回って30分もかからず集合場所の椅子に座ってスマホとにらめっこして皆が戻って来るのを待って、揃ったら店を出て昼めし食って、帰宅して暫く。タカが戻って来た。

 近況を話して、あてはシエスタ。

 夕方、久しぶりに5人揃っての食卓を囲んで怒涛のお盆休みが終わった。

お休みは怒涛の 2

 あとは流れに沿って走るだけ。

 墓地に行く手前に街がある。そこで時間も時間なんで昼飯に。

 目についた寿司屋に入った。

 お盆のど真ん中なのにちょっと気温が低い。温かいみそ汁が下がり気味の体を温めてくれる。

 んで、食べたお皿を5枚入れるとルーレットが廻ってアタリが出たらテーブル上のガチャガチャからカプセルが出て来る。

 鬼滅の刃のノベルティーらしいがほぼほぼ興味がない。ただ、注文するタブレットのルーレットが廻るのが楽しくてやっていた。

 結果、3つのカプセルが出てきた。

 席を立った時に丁度通路を挟んだ席におとーちゃんと幼稚園の年長さんぐらいの男の子2人が食事していたので、
「これいる?」と訊いたら
「いるー!」と元気な男の子が返事してきたのであげた。

 それから走る事30分も無いかな?墓地に着いた。

 予定外の峠道をグネグネ300km弱走った割に供える花のダメージが少なかった。

 小雨がパラパラしているので線香は少な目でお墓参りを終えて帰路に就く。

 

お休みは怒涛の。

 3日間は「あ!」言う間に過ぎて行きました。

 初日はジさまの初盆なんで親族寄って拝んで、金曜日で金融機関が開いているからジさま関係の事で銀行回りして日没を迎えた。

 2日目!

 この日はオカンのとーちゃんかーちゃんの墓参りに行く予定やけど、前から鳥取県の米子に用事が有ったのでそちらから大回りで行く段取りで、先ずは自分所のお墓に参った。

 不思議とその間、雨がやんでいた。往復30分ほどで済ませて一服して
「どれ。出発!」と出たはええけど、大雨ですわ〜。

 途中、余りに雨が酷いので米子行きをやめてお墓へ行く方向に舵を切ったはええけど、三桁国道ってすぐ通行止めになる。予報の雰囲気でボチボチかな?急いで山岳部を抜けようと思って走っていると、思った通り『通行止め』の看板の設置を始めていた。

 一か所目はどうにか通過!それから暫く走って次の分岐点では設置が完了していて整理している人に停められてUターンを余儀なくされた。
「もうちょい行ければ二桁国道に出れるのに。」と思うが迂回することに。

 そこから最短で二桁国道に出ようと思うが分岐でことごとく通行止めの看板に「こんにちは!」

 結局、かなり南下してやっと幹線道の二桁国道に出れた。


 刻みます。

 

お盆!

 明日からうっとこもお盆休みに入ります。

 お墓参りして帰りにちょっと寄り道するかな?

 武漢ウィルスの話も色々飛び交ってどの話がホンマなんかわからんようになって来ていますが、自分なりのセルフディフェンスをして楽しんできたいと思います。

 そんな夏も2回目か。

 来年の夏はマスクなしで「ヒャッハー!」出来るのかな?

 そんな事を考えながらジさまの初盆ですわ。

 この初盆も亡くなって3カ月以内なら翌年が初盆になるとか?宗派によって微妙に違うみたいですけどうっとこのお寺の習わしだと今年が初盆です。

 でも、連休中ず〜っと雨予報。

 青森のむつ市の方は大雨で冠水したとか?心中お察しいたしますと共にお見舞い申し上げます。

 あの悪夢は2度と体験したくない。

 どれ。先祖に向かって吠えて来ます。

 

エアコン

 日本の家屋でエアコンが付いてないところは圧倒的に少ないと思います。

 そんなエアコン。

 去年の夏、離れ2階のエアコンがアボン!しまして最新鋭のエアコンにしたんですわ。

 これが性能良すぎて。

 設定温度28度で『おまかせ』ボタンを押して寝たら、朝方気温が下がった時に暖房に変わって加温しやがりますねん。

 センサーが敏感過ぎるんか?気の利いた奴なんか?これぞ、


 小さな親切大きなお世話!


 温度が設定温度になったら送風が切れて、あとはチビチビ微風を送ってきたと思ったらまた送風が止まって、ちょっと間が開いて今度は強風で「ぶわ〜〜〜!」と冷風を送ってきたりランダムに動くんですわ。

 昔のエアコンみたいに冷えすぎ!いうのは無いですが、こやつのクセになれるまでもうちょい時間が掛かりそうな感じです。

 色んなものが日進月歩で進化してますな〜。

 そんな進歩について行けているんかな?

 電子マネーには完全に乗り遅れています。

 それにしても今年の夏も暑いですな〜。

暑いけど2

 んで、席に着いてメニューを見ながらどーも洋食の気分や無いな〜。という事で、和食の定食を頼んだ。

 暫くしてたらお客さんが怒涛の如く流れ込んできた。

 ちょっと早めに入ったのが良かったのかな?

 運ばれてきた定食がコレ。
DSC_0058

 よくよく考えると、ジさまが逝ってから和食系の定食を喰っていなかった。2か月ぶり位の感覚やったんで新鮮に思えた。

 食べた後、運転手交代でオカンの運転でホームセンターに行った。
DSC_0059

 時々こうやって大きな買い物は無いけど店内をウロウロするのは楽しい。

 そんな中、扇風機売り場で足が止まった。色々あって、モバイルバッテリーで動く奴が主流になってきた?と思えるほど色んな形や大きさの扇風機を見て、キャンプ用品売り場を物色したりしたが、結局買ったのは家を出るときに欲しいと思っていたモノだけを買って、帰宅した。

 自分の指定席に座ってやるとこを探したが、これと言ってやることが無い。そんな時にはゲームかな?なんですけど、ここで悲報です!

 プレステ3が逝ってしまったんです!(2度目の告知かな?)

 スイッチは入るから今までのゲームデータは抜けそうなんですが、ゲームが出来ない。

 プレステ5を買おうと思っているけど品薄でビックリ価格やから手が出ないし、プレステ4も案外値段が落ちていない。

 しか〜〜〜し!プレステ2は元気!元気!こっちのスイッチを入れる。

 そんなこんなで夕方。

 半日も指定席に座って居ると坐骨が痛くなる。座る姿勢が良くないのとプレステ2はコントローラーが有線なんで背もたれによっかかるとゲームが出来ない。

 用事の無い休日はこんな悩みが出て来る。

 晩飯喰って、風呂から出ても大して変わらないスタイルで深夜までゲームとDVD鑑賞をして寝床に入った。

暑いけど。

 先の22日、23日は珍しくうっとこも休みやったんですわ〜。

 運送屋が休みなんで出勤しても出荷が出来ないからなんですが、平日に休むことになれてないあてで御座いまして、オカンと「何する?」の押収合戦になって結局、妙案も無く初日を迎えた。

 取り敢えず、探した小さい用事を大事に抱きしめて家を出た。

 先ずは電気屋さん。プリンターの補充インクを買いに出たが品番が分からない。オカン曰く、
「見たらわかるから品番はわからんでも大丈夫!」
「んな訳あらへんわ。どれも似てるで。絶対わからへんわ。」
「余裕!」というオカン。

 数分後。

 「なー。わかる訳ないがな。」

 で、手ぶらで電気屋を出た。

 続きましては薬局。

 いつも行く店と違うところに行ってしまったのでどこに置いてあるかわからなくてこれまた手ぶらで店を出た。

 ほんで次は100円ショップ。

 ここも本命の品が見当たらなくて1個強いて言えばの品を握りしめてこの日最初の出費。

 費税込み、110円を支払って店を出た。

 この時、10:56 昼食を喰うにはちと早い。

 という事で、時間つぶしも兼ねてジさまを生前連れて行っていた店に行こうかという事で、車を向けた。

 道中、ジさまの悪口大会となんとなくうっとこの家系の話に華を咲かせて目的の店を目指したが、
「あっこって11時半からよな?ま。駐車場で待ってもしれてるわ。」

 ことのほか道が空いていたので早く到着してしまったが予定通り駐車場で『ほけ〜。』として5分前に店の前に並んだ。

さすがに。

 更新の間がエッライ空きましたんでちょっと更新。

 ジさまが亡くなって約2か月。

 やっと色々の手続きやらも一段落したかな?49日も35日で終わらせて納骨も済ませて肩の荷が大分軽くなってきました。

 そんな話でここで「ヒャッハー!」出来るかと言うとそうはならないんですわ〜。

 でも、先の日曜日にはオモチャのテッポ担いで森を駆けてきました。

 写真を撮り忘れているので白いバックと黒い文字だけのお話になってしまうのが残念ですが毎度のお話なので期待はされてないと思うし。

 元々日陰な趣味なんで、やっているのを隠してはる人も居てはるから日ごろから撮影はしてないから割愛で?

 この時期は商売が最盛期で「ここで儲けやなどこで儲けるねん!」なんで土曜日もお仕事なんで前日からゆっくり準備ともいかず、天気予報の更新毎に言う事が違う七変化に室内装備?屋外装備?に悩まされながらドッチ付かずな装備で前日の夕方から装備をまとめた。

 で、起きたら、
「なんや。晴れて無いか?」朝飯喰って早朝の国道2号線をビャー!っと走って、県境近くでガッ!と曲がって、ビュー!っと走ったら到着ですわ〜。

 それも、
「いっちばぁ〜〜ん!」

 荷物を降ろして準備していたら続々とモノ好きどもが集まって来た。

 与太話氏に華を咲かせながら準備していた時に、
「ドッチ付かずは言い換えればどっちにも使えない。」という事に気づくのにそう時間は掛からなかった。ついでに持って行った2丁のテッポのうち一丁は故障で使えない。ときた。

 サブ的に持って来た方のテッポしか動かない。
「今日はチキンなターゲットと日光浴の日やな。」とあきらめの境地に入ってゲームが始まった。

 そんなゲームでもただ『座して死を待つのみ』は嫌なんで「叶わぬまでもー!」と前へ出た。

 敢無く玉砕そんなゲームを4ゲーム楽しんで昼飯!

 今回も米軍さんの携帯食。メニュー14のクリーミーんたらほい。直射日光が当たって湿度が90%ぐらいの環境で『クリーミー』と名の付くものが果たして美味しく食べれるのか?

 サブメニューのスプレッドが久しぶりの登場!ピーナッツバター!!!!舌に残るしつこさがクセになる逸品で御座います。日本国内でこれに準ずるピーナッツバターとお目に掛かれないのは何故だろう?クラッカーに塗り塗りして喰って、メインのクリーミーなんたらが温まったのでそちらを開けたたら喰う前から絶叫レベル!
「なにこの色!緑色の中に短く切られたヌードル状のモノが混ざっている!」食欲を削ぐ色合い。食べておいしければ問題は無いのだが、味も何も?ついでに、砂でも入った?な噛み応え。

 味はタバスコかけてごまかした。

 凡人ならここで喫食を辞めるレベル。しかしおデブはそんな障害をものともせずに完食。

 レトルトを温めたお湯でおまけに付いているインスタントコーヒーを淹れる。タイプ3って1も2も飲んだことないねんけど。

 暑い時に熱い飲み物は飲んだ後に来る清涼感がええです。

 昼からもやっぱり玉砕続き。

 一発撃ったら100発ぐらい帰って来る。

 そんなゲームもラストゲーム。

 敵を遮蔽物に釘付けに出来たところで対角から味方が追い込みをかけたら敵がこっちに逃げてきたのをやっつけれた!この日初めてのヒットを取ったところでこの日のゲームが終わった。

 帰りの会が済んで着替えるときにコンバットシャツを脱いだ時のあの気持ちよさは最高ですわ。

 そんなこんなで久しぶりのテッポ担いでの一日は楽しかったです。

 今度はもうちょい早めに更新しますわ〜。

日々雑感。

 武漢ウィルスの猛威は留まるところ知らずで賑やかになって久しいですな。

 いつマスクの呪縛から解き放たれるんやろ?

 特に夏は堪えますわ〜。

 そんな話で冷間マスク!と名がつく奴を買いあさって使ってみるも、付けた瞬間は、
「ぃや〜。冷た〜。ええ感じやん。」なんですが、10分も経てば
「皆い〜〜っしょ!」

 そんなマスクのええ条件ってなんやろ?

 フィット感と通気性かな?

 フィット感は、低くくても出っ張った小鼻の隙間が無くてホッペタの隙間が顔の形状にフィットするのがええですわな。あと、耳が痛くないゴムやったら尚ええですわ。

 問題は通気性ですな。呼吸が楽やったら文句はないけど、今度は肝心要のウィルスをブロックできるか?が問題なんですわ。ここのせめぎ合いになってきますわな。

 世間の言い訳でけでするマスクならシースルーでもええんでしょうけど、どうせ着けるならブロックしてもらわな装着する意味がない。

 そんなこんなを考えながら「これがいい!」に出会わないまま2度目の夏が到来しました。

 はよ、この騒ぎおわらんかな〜。


 さて。うっとこのジさまも亡くなって一カ月が過ぎました。

 この週末は色々行事がありますんで居なくなります。

 いただいたコメントのお返事は週明けになります。

 ちょっと早いけど、ほな、週明けに。



 

あひゃひゃ。

 いつもは「お。これはブログネタになるな!」とか「これは話のタネにならんか〜。」と常にアンテナを張っているんですが、最近このアンテナの劣化が激しくて受信感度が落ちております。

 そんな話でこれをタイピングしながら「ナニ書いたらええねん?」が頭の中を人工衛星の如くグルグル廻っております。

 ここで一旦フリーズ。

 ジさまが亡くなって・・・。

 「このネタもどやろ?」

 こうやって自分の中でハードルをどんどん上げて行くもんやから余計に書けなくなる。

 んで、結局、上がったハードルの下を突っ走るパターンで収まるのが常なんですわ〜。

 しか〜〜し!ネタが降りてこない。


 暑いね〜。

 そや!昨日夕方の天気予報でで、
「気温は高いですが空気が乾燥しております。火の元にはお気を付けください。」というフレーズが出てきた。

 お〜〜い。地球。

 今梅雨やんな〜?なんで空気が乾いてんねん?

 そら、あてはジメジメよりこっちの方が過ごしやすいからええねんけどな〜。自分それでええの?

 ここ数年こんなんばっかりやん。んで、梅雨後半に在庫調整の雨「どばぁー!」と放出しよるから地上がベチャベチャになるよんねん。

 かなんで〜。

 3年ほど前はうっとこの会社水没してもたし。やめてや〜。

 掃除すんのんごぉ〜〜つぅシンドイねんから。



 そんなこんなで週末ですわ〜。

 土日の天気は梅雨らしい天気になりそうな予報やから「良かった。良かった。」
とは言いにくいな〜。せめて週末だけは晴れてくれたら色々できんねけどな〜。と、ご都合主義な事を考えながら、雨天は雨天なりにやる事を見つけて楽しみたいですわ。

 ほな、皆さんもええ週末を。

い〜〜!

 それにしても故人の遺品整理って大変ですな。

 価値のあるモンは放っておいても姉共が持って帰るけど着ていた服やあんまり価値のないモンなんかはどないしたもんか?捨てれば早い?

 と、言ってまだ使えるから。が廃棄の邪魔をする。

 捨てるに捨てられない品々がてんこ盛り。

 この時思った。

 あてのコレクションはオカンから見たらガラクタやから簡単に捨てられるもんだらけ。

 しか〜〜〜〜し!マニアに見せたら結構な値段で引き取ってくれる品もあるから「簡単に捨てるなよ。」とはいうてますが、オカンはオークションなんかに出す手間より「捨てた方が早いやん!」な人やし。

 服も着れるサイズの奴が近くにいないから捨て放題!

 あてが逝った後は簡単に片づけられるんじゃないかな?

 と思いながら、要らんモンをポンポン買うのにブレーキがやんわり掛かっている?昨今で御座います。

 さて。

 週末ですな。

 コロナのせいにして経済活動を締めに掛かる奴らを背にしてこの週末は何しまひょ?天気はよさそうやから暑くなるかな?うっとこらエリアは今が田植え時期です。カエルの大合唱が元気に聞こえ始めました。

 ほな、ええ週末を。

さて。週末。

 ジさまが居なくなってはや2週間がたちます。

 これがどう忙しいのか実体が掴めれないけどなにやらせわしない。

 でも、お墓に彫刻してもらう段取りやら、介護さんへの最後の支払いやら通常の生活とはちょっと外れた非日常がエッセンス程度に入るだけで忙しく感じている。

 と、言う事は日々暮らしている「な〜〜んか張りのない生活しているな〜。」とかんじている日常もそこそこ社会生活の中でち密に組み立てられた中で生活してんねんな〜。という事が言えるのかも?

 そんな事を考えながらこの週末はどんなタイムテーブルを辿るんやろ?

 焼香客ももう来ないかな?現役を離れて10年近くやから会社の関係も来ないし。と思ったけど会社関係にはほとんど知らせていない。知らせたとしても遠路はるばるお出で願うのも気が引けるし。

 それに大都会岡山県はただ今、外出規制されていたんや!

 身近に感染者が出て居ないので今一つ実感が無いのが正直な話です。

 コロナ騒ぎもいつまで続くの?

 テレビに映らない日が無いほど東京都知事の顔が出てきますが、あの人の顔を見ると連鎖反応で、
「コロナ・オリンピック広報大臣が出た。」と思ってしまう。

 そういえば聖火リレー今日は滋賀県走っているんかな?

 滋賀県はちゃんと沿道を走るそうで。ええ県知事さんやな〜。沿道走行やらなかった府県の知事さんはナニよりな人が多い傾向が有るような気がする。

 ま〜はよコロナ騒ぎ終わらんかな?

 罹患しないにはワクチンより自分の体調をしっかり管理して免疫力を落とさない事が大事ですわ。日々バランスの取れた食事と適度な睡眠。これだけでかなり違うと思う。

 そんなこんな事を考えて居る週末です。

 みなさんもええ週末をお過ごしください。

ニコンが〜!

 ニコンが、今から2、3年ほど前に狩猟用スコープ事業から撤退して、ニコン製のライフルスコープの供給が止まった。

 レクテル(覗くと十字に書いてある線)がニコン独特で独自の世界を展開していたけど独特過ぎたんかな?でも、レンズのクリアーさは世界中の同業他社の製品と比べて遜色はない?いいや。世界一!言うてもええモノやった。

 そんなニコン製スコープをどうにかこうにか買えたけど、オプションの小物類が先に市場から消えて買えて無いのでお蔵入りしてます。でも買えた安心感はあったんですわ。

 んで、

 今更ですが、ここに来て一眼レフ事業からも撤退!

 どうしたニコン!キャノンと双頭で世界を引っ張って来たやないか!

 と、言ってももう世間はスマホが代替しているか。一眼の世界もミラーレスが幅を利かせてきているし。古い人間なんか?ただの時代に乗れてないどんくさい奴なんか?
「一眼レフは一眼レフなんやで!」と思っている。

 以前も、
「一眼レフ言うたら、ネガフィルム入れて撮るのがホンマモンや!」言うてカメラにフィルムを挟むのをイチビッテ、24カット撮れるのを25カット枚撮ろうとしたセコビッチやったのを思い出される。

 んで、子供らの学校行事にそんなカメラを持って行こうとしたら、オカンに
「フィルムカメラで撮ってる人居らんやん!恥ずかしいからやめて!いうか、子供の行事をフィルムカメラで撮るの禁止!」と言われて渋々買ったのがニコンのD700。

 数年後、今度はD800が出てまた飛びついた。コンパクトフラッシュとSDカード併用でJペグなら数千枚撮れるけど、膨大なカットを処理するオツムが無いので未だに、
「んなもんワンショットワンキルやろ。」と一日撮影に出ても400カット撮らない奴やし。

 なんだかんだ言いながらアナログチックなクセを残しながらでもデジタルの世界へいつの間にかハマっていた。そんでここでレフが消える。

 今なら最終の型の新品が売られているから買うべきか?レンズはそのまんま使えるし。

 思案しながら最近出番のないD800に手垢を付けながら思案ております。



 

片付け。

 ジさまが亡くなってはや一週間。

 ぼつぼつ遺品の片付けられるところだけでも片付けて行かなアカンかな?でも、ジさまはシンプルイズベストな人で、趣味やったゴルフの道具は自ら処分しているし、着替えがあるぐらいかな?と思ってタンスを開けたらまー大変!

 外野が(アスペ姉)が自分ので無い財布を持って買い物代行をするものやから何でもかんでも買い倒していた。

 バさまが亡くなって整理した時、ついでにジさまのタンス開けた時は、
「バさまのタンスと比べたら寂しいタンスやな〜。」位にしか物が無かったのが今ではギュウギュウに押し込んで蓋で隠した状態まで膨れ上がっていた。

 冷静に考えたらうっとこはジさま以外は変な収集癖がある。(あても含めて。)こうなるのは必然か。

 しかし、そんな一家の中でちゃんとバランスが取れるようにうっとこのオカンは断捨離大好き!が居るんですわ。(蛇とマングースやな。)

 オカンが準備運動を始めてます。

 ジさまのサイズとあてのサイズが近かったらお下がりも有りなんやろうけど、ジさまはA身体。あては特B身体。合うものを探してもソックスすら合わない。

 取り敢えず、髭剃りと血中酸素測定器は貰っとくかな。

 酸素量はいつも99とか98。脈拍は70から80後半ぐらい。
「バイタル異常なし。」

帰宅。

 あとはノンビリ自宅に向けて走るだけやけど、全員が終点まで乗る訳じゃない。

 家から最寄り駅、新倉敷駅でチカとツカサが降りる。

 春から姉妹2人で暮らしている。

 ホームシックに掛かることなく毎日を楽しんでいるとか?

 ここは「やっぱり家がええわ〜。」と言うて欲しいけど、
「毎日が楽しいよ。クックパッド見ながら毎日料理にも挑戦してるし、学校の友達できたし!」とのこと。

 そんな姉妹を駅で降ろしてオカンと帰宅。

 流石にこの日の晩御飯は要らなかった。

 そんな連休が終わった翌週の13日のあさ。

 出勤前にジさまの顔を見に行っていたが、ここ数日は昼夜が逆になっていて寝ている顔だけ見て、出勤。

 仕事の段取りをしていたら自宅から電話。
「ジさまが逝った。はよ帰っておいで!」

 急いで帰宅すると既に息を引き取ったあとだった。まだ体温は平熱ぐらいにあるし、穏やかな寝顔だったので呼んだら起きそうな雰囲気。

 付き添いのヘルパーさんが言うには、
「普通に寝ている感じだったけど何かおかしいと思ってバイタルをとったら、脈が弱くなって血圧も下がって最後には取れなくなった。」とのこと。

 連休頃から固形物を食べなくなって2日ほど前から水分も取れなくなっていたからそろそろかな?と思っていた。

 今を遡る事8年前の平成25年5月15日朝に頭が痛いと言い救急搬送。脳梗塞で意識不明にまでなったがリカバリーして数カ月流動食で持ちこたえた。

 それからは右半身不随になりながらよく動く左腕と左足で看護師を蹴散らし入院拒否を喰らう事数病院。ブラックリストの筆頭に載って相手にしてくれる病院がひとつにまでになった。

 老健も門前払いになり、特老はケチやから行きたくない。ゴネてわがまま放題で自宅療養が続いた。

 昼食は必ず外食で半径50km以内の車いすで行けるところは大体コンプリートしたんチャウかな?そんな生活が続いた昨年の暮れごろ。

 正月に色々イベントをやる予定にしてそれに興奮して寝れなくなって体調が悪化。

 そこから段々昼食にも出れなくなって庭を眺めるだけになって、寝たきりになって満8年を迎える寸前の13日に他界しました。

 翌、満8年の14日に通夜をして9年目に突入の翌15日に葬儀、荼毘にふしました。

 享年89歳。

 激動の昭和を乗り切って不況な平成を過ぎて令和のコロナ騒ぎのど真ん中でこの世から去って行きました。

 存命の時は、「施設に入ってくれたら楽なのに。」ぐらいに思っていましたが、いざ居なくなると寂しいもんです。

 まだまだこれからお役所関係へ返納するもの提出するもんがてんこ盛りです。あれって、どっか一括で受ける部署作れよ!と思う昨今で御座います。

 父の亡き後ここでひるんでは居られない!

 と、そう気をはらんでもええかな?

 でも。

 とりあえずオヤジのDNAが残っているモノは全て処分しなければ!現役時代には下半身が暴走、暴発していた人やから。ひょっと会った事のない兄弟が?

帰着前。

 やっとありつけた蕎麦!

 ここに来たらいつも鴨南蛮と割り子蕎麦を頼む。
DSCF0596
(これしか写真が無いんでご勘弁)
 食べる順番も鴨南蛮の澄んだ出汁を楽しんだ後に割り子蕎麦と決まっている。

 これを逆に食べると鴨南蛮の味が薄く感じるから。

 待つのに1時間半。食べるのに15分。そこまで価値が有るのか?と聞かれれば
「ある!」と思う。

 ここよりもっとマニアックなそばが食べたいならもうひとつ松江寄りの亀嵩駅の蕎麦がおススメ。しかし、ホンマにコアな蕎麦好きな人やないとちょっと物足らないかも?蕎麦しか置いていないし。

 食べたらあとは帰るだけ!ではないんですわ。

 八川駅から広島県寄りにJA直売のキノコを買って帰らねば完結できたと言えない。

 昔は事務所のドアを叩いて、
「すんません。一株ええですか?」というスタイルで買っていたが結構人気が良かったのか?直売所が出来た。

 ここの駐車場には湧水がこんこんと湧き出ていて、延命水と呼ばれている。その水は汲み放題!遠近色んなところから容器をたくさん持ってきて汲んでいる。
DSCF0592

 そんな直売所へは八川そばから10数分で到着。道中飲み干したペットボトルに水を入れて飲む!
「うまい!」水温も通年変わらない何度やろ?10度位?そやから夏は冷たく、冬にはぬるい。そんな水を飲んで直売所へ。

 ここで個人的に好きなのは舞茸!これは何があっても買って帰られねば。

 オカンと口闘の末、舞茸と椎茸確保!これでこのルートの寄り道はコンプリートかな?
DSCF0597

 駐車場でなんや?この花?と思ってカメラを向けて1カット撮ったら急に電源が落ちた。
「あんれ?」と思ったがバッテリー切れ。新しいカメラは要らん機能が付きすぎて電池の持ちが悪い。特に要らんのがGPSかな?



 

お家に向けて。

 といっても真面目に行って帰る訳じゃない。

 先ずは出雲さんとこから車で10分程かな?島根ワイナリーに寄り道。
DSCF0582

 目先の変わったものは無いが、ここへ来たらここで買い物せな、あとは道の駅ぐらいしか寄るところは無いかも?

 ずらりと並んだお土産や地元の品々。何がここの魅力かと言えば、ただでワインの試飲ができることかな?

 あてはブドウジュースに張り付いてしっかり飲む。それから買い物。

 ただ今、カロリー摂取規制中なんで買ったものは壺漬けとこれは外したらアカンやろ。のお菓子を一点。ここでこんなミニマムな買い物は初めてチャウかな?

 それから再び車を走らせて、出雲縁結び空港に近いお蕎麦屋さん前で大騒ぎ。
「八川そばにするか?ここで喰うか?」
DSCF0587

 で、今さっき島根ワイナリーでお餅を喰ったので八川まで持つやろ。という事で八川まで走る事に。
DSCF0588

 八川そばはJR木次線の八川駅前で、連休なんかは僻地なんやけどウジャウジャに人が並ぶ蕎麦屋さん。
DSCF0591

 そやけど、到着予定時刻は14時を回るはずやから待っても1時間も待たんやろ?と思っていた。

 山道をグネグネ走って、もう数十分走れば広島県の県境に近いところで八川駅なんやけど、店の前には未だに人がウジャウジャに居た。
「どないする?」とあて。
「出雲に来たら蕎麦やろ!」とほかの3人。
「来た道の途中に島根牛喰わしてくれるところがあんねん。ソッチ行ってみん?」
「えー!」というたけど列を見て仕方なく同意してくれたんで来た道を戻ってその店に着いたが、『本日閉店』の看板が出ていた。
DSCF0595

 ほんで仕方なく?八川そばに戻って大人しく待つことになった。
DSCF0593

 朝もハヨから車のシートに座りっぱなしやったんで立って待つのもそう苦にはならない。途中、散歩がてらに駅の方に行ってみたり。
DSCF0594

 やっと順番が廻って来たのは15時半ごろ。
「昼飯か?晩飯か中途半端なじかんになったな〜。」


 

さて。お参り!

 オカンらと合流して受付に行ったら、
「これから結婚式が入っているから一時間後になりますけど。」と言われたがそれでええです。と答えて色々記入欄に書いて祈祷料を奮発して受付は終了。
DSCF0558

 時間もあるので本殿の周りを歩いた。
DSCF0560

 何度となく歩いているが行くたびに初めてきた気持ちで廻れる。
DSCF0562

 一周廻って神楽殿の前に戻って尚時間があるので絵馬を見たら色々書いてますわ。一番多いのはやはり
「結婚したい!」
「んちゃらさんと結ばれますように。」
が圧倒的。
DSCF0568

 縁結びの神様と言われているだけの事はある。
DSCF0570

 そんな時間つぶしをしていたら集合時間になったので指定場所へ行ったが、うっとこの家族のほかが集まってこない。ギリで飛び込んで来るんかな?と思っていると巫女さんが来て首に掛けるタスキ?みたいなのを渡されて、
「どうぞ中に。」ときたので
「ほかの人は?」と訊いたら、
「4人だけです。」とのこと。
DSCF0574

 いやー!凄い!うっとこだけで祈祷をあげてくれるらしい。

 神棚の前に4つだけ椅子が用意されていて、そこに座ったら直ぐに始まった。

 大太鼓の音から始まって、笙の音と神主さんの祝詞と巫女さんの踊りが奉納されて、それから本宮へ移動して普段は入れない八足門から中に入って『2礼4拍一礼』をさせて頂いて門を出たところで祈祷が終わった。
DSCF0576

 さて。参拝も終わって、ここからは帰宅の途に就く。
DSCF0581

 車に付けていたお守りも新しいのに変えて一路自宅へ向けて走り始めた。

お参り!

 哲学的???な悩みを考えると何故かよく眠れるときと眠れない時があって今回は後者の方だった。

 起きて「ほけ〜。」とした頭のまま朝飯喰って出発進行!

 最寄りのインターチェンジから乗るとひと区間高くなるから西隣のインターから山陽道に乗っかった。

 料金所を通過する寸前、ETCカードの入り方が中途半端なのに気づいて急いでスロットに差しなおしたけど、ちゃんと入りきれなかったのにゲートは開いたから通過した。

 ETCの機械は赤ランプが灯ったまんま。「大抵出るときに引っ掛かるやろうな〜。」と思いながら山陽道から尾道道にスイッチして間なしにある料金所でやっぱり引っかかった。
DSCF0546

 事務所の駐車場にのけて係員にカードを渡して待つこと15分。
「このカード読み取れないから手入力で清算しました。次でまた引っかかるようならカードの再発行をしてください。」との事で解放されて一路、出雲さんへ向かった。
DSCF0547

 道中はさほど変化もないまま島根県に入って暫く。斐川インターで山陰道を降りて一般道にでたが、まだこのルートに慣れて無いので知った道に出るまで気が気じゃなかったがここは出雲平野。
「お山に向いて走っときゃ着くわ。」で走って丁度正門前位に着いた。
DSCF0552

 例年より少な目の参拝者かな?と思いながら駐車場に車を停めたが、ナニが少ないって、バスが居ない。そんな話で人間が少ない。
DSCF0553

 時間帯でもあるんやろうけど、現在時刻が10時前。近辺で前泊していた人らが一番来ている時間帯でもこれだけという事は皆さん、自粛要請をちゃんと聞いてるんやな〜と感心しながらオカンらがトイレから出て来るのをさざれ石前で待った。

連休済んだな〜。

 今年の連休は?

 今年の連休も!

 出るな!騒ぐな!近づくな!

 で、日本の経済を滞らせましたな〜。

 それはそうと、ワクチンの配布がなんかショボいですな〜。夏ぐらいには一巡するぐらいの勢いがあるように言うてた様な?

 ファイザーがイチビッてるんかな?政府が出し惜しみしてんかな?

 日本に到着したワクチンの行方不明が有るとか?無いとか?

 打つモン打ってちゃっちゃとお外で遊びまひょ!

 そんな連休もジっとしてる訳がない!あてで御座います。

 丁度休みの中日に『お礼参り』なるものに行って来ましてん。

 それの顛末なんぞ書いてみようかな?

 前述の通り、明日をもしれないジさまの加減で途中停まるかもしれませんがボツボツ始めて行こうかな?

 前振りが長くなりましたがおっぱじめます。


 連休前週。

 なんか連休中に爪痕を残さなければ!で色々考えて居たが、オカンの出不精は面倒で、ナニ言うても「行かん。」「あんただけ行ってき。」しか言わない。

 ジさまの容態も多少小康状態ではあるし、泊りがけでなければいける状況だが、ナニを提案しても、「行かん。」「も〜。あんただけ行ってくりゃ〜ええがな。」

 これでオカンのセリフ通り独りで行ったら、
「わたしに全部押し付けてアンタは遊びに行ったやん!」とくる。

 俗にいう引っ掛け問題!袈裟の下から鎧が丸見え案件。

 それにジさまの容態と比例して2匹のアスペ姉の暴走と迷走が激しくなって来ているので避難も兼ねて家から離れたいのもあってどこへ避難するか考えて居たところ、

 「お!」

 な事に気が付いた!

 ラインで
「休み中にツカサのお礼参りに行こうと思う。都合のいい日教えろ〜!」とうったところ、
タカは「四国に遊びに行くからムリ〜!」
ツカサは「どこでもええよ〜。」
チカは「2日3日が休み。」

 と返事が来たので、
「ほな、3日に行こけ?」と返して「出欠確認〜!」したら、意外や意外!オカンの返事が一番で、「いきまーす!」と帰って来た。

 そんな話でジさまの介護を(というよりアスペ姉2匹からの避難)避けて、外へ出る口実になったツカサのお礼参りに主役のツカサ。チカとオカンんでもってあての4人で行くことが決定。前日に家集合(娘二人もこの春から家を出てます。)で6時出発という事で決まって前日。

 ジさまも一応小康状態と言っても既に流動食しか食べれない状況のなか、いつも2人だけの晩御飯に久しぶりに4人での食事になった。

 いつも「あんた、なんでそないにケンカ腰の返事しかでけへんの?」のオカンも何故か朗らか。
「もうあてはATM以外用途が思いつかない面倒な奴なんかな?」と思いながら明日の順路を考えて寝床に入った。

びみょ〜な。

 連休が始まりますわ〜。

 行楽に行く人はいくし、行かん人は行かんし。

 同調圧力が大分薄くなったんかな?日本も。

 うっとこも1日から休みに入りますわ〜。

 違った意味でも遠くに行けないあてですが、休み明けに何かここに書けたらええな〜。と、思いつつ休みに突入です。

 皆さんもええ連休をお過ごしください。

 新緑が先日の雨で一段と綺麗になっているし、近所を散歩するのもええかも?

 ほな、休み明けに。

連休ですな〜。

DSCF0605
 今年の連休はテレビが「出るな!」「遊ぶな!」言うてはるからビタイチ大型連休前の気分になれないですな。

 武漢ウィルスも進化を遂げているらしいけど、防御の要!ワクチンが予定通り入荷してこないからどないもこないもですな。

 んでもってそのワクチンも打ったら逝てまう!ぐらいの言い方する人も居ったり。

 情報発信の自由度が上がってきた分、それの真贋を見定めて自分の立場と照らし合わせて自分なりの正解をさがさなアカンようになって来ているから結構便利が便利の域を超えて荷になって来ているような気もします。

 そんな事を言うている中でも時間は過ぎていく〜〜!

 さて。今年の連休は何処へ?

 皆さんは?




 

中だるみ。のち竿納。

 それからポロポロ釣れたが朝のラッシュは終わった様で、そこらからポツポツは釣れていた。
DSC_0035

 11時を廻った辺りでいつの間にやら雨も止んで少し雲は残っていたが爽快な天気になった。
DSCF0563

 乾かしついでに着ていたカッパもドライになって今度は春の日差しが眩しいぜ!ベイベェ〜!
DSCF0569

 風も出なかったので気持ちいい天気に景色に。
DSCF0584

 魚信も忘れない程度の間隔であるので丁度いい。
DSCF0593

 釣りをしていてこの瞬間が好きですわ。船に当たる小波のチャプチャプ音と船のヂィーゼル音と頬を撫でる優しい春風。

 ホンマにのどかな雰囲気。フィクサーをはじめ他の皆さんはあの手この手を試みながら爆釣を目指しているようだが、あてはお土産の魚も確保できているし、あとは惰性かな?と今のシュチュエーションを楽しんでいた。

 余裕が出来たので他所さんのクーラー拝見!

 他の人らは必ずと言っていい数匹のハゲが入っていた!それも肝がパンパンに入った今が旬!のハゲが!
「げーーーー!うっとこのクーラーには入ってない!」

 そらそうだ。ある意味あての仕掛けは、
「雑魚は要らね〜。デカイのだけ掛かればいいぜ!ベイベェ!」な底モノ大型専門のデカイ針それも2本針!おちょぼ口のカワハギが掛かるのはちと難しいんちゃう?

 ここで急きょ仕掛けチェンジ!道具箱漁っていっちゃん小さい針を探したらサビキ仕掛けやった。

 針の小さい6本針に変更!全部にシバエビつけて

 「ドボン!」

 6本も有るから少々エサを取られても「まだ5本残っとる!」
 
 3度目位の当たりにちょっと大きめな奴が掛かった!
「よっしゃこれはハゲや!」とリールを巻きあ上げた。

 小さなガッシー君とハゲが水面に上がってきた!
「ええどぉ〜もう数匹釣ったる!」と、思ったところで後ろの釣り座に居たフィクサーが、
「もう、上がろうや。」

 え!いつもなら逆はあり得るけどフィクサーが「もう帰ろう。」やなんて。

 空からクジラでも降って来るんちゃうか?と思えたが、フィクサーは既に道具を片付けて帰る準備が終わっていた。

 そんな話でここで終了となった。
「嗚呼!あての大好きなハゲが〜〜〜!」

 ま。一匹いるだけでもええやないですか。と自分を慰めながら帰港する船に揺られながら片付けをして港に戻った。
DSCF0581

 港に入る手前、この日は南風やったので若干、澄潮気味で透明度が高い!底は見えるがこれで10数メートルの水深はある。もともと高いところは得意としていないのでそんな海底を見るのはサブイボが湧くタチのクセ、「なんか居ないかな?」と覗いてしまう。
DSCF0598

 で、港に入って接岸。荷物を下して着替えて、車に乗って帰りは運転しなくていいので楽です。
DSCF0599

 うっつらしていたらフィクサー宅前まで戻っていた。
DSCF0603

 それからクラブランキングの検量があって、量ったら、いっちゃんデカイの1.3kgあって僅差で優勝しました!
DSCF0610

 そんなこんなで帰宅。久しぶりの釣りはものすごく新鮮に思えたし、やっぱりやめられまへんな〜。
DSCF0605

 ジさまも小康状態を保ってくれていたので良かった。良かった。
DSCF0616

 で、翌日の夕ご飯にハゲのみそ汁!

 デカかったし、今はオカンと2人だけの食事なんで一匹でも十分堪能できました。

 でも、もう一匹居ったらハゲの肝和えが出来たのに。

 そんなこんなな週末でした。


 あれまそんな事を語っていたらまた週末が来ましたわ。

 皆さんもええ週末を送って下さい。



 次の更新はいつやろ?

釣るで〜。

DSCF0573
(隠岐の島が見えたから視程は結構あった。)
 「お!こら、エサ無いわ。」と一応竿を煽って仕掛けを回収しようとした瞬間、トルクフルな重さで竿先がグイン!としなった。
DSCF0575
(中国山脈の雄、大山です。)
 根掛りやない生物が引っ張っている感じがするので反射的に合わせを入れた。

 重みが竿を伝わって解る。巻き始めた時に船頭が
「移動します。道具を上げてください。」とアナウンスするので、大声で、
「ちょっと待って〜〜!」と吠えてゆっくりと回収を始める。

 ドラッグをちょっと緩めに設定していたのもあってリールが空回りしている。締め気味にして巻き上げて上がってきたのは、ボテボテのウッカリカサゴ!
「タモ!タモ!」と興奮していたが口を見ればしっかり針が掛かっているのでそのまま抜き上げた。
DSC_0034
(写真は大分後から撮ったので他の獲物も写ってます。)
 半ば小アジなんか喰う奴釣れるんか?と疑問に思いながら使ったエサなんでヒョウタンから駒の世界ですわ。一気に小アジ信者になってしまった。その上、久しぶりの獲物がこんな大物とは!感動しながら針を外してフィレナイフでエラの中の血管を切って血抜きをしてバケツに入れておく。すると魚も失血死になるから眠るように他界してくれるはず。重さは1kgは確実にある。ここで「もう、帰ってええよ。」とはならないのは釣り人の性ですわ。

 また前回と同じく上針にシバエビ、下針に小アジを着けてドぼ〜ン!

 水深50前後の海底を感じながら魚が喰いついてくれるのを待った。その時、頭に浮かんだフレーズが、
「ルーク。フォースを感じるのぢゃ!フォースを。」

 着底直後からエサ取りの文字通り雑魚がコチョコチョ当たって来る。お魚さんらは人間と違ってシバエビの頭を真っ先に喰う。シッポまで喰う奴は相当飢えた奴か大きい魚ぐらい。

 そやから大概仕掛けを上げるとむきエビ状態で上がって来る。「これ集めてかき揚げにしたろかな?」と考えながら案外強くなった雨脚を気にしながら釣りに専念???していた。



 
 

来たで。

 ここの船頭さんにお世話になるのは3回目かな?70後半のベテラン船頭さん。訛りがキツくて日本語なんかラテン語なんか?ここまでコテコテの島根弁は理解に苦しむけどええ船頭さんなのは間違いない。

 船着き場に到着の寸前、車の前に猛禽類が何かを狙って降りてきた!拡げた翼はぱっと見、2mぐらい。大きい!ミミズクか?フクロウなのか?自然がいっぱいの島根半島を実感しながらドライブタイムが終わって目的地に到着した。

 荷物を降ろして着替えたいがジャジャ降りで車の中でカッパに着替えた。
DSCF0546

 そして道中にあみだくじで決めた釣り座に荷物を持って行って準備を始めたところで出航となった。
DSCF0548

DSCF0547

 風は5mも吹いて無いかな?カッパに当たる水滴の音とヂーゼルエンジンの音しか聞こえない中準備をして出来たところでポイントに入って、ラテン語を喋る船頭さんの合図と共に仕掛けを降ろした。
DSCF0550

 今回は根魚釣り。山陰地方ではカナと呼ばれているハタ系の魚がメインターゲットかな?あわよくアマダイでも釣れたら船上でアイリッシュダンスでも披露せなアカンかな?と妄想を広げていた。

 針は2本針!船頭推薦でもある。しかしうっとこのメンバーは欲が深いのか?魚に沢山のエサを上げたいのか?皆、針の数だけは欲張りなほどつけている。平均は4本かな?多い人は6本針を装備しての挑戦!

 この釣りは潮と風を計算しながら船をポイント上を流していく釣りで船頭の腕次第で釣果が変わってくる釣り。

 そんな話で仕掛けを落として着底の瞬間が勝負!な感じなので船頭の合図に遅れたら釣れない事が多い。

 第一投目。水深は50m前後。重りが底に着いたら糸を張ってアタリを待つ。

 5秒!

 10秒!

 ここでアタリがなければ竿を煽って仕切り直す。
「ん〜〜〜〜。」と思っているところで小さなアタリが!

 ほけ〜〜。としていたタイミングなので合わせが遅れた。
「あ。もうエサは無いわ。」

 エサは小アジとシバエビ。大抵エサ取りのベテランのベラかウマヅラハゲの仕業。小アジは取られてないやろうけどコイツを喰う奴は中々居らへんで〜。と思って仕掛けを上げようと電動リールのスイッチに触れた瞬間
「お!」

行ってみたで〜。

 金曜日の夕方、会社を出て一目散に帰宅。

 さっさとメシ喰って、風呂入って、準備の再確認をして寝床に入ったのは20時過ぎ。

 日付を跨いで0時半に起きて着替えて1時に出れば到着いっちばーん!になれるはず。

 で、

 で、

 瞼を閉じたがイメージトレーニングしすぎて寝れない。
22時過ぎまで頑張ったが寝れないので寝床から出て指定席に座った。オカンと少し喋って交代でオカンが寝床に入った。そこからテレビも詰まらんのでDVDを見た。丁度目についた『天気の子』を見た。見ながらうたた寝ぐらい出来るかな?と思ったがキッチリ最後まで見てしまった。終わったところでアラームが鳴って、出立準備の時間になったら眠気が来るという何とも嫌みな眠気ですわ〜。

 ここで寝たらアカン!ちょっと早めに荷物を積んで家を出た。

 午前1時前の道はほぼ車も居ない。時々
「ぅわ〜。コイツ飲酒運転してるやろ。」な車と遭遇する。特徴としては変に制限速度を守る、まっすぐ走らない、カーブを曲がるときに大回り。などなど。「お巡りさん!こいつです!」と通報したくなる。

 あては缶コーヒーを飲みながら集合場所のフィクサー宅に到着した。

 荷物を車庫前に置いて車をどけたところでフィクサーが出てきて気分は釣りの開始ですわ。

 続々と参加メンバーが到着して定刻よりちょっとゆっくり目になったが出発進行の運びとなった。

 道中ではもう「クーラーに入りまへんわ〜。」位に大釣り出来ている雰囲気。中国山脈を越えて日本海側に出て吉野家で朝飯喰って、釣具屋寄って、漁協で氷を買って、船の出る軽尾港(かるびこう)に到着したのは5時半ぐらい。

 雨が降ったり止んだりだけど風が無いのが唯一の救い。

 さて。車中で大騒ぎして気分は大漁やけど、実際はどないになりますやら?

行ってみよ〜か〜!

 思い起こせば去年の7月にイカ釣りに行けてから釣りは若干封印をしてしまった。と言っても過言ではない位に釣りクラブの方から連絡を頂いても、
「介護が〜。」で逃げていた。

 実際、記憶とブログを遡ってみると、去年の7月にイカ釣りに行ったのが最後でそれ以降行っていない。

 オモチャのテッポ担ぐのが面白かったのも有るが、ジさま有事の際に釣りだと一緒に行った人らを巻き込んで帰る事になるのでそれは逆の立場やったら、
「せっかく楽しみに来てたのに。」となるので避けたいのもあった。

 しかし、釣りクラブの方も幽霊部員が長いと放逐されそうな気もしてきてそれはそれで寂しいので存在感を出すために参加してみました。

 行っている時にそういう連絡が入っても釣行して帰るまでなにも無かった様に振舞う覚悟での参加です。

 ジさまも訪問してくる医者に、
「血中酸素が70を切る事もしばしばになっているから、もう3週間ぐらかな?」と言われて
『逝かれたとに親族がすること。』という紙を置いて行くぐらいにまで先が見えてきた状態。

 そんな中の釣行記でございます。最後までお付き合いの程を。大した話がある訳でありませんが宜しくお願い致します。



 

ご無沙汰で御座います。

 お彼岸過ぎに更新してそのまんま放置しております。

 ブログが飽きたからとかでなくてホンマにここに書くことが無い。

 ジさまの容態が宜しくなくてあんまし遠くに出れていないというのが先ずの理由かな?

 半身不随になって今年の5月で満8年になるところですが、季節の変わり目には医者が、
「もう、次の桜は見れませんね。」とか、「もう、次のお盆は参られる方になりますわ。」とか「次の除夜の鐘を聞く事はありませんわ。」

 完全にオオカミ少年と化した医師団!
「まぁ〜〜た言うてはるわ。」が続くは続くどこまでも。でした。

 最初ぶっ倒れた時に病院に行ったときには確かに色んな機器に繋ぐ管や配線だらけでそう思えたけど、流石に今回の不調はちょ〜〜っと乗り切れるかな?な雰囲気です。

 最近は幻聴なのか?見えているのか?
「バさまが毎晩迎えに来る。」とかず〜〜っと前に亡くなった幼馴染が顔を見に来るんや。とかそんな事をいう事が増えました。

 院内感染で抗々生剤ウイルスの肺炎に掛かって7年ですわ。ここまで延命していただけでも儲けもん!と考えればそうなんかな?とも思えますけど、ここは考えようかな?

 そんな話でなにかと気持ちが落ち着かない昨今をおくっております。

 
あてのもっと〜
  感銘を受けた一言
 
男前と別嬪だけの世の中ちゃうで。

ブッサイクやったら他の話で勝負せい!
あての歴史
楽天市場
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ