ボヘミアンがらがらおやじ

 人と接するのが苦手な余剰社長の生態をご紹介。  週末辺りの生態なぞ残していっています。  一応ノンふぇ〜くしょん!多少美化されている部分はあり?

 時にまぐれで素晴らしい写真や文章が掲載されるかもしれません。それらの著作及び付随する権利一切を放棄致しません。ご了承の上ご覧下さい。

夜の徘徊3

 先週末に「週明けに結果を。」とエラそうに書いておきながら更新なし。
「どういうこっちゃ!」ですね。ここらは、あての不徳のなせる業で御座いまして。申し訳ないです。

 と、言う訳で火曜日になりましたが結果発表をば。

 実は行きましてん。

 どこに?と言われたら、
「コンビナートに決まってますがな。」

 前回は西の端っこからの撮影やったんですけど、今回はほぼ東の端っこからスタート致しました。

 いっちゃん端っこには一般人が入れないので入りやすいサノヤスドックのある岸壁からの撮影となった。

 ここから見えるのは前回と同じくJFEスチールさんとこと、三菱化学さんやJXグループ(最近ここらの仕切りがどこからどこまでかはっきりしない。)

 到着後カメラの段取り。

 3脚に乗っけて、レリーズ付けて、3脚の足伸ばして準備OK!

 とりあえずデッカイクレーンを試し撮り。
_BAA0002

 それから防波堤を沖に歩いていく。そこにメバル釣りしているおっちゃんが居た。黙って通るのもナニなんで、
「釣れますか?」と聞いたら、
「あ?。釣れん。」ぶっきらぼうな答えが返ってきた。

 気を取りなおして先に進む。

 この日は風の筋がはっきり分かるほど吹いているところ吹いていないところがはっきりしていた。
_BAA0005

 風が蛇行しているので吹いていないときはそのまんま撮れるが、10秒から20秒間シャッターを開けているので時々風が吹くと若干ブレて光が筋になってしまう。
_BAA0007

 そんなことを気にしてもんなもん自然の話やからどないしようもない。とりあえず数を撮ろうと頑張る。
_BAA0010

 撮っている途中、
「そや。WBを色々変えてみようか。」と撮りはじめた。

 先ずは蛍光灯。
_BAA0017

 次に太陽光
 
_BAA0013
んでもって白熱灯
 これが日陰。
_BAA0014

その他
_BAA0015


_BAA0016

 やっぱり蛍光灯のちょっと青みがかったんが好きかな?と蛍光灯に戻して撮り始めた。
_BAA0019



 

夜の徘徊2

 対岸に移ってやっとやる気が少し増えたかな?になってきた。
_BAA0015

 暗い目で撮ってみたり、明るめで撮ってみたり。
_BAA0018

 若い子が歩いてきて目の前で気づいたようで
「おーびっくりした!」と言いながら過ぎて行った。そら、スマホとにらめっこしてたら見えんわな〜。

 そんなこんなで30分もいたかな?で次に移動した。

 今度は川を下って河口付近。人工島が大分沖に延伸して護岸が済んで道が付いたので対岸の景色を撮った。
_BAA0022

 その対岸はJFEスチールさんとこの製鉄所。ここらまで来ると対岸まで1200mぐらいは有るのかな?ほぼ瀬戸内の塩飽諸島が望める岸と言ったところかな?
_BAA0024

 化学プラントよりは地味やけど、それでも大っきな建物の不気味さは何とも言えない怖いような?不気味なような?畏怖の念が少々あってええスパイスで撮影できる。
_BAA0025

 でも、近くで夜釣りしている人もいるので恐怖心も少し和らいでいる。
_BAA0026

 ここに来る前にホワイトバランスを蛍光灯の設定にして撮っている。こっちの方が色温度がサブい方に写るから。
_BAA0027

 ま〜ぼとぼと撮れたので次!に行きたかったがいっぺんにコンビナートを撫で上げてしまったらそのあと行く気が失せてしまいそうなんでここで勇気ある?撤退とした。


 どれ。週末ですな。この次は有るのか?無いのか?週明けにその結果を。

 ほな、ええ週末をお迎えください。



 

夜の徘徊。

 ここのところ、と言うか夏の出張以来全く動静のないメインカメラちゃん。

 余りに不憫で・・・。

 タカが大阪に行ってしまってなんか写真撮影に出る気力も無くなってなんだかんだ言いながら早2度目の冬がやって来た。
「これじゃアカンやろ。」と思い始めて数か月。

 数週間前にバッテリーだけは充電して遂に重すぎるオシリを浮かそうと頑張ってみたが中々上がらず。

 しかし!先週末、やっとオシリに繋がっていた鎖を断ち切って浮揚する時が来た!

 実は金曜の夜に鎖が切れた感触はあった。しかしながら土曜日はジさまの介護当番の日で土曜日はダメよ。状態だったが、夜景撮影ならそこらに影響されないし、ご近所でも撮影は出来るので行けますやん。

 そんな話で土曜日の昼前から夕方にジさまに付いた後、飯食って風呂入ってモコモコな服を着てめでたく出発の段がとれました。

 「さて。どこ行きまひょ?」

 去年の年始頃に買ったレンズで夜景を取りに行くのは初めてやし。
「見せてもらうか。ナノクリとやらの性能を。」(ガンダムのシャー調で読んでいただければ。)

 工業地帯に行きたい衝動を抑えながら数年前から撮ってみたかった橋に行ってみることにした。

 うっとこの近所を流れます高梁川と言う一級河川がございまして、そこに架かっている全長が900m程の歩行者と2輪専用の橋で、高校3年間は毎日渡っていた橋で、中学の時に橋の欄干から川へ飛び降りて遊んでいたのをセンセに見つかってえっらい叱られたりした思い出もあったような?無かったような?

 そんな橋も歩行者用になる前は国道2号線の橋でもあった由緒ある橋です。

 チャリなら10分程かな?そやけど車で行く横着な奴でして。

 気温は5度切れたかな?ぐらいなんでカメラも誤作動しないやろ。と3脚に乗っけて橋の上に立った。

 レリーズを付けて、まず一枚。

 ISOは100で設定をオートにして大体のレンジを探っていく。
_BAA0007

 案外明るいのか?8秒でシャッターが切れた。f6.5。
「どれ。ここからマニュアルで撮ろうか。」と設定をいぢり始めてレリーズのスイッチを押すもシャッターが開かない。

 「あれ?」

 「ほれ?」

 「あ。それ。」

 色々やってみるがさっぱりシャッターが切れない。

 格闘すること10分ほど。完全に不審者を見る目で人が通る。やっと原因を見つけたレリーズがロックされていた。
_BAA0001

 このトラブル?でやる気が半減してしまって設定をイヂるのも忘れて数カット撮って対岸に移動した。(そら、愛車のハイエースちゃんでに決まってますがな。)
_BAA0006

年末の〜。

 12月ですわ〜。

 年末ですわ〜。

 来月は新年ですわ〜。

 今年何したっけ?

 夏は例年通りやったな〜。

 アクセントの少ない一年やったような気がしますわ〜。

 でも、それって幸せな一年やったという事か。

 総括するのはまだ早いか。

 そんな話をしなくてもやって来る週末ですわ〜。

 ほな、週明けに。

それ。頼んでまへんえ。

 今の総理安倍ちゃん。

 よ〜やってくれますな〜。戦後の総理でいっちゃん仕事してはるんとチャウかな?

 世界中外遊していろんな国との絆を強めて。国内のいろんな問題をクリアして。

 その反動か知らんけど野党が使えんですな〜。ただの輩集団になってますやん。

 大体、森友学園の問題って選挙前に終わったんとチャイますの?二言目には
「説明責任が〜!」十分してますやん。それより辻本コンクリートポン引きの方漁った方が面白いで。グロいのんがドロドロにでてきまっせ。

 こんなんで国会の時間を割くのは如何なもんか?と言うより時間の無駄やから止めなはれ。

 森友済んだら次は加計学園をほじくり返すんかな?

 質問時間の割り振りエラそうに取ったくせにこの程度ですわ〜。余ったら余ったでええやないの。やる事無いならええ子して黙って座っとけ。

 そんなこんなな事を思っている昨今です。

サブい。

 秋が終わり切らないうちに冬が幅を利かせてきて、「どか!」と座り込んだような昨今ですな〜。

 もうちょっとスローな季節の移ろいの方がうれしいですな。

 そんな先の週末を統括させていただきますと、

 不調!

 この一言に尽きますわ〜。

 何が原因か?
「あて。しってるも〜ん。」ですねん。

 10日に健康診断を受けましてん。その時に、
「はい。この顆粒と液体を一気に飲んでゲップを我慢してください〜。」のせいですねん。

 そですねん。バリュームですねん。

 数年前までバリューム飲む前に胃の動きを緩める注射をしてくれていたんですけど、なんか副作用が出るとかで厚生労働省さまの通達によりまして廃止になったらしいんですわ。

 あての場合、アレを打ってやると凄く調子が良かったんですけどそんな話で注射なしで診察を受けたんですわ〜。ほんならそこから4,5日は何ともなかったですが、先々週の半ばあたりからどうも腸の調子が宜しくない。

 段々その調子の悪いのが悪化してきてこの土日がピークやったんですわ〜。

 月末の土曜の夜はも欠席やし、日曜もおうちでええ子やったし。

 それまで何気に放置していたんですけど、日曜日から調子の悪いのを改善すべく反撃に出た。

 食後にヨーグルト喰って、ビオフェルミン飲んで、ヤクルト飲んで、ついでに青汁もジュルジュル!と飲んで。どうにか?こうにか月曜の朝には「元気になれたかな?」の雰囲気になれました。

 結局先週出した熱も、その前に行ったゲームの途中欠場もこれが原因やったんかな?と思いながら週明けに今週末の計画を立案中で御座います。

 そんなこんなな1週間の始まりで御座います。

 今週もしっかりお仕事!週末に楽しく遊べるように。

 みなさんも週末に向けて頑張りまひょ。



 

これまたソルジャおしまい。

 そんなキノコ採りでも無いのに山歩き。
DSCF0014

 CPからの指示で「山頂へ登れ。」と指令が来て登り始めたらちゃんと敵が待ち構えていて斉射を浴びた。

 群れの中でヒットしたのは2人。

 そのうちの一人は何を隠そう。このわたいですがな。
「やた〜。上がらんでええどぉ〜。」と心の中でガッツポーズ。

 しかし、ええほうに問屋は卸してくれへんかった。再びCPから無電。
「やられた2人は逆斜面からQRFとして本体に合流されたし。」(QRF=クイックレスキューフォースやったかな?)
「げ〜!それって文字通り罰ゲ〜や〜ん。」

 逆斜面って急やし、蔓が多いほうやん。と向かいながらふと思う。
「ひょっとして本隊に追いつく前にゲーム終わるんちゃうかな?」と思っていたらCPも同じこと思ったらしく道半ばのところで帰還命令。

 安堵の気持ちと一緒に一旦本部に戻って入り口で味方の帰りを援護する格好で待った。

 遠くから銃声と共に味方のご帰還。無事ミッションクリアー。何にも役に立ってないけど。

 それから今度は午前よりももっとエリアを狭めた中でショートゲームをしてヘトヘト。

 そのあと所属チーム別に分かれて3つ巴の戦いを始めたが、あてはギブアップ。股関節が言う事を利かなくなた。翌日の仕事にも差し支えるのであとは片付けがてら見学した。

 流石にじ〜っとしていると寒くなる。朝の間に「厚着過ぎかな?」と思っていたがええ加減な気温になってしまった。
DSCF0015

 日没前に終わりのブリーフィングを経て解散となった。
DSCF0001

 2週連続で動き回ったのは良かったのか?悪かったのか?火曜日には熱を出して会社を早引きして病院へ行った。

 風邪でもインフルでもない。頓服を飲んだら翌日は元気になったから急に運動しすぎたのかな?そんなこんなな先の日曜のお話でした。

 さて。週末ですな。

 今週は流石に。

 でも。

 ま。兎にも角にも皆さんもええ週末をおくって下さいね〜。

これまたソルジャ4

 そんなゲームも数ゲームこなすと身体も準備が出来たのか?安定期に入った。

 そこそこ動いて敵をヒットしたり。
DSCF0008

 しかし、4ゲーム目ぐらいになると気持ちは最前線に居るのだが体の方は後方に置き去りになり始める。

 何せ山のフィールドは動けば登るか降りるかになる。しかも足元は不整地やし、草木の蔓はあるし枝にも引っかかるし。(泣き言と言い訳はニッポンいち〜。)

 やっと昼休憩になる。
DSCF0013

 こういう所で食べると例えコンビニ弁当でも数倍美味しく感じるのは何故だろう。

 そんな昼食も済んで、
「おなかに重り入れたから昼からは軽装で。」着ていたプレートキャリアを脱いで、予備に持ってきていたサブマシンガンに装備変更。

 山で結構な斜面というのは前回来た時に身をもって知っていたので、あての持っているオモチャの中でいっちゃんコンパクトな奴を用意していた。

 午前中に付けていた装備から言うと10kg近く軽量化出来ている。

 そんな話で少しは動けるようになったかな?

 しかし、昼からは午前のようなエリアを決めたゲームでなく山全体を使ったゲームをするらしい。話を聞いただけで
「お留守番しますわ〜。いってら〜。」と言うたけどそれは
「ネガティブ!」と却下された。

これまたソルジャ3

 段取りも出来て朝のブリーフィング。

 総勢で24名。

 で、テッポの弾速チェックの時にサバゲ歴を書く欄があったので何気に「10年」と書いた。この趣味も長いと言えば長いのかな?

 で、その書いた理由が、歴の浅い人に色々教えてあげてください。のバディーを組むことになった。
「げ!反対に教えてもらわなあかん方やん。」と思っているのに、二十歳の子が
「お願いします。」と来た。

 服のガラもグリーンマーパッドやし。と言う理由で。無下にするわけにもいかないので「宜しく。」となった。
DSCF0009

 装備を付けていざフィールドへ。

 山なんで当然斜面。陣地に行くまでで
「じぬ〜。」

 で、ゲームスタート。バディーの若人君は足が軽い。偉そうに
「ちみの盾となってあげよう。」と言ったのについて行けない。そんな話で後ろ盾となってしまった。

 で、毎度ながら早めに戦線離脱。

 

これまたソルジャ2

 出鼻のカウンターパンチを思いもしないAMラジオからもらってダメージが抜けきらない。
DSCF0004

 そんな中でも道中は続いて、国道2号線からわき道に入った。
「さぁ。こっからが勝負。」

 と言っても何かと競争するわけではない。今回のフィールドは2回目。前回はエスコートが有って行けたが・・・。

 覚えている建物とか店をつなぎ合わせながら走っていると、
「おぉ!まだ生き残りが居ったか!」のオート3輪。
DSCF0005

 占領下?のGHQが4輪製造を認めなかったので3輪車を作った。そんな昭和の中期ごろのトラックがー!なんかオーナーさんも「見て!見て!」状態で置いてあるので首にかけていたカメラを起動させて往来もほぼ無い道やったので一時停止して撮った。

 あてが幼少のころまだそんな3輪が走っていたのを何となく覚えている。

 そこから走る事10分ほど。目的のフィールドに到着した。

 今回は主催の親戚か?が所有している山での戦い。木洩れ日で視界を奪われ前回来た時には
「ここの場所は2度と来ないだろう。」と思ったが、時には親交のあるほかのチームさんの流儀を見てみたいというスケベ根性からの参加となった。

 到着したのは3着!なにもご褒美は出ないがええ場所を確保できる特典があるので湿ってないところを選んで荷物を置いた。
BlogPaint

 で、そこからは与太話全開!

 うっとこのチームには少ないフレッシュな若人が結構な割合で居た。

 そんなフレッシュな若人の中に、
「おぉ。気合の入った装備してるやないの。」が数名。ここでズカズカと近づいて「おぉ。気合入っとるの〜。」と声を掛けようかと思ったが、どこのおぢちゃんか判らんのに声を掛けたらビビるかな?とそこは後回しにした。

 自分の荷をほどいて与太話をしながら段取りを始めた。

これまたソルジャ。

 昨日の疲れが残っております。

 何をしてきたかと申しますと『ソルジャ』になり切って参りました。

 それの顛末なんざお話しようかと思います。

 土曜日はまったりとジさまの昼飯に付き合って、日曜の準備をして終わった感じです。

 んで、日曜のお話に突入で御座います。

 起きたのはいつも出勤するときと変わらない6時。

 土曜日は夜更かしもせず早めに寝たのが功を奏している。

 朝飯喰って、昨晩段取りをした荷物を車に乗せて出発進行。

 日曜日の国道2号線をひたすら東へ。

 日本刀の産地でもあった長船エリアへ向かう。

 うっとこは広島県寄りに住んでいまして、向かうのは兵庫県寄りの岡山県で御座いまして、距離にして約60km位かな?

 小一時間のドライブ。道中、ラジオを聴きながら。

 そんな日曜の朝のハヨから竹内まりあの駅が掛かった。
「おいおい。朝っぱらからこないなディープな曲を聴かすなよ〜。」と独り言を言いながら、
「そ〜いや〜この曲が流行っていた頃は大阪に居って、ロンリーブルーにどっぷり漬かっとったな〜。」と変なシーンのフラッシュバックを起こしていた。これからテンションを上げて行かなアカンところで飛んだ伏兵に到着前からやられてしまった。

 

ソルジャ4。

 昼から始まったゲームでもヒットはされてもヒットさせているのは「ゼロ〜!」
DSC03135

 なにせ近づけない。射撃がスコブル的確。

 射程ギリギリに隠れる敵に「そこに居んの知ってんで〜。」と数発けん制射撃をしたら返礼に沢山の弾が飛んできて、木の陰に隠れたが跳弾が、

 ポトリとせな〜かに〜。

 運動エネルギーの残っている弾に当たれば跳ね返りだろうがコロコロ転がって来る弾だろうがそれはヒット扱い。

 そんな話で、
「ヒット〜。」と出て行く。
BlogPaint

 それから数ゲーム。装備は軽くしたが体力的にもうヨレヨレになっている。

 そんな時に都合のいい言い訳が出来ますねん。
「君たちは攻めろ!後ろは任せろ!あてが最終ラインを護る!」

 で、足の重い年配組数名を残して攻めあがっているのを見送った。

 それから数分後、戦線離脱しているのはうっとこのチームメンバーばっかり!

 そして敵の素晴らしく足の軽い若人がこちらに向かって攻め入ってきた!
「そこ〜!」ダダダ!

 ラスト2ゲームを残したところでやっと今日一のヒットを取った。

 それから間を開けずヒットを取った人とバディーになっていた片割れにも斉射を掛けてこの日2つ目のヒットを取った。「もう今日は帰ってええか。」ぐらいに内心喜んだ。
BlogPaint

 で、そのゲームは生き残った攻撃組一人が敵陣地を攻略してゲームセットとなった。

 後の2ゲームは上の空ですわ〜。「いぇ〜い敵の恐ろしく足の軽い奴取ったし〜。」が頭の中にリフレインしていた。
DSC03136

 それから終礼を済ませて荷物を片付けて家路についた。

 家に帰ってもそのリフレインが止まらず心地よい疲れと腰痛と共に寝床に入って先の週末が終わった。

 翌日!朝から「足首が痛いな〜。」と思いながら仕事をしていたが昼頃には足首の痛みも取れて元気いっぱい仕事に邁進しましたとさ。メデタシ。メデタシ。


 と語っていたらもう週末ですわ〜。

 この週末も調子に乗って遊びに行きたいと思っています。

 皆さんもええ週末をおくって下さい。



 

ソルジャ3。

 そんな話で始まったゲーム。

 今日はゲストをお招きしてのゲームなのでオーソドックスに2フラッグ戦で戦った。

 要はお互いの陣地を攻める戦い。

 このときにはこっちのメンバーが13人。先方は9人。

 地の利と人数が多いという優越感からか、バッタ、バッタと味方が倒されていく。
「お!なんじゃ?」と思っているうちにも味方がどんどん戦線離脱していく。

 で、気づけばフラッグを奪取されていた。

 次のゲームには少し気合を入れてみたが気合の入れようが足らなかったのか?やられっぱなし。

 んで、昼飯前のゲームでやっと敵陣地を奪取出来た。

 そんなゲームが終わって、昼飯。
DSC03126

 この日はメンバーが持って来たロシア軍のレーション(携帯食)試食会が開催された。
DSC03128

 アメリカのレーションは世界でいっちゃんマズい。と有名だが(あてはそう思わない。)ロシア軍のお味は・・・。
DSC03130

 缶詰とクラッカーが入っている。缶の方は一応湯煎をして缶を開けるが、
「脂がそのまんまやん。」油脂分が多いので熱が入らない。
DSC03131

 直火で温めて脂分が溶けるまで温めた。
DSC03133

 すると、結構旨い!

 2パックを開けて12名で試食。

 脂基調の食事に身体が火照ってそこからが大変。

 そんな食事を摂っているロシア軍は侮れない存在ですわ〜。

 試食会が済んでテーブルを片付けている時にこぼれた汁が固まっていたのを取ろうとするが、もう、ラードかローソクのロウですわ。爪でこすってとりました。

 そんな昼食も終わって昼の部開始です。

ソルジャ2

 夜中にトイレに起きることなく寝れたので妙に体が軽い。

 朝飯を食って、7時半ごろ前日から段取りしていた荷物をハイエースちゃんに乗っけた。
DSC03122
(家の前の桜です。)
 夜の部はあまり凝った格好をせずシンプルで動きやすいくやけど、昼間の部はデコデコに付けれるモン付けて、ぶら下げるモンをぶら下げて、
「見て!見て!あての格好!」と言う感じ。

 そんな話で一日中動く事なんざ想定していない。大概朝のうちの3ゲームまでかな?動けるのも。

 因みに装備の総重量がアンコ(防弾プレート)を抜いていても10kg以上の重さになる。

 疲れたら軽めの装備に変える段取りも持って行くし。

 そんな道具を積んで通行量の少ない土曜の朝の道を会場へと向かう。

 走る事30分とちょっとかな?会場に着いた。

 いつも一番乗りしている主宰がまだ来ていない。先に来ていた数人と、
「急きょ会場を変えます。言うて掲示板に書かれてないか?」と言いながら再びチェックしたが書いてなかった。時々そんな荒業をかましてくれる方でもあるので。

 そんな話をしていたら主宰もやってきた。

 それから与太話に華を咲かせながら段取りをしていく。
BlogPaint

 今回はなるべく写真を撮ろうと思ってコンデジを持って来たが、これまた存在を忘れ気味になって思うほど撮れていない。

 しているうちにメンバーやら親交のあるゲストさんやらこの時点で25名弱ぐらいのガラガラ模様の服を着た野郎、淑女が集まった。

 今回のチーム分けはわざわざ広島市からやってきたゲストさんチームとあてらの原住民チームで対戦する。

 数的には先方は9名。うっとこらは10数名。

 どう見ても地元やし、使い慣れたフィールドやし
「簡単に畳んでやりまひょ。」状態やったんですけど・・・。



 

ソルジャ!

 うっとこの商売のハイシーズンが終わって約ひと月ぐらいかな?

 ぼちぼち土日のお休みにも慣れ始めてきました。そんな中、日曜には
オモチャのテッポ担いで撃ちやっこ!昼の定例にも顔を出せるようになって、行く気満々!その前日のお話から。

 土曜の午前中はツカサの参観日があったけど、3年生は授業参観は無く、進路指導の話を父兄と聞く事になっているらしく、
「おとーさん来ても用事無いよ。バザーはそれが済んだ11時過ぎからやからその頃お出で。」とオカンとツカサ。

 そんな話で放置されたあても
「お!そや。寝ぐせが付き始めたら散髪に行ってくるわ〜。」と散髪屋が開店する9時丁度に到着するように家を出て散髪屋に到着した。
「いつも通りに頼んます。」

 言うと大体同じような髪形に仕上げてくれる。

 以前は2か月ぐらいしないと寝ぐせが付かなかったが、最近は1か月で寝ぐせが付くようにカットする。これも理容師の腕かな?

 鏡の前に座って思う事。
「白髪が増えたな〜。」

 与太話しながらカットが終わって顔剃りの時は夢の世界へ入り込む。

 で、顔剃りが済んだら洗髪。で仕上げてもらって出来上がり!

 済んだのが10時頃。オカンらには「もう、バザーもだるいから行かんわ。」と言うていたけど帰ってもTV見るのもな〜。で結局中学校に行った。

 どっかのセンセが来て教育論を話してはったけど、正直、「皆聴いてる?」と聞きたい気持ちになりながらあては寝落ちした。

 そんな話が済んで本題のバザーだが、あては近所のパン屋が出品しているパンが目当て。日用品はそんなに目をギラつかせていない。

 開いたと同時に走るオバちゃん!あてはまだ人だかりの少ないパンを目指して数個欲しいのを買ってオカンと合流。そこで学校を出て家に戻った。

 家で待っていると間を開けずオカンも戻ってきた。買った品を出してきて「お!」な品が。
「どないしたん?昼飯喰いに出るんとちゃう?」焼きそばを買ってきていた。

 で、ツカサの帰りを待っていたがどこで引っかかったか?戻ってこないので焼きそばとパンで昼飯が終わった。

 そのあとは日曜に向けての段取りを始めた。
「どのテッポ持って行こう?」と悩みつつ、結局、毎度のテッポを持って行くように段取りした。

 この前買ったプレートキャリアにポーチやアンテナを付けて
「どや!」に仕上げて段取りも終了!前日に寝たのが4時前やったから眠くて21時過ぎには寝床に入った。

うっとこの札。

 何故か?何故知ら、うっとこの特にオカンとツカサが花札にえっらい凝っておりまして。

 ツカサが何を思ったのか?
「100円ショップに花札が売ってあった!」と買ってきたのが始まりで。

 ツカサ曰く。
「映画サマーウォーズで”こいこい”やっとたのがやってみたい。」で買ってきたがやり方がわかららん。と、あてのところへ持ってきた。

 あても学生時代にバイトのレンタルビデオ屋の控えで掃除当番を掛けてやっていたぐらいしかやったことが無かったが一応は経験者やったのでやり方を教えた。

 それからオカンとツカサは晩飯後なんかにやっています。

 チカはそれほどでも無いようで、時々ツカサにせがまれてやるかな?程度です。

 そんな平和なうっとこの晩飯後の団欒の様子です。

 今年の秋は早いのか?遅いのか?ここに来て紅葉情報に「見頃」と出て来るところも有りますがよう分からんですわ〜。

 そんな家の前をちょっとの合間に撮ってみました。
DSCF0025

 うっとこら周辺のもみじはマダマダ青々としているけど桜は早めに葉を落とし始めたし。銀杏も落葉する気も有るのか無いのか?
DSCF0028

 でも、冬はもうすぐなんかな?
DSCF0024

 そんなことを考えているともう週末ですわ。
DSCF0023

 皆さんはええ週末をおくって下さいね〜。

 ほな、週明けに。




 

お犬さま

 うっとこのお犬さまがこの5日に他界しました。

 享年12歳。

 原因としては食べ過ぎかな?去年の秋ごろから糖尿でインスリンを朝晩打っていましたから。そんな中でも長生きしたほうかな?

 昭和一桁人間に(ジさま、バさま。)
「犬に人間の食べ物をやるな。」は通じなくて、自分の皿に乗っているものをやりまくり。
「玉ねぎ?別に喰うよ。」という荒業も繰り出すジさまバさま。それでも12年の間生きていたのが不思議な奴でした。

 お。メスやったから奴は無いか。

 先週頃からお腹の調子が宜しくなく、病院に連れて行っても
「歳やから胃腸も弱くなっているんでしょう。」程度のことを言うぐらいでした。

 で、あてが木曜の夜に
「さん!れん!きゅー!!」
「どこ行こう?何しよう?」と思って帰ったけど、段々弱ってきているお犬さまを放っておくわけも行かず、金曜日に病院に連れて行こうと思ったら休み。

 休日に診てくれるところを以前見つけていたのでそこへ連れて行ったら、40度からの熱を出していた。

 そこで解熱剤と点滴をしてもらって夕方もういちど行って解熱剤を注射してもらって翌の土曜日朝には熱も下がって一安心。

 で、土曜日に掛かりつけの医者に行って抗生物質を注射してもらってこの日の夕方はヨタヨタなりに歩いていたが、日曜の朝になると歩くのもおぼつかなくなって、病院も休診やけど診てくれて、遠回しに
「もう、長くないかな?」という事を言われたが、元気そうに見えたので昼飯を喰いに出た。

 そんな時にあちらの世界へ旅立ちました。

 亡骸を見ても寝ているようで。

 夕方にペット専門の斎場の予約を取って、翌日の昨日の15時に荼毘にふしました。

 5kgを超えていたおデブさんが1kgも満たない骨だけになって、3寸の骨壺に綺麗に入ってしまった。

 そんなこんなな最後でした。

 ここで言います。

 犬は何でもナンボでも欲しがります。

 必要以上にやったらあきまへん。

 でも、好きなモン好きなだけ喰って、皆に可愛がられてええ一生やったんかな〜?と思いながら線香を一本立てて冥福を祈りました。

 もう、生き物は飼うのを考えますわ〜。でも、オウムならまっとうに生きたら40年以上生きるとか?

 オウムならあての今際の際を見取ってくれるかも?

 それ以上にあてのほうが長生きしたりして。





 

雨な週末。

 人が集まれば色んな軋轢というか?不平不満を言う人もいる。

 若干のゴタゴタの経過なんざ聴いていると段々人も増えてきてそんなシリアスな話は置いておいて、
「ヒャッハー!」な話に切り替えて、揃うのを待って、ちょうど定刻の20時に集合してチーム分けをした。

 この日は足元の悪い中、この時点で8名の方々が参加した。

 4人に分かれてフィールドの端と対角上からスタート。

 パーテーションで迷路のようにレイアウトされている。その中を角々で敵を警戒しながら進んでいく。

 会敵したら大概一秒もかからず決着がつく。

 そんな殲滅戦を始めた。

 人数も少なめなんでテンポよくゲームが進行していく。

 で、10ゲーム位こなした辺りでふと気づく。
「やられっぱなしやん。」

 しかし、反射神経のええ若いモンも緊張はそんなに続かない。そこが付け目。味方のバックアップをしている体で漁夫の利を狙う『悪い奴』になる。

 遭遇戦は居合道に似ているところがある。コンマ何秒差で当たるか当たらないか?当てるか外すか?

 その一瞬で味方が敵をやっつければそれで良し。やられればやられた瞬間に一瞬気が緩む場面があるそこを「おおきに。」と貰う算段。

 そんな漁夫の利で敵のペアになっている2人とも取れた時は喜びの舞を舞ってしまいそうな気持になれた。

 そんなゲームをこの日は25ゲーム位はやったかな?日付が変わる寸前に終礼をして廃工場を出た。

 外に出れば結構な雨。

 帰って荷物を片付けして、DVDを見ながら朝方買ってきた“おにゅ〜”に手垢を付けて寝床に潜った。

 日曜は用事らしい用事もなく、昼飯に回転しないカッパのお寿司屋さん(最近は新幹線のトレーで運んでくる)に行ってスジ煮込みを喰って、ゲーセンに行ったが今週は停電が無かった。

 それからお家に帰って夕方、
「お!西日が差してきたど。」

 毎年、雨にたたられる山の上の芸術大学の学園祭の花火が珍しく雨のない花火打ち上げになったのを見て、この週末が終わった。





 すんませ〜ん。明日(2日)はちょっと出かけてきますので更新ができません。

 んでもって、金曜から世間並みに

 さん!

 れん!

 きゅー!!!

 でごじゃーます。なんかネタができるとええな?です。

 一日早いですが、ええ連休を!

雨な週末。

 先々週もあめ〜。

 先週もあめ〜。

 今週は?

 どなんやろ?誰かの法則が発動している。誰や〜。

 あてやないのは確か。釣りの予定してへんし。

 で、過ぎ去った台風は雨だけ落として行かはりましたわ。

 風も月曜に若干吹いたかな?でしたし。

 その割にロックンロールしていたのはTV・ラジオ・ネットの世界もかな?
「えらいこっちゃ!ごぉつぅ強い台風が来てますやん。逃げる準備しときなはれや〜。」

 最近の台風報道ってなんか大袈裟に思えるのはあての気持ちの余裕の無さがそうさせているんやろか?

 よ〜判りませんわ。

 そんな土日の生態を案内でごジャ〜ます。

 金曜の夕方、夜にやりたいことは有るような無いような?
「ま。ヒマやしガラガラオモチャに手垢を付けようか。」で帰宅。

 飯食って、風呂から出て手垢付けをおっぱじめた。

 4週れんちゃん2週目のハリーを見て終わったらDVD見て、2時過ぎに寝床に入った。

 で、土曜日やのに起こされて「ほけ〜。」としながら朝の連続小説を見て、9時になるまでにジさまに会いに行って、9時からはショ〜ン見て家を出た。

 ここのところ乗っていないジさまのソアラを雨の中出したくなかったが乗ってないとバッテリーが死んでしまうのでソレに乗って出発した。

 で、着いたのがガラガラ模様屋さん。

 ネットでコチョコチョ取ってもらっておいてええ加減になったら受け取りに行く。送料はいらないし、近況を聞きに行くのもひっくるめてのお話で。

 11時と言うていたが、ハヨ着きすぎたけどそこは気にしない。(少しはせ〜よ。と思われているかも?)

 そこから与太話開始。

 しかし、先方も用事があるらしく、12時過ぎには出た。

 ここでまっすぐ帰って「早速手垢を。」と思うが会社のシャッターが心配になったので会社に行って処置をして戻ったのが15時過ぎ。

 早速モノを出して手垢を付けようと思うが・・・。
「これってどこに使う積もりで買ったっけ???」な品の方が多いのには参った。

 しているうちに日も落ちて、晩飯喰って、用意していた荷物を抱えて、ええ年こいだおっさんが集う場所へ。(若手もそこそこ居ます。)

 毎月最終土曜日はガラガラ模様の服を着てオモチャのテッポウ担いで撃ちやっこ。の日ですがな〜。

 雨天は室内でやれるところがあるのでそこへ2時間ほど早めに到着。鍵を開けて入ったはええが、最近、照明の配線をやり替えているのでどこにスイッチが有るかわからない。

 懐中電灯を持って探し回るが
「わかりましぇ〜ん。」元々古い建屋なんで死んでいるスイッチも沢山あってどれがどれやら。

 いつも明るく人が居る場面しかそこに居ないのでこんなシュチュエーションは初めて。

 怖くは無いが、寂しい気持ちいっぱい。

 場内を2順半したところでわかる人が来たらしく照明が点いた。

 点いたことに安心してセーフティールームに行って準備を始めた。ここで気づく。
「げ。カメラが無い。」

 と、言う訳で、白黒更新継続中で御座います。



 

この土日。

 明けてあさ〜。

 日曜も朝から?その前からず〜っと雨。

 日曜の恒例、ガッチリマンデー見て、次の番組は半島人がのさばっているのでそこを見ずにジさまのところへ朝の挨拶に行って、9時からはEテレの『ヒツジのショーン』見て終わったら、

 「どれ。行きますか。」

 と、オカンの車で倉敷市民が集う、イオンショッピングモールへ出かけた。

 道中、一級河川の高梁川の土手上を走るので川の様子がよくわかる。
「ん〜。何年前やっけ?は土手下まで水量があったけど今回のンはちょっと少な目?」と思っているうちにイオンに到着した。

 皆、こぞって屋根下へ停めようと頑張ってはるから屋根なしの駐車スペースはガラガラ。

 入り口最寄りの駐車枠に停めれまして、開店の10時に店内に入った。

 以前にもご案内済みですが、うっとこがここへ来るのは開店数分前に到着、11時には離脱!をモットーにしておりますのでテキパキと買い物を済ませる。

 最近は子供らも大きくなったので
「ほな、本屋集合で。」で解散する。

 あての用事は、とある漫画の最新刊が出ているのでソレと、スポーツ店に行ってアルファー化米の非常食を買うのが目的。

 この非常食をなんに使うかと申しますと、オモチャのテッポウ担いで。の時の昼飯用。

 一食350円ぐらいやから下手にコンビニなんかで調達するより安上がりやし、腹持ちもええんですわ〜。

 食べ方は至って簡単。お湯なら15分。水なら一時間袋に書かれた線まで入れて混ぜて待つだけ。

 結構好きです。水なしでもオコゲみたいな感覚で喰えないことも無いし。

 そんな買い物を済ませて集合したところで毎度の「ナニ喰う?」争議。

 で今回はオカンの
「たまにはここの一階のどこかで喰おうや。」という案を採択。待たなくていい店がとんかつ屋とスパゲッチー屋の2件。後者の方に決まった。

 で、ライスボールとトマトとニンニクのシンプルパスタなるものを注文した。

 来たライスボールが思った2倍以上の大きさだった。しかし、
「あての胃袋をナメてもろたら困りますわ〜。」で難なくやっつけた。間を開けずパスタが来たが、コイツは中々の強敵だった。

 何が凄いって、ニンニクスライスがてんこ盛りに入っていた。

 火が通っているので刺激はないが明日のことを考えると
「えーの?こないなもん食って。」と遠慮は格好だけしときました。

 で、このまま帰っても12時台に家に到着してしまうのでゲーセンに寄った。

 入って両替をして、
「さて。どの景品を取ろうかな?」と物色している最中に

 「ボン。」というサーマルが落ちた音と共にゲームはおろか照明まで落ちてしまった。

 初めて派手な音も光も無いゲーセンを体験できた。それから数分後には復活。30秒もしないうちにもう一度
落ちたがすぐに復活してそこからは普通になった。

 幸い、あてはゲーム機に取り付いていなかったので何もなかったがオカンとチカとツカサはゲーム途中やった様で店員さんに100円玉を貰っていた。

 それから小一時間ほど居て、家に戻った。

 帰って、先ずはジさまの部屋の雨戸を締めたりそれなりの台風対策をして、指定席に座ったら、毎度の手垢付けアンドDVD鑑賞会。

 20時頃からどこ点けても「せんきょー!」

 切り口が各局違うし、議席数もバラバラ。で、何故か?何故知ら、「おのれ!あべー!」な切り口。大半の国民の思うところから切り口が大きくズレた報道。見ても面白くないのでEテレのパイプオルガンのウンチクを見てさっさと寝床に入ってこの土日が終わった。

 選挙の投票は期日前に行って、ちゃんと意思表示はしてきてます。念のため。

 さて。気が付けばもう週末です。

 皆さんええ週末を過ごしてくださいね〜。

 あてはちょっと隙間が多いけど予定が入っています。

この土日。

 この土曜日はジさま連れて昼飯に行く日。

 そんな話で午前にも午後にも予定は入れていない。

 起きて朝の連続小説を見て、窓の外の雨脚を恨めしく見ながらやる事も無く、かと言って動かない訳にもいかないので昨晩の続き。

 オモチャに手垢付け。

 色々コレクションを並べてテッポに着けてTVに向けて覗いて、また外して他のを着けて。

 しているうちに昼前になったのでジさまを乗っけて毎度の定食屋へ。

 昨晩から降り始めた雨は間髪明けずに一定の雨量で降り続けている。そんな中、車から車いすに乗り換えるときに便利なのがビーチパラソル!

 これは中々優秀ですよ。押手も乗っている方もほぼ濡れない。

 で、食べたのが
「お。そや。ここのカレー喰った事無いわ。」でカツカレーを頼んでみた。

 嫌いやない味でした。ただ、量がお上品やったので足りたのか?足らないのか?微妙な量だった。

 それから帰りは水島港に寄ってRORO船(自動車運搬船)の荷役作業を見ていたが地味な動きしかなかったので飽きて帰宅の途に就いた。

 ここから
「さて。何しまひょ?」と思った時にあることを思い出した!
「そや。会社の耐風対策してないわー!!」と。

 ここで昼寝をカマス気満々やった気持ちに鞭を数回入れて会社へ行った。

 事務所のカギ開けて、リフトのキーを出して各倉庫のシャッターに空きパレットを積み上げて過去壊れた個所を全部押さえて終了。

 丁度夕方になったのでお家に帰宅した。

 ジャストタイミングで晩飯が出来ていて喰って、風呂に入って、

 あとは金曜の夜と大差のない時間を過ごして寝床に入った。

この土日。

 この土日はかなり雨が降りまして、オンモに出て何かするというのはあての選択肢の中にはなく、
「ガラガラ屋でも行こうかな〜?」と思ったりもしましたが、道中が面倒。というシンプルな理由付けでええ子して過ごしていました。

 と、言っても家の中でゴソゴソはしてた訳でして、そこらは聞いても、
「ふ〜ん。」で終わってしまう話ですが、お付き合いのほどを。

 金曜日の朝頃から降ったり止んだりのはっきりしない天気に
「台風が来んねんなぁ〜。」とぼんやり思いながら終業。

 普段なら、
「どこ行こう?何しよう?」と色々選択肢を探しながらそれの中で「これ!」を見つけるんですが、
「台風が来んねんな〜。」がその選択肢にプレスを掛けて
「ダメ。」とか「アカンやん。」と膨らます前に潰してくれた。

 残った選択肢は、

 『合羽着て耐水試験。』

 しかし、残った選択肢はあて自身で
「ブチュ!」した。

 と、言う訳で、やる事が無い。

 家に帰って飯食って、風呂から出て指定席に就いて、ここでの選択肢は
「TV見る。DVD見る。ガラガラ模様の道具に手垢を付ける。」こんなもんかな?

 で、TV点けて、ガラガラオモチャに手垢を付けるというハイブリットな選択をして暫く過ごしたが、番組が
「超絶におもんなー!」けど、21時頃からハリーがあったので救われた。

 不思議なことにDVDは持っているけど放送の方を見る。

 大事なシーンをカットされている場合が多いのに放送の方を見るのは何がそうさせるのか?

 そこを考えながら最後まで見て、アナザースカイは今回パスしてDVDに触手を伸ばして深夜2時過ぎに寝床に就いた。
「明日も雨か〜。」と思いながら。

さん!れん!きゅ〜最終日。

 前日にしっかり走り廻っているので体のアチコチが痛い。

 ことに右肩が神経を引っ張られているような感じで動かせない。それに伴って指先もシビレル〜!

 そんな体調で「今日は何しよう?」となったが、珍しくオカンが、
「ヒマやし岡山駅前のカメラ屋さんに行くど。」と言い出した。
「そら、ええけど。いこか。」と素直に返事をした。ここでいつもなら
「え〜。どないしたん?悪いもんでも喰った?」と訊くが変なこと言ったら「や〜めた。」言われそうなんで黙っておいた。

 車で一時間弱ぐらいかな?到着した。
「オカンは何買うん?」と訊いたら
「別に買うもんない。あんたが何か買いたいんやろ。」と帰ってきた。

 お!先週、「スマホのインカムが欲しい。」言うたら近所の電気屋に連行したのを忘れた?
「ここで買うとき。」言うて狭い選択肢のなかで買ったのを忘れているみたい。ここで要らん事言うて藪蛇になるから色々物色して2品買った。

 レンズ用のクッション材と年賀状ソフト。

 この年賀状ソフトの売り場が以前から言うとカナリ狭うなりましたね。ナウいのはダウンロードするんですね。

 そんな狭い売り場でういんどーず10対応の奴を買った。

 言い訳できる位の買い物ができたのでオカンらと合流して向かいの薬局で買い物。

 ここで前日のゲームの合間の与太話で、目ぇの話になった時、
「ブルーベリーよりビルべりーの方が効くで。」と言われたのでサプリを物色。すると意中の奴がありました。

 20日分で700円ほどやったんで試しに買ってみた。

 それから昼飯だが、オカンのワナにハマってラーメン屋に連行されてラーメンを喰って、帰り道は熟睡。

 気が付けば家の前で、無事帰宅で来た。

 そこからは前日に使った道具類に色々手直しをしたり、手垢を付けたりして3日間連続のお休みが過ぎた。


 と、気が付けばこの話も先々週のお話でしたわ。はやいもんでもう週末です。

 ええ週末おくってくださいね〜。




 

さん!れん!きゅ〜!?

 再びメガホンを持って「あと10ぷ〜ん!」

 ヒマに任せて
「え〜。本日2回目のファーストヒットの栄を賜りまして、2度目のタイムキーパーを務めさせていただいております、おデビンで御座います。」と要らんアナウンスしていたら主催者に
「要らんことは言わなくていいです。」とたしなめられたし。

 その次のゲームは8対5の劣勢にありながらあてのいる方のチームが勝利を収めた!

 しかし、あてはええ加減なところで退場していた。

 そんで昼飯。

 朝に買ったコンビニのおにぎりを喰って昼食を終了させた。
「え?少な目やね。」と言われたが、毎度のことだが昼飯あとのゲームは体がスコブル重い。そんな話で軽めに済ませた。

 そこからあとは主催者が
「ゲームを始めましょう。」と言われればフィールドに入って、適当なところでやられていた。

 終盤に差し掛かったころ、あることに気づく。
「今日、フィールド内で敵を見たのは2回しかない。」既に10ゲームは熟しているのに。

 それと、
「もう、燃料切れですわ〜。」先週、ゲーセンで取ったパイの実も近くにいた人にばら撒いたので手元に残っていない。

 そんなフラフラな状態で一応ラストゲームまでこぎ着けた。

 ここらに来ると皆、帰る方向に向いてそない肩に力を入れずなゲームになる。ついでに西に傾いた太陽が真正面から照らしてくるので周りはブラックアウトやし。音が聞こえた方向に乱射して自分の位置を敵スナイパーにバラして一発必中の一撃を頂いて退場。この日のゲームが終わった。

 結局狩った敵は「ぜろ〜!」狩られる事全ゲームという素晴らしい金字塔を立てた。

 終礼ののち「こんなフィールド二度とくるか〜!ばぁ〜か!ばぁ〜か!」と思いながら後にした。

 帰って荷物を下したところで丁度晩飯が出来ていて喰って、風呂でマダニが付いてないか身体中見て、背中はオカンに見てもらおうと風呂上りにTシャツをめくって、
「オカン!背中みて〜。」とお願いしたら、
「そんなキタネ〜背中見たないわ。」と模範解答をもらって日曜が終わった。

 



 

さん!れん!きゅ〜!!

 第一戦目は守るほう。

 セーフティーゾーンから離れた方なので陣地まで歩くが、慣れない斜面はことのほか歩きづらく、編み上げのブーツも普段程度にしかひもを締めてなかったのでブーツの中で足が暴れる。

 締めなおす暇もなく「スタート!」戦闘がはじまった。

 前述の通り、木洩れ日で明暗がまばらになっているから見えているようで何にも見えない。とりあえず見ているであろう人の後ろに隠れてウロウロ。
「ファーストヒットだけは避けよう。」これがこの日のスローガンになった。

 で、見えてないから前の人が撃ったらその辺に弾をばら撒いて
「あても参戦してるよ〜。」アピール。

 それから間もなく、盾?あての目ぇ役の人が被弾して脱落。
「目が〜。目がぁ〜〜〜。」と嘆いている暇はない。次の見える人にコバンザメするべくその人に近づいて行く途中、右肩に「パチーン!」と当たるものが。
「ヒット〜。」と言いながら銃を上にあげて弾倉を抜いて退場。

 この程度の参加が背一杯。

 セーフティーゾーンに戻って弾の補充とブーツの紐を締めなおす。ただ単に紐を引っ張るだけでは足首(一応あるんですわ〜。)部分が締まるだけなので、一旦ほどいて足の甲部分の紐を締めて足首部分の紐を締め直す。

 そんな作業中も汗がこぼれる。

 それにしても10月でこの気温はナニ?ついでにツクツクボウシが数匹泣き喚いているのは幻聴なのか?暦を忘れたのか?

 そうしているうちに1ゲーム目が終了。攻守交替。

 攻める方は背に太陽を背負う格好になるので多少はマシな視界になる。でもマシという程度。

 ここで朝一に立てた目標の「ファーストヒットは避けよう!」を見事に反してしまう。

 フィールドに入った瞬間に斉射されて一発も撃つことなく退場となった。

 ファーストヒットされると、タイムキーパーの栄誉職に与かれる。
「あと10ぷ〜ん!」とストップウオッチとにらめっこしながら拡声器でフィールドの隅々まで聞こえるようにアナウンス。

 で、終わって何も補充するものが無いのでそのまんま次のゲームに参加。
「よっしゃ!今度はあてが入ってきたところに一斉射したる!」とスタートと同時にオラオラ状態で突っ込んでいったらデボチンに「コーン!」と何かが勢いよく当たった感触が・・・。
「ひっと〜。」

 またもやファーストヒットの栄を授かった。

さん!れん!きゅ〜?

 そんな話で目覚めた日曜日。

 もう、長い事見てないアニメをやっていた。
「まだ全然進んでへんやん。」と思いながら朝飯喰って、コンパクトに纏めたつもりの荷物をオカンに手伝って貰いながら運んで車に積んだ。

 毎度のところなら車で20分少々で到着するが、今回のフィールドは高速乗っても1時間。ベタ道走っても一時間の場所。

 日曜の7時前やから車もまばらなんでベタ道から行く事にした。

 万年渋滞の交差点もすんなり抜けて、岡山市街地を抜けて里山付近に到着。それからコンビニで待ち合わせしている人と合流がてら昼飯も買って、目的地に着いた。

 ここのフィールドは初めて。ただ、結構な傾斜と鬱蒼とした雑木林なんで話だけで「パス!」言うていた。

 来てみたら「うん!ここで開催する場合はやめた方がええみたい〜。」と朝から結果を出してしまっていた。

 何故なら、木洩れ日で隠れている人を見つけるのは無理!

 ここ数年、某アニメに出て来る『ムスカ』状態。とは言い過ぎかな?でも、自分の指紋を見るのに目ぇと指の焦点距離が素晴らしく離れてきている。どうにか腕が伸び切るほどではないが5年前からいうと数十センチは離れた。

 ついでに明暗の絞り機能もかなり時間がかかるようになっている。

 そんなあての弱点を思いっきり突いてくるフィールドなんですわ〜。

 下見した時点で、
「帰ってもええかな?」と訊きたい衝動に駆られる。しかし、ほぼ半年ぶりに遭う仲間と与太話をしていたら
「ま。今日はターゲットになってりゃええか。」と思えてきて準備を進めた。

 今回の武器は2丁体制。
DSC_0232

 短い方はかれこれ数年使っている結構お気に入りの奴で、もう一本は
「実は前月買いましてん!」の新品!本日がデビューの品。

 本日お集りの方々の総勢が13名。連休中日という悪条件の中「ようこそ。」

 ブリーフィングが始まってチーム分けとなった時、この日はあての着ている迷彩柄の人が多かったので
「マーパットグリーンを着ている人とその他の人でわけま〜っす!」と主催者が宣言。

 多いと言ってもあてを含めて5名。残りは敵!
「え〜!それって4対8ですや〜ん。」と言うたら、
「5対8ですよ。」と誰かが言ってくれたので
「え!わたいも数に入れてくれはるんですかー!うれしいですわ〜。」と突っ込んだら笑いが取れたが満更本気の発言だったりする。

 それから準備をしてフィールドに入っていった。

さん!れん!きゅー!

 さきの三連休はハッキリ言って
「どやったんかな?」が感想ですわ。

 そんなこんななお話をズルズル引っ張りたいと思います。

 ほな、はじめまひょか。

そうそう。カメラは持って出たけど車にお留守番していたのでほぼほぼ役立たず。でしたので毎度になりつつありますが、白黒更新になる模様です。

 で、金曜日の夕方。ま。ま。雨も止んだかな?と思ったらポツポツ降ってみたり、時にジャ〜と降ってみたかと思ったら星が見えたり。

 土曜日はジさまと昼飯に行く以外用事らしい用事もないが、真ん中の2時間ほどを取られると後先が動きづらい。

 そんな話で用事も入れずに午前中は家でガラガラ模様のパーツに手垢を付けて過ごした。

 で、昼前にジさまに
「何喰いたい?」と訊いたら、
「いつもの定食屋は昨日行ったし、毎度のお好み屋もな〜。」との事。

 基本的にジさまは麺類はちょっと苦手分野。肺活量が無いから食べ辛い。しかし、うっとこの外食は麺類が多い。他で連れていけるところは・・・。

 「そや。カレーはいける?」と訊くと、
「それしかないか〜。」的な返事をもらったのでココイチに行くことにした。

 車で10分ほどのところにあるが、車いすから車に乗る時間が10分弱。車から降りるにも5分少々。段取りの方が時間がかかるお店に到着。

 運よく車いすでも座れる席が空いていたのでそのまま席に着いてカレーを喰ったが口に合ったのか?合わなかったのか?何も言わないところをみるとあんまし合わなかったかな?

 それから山道を一時間半ほどドライブしたが紅葉はしていないかったのが残念やった。それどころか未だにツクツクボウシが鳴いている方が異常!「どないなってますの?地球はん。」

 そんなドライブを終えて帰宅。このあとジさまはお昼寝タイム。

 あては朝から付けていた手垢を更に付けながら、明日の準備にかかった。

 日曜はひっさしぶりのオモチャのテッポウ担いで撃ちやっこ!に行くから。夏前の5月が昼の部に参加した最後やった。やっとここで参加できる環境になった。

 久しぶりにバッテリーを出したらバッテリーのシールドが膨らんでいる奴もあった。

 リポバッテリーは本体が空気に触れると高熱を発する。そんな話でシールが膨らんでいる奴はアウト!んで、コレの処理が中々面倒というか大変。

 先ずはペットボトルの頭を飛ばしてその中に水と食塩を入れてバッテリーのシールに穴をあけてその食塩水の中にドボン!するんやけど、素早く確実にやらないと火傷する目に遭う。

 で、それから当分放置。前回やった時は2週間ぐらい泡が出ていた。

 それをやる気分でもなかったので膨らんだバッテリーは避けておいて使える奴に充電を始めた。

 充電も出来てテッポウの段取りが出来たところで何気にチームのホームページを見たら!
「今回は某山に変更します。」となっていた!
「ぎょえ〜!そこやったら持って行くテッポウがちがう〜。」とほかのテッポウの段取りをしていて
「もう、変更は無いやろ。」とホームページを見たら、
「ぎょえ〜!また変更かいな!」どうも雨で足元のヌカルミ具合が半端ないらしく再び変更。
「ここの時はあては行きまへ〜ん。」と思っているところへ変更になっていた。しかし、これでお休みすると
「この連休はなんやったんやーーーー!」と吠え倒さないといけなくなるので渋々行く段取りを進めた。

 で、その日の夜は早めに就寝。
「明日はどないなるんやろ?」と思いながら。

うみ〜!から上陸。

 もう20時を過ぎた辺りで大方の勝敗は決まっている。
DSCF0040

 ここまで数を上げていないとあとはチョボチョボな喰いになるのはいつもの話。

 船上も少しクールダウンな感じで落ち着いた動きになってくる。
DSCF0030

 今度はヒマに任せて船尾側の人らの釣果を見にいったり、スッテ(擬餌針)の違う色のを付け替えたりしながらダメ押しで数を増やそうと奮闘するも忘れた頃にポツン。ポツンと釣れる程度で納竿時間までの時間つぶしをした。

 日付が変わる頃、船頭が、
「お疲れさまでした。しまいましょう。」とアナウンスがあった。
DSCF0048

 ここで今日は居ないが、フィクサーが居たら面倒な話になる。何が?って、
「朝までやれ!」と独り吠え始めるから。

 そんな話でスムーズに竿を畳んで、荷物もまとめて、船は出てきた境港に向かって走り始めた。

 近場やったんで小一時間で帰港して、荷物を積んで陸路で集合場所のフィクサー宅に向かって走り始めた。

 が、妙に車が少ない。

 そんな話で2時間ほどでフィクサー宅に到着した。

 で、翌日、クーラーを開けてイカちゃんの数を数えたら19杯。あてとしては満足のいく数が釣れたな〜。と自画自賛して今回の釣行を総括した。




 週末ですな。うっとこにしたら珍しく

 さん!れん!きゅ〜!

 なんですわ。どこぞへ行く予定もおまへんが楽しみたいと思います。

 皆さんもええ週末を。



うみ。

 袋を忘れて若干ブルーになりながらも釣には前向きに取り組んだ。
DSCF0042

 イカちゃんは出来れば個別に袋に入れておきたい。時々締めたあとでも墨を出す奴もいるので。

 それから徐々にイカちゃんの活性が上がって来たようで他の人の竿にも当たりが出始めた。

 そんな中、あてだけ妙に当たりが連発してきて二本の竿のうちの一本を畳もうかな?と思った時に二本の仕掛けが絡まった。
「ま〜。両方自分の仕掛けやったからええか。」と思いながらほどき始めた。

市販の仕掛けやと幹糸が5号位だが自分で作った仕掛けは8号のブッとい糸で作っているからほどき易い。

 と。云いながら三十分位は掛かった。

 無事に再開したが日没直後のラッシュは終わっていた。 しかし、この時迄に5、6杯のイカちゃんを確保していたので余裕をかましていたら船頭がきて、
「他の人より釣れてないんやから頑張りや〜。」と云いながらキャビンに戻っていった。
ここで、「ほっといてんか〜。そないほかの人から劣ってないで〜。」と思いながら続けた。
DSCF0041

 で、雰囲気としては激渋だがシーズンも終りかけやから「こんなもんとチャウかな?」と思っているのはあてだけの様でほかの人らは結構ブチブチ言いながら釣っていた。
DSCF0033

 で、気づけば20時を廻っているではないですか!晩飯を喰わねば!

 丁度当たりも散発的になっているので遠くの漁火を見ながら鉄火巻きを喰って再び竿にとりついた。

 

うみ〜。

 んで、今回狙います獲物は、イカ!

 今年はイカが北上を途中辞めしたのか?大物がシーズン中はたくさん上がったらしい。
DSCF0022

 されど、あては釣り行く暇が無かったので指をくわえて見ているだけだったが、シーズンの終わりの終わりにやっと行けたと言うのもあって、
「なんでも釣れたらええわ。」と肩の力が抜けた状態で臨んだ。

 夕刻、ポイントに到着。

 日没以降やないとイカちゃんの活性が上がらないのでそれまで五目釣り。

 アミエビを入れたカゴをつけてドぽ〜ん!

 エサ取りがチョコチョコ竿先を揺らす。
DSCF0028

 で、掛かってくるのは豆アジにイワシに。取っておいて夜以降のエサにしかならない。そんな中、人間が喰える大きさの魚が釣れた!

 馬面ハゲ!

 この時期はあんまし肝も脂も入ってないけど好きな魚やからクーラーに放り込んだ。
DSCF0026

 そんなことをしているうちに埠頭に居た豪華??客船が西に向いて出港している姿みて、夕日も西の海に没して、漁火が灯って、本番ですわ。
DSCF0029

 イカは基本的に回遊する奴なんで群れが来ないと話にならない。

 今回は参加人数が少ないので竿を2本出せた。

 一本は電動リールで水深60mの底まで落としてゆ〜っくり巻き上がるようにして放置。

 もう一本は電動じゃないので底まで落とすと巻き上がるのがシンドイし、同じことをしても芸が無いので、船体で出来る陰と灯火との間を狙って10数mほどの浅いところらを探る方式にした。

 電動の方は10分ぐらいしたら水面に来る位超スローで全体を探っている。

 で、船中一番にヒットさせたのはあてだった。

 それも浅いところを探っていた方に当たりがあった。

 水面で元気に水鉄砲を噴射させている「ま。ま。こんなもんかな?」の大きさのイカちゃんが上がってきた。
DSCF0037

 船に上げて、カゴで水とスミを吐かせて袋に入れてクーラーへ入れるつもりが、
「げ!げ!袋を忘れているやん!」

 イカは直接氷に浸けると旨味が出てしまって出がらしみたいになるので水浸け厳禁なんですわ。

 袋らしきもんでと言えばイオンで買ったあてのエサ。その中身を出してそれに入れていくしかない。
「あ〜あ。」

 続きは週明けに。

うみ〜!

 にひっさしぶりに行ってきました!

 何しに?って、海水浴にはちと遅いし。

 そ!魚釣りに行ってきました。

 それの顛末なぞご紹介していこうかと思います。

 最近、更新が無いのは会社でとある人が退職してそれの穴埋めをしてドタバタしておりまして、ハロワに募集を掛けるもサンダルで面接に来る奴とか、ジーパンで来る輩。
「ほな、来ていただけますか?」というにはちと問題がある人しか応募してこないのはあてのなせる業なのか?

 そんな話で中々ここの更新が出来ていないのが実情です。

 で、休みはちゃんと取れておりまして、夏前に「ここらやと大丈夫やろ。」と思って予約していた釣りに行く日がやってまいりまして、いつ以来やろ?で日本海の玄関口鳥取県は境港へ向けて同道の6名の方々と昼前の11時に出発いたしました。

 道中、今回は宴会部長が参加されていないので静かな滑り出しとなりましたが、釣り談議が段々ヒートアップしていくとともに後席でビールのプルトップを引っ張る音が盛んになってきて県境をまたぐ頃にはド宴会の様相になって峠を越えて目の前に凪いだ美保湾が見えてきました。

 製紙工場から上がる煙もほぼほぼ真上に上がっているので風も微風。絶好のロケーションにテンションが一段とアップ!

 船に行く前に先ずはイオンで人間のエサと釣具屋で仕掛けなぞ仕入れまして、漁協で氷も買っていざ船に。
DSCF0002
DSCF0006

 その埠頭に行く途中、豪華客船が接岸しているのが見えた。
「お!どこの船籍やろ?」と思っていたら大陸文字。不思議と高級そうに見えた船が一気にチンケに見えたのは何故だろう?

 そんなことを思いながら船に到着。
DSCF0007

 荷物を積みかえて、着替えはええか?とそのまんまの格好で船に乗ったところで離礁した。
DSCF0014
DSCF0013


あてのもっと〜
  感銘を受けた一言
 
男前と別嬪だけの世の中ちゃうで。

ブッサイクやったら他の話で勝負せい!
あての歴史
楽天市場
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ